就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

Unistyle(ユニスタイル)の評判まとめ|利用方法も解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200625153724j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

「他の人が書いたエントリーシートを読みたい!」

その悩みを解決するのが、無料のES閲覧サイトです。

 

代表として、「ユニスタイル」「就活ノート」「ワンキャリア」が挙げられますが、その中でも僕が最もおすすめするのがユニスタイル。

 

もう使いやすさから、掲載されているESのの数までピカイチです。

よって今回は、エントリーシート閲覧サイトの最高峰である「ユニスタイル」について詳しく解説していきます。

 

「エントリーシート閲覧系サービス」は、無料で他の就活生が書いたエントリーシートが読み放題の無料サービスのことですね!

そのとおり!その中でも使いやすく、掲載数も最も多いユニスタイルについて解説していくよ!

Unistyle(ユニスタイル)とは?

f:id:shukatu-man:20191106161549p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①登録しやすさ:★★★★・
②使いやすさ:★★★★★
③エントリーシートの質:★★★★★

 

Unistyle』はユニスタイル株式会社が運営する就活サイトです。

無料の登録をするだけで、約3万枚のエントリーシートがサイト上で無料閲覧が可能になります。

 

ユニスタイルの特徴

 

ユニスタイルが「エントリーシートの閲覧サービス」として、最もおすすめと言える理由はサイトの使いやすさに特徴があります。

 

業界ごとに企業を検索できる

f:id:shukatu-man:20191106164231p:plain

 

このように業界ごとに企業を簡単に検索できます。

例えば「食品業界」をクリックすると、食品企業だけでも大手から中堅まで91社も掲載されているんですよね!

【食品企業の掲載例】

キリン、サントリー、JT、日清食品、味の素、キッコーマン、森永乳業、ヤクルト、カゴメ、理研ビタミン、江崎グリコ、UCC上島珈琲、マルハニチロ、雪印メグミルク、伊藤園、エスビー食品、カルビー、ニチレイ、東洋水産、いなば食品、はごろもフーズ、ヒゲタ醤油、加藤産業、ヤマザキビスケット、フジッコ、宝酒造、プリマハム、山田養蜂場、日東富士製粉 など

 

このように業界ごとに企業が検索できるので、業界ごとに「こんな会社もあるんだ!」という新しい会社の発見にも繋がりますよね。

個人的にこのサイトの構造、使いやすさが大好きです!

 

企業ごと・職種ごと複数枚のエントリーシートが掲載!

f:id:shukatu-man:20191106164418p:plain

 

また企業ごと、職種ごとに複数枚のエントリーシートが掲載されているのも良いですね。

職種によって質問項目は異なりますし、同じ職種でも複数のエントリーシートを比較したい。

3万枚以上のエントリーシートを掲載しているがゆえに、その充実度は凄まじいですよ。

 

具体的にどんな感じでエントリーシートが見れるのか?

企業ごとに提出されたエントリーシートが以下のように閲覧可能です。

 

▼味の素に2020年、男子就活生が提出したES

f:id:shukatu-man:20200625153946p:plain

 

ユニスタイルの運営会社

 

運営会社である「ユニスタイル株式会社」について詳細を見てみましょう。

(就活系のサービスを利用する際は、必ず運営会社に目を通そう!)

 

会社名:ユニスタイル 株式会社

所在地:〒160-0023東京都新宿区西新宿1-22-2新宿サンエービル2階

代表者:代表取締役 中村陽太郎

所属グループ会社:ネオキャリアグループ

 

大手であるネオキャリアグループに売却されて、今はネオキャリアグループの会社になっています。

大手のグループ会社の所属企業なので、信頼できるサービスですね! 

 

怪しい就活セミナーに誘われたりすることもあるから、必ず信頼できる会社のものを利用しようね! (特にツイッターとインスタからの勧誘は注意!)

Unistyle(ユニスタイル)の利用方法

f:id:shukatu-man:20191107003048p:plain

 

ここまでの解説で、「ユニスタイルを利用したい!」と思う人がほとんどだと思います。

この記事の後半では、評判も記載しますが間違いなくメリットが大きすぎるサービスですからね。

そこでこの章では、ユニスタイルの利用方法について詳しく解説していきます。

 

ユニスタイルの利用の流れ

 

ユニスタイルは1度無料登録さえすれば、ずっと3万枚のエントリーシートを見ることができます。

少し入力項目が多いのが面倒ですが、ぜひ早めに登録して利用することに慣れておきましょう!

 

公式サイトから【会員登録】を進める

unistyle公式サイト|会員登録」 に移動し、会員登録情報を入力しましょう。

 

f:id:shukatu-man:20191106162417p:plain

 

同時登録をするかしないか選ぶ

会員登録の途中にある「同時登録」は、必要そうだと思うもののみ登録すべし!

f:id:shukatu-man:20191106162903p:plain

 

【同意して登録】にて会員登録を完了させる

f:id:shukatu-man:20191106163225p:plain

 

以上で完了です!

