就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【SPI突破のコツまとめ】全通過した僕が押さえたコツを共有!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200608193346p:plain

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回はSPIを突破するためのコツを簡単にまとめておこうと思います。

実際に僕が実践していたコツたちです。

 

SPIは足切りに利用されるので、ここで落ちるのはもったいなさすぎ!!

よって最低限のコツをまずは押さえて、通過率を上げていきましょう。

SPIの能力テストを通過する人の特徴

f:id:shukatu-man:20200608194926p:plain

 

志望企業の採用選考試験を受けるための最初の関門と言えるのが、SPIを通過すること。

SPIの能力テストを通過する人の特徴は万全の“準備と対策”が出来ていることが挙げられます。

 

SPIは学力の高い人が高得点を取れる学校の試験とは違い、事前の準備と対策をすることで誰でも通過ラインに近づくことができます。

 

反対に学力が高い学生であっても、きちんと準備と対策をしなければSPIで高得点を取ることは難しく、通過することはできません。

SPIの能力テストに通過する人の特徴である“準備と対策”について、具体的に解説します。

 

早期からSPIの対策が出来ている

 

SPIの能力テストを通過する人はSPIの対策について、早い段階からコツコツと行っています。

SPIは出題範囲が広いことに加え、出題形式も様々なので早めから問題に触れることで出題傾向を理解できます。

 

よく、SPIを受検する人の中には一夜漬けで対策を行う人がいます。

これでいい点数が取れる可能性もありますが、出題範囲が広いSPIにおいて一夜漬けは非常にリスキーと言えるでしょう。

 

エントリーシートの締め切りに追われる就活時期本番ではなく、比較的時間に余裕のある学部3年生(or修士1年生)の夏~秋頃に「SPIの問題集」を購入して対策することがベストです。

 

 

徹底的に問題に慣れている

 

さらに、SPIの能力テストを通過する人は早い段階から動くことに加え、何度も何度も反復して問題を解き続けて、問題に慣れています。

 

徹底的に慣れている人は、問題を見ただけで、瞬時にどの項目の問題なのか理解できています。

条件反射的に問題を見ただけで、「何を問われているのか」をわかるくらい問題集を徹底的にやり込むことで瞬発性を高めることが可能です。

 

瞬発性に加えて正確性も上げていくことで、SPIの通過確率を高めていくことができるので、問題集を徹底的にやり込みましょう。

 

受検形式ごとの対策が出来ている

 

SPIと言っても大きく分けて4種類に分類され、それぞれの形式にあった対策も重要になってきます。

 

SPIの能力テストに通過する人の特徴としては受検形式ごとに正しく対策が出来ていることが挙げられます。

 

★SPI種類★

f:id:shukatu-man:20200608192601p:plain
画像引用:SPI3リクルートの適性検査SPI3

 

それぞれの形式ごと特徴は次の通りです。

 

Webテスティング

Web形式で、自宅や大学などどこからでもパソコンがあれば受検可能です。

問題数は非言語20問(20分)、言語41問(12分)と多いですが、計算機の使用が認められているので慣れておく必要があります。

 

テストセンター

Webテスティングと問題形式は同じですが、リクルートが運営する専用会場で受検する形式で、1度受検すれば何社でも使いまわしが可能です。

また計算機や筆記用具も持ち込めないので、慣れておく必要があります。

 

インハウスCBT

Web形式で、学生が企業を訪問し、企業が準備したパソコンで受検する方法です。

問題自体はWebテスティングと同じなので、共通対策で問題ありません。

 

ペーパーテスティング

マークシート方式で、学生が企業を訪問して受検する方法です。

問題数は非言語30問(40分)、言語40問(30分)と少し多いですが、問題冊子として配布されるので試験開始時に全体感を把握しやすく、時間配分を決めることが可能です。

 

SPIを突破するために絶対に押さえるべきコツ

f:id:shukatu-man:20200527011855p:plain

 

SPIで高得点を獲得するために重要なことは、頭の良し悪しということよりも、SPIの特徴を踏まえて事前の対策を行えるかです。

 

通過するためのコツを押さえて、対策ができればSPIで高得点を狙えますのでここで紹介するコツを実践してみてください。

 

SPIで押さえるべきコツ

 

SPIを通過するために押さえるべきコツは、次の4つです。

 

何度も繰り返し、問題を解く 

SPIは出題傾向が決まっているので、何度も問題を解いていると、同じ問題でなくても「問われている内容」が分かるようになってきます。

 

多くの問題を解く際にオススメなツールとしては、マイナビが提供している「適性検査対策WEBテスト」を使うと便利です。

 

参考書や問題数は問題が固定されているので、問題の数をこなしたい場合はマイナビのツールを使いましょう。

定期的に全国模試も開催しているので非常に使い勝手はよいです。

 

公式を丸暗記する

SPIの問題の多くには公式に当てはめると、簡単に解けるものがあります。

問題を解く中で時間のかかる問題や正解率が上がらない分野については、公式を丸暗記することで対策しましょう。問題集や参考書を使って暗記するとよいです。

 

電卓に慣れる

テストセンター以外のWebテストでは電卓の使用が認められています。

1秒でも早く問題を解くためには、電卓を駆使することが求められます。

 

学生で普段から電卓を使う人は少ないと思うので、SPIを受検するまでにはぜひ電卓になれておきましょう。

本番にミスをして焦ることは防げると思います。

 

パソコンに慣れる 

ペーパーテスティング以外のSPIはパソコンを使用して問題を解きます。

そのため解答を入力する速度もSPIを攻略するためには重要になるので、パソコンのタイピングは慣れておきましょう。

 

SPIの言語問題のコツ

 

SPIの言語問題を解く際に押さえるべきコツは次の3点です。

 

速読をマスター

限られた時間の中で大量の問題を解くことが求められる言語問題ですが、問題をいち早く読んで、内容を理解出来るようにするために速読をマスターしましょう。

 

語彙を増やす 

問題を早く読めても言葉の意味が分からなければ問題を解くことは出来ません。

そのため、言語問題を正しく解くためには語彙を増やすことが重要です。

 

長文問題に時間をかける 

SPIの言語問題は長文問題に時間がかかるので、長文問題以外は即答していく必要があります。

そのため、何度も問題を解くことで長文問題以外を即答できるようにしておきましょう。

 

SPIの非言語問題のコツ

 

SPIの非言語問題を解く際に押さえるべきコツは次の2点です。

 

公式を丸暗記

非言語問題の多くは公式に当てはめると即答できる問題が多くあります。

そのため、予め公式を丸暗記しておくことで確実に正解するようにしましょう。

 

即答できるように問題パターンに慣れる

限られた時間の中で正解率を上げていくためには、問題のパターンに慣れることが重要です。

問題を見た瞬間に問題パターンを理解できるように何度も繰り返し問題を解いておきましょう。

 

わからない問題に固執しない

 

SPIを通過するためには、限られた時間の中で、いかに問題を早く解くかが重要です。

問題を解いていると、どうしてもわからない問題が出てきます。

 

SPIの得点は偏差値で表されるので、簡単な問題を間違えてしまえば得点は大きく下がりますが、一方で超難問は他の人も解けないので諦めることも時には重要です。

分からない問題に固執しすぎて、他の問題を解く時間を失うことは避けましょう。

 

SPIの性格検査対策のコツとは?

f:id:shukatu-man:20200604214424p:plain

 

SPIを通過するためのその他のコツとしては性格検査の対策を行うことです。

対策といっても言語・非言語の能力検査とは異なり、「正解」があるわけではありません。

 

そのため、性格検査ではどのようなことを見られていて、何に気をつければよいのかを知ることこそが、SPIを通過するためのコツと言えます。

 

性格検査の中身を知ろう

 

企業側がSPIの性格検査でわかることは「職務への適応のしやすさ」「組織への適用のしやすさ」「性格的な特徴」などです。

 

これらの検査結果を踏まえて、自社で活躍できる可能性が高いかどうかを見極めていきます。

 

また特にSPIの性格検査は候補者の「足切り」に使うだけでなく、面接の場でも性格検査から得られた懸念点を中心にチェックするためのツールとして利用されています。

それぞれの詳しい中身を紹介していきます。

 

▼職務への適応のしやすさ

f:id:shukatu-man:20200608192606p:plain

 

性格検査を踏まえて「対人」「協調」「活動」「課題遂行」「企画」の側面から、学生自身の適応度を図ることが出来ます。

各項目5段階に分けられ、1から5にかけて適応度が上がっていきます。

 

例えば「考えてから行動する」「行動してから考える」どちらが合っているかを解答する際に、行動が先に来る人は「フットワーク」が高めに出て、反対に考えてから行動に移す人は「自律的遂行」が高く表れます。

 

▼組織への適用のしやすさ

f:id:shukatu-man:20200608192613p:plain

「創造」「結果」「調和」「秩序」4つの組織風土の中から、適している組織風土を図ることが出来ます。

企業側は自社の組織風土と学生に適した組織風土がマッチしているかを面接以外ではSPIの性格検査を通して確認します。

 

▼性格的な特徴

f:id:shukatu-man:20200608192618p:plain

 

「性格的な特徴」が一番重要な指標ともいえます。

上記の図は一部の抜粋ですが、図の通り折れ線グラフのように表記されます。

 

折れ線グラフの位置が40以下または60以上の範囲にある項目がその学生の特徴となりますが、企業の人事が見ている項目は1つの特徴というよりかは左右に大きく振れていないかという点です。

 

例えば、「行動的側面」においてフットワークが良い(60以上)一方であきらめが早い(40以下)という特徴が出ていれば、企業側としては「色々挑戦はするものの、結局は続かない人なのでは?」と思うでしょう。

 

直観で答えよう

 

紹介した通りSPIでは様々な観点から、学生の自身の性格的特徴を分析されますが、注意したい点としては自分をいいように見せようとして嘘をつくことはNGです。

 

嘘をついて解答をするとAIが「解答者が自分をよく見せようとする傾向あり」と判定をしてしまい、反って逆効果になります。

そのため、大切なことは「直観で答える」ことで、これを心掛けましょう。

 

ただ、アドレスしては直観で答えるものの、答え方は少し工夫が必要です。

解答方法として「よく当てはまる」や「全く当てはまらない」といった極端な解答を続けることは控えましょう。

 

例えば、回答が1~5段階の選択式である場合「1=よく当てはまる」や「5=全く当てはまらない」ばかりを選択していると極端な振れ幅の大きい分析結果が出てくる傾向があり、企業側に懸念点を持たれかねません。

 

一貫性を持たせよう

 

直観で解答することに加えて、性格検査で特に重要なことは答えに「一貫性」を持たせることです。

性格検査では同じような質問が何度か出てくることがありますが、解答に一貫性があるのかを確認する意味合いがあります。

 

前回答えた内容と全く違った内容の解答を続けていると、ここでもAIが「解答者が自分をよく見せようとする傾向あり」と判定をしてしまいますので注意しましょう。

 

基本は「問題集を早期に取り組むこと」が最重要

 

ここまで様々なコツを紹介してきましたが、一番重要なことは「問題集を早期に取り組むこと」になります。

 

紹介してきた通り、SPIは独自の対策を取らなければ学力が高い人でも高得点を狙うことは難しくなります。

 

反対に早めから問題集を反復して取り組むことによって、SPIを解くテクニックを身につけられるため、早い段階から問題集をやりこんでおくことが重要になります。

SPI対策におすすめの参考書は次の2つです。

 

おすすめ参考書① 7日でできる!SPI問題集 

7日でできる! SPI[頻出]問題集 2022年度版 (「就活も高橋」高橋の就職シリーズ)

7日でできる! SPI[頻出]問題集 2022年度版 (「就活も高橋」高橋の就職シリーズ)

  • 発売日: 2020/01/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この参考書の特徴はSPIで出題される問題を7日間で網羅的に勉強できる問題集であるという点です。

1週間という短い期間で一通りの流れを掴むことができることと、1日の学習量が把握できるので、メリハリがつけられて、基礎からの勉強や直前対策に向いています。

 

おすすめ参考書② 史上最強SPI&テストセンター超実践問題集

2022最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 (史上最強 就職シリーズ)
 

 

こちらの参考書の特徴は実際に出題される例題を使って基礎から学ぶことができる問題集です。

出題範囲を網羅的に対策出来ることに加え、時間短縮で問題を解くコツの解説もあるので、テクニックについても身につきます。

 

①で基礎をみっちりと学び、②で早く解くコツなどのテクニックを学ぶ。

この対策方法を早期から始めておけば、SPI対策としては万全と言えるでしょう。

 

今回の記事ではSPI全体のコツをざっくりとまとめました。

より細かい対策の中身については、別記事で詳しく解説しています。

これからSPIを対策していこうと考えている方は下記の記事を参考にしてくださいね!

 

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

SPIは対策すれば通過率はめちゃくちゃ上がり、対策しないとトコトン落ちます。

 

SPIを通過しないことには、エントリーシートを読んでもらうこともできない。

面接で自分との適性を測ってもらうことさえできない。

 

それは悲しすぎるということで、、、

しっかりと対策をしてくださいね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。