就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】絶対評価される「趣味・特技」の書き方を解説!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・OpenESでの趣味と特技の書き方が知りたい

・そもそも書けるような趣味や特技がなくて困っている

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!OpenESの書き方に関して右に出るものはいないでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190122224202p:plain

最初に断言します。

この記事さえ読めば、書くことを決めていない人でも「趣味」と「特技」の書き方が分かるようになります。

OpenES(オープンES)や通常のエントリーシートには趣味と特技の記入を求められることが多々ありますし、面接でも雑談しても趣味や特技を聞かれることがあります。

そこでOpenESに記入する方法をマスターしつつ、この機会に趣味と特技を洗い出して、いつでも答えるようにしておきましょう!

 

趣味と特技は就活での鉄板質問!だからこそしっかりと対策をしておこうね! 

 

趣味と特技が特に書くことがない場合

 

まず最初に、「そもそも趣味や特技として書くことがない」という人へアドバイスをしようと思います。書くことが全くない状態では、次の章から説明する書き方を知っても意味が無いですからね!

 

とは言うものの、実はかなり多くの方が書くことがないと言って困っています。

しかし「適性診断」の結果を利用して「特技」を導く方法があるので安心してください!

(趣味を考えるよりも特技を考える方が簡単です。特技は自分で気づいていないだけで誰にでもあるので!)

 

【特技がないという人の特技の見つけ方】

 

キミスカの無料適性診断を受ける(15分程度で完了します!)

②適性診断の結果の「6.職務適性」で、一番高いスコアが出た項目をチェックする。

③その高いスコアが出た項目が自分の特技なので、それを具体的な特技に変換できるよう考えてみる。 

f:id:shukatu-man:20190122225848p:plain

 

キミスカの適性診断は自己分析の記事でもおすすめとして紹介しています。

(就活攻略論では抜群に優秀なサービスしか紹介していないのですが、そのうちの1つです!)

特に「特技」を見つける上では、この適性診断の中の「職務適性」のデータが非常に有効です。

 

上の画像のとおり、僕の場合は「フットワークの軽さを必要とする職務に向いている」という項目のスコアが非常に高かったんですよね。

つまり「フットワークの軽さ」こそが、僕の長所であり特技なんです。

そして次に「フットワークの軽さを発揮することってあったっけ?」と考えた結果、「あ!誘われたら誰よりも早く駆けつけるわ!これ特技じゃん!」と特技が見つかるのです。

 

ちなみにこの「誘われたら誰よりも早く駆けつける」という特技は、企業の面接官からすると相当魅力的な特技です。

なぜなら仕事において、すぐに飛びついたり、対応する能力は重要だからです!

 

このようにしてあなたが一見特技だと考えていなかったことも、特技して思いつくきっかけを作ることができるのでぜひこの方法を行ってみてくださいね!

 

「特技」を割り出すために適性診断を受ける方法

 

ここで簡単にキミスカの適性診断を受ける方法を解説しておきます!

(無料ですし、自己分析にも客観的データとして利用できるので受けていない人は、就活が忙しくならないうちに受けておきましょう!)

 

こちらからキミスカさんへ訪問し、無料会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(診断結果は印刷して持っておくと、いつでも見られて便利ですよ!)

  

趣味・特技の入力文字数は120字以内 

 

ではでは、ここからは早速「趣味・特技」の書き方の解説に入ります。

まず始めに把握しておいて欲しいことはOpenESに記入できる文字数についてです。

OpenESに記入できる「趣味・特技」は120文字だけ!

一見、120文字と聞くと多いと感じるかもしれませんが、書いてみると非常に少ないことが分かります。

 

よってここで最初のポイントがあります!! 

趣味と特技の両方を書こうとしないこと!

なぜなら、120字以内に趣味と特技の両方を書こうとすると、箇条書きのようになってしまい何も伝わらないからです。

「趣味は◯◯です。いついつからやっています。特技は◯◯です。◯◯という賞を受賞しました。」(ちなみにこれだけで43文字w)

こんな趣味と特技を軽く説明したような、箇条書きみたいな文章を読んだところで、面接官は読んでも「ふーん」としか思いません。

 

よってまずは趣味を書くのか、特技を書くのか決めてしまうことが重要です!

 

OpenESの「趣味・特技」の記入文字数は120文字だけしかない。だからこそ、趣味を書くのか特技を書くのかどちらかに決めて、どちらかを詳しく書くべきなんだ!

 

「趣味・特技」のおすすめの文章構造

f:id:shukatu-man:20190122234732p:plain
 

趣味か特技どちらを書くか決めましたか?

決めたら次に文章の構造を紹介したいと思います。

 

多くの就活生は趣味や特技を書くとなるとこんな文章になりがちですね。

「私の趣味はピアノです。ピアノは小学生の頃から続けており、モーツァルトの曲が好きでよく弾いています。今現在も趣味としてピアノは継続しており、たまに弾くことで気分転換になるので私にとって大切な趣味です。(99字)」

読んでみていかがでしょうか?

おそらく、「ピアノが好きな子なんだなぁ!」としか思いませんよね。

 

なぜこれほど読んでも何も感じないのでしょうか!

その理由は、この文章がすべて『説明』だからです。

 

先程の文章を分解してみましょうか。

私の趣味はピアノです。→説明

ピアノは小学生の頃から続けており、→説明

モーツァルトの曲が好きでよく弾いています。→説明

今現在も趣味としてピアノは継続しており、たまに弾くことで気分転換になるので私にとって大切な趣味です。→説明

 

いかがでしょうか!

すべて説明ですよね。

 

『説明』っていうのは、読んだところで読み手は何の発見も得ることができないので、読んでも「ふーん」としかなりません。

 

では説明ではなく、どんな文章を書くと読み手は評価するのでしょうか!

それが『自分の考え』になります。

 

ここで趣味・特技のおすすめの文章構造を紹介しますね! 

  

◯趣味を書くパターン
『趣味は何か + その趣味の豆知識 + その趣味で得たもの

 

◯特技を書くパターン
『特技は何か + その特技のおかげで得たもの + 将来の展望

 

青字の部分は、まさに『自分の考え』です。

これだけではまだ理解できないですよね! 

では次の章で、書き方を解説していきます。

ポイントは何度も言いますが、『自分の考え』が書かれていることですよ!

 

OpenESへの「趣味」の書き方

 

では最初に「趣味」のおすすめの書き方を紹介しようと思います!

趣味に関しては、次に示すことを書いてみるのはいかがでしょうか!

『趣味は何か + その趣味の豆知識 + その趣味で得たもの』

 具体的な書き方は以下ですね。


①趣味を書くときは、まずは趣味は何かを書く!

例)趣味はウィンドウショッピングです。

 

②次にその趣味の豆知識を書く!

例)定期的に店の売り場を見ると、1週間ごとに陳列が変わっているなど、小さな店の努力を知ることができるんです。

※この豆知識は、相手が読んだ時に「そうなんだ!!」と思ってもらえるようなこと書くようにしましょう。

 

③最後にその趣味で得たことを書く!

例)小さな変化に気がつくこと。そしてなぜ変化したのかを考えることが私の特別な能力となりました。  

 

これを文章にするとこうなります。

「私の趣味はウィンドウショッピングです。定期的に店の売り場を見ると、1週間ごとに陳列が変わっているなど、小さな店の努力を知ることができるんです。この趣味によって小さな変化に気づき、なぜ変化したのかを考えることが私の特別な能力となりました。(118字) 」

 

この文章を読んだ時、こんなことを思いませんでしたか?

「ウィンドウショッピングによって、小さな変化に気づき、なぜ変化したのかを考える能力が付くんだな!」と。

その趣味によって得たことは、まさに自分の考えですよね!どんな能力がついたと思ったのかは本人次第です!

だからこそ読み手は新たな気付きを得ることができる。

新たな気付きが得られた文章は印象に強く残りますので、それだけで他の人と差別化することができます。(ほとんどの人が説明ばかりの文章なので)

つまり「この子はそんな考えを持っているんだ!」と。

これこそが説明だらけの文章との違いであり、『自分の考え』を導入すべき理由なのです。

 

OpenESへの「特技」の書き方

 

次に特技の書き方を解説していきましょう!

特技に関しては、次に示すことを書いてみるのはいかがでしょうか!

『特技は何か + その特技のおかげで得たもの + 将来の展望』

 具体的な書き方は以下になります。

 

①まずは特技の書き方ですが、最初に何が特技かを書く!

例)特技は空手です。

 

②次にその特技のおかげで得たものを書く!

例)自身の体1つを鍛えて戦うという経験によって、何事にも臆さない自信を得ました。


③最後に将来の展望を書く!

例)この何事にも臆さない挑戦心を生かして、“まずはやってみること”を徹底し、他の誰よりも経験の数を増やしていこうと思っております。

 

これを文章化するとこうなりますね。

「私の特技は空手です。 空手では自身の体1つを鍛えて戦うという経験によって、何事にも臆さない自信を得ました。まさにこの挑戦心を生かして、“まずはやってみること”を徹底し、他の誰よりも経験の数を増やしていこうと思っております。(111字)」

 

この文章も趣味と同様で、「将来の展望」という『自分の考え』が含まれています。

これにより面接官はそんな考えをこの子は持っているのだなと、気づきを得て印象に残るんですよね。

本当に小さいことのように思えて、これは大きな差別化を生みます。

ぜひ徹底してみてください!! 

 

とにかく「自分の考え」をしっかりと書くことで、あなたがどんな人かが面接官に伝わりやすいよ!

 

趣味または特技を書いた後は「他人の書いた文章を読み込む」べし!

 

「趣味と特技」の書き方はわかりましたか?

この記事を読んで自分なりに書き上げた後、1つやるべきことがあります!

それは、他人が書いた文章を読んでみることです。

 

「自分が書いた趣味は魅力的な文章なのか?」「特技は相手に伝わるように書けたかな?」これらをチェックするためにも、実際に選考で通過したエントリーシートを読み込むことをおすすめしています。

(ちなみに僕は、他人のエントリーシートを参考にして自分の文章を磨いたからこそ、OpenESの通過率が100%でした。)

 

他人のエントリーシートを見る方法ですが、先輩や友人に見せてもらうという非効率的です。

就活ノート という無料のサービスを使いましょう。

このサービスは実際に選考を通過したエントリーシートを2233枚見ることができます。会員登録が必要ですが、無料かつ登録は30秒で終わります。

 

簡単に就活ノートの登録方法を解説しておきますね!

 

【就活ノートで他人が書いたエントリーシートを読み込む方法】 

①まずは就活ノートのサイトに飛びましょう

» 就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】  

②サイト内の 「新規登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181116004604p:plain

③登録内容を記入して登録する ※[必須]のみで大丈夫!

f:id:shukatu-man:20181116004822p:plain

 

以上です!

「確認メールが届いて本登録」という面倒な手順がないのが地味に嬉しいですね。 

登録が完了すれば、以下の手順で「エントリーシートの実例」を2233枚自由に見ることができます。

 

①サイト上部にある「企業一覧」をクリック 

f:id:shukatu-man:20181116005220p:plain

 

②サイドバーにある「通過エントリーシート実例」をクリック 

f:id:shukatu-man:20181116005610p:plain

下の画像のようにエントリーシートを読むことができますよ!

f:id:shukatu-man:20181212002629p:plain

 

 

最後までお疲れ様でした!

本日の記事で解説した内容を実行することができれば、他の就活生とOpenESの質で圧倒することができるようになります。

ぜひ一度書いた文章はそれで終わりにせず、改良を重ねて素晴らしいOpenESを作成してくださいね!応援しています!  

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!