就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【保存版】就活で秋採用は厳しいのか?|秋採用で内定を獲得するコツ

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活での秋採用は厳しいのかが知りたい

・秋採用で内定を獲得するコツが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!ノイズキャンセリングイヤホンを愛用しています(最高だよ)でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190712135741p:plain

秋採用まで就活を続けようと考えているのですが、秋採用は厳しいですか?

結論から言うと厳しくないよ!じゃあ今回は秋採用について詳しく解説していこうか!

 

秋採用まで就活を続けようと考えている就活生から、よく「秋採用で内定を獲得するのは厳しいですか?」と質問されることがあります。

 

結論として僕は「秋採用こそ厳しいのではなく、やりやすい」と考えています。

先日このようにツイートしました。

 

この時期に内定がなくても全く悩む必要ないからね。
8月以降の「秋採用」の時期は今よりももっと内定が取りやすいから。
大きな理由は下記の2つ。

・企業側も採用に焦り出す
・優秀な就活生がいない

8月〜2月でも6ヶ月もある。
この時期でもゆっくりじっくり自分に合った企業を探せるからね。

 

本日の記事では、このツイートを深堀りつつ秋採用で内定を獲得するためのコツについて詳しく解説していきます!

 

就活での秋採用とは?

 

まずそもそも秋採用とは何かを理解していますか?

秋採用とは「時期」によって分類しているだけの名称です。

 

【秋採用とは】

秋採用とは8月〜12月頭までの就活を指す。

 

つまり8月〜12月頭の時期の就活のことを「秋採用」と呼んでいるだけです。

特に3月からの就活と内容は変わりません。

 

【結論】就活での秋採用は厳しくない

f:id:shukatu-man:20190704142921p:plain

 

「秋採用で内定を獲得するのは厳しいですか?」という質問に対して、僕の回答は「厳しくない」ですね。

むしろ秋採用の方が、自分に合った企業をゆっくりと決めることができると考えています。

 

就活ってなんとなく「早く内定を獲得して就活を終えた人がすごい、偉い」みたいな風潮がありますよね?

しかしそれは間違いです。

早くに就活を終えても、その企業が自分に合わない企業だったらすぐに退職することになりかねませんからね。

 

僕からすれば、最後の最後まで自分に合った企業の定義を考え抜き、それに最も当てはまる企業を探し続けている就活生の方がすごいと思います。偉いと思います。

 

「新卒」というカードを使って得るファーストキャリアで失敗しないためにも、いかに就活の知識、業界の知識、幸せの定義などを考え抜くことが重要ですよ。

 

秋採用は厳しくないと知って気持ちが楽になりました。

秋採用が厳しくないと言い切れる理由を、次の章で説明していくね! 

就活での秋採用が厳しくないと言える根拠

f:id:shukatu-man:20190712161224p:plain

 

ここではなぜ秋採用は厳しくないと言い切れるのか、その根拠をお話します。

秋採用が厳しくないと言える根拠は具体的に3つあります。

 

  • 優秀な就活生が離脱しているので内定を取りやすい
  • 秋採用に求人を出している企業は大量に存在する
  • 企業側も採用を焦っている

 

根拠① 優秀な就活生が離脱しているので内定を取りやすい

 

まず最初に、秋採用では内定を複数獲得するような優秀な就活生が離脱しています。

 

先程の章で言ったとおり、就活では「早く内定を獲得して就活を終えた人がすごい、偉い」みたいな風潮があるので、複数内定を獲得した就活生は早期に離脱します。

 

単純にそういった優秀な就活生が少ない方が選考通過する可能性が高まりますよね。

強い敵がいない勝負の方が勝てる可能性が高いのです。

 

企業側は選考にあたって、例えば「一次選考で10名通過させて、二次選考で5名に絞ろう」みたいに決めている場合があります。

つまり選考通過できる人数の枠がある程度決まっているということです。

 

優秀な就活生が多いとこの枠がすぐに埋まってしまいますが、秋採用にはそういった就活生がもういません。

卒業旅行にでも行っているでしょうからね!

 

根拠② 秋採用に求人を出している企業は大量に存在する

 

次に多くの就活生が勘違いしていますが、秋採用の時期、つまり就活後半でも求人を出している企業が大量に存在します。

 

更に「秋採用まで求人を出している企業はブラックなのでは?」という質問ももらいますが、そんなことはありません。

就活においては「働きやすさ=人気度」ではないからです。就活においては「知名度=人気度」なんですよね。

 

テレビCMを流している企業の倍率が高いのは、知名度が高いからです。

テレビCMを流している企業でも、全然ブラックな労働環境の企業はありますからね。

 

根拠③ 企業側も採用を焦っている

 

そして最後、秋採用の時期になると就活生は「早く内定が欲しい」と焦ります。

しかし一方で企業側も「早く採用予定数を確保したい」と焦っています。

 

そして企業側も焦っているということは、早くに内定を出したがっているということです。

 

企業には「採用計画」というものがあります。

この採用計画とは、「今年は新卒を◯人採用する」という経営方針のことで、人事はこの採用計画に基づいて採用を進めていきます。

 

ではある企業の採用計画が「10人」だったとしましょう。

しかし秋採用の時期になってもまだ「6人」しか内定が出せていない。

更に今日、「1人」から内定辞退の連絡が入ったとします。

すると「5人」しか内定を出せていない状況になるので、あと「5人」を採用する必要があります。人事は焦ります。

 

就活生側も焦っている一方で、企業側も採用計画を達成しなければ!と焦っているということを覚えておきましょう。

 

企業側も採用を焦っているからこそ、秋採用でも内定が出やすいということですね。

そうだよ!更には大手企業でも「内定辞退」が秋採用の時期には発生しやすいから、二次募集をかけたりするからね。

秋採用での企業の探し方について

f:id:shukatu-man:20190712161148p:plain

 

ここまでの解説にて、秋採用は厳しくないと理解できたと思います。

しかし秋採用での「企業の探し方」をしっかり把握しておかないと、持ち駒も減っていき余計に焦ってしまいますよね。

 

そこでこの章では、僕がおすすめする秋採用での企業の探し方について詳しく解説していきます。

 

探し方① 逆求人型求人サイトを利用する

 

まず企業の探し方としておすすめなのが、「逆求人型求人サイト」を利用することです。

 

逆求人型求人サイトとは、企業側が就活生のプロフィールを見てスカウトをするカタチの求人サイトのことですね。

マイナビやリクナビは、就活生が気になった企業に対してエントリーをしますが、逆求人型求人サイトは全く逆になります。

 

そしてなぜこれがおすすめかと言うと、企業側も採用に焦っているからです。

プロフィールを読んで気になった就活生に企業がスカウトを送りますが、秋採用の時期だと企業の採用の本気度が違います。

だからこそ内定に繋がりやすいんですよね。

 

この時の注意点ですが、「一斉送信」でスカウトを送れるような逆求人型求人サイトはおすすめしません。

マイナビやリクナビもスカウトがありますが、それらは一斉送信で送られているので、自分のプロフィールを見て判断してもらえてないんですよね。

 

そこで逆求人型求人サイトとしては『キミスカ』というサイトを最もおすすめしています。

このキミスカはスカウトの種類に「プラチナスカウト」と「本気スカウト」というのがあって、これらは1社につき毎月送れる数が決まっています。

よってプロフィールを充実させて、この「プラチナスカウト」と「本気スカウト」が届いた企業の選考を受けることがおすすめですよ!

 

f:id:shukatu-man:20190624145540p:plain

 

ちなみにキミスカは以前、僕が直接運営会社にインタビューしにいった時の記事を用意しています。利用方法など詳しく書いているので、ぜひそちらを参考に利用してみてください。  

▼キミスカへのインタビューと利用方法はこちら!

» 【キミスカの無料適性検査がすごい!】“中の人”に突撃してきた!

 

探し方② 就活エージェントを利用する(関東就職希望者のみ)

 

次に秋採用で特におすすめなのが、「就活エージェント」です。

この就活エージェントとは、面談を元にして自分に合った企業を紹介してくれるサービスのことを指します。

 

「転職エージェント」は非常に認知度が高く、ほとんどの転職希望者が利用しますが、まだ新卒エージェントは提供している企業が少ないため認知度が低いです。

 

しかしサービスの質は最高で、企業を紹介してくれるだけでなく、その企業の選考日程の調整や対策まで完全無料でしてくれます。

 

僕がおすすめする就活エージェントは、まだ関東への就職希望者向けのものしかありませんが、関東への就職を希望している方は絶対に利用すべきです。

おすすめの就活エージェントサービスは別記事で3社まとめているので、そちらを参考にしてくださいね。

 

▼おすすめの就活エージェントまとめはこちら!

» 就活マンが厳選するおすすめの就活エージェントまとめ【6/24更新】

 

探し方③ 口コミサイトから企業を探す

 

そして最後におすすめなのが、「口コミサイト」から企業を探すことです。

正直な話、マイナビやリクナビに書かれている情報から「自分に合う企業かどうか」って絶対に分からないですよね?

 

大手求人サイトに書かれているのは、簡単な企業概要・事業内容・募集要項ぐらいですから。

これを見てエントリー先を決めるのは、完全にそこが自分に合っているかどうか運任せです。

 

よって、大手求人サイトは「エントリー用」と割り切って、もっと情報が書かれているサイトを利用すべきですよね。

そこでおすすめなのが、「口コミサイト」です。

 

口コミサイトでは、在籍している社員やその企業のOBが投稿した口コミが書かれています。

レストランの情報は食べログで口コミを見て判断した方がわかりやすいのと同じように、企業も口コミを見ることでその企業の良さや悪さが見えてきます。

 

そして気に入った企業があれば、マイナビやリクナビからエントリーしましょう。

 

口コミサイトとしては『Openwork(旧:Vokers)』と『転職会議』の2つがおすすめです。

どちらも大手なので、掲載されている口コミ数が多く利用しやすいです。

 

この3つの企業の探し方は、試したことがなかったので企業探しの選択肢に加えてみます!

本当にこの3つはおすすめだから、特に秋採用では全部使ってみると良いよ!

就活生が秋採用で内定を獲得するためのコツ

f:id:shukatu-man:20190712161144p:plain

 

ここまでお疲れ様でした!

これまでの解説にて、秋採用への理解が深まったと思います。

 

この章では、秋採用で内定を獲得するために特に意識して欲しいポイントを紹介していきます。

秋採用は優秀な就活生が離脱しているがゆえに、内定を獲得しやすいです。

だからこそ更に爪を研ぎ、どんな企業からも内定を獲得できるようにしましょうね。

 

就活を続けている理由を用意しておく

 

まず最初に実行して欲しいのが「就活を続けている理由を用意すること」です。

 

これはどういうことかと言うと、企業からすると秋採用まで就活を続けている就活生に対してこんなことを思います。

  • 他の企業から評価されないネガティブな要因があるのでは?
  • 内定を出してもずっと内定承諾しないのではないか?

 

これら2つを潰すための行動が重要なんですよね。

 

まずは「他の企業から評価されないネガティブな要因があるのでは?」という疑問を潰すために、「なぜこの時期まで就活を続けているのか」という理由を用意しておきましょう。

具体的には以下のように企業に伝えると納得してもらいやすいです。

 

「これまで職種や業界についての知識を付けてないまま就活を行ってしまっていました。よって自分に合わないような企業ばかり受けていたので、一度すべての内定を辞退させて頂きました。そこでもう一度就活をする上で◯◯という軸を設けて、秋採用から就活を開始し直し、まさに御社はその軸にぴったりな企業だと考えエントリーさせて頂きました。」

 

秋採用まで就活を続けているのは、自分から内定を辞退してやり直すことにしたからですよ、という姿勢を見せれば面接官の納得度は高いですよね。

  

「内定が出たらすぐに就活を辞めます」を武器にする

 

 次に「内定を出してもずっと内定承諾しないのではないか?」という面接官の疑問を潰す策を紹介します。

それはシンプルに「内定が出たらすぐに就活を辞めます」と伝えることです。

 

これは本当に効きますよ。武器になります。

なぜなら途中でも話した通り、企業側は採用計画を達成するために、採用を焦っています。

そして秋採用の時期になると、内定辞退をする就活生が増えるので「確実にうちに入社してくれる就活生」は非常に貴重なんですよ。

 

これを逆手にとって、「私は内定が出たら、あなたの会社に絶対に入社してあげるわよ?」と提示すれば、それは企業からしたら魅力でしかありません。

 

この武器を使うためにも秋採用では志望度の高い企業を受けるようにしましょう。

内定を獲得しても入社しないような企業にはこの武器は使えませんからね。

(ちなみに秋採用では内定数とか関係ないです。複数内定よりも、とにかく自分にぴったりな1社からの内定を取りにいきましょう)

 

まとめ

 

最後までお疲れ様でした!

この記事を通して、秋採用への認識が良い方向に変わってくれたら嬉しいです。

 

秋採用の時期に内定が出ていないと、誰でも焦ってしまいますよね。

その気持ちは痛いほど分かります。

しかし焦っても就活はうまくいきません。むしろ焦りは足を引っ張ります。

 

効率的かつ効果的な就活法を知って、実行することでのみ秋採用を攻略することができます。

 

今回の記事では秋採用に絶対に効くことだけを凝縮して解説しました。

1つでも多くのことを実行し、自分にぴったりの1社からの内定を獲得してくださいね。その役に立てたのなら本当に嬉しいです。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー