就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【内定が出ない原因30選】突破法を複数内定者が解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200619192321j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は「内定が出ない理由」についてまとめていきたいと思います。

 

他の就活サイトを見ると、「内定が出ない理由は清潔感がないからです」とか「就活マナーが守れていないから」とか書かれてる。

でもこれってかなり“表面的な原因”ですよね。

 

清潔感がない人は、そもそも他人の立場に立って自分のことを見れていない。

要するに「面接官の立場に立てていない」という原因になります。

(表面的:清潔感がない → 本質的:面接官の立場に立って考えれていない)

 

f:id:shukatu-man:20200619194244p:plain

 

この記事ではこうした内定が出ない“本質的な原因”をまずはまとめました。

その上で、それら本質的な原因から派生した表面的原因をまとめています。

 

1つでも当てはまる場合は、それが原因である可能性がある。

ぜひ参考にして、内定を獲得できるよう改良していきましょう!!

内定が出ない本質的な原因4選と表面的な原因

 

それでは早速「内定が出ない原因」を見ていきましょう。

まず絶対に押さえておくべきは「本質的な原因」についてです。

 

ここを押さえておかないと、表面的な原因ばかりを確認することになる。

表面的な原因なんて数が多すぎて改善するのにキリがありません。

 

どんな問題も改善すべきは「本質的な原因」から。

僕が内定が出ない就活生に見出した本質的な原因は以下の4つです!

 

f:id:shukatu-man:20200619200756p:plain

  • 採用担当者の立場に立って考えることをしていない
  • 自己理解ができていない
  • 倍率が高い企業ばかりを受けている
  • 就活に対するモチベーションが低い

 

これら本質的な原因について、詳細を解説していきます。

加えてこれら本質的な原因から派生した、表面的な原因も一覧化していくので、当てはまる原因があれば確実に潰していきましょう。

 

これまで数百人の就活生からの相談に乗ってきた僕が断言します! 

この4つの原因を潰さないとマジで内定出ませんw

 

原因① 採用担当者の立場に立って考えることをしていない

f:id:shukatu-man:20200619202811p:plain

 

まず最初に、採用担当者の立場に立って考えることをしない人は評価されません。

 

「どんな人材が欲しいと思うか?」「エントリーシートには何が書いてあれば評価しやすいのか?」「面接ではどんな見た目の人に良い印象を抱くのか?」・・・

このように採用担当者の立場に立って考えることは無限にできます。

 

これは恋愛でも全く同じことです。

異性からモテる人っていうのは、異性の立場に立って物事を考えるんですよね。

 

どんな服装が良いか?香水はきつすぎないか?口臭は無いか?

何をどのタイミングでもらったら嬉しいか?今は何を言われたいのか?

 

常に相手の立場に立って考えられる人。

それが他人から評価される人だと僕は考えています。

 

「採用担当者の立場に立って考えられない」という原因から、様々な内定が出ない原因が派生します。

僕が少し考えただけでも、採用担当者の立場に立って考えないだけで以下のようなことが生じますよね。 

 

【この原因から派生した表面的な原因】

  • 清潔感がなく「お客様や社員に悪い印象を与える」と判断されている
  • 表情が固く「コミュニケーションが苦手で仕事ができなさそう」と判断されている
  • 就活マナーが守れておらず「協調性がない人材」と判断されている
  • 面接での回答の声が小さく全然聞き取れない
  • エントリーシートの字があまりにも汚い
  • 面接での回答が1つ1つ長過ぎる(聞いてない情報まで話してしまうことになるので、面接官が知りたい情報を伝えきることができなくなる)
  • 志望動機として「条件面」ばかりを語りマイナス評価されている
  • 平気で「逆質問はありません」と言ってしまう(あなたの企業にそこまでの興味がありませんって言ってるようなものw)
  • 他の就活生と全く差別化できていない

 

とにかく常に採用担当者の立場に立って考えて行動せよ

この原因を潰すためには、あらゆる場面、あらゆる行動の軸を「採用担当者の立場に立って考えてみる」に変えることですね。

例えば「自己PRを作成しよう」と考えた時に、次のように視点を変えることができます。

 

自己PRって何を書けば良いですか?=自分視点

自己PRとして何が書かれていたら評価したくなるかな?=採用担当者視点

 

僕はこの就活攻略論で、この「採用担当者の視点」を皆さんに共有してるに過ぎない。

まずは自分の頭で採用担当者の視点に立ってみることが重要です。

そうすれば疑問も自然と消えていきますよ!

 

なるほど!自分視点で考えるのではなく、採用担当者の視点で考えて行動に移すことが重要なんですね。

そうだよ。就活生は自分視点で考えすぎてる。あくまで評価するのは採用担当者なんだからそっちの視点を持つべきだよね。

 

原因② 自己理解ができていない

f:id:shukatu-man:20200619202806p:plain

 

続いて、内定が出ない2つ目の本質的な原因は「自己理解ができていない」という原因です。

(自己理解=自分の性格や価値観は何か?自分の強みや弱みは何か?などの自分に関する情報を把握しているかどうか)

 

そもそも自分のことを理解していない人が、採用担当者に対して自分のことを伝えることなんてできるわけない。

 

自己理解できていない人が、倍率の高い人気企業から内定を取っているところを見たことがありません。

もともと人材不足で倍率も低いところからたまたま内定が出たとかがオチですね。

 

それだけ自己理解ができていることは、就活で評価されることに直結します。

具体的に自己理解ができていないことで生じる、内定が出ない原因は以下です。 

 

【この原因から派生した表面的な原因】

  • 自分と適性が合わない企業ばかりを受けている
  • そもそもどんな企業と適性が合うのか分かっていない
  • なぜその職種を選んだのか回答できない
  • 魅力的な自己PRが作れていない(長所が不明確なので当然作れない)
  • 自己PRと第一印象が一致していない(話した感じが大人しそうなのに自己PRで積極性をアピールしているとかね)
  • 面接での回答が丸暗記した「セリフ」になっている
  • 自分の性格や価値観について深堀りされた時に回答ができない
  • 「なぜその企業にエントリーしたのか」という志望動機が浅い

 

要するに自己理解ができていないことで、「企業選びが適当」「エントリーシートや面接での回答が適当」という2つが生じてしまう。

そりゃ内定出ないわけだ。

 

徹底的に自己分析を深め続けよう

この根本的な原因を潰すためには、とにかく「自己分析」をすることです。

 

僕は就活攻略論で計41記事も自己分析の記事を書いています。

それだけ自己分析が重要だから。

 

自己分析の目的は「企業選びの軸を作ること」と「面接官に自分のことを伝えられるようになること」の2つです。

逆に言えば、自己分析ができていない人はこの2つができてないってことで、内定がなかなか出ないのが当然ですね。

 

具体的な自己分析のやり方は、自己分析を8ステップで完了させる方法という記事にしています。

ぜひこの記事をじっくりじっくり実行してください。

自己分析に終わりはないので、就活の中で常に同時並行で深めていきましょう!

 

 

自己分析が甘くて自己理解できていないと、そもそも自分に合う企業を選べなかったり、エントリーシートや面接でうまく自分をアピールできないといった「負」を生んでしまうんですね。

そのとおり!自己理解ができてないまま就活を進めるのはマジで非効率!

 

原因③ 倍率が高い企業ばかりを受けている

f:id:shukatu-man:20200619202751p:plain

 

続いて、内定が出ない3つ目の本質的な原因は「倍率が高い企業ばかり受けている」ってことです。

 

倍率が高い企業を受ければ、当然内定を獲得できる確率は減ります。

内定が出ないことによって余裕と自信がなくなり、まさに負のスパイラルに陥ってしまう可能性があるから、本当に気を付けるべきです!

 

倍率が高い企業ばかり受けることによって、次のような内定が出ない原因を生み出してしまいます。 

 

【この原因から派生した表面的な原因】

  • 1つも内定が出ずに余裕がなくなっている
  • 自信をなくしてしまって面接での評価が更に悪化する
  • 「大企業ならどこでも良い」と考えてしまい志望動機が適当になる
  • 業界を絞ってないがゆえに「色んな業界を受けているんですね。どこでも良いんですね」と思われてしまう
  • 学歴フィルターにかかりまくっている

 

僕が出会った就活生の中で、この根本的な原因で内定が出ないという人は次のパターンに陥っている場合が多かったです。

 

大企業だったらどこでも良いと考えるから志望動機が浅い

倍率が高いから内定が出ない

内定が出ないから焦る

不採用が続く

自信をなくしてしまって就活のやる気がうせる

 

倍率が高い企業以外も受けるようにする

僕は就活において、「心理的な余裕」がめちゃくちゃ重要だと考えています。

「ここなら入社しても良いかな」という企業からの内定が1つでもあれば、どれだけ他に倍率が高い企業を受けていても余裕を持って受けることができる。

 

よって倍率が高い大手企業志向だろうが、中小企業や中堅企業も合わせて受けるべきなんですよね。

 

倍率が高い大企業ばかりを受けて内定が出ていない人は、今からでも中小企業や中堅企業も受けるよういしましょう。

中小企業の探し方は別記事で詳しく解説しています。

 

 

たしかに倍率が高い企業ばかり受けていると、内定が出ずにどんどん焦りが大きくなりますよね...。

そうなんだよね。余裕を持つためにも、倍率が高い企業ばかりを受けすぎないことが重要だよ。それが結果として倍率が高い企業からの内定に繋がるから!

 

原因④ 就活に対するモチベーションが低い

f:id:shukatu-man:20200619202756p:plain

 

そして最後4つ目の内定が出ない本質的な原因は「就活に対するモチベーションが低い」ということです。

 

何をするにも、それに対するモチベーションが低いと成功率は下がります。

当然ですよね。本気度も下がるし、それにかける時間も減るから。

 

例えば、僕は今こうして自営業をしています。

それは幼少期からお金に悩まされ続けた人生だったので、とにかく自営業や起業に対するモチベーションが高かったんですよ。

 

よって適当に「起業とかカッコいいよな」ぐらいに思っている人に負ける気はありません。

大学時代から1000冊以上の本を読んだのもこのモチベーションがあったから。

 

要するに、モチベーションが低ければ就活だろうが、ダイエットだろうが何でも失敗する可能性が高くなるよってことですね。

 

就活へのモチベーションが低いことから派生して、以下のような内定が出ない原因も生まれてしまいます。

 

【この原因から派生した表面的な原因】

  • エントリー数が非常に少ない
  • マイナビやリクナビだけを使うなど就活法に工夫がない
  • 企業研究や業界研究に力を入れない
  • SPIなどの適性検査対策も適当になっている
  • 「改善」しようとする意志がない
  • 将来像を聞かれても特に答えることができない
  • 初対面の人との会話が苦手なのに改善努力を全くしない(OB訪問したりとか慣れるための方法はいくらでもあるのに)
  • 平気で会社説明会や面接に遅刻してくる

 

就活をする目的を徹底的に考え抜こう

就活のモチベーションが低い人は、「就活をする目的」が適当です。

「正社員になるため」とか「みんながしているから」みたいな適当な目的。

 

設定した目的が適当だと、その目的を達成したいという欲望が生まれません。

それによって就活へのモチベーションが下がってしまうんですよね。

 

よって「なぜ就活をするのか」をとにかく深堀りしましょう。

僕のおすすめは「10年後にどうなっていれば幸せなのか」を明確化すること。

 

そこから逆算することで、就活ではどんな企業に入社しないといけないのかが見えてくるでしょう。

 

たしかにそもそも就活へのモチベーションが低いことで、選考のあらゆる場面で手を抜いてしまいますよね。

そうだよ。「なぜ就活をするのか」という目的を明確化して、その目的を達成することをとにかく欲すること。それが重要。

内定が出なくても焦らずに就活するための方法

f:id:shukatu-man:20200619202802p:plain

 

ここまで内定が出ない原因について解説してきました。

「内定が出ない!やばい!!」という状況だと、とにかく焦りますよね。

 

気持ちに焦りがある状態だと、余裕がなくなります。

余裕がない状態で面接を受けても、「この子は優秀そうだな」と思われないんですよね。

 

よってとにかく就活では焦らないことが重要です。

では内定が出ていない状況で、どうやって焦らないようにすれば良いのか?

 

ここでは内定が出ない状態でも焦らないための3つの手段を紹介します。

 

【内定が出ないでも焦らないための方法】

  1. 秋採用で無双するための攻略法を押さえておく
  2. 就活エージェントを利用して就活の効率化をはかる
  3. 常に選考を受けている企業を一定数確保しておく

 

①秋採用で無双するための攻略法を押さえておく

 

まず最初に内定が出ないで焦っている就活生は、「就活後半でも内定を獲得することができる」という状況を知っておくべきです。

 

6月以降、大手からの内定も出始めるので6月に内定が出ないと焦ります。

しかし、7月後半からの秋採用は企業側も採用を焦っている時期なので、全然内定を獲得することができます。

 

よって「7月なのに内定が出ない!」と焦らずに、「12月まででも全然内定出るだろう」と考えて秋採用の対策を進めるべきですよ!

 

f:id:shukatu-man:20200622154936p:plain

 

秋採用を勝ち抜くための戦略について

ちなみに就活後半の秋採用は、公務員試験に落ちた就活生や、留学から帰ってきた就活生なども参加します。

しかし、彼らは就活に関する情報をほとんど持っていません。

 

だからこそ秋採用では、少し選考対策を知っていれば無双可能です。

秋採用を攻略する方法について別記事でまとめておいたので、秋採用に関する知識が少ない方はぜひ参考に!

 

 

なるほど!たしかに12月の秋採用終わりまで、全然内定は出ると分かれば、余裕を持って就活に取り組めそうです!

周りが内定が出て、就活をやめていようが、それは気にせずに秋採用まで就活をやり抜くことは今後の人生において重要だと僕は考えているよ!

 

②就活エージェントを利用して就活の効率化をはかる

 

続いて関東への就職を希望する人向けになりますが、「就活エージェント」はおすすめです。

内定が出ない理由をここまで解説してきましたが、これらの原因のどれが当てはまるのかを客観的な目で判断してもらうことは有効です。

 

就活エージェントは面談を元に、求人を紹介してくれたり、選考支援をしてくれます。

内定が出ない状況の中、1人で就活を進めるよりも、就活のプロである就活エージェントを頼ってみるのも1つの手ですよね。

 

f:id:shukatu-man:20200622154940p:plain

 

就活エージェントは担当者の質を判断することが重要

ちなみに就活エージェントに関しては、担当者によって「クソサービス」になることもあれば、「神サービス」になることも。

よって利用する就活生側から就活エージェントの質を判断することが重要なんですよね。

 

サービスによっても担当者の質が左右されがちです。

僕がおすすめの就活エージェントをランキング形式で紹介しているので、関東への就職を希望している就活生はぜひ活用してください!

 

 

③常に選考を受けている企業を一定数確保しておく

 

ここまで秋採用を攻略すること、そして可能なら就活エージェントも活用することで余裕を持つことが重要だと話しました。

 

最後、これがめちゃくちゃ重要なのですが「常に選考を受けている企業を一定数確保しておく」ということです。

 

例えば選考を受けている企業が10社あったとします。

選考を受けていく中で、そのうち7社落ちてしまいました。

そうなれば、「やば!あと3社しか残っていない!!!」と焦りますよね。

 

ここでポイントは、1社不採用になったら1社追加するということ。

僕はこの戦略によって常に心の余裕を持つようにしてました。

 

10社選考を受けていて、1社落ちました。

その時に追加で1社、エントリー企業を探してエントリーする。

そうすることで、常に10社の選考を受けている状態を継続できます。

 

そうなれば「ここ落ちても9社残っている」という状態で常に就活できるので、心に余裕を持つことができるんです。

  

f:id:shukatu-man:20200622154944p:plain

 

このように、常に一定数の選考企業を確保するためには「企業探しの方法」を熟知しておく必要があります。

 

就活攻略論でこれまで書いた企業探しのおすすめ記事を一覧で紹介しておきます。

中小企業〜中堅企業、隠れ優良企業など探し方を把握しておきましょう。

 

Check!

▼BtoBの隠れ優良企業の探し方はこちら!

» BtoBの隠れ優良企業50社【幸福度を上げる職場の要因】

 

▼中小企業の探し方はこちら! 

» 【就活生向け】優良中小企業の探し方!9つの見つけ方を解説!

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

「内定が出ない」とただ悩んでいるだけじゃ何も変わりません。

 

重要なことは「原因の明確化と改善」のみ。

今回の記事を参考にして、“本質的な原因”に着目することを徹底してください。

 

表面的な原因はいくら潰してもキリがありません。

これは就活が終わった後でも使える考え方だと思うので、あなたの人生の参考になればとっても嬉しいですね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。