就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【ツノルは怪しい?】中小専門の求人サイト「ツノル」の評判!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200727215403j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は中小企業の求人に特化した求人サイト「ツノル」の評判を解説します。

ツノルと検索すると「怪しい」が予測変換として出てくるので、怪しい求人サイトなのか?と疑問に思っている人も多いかもしれません。

 

実際に僕がツノルを利用してみた感想。

それに加えて、利用した就活生からの評判もまとめていきます。

ツノルが気になる方はぜひ参考にしてくださいね! 

中小企業専門の求人サイト「ツノル」とは?

f:id:shukatu-man:20200727220645p:plain

 

【公式サイト】https://job.tsunoru.jp/

 

おすすめ度:★★★・・

(おすすめ度★5のサイト20選はこちらの記事でまとめています!)

 

ツノルは中小企業の求人に特化した求人サイトです。

2012年にサービスを開始しているので、ちゃんと運営歴のあるサイトですね。

 

世の中には様々な求人サイトが存在しますが、「中小企業特化」は非常に珍しく、ツノルが最も大規模のサイトでしょう。

 

そうは言っても2021卒向けで求人数は全体で647件。

マイナビは東京だけでも8925件もあるので、求人数は少なめです。

 

ツノルの運営企業について

 

ツノルの運営企業は株式会社フリーシェアードジャパンです。

ツノルの運営を事業の軸としている企業。概要をまとめておきました。

 

会社名 株式会社フリーシェアードジャパン
設立年月日 平成23年10月7日
資本金 19,000,000円
代表取締役社長 大塚 真澄
会社HP http://fsj.atimes.co.jp/

  

ツノルは怪しいサイトではない

f:id:shukatu-man:20200728115521p:plain

ツノルで検索すると、予測変換で「怪しい」と出てきます。

しかし、ツノルは怪しいサイトでは全くありません。

 

中小企業に特化した求人サイトであり、収益源も企業からの掲載費。

よって学生を搾取したりと、怪しい事業は全く行っていませんよ。

 

また運営企業は設立が平成23年なので、9年目の企業です。

事業の軸がツノルなので、ツノルの運営に特化して事業展開している、非常にまっとうな企業だと言えるでしょう。

 

なるほど!求人を掲載する「掲載費」を企業から得ることで運営するビジネスモデルだから、怪しさが全くないってことですね。

そうだよ。「どこで収益が発生しているのか分からない」というサイトや企業は怪しいことが多いからね...w

ツノルを利用した僕の感想

 

この章では、ツノルを実際に僕が使用した感想を紹介していきます。

僕がツノルを使った感想をまとめると以下ですね。

 

【僕がツノルを利用した感想】

  • 正直、マイナビやリクナビで十分感がある
    (ツノルじゃないといけない理由がない)
  • 本当に中小企業だけを探したい時には便利
  • サイト自体は非常にシンプルで使いやすい

 

正直、マイナビやリクナビで十分感がある

 

ツノルは「中小企業に特化した求人サイト」として差別化を図っています。

 

しかし、実際のところマイナビやリクナビでも中小企業は大量に掲載されている。

“ツノルのみに掲載されている企業”がそこまで多くないので、正直なところ利用価値はそこまで高くないというのが僕の考える結論です。

 

マイナビやリクナビは検索にて「従業員数」で絞ることができる。

よってマイナビやリクナビでも中小企業に特化して検索をかけることができるんですよ。

 

求人サイトの価値を考えた時、僕は「エントリーのための手段」と「企業理解のための情報源」の2つだと考えています。

 

エントリーのための手段という価値だけを考えると、マイナビやリクナビで十分。

企業理解のための情報源として考えた時に、掲載されている企業情報は非常に浅く、こちらもマイナビやリクナビと大差ないんですよね。

 

よって「ツノルじゃないといけない」「ツノルだけの特別な価値がある」という点を満たせないと思いました。

 

中小企業の良さが伝わる情報がもっと掲載されていたら良いのにね 

もしも僕がツノルの運営に関わるとしたら、徹底的に1社1社のインタビューを深めますね。

「ツノルを読めばその中小企業の魅力が伝わる!大企業よりも良いなと思える!」そこまで企業理解を深めるコンテンツが掲載されていると良いなって思います。

 

せっかく中小企業に特化して掲載しているのに、「中小企業の良さ」がよく分からない。それが今のツノルの弱みかなと感じますね。(何様w)

 

サイト自体は非常にシンプルで使いやすい 

 

続いて、ツノルのサイト自体は非常にシンプルで調べやすいですね。

 

求人サイトの中にはごちゃごちゃして調べにくいデザインのサイトも多い。

しかしツノルはサイトがシンプルなので、使いやすくて良いなと思いました。

 

企業情報のところも、情報が浅いけど、不要な情報が大量に掲載されているマイナビやリクナビよりも見やすいですね。

 

↓シンプルで見やすいでしょ!

f:id:shukatu-man:20200727222809p:plain

引用:ツノル「御園建設株式会社

 

ツノルを利用した人の評判

f:id:shukatu-man:20200728115526p:plain

僕が利用した感想について紹介したところで、ここからは利用者の声を見ましょう。

ツイッターからツノルの評判をまとめました。

良い評判と悪い評判を分けてまとめているので、どちらも参考に!

 

ツノルの良い評判まとめ

 

それではまずはツノルに関する良い評判から見てみましょう。

中小企業に特化している点が評価が高いですね。

 

わかりやすいサイトである

 ツノルのサイトのわかりやすさが評価されていますね。

これに関しては僕も完全同意です。

サイトとかって「デザイン」めちゃくちゃ大事だと思っていて、デザインがぐちゃぐちゃなサイトって使いにくいですよね...。

 

中小企業を見る際にわかりやすかった

こちらは中小企業を見る時にわかりやすかったという評判。

マイナビやリクナビでも従業員数を絞って検索すれば中小企業に特化して検索可能。

それを知らない人にとってはツノルで中小企業を探すのがわかりやすいってなるのでしょう。 

 

マイナビよりも良い企業が見つかった

ツノルでマイナビよりも良い企業が見つかったという評判。

もちろん「マイナビやリクナビに掲載せずにツノルのみに掲載している企業」も存在します。

(これはツノルの掲載料が10万円と非常に安いことが理由です)

よって一度ツノルで求人に目を通してみるのはアリですよ!

 

リクナビに載っていない企業が多く載っていた

リクナビには掲載されていない求人がツノルにたくさん掲載されているという評判ですね。

「リクナビやマイナビに掲載するには予算が足りない」という企業も多いため、実は「ツノルにしか掲載されていない企業」は要注意だったりします。

 

なぜか?それは「新卒採用にそこほどお金をかけれないほど儲かっていない」という可能性があるからです。

この注意点については後で詳しく解説しますね。 

 

ツノルの悪い評判まとめ

 

続いて、ツノルに関する悪い評判も見ていきましょう。

評判を見る時は、必ず悪い評判にも目を通すことが鉄則ですよ。

 

地方の求人がなかった

求人サイトあるあるで、やはりマイナビやリクナビほど求人を多く取り扱っているサイトはありません。

よって地方の求人となるとマイナビやリクナビで調べるのが効率的ですね。

 

登録したけど地元の求人がなかった

こちらもお目当ての求人がなかったという評判。

会員登録する前に、自分が希望する勤務地の求人があるのか確かめてから利用することをおすすめします。

 

変な時間にメールが届いた 

就活サイトあるあるですが、メールがよく届きますね。

こちらは変な時間にメールが届いたという評判です。

就活サイトに登録する時は、必ず就活用のフリーアドレスを用意しましょう。

 

それではツノルの評判をまとめておきます。

サイトの使いやすさや、「中小企業特化」という利用のしやすさが良い評判。

悪い評判としては、地域によって求人がなく、登録した意味がなかったという評判が多かったです。

 

【ツノルの利用者からの評判まとめ】

良い)サイトが非常にわかりやすい。

良い)中小企業を探す時に便利に使える。

悪い)求人数が少ないので自分の希望する地域の求人がないことがある。

悪い)お知らせメールが変な時間に届くことがある。

 

ツノルを利用する際の注意点

 

ツノルを利用する際に、1つ注意点があります。

先ほどの良い評判の中で、下記のような評判がありました。

 

 

注意が必要なのは「リクナビとかには載っていない企業も沢山載ってる」の部分ですね。

これは一見良いように感じますが、一概に良いとは言えません。

 

なぜリクナビに掲載されていないのか? ということを考えてみてください。

リクナビに比べてツノルは掲載費用が格段に安いんですよね。

 

よって「リクナビには掲載できないけど、ツノルなら掲載できる」ぐらいの儲けしかない企業が存在するとうことです。

 

これは「ハローワーク」に集まっている求人も同じです。

企業がわざわざハローワークを利用するのは、ハローワークなら無料で求人を掲載することができるからなんですよね。

 

だからハローワークの求人は儲かってない微妙な求人が多い。

よって新卒にハローワークの利用は絶対におすすめしていません。

 

もちろん企業によっては、儲かっているけど採用費を最低限に押さえるためにそれらを利用している企業もあるでしょう。

しかし、「人材」という企業にとって最も重要な部分でケチる企業を僕は良い経営判断を下している企業だとは思いません。

 

以上のことから、ツノルだけに掲載されている求人を一概に良いと判断せずに、この辺の裏話も頭に入れた上で企業研究してくださいね。

(儲かっていない企業は、当然ですが低給で長時間労働になりがちですから)

 

なるほど!マイナビやリクナビに掲載していない企業は、見方を変えると「それらに掲載する予算の余裕がない企業」である可能性があるんですね。

そうなんだよ。そういった視点を持っていない人が多いけど、入社するなら中小企業だろうが大手企業だろうが、儲かっている企業に絶対入社すべきだよ。

ツノル以外の中小企業の探し方について

f:id:shukatu-man:20200728115515p:plain

 

就活生は大企業志向の人が多いですよね。

正直、「特にやりたいことも向上心もないです」って人はホワイト業界の大企業に入社することを僕はおすすめしています。

 

ちなみに「ホワイト業界ってどこですか?」とよく聞かれるので、僕が考えるホワイト企業が多い業界を12選まとめた記事を用意しておきました。

 

業界によって、やっぱり労働条件が良くなりやすい業界と悪くなりがちな業界がある。

そんな業界の特性を把握することも、ホワイト企業に入社するための大きなヒントになるんですよね。

 

  

「じゃあホワイト業界の大企業に入社しようかな!」と考える人は多いでしょう。

しかし当然ですが、大企業は人気が高い分、内定獲得の難易度が高い。

よって大企業ばかりエントリーしていると、全然内定が出なくてどんどん余裕がなくなってしまいます。 

 

就活において「余裕がなくなること」はマジで避けるべきです。

僕が就活生の時、集団面接で一緒になった子がとにかく余裕がない様子だったんですよね。話を聞いてみると、「内定が1つもなくて困っている」とのこと。

「このまま内定が出ずに就活を終えたらどうなってしまうんだろう」という不安を話してくれました。

 

彼とはその後、少し話していたのですが、とにかくエントリーした企業が全て有名大企業だったんですよね。

(ちなみにその集団面接も大企業の面接でした)

 

彼のように余裕がなくなると、面接で過剰に緊張したり、必死になりすぎて回答が無駄に長くなったりという事態に陥ってしまいます。

実際彼も面接で完全に空回りしていて、二次面接に進んでこなかった。

 

よって僕が考えるに、エントリーする企業の中に必ず中小企業を入れるべきです。

特に知名度の低い中小企業は、倍率が1〜5倍ぐらいのところが多いので、大企業に比べて内定の獲得難易度が10倍〜100倍も違います。

 

「他のどこから内定が出なくてもここなら入社していも良いな」と思える中小企業からの内定は、余裕を持つために重要なんですよ。

 

「私は大企業しか入社する気がないから中小企業は受けません」という人も、中小企業の良さを理解していないだけかもしれません。

中小企業の中にも、経営がしっかりとして、独自の技術を持っている企業が山のようにあります。

 

今回紹介したツノルという求人サイト以外にも中小企業を探す手段はあります。

別記事にて、中小企業の探し方を9選まとめておきました。

 

ぜひ参考にして、中小企業のエントリー数を増やしましょう。視野を広げることはめちゃくちゃ大事で、「中小企業だからダメ」という固定概念はクソです。

(どんな大企業も、もともとは中小企業だったんだ!)

 

Check!

▼ツノル以外の中小企業の探し方も解説!

» 【就活生向け】優良中小企業の探し方!9つの見つけ方を解説!

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

中小企業に特化した求人サイトである、ツノルについて理解が深まったと思います。

 

正直、この記事にたどり着いている就活生は「知的好奇心」が非常に強く、素晴らしいなと個人的に思います。

普通の就活生は「とりあえずマイナビとリクナビを使えば良いや」としか考えない。

 

そこで一歩踏み込んで「中小企業に特化した求人サイトがあるらしい」と調べる能力。好奇心。それこそが、この後の人生であなたのことを引き上げてくれます。

 

そんなあなたの知的好奇心を満たせるような記事をこれからも書き続けます。

今でも毎日1冊の読書と1万文字以上の執筆を続けているので、一緒に頑張りましょうね!!

 

関連記事

▼僕がおすすめする就活サイトまとめ!

» 就活サイトおすすめ47選【複数内定者が厳選!】|6/24更新