就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【SPIでカンニングするとやばい?】バレる危険性やリスクを解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200624173248p:plain

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は「SPIでカンニングできるのか?バレたらやばいのか?」という疑問に答えます。

結論から言うと、カンニングがバレたら企業に報告されたりと最悪な結果になります。

 

よって自力で対策をすることが重要なことは間違いないんですよね。

そのあたりを詳しく解説していきます! 

SPIはそもそもカンニングできるのか?

f:id:shukatu-man:20200624174550p:plain

 

SPIは就活においてかなり重要な役目を担っています。

SPIの点数次第で面接に進めるかどうかが決まるということも珍しくありません。

 

そこで気になるのが、SPIはカンニングできるのかということ。

もしカンニングできるのであれば、苦手な科目やわからない問題も難なくクリアできる可能性が出てきます。

 

まだ実際にSPIを受けたことがなく、会場がどのようなものなのかわからない人はイメージがつかないでしょう。

 

SPIの会場でどのようなことがおこなわれるのか、カンニングはできるのか?

カンニングできるのではないかと期待している人もいるかもしれませんから、ここではしっかりとSPIにおいてカンニングができるのかについて解説していきます。

 

テストセンターは仕切られているのでカンニング不可

 

SPIの受験方法の1つとしてテストセンターがあります。

テストセンターとは、WEB上でおこなわれる試験のことをさします。

 

テストセンターを受けることになった場合は自宅ではなく会場が指定されます。

 

SPIでは計算問題などが出題されることもありますが、テストセンターでは会場に計算機などの持ち込みは禁止されています。

それだけではなく、筆記用具も自分で用意したものではなく会場で渡されたものを使うことになるので注意が必要です。

 

さらにテストセンターでは隣の人との間に仕切りがあります。

これによって隣の解答が見えなくなるため、カンニングができなくなっているのです。

 

ちらりと隣を見て答えをカンニングしようとしても、仕切りが邪魔をして何も見えなくなっています。

そのため、結局テストセンターでSPIを受験する際はカンニングをすることはできません。

隣を覗き込んでカンニングするのは不可能だと考えてください。

 

ペーパーテストの場合はカンニングができる環境

 

WEBテストとは違って、ペーパーテストはカンニングができる環境にあります。

複数人で協力して回答を共有することもできるため、カンニングしやすいのです。

 

また、ペーパーテストは私物を持ち込むことができます。

その中にカンニングペーパーをまぎれさせておき、バレないようにしておけば上手くカンニングすることができてしまう。

 

SPIはある程度決まった種類の問題しか出ないので、それに対するカンニングペーパーを用意しておけば苦労せずにカンニングは可能。

 

しかし、もちろんカンニングをすることは簡単ではありません。

狙った問題が必ず出るとは限りませんし、ペーパーテスト独自の問題に悩まされることもあるでしょう。

 

そういったことを考えると、カンニングをせずに自分の実力だけで真っ向勝負を挑みましょう。

 

SPIでカンニングがバレる可能性について

f:id:shukatu-man:20200624174601p:plain

 

SPIでカンニングすることは本当におすすめしません!

もちろんバレる可能性があるからです。

 

ここでは「なぜカンニングがバレる可能性があるのか?」を見ていきましょう。

 

①面接官に見つかる可能性は全然ある

 

面接官はSPI受験生に対して常に目を光らせています。

テストセンターにおいては、少しでも怪しい動きをすれば何をしているのかと不審がられてカンニングがバレる可能性が高い。

 

隣の人を覗き込むような姿勢をとったり、手元を不自然にちらちらと見たりし続けると、あの受験生は何をしているのかと疑われるんですよね。

 

小さな行動が全てを台無しにしてしまうのがSPIでのカンニングという行為の恐ろしさです。

 

②その後の追加テストでバレる可能性がある

 

もし無事にSPIをカンニングして高得点で通過できたとしても、追加テストで悪い点をとってしまったら不自然すぎると思われてバレてしまう可能性があります。

 

追加テストは通常テストセンターの後におこなわれる企業が独自に用意したものです。

ですから、これはカンニングすることができません。

 

完全に実力勝負をしなければならないということになります。

 

SPIのように簡単に答えを手に入れられて、あらかじめカンニングする用意ができるテストではないので自力でどこまでできるかが試されるわけです。

 

企業は受験生がどの程度の能力を持っているかを知るために追加テストをおこなっているので、ここでSPIでの結果との差が大きく開きすぎるとあまりにも不自然であり疑われてしまいます。

 

SPIでのカンニングがバレるとどうなるのか?

f:id:shukatu-man:20200624174607p:plain

SPIでカンニングがバレてしまえば、当然ペナルティが課せられます。

具体的にカンニングがバレるとどうなるのか、ここでは解説しますね!

 

企業に報告される可能性がある

 

面接官が、万が一カンニングを発見した場合には企業に報告するという可能性があります。

 

この受験生はSPIを受けている最中にカンニングをしていた、と報告されてしまえば言い逃れのしようがありません。

 

そうなれば信用されることは二度となくなるでしょう。

もしかしたら内定をもらえていたかもしれない企業からも見放されてしまうのです。

 

企業は大勢の受験生、就活生を見ていますから、カンニングをした受験生にわざわざ情けをかけたりはしません。

 

企業としては、SPIを実力で解くこともできなかった人を雇えば、きっと仕事の上でも信頼を失うようなトラブルを引き起こすに違いないと考えるのが自然でしょう。

 

また、企業にカンニングをしたことを報告されれば、その後の就活がうまくいかなくなることも間違いありません。

 

SPIを導入している企業は数多くあります。

特に大企業はSPIをもはや必須アイテムのように扱っています。

 

その中でカンニングをしてしまったということが報告されてしまえば、一気に多くの企業からの信頼を失うことになる。

 

企業に報告されては困るのがわかりきったことなのですから、カンニングは危険な道でしかないと言えるでしょう。

 

後でバレて内定取り消しされる可能性がある

 

カンニングをしてSPIを通過し、さらにそのままするすると内定をもらえたという場合でも決して安心はできません。

企業が何らかの形でカンニングをしたことを突き止めて、内定を取り消すという可能性があるからです。

 

テストの結果を見返していたところ不自然な点に気が付いたとか、性格検査に明らかな矛盾があったとか、SPIの結果からカンニングの可能性に思い当たることは十分あり得ます。

 

なので、もし内定をもらえたとしてもSPIでカンニングをした以上、確実に企業を騙し続けることができるかどうかはわからないのです。

いつかはバレてしまうのかもしれない、という恐怖と常に戦い続けなければなりません。

 

企業は内定を出した就活生のことを細かく調べあげますから、そのうちにSPIの結果に違和感を抱くこともあるでしょう。

 

そうなれば呼び出されることも考えられますし、そこで詳しく問い詰められて結果的に内定を取り消されることもあるのです。

 

後ろめたいことがある以上、強気で応答することはなかなか難しいものですし、実際にカンニングをしてしまっているのですから言い訳をするのは厳しいものがあります。

 

加えて企業は強く疑念を抱いているため、この局面は乗り切れないと考えてください。

 

SPIは「足切り」なので勉強さえしておけば通過する

f:id:shukatu-man:20200624174555p:plain

 

カンニングばかりに目を向けて必死になる必要はありません。

SPIは単なる「足切り」に過ぎず、就活において重要なのはさらにその先の面接などなのです。

 

待ち構えている面接のために全力投球するには、まずSPIは軽く乗り越えてしまいましょう。

SPIは企業がまずは第一関門として用意した多くの就活生への試練です。

 

しかし、これは企業にとってのただの「足切り」であり、面接のように人柄を見たりアピールポイントや志望動機を見定めたりするためのものではありません。

 

ただ単に面接へと進む人数を減らすための「足切り」なのであり、事前に勉強さえしておけばそれだけで通過することができます。

 

面接対策のように面接官から飛び出すであろう不意を突かれる質問に対する答えを考えたり、思いもよらないところから来るかもしれない質問に怯える必要はないのが「足切り」の良いところです。

 

つまり、SPIの対策は相手が機械である以上簡単にできるということになります。

対人よりもよほど単純に問題を出してくれますし、傾向は毎年決まっているため問題集もたくさん出回っています。自分の努力次第でいくらでも点数を稼ぐことができるのです。

 

1日でも早く対策を始めることが重要

 

自分が思っているよりも、周りはもっと早くSPI対策を始めていると考えてみましょう。

それくらいの考え方を持ってSPI対策を始めなければ、手遅れになってしまいます。

 

SPIで出題される問題はクセがあってとっつきにくさを感じる人も多いでしょう。

早めに対策を立てておかないと、本番に間に合わなくなってしまいます。

 

まずは問題に少しでも多く触れて体と頭をSPIの問題に慣れさせることが重要です。

 

特に非言語問題に関しては、一見簡単そうに見えても解き方を繰り返して刷り込まないと本番で時間制限に間に合わなくなってしまいます。

また、早めに対策を立てることによって、精神的な余裕が生まれるというメリットもあります。就活中はどうしてもストレスがたまってしまい、些細なことに敏感になりがちです。

 

そのような中で新しいことに取り組まなければならないのは大変ですが、早めに対策を始めておくことで、自分はたくさん対策を立てているから大丈夫だという安心感を得ることができるのです。 

 

おすすめはとにかく問題集を解くこと

 

では、実際にSPIを攻略していくにはどうすれば良いのでしょうか。

最も効果的なのは、とにかく問題集を解くことです。

 

繰り返し同じ問題集を解くことで、問題のパターンを覚えて解き方を覚えましょう。

ここでおすすめしたい問題集を3冊ご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

これが本当のSPI3だ! 【2021年度版】

もっともポピュラーで取り組みやすい問題集です。

解説がわかりやすくSPIの問題初心者におすすめの1冊で、書店でも多く取り扱われているので、ぜひ手に取ってみてください。

 

SPIは能力検査といって、言語・非言語・英語・構造的把握力の4種類の科目から成り立っているのですが、この問題集はそれらを全てまんべんなくカバーしています。

 

SPIがどんなものかわからなくて、何から始めればいいのかわからないという人はまずこの問題集から始めることをおすすめします。

 

2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 

こちらは中級者向けの問題集です。

「これが本当のSPI3だ! 」が完璧に解けるようになったら、この1冊を解いてみてください。

 

どれだけ実力がついたかを確認することができるとともに、さらにスピードアップして問題を解けるようにする練習ができるようになります。

 

この1冊も4種類の科目を取り扱っているので、「これが本当のSPI3だ! 」と同様にとても使い勝手がいい構成になっています。

初心者からステップアップしていくにはとても適してると言えるでしょう。

 

大手・人気企業突破 SPI3問題集 

この1冊はかなり難易度が高い上級者向けの問題集です。

どうしても高得点をとる必要がある、もしくは高得点をとりたいと考えている人にはぴったりの問題が揃っています。

 

そのため、初心者のうちは手をつけない方がいいでしょう。

SPIに対する苦手意識を持ってしまわないためにも、ある程度実力がついたと感じてから挑戦するようにしてください。

 

タイトルにある通り、大手企業や人気企業を狙う就活生はSPIで「足切り」されないようにSPIで高得点をめざして対策をとってきます。

 

その争いに負けないようにするためにも、ぜひこの問題集を使って高得点をとることができるようにしてください。

 

これら具体的なSP対策に関しては以下の記事でまとめています。

SPIでカンニングをすることは考えずに、1日でも早くから対策を始めましょう!

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。