就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【スポナビの評判は?】体育会系の就活生は使うべきか?

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200804103401j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は体育会系の就活生に特化した求人サイト「スポナビ」について解説します。

様々な求人サイトが存在しており、その中でもマイナビやリクナビをメインに使う就活生がほとんどですよね。

 

マイナビやリクナビに加えて、わざわざスポナビを利用する価値はあるのか?

実際に利用した就活生からの評判や、サイトの特徴をまとめつつ結論付けていきたいと思います。

これからスポナビを利用しようと考えていた就活生はぜひ参考にしてくださいね!

スポナビとは?

f:id:shukatu-man:20200804103405p:plain

 

【公式サイト】https://www.sponavi.com/

 

おすすめ度:★★★・

(僕が★5と設定した就活サイトはこちらの記事でまとめています!)

 

スポナビは、体育会系学生の就活サポートをメインに取り扱う就活サイトです。

“大学公認の部活やクラブに所属していた学生であれば”誰でも登録が可能で、体育会系の学生を欲しがっている企業との橋渡しをしてくれます。

 

(逆に言うと、大学公認の部活やクラブに所属していない学生は登録できません)

 

スポーツ企業はもちろん、業界や職種に関係なく幅広い種類の求人を紹介してもらえるところがポイント。

スポナビでは体育会系の学生を求めている企業の検索ができるだけではなく、就活相談や就活イベント、就活対策講座などの開催も行っています。

 

業界・職種や地域に特化した就活サイトはたくさんありますが、体育会系の学生に特化したサイトは珍しいですよね。

スポーツを頑張ってきた学生ならば、必ずチェックしておきたいサービスだと言えるでしょう。

 

ちなみに、スポナビとは別に「スポナビキャリア」というサービスもありますが、こちらは転職者専用のサイトです。

新卒の学生は利用できないので、登録を間違えないように注意しましょう。

 

スポナビの特徴まとめ

f:id:shukatu-man:20200729185159p:plain

 

スポナビに登録をするとどんなサービスが受けられるのか、どんな特徴があるのか気になりませんか?

ここからは、他の就活サイトとは異なるスポナビ独自の特徴をご紹介していきます。

 

①体育会系に特化した求人サイト

 

スポナビのもっとも大きな特徴は、やっぱり体育会系の学生に特化した求人ばかりを取り扱っているところ。

アスリート系の学生を欲しがっている企業だけを紹介してくれるので、当然他の就活サイトに比べて内定率は高くなります。

短期集中で効率良く就活ができる就活サイトだと言えるでしょう。

 

加えて、個別相談に乗ってくれるキャリアコンサルタントも体育会系出身。

OB・OGだからこそ共感できる就活の悩みにも、しっかりと向き合ってくれます。

 

スポナビのスタッフは、全員転職市場とスポーツ業界の両方に精通しています。

「今まで頑張ってきた経験を活かして就活をしたい」という学生は、ぜひスポナビをチェックしてみてくださいね!

 

②全国対応でイベントも開催中

 

特化型の就活サイトは関東や関西など、首都圏の求人しか取り扱わないことも多くありますが、スポナビは全国の求人を取り扱っています。

 

札幌から熊本まで幅広いエリアに対応しているので、IターンやUターンをしたい学生にもピッタリ!

ここでしか採用しない企業に出会えたり、経営者や人事との食事ができたりと、魅力的なイベントを各地で開催しています。

 

求人を紹介してくれるだけではなく、より内定に繋がりやすい企画が豊富なところもスポナビの特徴です。

地方に住んでいる方や地方で就職したい方も、スポナビなら自分に合った企業が見つかるかもしれませんね!

 

③非公開求人やインターン情報が豊富

 

スポナビは、一般サイトには公開されていない非公開求人がたっぷり。

「体育会積極採用企業」や「特別採用枠」、「特別選考STEP」を用意している企業も豊富です。

競争率が少ないので、他のサイトに比べてよりスピーディーで効率的な就活が可能になるでしょう。

 

また、インターンシップのエントリーも受け付けているので、早めに就活のスタートダッシュを切りたい学生にもおすすめです。

 

④就活サポートが充実している

 

Webサイト上で担当者との一対一面談が予約でき、エントリーシートや履歴書の添削、面接対策までしっかりとサポートしてくれます。

また、大学のコーチや就職課と連携して支援してくれるので、一人ひとりに合ったサポートが期待できますね!

 

スポナビには「スポナビエージェント」という新卒就活エージェントサービスも用意されています。

体育会系学生に特化したエージェントサポートが受けられる点も、大きなメリットですね。

 

就活サイトの中には、抱えている学生数が多すぎて事務的な対応しかしてくれないところもあります。

スポナビはまだまだ知名度が低いですが、その分登録している学生の面倒見がいいところが魅力だと言えるでしょう。

 

なるほど!体育会系に特化しているからこそ、そこに掲載されている求人からの内定獲得率が上がるんですね。

そうだよ。「体育会系の学生が欲しい」という企業がスポナビに求人を出すから、適性が合いやすいよね。

スポナビと他の体育会系就活サービスを比較

f:id:shukatu-man:20200804105332p:plain

 

実はスポナビ以外にも、体育会系に特化した就活サービスはいくつかあります。

全て登録しておけばその分選択肢も広がりますが、登録するのは手間ですし、メールなどが増えてしまって面倒ですよね。

 

そこで比較検討できるよう体育会系就活サービスごとの特徴をまとめました!

ご自身に合ったサイトがあれば、スポナビと一緒に登録しておきましょう。

 

アスリートエージェント

 

アスリートエージェントは、1,000名以上のアスリート・体育会系学生の就活サポート実績があるエージェントです。

新卒サポートだけではなく、転職者の支援も行っています。

10万社以上から厳選した体育会系限定求人案件を取り扱っており、内定獲得率はなんと86%もあるんだとか!

 

サービス内容としては、スポナビのエージェントを利用するのと変わらないですね。

「両方利用するのは手間」という学生はサイトや担当者の対応を見て、自分に合った方を選んで利用してもいいでしょう。

 

I am a rookie

 

部活で忙しい学生におすすめなのが、逆求人型サービスであるこちらのサイト。

登録後は専属のカウンセラーが付き、待っているだけで自分に合った企業から特別オファーをもらうことができます。

 

体育会系向けの就活講座も充実。

部活と就活を両立したい学生や、いち早く内定が欲しい学生におすすめの就活サイトだと言えるでしょう。

 

アスプラ

 

アスプラもスポナビと同様、体育会系の学生が利用できる就活サイトです。

勉強会の開催や個別相談、特別選考の実施など、サービスの内容はスポナビとそれほど変わらないです。

 

ただしスポナビよりもサイトのコンテンツは充実していて、就活ノウハウや先輩のESを閲覧することができます。

情報収集のために登録してみるのもいいでしょう。

 

ハドルック

 

ハドルックは、体育系学生が企業に交通費や宿泊費を負担してもらいながら就活ができるツール。

ただし、交通費支給の有無や金額はプロフィールや志望動機によって判断されるため、自分のページを作り込むことが必要になります。

 

まだリリースされたばかりのサイトで掲載企業は少ないので、サブサイトとして活用することをおすすめします。

 

CSParkCareer

 

こちらのサイトは、体育系学生に向けた個人面談やセミナー、コラム記事の掲載に特化しているところが特徴。

とくに、1回あたり2時間行ってくれる個人面談が手厚いと好評です。

Webでの模擬面接なども行ってくれるため、面接前の最終確認として活用する使い方もおすすめですよ。

 

スポナビを利用した人からの評判

f:id:shukatu-man:20200804105327p:plain

 

体育会系の学生にとっては魅力だらけに思えるスポナビ。

良いところばかりを紹介しましたが、実際に使った方でないと本当のところは分かりませんよね。

 

スポナビを実際に使っている就活生は、そのサービスにどんな印象を抱いているのでしょうか。

良い評判と悪い評判の両方をまとめたので、登録前に正直なみんなの感想をチェックしておきましょう!

 

スポナビの良い評判

 

まずは、スポナビの良い評判を見ていきます。

 

キャリアコンサルタントの対応が良い

面談をしたキャリアコンサルタントの対応が良かったという口コミです。

就活エージェントのキャリアコンサルタントは、正直相性が合うかどうかが大切になりますが、「対応が良いスタッフがいる」という口コミがあると安心ですね。

 

不安をじっくり聞いてくれる

面談に行って就活に関する不安をじっくり聞いてもらった方の口コミです。

どんどん求人を紹介して選考を進めようとするのではなく、学生の気持ちに寄り添って一人ひとりのペースに合わせて就活をサポートしてくれるのは嬉しいですよね。

 

就活の不安は周囲に言いにくいので、こうして対面で聞いてもらえる場があるだけでも精神的に安定しそうです。

 

選考が有利になる

スポナビ経由の応募で、一次面接の通過が約束された学生の口コミ。

他にも、一次面接が免除されてスピーディーな選考になったとSNSに投稿している学生が多かったです。

企業側からしても、スポナビ経由で応募してくる学生は、企業のニーズにマッチした学生ばかり。だからこそ、早く効率的に選考を進めてくれるんですね!

 

スポナビの悪い評判

 

次に、悪い評判を見ていきましょう。

 

スポナビの悪い評判はほとんど見つかりませんでしたが、中には悪い印象を抱いている学生もいるようです。

どこがダメなのかについて言及していないので、もっと詳しく知りたいですね。

 

まだまだ認知度が高いわけではないので、そこまで多くの評判は集められませんでした。

しかし、全体的に良い評判の方が多かったので、利用者の満足度が高いことがうかがえます。

 

スポナビに関する僕の意見

f:id:shukatu-man:20200727191221p:plain

 

結論から言うと、僕はスポナビには良い面も悪い面もあると思っています。

ここからは、スポナビの特徴や評判を総合的に見て、僕が抱いた正直な感想をお伝えしていこうと思います。

 

求人数が200ほどしかないので求人サイトとしては微妙

 

スポナビはどちらかと言うとまだまだマイナーなサービスなため、求人数が少ないです。

調査時点では求人数が200ほどしかなかったので、求人サイトとして活用するには微妙かなと思いました。

 

コラムなどのコンテンツ量が少なくて説明会の情報も少ないですし、これからの成長に期待したサイトですね。

 

限られた求人数・情報の中で無理やり会社を選ぶとミスマッチの原因にもなりますし、スポナビだけで就活を進めていくのは良くないと思います。

大手のサイトと併用しながらスポナビを使う就活の進め方がマストになるでしょう。

 

体育会系を積極採用したい企業は労働環境が悪い可能性あるよね

 

体育系の学生を欲しがっている企業の中には、体育会系学生の性格や体力を利用したいブラック企業が紛れ込んでいる可能性もあります。

 

例えば、体育系学生には以下のような特徴があると言えるでしょう。

  • 上下関係を重じて先輩の言うことに忠実
  • 体力がある
  • 辛いことも根性で乗り切れる 

 

実際にどんな会社なのかは、入社してみないと分かりません。

しかし、「上下関係を重じて根性がある体育系学生を欲しがっている企業」なんて、労働環境が悪いんじゃないの!?と僕は思ってしまいますね。

 

ちなみに、求人に以下の情報がある場合は労働環境が悪い可能性があるので要注意です。

  • みなし残業や年俸制の表記
  • 職種や社風などが抽象的な言葉ばかり
  • 採用数が多すぎる
  • 給料が不自然に多い・少ない 

 

ただし、どんな就活サイトにも労働環境の悪い企業は紛れ込んでいます。

「スポナビだからブラックが多い」ではなくて、求人ごとにしっかりと企業を見極める必要がありそうです。

(どの求人サイトだろうが同じことが言えるので、1社1社口コミサイトも駆使して調べることが重要だよ!)

 

イベント系は参加価値が高いと感じる

 

スポナビで開催されているイベント企画には、参加価値があると僕は思います。

なぜなら、スポナビのイベントは内定に直結する内容になっているから。

 

主にスポナビで開催されているのは、以下の3つのイベントです。

  • スポ勉(就活対策講座)
  • 企業説明会
  • 合同セミナー

 

スポ勉では自己分析や企業の選び方や応募書類の書き方、面接・GD対策など、企業の選考の講座や少人数での勉強会を開催しています。

また、講座終了後や勉強会終了後には、個別での就職相談も可能です。

 

「そもそも就活とは?」というところから丁寧に講座を進めてくれるため、就活に関して不安や分からないことがある学生にはおすすめできますね。

 

また、企業説明会や合同セミナーに参加すれば、内定に直結するような情報を収集したり人事と直接話したりすることができます。

競争率が少ないスポナビイベントなら人事の印象にも残りやすく、面接などで有利になるケースもあります。

 

実際に評判を調査した際も、スポナビの説明会効果で一次面接を通過した学生の投稿を見つけましたしね。

スポナビのイベントに参加すれば、選考の通過率アップと内定スピードが早まる可能性は高いです。

 

スポナビの利用方法

f:id:shukatu-man:20200729185205p:plain

 

スポナビの特徴や評判について知れたところで、具体的な利用方法について見ていきましょう。

 

スポナビ公式サイトから会員登録をする

 

まずはスポナビの公式サイトにアクセスし、会員登録をしましょう。

会員登録では、氏名や住所などの基本情報の他に所属していた体育会クラブを登録する必要があります。

 

必要事項入力後、登録アドレスに届いたメールに記載してあるURLをクリックすれば本登録完了となります。

 

マイページから希望職種や条件、エリアを入力しておくと、企業からスカウトすてもらうことも可能です。

 

スポ勉に参加する

 

登録が完了したら、まずは就活の基本を押さえておくためにもスポ勉に参加しておきましょう。

業界や職種、自分に合った業界の探し方、選考書類の書き方などを一から教えてもらえる講座が充実しています。

 

個別相談をしてみる

 

ある程度就活について学べたら、個別相談で自分に合った就活の進め方や就活に対する悩みについて相談してみてください。

この時、実際に書いてみた履歴書などを持参して添削してもらうと、今後の書類選考がスムーズに進みます。

 

自己分析のお手伝いもしてくれるので、本格的に就活を始める前に一度個別相談をしておくことをおすすめします。

 

企業へエントリー・説明会に参加する

 

就活の基本、自分に合った就活が理解できたら、説明会に参加して企業にエントリーして説明会に参加していきましょう。

必要に応じて個別相談で応募書類や面接対策をしてもらうと、選考通過率がアップしますよ。

 

スポナビに関する補足事項

 

最後に、スポナビに関する補足事項をご紹介していきます。

以下についてまとめておいたので、気になる方はチェクしておきましょう。

  • スポナビの退会方法
  • メールの多さ

 

スポナビの退会方法

 

「内定が出た」「サービスに満足できなかった」などの理由で、スポナビを退会したいと思うこともあるでしょう。

スポナビの登録や面談の予約はWebサイト上で行えるのですが、残念ながら退会はWebサイトからは行えません。

 

スポナビを退会したい場合は、以下の3つの方法で解約したい旨を申し出る必要があります。

 

【スポナビの退会方法】

  1. 登録時に送られてきたメールアドレスにメールをする
  2. スポナビ公式LINEにメッセージを送る
  3. 担当スタッフがいる場合、担当スタッフに伝える

 

Webサイト上で退会ができないのはちょっと不便ですよね。

LINEならメッセージを送るだけで退会できるので、スポナビを利用する時はLINEの登録をしておくと便利だと思います。

 

スポナビからのメールは多いか?

 

調査をしたところ、「スポナビからのメールがしつこい」といった情報は見つかりませんでした。

マイナビやリクナビと同様お知らせメール程度で、そこまでしつこく連絡が来ることはないでしょう。

 

ただし、エージェントの方に登録すると密に連絡が来るようになるため注意が必要です。

メールだけではなく電話も増えるため、「しつこい」と感じる就活生もいるようです。

 

もしもスポナビやエージェントに登録して連絡が多いと感じる場合は、スポナビに連絡してメールの頻度を減らしてもらうことをおすすめします。 

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

 

スポナビは体育会系に特化しているので、求人を出している企業との適性が合いやすいという大きなメリットがあります。

一方でまだ求人数がそこまで多くないことや、「体育会系を特に求める企業はブラック体質なのでは?」という疑問が残ってしまいますね。

 

しかしこれはマイナビだろうがリクナビだろうが言えることです。

よってエントリーする前には、しっかりと口コミサイトに目を通してくださいね。

「入社する企業の選定」は就活において、めちゃくちゃ重要ですから!