就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

ジョブスプリングの評判は?【利用者8名による口コミ】|利用メリット・デメリットまで解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【就活マンおすすめの逆求人サイト】

※完全無料で利用できるサイトです!

 

キミスカ|就活生向けの大手逆求人サイト

ースカウトが届いた企業からの内定獲得率が高い!

 

オファーボックス|就活生の3人に1人が利用!

ー利用企業数8000社以上の大手サイト!

 

 

【現状最もおすすめの就活エージェント】

 

ミーツカンパニー就活サポート
ー完全無料かつオンライン面談にも対応してる!
ー2000社という圧倒的な求人数で「就活マンが考える就活エージェントランキング」で1位!
ー就活後半になると東証一部の内定辞退枠とかも紹介してもらえるのが実はエージェントの最大メリットだったりする。

 

「逆求人サイト+エージェント」が自分に合った企業のエントリー数を増やしつつ、内定までのサポートも受けられるので現状最適かと!

 

(どちらも完全無料。合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

f:id:shukatu-man:20210215150405j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

今回は就活エージェントの中でも、おすすめ度の高い「Jobspring(ジョブスプリング)」の評判を徹底解説していきます。

 

就活エージェントは担当者から求人を紹介してもらえたり、選考支援してもらえたりと手厚いがゆえに、利用するサービスを精査しないと逆効果になりがち。

(担当者の質が高いと、莫大な時間の無駄になりかねない!)

 

そんな中、ジョブスプリングは利用価値が高い就活エージェントなのか気になるところです。

本記事では就活エージェント自体の活用方法や注意点、僕がおすすめする就活エージェントランキングまで幅広く解説していきます。

この記事1つ読めば、就活エージェントへの理解が深まるので、ぜひ最後まで読んでくださいね! 

そもそも就活エージェントとは?

f:id:shukatu-man:20210119180244j:plain

 

最初にそもそも「就活エージェント」とは何かを簡単に解説しておきます。

就活エージェントとは、面談を元に、自分に合った求人を紹介してくれる無料のサービスです。

 

主に民間の人材会社が提供しており、企業からの紹介料によって運営されています。

(新卒を採用したいと考えている企業が、紹介料を払うから無料で利用できるという仕組み)

 

またサービスによって支援内容は異なりますが、求人の紹介だけでなく、エントリーシートの添削から面接支援、選考後のフィードバックまでもらえるなど支援の幅と深さが特徴的ですね。

 

【就活エージェントからの主な支援内容】

  • 面談を元にした求人の紹介
  • 選考対策に関する支援
    (エントリーシート添削や志望動機の推敲、面接対策など)
  • 企業との面接のセッティング
  • 面接後のフィードバック共有

 

就活エージェントを利用する上で、支援の流れを押さえておきましょう。

基本的な流れを図解しました。

以下のとおりで、「会員登録→紹介された企業の選考を受ける」までを一貫して支援してくれるのが特徴ですね。

 

f:id:shukatu-man:20210127123453j:plain

【就活エージェントの利用の流れ】

  1. 各就活エージェントのサイトから会員登録
  2. メールや電話による面談予約
  3. 初回面談(ビデオ面談などの実施サービスもあり)
  4. 求人紹介(受ける企業を選ぶ)
  5. 選考支援
  6. 紹介してもらった企業との面接

 

就活エージェントと逆求人サイトの併用が最もおすすめ

 

ちなみに僕は就活エージェントよりも逆求人サイトの方がおすすめ度を高くしてます。

逆求人サイトとは、サイト上でプロフィールを登録しておくことで、企業側からスカウトが届く就活サイトのこと。

 

(特に今回説明するジョブスプリングは、そもそも関東を拠点にする就職先の紹介がメインなので、関東への就職を希望していない就活生は確実に逆求人サイトの方がメリットが大きいです!)

 

初回面談などが不要で、自分に合った企業との接点を増やせるのが最強ですね。

可能であれば、就活エージェントと併用できると完璧でしょう。

 

f:id:shukatu-man:20210210131327j:plain

おすすめの逆求人サイトは就活生向けのトップ3サイトですね。

全て登録して、プロフィールだけでも登録しておけば、自動的に企業との接点となるスカウトを増やすことができますよ。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト3選 ※すべて完全無料】

 

OfferBox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

dodaキャンパス

ー就活生の5人に1人が利用する超大手サイト

ー利用企業数も6300社以上なのでスカウトがしっかり届く

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ー サイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

その他、就活エージェントの基本情報はすべて記事で解説しています。

気になる情報があれば、この記事と合わせて読んでみてくださいね。

 

 

Jobspring(ジョブスプリング)とは?

f:id:shukatu-man:20210215151430p:plain

 

おすすめ度:★★★★★

①利用しやすさ:★★★★★
②求人の質:★★★★★
③選考支援の質:★★★★★

※就職対応エリア:関東(主に東京中心)

 

Jobspring(ジョブスプリング) 」はHRクラウド株式会社が運営する就活エージェントです。

オンライン面談にも対応していたり、AIを用いて就活生に合った求人を探し出すなど利用価値が高い就活エージェントの1つだと言うことができます。

 

運営会社のHRクラウド株式会社は、2014年に設立された比較的新しい企業ですが、取引先の企業数が200社以上にもなる実力のある企業です。

(短期間でそれだけ多くの会社と関係を作れるのは実力がない企業だと難しい)

 

そんなジョブスプリングですが、サービスとしての特徴を確認しておきましょう。

 

ジョブスプリング特徴:利用はすべて完全無料

 

まずジョブスプリングは就活生側の利用料は完全無料です。

初回面談から企業の紹介、選考支援まですべて無料で利用することができます。

 

f:id:shukatu-man:20190906184330p:plain

 

これは「就活塾」と大きく違う点ですね。

ちなみに僕は書籍などを除いて、有料のサービスは一切おすすめしません。

(なぜかって、僕自身が大学時代に超金欠だったから...)

 

親が資金を出してくれたり、貯金にかなりの余裕がある人は就活塾を利用して良いかもしれません。

しかし情報はネット上に溢れているし、僕も就活攻略論で書き尽くしているので、就活塾に通う必要は正直ないですね。

 

ちなみに完全無料で利用できる理由は、企業側が利用料金を払っているからです。

新卒を求める企業が、就活エージェント側に求人を出し、採用が決まったら「紹介料」を支払うというビジネスモデル。

(全員がWin-Winになるので、僕は就活エージェントというビジネスモデルは非常に良いものだと考えています)

 

ジョブスプリング特徴:1000件以上の求人の中から3〜4社だけを紹介

 

次にジョブスプリングの最大の特徴を紹介します。

それは「1000社以上の求人を保有している」ことです。

 

つまり1000以上の企業から、自分に合った企業をチョイスしてくれる。

1人につき3〜4社を厳選して紹介してくれるので、紹介される企業の精度がどの就活エージェントよりも高い。

これがこのサービスの最大の強みになります。

 

f:id:shukatu-man:20190906185443p:plain

 

就活エージェントの保有求人は要チェック

ちなみにこの「保有している求人数」が就活エージェントを選ぶポイントの1つ。

小規模の就活エージェントだと、そもそも「保有している求人が10社しかない!」というサービスもあります。

 

保有している求人数があまりに少ない場合、保有している10社の求人の中から無理に紹介してくる可能性があります。(紹介料を稼ぎたいからね!)

せっかく面談に行ったのに条件に合わない企業しかなくて、無駄足になることがあるので注意が必要です!

 

ジョブスプリング特徴:内定率は91%超え・早期退社率は0.1%

 

最後3つ目の特徴は「高い内定率」と「早期退社率の低さ」です。

ジョブスプリングの就活エージェントを利用して、内定を獲得することができた就活生は91%超え。これは超高水準です。

 

また、自分が活躍できる企業を紹介してくれるので「3年後離職率は0.1%」という驚きの低さになっています。

ちなみに3年後離職率の平均は約30%*なので、0.1%がいかにすごい数字か分かりますよね!

*出典:厚生労働省「新規学卒者の離職状況

 

f:id:shukatu-man:20190910004918p:plain

 

なぜそれほどまでに離職率が低いのか?

それはジョブスプリングでは入社後にギャップが生じないように、最低でも3回以上の面談を通して、紹介してくれる企業について徹底的に説明してくれるからです。

 

たしかに3年以内に辞める人のほとんどが「想像と違った」という入社後のギャップを理由に退職します。

つまり“入社する前の時点で企業への理解が足りていない場合”にギャップが生じてしまうんですよね。

 

ジョブスプリングを経由するとそれがなくなります!

「ここなら活躍できそう」「自分に合っていると思う」と納得した上でエントリーするかどうかを決めて、内定までサポートしてもらえる点が本当に大きなメリットだと言えますよ。

 

ジョブスプリング公式サイト:

https://jobspring.jp

 

ジョブスプリングで紹介された企業に入社した人の「3年後離職率が0.1%」ってすごすぎますね!

これは僕がこのサービスをおすすめする一番大きなメリットだよ!自分に合った企業を紹介してもらえることが、数字として証明されているからね。 

Jobspring(ジョブスプリング)の良い評判|利用メリット

f:id:shukatu-man:20210202123552j:plain

 

それではこの章にて、ジョブスプリングの利用者の評判を共有していきます。

良い評判だけでなく、悪い評判もしっかりとまとめていくので、利用を検討している人は必ず両方を確認した上で利用するようにしましょうね。

 

まずは良い評判から共有していこうと思います。

利用者の評判を見ると、ジョブスプリングの利用メリットは以下ですね。

 

【ジョブスプリングの良い評判】

  • おすすめの就活エージェントの1つと言える
  • 支援内容が非常に丁寧だった
  • じっくりと企業選びする機会になった
  • 面接練習や志望動機の作成を手伝ってくれた

 

良い評判① おすすめの就活エージェントの1つと言える

 

 

こちらはおすすめの就活エージェントとして紹介されていますね。

たしかに利用は無料なので、運営会社がしっかりと信頼できる企業の場合は1度初回面談だけでも受けてみる価値は高いです。

 

無料で利用できるがゆえに1度使ってみてから、継続利用するかどうか決められるのは無料の就活サービスがゆえの魅力といえますね。 

 

良い評判② 支援内容が非常に丁寧だった

  

ジョブスプリング経由で紹介してもらった企業からの内定を獲得しました。

私は職種も特に決めていなく幅広く見ていたからこそ、結局どこが自分に合うのか分からなくなっていました。

そんな中で、ジョブスプリングの担当者さんと一緒に自己分析を進め、ゆっくり関係性を深めていくタイプの営業である「ルート営業職」という職種の決定をすることができました。

 

受けた面談は合計で4回だったのですが、1回1回の面談が濃密で、相談する相手が少なかった自分にとって非常に助かりました。

「なぜルート営業が自分に合っているのか?」という理由を明確化できたからこそ、それを紹介してもらった企業に伝えることができ、内定の獲得に至ったのだと思います。

19卒・東京理科大学・男性 ※LINE@による独自調査

 

就活エージェントの良い評判として、一緒に自己分析を深めて企業選びができる点が挙げられますね。

担当者はまずあなたについて理解するために、一緒に他己分析、自己分析を行ってくれます。

担当者から見たあなたの印象や合うと感じられた職種など、それを聞くだけでも利用価値は高いと言えますよね。

 

良い評判③ じっくりと企業選びする機会になった

 

ジョブスプリングを通して紹介してもらった企業からの内定を獲得しました。

私はFラン大学に通っていることにコンプレックスを持っていたので、当初就活にそこまで力を入れていませんでした。

 

マイナビやリクナビに掲載されている企業をポチポチとエントリーしていたのですが、ジョブスプリングでは面談を通して4社紹介してくれました。

その4社への理解度が本当に深まったので、じっくりと企業選びをする重要性に気づくことができました。

面談を受けなかったら、最後まで就活を適当にしていたと思うので、利用して本当に良かったと思います!

