就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【5月に内定がないのはやばい?】4つの原因から即効性のある3つの対策まで徹底解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【就活マンおすすめの逆求人サイト】

※完全無料で利用できるサイトです!

 

キミスカ|就活生向けの大手逆求人サイト

ースカウトが届いた企業からの内定獲得率が高い!

 

オファーボックス|就活生の3人に1人が利用!

ー利用企業数8000社以上の大手サイト!

 

 

【現状最もおすすめの就活エージェント】

 

ミーツカンパニー就活サポート
ー完全無料かつオンライン面談にも対応してる!
ー2000社という圧倒的な求人数で「就活マンが考える就活エージェントランキング」で1位!
ー就活後半になると東証一部の内定辞退枠とかも紹介してもらえるのが実はエージェントの最大メリットだったりする。

 

「逆求人サイト+エージェント」が自分に合った企業のエントリー数を増やしつつ、内定までのサポートも受けられるので現状最適かと!

 

(どちらも完全無料。合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

f:id:syukatsu_man:20210516153919j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

「5月なのにまだ内定をもらえていない…」「このまま1つも内定がもらえなかったどうしよう…」などと不安を感じていませんか?

就活解禁の3月から2ヵ月以上が経過し、1つも内定を獲得できていないと誰しも不安や焦りを感じますよね。

 

ただ、5月時点で内定をもらえていないことは、壊滅的にヤバいことではありません

約半数の就活生は5月時点で内定を獲得していませんし、落ち着いて対策をすれば5月以降でも問題なく内定を獲得できますよ。

 

今回は5月時点における就活生の動向や、5月に内定がない学生にありがちな4つの原因を紹介します。

合わせて、5月以降に内定を獲得するためにすべき即効性のある対策事項を共有していくので、ぜひ参考にしてください。

 

5月だと周りも内定が出始めるので、どうしても焦りますよね。

その気持ちは良くわかるよ。ただ、実際の全体の状況や原因がわかればその不安もなくなるはず。最後には必須対策も共有するから、これからどう行動すべきかが理解できるはずだよ!

そもそも5月に内定がないのは危機的な状況なのか?

f:id:syukatsu_man:20210516152235j:plain

 

周囲の就活生が内定を獲得しているなか、自分だけ選考に通過できていないと焦りを感じると思います。

しかし、そもそも5月に内定がないのは危機的な状況なのでしょうか?

 

大多数の就活生が5月時点で内定を獲得していないとしたら、きっと少しは気持ちが楽になりますよね。

そこで最初の章では、5月時点における就活の一般論を共有します。

 

5月時点での内定率、就活全体における5月の位置づけについて解説するので、まずは自分が置かれた現状を把握することから始めましょう。

 

【5月時点における就活の一般論】

  • 5月1日時点での内定率
  • 就活における5月の位置づけ

 

5月1日時点での内定率

 

まずは、5月1日時点における就活生全体の内定率を確認しましょう。

以下は、リクルートキャリアが公表している月別の就職内定率のデータです。

 

f:id:aoi_writer:20210511094328j:plain

引用:リクルートキャリア「就職プロセス調査 (2021年卒)「2020年5月1日時点 内定状況」

 

5月1日時点で内定を獲得している21卒の就活生は、45.7%。

5月1日時点で内定を獲得している20卒の就活生は、51,4%となっています。

 

つまり就活生全体の約半数は、5月1日時点で内定を獲得していません

5月時点で内定がないのは珍しいことではなく、決して危機的な状況ではないわけです。

 

5月に内定がないと焦るとは思いますが、過度に心配する必要はありません。

不安を感じるときこそ視野を広げ、愚直に対策をおこなって内定獲得を目指しましょう。

 

就活における5月の位置づけ

 

5月時点での内定率を把握したところで、続いては就活全体における5月の位置づけも確認しておきましょうか。

就活において5月がどんな時期か理解しておくと、今何をすべきかが明確になります

 

就活における5月の位置づけは、以下のとおりです。

 

【就活における5月の位置づけ】

  • エントリーの締め切りが始まる
  • 書類選考の結果が出る
  • 選考がおこなわれる

 

5月は、エントリーの締め切りが徐々に始まります。

気になる企業へのエントリーができていない人は、まずはエントリーをしましょう。

 

また5月は、3月〜4月に提出したエントリシートの結果が出揃う時期です。

グループディスカッションや採用面接が集中的におこなわれる時期でもありますね。

 

まずはエントリーを優先的にしつつ、書類選考に通過した企業に対する選考対策を進めるべき時期だといえるでしょう。

 

約半数の就活生は5月時点で内定を獲得していないのですね…!少し気持ちが楽になりました。

そうなんだ。5月に内定がないのは珍しいことではないよ。現状を把握して、内定獲得に向けて少しずつ行動を起こしていこう。

5月に内定がない就活生にありがちな4つの原因とは

f:id:syukatsu_man:20210418171307j:plain

 

5月時点における就活の一般論を共有しました。

5月に内定がないのは、決して自分だけではないことがわかったと思います。

 

次に本章では、5月に内定がない就活生にありがちな原因について見ていきましょう。

4つの原因を紹介するので、自分に当てはまる内容があれば1つずつ改善していってくださいね。

 

【5月に内定がない就活生にありがちな原因】

  • 難易度が高い企業ばかりを受けている
  • 自分に合わない企業を志望している
  • 自己PRや志望動機の完成度が低い
  • 就活マナーを知らない

 

原因① 難易度が高い企業ばかりを受けている

 

5月に内定がない原因としてもっとも多いのが、難易度の高い企業ばかり受けていること。

選考通過が難しい企業だけを受けていたら、内定が出にくいのは当然のことですよね。

 

倍率100倍のような企業を受けていたら、いくら対策をしても選考に通過できる確率は低くなります。

大企業や有名企業など、倍率の高い企業から内定を獲得するのは簡単ではありません。

 

就活生から人気が高い企業ばかりを受けている人は、まずは倍率が低い企業にもエントリーをしましょう。

 

原因② 自分に合わない企業を志望している

 

自分に合わない企業を志望していることで、内定を獲得できない就活生もいます。

これは、自己分析が不足しているケースですね。

 

たとえば、コミュニケーションが苦手な人が、営業をメインにおこなう会社に応募してもなかなか受かりません。

企業側が求める人物像とマッチしていないと、選考には通過できないわけです。

 

企業が求める能力を把握した上で選考に臨めていない人は、現在受けている企業と自分の相性がよいか改めて考えるとよいでしょう。

 

原因③ 自己PRや志望動機の完成度が低い

 

選考対策が不十分ゆえに、5月に内定を獲得できていない人もいますね。

倍率の低い自分に合った企業を受けていても、自己PRや志望動機の質が低いようでは選考に通過できません

 

ちなみにあなたは、ありきたりな内容になっていたり、複数の企業で似たような内容を使い回したりしていませんか?

面倒ではありますが、企業ごとに自己PRや志望動機を最適化したほうが、選考に通過する確率は高くなります。

 

自己PRや志望動機の質に改善の余地がありそうな人は、じっくりと時間をかけて再考してみてくださいね。

 

 

原因④ 就活マナーを知らない

 

就活マナーを守れていないことで、選考に通過できていない可能性も考えられます。

就活のマナーを守れている自信がない人は、基礎的なマナーを改めて確認しておきましょう。

 

【押さえておくべき就活の基礎マナー】

  • 就活における服装やメイク
  • 企業とのメール・電話の仕方
  • 面接時の適切な所作

 

髪型や服装など、身だしなみを整えることも重要な就活マナーの1つです。

自分の能力と関係がない部分で評価を下げないためにも、基礎的な就活マナーは必ず守りましょう。

 

内定が難しい企業ばかり受けていたら、選考には通過しにくいですよね。大企業ばかりを受けていたので、志望企業を見直してみます。

大企業志向ゆえに、内定が出ていない就活生は非常に多いよ。選考に進むのはいいことだけど、倍率の低い企業も同時に受けるようにしようね。

5月に内定がない就活生がすべき具体的な3つの行動

f:id:syukatsu_man:20210516152228j:plain

 

5月に内定がない就活生にありがちな4つの原因を共有しました。

自分にも心当たりがある原因が見つかった就活生は少なくないと思います。

 

ここからは、5月に内定がない就活生がすべき行動について解説します。

厳しい意見ではありますが「内定がない」と不安を感じていても、何かしら行動を起こさないと状況は改善しません

 

具体的な3つの行動を紹介するので、何から手をつければいいかわからない就活生はぜひ参考にしてくださいね!

 

【5月に内定がない就活生がすべき行動】

  • 過去の選考を振り返って問題点を整理する
  • エントリー数を増やす
  • 自己分析をやり直す

 

行動① 過去の選考を振り返って問題点を整理する

 

まず最初にすべきは、これまでの選考を振り返って状況を整理することです。

過去の選考を振り返ると、現在の自分に何が不足していて、これから何を対策すべきかが見えてきます

 

5月時点であれば、エントリーシートの作成や適性検査の受験、グループディスカッションなどを経験してきたはずです。

なかには、面接に進んだ経験がある就活生もいるでしょう。

 

選考に臨む過程では、通過したことも落選したこともあったと思います。

自分の何を評価されて選考に通過できたのか、反対に何が原因で落とされてしまったのかを考えてみてください。

5月に内定がない就活生こそ、過去の選考を振り返って問題点を整理することが大切です。

 

行動② エントリー数を増やす

 

5月に内定がない就活生がすべき行動2つ目は、エントリー数を増やすことです。

エントリー数を増やそうと企業を調べていると、これまでよりも視野が広がります。

視野を広げると、選択肢から排除していた魅力的な企業に出会えることもありますよ。

 

選考通過率が低い企業や、自分と相性の悪い企業ばかりにエントリーしている人は、それが原因で内定を獲得できていない可能性があります。

とくに上記に当てはまる人は、エントリー数を増やしましょう。

 

行動③ 自己分析をやり直す

 

「自分に合った企業を受けられているかわからない…」という就活生は、ぜひ自己分析をやり直してみてください。

内定を獲得できていないのは、自己分析が不足しており、相性の悪い企業ばかりを受けているからかもしれません

 

自己分析は、自己PRや志望動機の質を高めることにもつながります。

「書類選考は通過できるけど、いつも面接で落ちてしまう」という人も、再度自己分析をしてアピールの質を高めるとよいでしょう。

 

なお、自己分析のやり方は別記事にて徹底解説しています。

マンガを使ってどのサイトよりもわかりやすく解説した自信があるので、自己分析のやり方に不安がある就活生はぜひ参考にしてくださいね!

 

\自己分析のやり方をどこよりもわかりやすく解説!/

20210121114007

 

内定がない現状を嘆いていても状況は変わらないよ。まずは過去の選考を振り返って、問題点を洗い出すことから始めてみよう!

【必見】5月以降に内定を獲得するために即効性のある対策3選

f:id:syukatsu_man:20210516152232j:plain

 

5月に内定がない就活生がすべき具体的な行動を共有しました。

続いて本章では、5月以降に内定を獲得するために即効性のある対策事項を紹介します。

 

厳選した3つの対策を紹介するので、ぜひ前章の内容と合わせて実践してみてくださいね!

 

【5月以降に内定を獲得するために即効性のある対策】

  • 内定直結型の中小規模の合同企業説明会に参加する
  • 逆求人サイトに登録して企業との接点を増やす
  • 就活エージェントを利用して選考支援を受ける

 

対策① 内定直結型の中小規模の合同企業説明会に参加する

 

とくにおすすめなのは、中小規模の合同企業説明会に参加することです。

マイナビやリクナビなどが主催する合同説明会では、規模が大きすぎて内定につながるようなコネを作れません。

 

対して中小規模の合同説明会では、企業の採用担当者と込み入った話をしやすく、内定に直結するようなコネを作りやすいんですよね。

 

中小規模の合同説明会であればミーツカンパニーが圧倒的におすすめ

f:id:aoi_writer:20210509163735p:plain

 

中小規模の合同企業説明会で圧倒的におすすめなのは「就活イベントMeetsCompany」ですね。

僕がミーツカンパニーをおすすめしている理由は、以下のとおりです。

 

【就活マンがミーツカンパニーをおすすめする理由】

  • 就活マンが就活中に2度参加して2社からの内定を獲得している
  • 中小規模のイベントだと参加企業とのコネを作りやすい
  • 全国32箇所で開催しており、オンライン参加も可能である
  • 就活エージェントの連携もイベント参加後に検討できる

 

僕自信が就活生のときには、ミーツカンパニー経由で2社から内定を獲得できました。

特定の業界でトップシェアを誇るものの、知名度が低いようなお宝求人と多く出会えるイベントです。

 

合同企業説明会は全国各地で開催されているので、都市圏に住む学生しか利用できないわけでもありません。

 

f:id:aoi_writer:20210509164259j:plain

 

オンラインイベントもあるので、コロナ渦においても参加可能ですよ。

利用者満足度も90%と、参加者からの評価が非常に高いイベントです。

 

5月以降でも内定に直結するようなコネを作れるので、まだ利用したことがない就活生は一度は参加してみてくださいね!

 

【ミーツカンパニーの利用方法】

  • MeetsCompany公式サイト」から無料会員登録を行う。
  • 参加希望のイベントを選択する。
  • 当日イベントに参加する。

 

 

対策② 逆求人サイトに登録して企業との接点を増やす

 

中小規模の合同企業説明会の次におすすめなのは、逆求人サイトを使って企業との接点を増やすことです。

逆求人サイトとは、プロフィールを登録すると、企業側からスカウトが届くサイトのこと。

 

「スカウトが届いた=自分のことを評価している」と判断できるので、オファーが届いた企業の選考はスムーズに進むことが多いです。

1つでも内定を獲得すると気持ちに余裕が生まれるので、5月時点で内定がなくて焦りを感じている就活生にはとくにおすすめですよ。

 

具体的に活用すべき逆求人サイトは、以下の大手2サイトです。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト ※すべて完全無料】

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ーサイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

OfferBox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

各サイトで登録企業は異なりますが、2つのサイトを併用すればほとんどすべての企業を網羅できます。

2サイトとも無料なので、登録することにデメリットはありません

 

内定を獲得する可能性を少しでも高めたい人は、この機会にぜひ登録してみてくださいね!

 

対策③ 就活エージェントを利用して選考支援を受ける

 

3つ目の対策は、就活エージェントに登録して選考支援を受けることです。

就活エージェントとは、就活生に担当のキャリアアドバイザーが付いて、就活全般をサポートしてくれるサービスのこと。

 

具体的には、無料で次のようなサービスを提供してくれます。

 

【就活エージェントのサービス内容】

  • 就活相談
  • 自分に合った求人の紹介
  • 選考支援(ES添削や面接対策)
  • 企業との面接のセッティング
  • 面接後のフィードバック共有

 

キャリアアドバイザーは、就活市場に精通したプロです。

プロの目線で一人ひとりに合った企業を紹介してくれるので「自分と相性のよい企業がわからない」という就活生も問題を解決できますよ。

 

書類の添削や面接対策などもしてくれるので、選考にうまく通過できない就活生も自信を持って採用試験に臨めるはずです。

自分に合わないと思ったらすぐに利用をやめても問題ないので、まずは気軽に登録してみることをおすすめします!

 

 

就活を有利に進められるサービスはこんなにもあるのですね…!まずはミーツカンパニーでイベント情報を確認してみます!

逆求人サイトや就活エージェントも本当におすすめだよ。有益な就活サイトはたくさんあるから、最大限活用して内定を勝ち取ろう!

5月に内定がない就活生に伝えておきたい3つの注意点

f:id:syukatsu_man:20210516152225j:plain

 

5月以降に内定を獲得するためにすべき対策事項を共有しました。

即効性のある対策ばかりなので、就活エージェントなどを初めて知った人にはまさに目からウロコな情報だったと思います。

 

では最後の章では、5月に内定がない就活生に伝えておきたい注意点を3つ共有します。

これらの注意点を押さえていないと悪循環に陥りかねないので、対策事項に加えてぜひ理解しておいてください!

 

【5月に内定がない就活生に伝えておきたい注意点】

  • ほかの就活生を意識しすぎない
  • 自分ひとりで悩みを抱えない
  • たまにはリフレッシュする

 

注意点① ほかの就活生を意識しすぎない

 

ほかの就活生の状況を意識しても、何もいいことはありません。

むしろ劣等感を覚えたり、焦りを感じてしまったりするだけです。

 

就活を進めていると、友人・知人が内定を獲得した話などが耳に入ることもあると思います。

ですが、他人の就活事情は自分の選考には何の関係もありません。

 

焦るとほかの就活生を意識しがちですが、前向きに就活を進めるためにも周囲のことは気にしすぎないようにしましょう。

 

注意点② 自分ひとりで悩みを抱えない

 

就活がうまくいかないと、視野が狭くなりがちです。

そんな状態のときに悩みをひとりで抱えていると、さらに視野が狭くなってしまいます。

 

視野が狭くなると、物事をネガティブに考えてしまいますし、自分の問題点にもなかなか気がつけません

就活がうまくいってないときこそ、家族や友人など信頼できる第三者に悩みを相談しましょう。

 

とくに普段から悩みをひとりで抱えがちな人は、意識的に相談する時間を設けることをおすすめします。

 

注意点③ たまにはリフレッシュする

 

内定がないからといって無理を続けていると、心身ともに疲弊してしまいます

余裕がない状態で選考に臨むと、自分の力を100%発揮できません。

 

焦ると無理をしがちですが、そんなときこそ休息することが大切です。

適度にリフレッシュする時間を設けて、万全の状態で選考に臨みましょう。

 

5月時点で内定がないからといって、視野が狭くなっていました…。誰かに相談したり適度にリフレッシュしたりして、自分のペースで就活を進めます!

焦って就活を進めてもいいことはないよ!5月に内定がなくても大丈夫だから、落ち着いて対策を進めていこう。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

「5月なのに内定がない」と焦る就活生に向けて、現在置かれた状況やこれからの動き方などについて網羅的に解説してきました。

 

5月は周囲の就活生が内定を獲得し始める時期なので、うまく選考に通過できていないと不安や焦りを感じると思います。

しかし5月時点で内定がないのは、決して珍しいことではありません

 

まずは過去の選考を振り返って、自身の就活における問題点を整理しましょう。

その上でミーツカンパニーや逆求人サイトを活用すれば、5月以降であっても内定を獲得できるはずです。

 

視野を広げて自分のペースで選考対策を進め、ぜひ志望する企業からの内定を勝ち取ってくださいね。

それでは、最後に本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか!

 

【本記事の要点】

  • 5月1日時点では、約半数の就活生が内定を獲得していない。
  • 5月に内定がない就活生は、まずは何が原因で内定を獲得できていないか把握すべきである。
  • 5月以降に内定を獲得したいなら、ミーツカンパニーや逆求人サイトを最大限活用すべきである。
  • 5月に内定がなくても焦りすぎず、視野を広げて選考対策をすることが大切である。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた800の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/