就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

OpenESに入力すべき“理想的な文字数”とは|適切な文字数

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・OpenESに入力する理想の文字数が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!いきなりステーキにドハマリ中でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181108121821p:plain

OpenESに関する記事を量産している就活攻略論ですが、先日こんな質問を頂きました。

「OpenESやエントリーシートの指定文字数に対する理想的な文字数は、どの程度なのでしょうか?」

 

つまり例えば「趣味」を120字以内で書いてくださいと指定されていた場合、120字ギリギリで書くべきなのか、それとも50字程度で簡潔に書くべきなのかという質問ですね!

本日の記事では、OpenESの質問項目に対する理想的な文字数について解説していこうと思います。

 

【結論】理想的なOpenESの文字数は指定ギリギリ!

f:id:shukatu-man:20190315204752p:plain

 

早速結論からお話しましょう。

指定の文字数ギリギリまで入力するのが理想です!

(120文字で趣味を記入しなさい→120文字ギリギリまで書く ※超えるのはNG)

もちろん正解はありませんが、指定された文字数ギリギリまで書くことでメリットが2つあります。

注意すべきこととして、後述しますが、文字数ギリギリまで書こうとして内容が薄くなるのは最悪です。それでは結局のところ評価されることはありません。

 

では指定文字数ギリギリまで書くことの2つのメリットと、注意すべきポイントを確認していきましょう!

 

指定文字数ギリギリまで書くことの2つのメリット

 

では、はじめに指定文字数ギリギリまで書くことのメリットをお話ししたいと思います。

僕が指定文字数ギリギリまで書くべきと考えるのは次の2つのメリットがあると考えているためです!

 

メリット① 自分の情報をより多く伝えることができる

 

一番のメリットですが、文字数が多ければその分相手に与える情報量を増やすことができます。

なぜなら文字は情報そのものだからです。

 

次の二つの文章を見てみましょう。

「私はアイスが食べたい(10字)」

「私はバニラ味のアイスが食べたい(15字)」

たった5字増えただけですが、私が食べたいアイスをより具体的に示すことができますよね。

まさに文字とは情報なのです。

基本的なことですが、大切なことなのでしっかりと理解してください。

 

そしてなぜOpenESにおいてより多くの情報を相手に与えるべきなのでしょうか!

それは当然、就活における「選考」とは「あなたという人物のことを理解する作業」であるからです。

この子はうちの会社にぴったりの人物なのか(=適性)、本当に入社したいという気持が強いのかどうか(=志望度)を測ることが選考そのものだからです!

 

適性の高さを伝えるためには、まずは自分のことを相手にしっかりと理解してもらうことが大前提。だからこそ、文字という形でより多くの情報を相手に伝えることが重要になるのです。

 

メリット② 真剣さを伝えることができる

 

2つ目のメリットは、文字数ギリギリまで書くことによって、OpenESへの真剣度を伝えることができる点にあります。

 

例えば120字以内と指定があった時に、半分の60字しか書かれていないOpenESがあるとしましょう。一方で120字ギリギリまで書かれているOpenESがあります。

もしあなたが面接官であれば、どちらのOpenESに真剣さを感じますか?

 

半分の60字しか書かれていないOpenESを見たら、「こいつは就活に真剣じゃないなっぁ。適当だな!」と思いませんか?

まさに面接官がこう思うリスクは十分にあります。

 

指定文字数ギリギリまで書くことで、真剣さを伝えることは大きなメリットですよね! 

 

たしかに文字いっぱいに書かれたラブレターの方が、思いは伝わるよなぁ。(そんなラブレターもらったことないから妄想ですが、なにか?)

 

OpenESの入力文字数一覧

 

ここで一度、OpenESの各質問の入力文字数を確認していきましょう!

まずOpenESにて長文の入力を必要とする質問項目は下記の4つです。

  • 趣味・特技
  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容
  • 自己PR
  • 学生時代に最も打ち込んだこと

 

これら4つの質問の入力文字数は下記となります。

  • 趣味・特技 → 120字以内
  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容 → 250字以内
  • 自己PR → 400字以内
  • 学生時代に最も打ち込んだこと → 400字以内

これらの質問に対しての回答は、指定文字数ギリギリまで書きましょう!

理想としては9割以上ですね!

(400字以内=400×0.9=360字 → 360字以上!)

 

OpenESで文字数ギリギリで書く時の注意点

 

では本記事の最後に、指定文字数ギリギリまで書く時の注意点をお話します!

本日解説した通り、指定文字数の9割以上は書くようにしてくださいと伝えると、みなさん9割以上書く努力をしてくれます。

 

しかし、多くの就活生はこうってしまうんですよね...。

文字数を稼ごうとして、説明文を増やす!! 

これでは文字数が増えても、内容が薄っぺらくなるだけです。

 

必ず「説明」ではなく、「自分の考え」を増やすことを意識しましょう!

 

例えば「趣味」への回答として「料理」と答えるとしますよね。

文字数を増やそうとすると、多くの人は『よく作るメニュー』などの説明を加えようとします。そんなメニューなんて加えても、読み手は「ふーん」としか思いません。

 

そこで「説明」ではなく、「自分の考え」を増やしてください!

例えば「料理をすることで、先読みする能力が付くと考えている」「料理こそが人の幸せの根幹にあると思う」「料理をしてから“準備”の重要性を強く感じるようになった」などですね。いくらでも考えることができます。

 

このような「自分の考え」は、その人ならではの情報を読み手に与えることができるんですよね!

こうした詳しいOpenESの書き方はまとめ記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

▼OpenES書き方まとめはこちら!

【20卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

 

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

「文字数」を考える時も全て面接官の立場に立てば良いだけです。

全然書かれていないOpenESを読んだ時にあなたはどう思うでしょうか?

ぜひ面接官の立場に立って行動することをクセづけてみてくださいね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー