就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【秋採用おすすめスケジュール】複数内定者が推奨する動き方!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200530164657p:plain

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は8月〜12月の時期の就活、つまり「秋採用」について解説します。

このあたりになると就活後半と呼ばれ、実際にどんなスケジュール感で動いていけば良いのか困ると思います。

 

僕が就活生の時は、秋採用の時期まで就活を続けていました。

そこで僕の実体験に基づく「秋採用でのおすすめの動き方・秋採用のスケジュール感」を紹介します。

 

秋採用の時期になると、就活生は焦ります。

しかし一方で、企業側も「早く新卒を確保したい」と焦るんですよ。

 

だから内定が出やすく、チャンスの時期とも言える。

ぜひ一緒に攻略していきましょう!

 

f:id:shukatu-man:20200610084730p:plain

そもそも「秋採用」とは?

f:id:shukatu-man:20200531112822p:plain

 

冒頭でも説明しましたが、秋採用とは「8月〜12月の時期の就活」を指します。

 

通常の就活スケジュールだと、6月から内定が出始めます。

よって志望度の高い企業から6月、7月あたりに内定をもらえた人はその時期に就活を終えます。

 

だからこそ、8月、9月まで就活を続けている状況はとにかく焦る。

でも安心してください。

 

人生は長いし、「就活を早く終えた人がすごい」って固定観念は間違っています。

 

それよりも今後の社会人生活の方が圧倒的に長いし重要。

よって最後の最後まで就活を続けて、「どの企業が一番自分に合うのだろう?」と考え抜くことは素晴らしいことだと僕は思います。

 

(だからこそ、そんな後半まで努力する就活生を応援したいと思って「秋採用」に関する記事を多数書いているんですよね。)

 

f:id:shukatu-man:20200530165330p:plain

 

秋採用のおすすめスケジュールは?

 

まず最初に言っておくと、秋採用に明確なスケジュールは存在しません。

 

一般的な就活スケジュールだと「3月に就活本格解禁、6月から内定を出せる」なので、8月以降の秋採用には特に決まったスケジュールが存在しないんですよね。

 

じゃあどのようなスケジュールを組めば良いのか?

これに関しては完全に個人によります。

 

そこで僕の秋採用のスケジュールを共有しますね。

わかりやすいように、僕がおすすめの秋採用スケジュールを図解しました。

 

f:id:shukatu-man:20200531105904p:plain

 

①8月中に逆求人型サイトのプロフィールを充実させる

 

まず秋採用に必須なのが「逆求人型サイト」です。

これは企業側が就活生のプロフィールを見て、スカウトを送るタイプのサイト。

 

f:id:shukatu-man:20200526113152p:plain

 

秋採用の難しいところは、「秋採用まで採用活動を続けている企業を見つけること」なので、逆求人型サイトは勝手にそれが知れるので便利です。

(スカウトが届けば、その企業はまだ新卒採用中だと分かるから)

 

また秋採用中は、内定がないとどうしても不安になりやすい。

そこで自分との適性が高い企業との接点を持ち、効率的に内定を獲得できる逆求人型サイトは有用なんですよね。

 

以上のことから逆求人型サイトを秋採用で利用するメリットは以下です。

 

逆求人型サイトを秋採用中に利用するメリット

・秋採用の時期でも新卒採用を続けている企業を“自動的に”知れる。

・自分と適性が高いと判断してくれた企業と接点を持つことで効率的に内定を獲得できる。

 

プロフィールにまだ就活を続けている理由を記載すべし

また逆求人型サイトを既に利用している場合も、もう一度プロフィールにこだわりましょう。

ポイントとしては自己PRの欄に「なぜ秋採用の時期まで就活を続けているのか」を記載することですね。

 

そうすることで、企業側は安心してスカウトを送ることができます。

もう就活を終了している就活生にスカウトを送るのは無駄になるからです。

 

(細かいですが、こうした工夫ができる就活生は他と差別化されて評価されやすいですよ!)

 

利用すべきはオファーボックスとキミスカ

逆求人型サイトとして利用すべきは、この就活攻略論ではおなじみの「オファーボックス」と「キミスカ」です。

どちらも新卒採用に特化した逆求人型サイト。

2大巨頭なので、どちらも登録しておきましょう。

 

特にオファーボックスは、東証一部上場が500社。

合計6000社以上の企業が利用している化け物サイトなので、活用しましょう。

 

▼オファーボックスの利用企業

f:id:shukatu-man:20200521012808p:plain

 

なるほど!逆求人型サイトを利用すれば、秋採用中でも新卒採用を続けている企業との接点を獲得できるってことですね!

そのとおり!秋採用ではとにかく効率的に就活を進めれるようにすべき。なんて言ったって時間の経過とともに焦るからね。

 

②できれば8〜9月中に気になる企業へのエントリーを終える

 

逆求人型サイトも活用しつつ、8月9月の時点でエントリーを終えるのが理想です。

 

さすがに10月、11月となると入社を迎える4月まであと少し。

そうなるとかなり焦る。

 

具体的に秋採用での企業の探し方は、逆求人型サイト以外だと以下です。

 

【秋採用を実施している企業の探し方一覧】

  1. 就活エージェントに紹介してもらう
  2. 秋採用中に開催されている合説に参加する
  3. 求人サイトで検索する
  4. 直接企業のホームページから問い合わせる

 

秋採用では就活エージェントが非常に役立つ

僕は2年前から秋採用で就活エージェントの利用をおすすめしています。

(関東への就職希望者に限定されてきますが!)

 

就活エージェントとは、面談を元にして自分に合った求人を紹介してくれる無料サービスです。

秋採用の時期になると企業側も採用を焦っています。

よって紹介してもらった企業の内定が非常に取りやすいんですよね。

 

僕がおすすめの就活エージェントに関しては、別記事でランキング形式で紹介しています。

関東への就職希望者は、秋採用にて確実に利用すべきサービスの1つです。

 

 

加えて、秋採用での企業の探し方の詳細を別記事でまとめました。

秋採用を実施している50社の例を出しつつ、解説しているのでそちらも参考にして、エントリーする企業を探していきましょう。

 

 

③8〜10月中に面接を終えるようにする

 

8月、9月にエントリーを完了すれば、書類が通過すればすぐに面接が始まります。

 

企業側も採用に焦っているので、3月〜6月とは比べ物にならないスピード感で選考が進んでいくんですよね。

 

よって10月までに面接を終えて、内定を複数獲得している状態を作れるのが理想。

8〜10月はエントリーして、書類送って、面接してと本当に忙しいですが、ここは耐えましょう。

サボると後で後悔することになります。

 

④内定を獲得した企業を精査する

 

「内定を獲得できたーーー!!終了ーーーーー!!!」

という気持ちになるのは分かりますが、ここでグッと耐えてください。

 

就活で重要なことは、自分に合った企業に入社することです。

 

東大生が仮に100社の内定を獲得しても、入社できるのは1社のみ。

そしてそこに入社したら全然イメージと違って鬱になったらどうでしょう?

 

それは就活が成功だったと言えないですよね。

 

「100社からの内定」だけ見ると、めちゃくちゃすごいし、成功っぽい。

でも就活の成功は、10年後に自分が幸せかどうかだと僕は考えています。

 

よって、「内定を獲得した企業の精査」という作業を必ず挟んでください。

 

内定を獲得した企業を精査する方法

内定を獲得した企業を精査する方法は以下の2つです。

・現場の社員さんに話を聞く

・複数の口コミサイトを見る

 

内定を獲得したら、自分が配属されるだろう職種の社員さんに話を聞く機会をもらいましょう。

人事に対して「入社後のイメージをより深めたいので、現場の社員さんと話をさせて頂きたいです」と直接頼んでください。

 

大手企業だと難しいかもしれませんが、1度頼んでみる価値があります。

人事は新卒を採用することが目標なので、会社のリアルを語ることを避けます。

 

現場の社員に話を聞くことで、自分に合っているか深く理解することができますよ。

 

次に社員さんと話せない大手の場合、口コミサイトを見るようにしましょう。

口コミサイトは、現役の社員さんや元社員による内部情報が書かれています。

 

カイシャの評判というサイトは会員登録なしで利用できます。

カイシャの評判での口コミの調べ方まとめ」という記事も書いたので、それを参考にしながら口コミを調べてください。

 

就活生がもつ企業イメージはマジで間違ってますw

間違った企業イメージを持ったまま入社することを決めると、入社後のミスマッチに繋がりかねない。

 

この「内定を獲得した企業の精査」という作業は必ず設けてくださいね。

 

+気になる企業があれば都度選考を進める

 

ここで紹介した秋採用スケジュールは理想形です。

 

もちろんこの通りにいかない場合も多いので、秋採用中は常に「自分に合いそうな企業」を探し続けましょう。

そして気になる企業があれば、その都度エントリーして選考を進めましょう。

 

結局の所、就活はどれだけ内定を獲得しようが入社できるのは1社。

その1社に徹底的にこだわること。それが重要だと僕は思います。

 

これを1つのスケジュール目安として就活してみます!

これが正解ではないけど、大事なことは「戦略的に就活を進めること」だから自分なりのスケジュールは用意して進めようね! 

秋採用で評価されるためのポイント

 

ここまで秋採用でのスケジュール感を紹介しました。

 

こうしてスケジュールを立てて行動することで、「今日は何しようかな」と場当たり的な行動をせずに効率的に進められるようになります。

 

よってスケジュールを立てることは非常に重要です。

しかし、それ以上に重要なことは「評価される就活生になること」ですよね。

 

どれだけ多くの企業にエントリーしても評価されないと内定は取れない。

つまり評価されるためのポイントを押さえる必要があります。

 

秋採用で評価されるポイントを別記事でまとめました。

僕が考える「秋採用で評価されるための戦略」を詰め込んでいるので、ぜひ合わせて参考にしてくださいね!!

 

 

今回のまとめ 〜秋採用に取り組む就活生へ〜

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

秋採用は就活後半なので、不安が大きいと思います。

 

周りの大学生は卒業旅行に出かけたりして、インスタをアンインストールしたくなるw

 

でもこれからの人生は本当に長いし、「学生のうちしか遊べない」とか言っている人は気に入らない仕事に就いてしまっている自分への言い訳をしているだけです。

 

これからの人生、いくらでも遊べる時間はあります。

だからこそ、ファーストキャリアを考える就活という貴重な時間 を大事にしましょう。

 

僕は高校時代、勉強ばかりさせられる環境でした。

全く勉強していない私立にいった知り合いの方が楽しそうにしている。

 

めちゃくちゃに理不尽さを感じましたね。

 

でも今になってどうでしょうか?

僕の方が人生をめちゃくちゃ楽しんでいる。

 

そこで感じたのは、「どこかで努力しないと後で苦労する」ってことです。

 

秋採用を頑張るあなたを僕は全力で応援します。

周りなんてどうでも良い。気にすんな!!頑張ってください。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。