19卒・十文字学園女子大学・女性  ※LINE@による独自調査

 

こちらはジョブスプリングのサービスを通して、じっくりと企業選びをすることができたという評判です。

たしかに何も情報を入れずに就活をしていると、マイナビやリクナビで適当にポチるような企業選びをすることになりがちです。

そうなってしまうと自分に合う企業かどうかが完全な運任せになってしまうので、就活エージェントを通してじっくりと自分に合う企業について考えることができるのはメリットと言えます。

 

良い評判④ 面接練習や志望動機の作成を手伝ってくれた

 

ジョブスプリングは面接練習や志望動機の作成の手伝いまでしてくれたことに驚きました。

こうした支援は大学では少ししか受けることができませんでしたし、それゆえに就活塾に通うしかないとも考えていたのですが、費用の関係であきらめていました。

しかしジョブスプリングではそういった支援も無料でしてくれたので、本当に助かりました。

紹介してもらった企業は結局1社しかエントリーしなかったですし、就職先も別の企業に決めましたが、ジョブスプリングでの支援のおかげだと思うので、利用して良かったです。

19卒・明治大学・男性 ※LINE@による独自調査

 

こちらは面接練習や志望動機の作成まで手伝ってくれたという評判。

現状オンライン面談がベースになるので、ここまで深く支援をしてくれるかは担当者によって異なる可能性もありますが、選考支援をしてくれるのは就活エージェントの大きな利用価値です。

 

Jobspring(ジョブスプリング)の悪い評判|利用デメリット

f:id:shukatu-man:20210207100504j:plain

 

続いて、ジョブスプリングの悪い評判もしっかりと確認していきましょう。

LINE@での調査、またツイッターを確認したところ悪い評判は以下ですね。

 

【ジョブスプリングの悪い評判】

  • 満席で予約することができない
  • 面談の予約を確定できなかった 
  • 紹介してもらえる求人数が少ない
  • 直接の面談場所が少ない

 

悪い評判① 満席で予約することができない

 

 

 

こちらは初回面談の予約が満席という評判です。

僕もジョブスプリングを上位におすすめしているがゆえに、利用検討者が非常に多く、担当者の供給が間に合っていない状況が目立ちます。

 

空いてない場合は、他の就活エージェントの利用を検討しましょう。

キャリアチケットやマイナビ新卒など、大手の就活エージェントは比較的空きが多いので見てみると良いですよ。

(この2つのエージェントについて、記事の後半で詳しく紹介してます!)

 

悪い評判② 面談の予約を確定できなかった 

 

面談予約後に電話で連絡が入ることを知らなかったので、面談の確定をすることができませんでした。

知らない電話番号は全て無視するようにしているので、面談予約段階でもっと電話がかかってくる旨をわかりやすくしてもらえると良いなと思います。

ジョブスプリングを利用しようと思ったきっかけは、先輩からの紹介です。

面談を4回してもらって、面接練習までしてくれたと言っていたので、頼りになりそうだなと思いました。

19卒・日本大学・男性  ※LINE@による独自調査 

 

こちらはネット上での面談予約後に、電話での連絡に出られず面談を予約できなかったという評判ですね。

就活エージェントは担当者によって電話で連絡が来る場合もあります。

よって就活エージェント登録後は、電話がかかってきたらその番号を調べ、就活エージェントならすぐに折り返すようにしましょう。

 

悪い評判③ 紹介してもらえる求人数が少ない

 

ジョブスプリングの担当者から3社紹介されてそのうち1社から内定を獲得しました

それに関しては非常に良かったのですが、紹介してもらえる企業数がもっと増えても良いのかなとも思いました。

紹介してくれる企業の精度の高さを求めてくれるサービスなので仕方ないとは思いますが、僕はもっと多くの企業を紹介して欲しかったです。

19卒・明治大学・男性からの口コミ  ※LINE@による独自調査

 

こちらは紹介してもらえる求人が少なかったという評判ですね。

就活生側の条件によっては、合う求人がないと言われる可能性もあります。

(これは要するに、就活エージェントに求人を出している企業の中で合うのがないだけなので、求人サイトなどにも全く無いというわけじゃありません)

 

またそもそもジョブスプリングは、紹介する求人数を絞っているんですよね。

いろんな求人を丸投げしてこないのがジョブスプリングの良さの1つなので、より多くの求人を紹介してもらいたい場合は、複数の就活エージェントを併用することをおすすめします!

 

悪い評判④ 直接の面談場所が少ない

 

直接の面談が東京のみだったので利用にしにくかったです。

私は愛知在住なのですが、東京に行く機会が少なかったので、複数回の面談に参加することができないと判断して利用することを辞めました。

もっと面談場所を増やして欲しいなと思ったのが正直なところです。」

20卒・名城大学・女性 ※LINE@による独自調査

 

こちらは直接の面談場所が東京にしかないという評判ですね。

現状、就活エージェントのサービス自体が東京メインで展開されているので、これは仕方ない話ではあります。

オンライン面談に対応しているので、関東への就職希望者はオンライン面談を利用しましょう。 

 

以上がジョブスプリングの利用者の評判です!特に大きなデメリットになるような評判はなく、利用者の満足度が高いサービスの1つと言えますよ。 

Jobspring(ジョブスプリング)の利用方法と流れ 

f:id:shukatu-man:20190906104124p:plain

それではジョブスプリングの利用者の評判を見たところで。

この章では、具体的な利用方法・利用の流れを簡単に説明しておきます。 

 

就活エージェントの支援の流れはシンプルで、初回面談から内定の獲得までを一貫で支援してもらうことができます。

(詳しい支援内容は担当者やサービスによって異なるので、初回面談で詳しく聞くようにしましょうね)

  

こちらの公式サイトから面談予約フォームを入力します。 

▼面談予約フォーム(PC版の表示)f:id:shukatu-man:20190909191439p:plain

 

②ジョブスプリングの担当者から電話が入るので、面談日を確定させる

かかってくる電話番号(ジョブスプリング公式:03-6261-5989)

 

③当日、下記の面談場所にて面談を行う(約1時間ほど)

 

【面談場所】

株式会社Roots 本社 ※神保町駅から徒歩5分

(〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-15 第一富士ビル7階)

 

※東京へ面談に行けない方は、予約後にかかってきた電話にてビデオ通話面談を希望しましょう!

 

面談は質問を通してあなたへの理解を深め、ぴったりな企業を紹介するものです。

担当者と一緒に「どんな企業が自分には合っているのか?」という自己分析を深めていくので、自己分析が深まっていない人は特に助かりますね。

(この面談の質が高いのが、ジョブスプリングのおすすめポイント!)

 

面談後にメールや電話、再度の面談を通して企業を紹介してくれます。

紹介後はその企業からの内定を獲得するための支援までしてくれるというのは、就活生にとっては最高ですよね!

 

ちなみに就活エージェントはまさに「受験前の家庭教師」のようなイメージ!

自分に合った大学を紹介しれくれて、その大学に受かるために支援してくれる。

担当者はそんな存在になります。

  

また面談の当日何かあった場合ですが、以下の連絡先が「株式会社Roots」の連絡先なので対応してもらうことができます。

【連絡先】

Tel : 03-6261-5989

Mail : info@roots-holdings.com 

 

基本的には面談予約フォームさえ入力すれば、その後は電話や面談を通して支援しれくれるんですね!

そのとおり!就活生側の手間が少ないのは良いよね! 

Jobspring(ジョブスプリング)と併用すべき就活エージェント

f:id:shukatu-man:20210128115236j:plain

 

ここまでの解説にてJobspringへの理解は深まったと思います。

 

就活エージェントを利用する場合、複数の就活エージェントを利用することを僕は推奨しています。

なぜなら、1人の担当者からの支援だけでは担当者の良し悪しを判断できないからです。

 

また就活エージェントによって保有している求人が異なります。

よって複数の就活エージェントを利用した方が、担当者の比較もできるし、紹介してもらえる求人も増えるのでメリットが大きいのです。

 

そこで僕がおすすめの就活エージェントを他に3つ紹介しておきますね。

 

①キャリアチケット

f:id:shukatu-man:20191103185230p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★
①利用しやすさ:★★★★★
②求人の質:★★★★★
③選考支援の質:★★★★★

対応エリア:東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡

 

キャリアチケット 」はレバレジーズ株式会社が提供している就活エージェントです。

対応エリアの広さ、支援の質、利用者の評判など、どれをとっても評価できるので、現状1位として紹介しています。

 

また支援の質が非常に高いがゆえに、オリコン顧客満足度1位を獲得。

このように実績として支援の質が出ているのは、利用する上での安心感に繋がりますよね。 

f:id:shukatu-man:20210210125925p:plain

ブラック企業を排除している

更にキャリアチケットの良いところは「紹介する求人の質の高さ」にあります。

サービスによっては、適当にいろんな企業を紹介してくる悪質なエージェントが多いんですよね。

 

一方でキャリアチケットはブラック企業を排除しています。

更にはその就活生に合う求人を極力絞って紹介。

 

f:id:shukatu-man:20210210133720p:plain

 

キャリアチケット公式サイト:

https://careerticket.jp/

 

②マイナビ新卒紹介

f:id:shukatu-man:20210128141614p:plain 【対象地域:札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡】

 

マイナビ新卒紹介」はマイナビが提供する就活エージェントです。

さすがマイナビが運営しているだけあって、面談場所がかなり多いです。

 

そして大手が運営しているにも関わらず、マイナビ新卒紹介は丁寧なカウンセリングを元にして支援してくれるのが特徴。

保有求人数もマイナビがゆえに、どんどん追加されていくので、幅広く求人を紹介してもらいたい就活生にとって非常に有用なエージェントの1つと言えますよ。 

 

マイナビ新卒紹介の公式サイト:

https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

 

就活エージェントのおすすめランキングが完成

これら僕がおすすめする就活エージェントをランキング化しました。

おすすめ度順にどんな就活エージェントがあるのか確認したいという就活生は「就活エージェントおすすめランキング【1位〜16位】」を、この記事と合わせて読んでくださいね!

 

良い就活エージェントを見極める3つのポイント

 

では続いて、良い就活エージェントを見極めるための3つのポイントも共有します。

就活エージェントは担当者によって支援の質が大きく異なります。

よって担当者の良し悪しを、以下の3つの軸によって判断してください。

 

f:id:shukatu-man:20210128191749j:plain

ポイント① 親身になって自分を理解してくれるか

 

まず第一に「就活生に本当に親身になってくれる担当者であること」です。

就活エージェントとしての役割を「仕事」と捉えている担当者と、「就活生を手助けすること」と捉えている担当者で分かれると思っています。

就活生を心から支援したいと思っている人からのみ支援を受けるべきです!

 

内定の獲得までを一貫して支援してくれるサービスだからこそ、良い関係性を築ける担当者から支援を受けることが重要。

就活というナイーブな時に、親身になってくれる就活エージェントの存在は心のより所になりますからね。

(反対に雑に扱われた場合は、悲しさが倍増する...。)

 

ポイント② 強引に希望に合わない求人を紹介してこないか

 

次に「強引に求人を紹介してこないこと」も良い担当者を見極める上で重要です。

就活エージェントのサービスは、就活生が紹介先から内定を獲得した時点で、人材企業側に報酬が入る仕組み。

 

よって「とにかく内定を取りやすそうな求人を紹介してやる」という担当者も一定数存在することを覚えておきましょう。

そういう悪い担当者は、強引に自分の希望に合わないような求人を紹介してきますよ。

 

ポイント③ その求人を紹介してくれた理由の納得性が高いか

 

そして最後に、紹介してくれた求人に対して「なぜその求人を紹介してくれたのか」という紹介理由の納得性の高さもチェックしましょう。

 

要するに紹介理由が適当な担当者は、雑に紹介しています。

一方でこちらの希望も考慮した、納得できる求人を紹介してくれるような担当者は、しっかりとどこが合うのかを考えて紹介してくれているんですよね。

 

これら3つのポイントは担当者を見極める上で絶対に確認するようにしてください。

逆にこれら3つを全て満たす担当者以外からは支援を受けるべきではないですよ。 

 

就活エージェントを見極める上で、こうした基準を明確化しておくことは重要ですね。

そうなんだよ!初回面談でこれら3点をチェックしつつ、支援を受けてみよう。

就活エージェントを利用する際の3つの注意点

 

良い就活エージェントの見分け方が理解できたと思います。

合わせて就活エージェントを利用する際の3つの注意点も共有しておきますね!

 

f:id:shukatu-man:20210129095118j:plain

注意点① 就活エージェントのビジネスモデルを把握しておくこと

 

まず最初に就活エージェントのビジネスモデルを把握しておきましょう。

そもそもなぜ無料で就活エージェントを利用できるのか」という仕組みを理解しておくことが重要です。

 

就活エージェントのサービスは、就活エージェントに対して求人を出している企業からの「紹介料」で儲けが出ています。

そして紹介料が発生するタイミングは、内定を獲得した場合なんですよね。

 

要するに就活エージェントは、就活生に求人を紹介して、その求人への入社が決まれば売上が発生するというビジネスモデルとなります。

 

これは全然悪いことではなく、就活生側は無料で利用できるので良い仕組み。

しかし、このビジネスモデルがゆえに「とにかく受かりやすい求人を紹介してくる」「内定を獲得したら強引に入社をすすめる」といった担当者もいるようです。

 

ビジネスモデルを理解していれば、こうした理不尽な行動を取られた時も対処できますし、事前に回避することも可能です。

 

 

注意点② 合わないと感じた場合はしっかりと支援を断ること

 

次に就活エージェントを利用する上で、合わないと感じた場合はしっかりと支援を断りましょう。

「せっかく初回面談を受けさせてもらったから断るのは申し訳ない」と心優しい方は考えるかもしれませんが、就活においては自分を最優先してください。

 

また就活エージェントから紹介してもらった企業から内定を獲得し、その後、やっぱり辞退したいと考えることもありますよね。

「せっかく紹介して支援までしてくれた内定を辞退するのは申し訳ない」とここでも思うでしょうが、自分の気持ちを最優先してください。

 

就活エージェントにとって、これらは日常茶飯事でよくあることです。

もちろん真剣に支援してくれているので、適当に断るのはNGですが、しっかりと自分の考えを伝えれば担当者は理解してくれますよ。

(それで理解してくれないような担当者は、そもそも利用価値なしです)

 

Check!

▼内定辞退や支援の中止の伝え方について

» 【就活エージェントの断り方】内定辞退や支援中止の伝え方!

 

▼担当者がうざい・合わない場合の対処法について 

» 【就活エージェントがうざい・合わない】5つの対処法を解説!

 

注意点③ 紹介された求人は自分でも詳しく調べること

 

そして最後に、就活エージェントを利用する場合は頼り切りにならないようにしましょう。

しっかりと紹介された求人は、口コミサイトなどを使って自分でも詳しく調べることを徹底してくださいね。

 

「就活エージェントが紹介してくれたのだから自分に合うんだろう」と考えるのは安易すぎる。

就活エージェントは求人紹介のプロではありますが、その精度は完璧ではないし、あなたのことを100%理解しているわけでもない。

 

だからこそ、紹介された求人は自分でも調べて「本当に自分に合う求人なのか」を見極めるようにしましょうね。

 

 

なるほど!どれも就活エージェントを納得して利用する上で重要な点ですね。

そうなんだよ!これらの注意点を押さえた上で活用すれば、就活エージェントは就活における最大の味方になってくれるからね。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

ジョブスプリングの評判から、サービス特徴まで把握することができたと思います。

 

就活エージェントのサービスはどうしても担当者との相性で質が決まります。

よって利用するなら複数のサービスを利用してみて、信頼できる、自分に合っていると思える担当者さんのみに絞って利用することをおすすめします。

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょうか。

 

【本記事の要点】

  • ジョブスプリングの良い評判としては「支援内容が丁寧だった」「企業選びを担当者とじっくり行うことができる」「志望動機の作成や面接対策まで支援してもらえた」という評判が見られた。
  • ジョブスプリングの悪い評判としては「予約が取れない」「電話での面談確定ができなかった」「面談場所が東京にしかないので利用しにくい」などが見られた。

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた600の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/