就活マンの『就活専門ブログ』~みんなの就活の常識を変える!髪型やメイクは関係ない!〜

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

★みんなの就活力。へ移転しました!⇒ みんなの就活力。

就活マンのOpenES vol.2 -『まずは資格と趣味・特技を入力しよう!』

皆さん、こんばんわ!!
就活マンです。

 

今日は仕事でトラブル続き…。
しかしこれも1つの経験と考えると、
怒られることも、むしろラッキー!と思えますね。

 


…もちろん凹んでますけど。笑

 

 


今日は、具体的なOpenESの書き方について説明していきます。

 


まずはリクナビに登録→OpenESにログインをしてください。

 

 

OpenESに登録されるプロフィールなどの基本情報は、
リクナビに登録されたものがそのまま登録されます。

 

 


では、早速「ESを編集」からまずは資格と趣味・特技を
入力していきましょうか!


画面はこんな感じです!(ipadの画面になります。)

 

 

f:id:shukatu-man:20161221195204p:plain

 

資格に関しては、運転免許証があれば入れることができます。
営業職を希望する人などは書いておくといいかもね。

 


ちなみに僕の資格は運転免許証だけでした。

それでも高倍率企業の内定は複数貰うことができます。

大学生は資格信者であり、「資格があると有利」という幻想を抱いていますよね。


はっきり言いますが、資格があってもその他が駄目なら内定は取れません。
逆に言うと、資格がなくても面接官の印象に残ればESは通過する。

資格を自慢する人間ほど、他の能力に乏しいことは多いものですよ。

 

 


でも勘違いのないように伝えておきますが、
中小企業診断士や税理士の資格などの超難関資格を持っていれば、
もちろん面接官の印象に残ることは間違いない。
目標に向かって努力する能力は認められます。

しかしそれでも無資格の人が内定を取って、
中小企業診断士の資格を持っている人が落ちることなんて多々ありますからね。

 

 


なので、資格がない人は書かなくても
何にも気にする必要はない!

 

 


でもこの言葉を覚えておいてほしいですね。

 

 


「資格なんていう形だけのものを取っても、
スキルは仕事を通して身につけるものだと思っているので、
わざわざ取ろうとは思いませんでした。」

 

 

ほとんどないが、もし資格がないことを言われたら
こう答えればいいんだよ。
自分の考えをしっかり持っていると逆に評価される。
今の時代、中小企業診断士の資格よりも自分の考えを持っていることの方が評価される。

 

 


では資格についてはここまでにして、
趣味・特技の入力について書いていきましょうか。

 

 

趣味と特技は合計で120文字しか書くことができません。

なので長々と書いていても仕方ないのです。
更に、ここでの間違いは120文字に趣味も特技も書くことだ。
どちらも中途半端になり、何も伝わらない。

 

 

僕が言う構成で書いてみてください。

 

特技を書くパターン
『特技は何か + その特技のおかげで得たもの + 将来の展望』

 

趣味を書くパターン
『趣味は何か + その趣味の豆知識 + その趣味で得たもの』

 

 

特技や趣味を何年続けているのか、いつからやっているのかを書く人が多い。

○○は小学生の頃から15年間やっています。
こんな感じ。


そんなこと面接官が興味を持てば、面接で聞いてくるのでどうでもいい。
20文字もそんなことに費やすな!
とにかくESでは面接官の印象に残ることが重要なんだから。

 


まずは特技の書き方ですが、最初に何が特技かを書く!
例)特技は空手です。

 

次にその特技のおかげで得たものを書く!
例)自身の体1つを鍛えて、戦う。その経験によって何事にも取り組む自信を得ました。


最後に将来の展望を書く!
例)この何事にも取り組む自信、つまり挑戦心を生かして、“まずはやってみること”を徹底し、他の誰よりも経験の数を増やしていこうと思っております。

 

こんな感じでシンプルに書けば良い。
僕にはこんな特技があって、その特技を活かして今後こんなことをやっていきたい!
そんなメッセージを伝えれば良い。
特技からの将来の展望を聞くと、その人のやる気や可能性を非常に強く感じるものだ。

 

逆にその特技の説明だけを延々と120文字書いていても、
そんなのググれば分かるよ…となってしまう。

 

 


次に趣味を書くパターン。
特に特技がない人や、変わった趣味がある人はこっちを書きましょう。


趣味を書くときは、まずは趣味は何かを書く!
例)趣味はウィンドウショッピングです。

 

次にその趣味の豆知識を書く!
例)定期的に店の売り場を見ると、1週間ごとに陳列が変わっているなど、小さな店の努力を知ることができるんです。

 

最後にその趣味で得たことを書く!
例)小さな変化に気がつくこと。そしてなぜ変化したのかを考えること。それが私の特別な能力となりました。

 

 

趣味を書くときは必ず豆知識を書くことで、
この子の話を聞いてみたいな!と興味を引くことができる。

 

 

 

この構成の通り、ぜひ書き出してみよう!!

 

 


それでは、本日も読んで頂きありがとうございまシューカツ!!

 

★就活の質問はこちらのLINEまで!(お問い合わせ先)
~LINEを追加頂きご連絡を頂いた方には、毎週土曜日に就職先おすすめ企業の情報を発信~

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain


他にもこんな良いことが!?
 ・もちろん無料で就活相談をLINEを通して個別で行います!何でも相談ください!
 ・ESの添削も無料で行います。(例えば長所だけ添削するとかでも大丈夫です!)
 ・毎週日曜日、追加してご連絡頂いた方にこのブログで書ききれなかった特別情報を発信。(土曜日には就職先おすすめ企業の情報を発信)

LINEの追加の流れ
 ①上記のIDを検索し『藤井智也』を友達追加。
 ②大学名・学年・名前 をメッセージにて送付ください。
 以上でLINEの追加完了です!気軽にメッセージお待ちしています!