就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【 9月に内定がない場合】内定獲得に向けて意識すべき点とは!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・もう9月だが内定がなくて困っている!

・しかし焦って就活して妥協したくない!

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!好きな飲物はきなこ牛乳でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180827162632p:plain

いよいよ8月も終わり、9月に入りますね。

この時期になると、周りの就活生もどんどん就活を終え、仲間が減っていくことに焦りを感じますよね。

 

しかし、就活の期間なんてものは長い人生の中では一瞬です。ここを踏ん張って自分が納得できる内定を獲得する方が、そんな孤独や不安よりも重要になります!

 

今回の記事では、そんな9月でも頑張って就活を続けている皆さんに向けて、この時期に最速で内定を獲得していく方法をまとめました。

 

ぜひ参考にしてみてください!

これを読んでいる就活攻略生の仲間たちとともに、最後まで走り抜けましょう!!

 

9月に内定がない人が意識すべきこと

 

まずはじめに、9月からの就活で内定を獲得する“テクニック”を押さえる前に、意識すべき“マインド”の部分を説明していきますね!

 

①この時期は企業も新卒生を欲しがっている

 

この時期の就活生は忘れがちなのですが、実は企業もこの時期は新入社員を確保しようと焦っています。

なぜなら企業も採用計画の達成をしないといけないからです。

そもそも企業の「その年の採用計画」というものが存在することを知っている方は少ないのではないでしょうか!

 

「その年の採用計画」とは、例えば「19卒の学生は5人採用して、営業に2名、事務職に1名配属しましょう」という企業側の計画のことですね。

f:id:shukatu-man:20180827170821p:plain

就活生はよく“採用される立場”だとして、弱気になりがちです。

しかし一方で、企業も人材を欲しがっているので、そこまで弱気になる必要はありません。

(だからといって、もちろんデカイ態度を取れという訳ではないですよ!愚問ですが...。)

 

9月からの就活において、内定がないからと言って弱気になると、面接でそれがバレて評価されない人になってしまいます。

なぜかというと、メンタルが弱そうな人はすぐに退職するリスクを感じるから。

 

企業側も採用できず焦っている時期なので、9月と言えどもそこは強気で就活していきましょう!!

 

②9月に就活をしている人を仲間化しよう

 

次に、9月にまだ就活している人たちは、かなりメンタルをやられている人が多い印象があります。

よって、まだ就活をしている人を将来の情報交換相手にしてしまうのは、かなり有意義です。

これはどういうことかと言うと、就活では様々な業界を志望する同い年の人がいますよね。そうした人と友達になることで、社会人になった際に『情報交換できる相手』にすることができます。

 

f:id:shukatu-man:20180827192542p:plain

 

 

なぜこれが有意義かと言うと、

一度社会人になってしまうと、他の業界の知り合いはなかなかできません。

僕は食品業界に入社しましたが、入社後は食品業界の繋がりばかり広がりました。

 

すると、社会人になってから視野が狭くなり、他にどんな業界があるのか、その業界の特徴はどうなのか、今自分がいる業界よりも自分にあっているのかといった情報の入手が難しくなってしまうのです。

(僕の場合は、就活攻略論を運営することで人材業界の知り合いが増えたけどね!)

 

よって、就活生のうちに様々な業界の知り合いを作ってしまう。

9月の就活でみんな焦っている時期だからこそ、「まだ就活してると焦るよね!」といった“仲間意識を作れる会話”から繋がりを広げることができるんですよね。

 

ちなみにLINEグループなんか作って情報交換し合うのも有意義かもしれません!

ぜひ、そういった将来をも考えた目線で9月からの就活は行ってみてください。

 

就活でできた繋がりは、意外と社会人になってからも有意義なことが多いよ!

 

9月の内定獲得に向けて重要なテクニック

 

ではここからは、9月からの就活で自分に合った企業からの内定を獲得するためのテクニックを紹介していきましょう!!

9月からの就活は特に、内定の獲得に重きを置いていきたいですよね。

そこで重要な視点は、企業はそもそもどんな人に内定を出すのかということです。

 

企業はどんな人に内定を出すのか!僕が定義するのはこちらです。

志望度が高く、自社に適性の高い人。

これを面接官の本音で言い換えると、

すぐに退職せず、自社で稼いでくれる人。

本当にこれに尽きるので、しっかりと把握しておきましょう!!

 

よって、『志望度の高さ』と『適性の高さ』をうまく面接官に伝えることができれば、内定を取りまくることができます。

僕もこの2つを伝えるテクニックを駆使したので、内定22社獲得できました。

では、それぞれ見ていきましょう!

 

『志望度の高さ』をアピールする

 

まず、僕が内定獲得のために重要だと考えている『志望度の高さ』を面接官に伝える方法に関してです。

 

細かい話ですが、面接における質問への答え方で印象が悪い人って非常に多いんですよね。話が長かったり、視線がチラチラしていたり!

答え方が悪いと、それだけで「この子は、うちの会社への志望度がそこまで高くないから、こんな適当な答え方になってしまっているんだな。」と面接官に思われるリスクがあります。

 

この質問への答え方に関しては、こちらの記事で対策を書いています。

(答え方でしっかりと志望度の高さをアピールする方法:【最終面接】質問への答え方だけで“志望度の高さ”をアピールできる! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

この記事の大切なところをまとめますね!

・質問への回答は「結論ファースト」で、話は長くなりすぎないようにする。

「口調」ははっきり、そして元気に答えることで入社へのワクワク感を伝える。

「話すスピード」は早い人はそのままで、遅い人は話す長さを短くすること。

「視線」はしっかりと相手の目を見て質問に答えること。

こうした基本的なところが壊滅的だと、どこの企業を受けても落ちます。

僕が就活生の時の話ですが、集団面接で一緒になった就活生も、話が長すぎて面接官は完全に聞いてなかったことがありました。

でも本人は話すことに必死だから、話の長さという基本的な部分を冷静に判断することができていませんでしたね。

(その後、その子とたまたま友達になったので聞いたら落ちたそうで。話を短くするようにアドバイスしたら、内定獲得したそうです。良かった...。) 

 

 

次に、もう一つ志望度の高さをアピールする上で重要なテクニックをお話しますね。

特に9月以降の秋採用では、冒頭でもお話したとおり、企業も採用するのに必死です。

すると当然、「うちの会社は第一希望ですか?」「他に内定は出ていますか?」という質問をされる頻度は相当に上ることが予想されます。

 

こう聞かれた際に、第一志望なら良いのですが、それ以外だと困るところですよね!

その対策法に関する記事も用意してあります!!

(第一志望以外の企業への志望度の示し方対策:【就活の悩み】“第一志望以外の”企業への志望度の示し方 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

結論から話すと、

第一志望の企業以外にも「第一志望です!!!」と元気良く言え!

なのですが、嘘をつけというのではなく、すべての企業を第一志望だと思えという新しい考え方を提示しています。

これは屁理屈ではありません。就活攻略のためのテクニックなのです。

 

これらを駆使して、まずは志望度の高さは確実にアピールしていきましょうね。 

 

『適性の高さ』をアピールする

 

次に、適性の高さをアピールする方法に関してです。

適性に関しては、受けるのが大企業であれば「求める人物像」を参考にすると良いでしょう。

 

ちなみにそもそも求める人物像と、自分の性格が全く異なる場合は、求める人物像に寄せない方がよいです。

なぜなら、入社してからそこで働いている人と合わないってなってしまうから。

それだと、せっかく入社しても退職するかうつ病になるので、逆効果ですよね。

 

求める人物像に自分がばっちりハマる場合は、求める人物像をそのまま全力でアピールしていきましょう!!

例えば「明るい人」とあれば、明るさ全開で、返事をハキハキしたりすれば適性の高さをアピールすることができますよね。

 

 

そしてベンチャーや中小企業の場合ですが、求人ページに求める人物像が書いていない場合も多いと思います。

そこで使えるテクニックをここで初めて公開しますね。

中小企業やベンチャー企業で、その企業がどんな人を適性が高いと評価するかを探る方法はこちらです。

一次面接の最後に「御社で活躍される方の人物像ってどんな方なのですか?」と聞いて探る

これ、「求める人物像は」と聞かないとこがミソなんですよね。

「求める人物像はどんな人ですか」って聞いてしまうと、いかにも「受かりたい!」ってのが見え見えで“小物感”が出てしまいます。

そこで、その企業ではどんな人が活躍しているのか。つまり、それは求める人物像を聞くことと同義になるんですよね。

 

これを比較的通過する確率の高い一次面接のうちに済ませておけば、二次面接以降の通過率を上げることができるのです!

しかし、このときもその人物像に寄せるのはいけませんからね!

f:id:shukatu-man:20180827202027p:plain

内定を獲得するには、この2つ以外にも様々なテクニックがある!
就活攻略論では様々紹介しているので、ぜひチェックしてみてね! 

9月からの企業選び

 

9月以降の就活で内定を獲得するテクニックを知ったところで、最後に9月以降、受ける企業を探す手段についての話をしようと思います。

 

就活攻略論でいつも言っているとおり、就活で大事なことは「複数の企業からの内定」よりも、「自分に合う一社からの内定」となります。

どれだけ内定を獲得したところで、入社できる企業は一社のみなので当然ですよね!

 

そこで「自分に合う一社」の探し方について説明します。

 

基本は求人サイトで調べる 

 

企業選びとなると、やはり基本はマイナビやリクナビなどの求人サイトの活用となります。

しかし就活生に話を聞くと、多くの人がこう答えます。

「マイナビで適当に企業を選んでエントリーボタンをポチポチしました(笑)」

 

いやいや、ポチポチしましたで企業選ぶのかよ!?

とツッコミを入れたいところですが、これが現状です。 

 

なぜこのような状況になってしまっているかというと、求人サイトに書いてある情報から自分に合う企業かどうかを判断することができないからですね。

求人サイトには本当に最低限の情報しか書いてないですから...。

 

しかし、そうしてポチポチした企業をすべて受けていくという企業選びの方法は、今が3月なら良いのですが、9月からの就活においては効率があまりにも悪い。

 

そこで、企業選びを『外注する』という方法をここ最近、いろんな記事で強くおすすめしています!

この外注するとはどういうことかというと、企業の情報を知っているキャリアアドバイザーさんと連携することです。

 

次で詳しく解説していきましょう!!

 

キャリアアドバイザーさんとの連携がおすすめ

 

ここ最近、いろんな記事でおすすめしている企業選びの方法がキャリアアドバイザーさんとの連携です。

 

そもそもキャリアアドバイザーさんとは何かというと、人材企業に勤めていらっしゃる方で、「業界の知識・会社内の事情・リアルな社風や業務内容」をよく知る企業選びのプロの方です。

こうした方々に面談してもらって、自分はどの企業に合うのかを聞くのが9月からの企業選びでは最適かつ最短でしょう!

 

ちなみに、関東・関西の企業を志望される方であれば、僕の知り合いのキャリアアドバイザーさんと連携して企業選びを手伝うことができる『秋採用支援』も無料でやっているので、ご連絡くださいね!

 

(秋採用支援の詳細:19卒限定『秋採用支援』について(完全無料です!/ 関東・関西の企業へ入社する方限定) - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

キャリアアドバイザーさんと連携することは本当におすすめなので、ぜひ一度、自分が住んでいる地域にキャリアアドバイザーさんがいるかどうか、ネットで調べてみましょう!!

 

9月の内定獲得戦略はいかがだったでしょうか!!

この記事に書いたことが一つでも、あなたの就活を助ける情報となれば本当に嬉しいです。

ここからの時期の就活は一層気力が必要になるかもしれません。

しかし、ここで諦めては自分の人生を投げやりになってしまったと同じこと。

10年後の自分に怒られますからね!

 

そうならないためにも、納得いくまで突き抜けましょう!! 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー