就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【完全保存版】就活カレンダー|20卒・21卒向け

20180401154528syukatuman-about

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活全体の流れを把握できるカレンダーが欲しい

・就活の流れが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近は午前中と寝る前に記事を書いていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190227220133p:plain

本日の記事では、「就活でやること」と「業界ごとの内定時期」の2つのカレンダーを公開します。

それぞれのカレンダー画像は僕が作成したものなので、ぜひ保存して確認用に持っておいて頂ければと思います。

 

ちょうど就活全体のスケジュールをメモ帳にはさみたいと思っていました!

それは良かった!就活全体のスケジュールを把握しておくことで、ざっくりと今やるべきことが見えてくるからね!

 

就活カレンダー|実施内容別

 

▼就活カレンダー(20卒・21卒版)

f:id:shukatu-man:20190304163621p:plain

〜2月 インターンシップ

〜7月 自己分析

〜7月 業界・企業研究

〜9月 企業説明会

3月〜 エントリーシート提出

3月〜 筆記試験

6月〜 面接

6月〜 内定(一般的な企業)

 

※これらは時期の目安です。企業によってはもちろん異なる場合もあり。

 

就活全体のスケジュールは上記です。

自己分析とエントリーシートの提出は7月までとカレンダー上では記載していますが、もちろん就活を終えるまでずっと続けていくものになります。

7月以降は「秋採用」が始まり、採用目標数に達していない企業が更に採用に力を入れるため非常に狙い目でもあります。

 

インターンシップ(〜2月)

 

大学1年から大学3年の2月にかけて、各社でインターンシップが行われます。

このインターンシップには大きく3種類あって、1ヶ月以上の長期インターンシップと、1週間弱の短期インターン、そして1日だけ開催される1dayインターンがあります。

正直な話、1dayインターンはもはや会社説明会のようなもので、たまにゲームなどを開催している企業もありますが、そんなものはお遊びに過ぎません。

よって1dayインターンに参加する価値はほとんどないと断言できます。

(企業によっては1dayインターンでも働いている様子に密着させてくれるところもありますが、そんな企業はほとんどありませんね。)

 

重要なのは長期インターンシップでして、これは職種理解や企業理解には最高に役立ちます。

なぜならもし長期インターンに参加した企業での仕事が最高に楽しく、社員さんとの相性も良ければ、適性の高さが保証されミスマッチが起こりません。

更にもしその企業との適性が低く、そのまま入社しない場合でも経験した職種への理解は非常に高いですよね。だからこそ長期インターンは参加する価値が高いのです。

 

自己分析(〜7月) 

 

就活といえば最初に「自己分析」を始める人も多いでしょう。

その選択は正解でして、自己分析こそが就活の基盤となります。

なぜなら、自己分析は「自分の性格や価値観を理解すること」であり、自分の性格や価値観を理解していないと、企業選びやエントリーシートの作成などできるわけがないからです。

 

自己分析がしっかりとできていない人は、企業選びの軸がないので、マイナビやリクナビで適当にエントリーするという行動を取る人が多いですが、そうなってしまうと入社する企業が自分に合うかどうかは完全に運任せになってしまいますよ。

就活の初期には時間をかけて、自己分析をすることが本当に重要であり、就活攻略論では自己分析を8ステップで完了するための方法を紹介しています。

 

▼自己分析の方法についてはこちら!

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

業界・企業研究(〜7月) 

 

自己分析を進めることができれば、次にすべきは業界研究や企業研究です。

就活は自分が入社したいと思う企業を決めることができなければ始まりません。

よって自己分析を深めた後は、自身の企業選びの軸に沿ってエントリーする業界や企業を決めていきます。

 

業界を決める方法や、職種選びに関しての記事も用意しているので併せて参考にしてください!

 

▼業界の決め方についてはこちら!

» 就活での業界の決め方4ステップ【業界が決まらない人必見!】

 

▼職種選びについてはこちら!

» 【職種の決め方はこれ!】就活中に職種を決める方法を徹底解説

 

企業説明会(〜9月)

 

3月の就活本格解禁以降は、企業説明会も頻繁に開催されます。

これは各企業がエントリーしてくれた就活生に対して自社の理解のために行うのですが、企業説明会には2種類あることを把握しておいてください。

 

・参加することが選考に必須である企業説明会

・参加することが選考に必要ではない企業説明会

 

つまり、企業によって企業説明会への参加を必須にしているか否かが分かれるのです。

そして僕が就活生の頃は、参加が必須である説明会以外は一切参加しませんでした。

理由は簡単で、「ネットで説明会で話す程度の情報なら手に入るから」です。

空いた時間を使って僕はとにかくスカウトイベントに参加するようにしていました。

 

▼スカウトイベントについてはこちらを参考にしてください!

