就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【OpenES攻略⑧】写真・画像はこれで決まり!「自己PR」と「学生時代に打ち込んだこと」に添付すべき写真を徹底解説。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

女性との買い物で「これとこれどっちがいいかなー?」と聞かれ、「こっち!!」と指差した0.5秒後に「センスないわー。」と言われて以降、『買い物付き添い恐怖症』という不治の病に冒されていますでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20180201101119p:plain

いよいよOpenES攻略の連載も最後となりました。

OpenESは他のどんなエントリーシートよりも重要。なぜなら複数社に提出するものだからと常々言っています!

 

そんなOpenESですが、大抵の人が悩む特徴がありまして、それが
写真を添付する必要がある
ということなんですよね。

最初見た時驚きますよね。

 

しゃ...写真!?

と。

 

その結果Googleで検索すると、こんなアドバイスが書いてあります。

「自分らしさが伝わる写真を添付しましょう!」「持ち味が伝わる写真がベストです!」と。

 

いやいや、待てよ。

自分らしさが伝わる写真って何やねん。

持ち味が醸し出される写真って何やねん!!!

 

確実にこう思った人がいると思います。

そして、そう思った人こそ僕のブログの読者ですよね!さすがです。

抽象的なアドバイスに振り回されず、思考を深掘りすることが大切です。

 

本日の記事では、他のサイトに書いてあるような抽象的なアドバイスでなく具体的かつ他の就活生と差別化して目立ち、面接官の記憶に残るための写真の選び方を紹介します!

LINE@で僕のブログの読者さんとコミュニケーション取ることが多いけど、本当に意識が高い人ばかりで超刺激になってます。いつもありがとうね〜!!  

OpenESで最も重要な自己PRと学生時代に打ち込んだこと。

今まで、OpenES①〜⑦を書いてきてOpenESに最も重要な項目は「自己PR」と「学生時代に打ち込んだこと」だと言いましたね。

この2つは入力文字数が400文字ずつで、最も多くの文字数を入力する必要があります。

まぁ、その分面接官も注視するということですね。

 

 

ここで入力画面のおさらいです。

もう一度見てみましょうか。

 

こちらは「自己PR」の記入欄。

f:id:shukatu-man:20180118144540p:plain

 

次に「学生時代に打ち込んだこと」ですね。

f:id:shukatu-man:20180118144453p:plain

 

 

この記入欄を見て頂くと、『画像』を添付する部分がありますよね。

こちらです!

f:id:shukatu-man:20180201102415p:plain

 

この画像にはどんな写真を添付すれば良いのか!!

非常に迷うと思います。

 

今回はそんな迷える子羊のために徹底解説していきます。

リクナビさん、こんな写真ありませんよ。

まず最初にリクナビOpenESの公式サイトを見てみるとこんな例がありました。

 

f:id:shukatu-man:20180201103307p:plain

 

ふむふむ。

画像は、何かのグループワークをやっている写真と、講義で発表している写真かぁ。

なるほどぉ。

 

 

 

なるほどぉ。

 

 

 

って、おい!!

 

 

こんな写真ないわ!!持ってないわ!!

 

 

全力で言います。こんな、いかにも「デキるやつアピール」な写真持っている人の方が少ないのではないでしょうか。

 

 

 

結論言います!
こんなデキるやつアピールの写真は添付しなくていい!!

大丈夫です。皆さん。安心してください!笑

 

「自分らしい」は非常に曖昧な表現。

もう一点添付する写真の説明をする前に伝えることがあります。

リクナビOpenESの公式サイトのアドバイスには、こんなことが書いてありました。

 

〜「自分らしさ」を伝えられる写真を使って、PR内容に説得力を持たせましょう!〜

と。

 

 

 

あの、本当に最近思うんですが、世の中曖昧な表現多くないですか!?

だって、
そもそも『自分らしい写真』って何?って思いません?

 

自分がデータフォルダに入れてる写真は、自分が保存したものであって、全てが自分らしいと言えば自分らしいでしょ。

 

明るい性格な人は、笑顔の写真。リーダーシップのある人は、何かのグループワークで主導権を握っている時の写真.....と、そういうことを言いたいのでしょうが、『自分らしい』って言葉は非常に曖昧であり、自分では“これが自分らしい写真なのか”ということは判断しにくいことだと思っています。

 

よって僕は、
自分らしい写真なんか載せなくていい!
と全力で言いたいと思います。

 

最初から自分らしい写真が何かなんて分からないんだから、「自分らしい写真」なんかを考えてる時間はもったいないと思うのです。そして迷った挙句に、糞どうでもいいスタンダードな写真を添付するんでしょ。きっと。

 

なら最初から『自分らしい写真を載せる』なんていう選択肢は捨ててしまいましょう。 

面接官に疑問符をもたせるべし。

 

じゃあどんな写真を載せればいいんだよ!!糞就活マンめ!!

 

...執筆をしながらこんな声が聞こえてきました。

 

ここまで毒舌でブログを書いている割に、自分が毒舌を吐かれるのは苦手なのでサクッと説明に入りたいと思います。

 

 

OpenESに添付する写真はどんなものが良いのか!!

 

それは...

 

どちらか一方の写真でナニコレグリップする!!

です。

 

 

今日説明するナニコレグリップとは、就活攻略法の一つ。
就活攻略論の読者の方はぜひ覚えてください!

 

f:id:shukatu-man:20180211131017p:plain

 

簡単に説明すると、

一瞬どんな意味か分からない写真を載せて面接官に「ナニコレ」と疑問を抱かせる。

意味を知りたいと思う。

意味が分からない場合:会って聞きたい!と思わせる。

意味が分かった場合:おもろい表現力やん!と思わせる。

 

このプロセスです。

 

つまり、「この写真は何だ!?」と一瞬思わせて興味を引くテクニックですね。

 

何度も言いますが、

就活時のエントリーシートで最も重要なことは「会ってみたい!」と思わせることです。

 

よってただ「デキルやつアピール」の写真を見たところで普通の評価となりますし、とりわけ印象に残すことができません。パット見たところ何か分からないような写真を載せて疑問を抱かせることこそ、誰にでもできる攻略法だと考えています。

 

「ナニコレグリップ」をするための画像とは。

実際に僕がナニコレグリップをするために使っていた画像を紹介しましょうか。

 

f:id:shukatu-man:20180205100836j:plain

※青線はこのブログのために追加したものです。

 

画像の説明文(40字以内)

従兄弟を笑わすために加工した画像です。日々の生活の中に笑いがあるだけで幸せです。(40字)

 

 

これは学生時代に打ち込んだことを、『日々の生活の中で他人に笑いを届けること』として書いた内容に添付した画像です。

 

これ、最初見たら「ナニコレ!?」ってなりますよね。
完全に面接官の興味を引きます。

よく就活生に「ふざけてるんですか?」と言われますが、僕の場合はその写真の説明がしっかりとしているので、ふざけていると評価されることはありません。

 

おふざけ≠ユーモア

 

であり、就活においてユーモアは欠かせません。

 

この場合は、学生時代に打ち込んだことは『日々の生活の中で他人に笑いを届けること』だったので思いっきりユーモアに振っています。

 

では、例えば打ち込んだことが『野球』だとしましょうか。

 

打ち込んだことを『野球』とした場合、まず99%の就活生はこんな写真をチョイスするのではないでしょうか。

 

f:id:shukatu-man:20180205101735j:plain

 

 

うん。絶対こんな画像をチョイスすると思います。

しかし、この画像を見た瞬間に思うことはただ一つです。

 

 

 

うん。野球してるね!

 

 

もう面接官がこの画像に目をやっている時間はコンマ1秒でしょう。

一瞬でスルーです。

 

 

 

 

では、ナニコレグリップをするとなるとどんな画像になるのか。

 

 

 

f:id:shukatu-man:20180205102054j:plain

 

ちなみに打ち込んだことが『野球』と書いてあってこの画像が添付されていたら、あなたは何だと思いますか?

 

 

画像の説明文(40字以内)

最後の大会で負けた時、涙で空が霞んでいました。でもなぜかいつも以上に輝いていた。(40字)

 

空の画像を、フリー画像のサイトから取ってきてぼやけたように加工した写真です。

 

 

最後の大会で涙ながらに空を見上げる。
すると空は霞んで見えるんだけど、太陽の光が涙で反射していつも以上に輝いて見えた。

 

そんな物語を相手に伝えることのできる画像なんです。

この画像をチョイスする人は打ち込んだことに対して『野球』と書く人の中に何人いると思います??

 

 

 

はい。ゼロです。

 

 

 

世の中、一工夫やひねりを加える事のできる人はほとんどいません。

高学歴になればなるほどいませんね。

ですが、こうしたナニコレグリップは確実に面接官の興味を引くことができます。
ぜひ自分の打ち込んだことに添付する画像に、ナニコレグリップの要素を入れてみてくださいね。「自己PR」または「学生時代打ち込んだこと」のどちらか一方だけでも有効ですから!

 

イラストでも大丈夫。

ちなみにOpenESの公式サイトにも書いてありますが、イラストも活用することが可能です。

f:id:shukatu-man:20180205102802p:plain

 

イラストが可能ということであれば、例えば打ちこんだことに『毎日のアイデア発想』としたら、実際に自分が書いていたノートの写真を載せるのも良いのではないでしょうか。

 

一瞬、何の絵だ!?とナニコレグリップができます。
よく見ると、「おお!発想したアイデアが書いてあるなぁ!面白い!」となるでしょう。

他にも絵が上手な人はイラストで打ち込んだことを書いても良いですし、打ち込んだことを描写する切り絵を作ってその写真を載せるのでも良いでしょう。

 

とにかく一瞬『ナニコレ!?』と思わせて、面接官の気を引き、おもしろいな!と思ってもらうことが重要です。

載せてはいけない写真を一応チェック。

リクナビOpenESの公式ページに書いてありますが、「載せてはいけない写真」の注意事項にも一応目を通しておきましょう。

 

f:id:shukatu-man:20180201104315p:plain

 

車のナンバープレートなどは少し気を付けなければいけないですね。

しかし、『公序良俗に反するもの』なんて写真を載せるような馬鹿は僕の読者層にはいないので、特に気にする必要はないかなとも思います!

 

OpenESの写真はぜひ、ナニコレグリップを1枚導入して面接感の心を鷲掴みしましょうね。 

OpenESの攻略まとめ紹介。

『就活攻略論』では“絶対に評価される”OpenESの書き方を、全10記事に渡って紹介しています!!

こちらの記事でまとめてあるので、もうOpenESを書き終わった人も、今から書くよ!という人も是非チェックしてみてください!

とにかく複数の企業に提出するものなので、OpenESの内容が良いか悪いかだけで就活の成功は大きく変わってきます。なので一度書き終わってからも何度も何度も読み返して内容を磨き続けることが重要ですからね!

shukatu-man.hatenablog.com

【デザート】就活を頑張る君へ。

就活攻略論では、結構「人の心理」を利用する手法を使っています。

僕自身、心理学の本を50冊以上読んでいてこうした心理への理解を深めました。

ほとんどの人って、例えばこうした心理学を勉強するのは心理学を専攻している人だけだ!みたいな勝手な言い訳をして独学しない人が多いですよね。

でも例えば、就活だけでなく恋愛にも家族関係にも、はたまた将来子育てにも絶対に遣えるし、僕らはまだ若いんだから今知識を付けておけば、その知識を使えるチャンスはその分多い。

60歳で勉強を始める人とかに比べて圧倒的にお得なんですよね。

もちろん心理学だけでなく、様々な知識は今後の人生の武器になります。

本を買ってもいい、ググってもいい。

ぜひ色々な知識を1日10分でも身につけて見るように行動してみてはいかがでしょうか。

きっと将来の自分に「あの時知識を付けてくれてありがとな!!」と言われると思います\(^o^)/

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

(本記事の引用画像:リクナビOpenES HPより https://open-es.com/ )

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報


就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加