MENU

【最重要】"倍率の高い難関企業の内定"を獲得するために僕が取った行動を共有!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:shukatu-man:20210519165636p:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

人気の大企業からの内定を獲得したい!」と思う就活生は多いですよね。

就活における倍率の高さは「知名度」に依存していることが多く、知名度の高い大企業は倍率が10倍は当たり前、100倍...中には1000倍以上の企業も存在します。

 

じゃあ倍率の高い大企業からの内定を獲得することはできないのか?

そんなことはありません。

 

実際に僕は、愛知にある偏差値50の中堅大学から超大手食品企業に入社しました。

学歴もコネも、その企業のインターン参加経験も何もありません。

 

それにも関わらず食品メーカーだけでなく、日本トップのコンビニやトヨタ系人気企業からの内定も獲得することができました。

 

なぜそれだけの内定を獲得できたのか? 

理由は様々なので一概には言えないでしょうが、1つだけ断言できることがあります。

それは「他の就活生よりも評価されるための差別化を意識した」ということです。

 

倍率が100倍ということは、100人に1人しか受からないということ。

要するに「100人に1人になるための差別化」が必要なんですよね。

 

f:id:shukatu-man:20210519141347p:plain

 

この記事では、僕が就活生の時に実行したそんな差別化を共有していきます。

「これをすれば確実に倍率の高い難関企業から内定を獲得できる」という裏技ではないですが、これをすれば他の就活生よりも評価されることは間違いありません。

 

難関企業に対してだけでなく、全ての企業に刺さるような差別化戦略なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

倍率の高い企業を受ける時は"心の余裕"が必須

f:id:shukatu-man:20210519165614j:plain

 

僕は知名度の高い大企業も多く受けていました。

やはり有名企業は、給料が高い・福利厚生が充実している・社会的信用が得られるなどメリットも豊富ですからね。

 

そんな僕が最初にやったことは"自分に合う中堅企業からの内定獲得"です。

 

「あれ?大企業からの内定は?」と思った人も多いと思います。

しかし、いきなり大企業からの内定を追い求めるよりも、まずは自分に合う中堅企業からの内定を獲得することで"心の余裕"を作ることが先決だと考えました。

 

f:id:shukatu-man:20210519142814p:plain

 

恋愛でもこれと同じことが言えますw

1人の人だけを追い求めていると、その人からのLINEの返信が気になって仕方なくなったり、必死になりすぎたりと逆効果。

 

しかし、何人も気になる人がいると1人から振られてもダメージが少ない。

(ちょっと例えが悪くてごめんなさいw)

 

そしてこう話すと、多くの就活生が次のように考えます。

「じゃあ適当にスベリ止めの中堅企業を受ければ良いのか?」

 

ここが間違っていて、あくまで"自分に合う"中堅企業である必要があります。

内定を獲得したところで、自分に合わない企業だと実績も残しにくいし、何よりも入社してからのストレスが半端ないんですよ。

 

僕は単純作業が大嫌いです。

よっていくら内定を獲得しても、工場での単純作業がメインの職種には就けません。

あくまで自分に合うような仕事内容・社員さんの性格を追い求める必要があります。 

f:id:shukatu-man:20210519143310p:plain

 

自分に合う中堅企業を探す方法

 

では具体的にどうやって自分に合う中堅企業を探せば良いのか?

僕がとっていた方法で、最も効率的なのが「中小規模の合同説明会」と「逆求人サイト」でした。

 

中小規模の合同説明会は内定を獲得しやすい

まず第一におすすめなのが「中小規模の合同説明会」です。

中小規模の合同説明会とは、参加する就活生の人数が100人以下のような規模の合同説明会。

 

1開催あたりの参加学生数が少ないので、競争率が低い。

更には参加する企業の採用意欲が非常に高いので、内定を獲得しやすいんですよね。

 

中小規模の合同説明化としては、「大学が主催する学内合同説明会」や「民間企業が主催する合同説明会」があります。

中でも最もおすすめが「ミーツカンパニー」ですね。

 

全国で開催しており、かつ最多の開催頻度を誇ります。

またオンラインでの実施もあるので、気軽に参加できるのも大きなメリットです。

 

f:id:shukatu-man:20210519144720p:plain

 

実際に、僕が就活生時代にこのミーツカンパニーに2度参加して、それ経由で2社からの内定を獲得することができました。

 

また参加企業は中堅だけでなく、成長中の大手も含まれています。

こうした大手どころからの内定獲得は心の余裕に直結する。

 

f:id:shukatu-man:20210604170059p:plain

 

ミーツカンパニーは全国で開催しているだけでなく、現在オンラインでの開催が主流。

コロナ禍における内定獲得の手段として最強だと僕は思います!

f:id:shukatu-man:20210604170053p:plainミーツカンパニー公式サイト:

https://www.meetscompany.jp/

 

逆求人サイトは現状最効率

まず逆求人サイトは、プロフィールを登録しておくことで、企業側からスカウトが届く求人サイトです。

要するに"企業側が自分に合うかどうかを判断してくれる"わけですよ。

更にはスカウトを待つだけなので、手間もかかりません。

 

現状、最も効率的に自分に合った中堅企業と繋がる手段だと僕は考えています。

利用企業も大手は8000社以上と多く、更には東証一部上場企業からもスカウトが届きます。

 

f:id:shukatu-man:20210519143504p:plain

 

ちなみに利用すべき逆求人サイトは、就活生向けの大手サイトですね。

特に次の3つはすべて登録しておいて、1つでも多くのスカウトを受信しましょう。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト3選|すべて完全無料】

※これら大手3サイトをすべてプロフィールを登録しておくことで、自動的に企業が自分のことを認知してくれて、勝手にスカウトが届く仕組みは現状最効率かと。

 

Offerbox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

dodaキャンパス

ー利用企業数が6300社以上のこちらも大手逆求人サイト

ー21卒以降の学生が35万人も登録するほどの支持の高さ

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ー サイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

たしかに心の余裕がない状態で、難関企業を受けていると「また落ちた...どうしよう」と不安になりまくりそう。

確実になるよ。どれだけ差別化しても、やっぱり難関企業は落ちやすいから、落ちても余裕を持っていられる"仕組み"を作っておくことが重要なんだよ。

難関企業から評価されるための具体的な差別化を共有

f:id:shukatu-man:20210519165610j:plain

 

それでは、自分に合った中堅企業からの内定獲得の重要性を把握したところで。

この章では、僕が就活生の時に取った具体的な差別化を共有します。

 

この施策について、以前ツイッターで共有しました。

(こうした重要施策はツイッターでいち早く発信することがあるので、ぜひフォローしてみてくださいね!)

 

 

これら施策の中でも、特に差別化に繋がる重要なことを1つずつ説明します。

誰でも実行できることなので、ぜひ行動に移してください!

 

差別化① ESの提出依頼がきた日に即日で速達にて送付

 

まず難関企業は、大量にエントリーシートが届くことをイメージしてください。

それに対して、対応する人事は数人です。

 

そこで僕は、エントリーシートの提出依頼が届いたその日に、速達でエントリーシートを提出するようにしていました。

「最終的に提出する必要があるなら、いかに印象に残るように提出できるか?」と考えた結果、誰よりも圧倒的に早く届いたら印象に残るだろうと考えたんですよね。

 

ちなみに速達で送る場合、追加で100円ほどかかります。

しかし、100円で差別化を買えるならめちゃくちゃ安いですよね。

 

この差別化は本当に有効でした。

僕が入社した食品メーカーの人事の方に、最終面接前にこう言われたんですよ。

 

「藤井くんのエントリーシート、圧倒的に早く届いて本当にびっくりしたよ。それなのに書かれていた内容が濃いしさ、、、すごいね!」

 

心の中でめちゃくちゃガッツポーズしましたw

おそらくその人事の方は、他の人事にも同じように僕のエントリーシートが届いた経緯を話したでしょう。

 

どうすれば相手からの印象を良くできるか?

それを考え、できる努力は徹底的にやってみる。

(補足ですが、早く送ることが目的になって内容が浅いのは論外です。早さと質の両方を担保することを徹底してください!)

 

「提出依頼がきたその日にエントリーシートを書ききって、速達で送るなんて面倒くさい」と思ったでしょう?

他の就活生も同じように思っています。

だからする人は少ない。だから差別化を実現することができるんです。

 

(努力なく、「これをやれば必ず◯◯になりますよ」っていうノウハウは、就活に限らず何事もだいたい詐欺なので気をつけてくださいw)

 

差別化② 実際に通過したエントリーシートを研究する

 

続いて、難関企業からの内定を獲得するためには、とにかくエントリーシート(ES)の通過率を高める必要があります。

人気企業は書類選考の段階で半分以上のESを不採用にします。

 

また基本的に面接はESを見ながら行われるので、ESの質を高めることは最重要事項の1つだと断言することができます。

(面接前に、面接官はESをチラ見してから面接が行われるので、そこでの評価が高いと面接の評価も得やすいんですよ!)

 

ESの質を高める方法として、まずは通過者のESを参考にしましょう。

就活ノート」というサービスを無料登録して利用すると、実際に通過した人のエントリーシートをネット上で無料で見ることができます。

 

f:id:shukatu-man:20210519164013p:plain

 

面接官の立場に立ちつつ、これを見ながら「このエントリーシートの良いところはどこか?」「読みにくい表現や構成があるか?」など、良い点・悪い点を考えることで、自分のESの質の向上に活かしましょう!

 

他にもエントリーシートの質を高めるために施策を別記事で共有しています。

ぜひこの記事と合わせて参考にしてください。

 

\ESの質を高めるために僕がしていた施策を共有しました!/

20210121113948

 

差別化③ 自由記入欄で写真以外の個性を出す

 

続いて、僕が差別化のために実行したのが、エントリーシートの自由記入欄への工夫です。

かなり多くの企業で、エントリーシートの中に「自由記入欄」が設けられており、ほとんどの人がそこに写真を掲載します。

 

差別化とは、他の人がしない行動をすることなので、当然写真は貼りません。

そこで僕がやったのが「切り絵」でした。

 

こちらは実際に僕が貼った切り絵ですが、他の就活生が写真ばかり貼っている中で、切り絵があったらめちゃくちゃ目立つ。印象に残る。

また「わざわざ切り絵を貼ってアピールするほどに志望度が高い子なんだな」とも思われるわけです。

 

f:id:shukatu-man:20210519150927p:plain

 

切り絵に限らず、差別化のために他の就活生がしないことをやってみましょう。

こういった挑戦をして評価されなかったとしても、僕は「そういう工夫を評価しない会社なんだな、不採用になってよかった」と思っていましたし。

 

差別化④ 逆質問でアイデア披露

 

続いて、僕が入社した食品メーカーに対して実行した差別化を共有します。

それが「アイデア披露」です。

 

その企業に対して、「僕ならこんな施策をします!」というアイデアを面接で披露してしまうんですよね。

実際に行ったのが以下のツイートの施策です。

 

 

この施策の有効性をデータから見ていきましょう。

以下は経団連が発表した、企業が学生に求める能力についてです。

 

▼企業が新卒に求める能力ランキング

f:id:SEtaro:20210108221312p:plain

画像引用:経団連「高等教育に関するアンケート結果

 

トップが主体性と実行力だと分かります。

要するに多くの企業は新卒に対して「自分の意思でどんどん行動できるような人が欲しいな」って思っているわけです。

 

そしてこういう人は、就活において複数の内定を獲得する傾向にある。

自分の長所が真面目さであろうが、行動力もあるに越したことはありません。

だからこの施策は全員におすすめの施策だと言えるんですよ。

 

誰もが聞くような逆質問をして、何もなく面接が終わるよりも。

対難関企業に対しては、僕はこうした差別化によって爪痕を残すことが有効だと考えています。 

 

差別化⑤ 面接後に当日中に自分の言葉でお礼メール

 

次に難関企業に対して取った差別化は、面接後にすぐにお礼メールを送ること。

更にはそのメールも、テンプレでよくあるような固い文章ではなく、自分の言葉で書いた手紙のようなお礼メールです。

 

よく「面接後のお礼メールは送るべきですか?」と就活生から聞かれることがあります。

その時の回答として「あなたが面接官だったらお礼メールが来てどう思いますか?」と僕は質問するようにしています。

 

そもそも就活に絶対的な正解はありません。

マナーなど基本的なことは別として、これをするのが正解不正解ってないんですよね。

 

面接官によって、お礼メールを良しとする人もいれば、「忙しい時に鬱陶しいな」と思う人もいるでしょう。

ですが、僕はお礼メールを鬱陶しいと思うような人事の元で働きたくないので、そう思われたら不採用になって構わないと考えていました。

 

お礼メールを送ることで、自分がいかにその企業に入社したいのか、志望度の高さを徹底的に伝えること。

具体的には以下のようなお礼メールを送っていました。

コピペではなく、あくまで参考にしつつ、自分の言葉でお礼メールを作成してみてくださいね。

 

【お礼メールの例文】

 

[件名]◯月◯日の面接の御礼 ◯◯◯◯(氏名)

 

株式会社◯◯

採用ご担当者様

 

お世話になっております。

本日面接をして頂きました、◯◯大学の【氏名】と申します。

本日はお忙しい中、面接の機会を頂きありがとうございました。

 

連日の面接でお疲れだと思いますが、

そんな中でも私の言葉に丁寧に耳を傾けて頂けたこと、本当に嬉しかったです。

余談ですが、先日「蒸気でホッとアイマスク」を使って寝たらぐっすりと眠ることができたので、ぜひ使ってみてください!!

 

貴社は私が大学1年生の頃に、ホームページを通して知りました。

それから事業内容に興味が湧き、御社に入社することが私の夢に。

 

だからこそ緊張したとともに、面接の機会を頂けたことが幸せでした。

うまく私のことをお伝えできたか不安でたまりませんが、

貴社に入社したいという思いは誰にも負けません。

 

改めまして、本日は面接の機会を頂きありがとうございました

貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

 

---------------------

大学名・学部名・学科名

氏名

メールアドレス

電話番号

 

より詳しいお礼メールの書き方については「【新卒向け】面接後に送るべき「お礼メール」の書き方」にてまとめています。

お礼メールを送りたいと考えた人は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

こうして差別化の具体的な施策を見ると、そんな行動を取ることを1ミリも考えていなかったので考えるきっかけになりました。

ほとんどの就活生が"これをすべき"という基本的なテンプレに従って行動している。だからこそ、少しでも違う行動を主体的に取ることで差別化することができるんだよ。 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

難関企業からの内定を獲得するためには、僕のように学歴も実績もない場合は「差別化」を意識するしかありません。

 

実際に、僕が入社した食品メーカーの同期は「学歴と実績が高い組」と「学歴や実績はないけど行動力や個性がある組」に分かれていたんですよね。

 

学歴に自信がある人は、こうした差別化をすることで更に評価されます。

また学歴に自信がない人も、しっかり自分に合った企業からの内定を確保しつつ、難関企業の内定者に食い込むことも現実的に可能です。

 

この記事を通して、少しでも多くの就活生が、就活を楽しみ、自身の行動力を高めるきっかけになれば嬉しい限りです。

最後に、その他の就活攻略論の重要記事をまとめて共有しておきますね。

どれも難関企業からの内定獲得に役立つので、ぜひ読み込んでみてください。

 

【難関企業からの内定獲得に役立つ記事まとめ】

 

就活を効率化するためにおすすめな就活サイトまとめ

就活サイトおすすめランキング【1位〜32位】|全100サイト以上から厳選!

 

就活の基盤となる「自己分析」のやり方について

マンガで分かる自己分析のやり方【8ステップで完了する方法】

 

評価される志望動機の書き方について

志望動機の書き方を新卒に解説【就活ブロガーが丁寧に語る!】

 

ホワイト企業からの内定を獲得するための施策について

【就活生向け】ホワイト企業に入社するための具体的な方法!

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた800の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/