就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」で“書き方がわからない”人のための対処法!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!大学のつまらない授業では1秒で教室から出ていましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180429142423p:plain

 

大学の時は出席取って、速攻で外に出てましたね...。懐かしい!

つまらない授業受けている時間がもったいなさ過ぎて、読書しまくったり、そのまま帰ってスタバにこもってました。そんな上手くサボっていた時間によって生まれた時間で、今このブログを書くための知識があると考えると、サボりも人生には超重要かな!と思いますね。

OpenESでのお困り事。  

OpenESでは「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を250文字で書く必要がありますよね。

そこで、
ゼミではほとんど何もしてないし、
学業で取り組んだ内容も思いつかない!!
っていう悩みがある人が意外にも多いことが最近の質問箱で判明しました!!

 

f:id:shukatu-man:20180429143300j:plain

f:id:shukatu-man:20180429143309j:plain

 

みんな悩んでますねー!

 

OpenESはこの記事でも書いたように、複数社に提出するエントリーシートなので、その分重要です。

shukatu-man.hatenablog.com

 

だからこそ、ゼミも学業でも250字書く内容がないからといって適当に書いていてはOpenESを提出する全ての企業から評価されないという事態に陥ってしまいます。

そんな崖っぷち寸前で、OpenESを書く手が止まっている人のために"学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容"をひねり出す方法を今回は紹介したいと思います!!

 

たしかに学業とかゼミに、そんなに力入れてない人。ぶっちゃけ多いもんね!!

まずは自分がなぜ書けないのかパターンを把握しよう。

「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を書けないという場合、悩みは複数のパターンがあると思うのでまずは分解してみましょうか。

 

【ゼミ・研究室の内容を書こうとして書けないパターン】

①ゼミ・研究室に所属していない。

②ゼミ・研究室に所属はしているが書くほどのことはない。

 

【学業を書こうとして書けないパターン】

③学業に本気で打ち込んでないから何を書けば良いか分からない。

 

こう分解してみると、「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を書けないという人は結局は、

ゼミ・研究室に所属しているが書くことがない人!
学業に関して書こうとしても書けない人!

という2パターンだと結論付けることができますよね。

 

だって、①の「ゼミ・研究室に所属していない」人は“学業に関して書く”という逃げ道があるじゃないですか!

それでも書けていないのなら、結局は③の「学業に本気で打ち込んでないから何を書けば良いか分からない」に属されるということになります。

 

要は、結局のところ『学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容』で書くことがない人は、「書けるようなことがないよぉ〜!!」と、
適当に大学生活を過ごした人
ってことですよね!

 

例えば経営学部の人が真剣に経営についての講義を学んでいれば、250字では到底足りない程の文量で書くことができるでしょう。

心理学部の人が真剣に心理学について学んでいれば、心理学の素晴らしさを250字で語るのは容易いと思います。

 

しかし、現実はそうはいかない。

大学で超真剣に講義を受けている人なんてのは1割いるかいないか
だと思っています。

 

f:id:shukatu-man:20180429231522p:plain

 

このように大学は人生の夏休みと言われるほどに甘ったるい場所なので、250字で学業または研究・ゼミのことが書けない人が量産されるんですよね。

大学は通っていても何も得ていない人が9割だよね。それはもう事実として受け入れて、いかに真剣に学んでいないながらも評価される250字が書けるかを一緒に考えよう!

 

250字も書けないという人はマインドセットを変えよう。

では学業もゼミ、研究も真剣に行ってこなかったためにOpenESで250字も書くことができない!と手を止めている人はどうすれば良いのか。

僕がおすすめするのは、まずマインドセットを変えてみようよ!ということです。

 

つまり多くの人はおそらく、OpenES内の「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を400字で書けと言われた時に、
取り組んだ内容を250字書く
と考えると思います。

 

当然ですよね。質問にも、「学業、ゼミ、研究室などで“取り組んだ内容”」とありますから。

しかし当然、真剣に取り組んでいないために取り組んだ内容を250字で書くことができない。

 

そこで、こうマインドチェンジしてみるのです!!

取り組んだ内容は軽く書いて、
「どう活かすか」「どう活きるか」を書く!

つまり、取り組んだ内容自体を書くのは少しにして、将来どう使っていくのかという点に注目して書くということです。

 

先程あげた経営学を例に少し書いてみましょうか。

 

◯250字“取り組んだ内容”で埋めようとする場合

「私は学業に関して、経営学に取り組みました。その中でも、経営時のキャッシュフローについて学び、貸借対照表やバランスシートを企業ごとに見比べる作業をすることで、各企業の経営の仕方や将来の可能性を学ぶことができました。その中でも特に、中小企業のうち利益率が高い業界に興味を持ったので人材業界や金融業界を中心に企業研究に打ち込みました。私は人材業界のビジネスモデルが非常に素晴らしいと感じ、企業が採用にかけるコストの高さに唖然としましたが、それだけ人材というリソースの重要性は高いことを再認識しました。(247字)」

 

◯250字“取り組んだ内容(少し)+“どう活きるか・どう活かすか”で埋める場合

「私は学業に関して、経営学に取り組みました。その中でも、経営時のキャッシュフローを中心に学習。実際に経営学を学んでみるとこれからの将来ずっと、ニュースを見る楽しさ、新聞に書いてある日々の出来事を把握することができます。また、それだけでなく経営学を通して、『1つの専門的な分野を学ぶことの面白さやコツ』を学びました。これらを今後、他の分野に展開していくことで、経営学だけでなくその他様々な分野の知識を学んでいきたいと思いますし、企業に入社後に活かせるような知識もどんどん吸収していきたいと思っています。(249字)」

 

いかがでしょうか?

 

もう少し詳しく説明していきますね!

 

将来にどう活きるか・どう活かすかという“未来ベース”で書く。

先程、例に挙げた文章を見てみましょうか!

 

◯250字“取り組んだ内容(少し)+“どう活きるか・どう活かすか”で埋める場合

私は学業に関して、経営学に取り組みました。その中でも、経営時のキャッシュフローを中心に学習。実際に経営学を学んでみるとこれからの将来ずっと、ニュースを見る楽しさ、新聞に書いてある日々の出来事を把握することができます。また、それだけでなく経営学を通して、『1つの専門的な分野を学ぶことの面白さやコツ』を学びました。これらを今後、他の分野に展開していくことで、経営学だけでなくその他様々な分野の知識を学んでいきたいと思いますし、企業に入社後に活かせるような知識もどんどん吸収していきたいと思っています。(249字)」

 

 赤い部分は、ざっくりと“取り組んだ内容”に関して書いていますね!

 

次に注目して欲しい点は、太文字の青い部分です!

ここは、取り組んだ内容に関して書いていないんですよね。

取り組んだ内容に対して、

・将来どう活きるか!
・将来どう活かすか!
という
未来ベース
で書かれているのが分かると思います。

 

例文から抽出してみます!

実際に経営学を学んでみるとこれからの将来ずっと、ニュースを見る楽しさ、新聞に書いてある日々の出来事を把握することができます。
⇒ 将来にどう活きるか!

 

また、それだけでなく経営学を通して、『1つの専門的な分野を学ぶことの面白さやコツ』を学びました。これらを今後、他の分野に展開していくことで、経営学だけでなくその他様々な分野の知識を学んでいきたいと思いますし、企業に入社後に活かせるような知識もどんどん吸収していきたいと思っています。 
⇒将来にどう活かすか!

 

 

この「どう活きるか」「どう活かすか」がなぜ“取り組んだ内容”について書けない人を救うための対処法となるかというと、そもそも取り組んだ内容を書けない人は、真剣に取り組んでないので、
取り組んだことに対しての説明が250字でできない状態
にあります。たしかに取り組んだ内容といういくら考えても変わらない事実に関して書こうとしても手は止まってしまいますよね。

一方で、「どう活きるか」「どう活かすか」に関しては、
自分の想造でいくらでも書くことができる
という特性があります。事実ではなく、未来のことを自分の考えとして書くのですからいくらでも自分で考える事ができますよね、だって結局は妄想ですから。

 

経営学がどう将来に活きると思うのか、どう活かしていこうと思うのかなんてことは、取り組んだ内容という事実ではないので、極論、ググれば「どう活かすのか」「どう活きるのか」出てきますよ!

 

最後に図解しておきまーす!

f:id:shukatu-man:20180429232032p:plain

 

これで「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」で何を書けば良いのか分からない!何も書くことがない!という人は救われると思うので、今すぐに手を動かしてください!

 

また、もうOpenESを書き終わっているけど、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容に関して適当に書いてしまっているという人は今日の記事を参考に書き直してみてはいかがでしょうか!!

OpenESはとにかく日々ブラッシュアップ!日々ブラッシュアップ!が大切ですからね。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!