就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】提出する時間について|夜中に提出するのはNG?

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・OpenESを提出すべき時間が知りたい

・OpenESは夜中に提出しても良いのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!音楽を聞きながら作業するのは、集中力を低下させると聞いたので最近は陸軍が訓練でも使用しているという耳栓をしながら作業していますでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20190406191630p:plain

本記事では「OpenESの提出時間」について詳しく解説します。

就活ではビジネスマナーに関する知識が必須でして、この記事にたどり着いた人は「OpenESを提出する最適な時間はいつかな?」と疑問に思った素晴らしい人達だと思います。

ちなみに本記事の最後の章にて、「OpenESの質を高めるために最適な記事」も紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

【結論】提出時間帯はいつでも良いが、提出日は早めに!

f:id:shukatu-man:20190406192216p:plain

 

まず結論から言います。

OpenESの提出時間はいつでも大丈夫です!

OpenESの提出時間はいつでも構いません。よって土曜日や日曜日に提出しようとしている人や、深夜に提出しようと迷っている人もそのまますぐに提出して問題ありません。

 

OpenESの提出時間帯がいつでも良い理由

 

ではなぜOpenESの提出はいつでも良いのでしょうか?

それはOpenESの仕組みを理解すれば把握することができます。

 

そもそもOpenESとはリクナビが提供するサービスです。

そしてその仕組みですが、リクナビのOpenESというサービスがあなたの書いたOpenESをオンライン上で預かって、企業がいつでも見れる状態を作るという仕組みです。

 

f:id:shukatu-man:20190406194543p:plain

企業側に立つと、OpenESは好きなタイミングで見ることができます。

つまり重要なのは「提出されているか・されていないか」のみなのです。

一方でメールとなると、メールの受信した日時を確認するため、その提出時間は重要です。

まとめると、企業はOpenESが提出された時間や曜日を気にしないため、いつ提出しても問題がないということになります。

 

提出日はできるだけ早めが良い

 

OpenESの提出時間はいつでも良いですが、提出するのはできるだけ早めを意識しましょう。

理由は大きく3つあるのですが、特に重要なのは「心理的余裕」が持てることと、企業に対して熱意を伝えられるということにあります。

宿題と同じですが、早めに終わらせておけば「提出しなくては!やらなくて!」と焦る時間が少なくなるので、心理的余裕が生まれますよね。

 

そしてそれだけでなく、企業によっては提出期限の前までにOpenESを確認する企業もあります。

当然提出する「早さ」よりも「質」が重要なことは言うまでもありませんが、質も高く早く提出されているエントリーシートは特に人事から好印象を得ることができます。

自分が人事の立場に立って考えれば当然ですよね。

よってぜひ早め早めに提出することを心がけてください!

 

▼提出期限についてはこちらでも詳しく書きました

» 【必見!】OpenESで“提出期限ギリギリ”が恐ろしい3つの理由!

 

提出時間がいつでも問題ないけど、提出する早さは意識すべきということですね。

まさにそのとおりだよ!基本的に提出が遅い人に良い印象は受けないからね。 

 

OpenESは夜中の提出でも問題なし

f:id:shukatu-man:20190406192319p:plain

 

ここまで解説すれば理解できたと思いますが、OpenESを提出する時間は夜中でも問題ありません。

OpenESは提出されているか、されていないかが重要であるため提出された時間には企業は着目しないからです。

 

ちなみに補足ですが、OpenESは同じ企業に何度も再送信することができます。

(※提出企業によってできる企業、できない企業がありますが。)

OpenESの内容を変更して、提出期限内に再送信した場合は保管所にあるデータが「上書き」されるため、前に提出したOpenESは残りません。

 

この仕組みからも、OpenESはリクナビがサービスとして保管所に保管しているデータであり、オンライン上で保管されているデータを企業が見るという仕組みだと理解することができますよね!

 

【注意】メールは時間帯や曜日に気をつけること!

f:id:shukatu-man:20190406192115p:plain

 

このOpenESの提出時間の話をした時に注意して欲しいことがあります。

それは「メール」に関しては送信時間を気にしなくてはならないということです。

 

これは簡単な話でして、企業はメールが届いていると「このメールはいつ届いたメールなのか?」とチェックします。

あなたがラインでメッセージを確認する時も同じことをしますよね?

 

そしてメールの受信時間をチェックした時に、営業時間外や夜中だとこんなことを思います。

いつ送ってきているんだよ!(怒)

と。

 

中小企業であれば、人事担当者が休日も会社のスマホを持っている可能性や、自分のスマホに仕事のメールが届く人もいるでしょう。

あなたからのメールが休日に届いたら確実にイラっとします。

 

よってメールを送る時間や曜日には気を付けてください。

メールを送るのがNGな時間帯と最適な時間帯は「電話をかけるタイミング」と同じでして以下の通りです。

 

【メールを送るのがNGな時間帯】

 

NG)午前10時前

NG)昼休憩中の12時〜13時

NG)17時〜19時以降

NG)土日祝日などの企業の休業日

【メールを送るのに最適な時間帯】

 

GOOD)午前11時(※ただし月曜日は休み明けで忙しいのでNG)

GOOD)午後14時〜16時

提出前に内容を最終チェックすべし

 

OpenESやメールの提出マナーについて理解できたと思います。

しかしOpenES関連の記事では何度も言うように、OpenESにおいて最も大事なのはその「内容」です。いくら提出するのが早くても内容のクオリティが低ければ当然評価されることはありません。

 

そこで就活攻略論の出番ですね。

現状、OpenESに関する記事では公式サイトを除くと、2年連続で日本で一番読まれているのが、この就活攻略論です。(少し自慢してすみません)

よく読まれているということは、記事の内容が就活生の期待を満たしているということですので、ぜひ就活攻略論のOpenES関連の記事を読み込んでみてください。

そして読むだけでなく、実行しましょう。手を動かしましょう。

そうすれば劇的に内容が向上することを僕が保証します。

 

ではお待たせしました!

僕がOpenES関連でおすすめしている記事は以下の3つ記事です。

 

» 【OpenES】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容で絶対評価される書き方!

 

» 【OpenES】学生時代に最も打ち込んだことの「文章構造」と書き方解説! 

 

» 【自己PRの書き方は5ステップ!】就活生向けの自己PR作成法|新卒必見! 

 

これら3つは、OpenESの中で入力文字数が多い質問項目への対策法を紹介した記事です。入力文字数が多いということは、その分面接官がよくチェックしている質問項目なのでぜひこの3記事は絶対にチェックして自身のOpenESのクオリティを高めてください。

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

OpenESの提出に関する理解が深まりましたよね。 

ちなみに冒頭の挨拶で紹介した耳栓はこちらです!今までは音楽を聞きながら作業をしていたのですが、それだと集中力が低下すると知ってからはこの耳栓を使っています。

そして間違いなく作業に対する集中力が上がりました。

ぜひお試しを〜!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー