就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【OpenES攻略④】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容は『誘い』が大切!


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!
昨日電車に乗ろうとしたら、ドアの前で思いっきり転んで車内の人からの刺激的な視線を浴びて汗が止まらなくなったでお馴染み、就活マンです。

 

 

f:id:shukatu-man:20180118130551p:plain

 

 

本日はOpenES攻略シリーズの第4回です。

ずっと話していますが、OpenESは通常のエントリーシートの10倍は重要。
なぜなら理由は単純で、通常のエントリーシートよりも、OpenESは10倍多くの企業に出す。つまり使いまわすため、OpenESに記入した内容が微妙だととにかく落選の嵐となります。 

これ、本当の話なのですが...僕の友人で就活中に受けた30社全てでOpenESで落選するという事態に陥りました。

この事態に「藤井(就活マンの本名)、まじで助けてくれ!」との号令がかかり、その友人のOpenESを見ると、内容が“カラスに荒らされた後のゴミ置き場”並にひどかったんですよね。

すぐさま一緒にスタバにかけ込み内容を修正、追加で20社受けた結果、20社すべて通過。

更には、そのうちの2社から直接電話が入り、「すぐに面談したい!」という特別ルートでの内定獲得に至ったという実話があります。

 

まぁ、つまりこれだけOpenESは重要だと言うことです。

...就活マンの添削スキルが日本屈指だという点はここでは触れません。あ、触れてるわw

 

なので、OpenESはとにかく書いては見直し、書いては見直しで常にブラッシュアップをし続けてください!!

 

1〜3回を読んでいない方は、ぜひ1回目↓から読むことをおすすめします。

shukatu-man.hatenablog.com

 

そして本日の記事では、OpenESの中でも難関である『学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容』の書き方に関して解説していこうと思います。

どこの就活サイトも解説が同じで、全く他の就活生と差別化できない情報(=評価されにくい情報)ばかりなので、ここでは他の就活生を圧倒するためのスキルを紹介します!一つでも多くのことを持ち帰ってくださいね!

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」で大切な2つのこと。

本日書くことは、趣味・特技の次に記入が必要な「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」についてです。

実際のOpenESの入力画面を見てみましょうか。

 

f:id:shukatu-man:20180118132329p:plain

(引用: https://open-es.com/resume/exp/)

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」については250文字以下で入力する必要があります。

前回説明した趣味・特技は120字でしたからこちらは少し長めになりますね。

 

そして入力が長くなるにつれて、実力の差があらわになってしまいます!!

 

長い文章になればなるほど、面接官からの評価に差が出てくるのです。

 

そんな「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」について書く際に押さえておく必要があることは、以下の2点です!!

 

POINT
  • とにかく分かりやすい言葉で書くこと。
  • 興味を持ってくれる内容で『誘う』こと。

 

 

この2点が死ぬほど重要になってきます。

逆に言えば、この2点を満たせていない文章は糞つまらないですし、面接官から評価されません。

 

...素敵な文章のLINEを送れない人が異性からモテないのと一緒だぁぁ!!

わかりやすく書くことが最も大切。

まず一番に大切なことなのですが、とにかく分かりやすい文章を書くことが重要です。

今回の入力のお題である「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」は、多くの人はゼミや研究で取り組んでいる“難しい専門用語”を無駄に使おうとするんですよね。

 

ほんと“無駄に”使おうとする!!

 

それはなぜか?

 

知識あるよ!アピールなんですよ。

 

つまり、

優秀アピール!!

 

友達にいるでしょ?変に知識付けてる人が無駄に専門用語とか使おうとするやつ。

本当に優秀な人で、取り組んでいる内容が画期的な分野であれば、それを伝えて面接官も興味を持つかもしれませんし、例えば技術職や研究職の方は、むしろ専門用語を使っても構わないと思います。

 

しかし、ここで一つお伝えしたいことは、

面接官が理解できない内容は読んでも何も伝わらない!

ということです。

 

これはしっかりと理解しておいて欲しいことです。

 

社会人になると分かりますが、企業の人事って普通に凡人です。

特に日本の企業では優秀な人は、売上が反映されやすい部署(営業職や商品企画など)に配属されます。

もちろん企業によりますが、人事は結構凡人であることは事実として理解しておいてください!!

 

よって、人事部の人に学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容を伝える際には、結構分かりやすい言葉で伝えるべきだと考えています。

 

 

もし読んだ人事が分からない内容であれば、面接の場を使って詳しく聞かれるかもしれません。

 

しかしながら、

就活の勝ちパターンは『いかに自分のパーソナリティ(内面や性格)を伝えられるか』

であるので、専門用語の説明などしている時間はとにかくもったいないのです。

 

好きな人には自分のパーソナリティを伝える必要がありますよね?

 

面接でも全く同じです。

 

付けているブレスレットの説明(自分とは全く関係のない情報)を延々としていては、相手は振り向いてくれません。

(就活マンの売りはこの巧みな比喩でしょうね。)

 

以上のことから、学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容では以下を徹底してください!

 

POINT
  • 専門用語はできるだけ分かりやすい言葉に変える。

 

 

これだけです!

 

これについては本当に言葉の通り。

例えば僕は化学を専攻していたので、専門用語を使って文を書くとこんな感じです。

 

「私はがん細胞に対しての農薬成分グリチルレチン酸による衰退作用についての研究を行っておりました。薬を添加後、がん細胞内の組織を毎秒定点観察し、その効果を測ります。....ry」

 

 いかがですか?

 

あなたが人事部だったら、こう思うはずです。

 

 

「んー。なんか難しいことやってんなぁ。」

 

そもそも人気企業の人事部は毎日何百ものOpenESを読んでいます。

そこで読みにくい文章は、読む気が失せますね。

そして何より機械的な文章でパーソナリティが全く伝わりません。

 

では専門用語をなくして、とにかく分かりやすい文章に変えてみましょうか。

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。...」

 

読みやすくないですか?

そして分かりやすい言葉で説明できる、あなたの人間味も感じますよね。

機械的な文章ではないので、こちらの方が読んでいて理解しやすいと思います。

 

このぐらい専門用語をなくし、より分かりやすい文章で構わないと僕は考えています。

 

...分かりやすく伝えることが重要。恋愛と同じ。ストレートに...「好きっ!!///」

 

面接官の興味を惹く『誘い』の技術。

次に「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を記入する際に重要な技術が僕が『誘い』の技術と呼んでいるものです。

 

この誘いとは何を誘うのかというと、

面接官の興味です。 

 

 とにかくOpenESだけでなく、エントリーシートでは次のプロセスが重要なんですよ。

 

面接官の興味を誘い → 面接官の記憶に残し →話してみたいと思わせる

 

これ。めちゃくちゃ重要です。

 

逆算して考えてみましょうか。

内定というゴールを得るためには、エントリーシートを読んで「この子と話してみたいな!」と思ってもらい面接に進むことがまずは重要ですね。

 

次に「この子と話してみたいな!」と思ってもらうためには、

エントリーシートを読んだ後も「◯◯くん(さん)が記憶に残っている」という状態を作る必要があります。

 

そして、記憶に残すために必要なことは、

「この子はどんな子なんだろう!!」という興味を誘うことが必要なのです。

 

この逆算するプロセスはしっかりと把握しておきましょう。

 

 

そして、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」において興味を誘うための『誘い』の技術とは、

質問をさせるポイントをあらかじめ作っておくこと。

 を指します。

 

 

 

人は疑問を抱くと、それに興味を持つ生き物です。

 

 

 

では、専門用語を使って分かりにくい文章を作った方が疑問を持たれるのでは?と考える人もいるかもしれません。

 

 

しかし先程話した専門用語に対する疑問とは根本的に違っていて、

専門用語に対する疑問は「これどういう意味?よくわからない。」という“その用語そのものへの疑問”です。

最悪ググれば調べることができるので、読んだ人は面倒くさいな!と思うだけです。

 

ここで言う『誘い』での疑問とは、

“その人が持つ、その人だけの考え方”のことです。

つまり大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方のことです。

 

f:id:shukatu-man:20180212170018p:plain

 

 

まだ分かりにくいと思うので、例を挙げましょう。

先程、僕が例に出した文章で「がん細胞に対して効く薬を研究している」と、研究の概要を書きましたよね。

 

9割の凡人就活生は、この文章の後に続いて、その研究によってどんな成果が期待されるのか、世の中はどう良くなるのかを書くかと思います。

 

つまり、

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。ーー

 

に続いて

 

ーーこれによって小児でのリスクのある脳腫瘍に比較的副作用がなく効く薬としての誕生の期待が持てます。私はがんによる死亡者がいなくなる世の中になればなと思いこの研究に真摯に取り組んでおります。」

 

といった具合でしょう。

 

もちろん素晴らしい志なので、これでも良いのですが、これでは内定1社コース止まりですね。

 

ここで『誘い』の技術を導入してみましょう。

とにかく大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方を加えるのです。

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。ーー

 

に続いて

 

ーー私はこの研究によって『人間は絶望から成長・進化できる生き物』だと感じました。どのような意味かと言いますと、死亡リスクの高いがんという“絶望”を回避しようとして、私を含め多くの人がより良い研究を行います。それが人の成長に繋がり、人は進化していくと思うのです。私はこの研究を通して、人生の中での絶望も悪いものではないなと感じ、負から正に変えるプロセスを楽しむことが重要だといった教訓も得ることができました。この研究には感謝してもしきれません。」

 

 

これが内定20社超えコースの文章です。

 

 

大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方を導入することと同時に、この文章を読んだ人事部は「ぜひ会ってみたい!」「どんな子なんだろう!」「面白い考え方をするなぁ」「一つのものから多くのことを学び取れる優秀な子なんだな!」と評価するでしょう。

 

『誘い』の技術=大衆とは違う意見の違いだったり、新しいモノの見方の導入。

 

これをとことん考え抜いて、自分のOpenESやエントリーシートのレベルをワンランクUPさせてみてください!

 

ちなみに『誘い』の基準ですが、

「自分に似た内容を書く人が100人いると仮定した時に、自分だけがこんな内容を書くだろうな!」

と自信を持てる文章ですね。

 

最初は難しいかもしれませんが、今すぐ時間をかけて考え出してみてください!

どうしても書くことが分からない人は。

ここまで長々と書いてきましたが、そもそもこんな悩みを持っている人がいると思います。

「学業で250字も書くことがない!そんな頑張ってないから!」

「ゼミ、研究室に所属してないから書けない!」

大学での学業を真剣に取り組んでない人は正直非常に多いと思いますし、そんな人が250字も「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書くことはできないですよね。

でもそこで諦めていてはESで落とされまくる、面接で落ちまくるといったメンタルボロボロ地獄が待ち受けてます。

就活攻略論を愛読してくれている就活攻略生の皆さんだけはそんな状況になって欲しくないので、「そもそも書くことがない!」「書けない!」という方でも絶対に書けるようになる方法を別記事で書きましたので、参考にしてみてくださいね。

 

shukatu-man.hatenablog.com

書く内容がない!と言って手が止まってる人も、就活マンに任せろっ!

OpenESで“絶対通過”する方法をまとました!

最後になりますが、ネット、本...世の中にある就活関連の情報が内容一緒すぎて就活マンはいつもこう思っています。

「短所は長所のように書け」「実体験をベースに書きなさい」「髪型は清潔感のある髪型で」...こんな表面的な解説ばかりいらないんだよ!!

この就活本に書いてある書き方を元に、他の40万人の就活生も書いてるんだよなぁ。なら差別化できないじゃないか!!

だからこの『就活攻略論』だけは読んでくれてるみんなが本当に具体的な書き方が分かって、面白く、なにより就活で必ず役立つ!差別化できる!というメディアになるようにと毎日毎日8時間は記事の更新やブラッシュアップをしてます。(...こう見えて頑張ってるのよ!笑) 

そんな集大成としてOpenES攻略のまとめ記事を作成しました。もちろんOpenESだけでなくESを攻略するために必須の内容になってます。

就活マンが偏差値50の中堅大学にも関わらず内定を22社獲得した秘訣を凝縮している、まさにカルピスの原液のような内容になってるので、ぜひ参考にしてみて下さい!

shukatu-man.hatenablog.com 

【デザート】就活を頑張る君へ。2018.5.28追記 

最近になってこんな思いを持ってる人が多いんじゃないかな。

「内定を持ってる人が増えてきて辛い。」

ぶっちゃけた話、就活マンはこう思います。

内定なんて1つもなくてもアルバイトして1年後就活すれば良いやん。

就活攻略を行ってる僕がこう言うのはおかしいと思うかもしれませんが、就活において最も重要なことは何度も言います。『10年後の幸せ』です。

なのに、内定がないことに焦って志望動機も全く思いつかないような企業からの内定を無理やり取りにいって“親を”満足させる。

はっきり言って、博打ですよ。入社して全く自分に合わず、毎日が辛くなる可能性が非常に大きい。それなら内定を焦らず、しっかりと一社一社に興味を持って心から良いな!と納得できる企業を探し求め続けることが重要なはずです。

そう考えると他人の内定なんてどうでも良いでしょ。

内定を複数持っている人に対しては、こう思っておけばいいんですよ。

「複数持ってても結局入社した企業が自分に合わず人生終了しとけよっ!内定持って幸せなのは今のうちだぞ、ざまぁみろ。」

って。(口が悪すぎるのはご勘弁w)

周りなんてどうでも良くて、大切なのは『自分の10年後の幸せ』ただ一つです。

そのために何が正解なのか、そもそも就職する必要があるのか。

そんなことまでぜひ考えてみてください。この“贅沢な至高の時間”こそが就活の醍醐味であり、就活をする意味だと思ってます。

長くなってしまいましたが、就活マンからみんなへのメッセージでした!

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

 

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報


就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加