就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【20卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・とにかく評価されるようなOpenESの書き方が知りたい

・他人と差別化できるようなOpenESが書きたい

・各質問別の書き方が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!
OpenESの書き方に関して右に出るものはいないだろうと自信を持っていますでお馴染み、就活マンです。

 f:id:shukatu-man:20180206102611p:plain

 

 

 

断言します!

就活攻略論だけで、“絶対書類通過する”OpenESが書けるようになります。

(はっきり言って、他の就活サイトに書いてある書き方はありきたりです。差別化できませんが、ここに書いてある内容なら差別化可能です。)

 

これは就活マン本人が記入したOpenESなのですが、就活生時代の書類通過率は100%でした。

まだOpenESに関して何も知らない方でも、この記事でまとめた書き方を実践すれば通過率100%のOpenESを作成することができますので、一緒に頑張っていきましょう!

【就活マンが記入したOpenESの見本】

f:id:shukatu-man:20180905134616p:plain

はじめに|OpenESを作成したら就活マン本人が添削します!!

f:id:shukatu-man:20180928133455p:plain

実際に解説する前に、一つお知らせがあります。

19卒の就活生から「OpenESの添削をして欲しい!」との声を、300件以上もらいました。

 

労力の関係もあり、19卒向けには実施できなかったのですが...
20卒向けにOpenESの添削を実施することを決めました!!

 

しかもLINE@登録者、全員分を一枚一枚無料で添削します!!

(ちなみに大学のキャリアセンターの添削は超低レベルなので、頼むだけ時間の無駄です。あれは全学生に対して一律に、平均的な添削しかしないので。僕は通過率100%にするために辛口で本質的な添削をします。)

 

無料で配信しているLINE@の登録者限定で『OpenESの無料添削支援』の情報を発信するので、ぜひ友達追加してみてください。 

【LINE@の登録者限定で無料添削実施!】

» 就活マンの公式LINE@とは?

 

この記事を読んで書き方を学び、

最終調整は僕が添削する。

20卒への支援に向けて頑張っていくので、皆さんもこの記事をしっかりと読み込んで書き方をマスターしておいてくださいね!!

書き出す前にOpenESの重要性を理解しよう

 

では最初に、OpenESの重要性に関する話をさせてください。 

突然ですがOpenESは複数社に提出するものですよね。つまり“使いまわすもの”。

よって1枚だけでいいので、最高な内容のOpenESを書き上げておけば、提出したすべての企業から評価されます。こんなお得なことはありません。

 

逆に考えると、作成した1枚のOpenESの内容がしょぼかったら、

提出したすべての企業から評価されず落選

という当然の結果が待ち構えています。

 

実際に僕の友人でOpenESを提出した30社、全ての企業で落選した人がいます。

さすがにやばいと言うことで、僕が添削に入って書き上げた結果、追加で受けた20社すべて通過。うち2社からは別ルートでの面接と内定を獲得しました。

f:id:shukatu-man:20180625124307p:plain

 

OpenESに書いたテーマはそのままに、書き方を変えただけで...!!

 

f:id:shukatu-man:20180625125119p:plain

 

要はそれだけOpenESは重要だと言うことです。

書類通過できなければ、面接さえもすることができませんからね。

 

まずはOpenESの構造を理解する

 

最初にOpenESに対してやるべきことは、ざっくりと何を書けば良いのか把握することです。

これは実際のリクナビOpenESの公式サイトを見たほうが早いですね。

 

まずは公式サイトにてログインをしましょう。

公式サイトはコチラ↓から飛ぶことができます。

OpenES | エントリーシート・履歴書の新しい仕組み。もっと伝わる自分らしさ

リクナビに会員登録(ログイン)すると最初にこのような画面が表示されますね。

 

f:id:shukatu-man:20180206105230p:plain

 

この画像の中央にあります『基本情報』『資格・スキル情報』『自己PR情報』がOpenESの入力するべき主軸となります。

 

更に詳しく見ていくと、リクナビOpenESの構造は以下の通りです。

基本情報
名前や学歴など基本的な情報を入力します。説明不要ですね。入力しましょう!

 

資格・スキル情報
ー保有資格・スキル
ー趣味・特技(120字以内)』

 

自己PR情報
ー学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(250字以内)
ー自己PR(400字以内)・画像・画像の説明文(40字以内)
ー学生時代に最も打ち込んだこと(400字以内)・画像・画像の説明文(40字以内)

まずはこの全体像をしっかり把握しましょう!

OpenESでは何を書けばよいのか!その把握が第一歩です。

  

OpenESは入力項目が少ないからこそ、一つ一つに徹底的にこだわろう! 

 

『保有資格・スキル』の書き方

 

説明した記事はこちらです。

» “絶対評価される”資格の書き方を解説!

 

保有資格・スキルの入力画面はこちらですね。

f:id:shukatu-man:20180118112112p:plain

 

資格・スキル名の空欄部分の入力は『全角25文字以内または半角50文字以内』です。

 

スキル名+理由程度なら書けますよね!!

 

僕の場合は、

食生活アドバイザー(食で関わる人を幸せにするため) 25文字

普通自動車免許(マニュアル車の運転には自信あり) 24文字

みたいな形で書いていました。

 

ここでは(カッコ)に簡単に理由を併せて書くようにしていました。

ほとんどの人は資格名しか書かないので目に止まりますよね。

 

OpenES通過後の面接での話のタネにもなります!

 

やっぱり、

とにかく人と違うことをすること!

これを徹底することが就活攻略の基本となります。

 

...好きな相手を振り向かせる!!そんな気持ちで面接官の気を引く工夫を徹底してください!!恋愛と就活は紙一重♡

 

OpenESの各項目に対する理想的な文字数

 

ここからの入力項目は100字を超えてきます。

そこで始めに入力する文字数について簡単に説明しますね!

 

入力文字数に関しての結論はこちらです!

指定文字数ギリギリで書くべき!9割以上が理想!

(趣味として120字の指定文字数→120×0.9=108 108字以上書く!)

 

指定文字数ギリギリまで書くことのメリットは2つあります。

  • より多くの情報を読み手に与えることができる
  • 真剣さを伝えることができる

詳しくは別記事でも書いたので、より詳しく知りたい方はそちらを参考に!

» OpenESに入力すべき“理想的な文字数”について

 

『趣味・特技』の書き方

 

説明した記事はこちらです。

» 絶対評価される「趣味・特技」の書き方を解説! 

 

 趣味・特技の記入に関しては、イケていない人が9割だと説明しましたね。

 

なぜイケてないかと言うと、

“とにかく表面的な説明に徹してしまっているから”なんです。

 

つまり自分の特技の“説明”しかしない人が9割!!

 

 

簡単に例を出すと、

 

私の趣味は映画鑑賞です。→ここは最初に結論が言えててGOOD。

特にSFとサスペンスを鑑賞することが多いです。→説明。

月に5回は見るようにしており、映画を見ることで自分の感情が刺激されるのがとても良いと思っています。→説明。

特にお気に入りのの映画は『アイアンマン』です。→説明。

 

説明ばかりなのが分かりますか?

 就活において面接官は説明なんて聞きたくないんですよ!

 

大事なこと言いますよ?

 

面接官がわざわざ時間を取ってあなたのエントリーシートを見るのは、

採用する人を探すため

であり、

あなたが採用すべき人材か見極めるため

であって、

あなたの性格や考え方を知りたい

のです!!

 

これ、めちゃめちゃ大事なことなので把握してくださいね。

あなたが会社にとって必要な人物なのか、その判断は考え方や人柄によって把握するのであって、出来事などの説明から判断しないのです。

 

だからこそ、説明ではなく性格・考え方を伝えることを意識してください。

 

では例文として、同じ映画鑑賞という趣味において性格や考え方を伝えることにフォーカスした文章を書いてみましょうか。

 

私の趣味は映画鑑賞です。実は映画はこの世で最も安く勉強ができる道具だと思っていて、1500円で350億円の創造力を得ることができると思っています。パイレーツは制作費350億円。それを見て創造力を鍛えることは、最高の教育娯楽だと思うのです。(119字)」

 

“思っています”という自分の考え方を伝えることに注力していることが分かりますか。

実際にこちらの文章を読んでみると、「この人って面白い考え方をする人なんだなぁ」とあなたも興味を持つはずです。それは面接官も同じですよ。

 

これこそまさに

「俺はこんな考え方を持ったやつなんですー!」

と自分を理解してもらうことの重要性なのです!

 

自分を理解してもらうことで、「この子は自社に合う考え方を持った子かも!」と興味を持ってもらえるでしょう。

 

そして、これらの考え方を実行するためには現状までに考えた答えを更に複数回の「なぜ?」の問いかけによって深める必要があります。この『就活攻略論』を読む就活攻略生の皆さんは下記の記事で説明したなぜの階層説は確実にマスターしておいてください。

このなぜの階層説を理解し、実行することで内定獲得率は確実に数倍に上がりますし、僕が22社からの内定を獲得した秘訣はここにありますので。

» 『なぜの階層説』について|就活攻略論オリジナル

 

 

...ここまで考えて伝えた結果、自社に合わない人だと判断されれば当然『不採用』となりますが、合わない企業に入ったところで鬱になるか転職するのがオチなので「不採用ありがとうございます!」と思って切り替えることが超重要ですよ。

『学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容』の書き方

 

説明した記事はこちらです。

»「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」は『誘い』が大切!

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の記入は250文字以内です。

 

ここで重要なことは次の2点です。

 

f:id:shukatu-man:20180625131440p:plain

とにかく分かりやすい言葉で書くことが重要

 

f:id:shukatu-man:20180625133347p:plain

 

 

まず「とにかく分かりやすい言葉で書くこと」とは単純に

専門用語をできるだけわかり易い言葉で書くこと

です。

 

専門用語をやたらと使いたがる人は、デキる人アピールでしかありません。専門用語を多用したデキる人アピールは単純に文章を分かりにくくするだけです。

 

しかし、

面接官が理解できない内容は読んでもらっても何も伝わらない!

ということが現状です。リアルです。

 

例えば技術職や研究職などの専門性が高い職業を志望し、面接官も専門性が高いことが確実に分かっている場合は専門用語を使って、専門性の高さをアピールすることは有効かもしれません。

 

しかし、あなたのOpenESを読む人が専門性が高いかどうかは分かりませんよね。

もし分からない場合、読んで意味が分からなかったら何も伝わらないというリスクがあります。 

 

面接官の興味を『誘う』ことが重要

 

f:id:shukatu-man:20180625140018p:plain

 

2点目ですがこれは“質問をさせるポイントをあらかじめ作っておく技術”のことです。

人は疑問を抱くと、それに興味を持つ生き物です。

この心理を利用します。

 

質問をさせるポイントとは、

『大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方のこと』を指すと理解してください。

 

簡単に例を出しますね。

【凡人の文章】

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。

これによって小児でのリスクのある脳腫瘍に比較的副作用がなく効く薬としての誕生の期待が持てます。私はがんによる死亡者がいなくなる世の中になればなと思いこの研究に真摯に取り組んでおります。」

 

 

【大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方を入れた文章】

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。

私はこの研究によって『絶望は成長の種になる』という教訓を得ました。というのも、死亡リスクの高いがんという“絶望”を回避しようとして、私を含め多くの人が研究を行います。その研究により人は成長し、技術革新を起こし、人は進化していきますよね。すると『絶望も成長の種になる』ので悪いものではない。負があるからこそ正に変えるプロセスを楽しみ、成長することが重要だと思うのです。研究活動からこうした教訓を得ることができたことに感謝してもしきれません。」

 

 

凡人の文章はまさに他の誰もが書きそうな文章ですよね。大衆とは違う意見や新しいモノの見方を入れることによって、面接官はこう思います。

 

「こいつおもろい考えもってるな!!」

 

まさに就活攻略ではこう思わせたい!面接官におもしろい考えを持っている人だなと思わせることが勝ちパターンです。

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」がどうしても書けない人へ

 

そして、最後にもう一点!

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」に関しては、
「どうしても学業について250字書くことがない!」
「何を書いて良いのかそもそも分からない!」
という方も多いと思います。

その原因は、
そもそも真剣に学業やゼミに取り組んでいないから!
であり、その過去は変えることはできません!!

 

しかし、そんな方は学んだことが『将来、どう活きるのか!』『将来、どう活かすのか!』という未来ベースの想造を大部分として書くと、非常に上手く書くことができます。

 

詳しくは下記の記事に書いてありますので、全く書けないと困っている方はぜひご覧ください!

» 「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」で“書き方がわからない”人のための対処法!

 

『自己PR』の書き方

 

説明した記事はこちらです。

» 自己PRの書き方!『理由』を中心とした文章例を紹介 

 

この自己PRからは400文字です!

400文字も書く必要があるということは、それだけ面接官が重要視する項目だということです。

 

この自己PRに関しては、「趣味・特技」の書き方の必勝法に似ています。 

事実を書くのは最小限にして、理由付けをメインで書く。

これを徹底することに尽きます。

 

例を挙げたほうが分かりやすいでしょう。

 

「私は大学在学中の1年間、アメリカへ留学していました。(事実)

アメリカのニューヨークで過ごしたのですが、(事実)

現地では日本の人がほとんどおらず、(事実)

ほとんど英語でしかコミュニケーションを取ることができません。(事実)

そんな環境の中だったからこそ、英語力が自然と身につき、(事実)

帰国後はTOEICで850点を取ることができました。(事実)

よって私はグローバルの仕事にしたいと考えており、力になれるかと思います。(希望・思い)」

 

ほとんどの人が自己PRで事実ばかりを書きます!

先程も言いましたが、事実や説明だけでは自分のことは伝わりません。

 

 

ではここで『理由付け>事実』をしてみましょう。

理由付けとは、“なぜそれをしたのか”という自分の考え方ですね。

 

例えば、

“アメリカ留学へ行った!”という人は腐るほどいますが、

“『世界中にある英語のデータや情報にアクセスして自分の知識のデータベースを広げるため』という理由を持ってアメリカ留学へ行った!”

という人はオンリーワンですよね。

 

理由付けを書くことで、

オンリーワンな文章かつ自分を伝えられる文章になるのです。

 

そして、このオンリーワンな文章を書くための理由付けは『圧倒的なぜ』によって作成してください。

圧倒的なぜの説明はこちらの記事に書いてありますので、ぜひご参考に!

» OpenESの書き方の必勝法“圧倒的なぜ”について

 

『学生時代に最も打ち込んだこと』の書き方

 

説明した記事はこちらです。

» 【評価されるOpenES】“ガクチカの書き方”を徹底解説します!

 

この『学生時代に最も打ち込んだこと』も400文字ですね。非常に重要です。

これを書くにあたって、まず重要なことは面接官にアピールする能力を決めることです。

 

そもそも企業が『学生時代に最も打ち込んだこと』を質問してくる理由は、「その人にどんな能力があるのか」を知るためですよね。

そして、その能力が「自社で稼げる能力」であると判断すれば面接へと通過させるのです。

まずはここをしっかりと把握しましょう。

 

では実際に作成する手順ですが、以下となります。

 

手順① アピールする能力を設定する

 

まずは企業にとってどんな能力が「稼げる能力」としての評価対象なのかを理解しましょう。

その上で、その能力をアピールする能力として設定します。

 

例えば、志望する業界が「食品業界」だとします。

そして志望職種は「営業職」だとしましょう。

 

すると、営業職として求められる能力は「ヒアリング力」だと設定できます。

(他にも営業力としては「会話力」や「話題の引き出し量」など様々想定できる。)

 

手順② まずはテーマ選びを行う

 

では次に、手順①で設定した「アピールする能力」に適したガクチカをテーマとして設定します。

先程「アピールする能力」を「ヒアリング力」と設定したので、ヒアリング力をアピールできそうなガクチカが自分の過去にあるかどうか考えますね。

 

すると、「友達の悩みを聞くことが多かった」という打ち込んだことが見つかりました。(これがテーマになります。)

 

手順③ 「なぜそれに打ち込んだのか」という理由を記載する

 

テーマが決まれば、次になぜそれに打ち込んだのかという『理由』を持ってくると、読みやすい文章になります。

 

実際に書いていきましょうか。

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。(106字)

このように理由を記載します。

 

ちなみに少しテクニックですが、「相談に深く深く」とあえて「深く」を二回繰り返すことで、読んだ時にその深さを鮮明に感じます。このような“記憶に残る表現”は、OpenES、エントリーシートともに、読み手の記憶に残すために重要なのでぜひ使ってみてくださいね!(まじで効果的だよ。)

 

手順④ それに打ち込んで「どう変わったか」という結果を記載する

 

では続いて、理由を書いた後は「それでどうなったのか」という『結果』を書いていくと自然な流れになりますね。

更に結果だけでなく、『自分の考え』なども併せて記入することでオンリーワンな文章になりますよ。

 

実際に記入していくとこのようになります。

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。実際、相談に乗ることで、自身の考えを明確にする機会になったのですが、それ以上に相談に乗った相手から頼りにされます。すると更に深い悩みを打ち明けてくれて、信頼関係が非常に高まります。友人だから相談に乗るのは当たり前だと割り切るだけでなく、このように親身になって深く深く相談に乗ってあげる。これが人との関係において重要だと私は思うのです。(273字)

 

いかがでしょうか?

それに打ち込んだ結果どうなるのか、そして自分の考えが記載されているので読んだ時に「ヒアリング力の高さ」を感じませんか??

 

あなたが面接官で、自社で稼げる能力が「ヒアリング力」だと認識していれば、あなたは必ずこの人を面接へと通過されるはずです。

 

 逆算して、そうなるように計算しているので当然ですね。

 

手順⑤ 「この◯◯の能力を貴社で発揮します」と締める 

 

いよいよ最後です。 

締めの一文を導入していきましょう!

 

僕がおすすめする締めの一文はこちらです。

 「この◯◯の能力を貴社で発揮し、必ず価値を生み出します。」

ポイントは、アピールしたい能力を念押しして面接官に伝え、最後「断定」で言い切ることで、優秀感を出してフィニッシュ!

これで内定22社とりました。笑

 

実際に書いていきますね!

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。実際、相談に乗ることで、自身の考えを明確にする機会になったのですが、それ以上に相談に乗った相手から頼りにされます。すると更に深い悩みを打ち明けてくれて、信頼関係が非常に高まります。友人だから相談に乗るのは当たり前だと割り切るだけでなく、このように親身になって深く深く相談に乗ってあげる。これが人との関係において重要だと私は思うのです。このヒアリング力をぜひ貴社で発揮し、必ず価値を生み出します。(303字)」

 

学生時代に打ち込んだことは400字以内なので、これにしっかりと肉付けして400字に近づけさせれば完成です。

この手順で学生時代に最も打ち込んだことは作成していきましょうね!!

 

学生時代に打ち込んだことがない人の発想法とは

 

学生時代に打ち込んだことに関しては、「ないんですよね!」という相談が非常に多いので、1記事追加で書きました。

» 学生時代に打ち込んだことが「ない」場合の対策まとめ!

 

いつもいつも強く言うことですが絶対に覚えておいて欲しいポイントがあります。

9割の学生が、打ち込んだこととしてバイトかサークルの話を書く!

 

皆と一緒のような内容では読んだ面接官の印象や記憶に残らないので、注意が必要です。

※バイトかサークルの話を書く人でも内容が「絶対人とは違う!!!」という自信がある人はそのままで大丈夫ですよ。むしろそれなら目立つので!

 

 

ではバイトかサークル以外のことをどうやって書けば良いのかと言うと、

『ダイヤモンドカット』という技術を紹介しました。

 

これは、

ありきたりな行動に対して「なぜ?」を追求してオンリーワンで特別な文章を作る技術です。

 

 

 実際に「挨拶」というありきたりな行動を用いてやってみましょう。

 

打ち込んだことは挨拶

なぜ挨拶に打ち込んだのか

挨拶をされると気持ちいいから

なぜ挨拶をされると気持ちいいのか

知らない人と心が繋がった感じがするから

なぜ心が繋がった感じがするのか

相手を気遣いできる良い人だなと感じ信用するから

 

こんな感じ!

 

すると、「挨拶=相手に対して信用を生み出すツール」という面白い考え方が導かれまして、学生時代に最も打ち込んだこととして書くことができるようになります。

 

 

「私が学生時代に打ち込んだことは挨拶です。

(学生時代に打ち込んだこと)

非常にありきたりだと思われるかもしれませんが、私は挨拶こそ対人関係において、最初に信用を生み出すツールだと考えています。

気持ちのよい挨拶をされると、その人のことを気遣いできる良い人だなと思いますよね。その瞬間に心が繋がると思うのです。

(なぜそれに打ち込んだのか?)

先日友人に、誰よりも大きな声と笑顔での挨拶が最初になかったら友達になってなかったかもしれないとカミングアウトされてしまいました。

(豆知識+身についたことも伝えている)

よって挨拶が生み出す信用の力をひしひしと感じますし、そこで得た繋がりを活かしてチームで活躍できる人になりたいと強く思っています。

(今後どう活かすか)

この教訓は今後貴社でも存分に発揮していきたいと考えております!!

 

こんな文章を書く人はほとんどいないので、面接官の記憶に残り評価されることは間違いありません。 (自分に似た内容を書く人が100人いると仮定した時に、自分だけがこんな内容を書くだろうな!と自信を持てる内容を書くことが重要です。)

 

OpenESに添付する画像とは

 

いよいよ最後です。

「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと」には写真とその説明を添付する必要があります。

 

その説明を書いた記事がこちらです。

» 【OpenES】添付する写真・画像はこれで決まり!『自己PR』と『学生時代に打ち込んだこと』

 

この添付するべき写真に関しては、ぱっと見た時に「ナニコレ?」と読んだ人に思わせ興味を引く『ナニコレグリップ』という技術が非常に有効です。

 

一瞬どんな意味か分からない写真を載せて面接官に「ナニコレ」と疑問を抱かせる。

意味を知りたいと思う。

意味が分からない場合:会って聞きたい!と思わせる。

意味が分かった場合:おもろい表現力やん!と思わせる。


この心理構造を利用し尽くしてやりましょう!!

OpenESの書き方の例文を紹介

 

ここまで書き方に関して説明してきましたが、実際にOpenESでどんな文章を書けば良いのか。「就活マンによる書き方の例を知りたい!」という声が非常に多かったので10の例文を紹介する記事を更新しました。

こちらの記事にて実際にOpenESの書き方の例を10個紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

» 【10の例文で解説!】“絶対通過の”OpenES書き方の例

  

OpenESの見本を紹介

 

では最後に、冒頭でも掲載しましたが実際に就活マンが記入したOpenESの見本を紹介します。

f:id:shukatu-man:20180905134616p:plain

 

少し画像が荒いので、入力項目の部分だけアップした画像も貼っておきますね。

 

f:id:shukatu-man:20180905134805p:plain

OpenESの提出方法

 

ではでは最後にOpenESの提出方法を説明しましょうか。

 

①OpenESの提出方法は、リクナビのメッセージやメールで依頼が来た際に、メール内に記載されているURLへリンクすると、自動的にOpenESの提出専用ページに移動します。

※リクナビのメッセージ以外から提出依頼を受けた場合は本人確認のため認証ページへ名前とメールアドレスの入力する必要があります。 

 

②OpenESの提出専用ページへ移動すると、企業からの追加の質問が用意されている場合が多いです。例えば『志望動機』とか『どこで弊社を知りましたか?』とかね!

提出日のギリギリにOpenESの提出専用ページへ初めていくと、他にも質問が残ってた!!撃沈!!となる場合も非常に多いから、早めに提出ページはのぞいて置こう!

 

③企業からの追加の質問に答えたら、OpenESに登録している情報の確認(不足している場合は入力)、提出内容を最後確認して提出!! 

あとは企業からの返事を待つだけです。

 

ちなみに企業からの追加の質問でよくある志望動機に関しては、この記事で詳しく書いてます。「志望動機が思いつかない!」「志望動機が浅い!」と困ってる人が多すぎるので、ぜひ参考にしてみてください。

» 【完全保存版】“必ず評価される”志望動機の書き方!志望動機が浮かばない新卒生必見!《例文有》

 

提出期限は確実に守り、早期提出せよ

 

ここまで完璧に自身のOpenESに応用できれば、もう怖いものはありません!

しかしいざ企業からOpenESの提出を求められた際に、提出期限ギリギリに出してしまう人がいます。

これは本当にもったいない!!

提出期限がギリギリになってしまうと不利になる理由には下記の3つがあります。

①提出が遅いと“熱意”が伝わらない

②提出が遅いと心理的に追い込まれていく

③提出が遅いと見直しする時間がなくクオリティが下がる

提出期限に関する詳しい話はこちらの記事で書いているので参考にしてみてくださいね!

» 【必見!】OpenESで“提出期限ギリギリ”が恐ろしい3つの理由!

 

OpenESは履歴書として提出できるのか!

 

OpenESに関して、よく「履歴書として提出できますか?」という質問を受けます。

結論としては、提出先の企業から「OpenESでの提出をお願いします!」と言われた場合以外は履歴書として提出することはできません!!

 

詳しくは別記事で解説したのでご覧ください!

» OpenESは履歴書として提出できるのか?|ESとの違いも解説!

 

最後まで本当にお疲れ様でした!!

OpenESは企業があなたを知る最初の接点です。
よって、ここで差別化することが、その後の面接で他の就活生を圧倒するためには絶対必要になる。

そのために『就活攻略論』には、他の就活生を圧倒するための方法が大量に用意されているから、全てを自分のものにして就活を成功させよう!僕がついてるから!! 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
» 特におすすめの記事一覧はこちらから!