就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

おすすめの就活サービス完全まとめ【6/3更新】|利用目的別まとめ

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

最新更新日:2019年5月28日〈随時更新中〉

f:id:shukatu-man:20190411134447p:plain 

 

今回の記事では、

就活攻略論で唯一おすすめする無料の就活サービスを6つだけ紹介します。

 

この就活攻略論は350記事を突破しましたが、その中でおすすめしているサービスは6つしかありません。

 

僕が就活生の時は数々のサービスを利用しました。

しかし「これは使える!」「これは内定に直結する!」と思えるサービスは今回紹介する6つしかなかったんですよね。 

 

更にこの記事で紹介する全てのサービスは「利用目的」がすべて異なります。

同じ利用目的のサービスを比較した時に、最もおすすめであるサービスのみをこの記事では紹介することにしました。

 

▼絶対に利用すべき無料の就活サービス【6つのみ】 

JAIC(ジェイック)|個別サポートから面接会まで最も手厚いサービス

:企業紹介だけでなく面接練習やES添削まですべて無料でサポートしてもらえる

【利用目的:個別支援】

 

キミスカ|スカウトや無料適性検査サービス  

:自己分析に必要な適性検査を無料で受験できる(最も適性検査の質が高い)

【利用目的:適性検査サポート・スカウト】

 

digmee(ディグミー)|LINEで選考会情報が届くサービス

:内定を裏ルートで獲得する選考会情報の入手に利用できる

【利用目的:選考会情報の入手】

 

就活ノート|選考通過した2233枚のESが無料で読み放題 

:実際に選考通過したエントリーシートを無料で確認できる

【利用目的:他人のESの内容確認】

 

ビズリーチ・キャンパス|同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク

:志望度の高い企業の“生の情報”をOBから入手できる

【利用目的:OB訪問】

ワンキャリア|企業ごとの選考情報も知れる求人サイト

:各企業ごとの選考情報を把握する上で一番優秀なサイト

【利用目的:企業ごとの選考対策情報の入手】

 

早期に内定を獲得した友人が、この中の複数のサービスを利用していました! 

僕が就活生におすすめしたいサービスは本当にこれだけ!これらのサービスは全て無料かつ利用する目的が全て異なるので、絶対に活用すべきだよ!これらのサービスを全て知っている人はほとんどいないからこそ、差別化できるんだ!

紹介する就活サービスの基準について

 

就活攻略論ではサービスを紹介するにあたって、僕の中で明確に基準を設けています。

※最近、就活関連のツイッターなどで「情報商材(超高額で有料情報を提供するもの)」を売りつける例も多々あるそうなので、就活攻略論で紹介するサービスの信頼性について簡単に説明しますね!

 

・紹介するサービスは会員登録から利用まですべて完全無料のサービスです。

(就活攻略論で紹介する有料のものはアマゾンや楽天で買うような「本」「道具」のみです。)

 

・紹介するサービスを提供しているのは信頼できる企業のみであり、僕自身が信頼できるサービスかを確認済みです。

(紹介するサービスのほとんどは僕が運営会社に直接インタビューなど行っており信頼できるサービスであることを確認しています。インタビュー記事もあるのでぜひ読んでみてくださいね!) 

 

以上のことを踏まえてサービスを紹介します。

この記事で紹介するサービスは、僕が自身の就活を振り返って「使わなかったらこんなに就活は上手くいかなかったな」と心から思うサービスなので、ぜひ使い倒してください!

 

他の就活生が使用していないサービスかつ、使用するメリットが大きいサービスこそ、差別化に繋がり情報格差を作ることができるからね! 

 

就活サービス①:JAIC(企業紹介からES添削まで万能サポート)

f:id:shukatu-man:20190528163210p:plain

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

 

おすすめ度:★★★★★

 

JAIC』は専任のスタッフがついて企業紹介からエントリーシート添削、面接対策、更には企業の経営層と書類選考なしで面接できる「面接会」まで参加できる万能サービスです。

僕と同じ中堅大学で、内定10社獲得した友人がいたのですが、その友人からこのサービスを使っていたと最近教えてもらいました。

それをきっかけにサービス内容を調べてみるとサービスの内容が手厚すぎて、今現状では最もおすすめのサービスとして紹介しています!

 

個人的には「エントリーシートの添削」と「面接会(企業の経営層と書類選考なしで面接練習できるイベント)」は他のサービスには全くないので強くおすすめします。

大学でもこのようなサービスはありますが、大学の社員さんは就活支援に関しての知識や能力は低めなので、こうした人材会社のプロを利用した方が効果的ですよ。

 

▼無料登録方法(利用する手順)【登録目安時間:30秒】

こちらから就職希望のエリア・生年月日・現在の状況(20卒など)を入力

f:id:shukatu-man:20190528164625p:plain 

②氏名・ふりがな・メールアドレス・携帯番号を入力

f:id:shukatu-man:20190528164630p:plain

③特にサポートを受けたい内容を選ぶ(★LINEで就職相談が手軽でおすすめ!)

f:id:shukatu-man:20190528164636p:plain

 

④登録完了!内容に従ってサポートを受けることができる!

f:id:shukatu-man:20190528164642p:plain

このJAICは「既卒や転職希望者」に対してもサービスを提供しているので、新卒でJAICのサービスを知っている人は少ないです。(だから差別化できる!)

しかし人気職種である事務職の求人なども豊富に扱っているので、事務職として就職したい人にも非常におすすめですね! 

20190528002442

就活サービス②:キミスカ(自己分析の精度向上)

f:id:shukatu-man:20190528165635p:plain

【公式サイト】https://kimisuka.com/2020/

 

おすすめ度:★★★★★

 

キミスカ』は自己分析に必要な適性検査のデータ取得に最もおすすめの就活サービスです。

(更にこのキミスカはスカウトサービスがメインなので、登録しておけば企業からのスカウトが届きます!マイ◯ビなどの一斉送信のスカウトよりも精度が高くおすすめです!)

キミスカに無料登録すると、下記のような適性検査データを取得することができます。

 

▼キミスカの適性検査で取得できるデータ

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001022p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001236p:plain

 

このデータを取得してから、僕が提唱している8ステップで完了する自己分析法を実施することで自己分析を完了することができます。 

 

【おすすめの自己分析の手順】

 

①「キミスカ」の適性検査によって「客観的な自己分析データ」を取得

(特に「性格の傾向」「意欲の傾向」「職務適性」が参考になる)

②就活攻略論の自己分析まとめ記事「8ステップで自己分析を完了する方法」を実行

 

▼適性検査の受験方法(利用する手順)【登録目安時間:1分】

こちらからサイト移動後に「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20190403154854p:plain

②メールアドレス・パスワード・卒業年度のみで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

③マイページへ移動し、サイドバーの「適性検査」を受験→完了

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

 

取得した適性検査の結果ですが、僕は印刷して自己分析ノートや手帳に貼り付けていました。

自己分析をする時だけでなく、面接前や空き時間に見ることによって自分の性格について考える機会になるので非常におすすめです!

 

▼取得した「客観的な自己分析データ」は印刷してノートに貼ろう!

f:id:shukatu-man:20190208163126p:plain

20190519225505

【キミスカをより詳しく!】

キミスカを運営している株式会社グローアップさんにインタビューした記事も公開しているので、ぜひ併せてご覧くださいね!

» 【キミスカの無料適性検査がすごい!】“中の人”に突撃してきた!

就活サービス③:digmee(早期内定の獲得)

f:id:shukatu-man:20190528173018p:plain

【公式サイト】https://digmee.jp/

 

おすすめ度:★★★★

 

digmee 』 は選考会の開催情報をLINEで取得できるサービスです。選考会を実施する企業は新卒の採用意欲が非常に高い企業なので、内定の獲得に直結するイベントばかりが掲載されています。

選考会は就活が一旦落ち着き始める6月以降も頻繁に開催されています。ぜひ気になる企業の選考会情報が入ったら参加してみましょう! 

【選考会とは?】

企業が新卒を採用するために開くワークショップです!

1dayインターンシップをより内定直結型にしたイメージです。

 

▼選考会の様子|企業説明会×グループワークをイメージすると分かりやすい!

f:id:shukatu-man:20181226092357p:plain

 

▼無料登録方法(利用する手順)【登録目安時間:15秒】 

こちら からdigmeeのトップページへ移動し「LINE友達追加」をクリック

f:id:shukatu-man:20190602114413p:plain

 

LINEで友達追加しておけば、選考会の情報が届くようになります!

皆さんが知らない裏で、実はこんなにも大量に選考会が開催されています。そしてそれに参加して、他の就活生との差をどんどん広げている就活生がいます。

 

f:id:shukatu-man:20181212100717p:plain

 

6月以降も大量に選考会は実施されているので、参加してみましょう!

選考会へ参加していると、あなたのことを評価してくれる企業に必ず出会います。恋愛と同じで、これは完全に運です。だからこそ場数をこなしましょう! 

20190519225502

【digmeeをより詳しく!】 

digmeeを利用するメリットなどより詳しい情報は別記事でも解説しています。

» 就活イベント・選考会に参加できるおすすめサービス【digmee】

就活サービス④:就活ノート(他人が書いたES研究)

f:id:shukatu-man:20190528173023p:plain

 

【公式サイト】https://www.shukatsu-note.com/

 

おすすめ度:★★★★

 

就活ノート 』は実際に選考で通過した2233枚のエントリーシートを無料で見ることができるサービスです。

エントリーシートを書いていて、「他人と比べて自分の内容はどうだろう?」「他の人はガクチカとしてどんなことを書いているのだろう?」という疑問を持ったことがあると思いますが、それらを解決するためにこのサービスは必須です。

 

無料登録さえしてしまえば、下記のようにエントリーシートを見ることができます。

 

▼無料でいくらでもエントリーシートを見ることができる

f:id:shukatu-man:20181212095253p:plain

 

▼無料登録方法(利用する手順)【登録目安時間:30秒】

こちら からサイトへ移動し「新規登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212002625p:plain

②登録内容を記入して登録する ※[必須]のみでOK! →完了

f:id:shukatu-man:20181212002621p:plain

 

この就活ノートのサービスを僕はどのように利用していたのかを紹介します。

何も考えずに他人のエントリーシートをながめているだけでは何も得られないですからね。

①まずは一通り様々なエントリーシートを読んでみる。

②自分が面接官の立場に立って「これは良い」と思う文章をコピペしてメモにまとめておく。

③ なぜその文章を魅力的に感じたのか考え、自分の文章に活かす。

 

他人が書いたエントリーシートから何を学び、どう自分のエントリーシートに活かすのか、それを考えることでこのサービスの真価は発揮されます。

ぜひ面接官の立場に立って他人のエントリーシートを見て、「なぜ良いと思ったのか?」を思考してみてくださいね。

20190519225456

就活サービス⑤:ビズリーチキャンパス(OB訪問)

f:id:shukatu-man:20190411144818p:plain

 

【公式サイト】https://br-campus.jp/

 

おすすめ度:★★★★

 

ビズリーチ・キャンパス 』はOB訪問に特化したサービスです。

このOB訪問に関してはかなり注意が必要でして、中堅大学やFラン大学の就活生は使用すべきではありません。なぜなら単純にOBの質が悪いからです。

 

反対に、偏差値の高い大学に通っている方はOB訪問を積極的に利用しましょう。

場合によっては、リクルーターによる特別選考ルートを紹介してもらえることもありますし、大手企業が今求めている人材に関する情報を教えてくれることもあります。

OBを探す方法に関しては、ビズリーチキャンパスを使用するのが一番おすすめです。上位大学しか使用できないサービスなので、質の高い情報をくれるOBしかいません。

 

またこの記事でおすすめするにあたって、実際にビズリーチ・キャンパスを利用している就活生にサービスの画面を見せてもらいました。

「OB訪問相手の名前や在籍会社名」や「相談できる内容」などが非常にわかりやすく掲載されていたので、「これは使いやすい!」と率直に感じましたね。

 

僕が就活生の時は、OB訪問をするのにわざわざ大学のキャリアセンターを通して、紹介してもらうのに1週間ぐらいの時間がかかりました。それだけの時間と労力をかけてOB訪問をする価値はないなと正直判断したんですよね。

一方でこのビズリーチ・キャンパスなどのサービスを利用すれば、サクッとOB訪問をすることができます。

 

よって志望度が高い企業に絞ってOB訪問をする分には最もおすすめのサービスだと言えますし、そこで働いている人からホームページでは調べることができない内情を聞けるのは大きなアドバンテージになるでしょう。

 

しかし注意が必要でして、このビズリーチ・キャンパスは利用できる大学が限られています。

下記に利用できる大学名を一覧化しておくので、ここに記載のある大学に在学されている方はぜひ利用してみてください!

 

【ビズリーチキャンパスが利用できる大学一覧】

(あ)青山学院大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、(か)関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州工業大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、(さ)滋賀大学、首都大学東京、上智大学、(た)千葉大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、(な)名古屋工業大学、名古屋大学、(は)一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、(ま)明治大学、(や)横浜国立大学、横浜市立大学、(ら)立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、(わ)早稲田大学

 

ちなみに僕は中堅大学だったので、OB訪問はほとんどしていません。

よって中堅大学の就活生は、別に気を落とす必要はなく、OB訪問をしなければ良いだけの話です。

「OB訪問を何回した?」とか言う話は本当に無意味でして、OB訪問は回数ではなく質ですからね。 

20190519225452 

就活サービス⑥:ワンキャリア(企業ごとの選考対策)

f:id:shukatu-man:20190528173142p:plain

【公式サイト】https://www.onecareer.jp/

 

おすすめ度:★★★★

 

続いて紹介するのは「ワンキャリア」という就活サービスです。

このワンキャリアは企業ごとの「選考体験記」を読むことができるため、SPIなどの適性検査の種類から面接でされた質問まで、企業ごとの選考情報を確認することできます!

 

よって「企業ごとの選考対策」において最もおすすめのサービスと言えます。

受験の時に「赤本」ってあったじゃないですか。

受験勉強での赤本の就活版がこのワンキャリアと考えると分かりやすいかもしれません!(面接でどんな質問がされるのか、過去問のような感じです!)

20190519225447

【ワンキャリアをより詳しく!】

ワンキャリアの具体的なサービス内容や、登録方法については別記事で詳しく解説しているので、まだワンキャリアを登録していない方はぜひ参考にしてください。 

» 【ワンキャリアの評判は!?】就活マンが最もおすすめする就活サイトです!

利用する就活サービスを選ぶポイント

f:id:shukatu-man:20190531172640p:plain

 

僕がおすすめする6つのサービスを紹介したところで、皆さんがこれから就活サービスを選び、利用する上でのポイントについて僕なりに解説します。

 

大学1年生の頃から数えると、僕はもう7年、就活について研究してきました。

その中で利用すべきだと思うサービスをこの記事でまとめたので、正直この6つのサービスだけ使い倒せば問題ないと断言することができます。

 

しかしこれに加えて他のサービスを利用する人も多いと思うので、ぜひ今から解説するポイントを考慮した上で利用するサービスを精査してくださいね!

 

利用するのは無料サービスで十分である

 

まず第一に利用するサービスはすべて「無料」のサービスで十分です。

世の中には「就活塾」や「就活セミナー」「オンラインの就活教材」などの有料サービスがあります。

 

それらは信頼できるサービス、提供元でないと、ネットワークビジネスなどの勧誘が目的だったりとトラブルの元になるケースも多いんですよね。

有料なのにトラブルの元になるなんて勘弁ですから、利用する場合は「使ったことのある先輩」に話を聞いたものを利用するようにするべきだと思います。

 

更に加えて言えば、就活塾や就活セミナーは紹介した「JAIC」のような就活エージェントサービスで代用できます。

就活塾などは「受講料」を利益として運営していますが、JAICなどの就活エージェントサービスは求人を出している企業からの報酬が利益となっているので、就活生は無料で利用することができますからね。

 

無料で素晴らしいサービスがあるのが就活の良いところだと僕は思います。

それらを知らず有料サービスに頼る人は多いですが、無駄金になる可能性も高いので、無料のサービスを利用し尽くしましょう。それで十分すぎますから。

 

たしかに無料で良いサービスがない場合はお金を出すべきですが、就活においては無料で利用できる優良なサービスが多いですね!

そのとおり!それなら無料サービスを利用した方が財布にも優しいよ!

 

役割がカブるサービスも多い(登録のしすぎは非効率)

 

次に就活サービスは利用する数が多ければ良いというものではありません。 

例えば「スカウトメール」が届くサービスとしては、この記事で紹介したキミスカだけでなく、Offerbox(オファーボックス)などがあります。

それらはサービスとしての役割が完全にカブっているんですよね。

 

このように役割、つまり利用する目的がカブっているサービスは1つに絞って使い倒すのが効率的だと僕は考えています。

多くのサービスを利用すればするほど管理するのが大変になってしまいますからね。

 

利用する目的が同じようなサービスはその中で最も利用価値の高いサービスだけを厳選して利用するのが良いですよ。

その判断は難しいと思うので、1度利用してみて自分が使いやすいと感じたり、直感的に「良いな!」と感じたサービスに絞って利用していきましょう。

(無料サービスは退会することも容易な点が評価できますね。)

 

たしかに利用する目的が一緒のようなサービスを大量に使うのは、逆に非効率的ですよね。

そうなんだ。今回紹介した6つのサービスもそれぞれ利用する目的がすべて異なるんだよ!(個別支援=JAIC、適性検査=キミスカ、選考会情報の入手=digmee、他人のES確認=就活ノート、OB訪問=ビズリーチキャンパス、個別の選考対策=ワンキャリア)

おすすめの就活サービスを利用する上での注意点

 

ではこの記事の最後に、今回おすすめした就活サービスを利用する上での注意点をまとめて終わりにしたいと思います。

まず、冒頭でもお話しましたがサービスを利用する上では「利用する目的を明確化すること」が最も重要です。

 

極端な話、本気で就活をしたくないのであればこの就活攻略論を読まなくても良い話です。「他人と差別化することで内定を獲得したい」という明確な利用目的があるからこそ、この就活攻略論は輝きます。

 

それと同じように、どんなサービスを利用する時も「なんとなくおすすめとして紹介されてたから使ってみた」という姿勢では、確実に他の就活生に負けます。利用しても軽く触っておしまいとなるでしょうから。

 

今回、僕がこの記事を書くにあたって意識したことは、とにかく「利用する目的がわかりやすい記事を書こう」ということでした。

すべての行動に目的を持ちましょう!自己分析の精度を上げるためなのか、自分に合った企業を一社でも多く見つけるためなのか、選考突破するためのエントリーシートが書けるようになるためなのか、どんな目的でも良いです。明確化しましょう。

 

こんな基本的なことですが、僕がこの就活攻略論を通してみなさんに伝えたいメッセージでもあります。

今回お伝えしたサービスがみなさんの就活を支え、成功へと導きますように!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー