就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】添付する写真・画像はこれで決まり!『自己PR』と『学生時代に打ち込んだこと』

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日のお品書き

《本記事が解決する悩み》

・OpenESにはどんな写真を添付すべきか知りたい

・写真なしで提出しても良いのか知りたい 

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしようね!」

----------------

こんにちは!OpenESで添付する画像だけで面接官を虜にしますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190104152316p:plain

まず最初に断言します。

この記事さえ読めば、OpenESに添付すべき写真を知ることができます。

正直、他の就活サイトでは「内容に沿った写真を添付しましょう」といったありきたりな内容しか書いてないので全く参考にならないです。

だからこそ僕が就活生の時も、どんな写真を添付すれば良いのか非常に悩みました。

 

よって本記事では「どんな写真を添付すれば面接官の印象に残り評価されるのか」という点を詳しく解説していきますね!

就活攻略論では何度も言いますが、ポイントは“他の就活生との差別化”にあります!

 

添付する写真を工夫するだけで、面接官の印象に残るOpenESを作ることができるよ!

 

OpenESは写真なしでも提出できる

 

まず最初に説明することがあります。

それは「OpenESは写真の添付が必須ではない」ということです。

 

つまり写真なしでもOpenESを完成、提出することができます。

よって写真を添付しない就活生がかなりの数いますね。

 

しかし、僕としての回答は、

絶対に写真は添付しろ!!

これに尽きます。

 

詳しくは別記事でも解説したのですが、OpenESに写真を添付すべきポイントを簡単にまとめておきますね。

» OpenESは“写真なし”でも大丈夫なのか?【写真は絶対に添付しましょう】

 

【OpenESに写真を添付すべき理由】


・OpenESはほとんどが文字なので、面接官が手にとった時の印象として写真があった方が圧倒的に読みやすい。

・写真は文字以上に相手に情報を与えることができるため、少しでも多くの情報を面接官に写真で与えるべき。

 

こうしたことは面接官の立場に立って考えれば簡単にわかることです!

僕が就活生の時は「自分が面接官だったらどう思うかな?」という視点を徹底していました!

 

たしかに「小説」の途中で写真やイラストが入っているだけで圧倒的に読みやすくなるよね! 

 

OpenESで写真の添付が必要なのは「自己PR」と「学生時代に打ち込んだこと」

 

OpenESに写真の添付が必要なのは、プロフィール写真(証明写真)を除くと「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと」の2つです。

他の資格や趣味などには写真の添付はできません。

 

実際の写真の添付欄を見てみましょうか!

 

こちらは「自己PR」の記入欄。

f:id:shukatu-man:20190104152304p:plain

 

次に「学生時代に打ち込んだこと」ですね。

f:id:shukatu-man:20190104152256p:plain

 

実際の記入欄を見ると、下半分にこうした画像の添付欄がありますよね!

f:id:shukatu-man:20180201102415p:plain

 

OpenESを記入していると、突然こうした画像の添付欄が出てくるのでほとんどの就活生が焦ります。僕も就活生の時、焦りました。

そこで次の章からは具体的にどんな写真を添付すべきか解説していきます!

 

リクナビがオススメする写真を持っている人は少数

 

まず最初にリクナビさんが運営するOpenES公式サイトに書いてある説明を見てみますか。

公式サイトには次のように記載されていました。

 

f:id:shukatu-man:20190104152250p:plain

画像引用:https://open-es.com/media/help/photo.html

 

ふむふむ。

なるほど、グループディスカッションしている写真と、何かを発表している写真かぁ....。

 

  

 

一言いいですか??

 

「こんな写真ないよ!こんな優秀そうな写真ないよ!!」

 

正直な話、こんな「いかにも優秀アピール」できるような写真を持っている人はほぼいないですよね。(僕も一枚も持ってませんでしたよ。)

 

結論を先に言います!

OpenESには「優秀そうな写真」は添付しなくて良い。

(大丈夫です、皆さん。中堅大学から内定20社獲得して就活記事を300記事書いている僕が断言しますので、安心してください!)

 

「自分らしい写真」とは非常に曖昧な表現

 

もう一点添付する写真の説明をする前に伝えることがあります。

リクナビOpenESの公式サイトのアドバイスには、こんなことが書いてありました。

 

「自分らしさ」を伝えられる写真を使って、PR内容に説得力を持たせましょう!

 

あの、本当に最近思うんですが、世の中曖昧な表現多くないですか!?
そもそも「自分らしい写真」って何?って思いません?

 

自分がデータフォルダに入れてる写真は、自分が保存したものであって、全てが自分らしいと言えば自分らしいでしょ。

 

「明るい性格な人は、笑顔の写真」「リーダーシップのある人は、何かのグループワークで主導権を握っている時の写真」をと、そういうことを言いたいのでしょう。

しかし「自分らしい」という言葉は非常に曖昧であり、自分では“これが自分らしい写真なのか”ということは判断しにくいのです。

 

そもそも「自分らしいとは何だよ」という曖昧な状態なのですから、

自分らしい写真なんか載せなくていい!

と全力で言いたいと思います。

 

OpenESに添付すべき写真は「面接官の興味を惹く写真」

 

「じゃあどんな写真を載せればいいんだよ!!」

 

...執筆をしながらこんな声が聞こえてきました。

 

ではOpenESに添付する写真はどんなものが良いのか!!

 

それは...

どちらか一方の写真を一見よく分からない写真にして面接官の興味を惹く

という方法を使います。

 

簡単に説明すると、

一瞬どんな意味か分からない写真を載せて面接官に「なにこれ?」と疑問を抱かせる。

意味を知りたいと思う。

意味が分からない場合:会って聞きたい!と思わせる。

意味が分かった場合:おもろい表現力やん!と思わせる。

 

このプロセスです。

 つまり、「この写真は何だ!?」と一瞬思わせて興味を引くテクニックですね。

 

何度も言いますが、

就活時のエントリーシートで最も重要なことは「会ってみたい!」と思わせることです。

 

よってただ「優秀さアピール」ができるような写真を見たところで普通の評価となりますし、とりわけ印象に残すことができません。

 

OpenESに添付すべき写真の例

 

実際に僕が面接官の興味を惹くために使っていた画像を紹介しましょうか。

「学生時代に打ち込んだこと」に添付する写真としてこちらの画像を添付していました。

 

f:id:shukatu-man:20180205100836j:plain

※青線はこのブログのために追加したものです。

 

この画像を見た時に皆さんどう思いますか?

「ん?この写真どういう意味??」

そう思いますよね。

それはまさに興味を惹かれている状態です。 

 

一見意味の分からない画像を添付しても問題ありません。

OpenESの画像には40字以内で「この画像の説明」を記入することができます。

僕はこの画像の説明としてこう記入しました。 

従兄弟を笑わすために加工した画像です。日々の生活の中に笑いがあるだけで幸せです。(40字)

 

これは学生時代に打ち込んだこととして、「日々の生活の中で他人に笑いを届けること」をテーマに書いた際に添付した画像です。

 

これ、最初見たら「なにこれ!?」となりますよね。

完全に面接官の興味を引くことができます。

よく就活生に「これはふざけてるんですか?」と言われますが、40文字ある画像の説明文を使って、しっかりとその写真の説明がなされているのでふざけていると評価されることはありません。

 

おふざけ≠ユーモア

であり、就活においてユーモアは欠かせません。

散々この就活攻略論で話していることですよね。

 

他にも例を紹介しましょうか。

例えば打ち込んだことが「野球」だとします。

 

打ち込んだことを「野球」とした場合。

おそらく99%の就活生はこんな写真をチョイスするのではないでしょうか。

 

f:id:shukatu-man:20190104152354p:plain

 

うん。絶対こんな画像をチョイスすると思います。

しかし、この画像を見た瞬間に面接官が思うことはただ一つです。

 

 

「うん。野球してるね!」

 

 

もう面接官がこの画像に目をやっている時間はコンマ1秒でしょう。

一瞬でスルーです。何も興味を惹けません。

 

 

では、ここで面接官に「なにこれ?」と一瞬思わせる画像を添付するとどうなるのか。

こんな画像をチョイスしてみました!

 

f:id:shukatu-man:20190104152340p:plain

 

ちなみに学生時代に打ち込んだこととして「野球」をテーマに書いてあり、この画像が添付されていたらあなたは何だと思いますか? 

 

画像の説明文にはこう書いてあれば納得ですよね!!

 

最後の大会で負けた時、涙で空が霞んでいました。でもなぜかいつも以上に輝いていた。(40字)

 

空の画像を、フリー画像のサイトから取ってきてぼやけたように加工した写真です。

 

最後の大会で涙ながらに空を見上げる。
すると空は霞んで見えるんだけど、太陽の光が涙で反射していつも以上に輝いて見えた。

 

そんな物語を相手に伝えることのできる画像なんです。

この画像をチョイスする人は打ち込んだことに対して「野球」と書く人の中に何人いると思います??

 

 

 

はい。ゼロです。

 

 

 

世の中、一工夫やひねりを加える事のできる人はほとんどいません。

高学歴になればなるほどいませんね。

ですが、こうした工夫を加えた画像は確実に面接官の興味を引くことができます。

 

ちなみに僕がよく使っているフリー画像サイトを紹介しておくので、こちらからぜひ画像を探してみてください!

何度も言いますがポイントは見た瞬間に「ん?どういう意味?」となる画像をピックアップすることです!

▼おすすめのフリー画像サイト

写真AC:https://www.photo-ac.com/

ぱくたそ:https://www.pakutaso.com/

 

人がやらないことをする。
それが「おふざけ」ではなく「戦略的なユーモア」なら確実に面接官の印象に残り、記憶に残るよね。

 

OpenESに添付する画像はイラストでも大丈夫

 

ちなみにOpenESの公式サイトにも書いてあります通り、

OpenESに添付する画像としてイラストも活用することが可能です。

 

f:id:shukatu-man:20180205102802p:plain

 

イラストが可能ということであれば、例えば打ちこんだことに『毎日のアイデア発想』としたら、実際に自分が書いていたノートの写真を載せるのも良いのではないでしょうか。

 

一瞬、何の絵だ!?と面接官の興味を惹くことができます。

よく見ると、「おお!発想したアイデアが書いてあるなぁ!面白い!」となるでしょうね。

 

他にも絵が上手な人はイラストで打ち込んだことを書いても良いですし、打ち込んだことを描写する切り絵を作ってその写真を載せるのでも良いでしょう。

ちなみにこれはOpenESではないですが、僕は切り絵をめちゃくちゃ活用していました。ぜひ真似してみてください!

f:id:shukatu-man:20190104152239p:plain


 

OpenESに載せてはいけない写真をチェック

 

リクナビOpenESの公式ページに書いてありますが、「載せてはいけない写真」の注意事項にも一応目を通しておきましょう。

 

f:id:shukatu-man:20180201104315p:plain

以下のような写真は載せないにしましょう。詳しくは、利用規約をご覧ください。

・住所や電話番号、車のナンバープレートなど、個人情報が写っているもの

・承諾をとっていない他人の顔や、キャラクターなどが写っているもの

・公序良俗に反するもの

これらの写真を掲載することは、規約違反にあたります。データの削除や退会手続きをとらせていただく場合がありますので、写真の内容を十分に確認してから掲載してください。

 

車のナンバープレートなどは少し気を付けなければいけないですね。

しかし、「公序良俗に反するもの」なんて写真を載せるような人はさすがにいないと思うので特に気にしなくて良いと思います!

 

OpenESは複数の企業に提出するので「一枚の質」が大事!

 

ちなみにこの記事を読んでいる皆さんは、OpenESを作成中だと思います。

OpenESに関して一番に重要なポイントをここでお話しますね!

OpenESは複数の企業に対して「使い回しができる」ので、とにかく「1枚の質」が多くの選考の通過率を決める。

 

通常のエントリーシートは1社につき1枚作成します。

よって1枚1枚の重要性は、1社ごとの通過率にしか関係しません。

 

しかし一方でOpenESでの提出を定めている企業は、非常に多いので作成した1枚のOpenESを使い回すことができます。

だからこそ作成した1枚の質が高ければ、どんな企業の選考でも通過できます。反対に質が低ければ、すべての企業の選考に通らない可能性もあるのです。

 

よってOpenESの質を高めるための方法を2つ紹介しておきますね!

 

OpenESの質を高める方法① 客観的なデータを元にして再度内容を考え直す

f:id:shukatu-man:20190104163129p:plain

これまで約1000枚のOpenESを添削してきて思ったのですが、ほとんどの就活生は「自己PR」に説得力がありません。

 

それはなぜかと言うと、自分なりに「自分の中でアピールできるポイントって何だろう?」と考え、適当に自己PR内容を考えてしまうからだと思います。

しかしそうした主観によって考えた自己PRには説得力がないんですよね。

 

そこで一度「客観データ」を手に入れてから、もう一度もっと他にアピールできるポイントはないのかを考えてみてください!

 

就活攻略論でおすすめしているキミスカの適性診断を使って手に入れる「性格の傾向」「思考力の傾向」「職務適性」が特に参考になります。

 

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain

性格の傾向の結果から、僕は「前向き」というポイントに着目して自己PRを書き換えました!

それまでは「他人に気を遣えること」を自己PRとして書いていたのですが、それよりも前向きさや挑戦心をアピールした方が良い文章が書けると判断しました!

 

f:id:shukatu-man:20181212001244p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001239p:plain

他にも「職務適性」の結果として出た「フットワークの軽さ」という点を前向きさをテーマにした自己PRに組み込みました!

そこで出来上がった自己PRこそ、『前向きだからこそ、フットワークが軽く、何事にも挑戦できる』ということ。

(これは当初の「気が遣えること」よりも確実に企業ウケが良く、この自己PRに変えた瞬間から通過率が上がりました。)

 

キミスカの適性診断は無料で、このデータを手に入れることができます。

所要時間も15分ぐらいで精度の高い客観データを手に入れられるので就活攻略論では一番におすすめしているツールです!

 

簡単に適性診断を受ける方法を紹介しておくので、ぜひこちらのデータを使って「自己PR」を更に磨いてくださいね!! 

 

こちらからキミスカさんへ訪問し、無料会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

キミスカはこちらから

   

OpenESの質を高める方法② 書き方や表現方法を変える

 

「自己PR」の磨き上げが終了したら、次に僕がすべきだと考えるのはOpenES全体の書き方や表現方法を変えることです。

 

今回の記事で解説した通り、添付する写真一つとっても面接官の印象に残すテクニックがあります。

OpenESに関しては他にも「資格の書き方を工夫する方法」や「学業・ゼミ・研究室で取り組んだ内容の伝わる書き方」を就活攻略論でまとめて紹介しています。

 

すべての質問項目に工夫ができるのでぜひ参考にしてみてください!

「OpenESの書き方」のまとめ記事のリンクを貼っておきますね。

» 【20卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ!

 

OpenESに添付する証明写真(プロフィール写真)について

 

OpenESには他に証明写真(プロフィール写真)の添付が必要になります。

証明写真のとり方のテクニックや、スマホで撮ってもよいのか?という疑問に対して他の記事で紹介しているので、ぜひ併せてマスターしてくださいね!!

 

▼OpenESに添付する証明写真はスマホで撮るのは正直なしです! 

» OpenESの写真を“スマホ”で撮るのはありかなしか!

 

▼OpenESに添付する証明写真はスーツにしましょう!

» OpenESの写真を“スーツにするべき理由”と印象に残すテクニック

 

本記事はいかがだったでしょうか!

「面接官の興味を惹く写真はどんなものが良いのか?」それを考えて添付し、面接で「この画像面白いね!」と言われた時は最高に気持ち良いです。

 

ぜひ就活を淡々とこなすだけでなく、自分なりの工夫を織り交ぜて楽しんでみてください!就活に正解はない。それが就活の醍醐味であり、面白さだから。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー