MENU

【SPIの解答集を使うのはアリ?】違法性やバレる可能性を解説!

本記事にはPR情報が含まれます。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で7年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、22社からの内々定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20230401120248

 

就活生や転職者のみなさん、こんにちは!

これまで7年、書いた記事は1500記事を超え、求人サイトの運営まで始めた"日本イチの就活マニア"こと就活マン(@syukatu_man)です!

 

今回は、適性検査のSPIの解答集について調査していきます。

 

SPIの解答集とは、問題の冒頭が記載され、それに対応する答えが書かれているエクセルファイルです。

SPIを攻略する裏技として紹介されたり、販売されていることがありますが、これを利用することは問題ないのか?

 

結論から言うと、絶対に利用しないでください。

詳しく本文にて解説していきますね。

 

SPIの解答集の存在を聞いたことがあります!利用しても良いのですか?

リスクが大きいし、Webテストにしか対応できないから絶対に利用しないでおくべきだよ。詳しく解説するね!

SPIの解答集を使うのは不正なので絶対ダメ

 

結論からいうと、SPIの解答集を使うのは不正なので絶対にやめましょう。

SPIはリクルートが提供するWebテストですが、解答集は正式なものではありません。

 

よって、著作権法違反になる可能性が高いです。

使用するのはもちろん、購入するのも絶対にやめましょう。

 

Webテスト代行で逮捕・書類送検もされている

 

2022年11月には、Webテストの代行をしていた男性が逮捕、依頼した学生が書類送検された事例もあります。

代行ではなく解答集も、不正という意味では同じです。

解答集による不正も発覚すれば、同様のリスクがあることは確かでしょう。

 

もし解答集や代行を利用したら、SPIを受けたあと内定をもらい入社できたとしても、「バレたらどうしよう…」と怯えながら過ごすことになります。

大きなリスクを抱えてまで解答集を使うよりも、自分の実力でSPIを受けましょう。

 

おすすめはキミスカのSPI対策サービス

SPIの解答集を利用するのではなく、SPIはとにかく愚直に対策することに尽きます。

そこで僕がおすすめなのは、逆求人サイトのキミスカが提供している対策サービスで、合格判定まで出るのが凄まじい。

問題集と合わせて利用するのがおすすめです!

 

» キミスカのSPI対策サービスを利用する(無料)

 

Webテストの代行で逮捕者が出ているなら、解答集もそれなりの対応がなされそうですね。

そうだね。SPIふくめWebテストの不正の取り締まりは、以前より厳しくなっている印象だよ。

SPIの解答集を使ってバレる可能性はある?

 

「SPIの解答集を使ってもバレなければいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、解答集を使ったことが企業にバレる可能性は十分にあるので油断は禁物です。

企業から解答集を使ったことがバレる理由としては、以下のような点が挙げられます。

 

【SPIの解答集を使ったことがバレる理由】

  • 正答率が高すぎる
  • 回答の速度があまりにも速い
  • 画面の滞在時間が短い
  • 監視システムを導入している
  • 再度SPIを行うと明らかに点数が低い

 

企業によっては、監視型のWebテストを導入していたり、画面の滞在時間を見ている場合もあります。

また、最終面接の前や内定をもらった後に、もう一度SPIの受験を求められるケースも少なくありません。

あらゆる要素からSPIの解答集を使っているかバレる可能性があるというわけです。

 

解答集を使おうと悩んでいる人も、ただSPIだけ通過できればいいわけではありませんよね。

SPIを通過した先の内定を目指しているはずです。

 

しかし、「解答集を使っても通過したい!」と思った企業に、解答集を使ったことがバレて内定取り消しになったら元も子もありません。

企業にバレる可能性を考えても、やはりSPIの解答集は使うべきではありませんね。

 

テスト中やその後にもバレるかもしれないシーンがあるわけですね。

解答集を使うと、内定が出てからもバレないかビクビクしながら過ごすことになるだろうね。

SPIの解答集を使うリスク3つ

 

SPIの解答集を使うことによって、さまざまなリスクが起こりうる可能性があります。

ここでは、大きく3つのリスクについて解説していきましょう。

 

【SPIの解答集を使うことで起こりうるリスク】

  • 内定が取り消しになる
  • 解答が間違っていることもある
  • 内定が取れても入社後に辛くなる

 

リスク① 内定が取り消しになる

 

まず考えられるリスクは、「内定の取り消し」です。

解答集を使ってSPIを通過しそのまま内定がもらえたとしますよね。

しかし、その後に解答集を使っていたことがバレたとしたら、せっかくもらった内定も取り消しになってしまいます。

 

リスクを冒してまで掴んだ内定でも、バレたら水の泡。

であれば、はじめから自分の実力でテストを受けた方が身のためです。

 

リスク② 解答が間違っていることもある

 

SPIの解答集は正式なものではありません。

そのため、解答が間違っていることもあるんです。

 

お金を払い、危険を冒してまで解答集を使ったのに、答えが間違っていて結果的に通過できなかった、となったらどうでしょう?

最悪ですよね。

 

ただ、解答集の答えが合っているかどうかを事前に確かめる方法はありません。

合っているかどうかわからない解答集にリスクを払うより、勉強して自分に実力をつける方が確実です。

 

リスク③ 内定が取れても入社後に辛くなる

 

解答集を使って内定が取れたとしても、入社後に辛くなるケースもあります。

解答集を使うということは、偽った実力を評価されるということ。

 

そのまま内定をもらい入社することになるので、周りとの実力の差を感じて苦しくなってしまうのです。

あなたが解答集を使って通過したSPIを、同期は実力で通過しているわけですからね。

 

本来のあなたの能力で活躍できる企業は必ずあるはずです。

内定をもらっても入社後に辛くなるくらいなら、実力を偽らず自分に合う企業を探してみてくださいね。

 

SPIを通過することに比べ、リスクがかなり高いですね。

そうなんだ。たとえばESや面接は実力で通過したとしても、SPIの解答集を使ったことで内定取り消しになったらすべてがムダになってしまうよ。

解答集を使うよりもSPIを避ける方が安全!

 

SPIの解答集を使おうと考えている人は、おそらく「SPIの勉強がしたくない」「実力だけで受かる気がしない」というのが大きな理由ではないでしょうか?

ですが、ここまでお伝えしたとおりSPIの解答集にはさまざまなリスクがあります。

 

そこで僕がおすすめしたいのは、「SPIを避ける方法」です。

SPIを避けられれば、解答集を使う必要もなくなりますからね。

SPIの解答集を使おうか悩んでいた人は、まず以下の2つの方法を試してみてください!

 

【SPIを避ける方法】

  • 逆求人サイトでスカウトをもらう
  • 就活エージェントに求人を紹介してもらう

 

方法① 逆求人サイトでスカウトをもらう

 

1つ目は、逆求人サイトでスカウトをもらう方法です。

逆求人サイトとは、会員登録後にプロフィールを入力しておくと、あなたに興味をもった企業からスカウトが届くサイトのこと。

 

スカウトが届いた企業の選考は、書類選考やWebテストをスキップしていきなり個人面接から始まることも少なくないんですよね。

つまり、SPIを避けて選考を進められるのです!

 

また、企業はプロフィールを読んで「自社と合っているな」と感じた人に、スカウトを送っています。

よって、スカウトが届いた企業とは相性が良い可能性が高いんですね。

企業側からアプローチがくるサイトなので、自分では見つけられなかった企業と出会えるきっかけにもなるのがメリット。

 

これまで200以上の就活サイトを見てきた僕のおすすめは、「キミスカ」と「Offerbox(オファーボックス) 」です!

効率よく企業も探せますし、内定獲得率も高まるので、まだ使っていない人は早いうちに登録しておきましょう。

 

 

方法② 就活エージェントに求人を紹介してもらう

 

2つ目は、就活エージェントに求人を紹介してもらう方法です。

就活エージェントとは、面談を通してあなたの特性や要望を伝えることで、それに合う求人を紹介してもらえるサービス。

「SPIのない企業がいい」と伝えることで、SPIを受けなくていい企業を紹介してもらえます。

 

また、就活エージェントは企業とのつながりもあるので、エージェント経由の場合は特別な選考ルートを案内されることもあるんですね。

よって、本来はSPIがあるけれど受けずに選考を進められるケースもあるというわけです。

 

さらに就活エージェントは、ESの添削や模擬面接など選考の対策もサポートしてくれます。

質の高い選考対策ができるようになり、内定を獲得できる確率も上がるのでぜひ利用してくださいね。

 

僕が最もおすすめするのは「ミーツカンパニー就活サポート」

サービスは何十種類もありますが、僕が今就活生なら「ミーツカンパニー就活サポート」を利用します。

 

ミーツカンパニー就活サポートを他のエージェントよりもおすすめする理由は、「知られざる優良企業を紹介する」というコンセプトにあります。

 

就活エージェントの中には、労働条件が本当にやばい企業を紹介してくるところもあるのですが、その点で、ミーツカンパニー就活サポートは紹介企業の質が高いのが大きなメリットです。

 

またミーツカンパニー就活サポートは、全国の就活生が利用できて、かつオンライン面談にも対応しているのが神。

 

運営会社も人材業界の超大手である株式会社DYMなので安心できる。

就活エージェントおすすめランキングでも1位としている就活エージェントです。

 

▼就活エージェント利用者の声

 

もちろんミーツカンパニー就活サポートを利用するとしても、就活エージェントは担当者の質で決まるので、「この担当者は合わないな」と思えば利用を停止しましょう

(無料なので担当者が合わない場合はすぐに切ればデメリットはなしなので!)

» ミーツカンパニー就活サポートを利用する

 

ちなみに、逆求人サイトや就活エージェントのような「就活を有利に進められるサイト」は他にもあります。

就活を7年以上研究してきた僕が、厳選した6つのサイトを以下の記事でまとめました!

効率よく内定獲得に近づきたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

【補足】どうしてもSPIを避けられない場合

 

ここまでSPIを避けるための2つの方法をご紹介しましたが、どうしてもSPIを避けられない企業も中にはあります。

どうしてもSPIを避けられない場合は、まじめにSPIの対策をした方が無難です。

 

ここで、就活生時代にSPI全通過した僕が「絶対にやった方がいい!」と考える2つの対策をご紹介しますね!

SPIに不安を感じている人は、以下の方法を実践することでSPIの通過率を高められるはずですよ。

 

1冊の問題集をくり返し解く

SPI対策をするなら、やはり問題集は必須です。

問題集は何冊も買ってひたすら解いていくよりも、1冊の問題集を何度もくり返し解くのがコツ!

 

くり返し解いていくと、問題にも慣れますし答え方なども掴めてくるんですよね。

同じ問題集を解くことで知識も定着しやすくなります。

 

おすすめの問題集は以下の2つなので、SPIの受験までに合う方を使ってみてください!

 

▼SPIまで1ヶ月以上時間がある人(内容が濃い)

 

▼SPIまで2週間切っている人(上の問題集よりラフ)

 

模擬テストは一度受けてみたいですね!

本格的だからぜひ受けてみて。キミスカは、模擬テストが受けられるだけじゃなく、企業からのスカウトも届くから利用しない方が逆にもったいないよ!

SPIの解答集が気になる人からよくある質問

 

では最後に、SPIの解答集が気になっている人からよくある質問を共有します。

疑問がある人はぜひ参考にしてください。

 

【SPIの解答集が気になっている人からよくある質問】

  • SPIの解答集を無料でダウンロードできる方法があるんですか?
  • エクセルのSPI解答集の使い方は?

 

質問① SPIの解答集を無料でダウンロードできる方法があるんですか?

 

調査したところ、SPIの解答集を無料で配布しているXのアカウントは見つかりました。

しかし、お伝えしたとおり解答集は違法の可能性が高いです。

さらに無料配布されている解答集を受け取ると、ネット上にもデータが残るため危険です。

 

そもそも、無料配布される解答集が合っているかもわかりません。

相当なリスクを負うことになるので、無料でも有料でもSPIの解答集をダウンロードするのはやめましょう。

 

SPIの対策をするなら、解答集よりも「問題集」をダウンロードする方が効果的です。

問題集を無料でダウンロードできるサイトはいくつかあります。

以下の記事でまとめているので、こちらを参考に問題集を活用して対策してみてくださいね。

 

 

質問② エクセルのSPI解答集の使い方は?

 

「エクセル形式のSPI解答集の使い方が知りたい」という質問もよくあります。

調べてみたところ、SPI解答集のほとんどがエクセルで、使い方は以下のとおりでした。

 

【エクセルのSPI解答集の使い方】

  1. SPI解答集(エクセルファイル)を開く
  2. シート内で問題文の文章(冒頭)を検索する
  3. 表示された解答を参考にする

 

使い方はシンプルですが、SPIの問題内容が変わったりすることがあれば即使えなくなります。

解答時間が異様にはやくなってしまい、怪しまれることもあるでしょう。

 

そもそも何度もお伝えしたとおり、解答集は不正です。

利用するリスクも大きすぎますし、その割に結果を保証するものでもありません。

 

一方で、SPIは問題に慣れることで結果にもつながりやすくなります。

SPIを通過したいと思う人ほど、少しでも勉強時間を確保して実力でテストを受けましょう。

 

どうしても勉強が億劫な人や、対策する時間がない人は以下の記事を参考にしてみてください!

一夜漬けのSPI対策についてもまとめています。

 

 

無料でダウンロードできたとしても、リスクを考えると解答集は使わない方がよさそうですね。

使うメリットよりもリスクの方が大きすぎるね。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

SPIの解答集を使うのには企業にバレる可能性もふくめ、さまざまなリスクがあります。

 

解答集を使ったことがバレないか怯えながら過ごしたり、入社後に同期との差を感じながら働くのは想像以上に苦しいものになるでしょう。

解答集がまちがっている場合があることをふまえても、使って良いことはひとつもありません。

 

SPIは最初のうちはむずかしそうに感じるかもしれませんが、問題集をくり返し解くことで徐々に答え方もわかってきます。

やった分だけ結果にもつながるので、解答集に頼らず勉強して実力を伸ばしていきましょう。

 

【SPI突破のコツ13選】SPIを全通過した僕が実施したコツを共有! 」で、SPI通過率100%だった僕が実践していた対策をまとめています。

SPIを通過できるか不安な人ほど、ぜひこの記事を読んで実践してみてください。

解答集を使うよりも安全に、通過率を高められますよ!

 

では最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょう。

 

【本記事の要点まとめ】

  • SPIの解答集を使うのは著作権法違反になる可能性が高いので絶対に利用すべきではない。
  • SPIの監視システムや画面の滞在時間、正答率、回答時間などさまざまな要素から企業にバレる可能性は十分にある。
  • 他にも、SPIの解答集を使っても答えが間違っていたり、のちにバレて内定取り消しになるなど大きなリスクがある。
  • SPIの解答集を使うよりも、逆求人サイトや就活エージェントを利用してSPIを避ける方が安全。