就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己分析の方法】マインドマップの書き方を6ステップで徹底解説!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

こちらの記事は「就活生向け」です。

転職者向けの自己分析法」も別記事にて用意しておりますので、転職希望者はそちらをご覧ください。

» 転職者向けの自己分析法はこちら

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析をマインドマップによって完了させたい

・マインドマップの書き方が知りたい

・おすすめのマインドマップツールが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!自己分析の方法に関する知識は誰にも負けませんでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181128161040p:plain

本記事を読めば、就活で絶対に役立つマインドマップを作成できるようになります!

更には同時に自己分析が完了します。 

 

実際に僕が作成したマインドマップがこちらです!

このマインドマップを作ることで「企業選びの軸」が完成し、面接官に自分のことを伝えられるようになり「選考を突破」できるようになります。

 

f:id:shukatu-man:20181128202951j:plain

 

ほとんどの就活サイトでは「マインドマップの作成法」だけが書かれて、それがどう役立つのか書いてない場合が多い!本記事では「作成する目的」もしっかりと明記していくからね!


 

自己分析の目的とは?

 

そもそもマインドマップを作成する目的は、「自己分析を完了するため」ですよね。

では「自己分析の目的」とは何でしょうか。

 

ぜひ就活を終えた大学の先輩に「自己分析とは何ですか?」と聞いてみてください。

ほとんどの人が答えられないと思います。

それほどまでに皆がなんとなくで自己分析をおこない、なんとなくで自己分析を終了するのが現状です。

 

そこで就活攻略論では、自己分析をする目的を明確に定義しています。

自己分析の目的とは「企業選びを可能にすること」と「面接官に自分のことを伝えられるようになること」である。

つまり、企業選びをするための軸を作ること、そして自己分析によって自分の考えを理解することこそが自己分析の目的となります。

まずはこれをしっかりと理解してください。

 

そもそも「私は◯◯の条件の企業に就職することを決めています」という企業選びの軸が明確な人や「私は◯◯の経験から◯◯という性格を持っています。他にも…」と自分の考えの理解が完璧な人は自己分析をする必要はありません。

もちろんマインドマップを作成する必要もありません。既に目的を達成している状態なので。

そんな人はES(エントリーシート)の作成や面接対策に進むことがベターです。

(就活の初期にこの状態の人は、ほとんどが勘違いか思考が浅いかのどちらかですが...。)

 

まだどんな企業が自分に合うのか分からない人、そして自分がどんな考えを持った生き物なのかを客観視できていない人はマインドマップの作成が必要です。

 

マインドマップの作成前に知るべき自己分析の手順

 

就活攻略論では8ステップで自己分析を完了する方法を提唱しています。

今回の記事ではマインドマップを使ってこの8ステップを完了させる方法について話しますが、マインドマップを作成する前にまずは自己分析の8ステップの手順をおさらいしましょう。

 

【自己分析のやり方8ステップ】 ©就活攻略論

f:id:shukatu-man:20181215135330p:plain

【自己分析のやり方8ステップ】

①手元に「客観的データ」を用意する

②過去の出来事を洗い出す

③過去の出来事に「なぜ」を問う

④過去の出来事に「何を思ったのか」を問う

⑤過去の出来事に「結果どうなったか」を問う

⑥これまで書いた内容に対する気づきを追記

⑦おすすめの職種など企業選びの軸を記載

⑧今まで記載した内容を客観視して魅力を記載

 

▼ちなみにマインドマップを使用せずにこの8ステップを行う方法に関しては下記の記事でまとめています。

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

マインドマップを作成するメリット

 

簡単にマインドマップを作成するメリットだけ紹介します。

メリットは大きく一点、「書き足しやすさ」にありますね。

ノートで箇条書きしていくと、どうしても書き足すスペースが無くなることも多く、文章と文章の繋がりも見にくくなってしまう。

しかしマインドマップであれば、文章と文章の繋がりが見えやすく、また新たな文章を追加することも簡単です。

それが最大のメリットだと言えるでしょう。

 

自己分析を完了するためのマインドマップの作成法

 

ではいよいよここからは具体的なマインドマップの作成方法の解説に入ります。

説明のためにマインドマップの画像を掲載しますが、実際に僕がipadを使って書いた画像となります。(字が汚いのは許してください...。)

 

マインドマップに使用するツール

 

マインドマップに使用するものは見開き40ページ(複数冊で計40ページでも可)と赤と黒のペンのみです。

この記事の最後の章にて、デジタルツールも一応紹介しますが基本的にはアナログで大丈夫です。

 

作成手順① 過去の出来事を中央に記入

就活マンが書いたもの ©就活攻略論

 

f:id:shukatu-man:20181128172129j:plain

【おこなった作業】

・中央に「①幼少の頃の一番イヤな思い出は?ー病気で手術したこと」と記入

 

まず最初にすべきは「過去の出来事の一覧化」です。

なぜなら自己分析を「過去の出来事から自分の考えをアウトプットする作業」と就活攻略論では定義しているからです。

過去の出来事から自分の考えをアウトプットして「自分の思考」を見える化することにより、目的である「企業選びを可能にすること」そして「面接官に自分のことを伝えること」を可能にします。

(↑ここの理解、めっちゃ大切なので繰り返し読んでください。)

 

ではまずは過去の出来事を次の40の質問に沿って、洗い出しましょう。

いきなりかなり大変な作業ですが、自己分析をやり込んでおけばその後の企業選びだけでなく、ES(エントリーシート)対策や面接対策も格段に楽になります。 

【過去の出来事を洗い出すための40の質問】

 

幼少期の出来事の質問項目)

①幼少期に一番イヤな出来事は何だったか?
②幼少期に一番良い出来事は何だったか?
③どんな家庭に生まれたのか?
④親の教育はどんなものだったか?(特徴的なものがあれば尚良し)
⑤家族が大切にしていることはあったか?
⑥幼稚園の時に好きだった遊び(ハマったもの)は何か?
⑦どんな友達と関わることが多かったか?
⑧変わった経験をしたことがあるか?

 

小学生時代の出来事の質問項目)

⑨小学生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
⑩小学生の頃に一番良い出来事は何だったか?
⑪好きな遊びは何だったか?
⑫どんな友達と仲良しだったか?
⑬何か自分から率先して行動したことがあるか?
⑭習い事は何をしていたか?

 

中学生時代の出来事の質問項目)

⑮中学生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
⑯中学生の頃に一番良い出来事は何だったか?
⑰好きな遊びは何だったか?
⑱どんな友達と仲良しだったか?
⑲どんな係を経験したか?
⑳喧嘩したことがあるか?
㉑他人には言えない秘密があったか?
㉒大切にしている信念みたいなものがあったか?

 

高校生時代の出来事の質問項目)

㉓高校生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
㉔高校生の頃に一番良い出来事は何だったか?
㉕どんな教科に集中して取組んでいたか?
㉖休みの日はどんなことをすることが多かったか?
㉗趣味としてどんなことを行った?
㉘一大イベントのような経験はあったか? 

 

大学時代の出来事の質問項目)

㉙大学時代に一番イヤな出来事は何だったか?
㉚大学時代に一番良い出来事は何だったか?
㉛趣味としてどんなことを行った?
㉜友達とどんな遊びをするか?
㉝バイトでの印象深い出来事は?
㉞何か人のためになったような出来事はあるか?
㉟一番好きな講義は何か?
㊱一人ではどんなことをして過ごすか?
㊲複数人ではどんなことをして過ごすか?
㊳大きく失敗したという出来事はあるか?
㊴何か自慢できる出来事はあったか?
㊵海外旅行などの大きなイベントはあったか? 

 

これら1問に対して、見開き1ページ使ってください。 

就活中、ずっと書き足していくものなので最初はもったいなく感じるかもしれませんが、贅沢に使用しましょう。

(空白のスペースが多いことで「書かないと」というプレッシャーを自分にかけられるという心理効果もあったりするよ!)

 

作成手順② 中央の出来事に対して「なぜ」を記入する

 

f:id:shukatu-man:20181128172908j:plain

【おこなった作業】

・中央の出来事に「なぜ?」を問いかけた答えとして「痛かったから」「入院が退屈」と記入
・「入院が退屈」に対して更に「なぜ?」を問いかけ「やることがなかった」と記入

 

次にする作業は、中央に書いた「過去の出来事」に対して「なぜ?」を問いかける作業です。

「なぜ」という問いかけは本当に重要でして、自分の思考を深ぼり本質に近づくことができます。

よって「なぜ」という問いかけは出尽くすまで問いかけ続けましょう。
 

作成手順③ 中央の出来事に対して「何を思ったのか」を記入する

 

f:id:shukatu-man:20181128173411j:plain

【おこなった作業】

・中央の出来事に「何を思った」を問いかけた答えとして「死は怖い」と記入

 

次は中央の出来事に対して「何を思ったのか?」を問いかけて記入していきます。

これによって自分の「価値観」が見えてきます。企業選びをするにも、面接官に自分のことを伝えるにしても自分の好きや嫌いという価値観が明確化されていることが重要です。

 

作成手順④ 中央の出来事に対して「結果どうなったのか」を記入する

 

f:id:shukatu-man:20181128173555j:plain

【おこなった作業】

・中央の出来事に「結果どうなった?」を問いかけた答えとして「お菓子を一時期食べなくなった」と記入

 

次は中央の出来事に対して、「結果どうなったのか」を記入していきます。

今回は、病気で手術したことによって「お菓子を一時期食べなくなった」という結果を記入しました。可愛い子どもですねw

 

作成手順⑤ 客観視した気づきを赤ペンで記入する

 

f:id:shukatu-man:20181128173940j:plain

【おこなった作業】

・「やることがなかった」の気づきとして「暇な時間がとにかく嫌い」と記入
・「死は怖い」の気づきとして「幼少期から死を意識する子供だった」と記入
・「お菓子を一時期食べなくなった」の気づきとして「単純なのは昔から」と記入

 

次は今まで書いたことに対して、「客観視した気付き」をわかりやすいよう赤ペンで記入していきます。

出来事から自分の考えをあぶり出し、更にこうして気づきを書き加えることで自分の考えを大量に抽出することができるのです。

 

作成手順⑥ 客観視した気づきから職種やおすすめの企業の特徴などを☆後に記入

 

f:id:shukatu-man:20181128174222j:plain

【おこなった作業】

・「暇な時間がとにかく嫌い」に対して「単純作業が嫌いだから事務職や工場勤務はNG」と記入
・「単純なのは昔から」に対して「ほめてくれる人が多い職場が向いているかも」と記入

 

いよいよ最後の手順です。

ステップ⑤で赤ペンにて記入した「気付き」に対して、考えうる範囲でおすすめの職種やおすすめの企業の特徴などを記入していきます。

その時☆を記入してから赤ペンで記入するとわかりやすくておすすめです!

 

ここでのポイントは「気付き」に対して、それが友人のAくんが出した「気付き」であると客観し、アドバイスすると良いです。

「暇な時間がとにかく嫌い」という性格を持ったAくんに対して、Aくんに合った企業や職種をアドバイスしてあげるイメージ。

するとAくんへは「単純作業が嫌いそうだから事務職や工場勤務はNGだよ」とアドバイスできますよね。それを書きます。

 

これでマインドマップの一連の書き方の説明は終了です!

他の出来事に対しても同じ作業を繰り返し、「自分の考え」をどんどんアウトプットしていきましょう。

 

マインドマップからは大量の「自分の考え」が得られる

その後同じ手順で書き進めていった完成図がこちらです。

 

f:id:shukatu-man:20181128202951j:plain
実際に就活マンが作成した完成図 ©就活攻略論

 

これは過去の出来事「幼少の頃の一番イヤな思い出は?」という質問に対してのマインドマップですが、1つの出来事からでも大量に「自分の考え」をアウトプットすることができます。

 

具体的にこのマインドマップで出たアウトプット(☆の部分)を整理してみますか。

・単純作業が嫌いなので「事務職」や「工場勤務」は向いていない

・営業職は絶対に向いている

・他人の不幸が嫌いだからこそ、周りの幸せを優先する

・直接的に人の幸せや感謝が伝わってくる仕事が向いているかもしれない

・感謝されない仕事はしたくない

・単純作業ではなく自分でPDCAを回せる仕事がしたい

・ほめてくれる人が多い職場が良い

かなり多くの「自分の考え」が見える化されました。

でもこうして箇条書きにしているだけでは無価値な情報です。

もう一度自己分析の目的を思い出してください。

「企業選びを可能にすること」「面接官に自分のことを伝えられるようになること」この2つを達成しなくてはいけませんよね。

 

ではアウトプットして箇条書きした「自分の考え」をそれぞれの目的に照らし合わせていきましょうか。

【目的:企業選びを可能にすること】

・単純作業が嫌いなので「事務職」や「工場勤務」は向いていない

・営業職は絶対に向いている

→「営業職」や「企画職」の採用がある企業

・直接的に人の幸せや感謝が伝わってくる仕事が向いているかもしれない

→顧客との距離が近い事業が良い=BtoC(対消費者事業)の方が感謝される量が多いかも

・感謝されない仕事はしたくない

→クレーム処理などの業務はできない

 

【目的:面接官に自分のことを伝えられるようになること】

・他人の不幸が嫌いだからこそ、周りの幸せを優先する

→「自己PR」または「長所」または「大切にしていること」などの質問に使用可能

・単純作業ではなく自分でPDCAを回せる仕事がしたい

→発想力や改善力として「自己PR」で使用可能

このように自己分析によって「自分の考え」をアウトプットすることで、目的を果たすことができると理解できますよね!

 

更にこうして導き出された「自分の考え」には、裏に「出来事」という根拠が存在します。

例えば、自己PRにて「他人の不幸が嫌いだからこそ、周りの幸せを優先する人間です」と今回出た答えを伝えるとしましょう。

その時面接官の頭の中には「なぜ?」という言葉が浮かびます。

ではなぜ自分が「他人の不幸が嫌いだからこそ、周りの幸せを優先する人間」だと言えるのか、それはマインドマップをさかのぼれば分かりますよね?

「なぜなら、幼少期のときから入院中に他の人が点滴をしているところを見るのが死ぬほど辛く、それを見て泣き出すことがあった。その時から自分の痛みよりも他人の痛みに傷つく性格だったからです。」と根拠を語ることが自動的にできているんですよ!!

 

これこそが、自己分析が今後のESや面接対策にも繋がる理由です。

自己分析の目的である「 面接官に自分のことを伝えられるようになること」が完全に達成され、更には面接官が納得する根拠まで用意できている状態になりますからね!

 

就活生は「根拠」のない思いつきですべてを語る人が多いけど、そういう人に優秀さは感じないよ。

 

マインドマップの作成後にすべきこと

f:id:shukatu-man:20190111154331p:plain


 

ほとんどの就活サイトで紹介されているマインドマップの作成法のいけないところは、「作成して終わり」となっている点ですね。

 

マインドマップを作成する目的は特に「企業選びの軸を作ること」にあります。

この企業選びの軸作りの精度を上げるために、適性診断の結果とマインドマップの内容を照らし合わせることが重要です。

 

「客観的なデータ」を用意してマインドマップと見比べる

 

就活攻略論でおすすめしているキミスカという無料の適性診断を利用することで、下のような診断結果を得ることができます。

(僕が実際に受けて得たデータを紹介しますね!)

 

f:id:shukatu-man:20181212001239p:plain

 

この職務適性のデータを見ると次の3つに当てはまる仕事が合うことが分かります。

・フットワークの軽さが必要な仕事が合う

・過去に事例のない新しい職務が合う

・企画力や創造力を必要とする職務が合う

 

そしてこの診断結果をマインドマップと照らし合わせると、関連性が見つかります!

 

◯マインドマップでわかったこと

→単純作業が嫌い、暇な時間が嫌い

◯適性診断でわかったこと

→フットワークの軽さが必要な仕事が合う、企画力を必要とする仕事が合う

↓ 照らし合わせると...

完全に一致する!!

 

要するに、僕は「単純作業ではなく頭を使う作業が好き。でも研究職などフットワークが必要ない仕事は合わない!!」ということが分かります。

 

これ、実際にそのとおりです!!

僕の仕事の軸はまさにここにあります!!

 

僕は「営業職」はぴったりでした。しかし入社した企業が大企業だったので、「企画を考えても全然通らないし、そもそも企画なんていらないよ」という会社だったんですよね。

同じことを毎年繰り返せばいいよっていう雰囲気でした。まさにそこが「企画力や創造力を必要とする職務が合う」という部分を満たせず、合わなかったんですよね。

 

このようにマインドマップに加えて、適性診断でその精度を更に上げることができます!!

そして重要なのが、マインドマップの作成を通して出た結果と、適性診断の結果が違った場合です。その場合はどちらが自分の本質なのかを考える機会になりますよね。

だからこそこうした適性診断による客観視も必要なのです。

 

この適性診断は無料なので、受ける方法を簡単に説明しておきます! 

 

【適性診断を受ける方法】 

こちらからキミスカさんへ訪問し、会員登録!

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

キミスカはこちらから

  

どうしてもデジタルのツールでマインドマップを作成したい方へ

 

ではでは最後に、どうしてもアナログのノートではなくデジタルでマインドマップを作成したいという方に向けて、おすすめのマインドマップツールを紹介しようと思います。

 

デジタルツールを使うメリットとデメリット

 

デジタルツールを使うことに対して、メリットとデメリットがあるかと思います。
簡単にそれぞれまとめてみますね。

【メリット】

  • 書き足すスペースを無限に取れる
  • 簡単に修正できるのでぐちゃぐちゃにならない
  • スマホなどでも書き足すことが可能

【デメリット】

  • パソコンなどは持ち運ぶのが大変
  • スマートフォンだと画面が小さいので他人に見せにくく、印刷する必要性が生じる

 

デジタルでおすすめのマインドマップ5選

 

では最後に僕がおすすめするデジタルのマインドマップツールを紹介します。

どれを使用するのかの判断に関しては正直「どれでも良い」ので、一番使いやすいものを利用してみてください。

大事なのは、マインドマップを利用して「何をやるのか」「どんな目的を達成するか」「どんな行動に繋げるのか」のみですよ!

 

・XMind

XMindは僕が大学時代に使っていたマインドマップツールです。

 

・MindMap

MindMapはGoogleのChrome拡張機能で使用できます。普通にウェブサイト上でも使用できる無料ツールです。

 

・ FreeMind

無料のマインドマップとしてはFreeMindもおすすめです。ウェブで簡単にダウンロードできますし、Windows、Macともに対応しています。

 

・Frieve Editor

FreeMindの方がおすすめですが、僕の友人はこれを利用していました。少し使いにくい印象です。

 

・Mind42

非常にシンプルなマインドマップ作成ツールです。使いやすいのでこちらもおすすめです。

 

まとめ 

 

改めて、マインドマップの作成お疲れ様でした!

自己分析は目的を持って、深くやり抜くと大変なことだと分かったと思います。

(色んな就活サイトに書いてある目的のない自己分析法は信じちゃだめだよ!)

 

しかし就活の最初として、自己分析を通し「自分の思考」を見える化できたことは、最高のスタートダッシュと言えるでしょう。

ですが、ここで満足して立ち止まっていては何も生まれません。就活のゴールは「自分にぴったりの企業から内定を獲得すること」です。

 

そのために役立つ本質的な情報発信を、就活攻略論ではおこなっているのでぜひ色んな記事を参考にしてみてくださいね。

次のステップとしては「絶対に内定が取れる4の行動」として、僕がおすすめしている4大無料サービスを活用できるようになるべきです。紹介しておきますね!

» おすすめの就活サービス完全まとめ【11/24更新】|絶対にやるべき4の行動

 

ではでは長文にお付き合い頂き本当にありがとうございました!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー