就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES攻略④】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容は『誘い』が大切!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・学業/ゼミ/研究室で取り組んだ内容の“魅力的な書き方”が分からない

・学業/ゼミ/研究室で取り組んだ内容の文章例を見てみたい

・そもそも書くことが全く思いつかない

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!いよいよ今まで書いた就活記事の合計が300記事を突破。日本イチの就活マニアでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181120204921p:plain

 

まず最初に断言しておきますね。

この記事さえ読めば『学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容』に関して、確実に他の就活生よりも面接官の記憶に残って評価される文章が書けます。

ちなみに他の就活サイトでは「研究内容を具体的に」や「ゼミの内容をより詳しく」といったありきたりな解説ばかりが書いてあります。(他のサイトを軽く見たら分かります。)

よって、この就活攻略論では評価される文章の書き方をしっかりと押さえながらも絶対に他人と差別化する方法を解説しています。

実際に僕は、この「差別化」によって中堅大学出身にもかかわらず倍率800倍の大手食品企業から内定を獲得することができました。

 

OpenESは通常のESの10倍は重要

f:id:shukatu-man:20180928134934p:plain

 

本日の記事では、OpenESの中でも「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の書き方を紹介します。

しかし、その前にOpenESの重要性について再認識する必要があります。

ひとつ実際のエピソードをお話しますね。

 

これは本当の話なのですが、僕の友人でOpenESを提出した30社全て不採用という事態に陥った人がいました。手持ちの選考企業はゼロです。

その友人から「本当に助けてくれ!」と言われ、彼のOpenESを添削することに。

すると内容は、カラスに荒らされた後のゴミ置き場のようにひどいものでした。

 

この緊急事態をうけて、すぐさま一緒にスタバにかけ込み内容を修正。

すると追加で受けた20社の書類選考をすべて通過。

更には、そのうちの2社から直接電話が入り「すぐに面談したい!」という特別ルートでの内定獲得に至ったという実話があります。

 

彼は面接は苦手ではありませんでした。

しかしOpenESのクオリティがあまりにひどいがゆえ、面接までたどり着くことができなかった。ただそれだけのために、相当に辛い思いをしていたのです。

 

就活を成功させる上で、まずはOpenESやES(エントリーシート)で評価されるようになりましょう。それが最低限必要なことであり、最大に重要だと分かりますよね。

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」で大切な2つのこと

 

ではOpenESの重要性を認識したところで、ここからは「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」について具体的な書き方を紹介していきたいと思います。

 

ここで実際のOpenESの入力画面を見てみましょう。 

f:id:shukatu-man:20180118132329p:plain
画像引用: リクナビ|OpenES

 

この入力画面を見て分かる通り、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の入力文字数は250文字以下です。

前回の記事では「趣味・特技」の書き方を紹介しましたが、入力文字数は120字以下でした。倍以上の入力が必要ということですね。

 

そして入力文字数が増えるにつれ、実力の差があらわになります。

ポジティブに言えば、他人と差を付けることができます。

 

では他人と差をつけるためにも、どうすれば評価される文章が書けるのか。

今からお伝えする2つのポイントさえ押さえることができれば、必ず評価される文章が書けるようになります。その2つのポイントがこちらです。

f:id:shukatu-man:20180625131440p:plain

この2つのポイントを押さえておけば、確実に就活攻略論を読んでいない凡人就活生を出し抜けるよ!

 

わかりやすく書くことが最も大切

 

では2つのポイントをマスターしてもらうために1つずつ解説していきましょう!

まず一番に大切なことですが、とにかく分かりやすい文章を書くことが重要です。

f:id:shukatu-man:20180625131841p:plain

 

一見「分かりやすく書くなんて当たり前でしょ!」と思うかもしれません。

しかし、今回のお題である「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書こうとする時、多くの人は「難しい専門用語」を無駄に使おうとするんですよね。

 

なぜ難しい専門用語を使おうとするのでしょうか?

それは「私って知識あるよ!」というアピールがしたいんですよね。

 

つまり、優秀アピールです!!

 

あなたの知り合いにもいませんか?知識が豊富だとアピールするために無駄に専門用語とか使う人。(僕が嫌いなタイプですw)

 

しかしここで一つ注意点なのですが、志望する職種が「技術職」や「研究職」のようにプロフェッショナルな知識を要する職種であれば、専門用語を使用することはアピールに繋がります。

なぜなら「専門知識を持っていること」が仕事に直結するから。

 

こうした例外もありますが、ほとんどのその他職種において、あなたが大学(または大学院)で学んだ知識を活かすことはできません。

だからこそ、あなたのOpenESを読む人は、そんな難しい専門用語を言われたところで理解することができない。

すると何も伝わらないOpenESになってしまいます。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、面接官も私達と同じ人間なんですよ。

何でも知ってるスーパーマンではありません。 

 

よって難しい専門用語を使えば優秀だと評価されるのではなく、専門用語を使ったところで面接官は何も理解できない。

だからこそ専門用語ではなく分かりやすい言葉で伝えるべきです!

 

ここでこんな声が聞こえてきました。

「専門用語は読んで分からなくても、面接で詳しく解説すれば良いんじゃないの??」

 

たしかに読んで分からなかった部分を面接で聞いてくるかもしれません。

しかし、理解してくださいね。面接時間は有限なのです!!!!

 

限られた面接の時間を専門用語の説明に使うのはもったいない。

何より専門用語の説明をしても、あなたがその企業に適した人材であるということを示す『考え方』や『人柄』を伝えることはできませんよね。それでは採用されません。よくわからない人間なんて採用しないですから。

よって極力OpenESの段階から難しい言葉を避けておく方が良いのです!

 

では!わかりやすい言葉で書くことの重要性を理解したところで、具体的な書き方を見ていきましょう。

f:id:shukatu-man:20180625133347p:plain

 

分かりやすい文章の例

 

「分かりやすい言葉にする重要性は分かったけど、どんな感じで直せばよいのか分からない」と思うので実際の例を上げて説明していきますね!

 

僕が大学時代は化学を専攻していました。

あえて「難しい専門用語」を使って研究内容を書くとこんな感じになります。 

 

【難しい専門用語を使って書いた場合】 

 

「私はがん細胞に対しての農薬成分グリチルレチン酸による衰退作用についての研究を行っておりました。薬を添加後、がん細胞内の組織を毎秒定点観察し、その効果を測ります。....」

 

 読んでみていかがですか?
 あなたが人事部だったら、こう思うはずです。

 

「んー。なんか難しいことやってんなぁ。」

 

そもそも人気企業の人事部は毎日何百ものOpenESを読んでいます。

そこで読みにくい文章が現れたら、読む気は失せますね。

そして何より難しい言葉を用いると機械的な文章になってしまいパーソナリティが全く伝わりません。人間味のない文章になってしまう。

 

では専門用語をなくして、とにかく分かりやすい文章に変えるとどうなるでしょう!

 

【分かりやすい言葉を使って書いた場合】 

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。...」

 

こちらの方が断然読みやすくないですか?

機械的な文章ではないので、こちらの方が読んでいて理解しやすいと思います。

 

面接官の興味を惹く『誘い』の技術

 

次に2つ目のポイントです!

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を記入する際に僕が『誘い』と呼ぶ技術があります。

 

f:id:shukatu-man:20180625133827p:plain

 

 

この誘いとは何を誘うのか。それは「面接官の興味」を誘います。 

OpenESだけでなく、エントリーシートの役割は読まれた時に「この子とぜひ会って話してみたい!」と思わせることなんですよね。読んでも何も興味が湧かない文章では、全く差別化することはできません。

 

ではどうすれば、会って話してみたいと面接官に思ってもらえる文章になるのでしょう?面接官の興味を誘うことから逆算して考えてみましょうか。

 

面接官の興味を誘う。

面接官の記憶に残す。

話してみたいと思わせる。

 

このプロセスをたどる必要性に関してもう少し詳しく説明しますね。 

就活全体のゴールは『内定の獲得』です。

よって、内定の獲得をゴールに逆算して考えると、以下のように考えることができます。

 

①内定の獲得というゴールを得るためには、エントリーシートを読んで「この子と話してみたいな!」と思ってもらい面接に進むことがまずは必須ですよね。

 

②次に「この子と話してみたいな!」と思ってもらうためには、エントリーシートを読んだ後も「◯◯くん(さん)が記憶に残っている」という状態を作る必要があります。
エントリーシートを読んでしっかり内容を理解してもらったところで、その内容が全く面接官の記憶に残らなければ「会いたい!」とは思われません。

 

③ここで記憶に残すために必要なことは「この子はどんな子なんだろう!!」という“興味”を誘うことなんですよね。

 

つまりは「この子はどんな子なんだろう!!」という面接官の興味を誘うことが内定の獲得というゴールを達成するためのOpenESの役割なのです。

すごい基本的なことですが、改めてこのことをしっかりと理解しておいてください。
(OpenESの役割を理解していないと、無個性なただの自己紹介文になってしまいます)

 

では具体的に面接官の興味を誘うための『誘い』とはどんな技術なのか説明していきましょう。 

 

『誘い』とは、「その人だけの考え方」を発信するという技術です。

この「その人だけの考え方」とは何かと言うと「大衆とは違う意見だったり、新しいモノの見方のこと」を指します。

 

誘い=「その人が持つ、その人だけの考え方」を発信する技術

その人だけの考え方=大衆とは違う意見だったり、新しいモノの見方のこと

 

これだけではわかりにくいと思うので、例を出して説明します。

 

例えば「化学とは何か?」と聞かれたときにAくんは「化学は人類を進歩させるために重要だと思います。」と話したとしましょう。

これはかなりありきたりな意見ですよね。

読んだところで「たしかにね」と思うだけで、読み手の興味は誘えない。

 

一方で、Bくんは「化学は世界が一つで繋がっていると私に示したものです。」と話したとします。

 

これを読んだ時に感じるのは「ん?どういうこと!?」という疑問。つまり興味です。

なぜBくんの発言に興味を示したかというと、大衆とは違う意見だったり、新しいモノの見方をBくんが話したからだからですよね。

 

一見意味の分からないBくんの発言ですが、読み進めていった時にこんな説明がされていたらあなたはどう感じるでしょうか。

「化学を学ぶと、例え人間どうしが距離的に離れていても分子としては繋がっている。だからこそ他人を拒絶するのではなくて、一つに繋がってるからこそ優しくしよう、何か価値を提供しようという貢献心が生まれるんですよね。」

なるほど!面白い考え方だなと思いませんか。

まさにBくんだけが持つ独自の考えですよね。

 

これこそが『誘い』の技術なのです!!

 

「誘い」を用いた文章例

 

もっと例を出して説明していくね!!『誘い』は超有効なテクニックだから!

 

先程、僕が例に出した「がん細胞に対して効く薬を研究している」という文章を例に『誘い』の技術の理解を進めていきましょう!

 

9割の凡人就活生は、「がん細胞に対して効く薬を研究している」という文章の後に続けて「より詳しい説明」や「その研究によってどんな成果が期待されるのか」、「その研究によって世の中はどう良くなるのか」といったような内容を書くかと思います。

 

おそらく次のような文章を書きます!

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。〜〜

に続いて

〜〜これによって小児でのリスクのある脳腫瘍に比較的副作用がなく効く薬としての誕生の期待が持てます。私はがんによる死亡者がいなくなる世の中になればなと思いこの研究に真摯に取り組んでおります。」

まさにスタンダード!読んでも何も興味を“誘われない”文章です。

はっきり言って、読まれても面接官の記憶に残らないような興味を誘えない文章ばかりを99%の就活生は書きますね。とにかく面接官の興味を惹くための工夫をしない。

 

東大生のOpenESを50枚ぐらいは読んだけど、全然内容しょぼかったね。読んでも「へー」としか思わない文章だったよ。

 

このような興味を誘われない文章は『内定1社止まりコース』ですね。

 

就活攻略論の読者である就活攻略生には内定1社で満足して欲しくないので、 ここで『誘い』の技術を導入する方法を学びましょう。

とにかく大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方を加えるのです!

 

するとこんな文章を書くことができます! 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。〜〜

に続いて

〜〜私はこの研究によって『絶望は成長の種になる』という教訓を得ました。というのも、死亡リスクの高いがんという“絶望”を回避しようとして、私を含め多くの人が研究を行います。その研究により人は成長し、技術革新を起こし、人は進化していきますよね。すると『絶望も成長の種になる』ので悪いものではない。負があるからこそ正に変えるプロセスを楽しみ、成長することが重要だと思うのです。研究活動からこうした教訓を得ることができたことに感謝してもしきれません。」

これが内定20社超えコースの文章です。

普通の人は研究内容からこんな教訓を得ることはありません。

だからこそ内容が唯一無二で面白い考え方だなと読み手の興味を誘いますよね。 

 

大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方を導入することと同時に、この文章を読んだ人事部は「ぜひ会ってみたい!」「どんな子なんだろう!」「面白い考え方をするなぁ」「一つのものから多くのことを学び取れる優秀な子なんだな!」と評価するでしょう。

 

これをとことん考え抜いて、自分のOpenESやエントリーシートのレベルをワンランクUPさせてください!それだけの工夫で、OpenESの通過率が何倍にも高まるのですから。

f:id:shukatu-man:20180625140018p:plain 

OpenESの精度を更に高めるためには自己分析が必須

 

ここまで紹介した書き方を徹底すれば、面接官からは確実に評価されます。

しかし、更に素晴らしい内容、そしてテーマのOpenESを書くためには“本質的な”自己分析が必須です。

(自己分析の専門書などに書かれた「自分史の作成」や「モチベーショングラフ」のような浅い自己分析では意味ありません。)

 

なぜなら自己分析とは「過去の出来事から自分の考えをアウトプットする作業」であり、自己分析をしっかりとしておくことでOpenESに書く内容を選別することができるから。

 

今回説明した「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」に書いたテーマも、自己分析によって別に書くべきテーマが見つかる可能性も高いのです。

 

あなたにもしOpenESの提出まで時間があるのならば、自己分析を行ってからもう一度書き上げた内容を読んでみてください。

すると更に深い内容を書くことができると思います。

 

注意として、自己分析に関して世の中には様々な「自己分析専門の本」や「自己分析のやり方を書いた就活サイト」があります。

しかし、そのほとんどが低レベルで本質的ではない。

就活攻略論では「8ステップで終わる自己分析法」を提唱しているので、ぜひ参考に。

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方! 

 

どうしても書くことが分からない人は

 

ここまでお疲れ様でした!
でもそもそも「書くことがない!!」と悩んでいる人もいるんじゃないかな!?

 

「学業で250字も書くことがない!そんな頑張ってないから!」

「ゼミ、研究室に所属してないから書けない!」

そもそもこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

大学での学業を真剣に取り組んでない人は正直多いと思います。

それでは当然、250字も「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書くことはできないですよね。

 

でもそこで諦めていてはESで落とされまくる、面接で落ちまくるといったメンタルボロボロ地獄が待ち受けています。

 

就活攻略論を愛読してくれている就活攻略生の皆さんだけはそんな状況になって欲しくないので、「そもそも書くことがない!」「書けない!」という方でも“絶対に書けるようになる方法”を別記事で用意しました!

ぜひ参考にしてみてください。

» 「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」で書き方がわからない人のための対処法

 

書き方の例文を紹介

 

偉そうにここまで解説してきたんだから、あなたが書いた例文をもっと見せろだって?

「就活マンによる実際の例文を見たい」との声が非常に多かったので、別記事で例文を公開していますので、こちらもぜひ参考に!

ちなみにこちらの記事では、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」以外の質問への例文も紹介していますよ。

» 【10の例文で解説!】“絶対通過の”OpenES書き方の例

 

学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容を書き終えた後にすべき2つの行動

 

ここまででOpenESにおける「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の書き方や細かい疑問に関してクリアになりましたか?

 

ここでみなさんに一つ注意をしておくことがあります! 

それは、素晴らしいOpenESを作成して満足していてはいけないということです。

 

他の就活生も同様にOpenESの作成には力を入れます。当然同じレベルで行動していては差別化することはできません。

そこで他の就活生と差別化するために、絶対すべき2つの行動を紹介します。

それがこちらです。

①他人が作成したESを見て良い部分を盗み、自分の文章を磨く

②OpenESを作成したら就活エージェントと連携して受ける企業を増やす

ではそれぞれ解説していきましょう! 

 

①他人が作成したESを見て良い部分を盗み、自分の文章を磨く

 

これまで3年間で約500枚のOpenESを添削してきました。

 

その中で分かったことが、自分の主観では「満足できる文章が書けた」と思っていたとしても、客観的に見るとレベルの低い文章である可能性も高いということです。

 

これは非常に危険でして、こうした「主観」のみで自分の文章を評価していると、どの企業の選考も落ちるようなOpenESができてしまいます。

 

そこで「主観」だけで自分の文章を判断せずに『他人の書いたESの文章を読む』ということが重要になります!

当然、友達や先輩にESを見せてもらうなんて不効率な行動はNGです。ましてや、その友達や先輩のESのレベルが低かったら終わりなので。

 

ではどのように他人のESの文章を見るのかというと、「就活ノート 」という無料サービスを使います!

これは様々な企業の“選考通過した”ESの文章を見ることができるサービスです。

(会員登録をしないとESは見れないのですが、登録は30秒で終わります。)

選考に通過した文章のみが掲載されているので、文章レベルの質が担保されてます。

就活ノートへ|就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

 

30秒で終わる会員登録後に、 下記の画像のように選考通過したESを見ることができます。

 

f:id:shukatu-man:20181116005729p:plain

f:id:shukatu-man:20181116005744p:plain

画像引用:就活ノート

 

このサービスが紹介に値する理由は2つです。

・掲載されているESの数が2233枚!

・選考に通過したESのみ掲載されているため文章の質が高い

就活攻略論ではこれまで3年間で4つの他社サービスしか紹介していないのですが、そのうちの1つなのでぜひ活用してみましょう。

 

自分が書いた「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の文章のレベルがどの程度なのか、実際に選考で通過したESを見ながら客観的に判断することが重要だよ!

 

②OpenESを作成したら就活エージェントと連携して受ける企業を増やす

 

そしてOpenESを作成するだけで満足せずに絶対にすべきは、就活エージェントとの連携です。

この就活エージェントは、人材企業が行っているサービスで、面談を通して自分に合う企業を数百社の求人の中から紹介してくれます。

 

僕が就活生の時、利用したら素晴らしすぎて無料なのが怖くなりました。

今では無料で提供できる仕組みまで完全に把握しているので、皆さんにも共有しますね!

(こうした仕組みをしっかり理解しておきましょうね!)

 

就活エージェントを無料で利用できる仕組み ©就活攻略論

f:id:shukatu-man:20181201175354p:plain

 

つまり求人を出している企業が、人材企業に「自社にぴったりの新卒を紹介してくれたお礼」を払うから就活生は無料で就活エージェントを利用できるんです!

 

自分に合った求人を紹介してくれるのですから、利用しないのは完全にもったいないサービスです。ですが、自分でどの就活エージェントさんを利用するのか判断するのは難しいと思うので、おすすめを紹介しますね。 

 

おすすめの就活エージェントさんですが、まず第一にキャリアチケット さんは抜群におすすめです。求人の量と、内定率の高さが圧倒的ですね。

(僕も実際に利用したのですが面談の質が良いです。面談時間は1時間弱でした。)

 

面談予約は下記のリンクから30秒ぐらいでできます! 

新卒就活エージェントなら!【キャリアチケット】

 

一つ注意点ですが、このキャリアチケットの就活エージェントは、勤務希望地が「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」「愛知」「京都」「大阪」「福岡」のみとなります。

つまり求人がこの都道府県のものだけということ。 

もし他の県で利用したい方がいれば、僕の知り合いの就活エージェントさんを紹介する支援を無料でおこなっているので、ぜひ利用してください。詳細は下記です。

» 最適な求人を紹介してくれる「就活アドバイザーさん」を就活マンがあなたに合わせて紹介します。

また2社以上の就活エージェントを利用したい場合も、キャリアチケットに加えて僕の知り合いの信頼できる就活エージェントさんを紹介できるのでぜひ!詳細は上のリンクへ!

 

最後にもう一度言いますが、OpenESを作成して満足していてはいけません。

素晴らしい文章が書けたとしても、他の就活生も同じように頑張って文章を磨いてきます。そこで他の就活生と差別化するためには、とにかく効率的に動くことです。

良いサービスを見極め、利用し尽くし、すぐに行動する。

その積み重ねこそが大きな差を生むと僕は思います。

 

これからも皆さんに差別化するための情報を提供し続けるので、一緒に頑張りましょうね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー