就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】“資格がない場合の”資格欄の記入法について!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・資格がない場合の資格欄の埋め方が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!お肉が好きすぎて毎週焼き肉に行っていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190416211357p:plain

資格がない場合、OpenESの資格欄はどうすれば良いでしょうか!

なるほど。資格がない場合の記入に関しての質問だね!では今回は資格がない場合のOpenESの資格欄について詳しく解説しよう!

※資格がある方のための「資格欄の書き方」については別記事で詳しく解説しています。資格がある方は下記のリンクから別記事を参考にしてくださいね!

» 【就活生向け】資格の書き方まとめ|他の就活生と差別化する方法も!

資格がない場合のOpenESの資格欄の書き方

f:id:shukatu-man:20190416212010p:plain

 

では早速ですが、資格がない場合の資格欄について解説します。

まず結論としては、資格の勉強を全くしておらず、自動車免許も持っていない場合は資格欄には何も書かないで大丈夫です。

 

次の章で詳しく解説しますが、会計事務職などの専門職志望でない限り資格は必要ありません。(大学生は資格信者が多いですが、はっきり言ってほとんどの資格は役に立たないです。)

 

資格を勉強中の場合は「取得予定」と記載できる

 

資格をまだ取得しておらず、勉強中である場合は「取得予定」として資格欄に記載することが可能です。

例えば資格の取得試験が「2019年7月」にあるとします。

その場合は、「◯◯取得に向けて勉強中(2019年7月)」とOpenESに記載してください。

 

現在勉強中の資格も書くことができるんですね!初めて知りました!!

そうなんだよ!でも資格を書く際には面接官から「なぜその資格を取ろうとしているのですか?」と聞かれることが多いので、その回答は事前に考えておこうね! 

専門職以外は資格はなくても問題ない

f:id:shukatu-man:20190416212106p:plain

 

資格がないという方から、「資格がないとマイナス評価されますか?」という質問をよく頂きます。

それに対する僕の答えですが、「専門職以外に資格なんていらないよ!」というのが結論です。

 

専門職としては、事務職の中の「会計事務職」などは簿記やFPなどの資格があった方が圧倒的有利になります。(事務職は大きく一般事務職と会計事務職に分かれています。全体的な雑務を行うのは一般事務職です。)

なぜならそれらの資格があることで即戦力としての可能性を評価されるからですね。

 

しかし世の中にあるほとんどの資格は、直接その仕事に役に立つとは言い切れないものばかりです。

僕は「食生活アドバイザー」という資格を大学在学中に取得したのですが、全く使いませんw振り返ってもなぜ取得したのか疑問ですw

 

そして面接ではむしろ資格は「なぜその資格を取ったのですか?」という疑問を生み、その質問に答えられない人が撃沈します。これはもはや資格が足を引っ張っている状態ですよね。

 

世の中にあるほとんどの資格は、仕事に直接役立ちません。

だからこそ資格を持っていなくても全く問題はなく、入社後に必要になった資格は入社後に取得すれば良いだけの話ですよ。

 

その他のOpenESの質問項目の書き方について

 

ではここまでの説明で「資格がない場合の資格欄の書き方」については理解できたと思います。

しかしOpenESで重要なのは、資格欄よりも圧倒的に「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと」の2つの質問への回答なんですよね。

この2つの質問は400字以内での文字入力を必要とする、OpenESでも最大のボリュームがある質問です。

 

資格の書き方に意識を向けるよりも、この2つの質問への回答を磨くことを優先しましょう! 

そのために就活攻略論ではこれら2つの質問への書き方を徹底解説しています。もう書き終わっているという人も、OpenESは複数の企業に提出するため、磨いても磨いても無駄なことはありません。もう一度書き直すぐらいの勢いで向上させてください。

 

▼OpenESへの「自己PR」の書き方はこちら!

» 【自己PRの書き方は5ステップ!】就活生向けの自己PR作成法|新卒必見!

 

▼OpenESへの「学生時代に打ち込んだこと」の書き方はこちら!
»【OpenES】学生時代に最も打ち込んだことの「文章構造」と書き方解説!

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

資格がないと悩んでいる人は、全く悩む必要はありません。

大学時代の与えられた時間を将来使うことのない資格の取得に割くことは完全に無駄ですので、むしろ誇ってください。

ぜひ資格欄に縛られず他の質問への回答の充実を目指してくださいね!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー