読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活マンブログ。〜僕が中堅大学から"内定倍率800倍"を突破した訳とは!?〜

「就活マンと申します。」 中堅大学から倍率800倍企業に内定。~中堅大学からでも大手に受かる方法とは!?~ ESの書き方・面接・OpenES・内定など就活に関する情報を毎日発信しています!

就活成功術vol.15 -『“内定を持っていない“ことを良い方向にアピールする方法』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170526191205p:plain

 
最近、たまになんで「就活マン」という名前にしたんですか?と聞かれることが多くなってきました。
 
 
振り返ると3歳の頃ですね。
アンパンマンが好きで、ずっと見ていたんですよ。
 
振り返ると5歳の頃ですね。
ウルトラマンが好きで、目が充血するまで見ていたんですよ。
 
振り返ると7歳の頃ですね。
ポケモンが好きで、ゲームでヒトデマンを育てていたんですよ。
 
振り返ると14歳の頃ですね。
おもちゃが好きで、ビーダマンで遊んでいたんですよ。
 
振り返ると18歳の頃ですね。
お笑いが好きだったので、サンドウィッチマンを見てたんですよね。
 
 
 
 
ん?
20歳以降にハマった「マン」がないな。
 
あ。
作るか。
 
 
 
はい!
ということで、おふざけはこの辺にして本題に入っていきましょうか。
 
今日のブログは、昨日のブログの続きになります。
 
昨日のブログでは、持っている『内定』に付加価値をつけて最大限に利用しようという内容でした。
 
今日は、昨日のブログの裏をかいて『内定を持っていないことを利用する方法』について説明していきたいと思います。
 
内定を持っていないことはマイナスなのでは?と思うかもしれませんが、それは頭が固いですね。
もっと頭を柔らかくほぐして考えてみてください!
 
 
昨日のブログから一部引用しますよ。
 
 
もし「告白されて返事待ちしている異性がいる。」と言われたら、こうも思ってしまいませんか。
 
「そっかぁ。ならそっちの人にいってしまうかもな。」と。
 
つまり内定を持っていると、他の企業に持っていかれるリスクが高いとも判断されてしまうんです。
これはかなりのマイナスでしょう。
 

 

 
この部分です。
「内定を持っている!」と企業に伝えると、面接官はうちに来ないで他の企業にいってしまうのでは?と思いますよね。
昨日のブログでは、そう思われないようにする対処法をお伝えしましたが、ほとんどの人はそうは対処しません。
 
つまり普通の内定を持っている人は、『他の企業にいかれてしまうのでは』と面接官には思われるのです。
すると内定を持っていないことを逆手に取ることができそうじゃないですか??
 
 
こう言えばいいんですよ。
 
 

『私は本当に入社したいと考えた企業のみしか受けていません。』

 
 
内定がないことをこう言い換えるだけで、素晴らしく面接官に響きますよ。
 
「もし内定が一社も取れなかったらどうするのですか?」と聞かれても、
「一年、読書やインターンシップを行って勉強し直して来年また挑戦します!」と答えれば良くないですか。
 
素晴らしく良くないですか。
 
凄まじいやる気を感じることができます。
 
もしこれが、中小企業なら尚更「そんなふうに自社のことを思ってくれているなんて!」と感動してくれるはずです。
 
 
就活は言わば、企業を口説いたもん勝ちなんですよ。
世の中に恋愛上手がいるように、就活でも就活上手になってください。
 
そうした発送の転換で、就活がみるみるうまくいきますからね!
 
それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!
 
 
 
 
★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)
 
LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!
 
#就活 #就活生 #内定 #面接 #大学 #倍率 #企業 #ES #テストセンター 

就活成功術vol.14 -『持っている内定に価値を与える方法』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170525140234p:plain

スタバって最高ですよね。
この世にスタバがなかったら、今の僕はいません。
就活で800倍の企業に入社することもなかったでしょう。

 

僕が学生の時は、夜一人でスタバにいって本で勉強をほぼ毎日していましたから。
やっぱり雰囲気って大事なんですよ。


良い雰囲気の場所でやると、自分が少し大人になった気がするんです。できる人になった気がするんです。

スタバで勉強している人を意識高い系だと言いますが、
多分その人達が将来幸せになっている可能性は高いと思いますよ。

人は周りの環境に左右される生き物ですから、マックでファストフードをばくばく食べている空間に身をおくのか。
スタバで周りも一生懸命勉強している中に身をおくのかで、絶対に未来は変わってくると思います。

僕はこれからもずっとスタバ大好き人間として生きていきますよー!
(就活生の方々、ぜひ一緒にスタバにいきましょう!声かけてくれれば行きますから笑)

 


では、前置きはこの辺にしておいて、本題に入っていきましょうか。

今日は『内定が次の選考に与える価値』について話していきたいと思います。

就活の選考において、企業からよく「他の企業から内定は貰っていますか?」と聞かれることがありますよね。
この時の面接官の心境としては以下が考えられます。

 

「他の企業から内定貰っているなら、早く確保しないとな。」
「他の企業から認められているのかな?」
「他にどんな企業を受けているのだろうか。」

 

こんなところでしょうか。

これらの面接官の心境の中から、特に今日注目するのは、
「他の企業から認められているのかな?」という思いです。

就活における内定とは、言い換えると『お前が欲しい』です。
つまり“認められている”ということですよね。

 

学生生活を例にとってみましょうか。
「告白されて返事待ちしている異性がいる。」ということは、認められているということです。

もしあなたが気になる人に、「告白されて返事待ちしている異性がいる。」と言われたらどう思いますか?

「あ、モテるんだな!いい人なんだな!」
こんな風に思うはずです。

つまり内定を持っているということで、次の選考で「俺は他社にも認められているんだ!!」というアピールができるのです。
これこそが“内定の付加価値”です。

 

と、まぁここまでは他の就活本やブログでもたまに書いてありますが、
僕のブログではここで終わりません!!

この“内定の付加価値”ですが、良い面ばかりでしょうか。
もし「告白されて返事待ちしている異性がいる。」と言われたら、こうも思ってしまいませんか。

「そっかぁ。ならそっちの人にいってしまうかもな。」と。

つまり内定を持っていると、他の企業に持っていかれるリスクが高いとも判断されてしまうんです。
これはかなりのマイナスでしょう。

 


よってこうしたマイナス面を打ち消すために僕がいつも使っていた言葉を使用してください!

「内定はありますが、すべての内定を捨ててでも御社に入社したいと思っています!」


はい。企業の人事はもうイチコロです。

 

「私ね!!!告白されて返事待ちしている異性が10人いるの…。でもね、その人達を全て振ってでも、あなたと付き合いたいわ!!!!」

こう言われてみてください。
僕だったら、その場でこう言いますね。

 


「好きだぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!」

 

 


今日のブログでは内定を所持した際の、メリットについてお話しました。

しかし反対にこれを利用して、内定がない状態でもアピールできる方法を明日のブログではお伝えしますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!


★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)

LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!

 

#就活 #就活生 #内定 #面接 #大学 #倍率 #企業 #ES #テストセンター 

 

面接 vol.16 -『「最後に質問ありますか?」への最高の対応』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170524150632p:plain

今日は駒澤大学の横にある、お洒落なスタバにて執筆を行っています。
普通のスタバとは違って、店内の内装が非常に綺麗なのですが、ドリンクの価格が高い!
 
カフェオレで600円しましたからね。
気軽に入れませんね笑
 
 
では、本日の本題に入っていきましょう。
 
今日は面接の最後に面接官からされる「最後に質問ありますか?」への対処法をお話しようと思います。
 
結構多くの人が、「ありません!」と答えがちだと思います。
しかし、この「最後に質問ありますか?」こそ“唯一の攻め”なのです。
 
基本的に面接では、面接官からの質問が主です。
つまり“受け”の姿勢ですよね。
 
しかしながら、「最後に質問ありますか?」という質問への返しはこちらから質問内容を決めることができるので“攻め”なのです。
よって面接においての“唯一の攻め”と言えます。
 

f:id:shukatu-man:20170524150907p:plain

僕はこの攻めに関して、他の全国の就活生に負けないよう徹底していました。
中堅大学から大手企業への内定を獲得するためには、やはり何か光るモノを感じさせる必要性があります。
 
 
質問への回答という“受け”に関しては、たいていの就活生を凌駕することはなかなか難しい。
しかし、最後に質問はございますかという唯一の攻めでは、それが可能なのです。
 
 
では、その攻めに関して重要なことをお伝えしましょう。一言です。
 

『他人がしないようなことをしろ!』

 
これだけです。
「最後に質問ありますか?」と聞かれて、福利厚生に関してや事業内容について聞く人がほとんどですが、僕から言わせてもらうと、そんなことはホームページで調べろよ。です。
 
そんなありきたりな質問をすることに、唯一の攻めを使うのは非常にもったいない。
更に言うと「サイトに書いてあるんだけど。調べてないのかよ。」なんて思われたら最悪ですからね。
 
 
 
 
 
では、僕が絶対的におすすめする『他人がしないような攻め方』をお教えしましょうか。
 

それこそが『新しい事業アイデア・商品アイデアを勝手に作って提案する』ということです。

 
 
もうこれをするだけで、就活の成功率は圧倒的に上がります。
もはや「上がる」というよりも、「飛翔する」。そんな表現でも良いぐらいです。
 
これは僕が就活をしていた時、面接ですることとして徹底していました。
 
 
今時、どんな企業でも“自分で考えて動く人”は99.9%評価されます。
 
「その企業にこんな事業があったら面白いのではないかな?」
「こんな商品を出せば売れるのではないか?」
「こんなCMを打てば認知が上がるのでは?」
「この商品はこんな使い方もあるのでは?」
 
こうした新しいアイデアを、企業にぶつけてしまいましょう。
こうしたアイデアの槍を、面接官に突き立てるのです。

f:id:shukatu-man:20170524150835p:plain

 
 
 
僕が実際にしていた例を挙げましょう。
某最大手のコンビニエンスストアの本社面接では、こんなアイデアを提案しました。
 

f:id:shukatu-man:20170524150943p:plain

こうした手書きのメッセージをトイレに貼るのはどうでしょうかと提案しました。
「これからは親近感の時代ですし、アルバイトのやる気も上がりますよ!」と言葉を添えて。
このメッセージカードは実際に自分で作って、面接に持っていきました。
 
この提案をしたからか、内定を頂きました。
更に、後から聞いたところ、僕のメッセージカードは人事部の皆に回り話題になったとのことでした。
 
まさに槍が突き刺さったのだと思います。
 
 
どんな良い回答や、どんな清潔感のある見た目よりも、誰もやらないようなことをして、行動力や発想力を示すのは非常にインパクトがあります。
 
 
 
 
 
 
「最後に質問はありませんか?」
「ありません。」
 
これは最低レベル。
 
 
「最後に質問はありませんか?」
「御社の商品企画の事業ではどんなことをやっているのですか?」
 
うん。普通。
 
「最後に質問はありませんか?」
「一つだけ提案をさせていただいても宜しいでしょうか?。」
 
槍が突き刺さります。
 
 
就活に正解はありません。
しかし、自分が面接官の立場になればどんな人を採用したいと思うか分かりませんか?
同じ人間ですから。
 
 
 
今日以降の面接で、すぐに実行してみてください。
面接の通過率が本当に驚く程変わりますよ。
 
 
それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!
 
 
★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)
 
LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!
 
 #就活 #就活生 #内定 #面接 #大学 #倍率 #企業 #ES #テストセンター 

面接 vol.15 -「面接ではシンプルに答え過ぎてもいけない!?」

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170523191909p:plain

すっかり日中は暑くなってきて、汗っかきな僕にとってはもう地獄です。

しかしながら、体の代謝はめちゃくちゃ良くなるので、痩せますよね。


なんか最近、僕のブログの冒頭がダイエットブログみたいになっているのですがお気になさらず。笑

ちなみにですが、女性の皆さん。
無理なダイエットはよくないですからね?

食事を抜く等の無理なダイエットでは、筋肉が落ちてしまいます。
筋肉が落ちるとどうなるのか?
『基礎代謝』が落ちてしまいます。基礎代謝とは何もしないでも、消費するカロリーのことです。生きていれば消費するものですね。

(余談ですが、僕は理系だったのでこうゆう話が意外と好きなんです。)

この基礎代謝は筋肉が多ければ多いほど、活発になるのでカロリーを勝手に消費してくれます。
しかし、無理なダイエットによって筋肉が落ちると、基礎代謝が減りますので結果的には、勝手に消費してくれるカロリーが減るんですよ。

もちろん食事を抜くことで一時的には痩せますけど、長期的には基礎代謝が減るのでより太りやすくなるんです。

 

あ。もはやダイエットブログですね。これ。

『就活マン』から改名して、『痩せるマン』とかにしますわ。笑

 

そんなこんなで、そろそろ就活のブログに戻していきましょうかね!

本日の内容は、LINEにて質問を受けた内容に関して、話していきたいと思います。

ありがたいことに、LINEを追加いただき質問を沢山頂いています。
(LINEの追加方法に関しては、記事最後を参照ください。)

 


本人に許可を頂いたので、LINEの内容を公開いたしますね。

 

f:id:shukatu-man:20170523185902p:plain

 

質問内容を簡単に言うと、『就活においての面接では、面接官からの質問に対して短く答えなさい!とアドバイスを受ける。しかし、短く答え過ぎても話す気がないのかな?と面接官に思われてしまいそうで不安。』ということです。

 

たしかに僕のブログでも、以前『面接での回答はシンプルにしなさい!』とお伝えしました。
(参照:http://shukatu-man.hatenablog.com/entry/2016/11/08/193546

そもそもなぜ面接での質問への答えは短くするべきか、まずお話しますね。

それは一言に尽きます。

 

『コミュニケーションとは質疑応答の繰り返しである。』

 

これが僕の一番の考えです。
よく会話のキャッチボールという表現をされることも多いですが、要は質疑応答です。

面接官から質問された際に、長々と答えてしまうと、それは質疑応答ではなく、もはやプレゼンです。集団面接でも話が長すぎて「プレゼンかよ!」とツッコミを入れたくなるような人いませんでしたか?

そうゆう人は見事に落ちますよ。コミュニケーションができないと評価されますから。

よって僕の考えとしては、面接官からより多く質問されることが重要だと考えます。

なので、回答の内容がもともと珍しいことだったら「◯◯をやっていました。」「◯◯です。」と答えれば良いのです。
例えば、サークルは何をしていたのですかと質問されて、「探検部です。」と答えれば、ほぼ確実に「探検部ですか?どんな活動なのでしょう?」と質問してきますよね。

逆に、「野球です。」とありきたりな内容だったら、面接官も「あぁ。野球か。」となって会話は終了します。

これだと面接官からより多くの質問をさせることができません。

 

 

では、ありきたりな内容を回答する際はどうすれば良いのか。

僕はLINEで彼にこう回答しました。

f:id:shukatu-man:20170523191406p:plain

 

つまり、自然と質問させるような内容を付け加えるのです。

先程のサッカーの例で言うと、「サッカーです。」と答えると会話は終了します。
しかし、「一つの大きな目標を持って、サッカーに励んでいました。」と答えるとどうなりますか?

あなたが面接官だったら、質問しませんか?
「一つの大きな目標??」と。

すると面接官からの質問が一つ多くなりますし、自然と自分の考えや想いを伝えることができます。

このように一工夫するだけで、格段に面接官とのコミュニケーションの密度が高まりますので、ぜひ実践してみてくださいね!

ちなみに、このLINEのように何でも質問頂ければ回答しますので、ぜひお気軽にLINEしてくださいね\(^o^)/

(LINE出しOKくれた、Nくんありがとねー!)

 

それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!


★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)

LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!

 

#就活 #就活生 #内定 #面接 #大学 #倍率 #企業 #ES #テストセンター 

面接の裏技vol.10 -『一次面接は笑い、二次面接は熱意、最終面接は安定性』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170522093459p:plain

今は9:30。in東京。
ここで一言。


「暑っ!!!」


とうとう来ましたね。夏が。
僕を呼んでますね。海が。
書いてますね。ブログ。


と語呂がいいところで早速本題に入っていきましょう。
(今日は少しおふざけな気分でした。笑)

 

前回のブログにて、面接の各ステージにおける面接官の着目点の違いについて書きました。
今日のブログではもう少し面接に関して踏み込んで話していきたいと思います。

前回のブログを読んで頂いてからの方が、分かりやすいと思うので先に前回のブログを参考にしてみてください。

shukatu-man.hatenablog.com

 

簡単に前回の内容を振り返ると、まず一次面接は人事の下っ端が出てきます。
二次面接では人事部長クラス
最終面接では役員・社長
 
こんな流れで面接官が変わることが多いです。
(もちろん企業によって異なりますが。)
 
まず一次面接に関してです。
企業としてもここで落とすのは60点以下の人です。
ちなみに僕が言う点数は、その企業の求める人物像に対する点数のイメージです。
求める人材に近ければ100点ですが、その求める人材は企業によって異なりますからね。
一つの企業の一次面接で落ちたからと言って、自分を否定する必要はサラサラありません。
 
一次面接に関しては、「とりあえずいいかもしれないな」と思うような60点以上の人は、とりあえず次の面接に進ませることが多いです。(人事としても、すぐに落とすのは機会ロスですから。)
 
では60点以下となるとどのようなことが考えられるでしょうか。
僕が考えるに以下に該当する人は、比較的多くの企業で評価されません。
 
・笑顔が皆無
・猫背
・声が小さい
・自分の考えがない
・話が棒読み
 
これ、基本的なことです。
しかし、一次面接で落ちる人はこれらの基本的なことが欠落している場合が多いんですよ。
該当するものがあれば、速攻で直してください。
 
ぶっちゃけ言うと、一次面接では印象が良ければ通過することは多いです。
では印象を良くする要因として一番重要なこととは何でしょうか。
 
初対面の人との出会いをイメージすれば簡単にわかりますよね。
 
 
 

はい。笑顔です。

 
以前ブログでも書いた通り、ほとんどの就活本では笑顔が大切って書いてありますけど、面接中にずっと笑顔とか無理でしょ。
僕が思うに、笑顔は最初の方に見せると効果的です。
人は第一印象でその人を判断する習性があるので、それを利用しましょう。
 
では最初と言ったらどのタイミングか。
それは「お名前お願いします。」や「1分間自己PRお願いします。」と最初に質問を振られた時です。
 
この時にまず、「はい。私は◯◯大学の◯◯と申します!」と答えましょう。
この時に笑顔を見せてください!!
名前を言った後に、軽く微笑むのです。
 
 
これができれば、もう印象は良いので通過率が格段に上がります。
 
 
では、そのようにして一次面接を通過しました。
 
次に待ち受けるのは、二次面接ですね。
 
この二次面接では一次面接に比べて、偉い人が登場します。
企業の中で偉い人は、下っ端よりも『会社の売上』に重きを置いている人が多いです。
更に年齢が上がる分、僕達の若さが響きます。
 
よって二次面接で重要なのは何よりも『熱意』です!!
 
その企業でこう働きたい!絶対にこうなりたい!という熱意を見せてください。
「絶対に売上を伸ばします!」「絶対に若者の消費者を獲得してみせます!」
この“絶対に”という言葉は、僕はめちゃくちゃ多用してました。
 
別に入社してから、実現できなくともそれを目指して頑張り続ければ嘘になりませんからね。
 
反対に“多分”、“おそらく”という言葉を使う人は熱意が感じられないのでNGです。
 
 
こうして二次面接ではとにかく熱意を伝えましょう。
 
この後も複数回面接が続く場合もありますが、
二次面接以降も重要なのは“熱意”ですので、徹底してください。
 
 
そして最後の面接と言えば、最終面接です。
ここでは役員や社長が面接官となる場合が多いです。
 
では最終面接で重要なのはどんなことでしょうか。
僕は『安定性』だと思っています。
 
役員や社長は最終面接を受ける学生に対してこう思っています。
「最終面接までの数々の面接を突破してきているのだから、ある程度優秀な人材なのだろう。」
よって、質問に全く答えられない。笑顔が皆無。熱意がない。といった今までの面接で大切にしてきたことを満たさないようなことがない場合は、結構な割合で通過します。
 
一番怖いのは最終面接だからといって、過剰に緊張して頭が真っ白になってしまうことですので、通過するものだと自信を持ってのぞんでください。
 
 
このように面接は、面接官によって“順応”していくことが重要ですので、
少し覚えておいてくださいね!
 
それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!
 

★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain


他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)

LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!

 

#就活 #就活生 #内定 #面接 #大学 #倍率 #企業 #ES #テストセンター