これで、3万枚以上のエントリーシートをサイト上で自由に閲覧できます。

特に会員登録については、困ることはないと思います。シンプルですからね!

 

Unistyle(ユニスタイル)の評判まとめ

f:id:shukatu-man:20200623210222p:plain

 

ではこの章にて、実際にユニスタイルを利用した人からの評判をまとめます。

良い評判だけでなく、悪い評判も拾ってきたのでぜひ参考に!

 

ユニスタイルの良い評判

 

まずはユニスタイルの良い評判から見ていきましょうか。 

全体的にユニスタイルは非常に評判が良いサイトでした。

 

本当に役立ったサイトで圧倒的人気に

 

まずこちらは僕がツイッター上で取ったアンケートです。

436名の就活生を対象にして、「就活中に最も使って良かったと思うおすすめの就活サイトの種類は? 」と質問したところ、圧倒的に「ES無料閲覧サイト」だという結果になりました。

 

これだけ多くの就活生が「ユニスタイルが最も役立った」と回答するのは、非常に参考になるアンケート結果ですよね!

 

他人のエントリーシートから盗めることが多い!

 

ユニスタイルを活用することで他の就活生が書いたエントリーシートから「論理構成・フレームワーク」を学ぶことができるという評判です。

 

これはユニスタイルの使い方として最高で、「自分が面接官の立場に立った時にどの文章を評価するのか?」「なぜその文章を評価したのか?」と考えると、自分の文章作りにめちゃくちゃ役立ちます!

 

他人のエントリーシートから、文章の構成やどんな点が評価されるのか、様々な要素を盗むことができるのは非常に嬉しいですよね。

サイトで「例文」を調べても、ありきたりな文章が多いので、実際に就活生が書いた“リアルな文章”は参考になります!

 

記事の質も高め!

 

ユニスタイルの就活コラムは、こうした就活サイトの中では珍しく質が高いです。

この就活生からの評判でも「ユニスタイルの就活コラム記事の質が高い」と分かりますね。

 

ユニスタイルは就活記事も掲載しています。企業が運営しているサイトの就活記事は質が低いところがほとんどですが、僕から見てもユニスタイルとワンキャリアは質が高いと思いますね!

 

 サイトが見やすい!

 

みん就(みんなの就職活動日記)に比べて、ユニスタイルはサイトが見やすいという評判。

これには僕も完全同意で、とにかくユニスタイルはサイトが見やすく、使いやすいサイトです。

 

サイトの見やすさ、使いやすさに関してユニスタイルは最高です。とにかくシンプルなサイトなので使いやすい! 

 

ユニスタイルのオープンチャットの情報量が多い

 

ユニスタイルは就活生向けに「LINEのオープンチャット」を展開しています。

LINEのオープンチャットとは、参加者全員で話し合うことができる、LINEグループのこと。

 

LINEを開いて、「ホーム」の「サービス」内にある「オープンチャット」をクリック。

検索に「unistyle」と入力すると、以下のとおり一覧で表示されます。

 

f:id:shukatu-man:20200625155620p:plain

 

22卒向けだと、「食品・飲食業界志望者向け」「外資系メーカー志望者向け」「広告・マスコミ志望者向け」「商社志望者向け」「金融業界志望者向け」「IT業界志望者向け」「不動産業界志望者向け」の7つのオープンチャットが提供されてました。

 

この評判にあるとおりで、このオープンチャットでは就活生同士で情報交換が活発に行われているので、チェックすることをおすすめします!無料だし。

 

ユニスタイルはESの無料閲覧の他にも、こうしたオープンチャットなどあらゆるサービスを展開しているよ!

 

ユニスタイルの悪い評判

 

次に悪い評判も見ていきましょう。

何事も必ず「裏の側面」まで目を通して利用することが重要です!

 

メールが鬱陶しい!

 

就活サイトでよくある「メールが鬱陶しい」という評判もありました。

ユニスタイルはメールが少ないですが、利用方法でも解説したとおり「dodaキャンパス」や「キャリアパーク」に同時登録しちゃうと、メールがたくさん来るので気をつけて!!

 

ユニスタイルのオープンチャットの民度が低い 

 

先ほど紹介したオープンチャットの民度が低いという評判。

このオープンチャットは「匿名」かつ「顔写真なし」で利用することができるので、 変な発言や荒らしをする人もいます。

 

退会処分にされる場合もありますが、「民度が低いな」「利用価値がないな」と判断したらすぐに退出することをおすすめします!

 

ユニスタイルに関して、悪い評判はほとんどなかったですね。しかし就活サービス全般であるあるなのですが、「メールが鬱陶しい」というのがありました。サブアドレスを利用すべきですね!  

Unistyle(ユニスタイル)を利用するメリット 

f:id:shukatu-man:20191107003434p:plain

 

ではここからはユニスタイルを利用するメリットについて、もう少し詳しく話していきたいと思います。

ユニスタイルを利用するメリットは大きく3つあると僕は考えます。

【ユニスタイルを利用するメリット】

  • 友人や先輩にESを見せてもらう手間がなくなる
  • 企業のESの質問項目を事前に知れる
  • 他人のESと比較して自身のESを評価できる

 

メリット① 友人や先輩にESを見せてもらう手間がなくなる

 

まず一番のメリットは、友人や先輩にわざわざエントリーシートを見せてもらう必要がなくなることですね。

僕が就活生の時、周りの友人の中で「エントリーシート見せてよ!」という話がよく飛び交っていました。

そんな友人にこうしたエントリーシートの閲覧サービスを教えてあげると感動していましたねw

 

就活生は就活だけでなく、アルバイトにも忙しい。

とにかく時間を効率的に使うことが重要です。

 

よってわざわざエントリーシートを見せてもらう手間をなくし、更には3万枚以上のエントリーシートをいつでも見られることはメリットとしか言いようがありません。

 

たしかに僕の周りでも、エントリーシートを見せて欲しいという会話がよくされますね。

そういう就活生はこうしたサービスがあることを、そもそも知らないんだよね。

 

メリット② 企業のESの質問項目を事前に知れる

 

次にこれも大きなメリットなのですが、企業のESの質問項目を事前に知ることができます。

ほとんどの企業はエントリーシートの質問項目が毎年変わりません。

(おそらく人事の手間や、質問項目に対する判断基準を毎回考えるのが大変だから)

 

よって、ユニスタイルを見ておけばまだエントリーシートが公開される前に、回答を準備しておくことができるんですよね。

回答を事前に準備しておいて、提出開始になったらすぐにそれをコピペして提出することも可能になります。

 

この「提出速度」の重要性については、僕の就活でのエピソードが裏付けています。

 

【僕が就活生だった時の話】

 

某大手食品企業から、「エントリーシートの提出願い」が届きました。

その会社のエントリーシートは「自由記入欄」のスペースも広かったので、なかなか作成が大変。

しかし、僕は事前に質問項目を知っていたので、回答を用意していました。

 

よって、提出願いが届いたのが昼の12時だったのですが、14時にエントリーシートを作成し、“速達で”送付したんですよね。

 

結果として、その会社の選考は進んでいきました。

最終面接の待ち時間、人事の人にこんなことを言われたんですよね。

「藤井くんのエントリーシートは、全国で1番に届いたんだよ。しかも自由記入欄を切り絵を使って表現してたからすごい印象に残っているなぁ」と。

 

まさに僕の作戦勝ちでした。

人事の立場にたてば、「早くに送られてきて、かつクオリティも高いエントリーシート」ならば、優秀な人材だと評価する。これは当然ですよね。

 

この戦略が打てたのも、事前にエントリーシートの質問項目を知っていたからです。

提出速度は、もちろん「仕事のスピードの評価」に直結します。

ユニスタイルを利用することで、ぜひこの戦略を駆使してみましょう!

 

よく「エントリーシートは早く提出すべきですか?」と聞かれるけど、その質問をする時点でセンスがないね。人事の立場にたてば、その答えはすぐに分かるはずだよ。

何事も「相手の立場に立って考えること」が重要ですね。 

 

メリット③ 他人のESと比較して自身のESを評価できる

 

次に他人のエントリーシートと比較して、自身のエントリーシートの質を評価することができるのも大きなメリットと言えます。

 

「どんな経験をしたのか」というエピソードの大きさだけに目がいきがちですが、読み手に自分のことが伝わりやすい素晴らしい文章を書いている人がたまにいます。

 

これは別に学歴によるものではなく、面接官の立場に立った時に「この子は仕事できそうだな」と感じる文章があるんですよね。

 

そういった文章と自分の文章を比較することもできます。

更には「なぜその文章に魅力を感じるのか?」という深堀り、分析もできますよね。

 

他人のエントリーシートと比較することによって、自分の文章のレベルを把握することもできますし、良い表現や構成を真似ることもできる。

これはユニスタイルを利用する本当に大きなメリットです!

 

【補足】エントリーシート閲覧用の類似サービス

f:id:shukatu-man:20191105205852p:plain

 

今回紹介した「ユニスタイル」以外にも、エントリーシート閲覧サービスとしておすすめが他に2つあります。

就活ノートとワンキャリアというサービスなのですが、それらも駆使することで、エントリーシートに関しては完璧と言えますね。

 

別記事にて、エントリーシート閲覧サービスをまとめているので、ユニスタイルの理解が済んだら併せてご覧くださいね!

 

まとめ

  

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

エントリーシートの閲覧サービスについて、理解が深まったと思います。

 

就活ではよく「情報格差」という言葉が使われますが、こうしたサービスについての知識を持っているかだけで大きく差が付きます。

就活を圧倒的に効率化させるために、ユニスタイルのような優良サービスを使い倒しましょうね!

 

ちなみに僕がおすすめする就活サービスをすべてまとめた記事も用意しています。

「就活マンはどんなのを勧めているの?」と気になる方は、ぜひご覧ください!

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー