MENU

【OpenESの提出時間について】夜中に提出するのはNG?

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:syukatsu_man:20220107162651p:plain

 

今回の記事では、OpenESの提出時間についてバシッと解説します!

(いつ出すべきなのか、夜中に出すことの是非なども合わせて共有します)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

この記事にたどり着いた人は「OpenESを提出する最適な時間はいつかな?」と疑問に思った素晴らしい人達だと思います。

そこまで配慮できる人って、なかなかいないですからね。

 

今回はOpenESを提出するのはいつが良いのか、そして注意すべき点までまとめていますので、しっかり読み込んでください。

ちなみに本記事の最後の章にて、「OpenESの質を高めるために最適な記事」も紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

OpenESはいつまでに提出すれば良いのか、決まりがあるのかなど知りたいです。

提出時間や注意すべき点まで詳しく解説していくね!

f:id:shukatu-man:20210320104252p:plain

※人気企業のES対策に必須だと僕が現状考えているサイトたちです。

 

強みと弱みを15分で分析できる:キミスカ

ー僕が利用した適性検査の中で最も精度が高かった

ー適性検査を受けることで企業からスカウトが届く

f:id:shukatu-man:20210323174036p:plain

 

作成したES情報の登録で企業からスカウトが届く:オファーボックス

ー約8000社が利用する逆求人型サイト【内定獲得にめちゃくちゃ繋がる!】

ー自分のES情報が魅力的かどうかをスカウト受信数で判断できる

 

選考通過者のESがサイト上で5万枚以上見放題:ユニスタイル

ーサイトが非常に見やすい

ー完全無料で内定者・選考通過者のESを読むことができる

【結論】提出時間帯はいつでも良いが、提出日は早めに!

f:id:shukatu-man:20190406192216p:plain

 

まず結論から言います。

OpenESの提出時間はいつでも大丈夫です!

 

OpenESの提出時間はいつでも構いません。

よって土曜日や日曜日に提出しようとしている人や、深夜に提出しようと迷っている人もそのまますぐに提出して問題ありません。

 

OpenESの提出方法については、以下の記事で解説しています。

オンライン上のESだからこそ、提出方法はきちんと確認しておきましょう。

 

 

OpenESの提出時間帯がいつでも良い理由

 

ではなぜOpenESの提出はいつでも良いのでしょうか?

それはOpenESの仕組みを理解すれば把握することができます。

 

そもそもOpenESとはリクナビが提供するサービスです。

あなたの書いたOpenESをオンライン上で預かって、企業がいつでも見れる状態を作るという仕組みです。

 

f:id:shukatu-man:20190406194543p:plain

 

企業側に立つと、OpenESは好きなタイミングで見ることができます。

つまり重要なのは「提出されているか・されていないか」のみなのです。

一方でメールとなると、メールの受信した日時を確認するため、その提出時間は重要です。

 

まとめると、企業はOpenESが提出された時間や曜日を気にしないため、いつ提出しても問題がないということになります。

 

なるほど!オンラインで提出するから時間はあまり気にされないんですね!

そうなんだ。企業側は好きなタイミングでOpenESを見ることができるからね。

OpenESの提出日はできるだけ早めが良い

f:id:milysong:20210625090046j:plain

 

OpenESの提出時間はいつでも良いですが、提出するのはできるだけ早めを意識しましょう。

理由は大きく分けると、以下の3つです。

 

【OpenESを早めに出した方が良い理由】

  • 心理的余裕が持てる
  • 企業に対して熱意を伝えられる
  • 「質」も高ければ人事に好印象を与えられる

 

特に重要なのは「心理的余裕」が持てることと、企業に対して熱意を伝えられるということにあります。

宿題と同じですが、早めに終わらせておけば「提出しなくては!やらなくて!」と焦る時間が少なくなるので、心理的余裕が生まれますよね。

 

そしてそれだけでなく、企業によっては提出期限の前までにOpenESを確認する企業もあります。

 

当然提出する「早さ」よりも「質」が重要なことは言うまでもありません。

しかし、質も高く早く提出されているエントリーシートは特に人事から好印象を得ることができます。

 

自分が人事の立場に立って考えれば当然ですよね。

よってぜひ早め早めに提出することを心がけてください!

 

提出期限ギリギリが怖い理由や遅れたときの対処法については、以下の記事で解説しています。

遅れた場合どうなるのか、どうするべきなのか。

万が一に備えて、事前にチェックしておいてくださいね!

 

 

提出時間はいつでも問題ないけど、提出する早さは意識すべきということですね。

まさにそのとおりだよ!基本的に提出が遅い人に良い印象は受けないからね。 

OpenESは夜中の提出でも問題なし

f:id:shukatu-man:20190406192319p:plain

 

ここまで解説すれば理解できたと思いますが、OpenESを提出する時間は夜中でも問題ありません。

OpenESは提出されているか、されていないかが重要であるため提出された時間には企業は着目しないからです。

 

ちなみに補足ですが、OpenESは同じ企業に何度も再送信することができます。

(※提出企業によってできる企業、できない企業がありますが。)

 

OpenESの内容を変更して、提出期限内に再送信した場合は保管所にあるデータが「上書き」されるため、前に提出したOpenESは残りません。

 

提出期日の23:59まで提出が可能

 

OpenESは提出期日の23:59まで提出することが可能です。

ですので、ギリギリまで修正や見直しを行って日付が変わるギリギリに提出することもできます。

 

しかし、オンライン上で提出するため、あまりにもギリギリ過ぎると「通信状況が悪くて時間内に送れなかった…」なんてことになりかねません。

せっかく作成したのに送れずに終わってしまうなんて、かなりもったいないですよね。

 

通信エラーなどのリスクを避けるためにも、できるだけOpenESは早めに提出しておきましょう!

 

たしかにギリギリに送って偶然そのときだけ通信状態が悪くて…って考えると怖いですね。

そうだよね。せっかく時間をかけて作成しても、そういったトラブルが起きる可能性もある。だから作成自体も早めにはじめて提出期限まで余裕を持つことが大切だよ。

【注意】メールは時間帯や曜日に気をつけること!

f:id:shukatu-man:20190406192115p:plain

 

このOpenESの提出時間の話をした時に注意して欲しいことがあります。

それは「メール」に関しては送信時間を気にしなくてはならないということです。

 

これは簡単な話でして、企業はメールが届いていると「このメールはいつ届いたメールなのか?」とチェックします。

あなたがラインでメッセージを確認する時も同じことをしますよね?

 

そしてメールの受信時間をチェックした時に、営業時間外や夜中だとこんなことを思います。

いつ送ってきているんだよ!(怒)

と。

 

中小企業であれば、人事担当者が休日も会社のスマホを持っている可能性や、自分のスマホに仕事のメールが届く人もいるでしょう。

あなたからのメールが休日に届いたら確実にイラっとします。

 

よってメールを送る時間や曜日には気を付けてください。

メールを送るのがNGな時間帯と最適な時間帯は「電話をかけるタイミング」と同じでして以下の通りです。

 

【メールを送るのがNGな時間帯】

  • NG)午前10時前
  • NG)昼休憩中の12時〜13時
  • NG)17時〜19時以降
  • NG)土日祝日などの企業の休業日

【メールを送るのに最適な時間帯】

  • GOOD)午前11時(※ただし月曜日は休み明けで忙しいのでNG)
  • GOOD)午後14時〜16時

 

たしかに休日にメールがくるとマナーがなってないなと思われちゃいそうですね。

人事の立場になって考えると、印象はあまり良くないよね。

OpenESの質を高める方法

f:id:milysong:20210308022711j:plain

 

ここまでで提出時間について解説してきました。

次にこの章では、OpenES全体の質を高める方法をお伝えしていきますね!

 

OpenESは一度書いたあと、もう一手間加えることでグッと質を高められます。

多くの企業に出すからこそ、この質を高めておくことで、全体的な突破率も飛躍的に高まりますよ!

作成したあとは、以下の3つを試してみてください。

 

【OpenESの質を高める方法】

  • 就活エージェントに添削してもらう
  • ES閲覧サービスで他人のESと比較する
  • ES添削サービスを利用する

 

方法① 就活エージェントに添削してもらう

 

最もおすすめなのは「就活エージェントに添削してもらう」という方法です。

就活エージェントとは、求人紹介から選考対策までを専任のサポーターが一貫して行ってくれるサービスのこと。

 

f:id:milysong:20210929155226p:plain

 

選考対策もしてくれるので、もちろんエントリーシートの添削も可能です。

また、最大のメリットは紹介してもらった企業の選考後に、エージェントを経由してフィードバックがもらえること!

 

一般的なエントリーの場合は、企業からフィードバックをもらえることはめったにありません。

しかし、就活エージェントを経由して選考を受ければ、あなたのエントリーシートに対する採用担当者からの評価を知ることができるんです。

 

フィードバックしてもらった点を改善することで、OpenESの質を格段に高めることができますよ!

 

そんな就活エージェントですが、サービスが多すぎてどれを使えばいいのか迷ってしまうかと思います。

僕が本当におすすめできる就活エージェントは以下のとおりです。

 

【関東への就職希望者におすすめ】

 

ミーツカンパニー就活サポート(1位)

キャリアチケット(2位)

DiG UP CAREER(3位)

 

⇒関東への就職を希望するなら、上記の3つのエージェントの併用がおすすめです。

どこも支援の質が高いので、まずは初回面談をオンラインで受けてみて、自分に合ったコースを継続利用することをおすすめします。

 

【関東以外への就職希望者におすすめ】

 

ミーツカンパニー就活サポート(1位)

(オンライン面談で全国対応中!)

キャリアチケット(2位)

(オンライン面談で全国対応中!)

 

【全就活生におすすめ】

 

イロダスサロン

現状、23卒にサービスを提供しているのはイロダスサロンですね!

(23卒へのサービス提供開始はほとんどが3月以降なので)

こちら登録学生数に限りがあるので、23卒は絶対に利用すべきです。

 

上記の就活エージェントは全て十分な実績を持っており、運営も信頼できる企業が行なっています。

僕が直接、運営会社にインタビューしたこともありますが、本当に信頼できる方ばかりで、サービスやエージェントの質も間違いありません!

 

ただ、上記以外にも就活エージェントはあり、利用価値が高いものも多いです。

以下の記事で、僕が厳選したおすすめの就活エージェントをランキング形式で紹介しているので、こちらも合わせて必ず確認しておいてください!

 

 

方法② ES閲覧サービスで他人のESと比較する

 

2つ目は「ES閲覧サービスで他人のESと比較する」方法です。

ES閲覧サービスとは、会員登録するだけで過去に選考を通過した他人のESを見られるサービスのこと。

 

他の就活生のESと比較することで、もっと追記できる部分や魅力的な書き方を知ることができます。

ちなみに僕は、他人のESを参考にして自分の文章を磨いたからこそ、OpenESの通過率が100%でした。

ES閲覧サービスの中でも特におすすめなのは「unistyle(ユニスタイル)」です。

 

▼3万人以上のESが無料で見られる!

f:id:milysong:20211214104025p:plain

 

会員登録をするだけで、なんと3万枚以上もの他人のESを見ることができるんです!

もちろん無料ですので、登録して損することはありませんよ。

 

企業ごと、部署ごとのESを見られるので、志望している企業の先輩たちが書いたESをぜひ参考にしてみてください!

 

【ユニスタイルの登録方法】

  1. unistyle無料会員登録」から登録を行う。
  2. 届いたメールにて本登録を行う。
  3. 無料で3万枚のエントリーシートにアクセスできる。

 

方法③ ES添削サービスを利用する

 

3つ目は、ES添削サービスを利用する方法です。

ES添削サービスとは、自分の書いたESを第三者に添削してもらえるサービス。

 

第三者に見てもらうことで、自分では気づけなかった点について指摘してもらえます。

客観的な視点で添削してもらうことで、質の高いOpenESに仕上がりますよ。

 

これまで、あらゆるES添削サービスを見てきた僕が、本当におすすめできるサービスを厳選して以下の記事でまとめています。

「どのサービスがいいのかわからない」と迷っている就活生は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

他人の視点を入れることで、気づけなかった部分を把握できそうですね。

そのとおり!特に就活のプロである「就活エージェント」は評価される書き方も知っているから、利用することで就活を有利に進められるよ。

提出前に内容を最終チェックすべし

f:id:milysong:20210509191532j:plain

 

OpenESやメールの提出マナーについて理解できたと思います。

しかし、OpenESにおいて最も大事なのはその「内容」です。

いくら提出するのが早くても内容のクオリティが低ければ当然評価されることはありません。

 

そこで就活攻略論の出番ですね。

現状、OpenESに関する記事では公式サイトを除くと、2年連続で日本で一番読まれているのが、この就活攻略論です。

(少し自慢してすみません)

 

よく読まれているということは、記事の内容が就活生の期待を満たしているということですので、ぜひ就活攻略論のOpenES関連の記事を読み込んでみてください。

 

そして読むだけでなく、実行しましょう。

手を動かしましょう。

そうすれば劇的に内容が向上することを僕が保証します。

 

ではお待たせしました!

僕がOpenES関連でおすすめしている記事は以下の3つ記事です。

 

 

この3つはOpenESの中で入力文字数が多い質問項目への対策法を紹介した記事です。

入力文字数が多いということは、その分面接官がよくチェックしている項目。

 

よって、この3記事は本記事を読みえ終えたら必ずチェックしておいてください!

 

OpenESの中でも重要な項目だから、上の3記事はかならず読んでおいてね!

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

OpenESの提出はいつでも問題ないですが、できるだけ早めに出すのがベストです。

 

不安で何度も見直したり修正したくなるかもしれませんが、ギリギリに提出してしまうと送れない危険性もあります。

OpenESは、できる限り作成も提出も早めにしておきましょう。

 

とはいえ、早さだけではなく「質」も伴っていなければ意味がありません。

本記事で紹介した質の高め方や関連記事を参考に、質の高いOpenESに仕上げてくださいね!

では最後に本記事の要点をまとめて終わりましょう!

 

【本記事の要点まとめ】

  • OpenESの提出はいつでも良いが、できるだけ早めがいい。
  • 早めに提出することで「心の余裕が持てる」「熱意を伝えられる」「質も高いと好印象」といったメリットがある。
  • 期限は提出期日の23:59までだが通信エラーなどが起きる可能性も考えておくべき。
  • メールの送信は曜日や時間帯に注意が必要。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/