MENU

【11月に内定がない時にすべきこと】逆転内定のための5つの対策!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:syukatsu_man:20211020150350p:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

今回は”11月に内定がない場合に今後すべき対策”について解説していきます。

(11月から初めて就活を始めるという方は「就活を大学4年の11月から始める方法【内定獲得は可能です!】」の記事が最適な内容になっています。)

 

11月は企業の内定式も一段落し、多くの学生が卒論に取り組む時期かと思います。

ただ、人によっては一生懸命就活に取り組んできたのに、まだ内定がないという人もいますよね。

 

卒業までの時間も限られてきて、就活を諦めかけている人もいるかもしれません。

ただ、11月に内定がない場合でも、これから内定を獲得することは可能です。

事実、11月でも新卒採用を継続している企業は意外と多いですからね。

 

そこで本記事では、11月に内定がない人が最短で内定を獲得するために、今後すべきことについて解説していきます。

決して妥協ではなく、自分に合った企業から最短内定を獲得する方法を共有するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

11月に内定がない状態で、これから内定を獲得できるのかが不安です。

不安だよね。でも企業が新卒採用をしている以上は、内定獲得のチャンスはあるんだ。そのためには今すべきことを明確にして、実践する以外ないよ!

11月に内定がないのはやばい?

f:id:syukatsu_man:20211020104831j:plain

 

具体的な対策方法を共有する前に、そもそも11月に内定がないのはやばいのか。

新卒就活に7年間携わっている僕の意見としては、決してやばいわけではありません。

 

僕が考える就活の成功は「自分に合う企業に入社すること」です。

就活は内定の数や時期の早さを争う競技ではないですよね。

 

どれだけ早く内定を獲得したり、複数社から内定を獲得しても、自分に合わない企業ですぐに退職してしまったら、それは成功とは呼べません。

つまり、時期に関わらず、あなたが本当に自分に合う1社から内定がもらえれば良いわけです。

 

▼自分に合う1社からの内定こそが就活では重要、それはいつの時期だろうが獲得可能です!

f:id:syukatsu_man:20210814135256p:plain

 

「就活中に内定を獲得した数」が入社後に評価されるわけではありません。

まずはこの「数や時期にこだわる意味はない」ということを理解してください。

また、11月でも企業が新卒採用をしているのは事実です。

 

▼2021年10月20日現在のマイナビ2022の状況

f:id:syukatsu_man:20211020153125p:plain

引用:マイナビ2022「トップページ

 

10月末時点でも、マイナビだけで15414社がエントリーを受け付けています。

これだけの企業がまだ新卒採用を行っていることからも、11月に内定がないからといって、就活を諦めるのはまだ早いということが伝わるかと思います。

 

10月末でもこれだけの企業が採用を継続してるんですね。

マイナビだけの数字だから、実際はもっと多くの企業が採用を継続してるんだ。中には人気の大手企業なども含まれてるんだよ。

11月に内定がない人はどれだけいるのか?

f:id:syukatsu_man:20210929143219j:plain

 

それでは次に、11月に内定がない人の割合について共有しておきます。

周りと比較する必要はないですが、全体的な動きを知っておくことは重要です。

以下のグラフは、時期ごとの内定率の推移を示したものです。

 

f:id:syukatsu_man:20210816163649p:plain

引用:就職みらい研究所「就職プロセス調査(2021年卒)「2020年10月1日時点内定状況」

 

21卒の10月1日時点での内定率は88.7%、12月1日時点での内定率は93.4%なので、11月時点で内定がないのは約10%程度だと予測できます。

この数字だけ見ると「9割の人が内定あるんだ。」と焦るかもしれません。

 

ただ、その後の”3月卒業時点での内定率”に注目してください。

21卒の数字はありませんが、20卒の3月内定率は95.5%となっています。

つまり、11月から3月卒業までの間に、約5%の人が内定を獲得してるんです!

 

では、この約5%の人がどんな対策によって内定を獲得しているのか。

その具体的な方法について、次章以降で解説していきますよ!

 

数字だけ見ると焦りますが、内定を獲得できるのも事実なんですね!

そのとおり。だから周りの状況に左右されずに、3月まで自分に合う企業からの内定獲得を目指すことが重要なんだよね。

11月は内定が出やすい時期でもある

f:id:syukatsu_man:20211001164609j:plain

 

11月時点でどれくらいの人が内定を獲得しているのか理解できましたね。

ここで1点、あなたに知っておいてほしいことがあります。

 

それは「11月は内定が出やすい時期でもある」ということ。

これにはいくつか理由があるので共有します!

 

f:id:shukatu-man:20210926085502j:plain

 

理由① 優秀な就活生の数が減っているから

 

まず第一に「3月の就活期に比べると優秀な就活生の数が圧倒的に少ない」です。

この優秀な就活生とは、高学歴かつインターンなどで職種理解をしっかりとしていて、コミュ力も高いような人のことを指します。

 

就活全体として他者との比較は意味がありませんが、選考は別です。

常に周囲の就活生はライバルであり、その中でより評価されなければ内定は獲得できません。

 

その中で、優秀な就活生から先に採用されていくのは当然ですよね。

そして、11月になるとそういった就活生の大半はすでに就活を終えています。

 

よって、11月の就活市場には優秀な就活生はほとんど残っていません。

競争する相手のレベルも下がってくるので、内定の確率はグッと高まります。

 

理由② 企業も採用枠を埋めるのに焦っているから

 

次の理由は「企業も採用枠を埋めるのに焦っているから」です。

多くの企業では10月1日に内定式を行い、その年度の採用が一段落します。

 

ただ、ここで採用予定枠が埋まっていない企業はめちゃくちゃ焦っています。

予定している人数を採用できなければ、次年度の人事計画が立てられませんからね。

 

また、採用枠が埋まっていない企業に中には、人気の大手企業も含まれます。

いくら大手企業といえど、全ての就活生が内定承諾してくれるわけではないので、想定以上の辞退があれば枠が余ってしまうんです。

 

よって、11月以降求人を出している企業=人気のない企業という構図は成り立たないので、しっかりと企業リサーチをしていくのが重要です。

 

理由③ 秋採用限定で採用する企業があるから

 

最後の理由は「秋採用限定で採用している企業があるから」です。

秋採用とは「8月から11月末までの採用」のこと。

 

f:id:syukatsu_man:20210915110444p:plain

 

通常、企業の採用活動は3月以降に本格化し、多くの場合、6月頃に内々定を出します。

ただ、知名度のない中小企業や大手企業の子会社などは、大手と同じ通常スケジュールで選考を行っても、就活生が集まりにくい。

よって、スケジュールをわざとずらして採用する企業も多いんです。

 

こういった企業が大手の採用が落ち着く8月以降を狙って、選考を本格化させるため、秋採用でも求人数が多くなります。

11月も秋採用に含まれるため、こうした求人の該当期間になりますよ!

 

 

【補足】通年採用をしている企業は把握しておくべき

 

秋採用に加えて”通年採用”をしている企業もチェックしておくべきです。

通年採用とは「企業が必要な人材を必要な時期に、自由に採用活動を行うこと」であり、簡単に言うと、1年中いつでも好きなタイミングで採用活動することです。

当然、4年生の11月以降についても含まれています。

 

通年採用をしている企業は、時期へのこだわりはなく、むしろ就活生自身の評価で採用を決める傾向にあります。

よって、これまで内定がない人でも内定獲得のチャンスは十分にあります。

 

通年採用をしている企業については、以下の記事で一部をまとめました。

通年採用をしている企業との接点の作り方まで踏み込んで解説しているので、ぜひ一度目を通してみてください!

 

 

たしかに通年採用している企業も見ておくべきですね!

選択肢は多いに越したことはないからね。秋採用企業と並行してチェックしておくべきだよ。

11月に内定がない人が絶対にやるべき5つの対策

f:id:syukatsu_man:20211001164736j:plain

 

11月に内定が出やすい理由を共有しました。

ただ、それはあくまでしっかりと対策に取り組んだ上でのことなので、そもそも何の対策もせずに内定がもらえるほど就活は甘くありません。

 

よってこの章では、11月に内定がない人が絶対にやるべき5つの対策を共有します。

11月の就活状況を考慮して、最短で内定を獲得するための必須対策になるので、ぜひ実践してください。

 

【11月に内定がない人がすべき必須対策】

  1. 自分に合った内定を高確率で獲得できる企業の選考を受ける
  2. 効率的にエントリー企業数を増やす
  3. 大学キャリアセンターの求人をチェックする
  4. これまで内定が出ていない原因を突き詰める
  5. 面接対策に最注力する

 

対策① 自分に合った内定を高確率で獲得できる企業の選考を受ける

 

11月に内定がない人が最初にすべきことは「エントリー数を増やすこと」です。

先にも伝えたとおりで、就活後半は企業側も採用に焦っています。

(それゆえに就活生を確保して企業がどんどん採用を終えていく)

 

よってできるだけ早くに多くの企業との接点を獲得することが、内定を獲得するには有効なんですよね。

そうは言っても、自分に合わない企業のエントリー数を増やしても意味がありません。

大事なのは何度もいうように、自分に合った1社からの内定ですからね。

 

就活後半はエージェントの活用が最もおすすめ

ではどのように自分に合った企業のエントリー数を増やすのか?

11月に最もおすすめなのが、就活エージェントの利用ですね。

就活エージェントとは、人材会社が無料で提供するサービスで、面談を元にして自分に合った求人を紹介してくれます。

 

f:id:syukatsu_man:20210916120307p:plain

 

現在は全てオンラインで対応しているエージェントもあるので、自宅で内定獲得まで支援してもらえるのが大きなメリットとなります。

 

また企業によっては就活エージェントにだけ求人を出しているところも多く、特に就活後半では「エージェントからの紹介で2名採用しよう」といった少人数の採用も目立ちます。

これらが就活後半にエージェントを利用するべき理由ですが、利用するなら支援の質が安定している大手がおすすめです。

 

僕はこれまで様々なエージェントを見てきていますが、その中でも最もおすすめは「ミーツカンパニー就活サポート」と「キャリアチケット」ですね。

どちらもオンラインに対応かつ、全国の就活生が利用することができます。

ダントツにおすすめの2つなので、まずはこの2つを併用して、自分に合う求人を紹介してもらうのがベストだと僕は考えています。

 

▼就活エージェント利用者の声

 

ちなみに就活エージェントのおすすめランキングは「就活エージェントおすすめランキング【1位〜17位】」にて別途書いてます。

(紹介した2つは1位と2位ですよ)

 

▼就活エージェントの支援内容

f:id:syukatsu_man:20210714233511p:plain

 

対策② 効率的にエントリー企業数を増やす

 

就活エージェントから自分に合った求人を紹介してもらうのが、就活後半で最もおすすめな方法です。

これに加えて、パソコンやスマホで完結するような方法も取り入れましょう。

 

11月の就活では、選考フローが短くなります。

それゆえにエントリーの効率化がかなり有効な手段になるんですよね。

 

では、具体的にどんな方法があるのか?

マイナビやリクナビを使って闇雲にエントリーすればいいわけではありません。

そこでおすすめなのが「逆求人型サイトの利用」です。

 

逆求人型サイトとは、プロフィールを入力するだけで企業からオファーがもらえるサービスのこと。

就活生自身がエントリーする必要はないので、就活の効率化になります。

 

f:id:syukatsu_man:20210916121327p:plain

 

加えて、プロフィールを見た上でのオファーなので、あなたの強みなどを評価してくれている企業とのマッチングになります。

また、11月であれば企業の採用意欲も非常に高いのでオファーの確率も高い。

 

オファーが届いたからといって、絶対にその企業を受けないといけないわけではありません。

まずはエントリーの幅を広げることが重要なので逆求人型サイトは必須かと。

 

中でも以下の2サイトは大手が運営しており、企業数も申し分ありません。

とりあえずこの2サイトを利用して、オファーを待ちつつ、マイナビやリクナビでじっくりと自分に合う企業を探すという"並行利用"が重要です。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト|完全無料】

※これら大手2サイトをすべてプロフィールを登録しておくことで、自動的に企業が自分のことを認知してくれて、勝手にスカウトが届く仕組みは現状最効率かと。

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ー サイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

Offerbox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

対策③ 大学キャリアセンターの求人をチェックする

 

就活エージェントや逆求人型サイトと並行して、大学キャリアセンターの求人も必ずチェックしておいてください。

11月でも、大学キャリアセンターには企業から求人が届いてます。

 

この”大学キャリアセンターに届く求人”はナビサイトとは少し意味合いが違います。

企業がその大学の学生を欲しいという明確なメッセージがあるんです。

 

企業側も全国全ての大学に求人を送っているわけではありません。

過去に入社したOBが活躍しているなど、何かしらの理由があるから、わざわざ大学まで求人を送っているんです。

 

つまり、大学キャリアセンターの求人経由の選考は、スタート時点でアドバンテージがあるということ。

効率的に内定を獲得するためにも、これらの求人は要チェックです!

 

 

対策④ これまで内定が出ていない原因を突き詰める

 

これから先の選考対策を万全にするのは当然ですが、これまで受けてきた選考の振り返りをすることも、この時期の選考対策では必須です。

なぜなら、面接においてこの点(なぜこれまで内定が出ていないのか)を質問してくる企業が多いから。

 

企業側も「11月まで内定が出ないとなると、何か理由があるんじゃないか?」「他の企業はなぜ落としたんだろうか?」というのは、正直気になっています。

ここでしっかりとした回答が出来ない場合、選考突破は難しいかと思います。

 

これまで内定が出ていないという結果自体は、就活生にはどうしようもないことです。

だからこそ、”なぜ内定が出ないのかという原因や理由”を自分なりに突き詰めておき、それを今後どう改善していくのかまで伝えられれば、企業側も納得するかと思いますよ!

 

対策⑤ 面接対策に最注力する

 

5つ目の対策は「面接対策に最注力すること」です。

春や夏の選考においても、面接対策はたしかに重要です。

 

ただ、11月など秋採用においては、企業側も焦っていることから、筆記試験などはなく、エントリーシート提出後、即面接というパターンも多いんです。

逆求人型サイトや就活エージェント経由の選考も同様ですね。

 

つまり、どの方法でエントリーしようと面接だけは必ず用意されているということ。

であれば、まずは必ず出てくる面接に向けた対策が最重要になりますよね!

 

面接対策は事前の準備が勝負を分ける

よく面接は回数をこなして慣れることが重要だと言われます。

たしかに、本番で緊張しないためには回数をこなして慣れるのも一つの方法です。

 

しかし、毎回面接官やその場の雰囲気は全く異なるので、そもそも慣れること自体が難しいんですよね。

そこで重要になってくるのが”事前の準備”です。

 

具体的には、頻出質問に対する回答法や回答内容を考えておくこと。

事前に企業がその質問をする意図を考慮した回答を用意しておくことで、本番でも余裕を持って面接を受けることができます。

 

面接でよく聞かれる”頻出質問”については以下の記事にまとめています。

それぞれの質問の狙いや回答ポイント、回答例文まで解説しているので、ぜひ参考にしてください!

(※暗記した回答はマイナス印象を受けやすいので、丸暗記はおすすめしません)

 

 

種類を分けたエントリーをしつつ、面接突破力を高めるわけですね!

そのとおりだね。内定する確率を高いエントリー方法によって、就活自体の効率化にもなるんだ。

11月まで内定がない人の5つの特徴

f:id:syukatsu_man:20210929143110j:plain

 

11月に内定がない場合に、これからすべき対策については理解できたかと思います。

ではそもそも、なぜ11月まで内定が出ないのか。

この章では、11月まで内定がない人に共通する特徴を解説していきます。

 

【11月まで内定が出ない人の特徴とその対策】

  1. 人気の大手企業ばかり受けている
    対策:秋採用をしている中小企業などを視野に入れる

  2. 志望業界や志望企業の幅が狭すぎる
    対策:業界研究や企業研究に加え、職種理解も深める

  3. 自分自身の強みや特徴を上手くアピールできていない
    対策:再度自己分析を徹底して行う

  4. 就活の長期化による慣れが生じている
    対策:自己PRなど使い回ししている内容を見直す

  5. 選考に落ちた原因の分析や改善をしていない
    対策:選考直後に振り返りを行う

 

特徴① 人気の大手企業ばかり受けている

 

最初の原因は「人気の大手企業ばかり受けている点」です。

企業の知名度や規模、自分が知っているかどうかを軸にエントリーする企業を選んでいる人に多い原因かと思います。

 

こういった知名度のある大手企業は、当然就活生からの人気もあります。

つまり、それだけ倍率も高く、選考を突破する難易度は非常に高くなっています。

そんな企業だけを受けていても、内定が取れないのは当然の結果でもあるんです。

 

対策|秋採用をしている中小企業などを視野に入れる

対策についてはシンプルに「大手以外の中小企業を視野に入れる」ことです。

そもそも日本の企業の99%は中小企業となっており、大手の採用枠なんて本当に限られているわけです。

 

だからといって、中小企業がすべて大手に劣るかというと、全く違います。

大手よりも給料が高いところや福利厚生が整っている企業など、ホワイトな中小企業もたくさんあります。

 

それらの企業については、以下の記事で100社紹介しています。

具体的な見分け方についても詳しく解説しているので、大手ばかり受けて内定が無い状態の人はぜひ参考にしてください。

 

 

特徴② 志望業界や志望企業の幅が狭すぎる

 

志望業界や志望企業の幅が狭すぎる人も、内定がない人に共通する特徴です。

もちろん、ある程度業界を絞ったり、自分が関心のある企業をリストアップしておくことは必要です。

 

ただ、これを絞りすぎてしまうと、そもそもエントリーできる企業が僅かになってしまいます。

数多く受ければいいわけではありませんが、絞りすぎるのも大きなリスクなんです。

 

対策|業界研究や企業研究に加え、職種理解も深める

ほとんどの就活生は業界研究や企業研究をしていますよね。

では、職種についての理解も並行して行っていますか?

 

ここを忘れている就活生って、意外と多いんですよね。

でも新卒で入社したあなたが日々行う業務は、業界や企業と同様に職種も大きく関わってきます。

 

つまり、職種を理解していないと入社後の働くイメージを企業に伝えることができず、それは業界研究や企業研究が足りていないという評価になるんです。

どれだけ業界研究や企業研究を頑張っても伝わらない理由はここかと。

 

新卒で関わる可能性のある職種については、以下の記事でまとめています。

業界研究や企業研究と合わせて、必ず職種理解も深めてくださいね!

 

Check!

▼新卒就活生が押さえておくべき職種一覧

» 【職種一覧】就活生が押さえるべき「56の職種」を詳しく解説!

 

▼業界研究のやり方を5ステップで解説

» 【業界研究のやり方】やること一覧を5ステップで徹底解説!

 

▼企業研究のやり方を8ステップで解説

» 【企業研究のやり方】8ステップで企業研究が完了する方法!

 

特徴③ 自分自身の強みや特徴を上手くアピールできていない

 

自分自身の強みや特徴を上手くアピールできていないことも、内定を獲得できない原因の一つです。

僕は就活を一種の営業活動だと考えています。

 

ある営業マンが冷蔵庫を売る場面を想像してください。

その営業マン(=就活生)が買い手(=企業)に対し、商品である冷蔵庫(=就活生自身)のメリットや特徴を全く理解していなかったとします。

そんな営業マンから買い手(=企業)は冷蔵庫を買わない(=内定は出さない)ですよね。

 

つまり、あなた自身という商品を売り込む上で、自分自身を理解することは必須。

それができていないのであれば、買い手が買わない(=企業が内定を出さない)のは当然の結果です。

 

対策|再度自己分析を徹底して行う

自分自身について理解するには、やはり自己分析をするしかありません。

過去の自分の価値観や考え方、身に付けたことや経験などあらゆることを整理していくことで、自分自身について理解することができます。

 

とはいえ、自己分析って難しいし面倒だと感じる人も多いですよね。

そこで以下の記事では、とにかくわかりやすさを重視し、一記事だけで自己分析が完結するようにまとめました!

自己分析不安がある人、苦手意識がある人、必見です。

 

\どこよりもわかりやすく自己分析を解説!/

20210121114007

 

特徴④ 就活の長期化による慣れが生じている

 

大学4年の11月となると、就活を開始してからかなりの時間が経っており、選考も複数経験していることから、慣れが生じます。

それが原因で、だんだんと選考対策が甘くなり、内定が出ないという負のループ。

 

就活の選考は毎度違う企業を受けるため、その企業に合わせた対策は必須です。

それを忘れて、毎度同じ選考対策をしていても内定は獲得できません。

 

対策|自己PRなど使い回ししている内容を見直す

慣れによる使い回しが特に多いのが自己PRやガクチカかと思います。

志望動機については、企業に沿った内容が必要となることから、使い回しするのが難しいですからね。

 

ただ、自己PRやガクチカについても”選考先企業に合わせた内容”が実は必要なんです。

企業毎に求める人物像や事業内容、採用職種なども異なることから、そこで求められている能力や人柄も当然違います。

 

つまり、その企業の求める内容に沿ったアピールが必要なんです。

自己PRやガクチカについては、以下の記事でそれぞれ例文を用意しています。

使い回しているもの以外の内容を考える際の参考になりますので、ぜひ活用してください!

 

 

特徴⑤ 選考に落ちた原因の分析や改善をしていない

 

落ちた選考の原因分析や改善をしないことも内定が獲得できない原因です。

企業毎に評価基準や考え方は違うとはいえ、選考に落ちるのには必ず理由があります。

 

それを改善せずに、そのまま次の企業でも同じことをすれば落ちる可能性は高まりますよね。

就活では選考のフィードバックをもらえる機会は少ないですが、自分自身で選考直後に原因を考えるだけでも、次回以降の結果は大きく変わりますよ!

 

対策|選考直後に必ず振り返りを行う

この原因の対策としては”選考直後に必ず振り返りを行うこと”しかないかと。

自分自身による原因分析はもちろん、面接でのやり取りなどを記録しておき、就活のアドバイスをもらっている人(大学キャリアセンターや就活エージェントなど)にフィードバックをもらうのも一つの方法です。

 

また、就活エージェント経由の選考の場合、必ず選考のフィードバックがもらえます。

自分自身の改善点を把握するという目的で、就活エージェントを利用するのもおすすめの方法です。

 

 

原因を明確にした上で対策することが重要ですね。

間違いないね。原因を把握していなければ、自分に合った対策はできないからね。

11月以降も採用活動をしている企業について

f:id:syukatsu_man:20210917234404j:plain

 

ここまで11月に内定がない場合にやるべきこと、内定がない特徴を解説しました。

ここで気になるのが「11月以降も採用活動をしている企業はどこ?どんな企業なの?」という企業側に関する疑問ですよね。

 

11月以降に採用活動をしている企業の特徴

 

僕が就活生の時は、漠然と「就活後半に採用活動をしている企業って人気のないブラック企業なのでは?」と思っていました。

 

しかし調べてみると、全然そんなことはありません。

11月以降の就活後半で採用活動をしている企業には特徴があるんですよね。

 

【11月以降に採用活動をしている企業の特徴】

  • 知名度が低いがゆえに就活生が集まらない
  • 内定辞退されてしまって採用枠が余っている
  • 通年採用を実施している企業

 

そもそも就活生からの人気度は知名度に依存しています。

全く知らない企業にエントリーすることはできないので、企業側は就活生からの認知度を高めるためにマイナビやリクナビに掲載料を払って求人を掲載します。

 

しかし、それら求人サイトを使っても、採用したい人数が多い場合は集まりきらないことがある。

こうした背景を理解していれば、別に就活後半だろうが、良い企業はたくさんあることが分かると思います。

 

ブラック企業を排除するために求人検索時に絞り込みをしよう

 

もしブラック企業かどうか心配な場合は、マイナビやリクナビにて求人検索する際に、求人を絞るようにしましょう。

特に「新卒入社3年後の定着率」と「月平均残業時間」は重要です。

 

入社してから3年後の離職率の平均は3割なので、これ以上やめる人が多いような企業は何か理由があると予測できます。

 

また残業時間も月平均は25時間と言われているので、それ以上多い場合は「残業させないと儲からない企業」である可能性が出てきますよね。

(これらの理由から僕は離職率と残業時間をめちゃくちゃ見てます)

 

▼マイナビの求人検索時の絞り込み

f:id:shukatu-man:20210922094419p:plain

 

こうした求人検索時の工夫に加えて、オープンワークなどの会社の口コミサイトも併用して入社する企業を調査することが重要です。

(入社してから「全然イメージと違った」となる前に、就活時に少しでもそのリスクを減らす努力をするようにしましょう)

 

11月以降の秋採用時に求人を出している企業と、それら探し方については「【保存版】秋採用している企業100社を一覧でまとめてみた」にて詳しく解説しています。

ぜひこの記事と合わせて読むことで、11月以降の就活の知識を蓄積しておきましょう。

 

なるほど!就活後半に採用活動しているのは、単に就活生が集まらないだけでなく、内定辞退された枠を埋めるためなど、様々な理由があるんですね。

そうだよ。だからこそ、就活後半だろうが自分に合う素晴らしい企業はあるってこと。

もし11月に内定が獲得できなかった場合の対処法

f:id:syukatsu_man:20210917233807j:plain

 

11月に内定がない場合の必須対策や特徴について共有しました。

これらの内容を実践してもらえれば、高い確率で内定を獲得することができます。

 

ただ、万が一11月に内定が獲得できなかった場合は不安ですよね。

そこで本章では、そんな場合の対処法について解説しておきます。

 

結論から言うと、内定が出なくても選択肢は他にもあります。

卒業後は既卒として就職活動を再開できますし、就職留年というのも一つの方法です。

また、最近ではフリーランスとして働く人も増えています。

(個人的には新卒フリーランスはおすすめしませんが。。)

 

無い内定のまま卒業した場合の末路については、以下の記事にまとめています。

就職浪人やフリーター、フリーランスなど考えられる選択肢のメリットやデメリットまで詳しく解説しているので、ぜひ一度目を通してみてください。

 

 

就職以外にも選択肢はあるんですね!

そうなんだよ。企業への就職はその選択肢の一つに過ぎないんだ。この事実を知った上で、自分の将来を考えるべきだね。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

11月に内定がない場合に今後すべきことや内定が出ない人の特徴について、かなり理解が深まったんではないでしょうか。

 

11月となると、卒業も迫ってきており、確実に焦りが生まれますよね。

しかし、ここで焦りや不安に負けて就活をやめたり、妥協した企業に嫌々入社してしまえば、結局その後苦しむのは自分自身です。

 

残り数ヶ月、どうにか踏ん張って、ぜひこの記事の内容を実践してみてください。

そうすれば、きっとあなたに合う企業に出会えるはずですから!

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 11月に内定がない人は約10%程度である。
  • 11月は優秀な就活生が減り、企業も採用に焦っていることに加え、秋採用限定の採用枠もあることから、内定が出やすい時期でもある。
  • 11月に内定がない人は「①自分に合った内定を高確率で獲得できる企業の選考を受ける」「②効率的にエントリー数を増やす」「③大学キャリアセンターの求人をチェックする」「④これまで内定が出ていない原因を突き詰める」「⑤面接対策に最注力する」という5つの対策をすべき。
  • 11月に内定がない人の特徴として「①人気の大手企業ばかり受けている」「②志望業界や志望企業の幅が狭すぎる」「③自分自身の強みや特徴を上手くアピールできていない」「④就活の長期化による慣れが生じてる」「⑤選考に落ちた原因の分析や改善をしていない」などが挙げられる。

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/