» 【就活でのスカウトの評判は?】就活を終えた5人に聞いてみた!

 

エントリーシート提出(3月〜)

 

就活解禁後、エントリーした企業からエントリーシートの提出が求められます。

よく就活生は勘違いしがちですが、「エントリー」と「本エントリー」は異なります。

マイナビやリクナビでエントリーした時点では「あなたの会社の選考を受けたいから情報をください」という仮登録のようなもの。

 

エントリーシートを提出して、初めて「本エントリー」となります。

よって3月1日にこぞってエントリーをしても、その早さは選考に影響しないんですよね。

影響があるのは「エントリーシートを提出するスピード」です。

人事の立場になって考えてみてください。エントリーシートを提出してくださいと通知して、すぐに質も高いエントリーシートが届いたらその人に対して「こんなにも早く提出して、かつ内容も良いなんて素晴らしい!」と思うに決まっています。

 

これは実際の話ですが、僕が入社した大手食品企業では何万という本エントリーの中で僕のエントリーシートが最も早く届いたそうです。内定獲得後に教えてくれました。

「一番最初に素晴らしいエントリーシートが届いたから藤井くんのは一番印象に残っているよ!」と言ってもらえましたね。

たしかにエントリーシートの提出を求められた即日に作成して、次の日の午前に速達で送付したので最速だったのも納得です。

こうした実際のエピソードからも言えるように、とにかくエントリーシートの提出を求められたらすぐに送付しましょうね。

 

筆記試験(3月〜)

 

エントリーシートを提出し、本エントリーが完了すると、SPIやWebテストなどの基礎テストが実施されます。

特に大企業ではほぼ必ず実施され、最初の足切りとして利用されます。

これら基礎テストに関しての対策法は1つで「とにかく問題集を解くべし」に限ります。

毎日15分ずつでも良いので確実に問題を解き、ここで足切りされないように注意が必要です。

 

 

面接(6月〜)

 

6月になると大手企業でも積極的に面接が開始されます。

(ベンチャー企業や中小企業では6月よりも早く面接が実施され、内定も早く出る場合が多いです)

面接に関しては、とにかく自己分析を元にして「なぜ」という質問に必ず答えられるようにしておきましょう。

特に面接はエントリーシートに書いた内容を元に質問をされる傾向があるので、エントリーシートに書いたことに対して自分で「なぜ」と自問自答することで、面接官からの質問にスムーズに答えることができるようになりますよ!

 

一般的な企業の内定(6月〜)

 

6月から順次面接が開始され、大手企業の内定もこの6月から出始めます。

内定の時期に関しては、経団連により定められているのですが、そもそも経団連に所属していない中小企業や外資系企業は無視するため内定時期が異なるんですよね。

よって次の章にて、各業界別の内定時期を確認してみましょう!

 

業界別の内定獲得時期カレンダー

 

各業界別の内定時期をカレンダーでまとめました。

外資系企業では大学3年生の9月から内定が出るという凄まじいスピード感で採用が行われ、一方の日系大企業は大学4年生の6月から内定が出始めます。

 

▼内定時期一覧カレンダー

f:id:shukatu-man:20190304162659p:plain

外資系メーカー:9月(18年)〜

外資系総合コンサル:10月(18年)〜

外資系戦略コンサル:12月(18年)〜

外資系投資銀行:12月(18年)〜

比較的大きなベンチャー:2月(19年)〜

メガベンチャー:3月(19年)〜

広告代理店:5月(19年)〜

一般的な企業:6月(19年)〜

  

就活カレンダーを確認した後にやるべきこと

f:id:shukatu-man:20190219145107p:plain

 

就活カレンダーにて全体像を把握することができましたね。

しかしそれだけでは当然いけません。実際に行動に移す必要があります。

 

そこで就活でやるべきことを11のステップで解説した記事を用意しました。

こちらの記事を参考にして、就活をスムーズに終えられるよう取り組んでいきましょう!

 

▼就活でやるべきこと11ステップはこちら!

» 【20卒向け】就活でやることの順番を解説|全11ステップ一覧

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

就活は「次何やれば良いのだろう...」と悩むことが多々あると思うのですが、その時間は完全に無駄です。

しっかりと順序立てて行動することで、後から「もっと早くやっておけばよかった」と悩まずに済みますのでぜひ本記事や11ステップの記事を参考にして行動して活きましょうね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー