就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【OpenES攻略⑥】“学生時代に打ち込んだこと”の『文章構造』完全版!


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

皆さん、こんにちは!
マックの店員さんにスマイルくださいと言って複雑な顔をされながらもスマイルをくれた思い出が唯一の財産でお馴染みの、就活マンです。

 

 

f:id:shukatu-man:20180212171527p:plain

 

 

本日はOpenESの攻略法、第6回目です!

1〜5回を読んでいない方は、1回目↓から読むことをおすすめします。

shukatu-man.hatenablog.com

 

OpenES完全版はこちらから!

【19卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

ー学生時代に打ち込んだことは400文字以内。

OpenESにおける学生時代の記入は400文字以内です。

実際に入力画面を見てみましょう。

 

f:id:shukatu-man:20180118140057p:plain

 

前回説明した自己PRと同様で、400文字は非常に長いです。

 

長い文章を書く時に大切なことは、“どんな構造”で“どんなことを伝えるか”ということ。

 

しっかりと考えてから書くようにしないと、結局何を伝えたいのか分からないつまらない文章になりかねません。

 

...「話長いくせに結局何が言いたいの!?」って人いるでしょ。就活での集団面接を経験すると分かるけど、 そういう人はとことん面接で落とされる!!もう本当に落とされるから要注意!!

 

ー学生時代に打ち込んだことを考える前にすべき分類分け。

では早速この「学生時代に打ち込んだことは何か」という質問への回答を考えていきましょうか。

しかしながら、これを考える際には分類分けが必要だと考えています。

 

その分類分けとは、

学生時代に打ち込んだことがある人

学生時代に打ち込んだことがない人

です。

 

この分類分けをすると面白いことに、9割の就活生が『学生時代に打ち込んだことがない人』に分類されます。これマジです。

 

よって別に打ち込んだことがないからって諦める必要は全くなく、他人の9割は打ち込んだことがないんだから、その中でも自分はどういったことを話せば良いのかを考える事の方が重要となるのです。

 

ちなみに打ち込んだことがある1割の人も油断はできません。

打ち込んだことのある人の特徴は、話が単調になりやすいということです。変に情熱を持ってしまっているので、そのことの良さや経験などの『事実』ばかり淡々と書いてしまい結果つまらない文章になってしまうのです。

 

 

この事実ばかり書いてしまうことはNGなので、前回の記事をしっかりと読んで避けてくださいね。とにかく『理由付け>事実』が重要になりますから!

shukatu-man.hatenablog.com

 

...私の学生時代に打ち込んだことは、モンスターストライク!(mixiが提供するスマホゲームアプリ)つまらない講義の時間を使って猿のように「ストライクショットォォォォォォぉ!!!!!」と心の中で叫んでいたわ。(分かる人には分かる)
※面接でこの表現は使わないでください。

 

ー学生時代に打ち込んだことの必勝パターン。

ではまず最初に学生時代に打ち込んだことの必勝パターンの書き方を指導していきましょうか。

 

先程言ったとおり、特に最初から打ち込んだことをすぐに思いつく人は、打ち込んだことに対しての事実ばかりを語りがちです。

これは、本当にありがちな失敗ですね。

面接官に自分とはどんな人かというパーソナリティが一切伝わらないのですから。

 

そんな失敗を避けるためにも、この構造で書くことをおすすめします!

 

打ち込んだこと

何に打ち込んだのかという結論をシンプルに。

なぜそれに打ち込んだのか?

打ち込んだことに対してなぜ打ち込んだのかを書く。その際に『圧倒的なぜ』を徹底した内容とする。
(『圧倒的なぜ』の解説:
【OpenES攻略①】OpenESの書き方の必勝法“圧倒的なぜ”について - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法- )

豆知識

後で詳しく説明します!

それで身につけたこと

それに打ち込んだことでどんなことが身についたのか、どんな考え方を持つようになったのか、よりオンリーワンな回答ができるように考える。※ここが幼稚な文章だと評価されない!

今後どう活かすか

身についたことがビジネス社会でどう活かされると考えるのか。

この力を貴社で存分に発揮します!!

文章の締めはこの言葉で決まり!

 

これは「僕が考えた学生時代に打ち込んだこと」に関する構造の必勝パターンです。

この構造で書けば間違い無い!と自信を持って言えますね。

 

 では途中に書いた豆知識に関して、詳しく話しますね。

「豆知識ってなんだよ!」との声が聞こえてきそうですが、ここが肝になりますので、よく聞いてください。

 

この豆知識は、学生時代打ち込んだことに関して“普通の人は言わないであろう自分だけのエピソードや情報”です!

 

例えを出した方が分かりやすいですね。

 

打ち込んだことが『野球』だとしましょう。

 

豆知識としては、

『キャッチャーをやっていたのですが、ズボンが3ヶ月に一回お尻の境目で破れるんですよ!』

といったエピソードや、

『4年間使用していたグローブの匂いを嗅いで失神しかけたことがあります。』

などが挙げられるでしょう。

 

少しユーモアが激しいと感じるかもしれませんが、その後に続いて、『これほどまでに努力した結果...』と真面目な文章も挿入すればクスッと笑える面白いエピソードとなり面接官の心を鷲掴みすることができます。

(『4年間使用していたグローブの匂いを嗅いで失神しかけたことがあります。しかし、これほどまでに努力した結果、誰にも負けない「挑戦心」を手に入れました...:赤がユーモア・青が真面目さです。

 

 

もう本当に鷲掴みですよ!鷲掴み!!

多分もうこんな状況ですよね。

 

 

.

.

.

 

 

 

f:id:shukatu-man:20180129131931p:plain

 

なぜ鷲掴みにすることができるかと言うと、エントリーシートでも面接でも強弱が必要だからです。

 

真面目過ぎる人と話していても面白くない理由は、

真面目で単調な話ばかりだからですよね。

 

逆にギャグばかり言っている人には、

「こいつ中身ない人だな」と思ってしまうかもしれません。

 

 

よって大切なのは

『真面目さ』と『ユーモア』という強弱のバランス

なのです。

 

 

 

就活ではほとんどの人が『真面目過ぎる人』になってしまう。

能力をアピールしないと!と焦るので仕方のないことですが、現実世界でも真面目過ぎる人ってつまらないよねとなりますよね。

面接官からして将来一緒に働く人を選ぶための就活でも同じことですよ。

 

 

今回紹介した豆知識はそんな真面目過ぎを避けるための『ユーモア』としての機能を備えています。

 

僕がユーモアに関しておすすめする就活攻略法に「(笑)エピソード」というものがあるので、ぜひ下記の記事もチェックしてみてください!

shukatu-man.hatenablog.com

 

 

 

面接官を笑わせれば就活はうまくいく!という言葉を聞いたことがある人もいるかとは思いますが、ただ笑わせに走っても失敗します。

 

大切なのはそのバランス。真面目とユーモアの強弱なのです!!

 

 

 ではでは豆知識の説明も済んだところで、この必勝パターンの構造で一つ。

例を書いてみましょうか。

 

「私が学生時代に打ち込んだことは、海岸での清掃ボランティアです。

(打ち込んだこと)

なぜ週に1回も海岸ボランティアに参加していたかというと、「結果解決しないかもしれないことにも、一歩進んで挑戦することの重要性を感じたから」です。

東京の海は非常に汚い。そんな海を綺麗にしようとそのボランティアでは目標を掲げています。しかし実際のところ、週に一度ゴミを拾っていても、それは無理かもしれないと心の奥では思うのです。

しかしそこで諦めず、手を動かす、足を動かすことが私の人生の中で何か重要な意味を持つかもしれないと考えて活動していました。

(なぜそれに打ち込んだのか)

単調なゴミ拾いの中にも、実は面白いことがあって、一度真珠を拾ったことがありました。それをずっと飾っているのです。

(豆知識)

その真珠は、難しい課題に対してすぐに諦めず何かアクションを起こすことを私に訴え、実際にその能力が身についたと思います。

(それで身についたこと)

どんなことにも一歩挑戦し、継続してみる。私は今後もこの考えを元に挑戦し続けたいと思っています。

(今後どう活かすか)

この力、考えを貴社で存分に発揮します!!

(締め)

 

少し文字数は400字をオーバーしていますが、こんな構造で書けば読んだ際に、この子はこんな人なのかな?というパーソナリティのイメージを持つことができますよね!

 

...真珠を拾ったなんていうロマンチックなエピソードがなくても、ゴミの中にこんなものがあった!だったりと、考えれば豆知識はいくらでも出てくるからね!!

 

ー学生時代に打ち込んだことがない人はどうするの。

必勝パターンの書き方を説明しましたが、冒頭で言った通り「学生時代に打ち込んだこと」がない9割の人は何を書けば良いのでしょうか。

 

ここで伝えることは非常に重要なのですが、

学生時代に打ち込んだことのない9割の人は、バイトまたはサークルのことを書こうとします!!

 

これ、本当に当てはまりすぎて笑っちゃいますよ。

打ち込んだことと聞いて、『長い時間を費やしたこと』だと脳内変換をした結果、殆どの人がバイトかサークルのことを書くのですね。

 

すると何がまずいのかって、9割の人が同じような内容を書くから面接官の記憶に全く残らないんですよ!!

 

これは本当に残念ですね。

 

多くのエントリーシートに目を通す面接官はこう思うんですよ。

 

 

 

 

「またバイトの話か。」

 

と。

 

 

この学生時代に打ち込んだことがない人がどう発想すべきか!

長くなってしまったので、続きは下記の記事でご紹介しています。

shukatu-man.hatenablog.com

 

 

とにかく就活の必勝法は“他人と違うことを書いて(言って)面接官の記憶に残すこと”です!!

 

“就活ではユーモアのない人がほとんど”ですから、ユーモアを導入し面接官の記憶に残し、確実に内定を取っていきましょう!

 

ー【デザート】就活を頑張る君へ。

かつてスティーブ・ジョブズは学生に言いました。

「何かに打ち込んだことは『点』となる。そして人生においてその『点』と『点』は繋がり、どこかで繋がって『線』となる。」と。

僕が就活の時に、とにかく就活に打ち込んだ『点』は今ブロガーとしての活動として繋がり『線』となりました。

就活をただの作業で、辛いと思わず『点』を作ろうと意識してみてはどうでしょうか。

点は、圧倒的に努力することでしか生まれません。

人生において今目の前にあることに真剣に取り組み『点』を一つでも多く作っておく。

するといつか『線』となり、人生を最高に楽しませてくれる。

僕はそう信じていますし、だから今日も圧倒的に努力しようと心に決めています。

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加