就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己分析シートを無料配布】就活生向けの自己分析シート作成法

20180401154528syukatuman-about

“月に10万人以上の大学生”に読まれる「就活の攻略本」です。
全400記事を僕1人で執筆しています。

ライターが書いたありきたりな情報ではなく、偏差値50の中堅大学から「倍率800倍の食品大手への入社」と「22社からの内定」を獲得した“全技術”を公開しています。
(就活を專門に書き続けて4年が経ちました)

またこの就活攻略論は、僕がこれまで読んだ累計1000冊の書籍を「就活の攻略」に転用することで生まれました。
(ビジネス書・心理学・経済学・経営学を基盤としています)

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

こちらの記事は「就活生向け」です。

転職者向けの自己分析法」も別記事にて用意しておりますので、転職希望者はそちらをご覧ください。

» 転職者向けの自己分析法はこちら

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・おすすめの自己分析シート作成法を教えて欲しい

・とにかく自己分析を終わらせたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!就活中はほぼ毎日スタバに行っていましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181213213930p:plain

本日の記事さえ読んで実行すれば自己分析が完了します!

自己分析を完了するために「自己分析シート」が必要ですよね。

そこで今回、就活攻略論オリジナルの自己分析シートを作成しました。

ノートを用意する必要がなく、より手順がわかりやすい仕様になっているのでぜひ活用して自己分析を終わらせましょうね。
 

就活用「自己分析シート」のダウンロード方法|スマホ・PC別

 

まずは今回僕が作成した自己分析シートを印刷ください。

スマートフォンの方は下の画像を保存して印刷。

パソコンの方は画像の下のリンクからダウンロードすることができます。

 

f:id:shukatu-man:20181213215653p:plain

» 自己分析シートのダウンロードはこちら
※リンクからのダウンロードはPC推奨。
※スマホの方は上の画像を保存して印刷ください。

リンクにアクセスすると、自己分析シートが表示されます。

上部のバーに「ダウンロード」や「印刷」のボタンがあると思うので、そちらからPDFをダウンロードまたは印刷して使用してくださいね!

 

就活における自己分析とは?

f:id:shukatu-man:20181214095047j:plain
余談「この場所めちゃくちゃ気持ちよさそう。行きたい。」

自己分析シートの具体的な作成方法に入る前に、そもそも自己分析とは何か把握していますか?

就活を終えた先輩に「自己分析って何ですか?」と聞いてみてください。おそらく曖昧な回答しかされません。

なぜ自己分析とは何かと聞かれても答えることができないのかと言うと、それは定義が曖昧だからです。

 

そこで就活攻略論では自己分析を独自に定義しました。

 

自己分析とは「過去の出来事に対する自分の考えをアウトプットすること」

 

つまり自己分析とは、過去の出来事を通して自分の考えをアウトプットしていく作業を指します。

 

簡単に例を出しますね。

「昨日、電車を使わずに徒歩で帰宅した」という過去の出来事があるとします。

そこから自分の考えをアウトプットする作業に入ります。

「なぜ徒歩で帰宅したのか?」「徒歩で帰宅することで何を感じたのか?」「徒歩で帰宅することでどうなったのか?」こんな問いかけをすることで、自分の考えをアウトプットすることができます。

 

問いかけた結果、「たまに非日常を心がけることで新鮮な気持ちになれるから」という自分の考えをアウトプットできたとしましょう。

そこから自分は「新鮮さを求める性格」「非日常を取り入れる行動力がある」「ありきたりな日常を繰り返すことが嫌いなので、毎日同じことを繰り返すような単純作業の仕事が苦手」これらの気づきを得ることができます。

こんな1つの過去の出来事からでも、これだけのアウトプットをすることができるのです。
 

「過去の出来事から自分の考えをアウトプットする作業が自己分析である」これさえ覚えておけば、自己分析への理解は完璧だよ!

 

自己分析シートの作成方法

 

ではここからは具体的に「自己分析シート」の作成方法の解説に入ります。

実際に僕も一枚作成していくので、同じ要領で作成してみてください。 

 

STEP① 過去の出来事を洗い出す

f:id:shukatu-man:20181214104220p:plain

 

まず始めにすべきことは、過去の出来事を洗い出すことです。

冒頭で説明した通り、自己分析とは「過去の出来事から自分の考えをアウトプットすること」なので、前半の過去の出来事を洗い出す作業を行いましょう。

 

具体的にどのように過去の出来事を洗い出すのか。

時系列に沿って過去の出来事を洗い出すことができる『40の質問』を用意しました。

 

自己分析シートのSTEP①の枠に、過去の出来事を記載してくださいね!自己分析シート1枚につき、1つの過去の出来事が対応します。

(自己分析シートの画像例では、「幼少期に一番イヤな出来事は何だったか?」をお題として作成しています。)

 

【過去の出来事を洗い出すための40の質問】

 

幼少期の出来事の質問項目)

①幼少期に一番イヤな出来事は何だったか?
②幼少期に一番良い出来事は何だったか?
③どんな家庭に生まれたのか?
④親の教育はどんなものだったか?(特徴的なものがあれば尚良し)
⑤家族が大切にしていることはあったか?
⑥幼稚園の時に好きだった遊び(ハマったもの)は何か?
⑦どんな友達と関わることが多かったか?
⑧変わった経験をしたことがあるか?

 

小学生時代の出来事の質問項目)

⑨小学生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
⑩小学生の頃に一番良い出来事は何だったか?
⑪好きな遊びは何だったか?
⑫どんな友達と仲良しだったか?
⑬何か自分から率先して行動したことがあるか?
⑭習い事は何をしていたか?

 

中学生時代の出来事の質問項目)

⑮中学生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
⑯中学生の頃に一番良い出来事は何だったか?
⑰好きな遊びは何だったか?
⑱どんな友達と仲良しだったか?
⑲どんな係を経験したか?
⑳喧嘩したことがあるか?
㉑他人には言えない秘密があったか?
㉒大切にしている信念みたいなものがあったか?

 

高校生時代の出来事の質問項目)

㉓高校生の頃に一番イヤな出来事は何だったか?
㉔高校生の頃に一番良い出来事は何だったか?
㉕どんな教科に集中して取組んでいたか?
㉖休みの日はどんなことをすることが多かったか?
㉗趣味としてどんなことを行った?
㉘一大イベントのような経験はあったか? 

 

大学時代の出来事の質問項目)

㉙大学時代に一番イヤな出来事は何だったか?
㉚大学時代に一番良い出来事は何だったか?
㉛趣味としてどんなことを行った?
㉜友達とどんな遊びをするか?
㉝バイトでの印象深い出来事は?
㉞何か人のためになったような出来事はあるか?
㉟一番好きな講義は何か?
㊱一人ではどんなことをして過ごすか?
㊲複数人ではどんなことをして過ごすか?
㊳大きく失敗したという出来事はあるか?
㊴何か自慢できる出来事はあったか?
㊵海外旅行などの大きなイベントはあったか? 

  

STEP② 出来事に「なぜ」を問う

f:id:shukatu-man:20181214104842p:plain

 

次に書き出した過去の出来事に対して、「なぜ?」と問いかけます。

上の画像例で説明すると、僕は幼少の時の一番イヤな出来事は「自分が書いた絵を破られたこと」と回答しました。

これに対して「なぜ絵を破られたことがそれほどイヤだったのか?」と問いかけるのです。その答えをSTEP②の欄に記載します。

 

そしてここでポイントですが、「なぜ」の問いかけによって出した回答に対して、もし可能なら可能な限り「なぜ」を繰り返していってください。

つまり「“なぜ”絵を破られたことがそれほどイヤだったのか?」という問いかけに対して「幼少期の自分にとって、時間をかけた絵が一番大切な存在だったから」と回答し、更にこれに「“なぜ”絵に時間をかけたのか?」といった問いかけを可能な限りしていくのです。

 

ちなみに「なぜ」という問いかけをすることで、どんどん本質にせまっていくことができます。

世の中のどんなことも「なぜ」を追求することで本質が見えるので、ぜひこのテクニックを使ってみてくださいね!

 

STEP③ 出来事に「何を思ったのか」を問う

f:id:shukatu-man:20181214110302p:plain

 

次は過去の出来事に対して、「思ったこと」を書き出していきます。

こちらはSTEP③の欄に記載してくださいね!

 

例で話すと、「自分が書いた絵を破られたことが一番イヤな思い出ということは、それだけ創造的な作業が好きだったのだろう」ということを思ったので、それを記入しています。

 

STEP④ 出来事に「結果どうなったのか」を問う

f:id:shukatu-man:20181214110257p:plain

 

次は過去の出来事の「結果」を記載する作業です。

過去の出来事に対して「結果どうなったのか」をSTEP④に書いていきましょう!

 

僕が書いた例を見ると、絵を破られたことをイヤだと思った結果、更に絵にのめり込むようになりました。

 

自己分析シートの活用方法

 

STEP④まで基本的なアウトプットを行いました。

ここからは更に自分の考えをあぶり出していく作業に入ります。

 

STEP⑤ シートを客観視して気づきを追加記入

f:id:shukatu-man:20181214110252p:plain

 

これまで記載した内容を一度客観視します。

そこで得た気づきを赤ペンを使用して追記してください。

 

例でお話すると、「自分の思考をカタチにするような創造的な作業が好きだった」という記載事項を見て、今も変わらず創造的なことが好きなので、幼い頃に絵を書いていたのが原点なのかなという気づきを記載しました。

 

また「反抗心から更に絵を書くことに熱心になった」という記載を見て、自分は意外にも負けず嫌いなのかもしれないという客観的な視点も気づきとして記載しています。

 

STEP⑥ シートを客観視して合う職種や企業を考える

f:id:shukatu-man:20181214110248p:plain

 

ここからが自己分析において最も重要な作業となります。

これまで記載した内容を振り返り、自分に合う職種や仕事内容、企業の特徴、合う人の特徴など何でも良いので記入していきます。

 

この作業によって、企業選びが可能になります。

ここで書き出した内容はまさにそのまま「企業選びの軸」となるのです!

 

僕は「創造的な作業が好きなので単純作業は合わないという軸」や、「逆境で反抗心から向上できるタイプなので課題をどんどん与えられる環境が合いそうだ」と判断しています。

まさに「企業選びの軸」ですよね。この自己分析ができていなかったら、単純作業の職場に就職してしまい、すぐに鬱になっていた可能性もありますし。

 

STEP⑦ シートから自分の魅力を考察する

f:id:shukatu-man:20181214110240p:plain

 

いよいよ最後の作業です。

今まで記載したシートが、自分ではない別のAさんが記載したシートだと仮定して、Aさんの魅力を記載しましょう。

 

これによって自分の考えを理解し、面接官に自分自身のことを伝えることができるようになります!

 

僕の場合は、創造的な作業が幼少期から好きだという点を評価して「アイデアマン」であるという魅力や、「逆境に強く負けじと努力する」という魅力を評価して記載しました。

 

自己分析シートの完成例

 

STEP⑦にて紹介した画像と同じですが、こちらが自己分析シートの完成例となります。

これは過去の出来事の1つである「幼少期に一番イヤだった出来事は何だったか?」に関する1枚なので、これと同じように他の39問、つまり39枚作成してください。

 

f:id:shukatu-man:20181214110240p:plain
自己分析シート完成例 ©就活攻略論

 

よく「過去の出来事が思い浮かばないものがあります」という質問を頂きますが、もちろん40問すべてを完璧に答える必要はありません。

20問で十分だと考えれば20問で終わっても構いません。

 

大事なことは「自己分析をする目的」を達成することです。

ではそもそも自己分析シートを作り、「自己分析をする目的」とは一体何か。

しっかりと説明していきますね!

 

自己分析をする目的とは

f:id:shukatu-man:20181214091043j:plain余談「このコンパス無駄にゴツすぎない?」

 

では自己分析シートの作成方法を学んだところで、そもそもの「自己分析をする目的」をしっかりと把握していきましょう。

 

しかし自己分析の定義と同じく、自己分析の目的も明確には定義されていません。

そこで目的に関しても就活攻略論では明確に定義しています。

 

自己分析の目的は、「企業選びを可能にすること」と「面接官に自分のことを伝えられるようになること」の2つである。

 

まず「企業選びを可能にすること」とは、自己分析によって自分がどんな企業に入社したいのか、どんな企業が合うのかを理解することです。

 

次に「面接官に自分のことを伝えられるようになること」とは、自分の過去の出来事から自分の考えを理解し、エントリーシートや面接を通して自分の考えを面接官にしっかりと伝えられるようになることです。 

 

今回の作成方法の中で説明したSTEP⑥とSTEP⑦がまさにこれにあたります。 

「シートを客観視して合う職種や企業を考える」ことはまさに企業選ぶに繋がります。

「シートから自分の魅力を考察する」ことによって面接官へ自分について伝えることができるようになりますよね。

 

よって、STEP①〜⑤でしっかりと自分の考えや気づきをアウトプットしてください。

そしてその上で自分に合う職種や企業の軸、そして自分の魅力を語れるように自分のことを理解することが重要です。

 

この「自己分析をする目的」が抜けている就活生が多すぎる。目的を理解していないと、自己分析もただやって満足の作業になってしまうよ...。

 

自己分析シートを使用するメリット

 

本日の記事で解説した「自己分析シート」の作成方法は、別記事の8ステップで完了する自己分析法を元に作成しました。

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

8ステップの方の記事では、ノートを使ったやり方を紹介していますが、今回作成した自己分析シートを利用した方が作成しやすいと思います。

今回作成方法を紹介した自己分析シートを使用するメリットを紹介しますね。 

 

【自己分析シートを使用するメリット】

  • 枠が整備されているので綺麗にまとめることができる
  • 次にすべきアクションが記載されているので分かりやすい
  • ノートよりも本格的な感じがしてモチベーションが上がる

非常に簡単な話です。

まずは枠があるので、ノートを作るよりも誰でも綺麗にまとめることができます。

次に「すべきアクション」が記載されているので、シートだけあれば屋外で自己分析を進めることができますね。

最後にノートよりも、こうした本格的なシート形式の方が取り組むモチベーションが上がるという人も多いのではないでしょうか。

 

ぜひこれらにメリットを感じた人は、本記事を参考に自己分析シートを作成して自己分析を完了させましょう!

 

自己分析シート作成後にすべきこと

f:id:shukatu-man:20181214091529j:plain余談「この後姿は美人なパターンだ...。」

 

ではこの記事の最後として、自己分析シートの作成が終わった後にすべき作業を紹介します。

それは「客観的な視点の導入」です。

 

STEP⑤〜⑦にて、自分が書き出したことについて客観視する作業を行いました。

しかしそれでもまだ客観視は足りません。自分ひとりで行っているので仕方ないですよね。

 

しかし想像してください。

友人に「◯◯くんって、意外と◯◯だよね!」と言われて、「確かに!」となった経験はありませんか。

 

僕の場合は、友人から「藤井(就活マンの本名)って、めちゃくちゃせっかちだよね!」と言われて「確かに!」となったことがあります。

この友人からの客観的な視点によって、「暇な仕事はできない」「単純作業はできない」という仕事選びの軸ができたことがあります。

 

こうした客観的な視点は多いに越したことはありません。

ぜひシートを作成した後、客観的な視点を取り入れるために「適性診断」を受けてみてください。

「適性診断」のサービスは、約20ほど使用したのですがキミスカというサービスが格段に精度が高かったので就活攻略論ではおすすめしています。

 

無料で受けることができる適性診断によって、下記のような客観的な視点のデータを入手することができます。

 

就活マンが実際に受けた結果 ©就活攻略論

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain余談「前向き・自信過剰が突出しているところが当たりすぎて笑った」

 

f:id:shukatu-man:20181212001022p:plain余談「客観的に見ても自己成長や向上心の高さは異常なのか...。」

 

f:id:shukatu-man:20181212001244p:plain
f:id:shukatu-man:20181212001239p:plain

 

特に「6.職務適性」に関してのデータは貴重です。

どんな仕事に向いているのかという視点は、就活生だとなかなか分からないのでこうしたデータを見ておくと良いですね!

 

このキミスカの適性診断はパソコンやスマホで15分ほどで受けることができました!

簡単に受ける方法を説明しておきますね。 

①下記からキミスカさんへ訪問し、会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

キミスカはこちらから

 


そしてこの「客観的な視点のデータ」を入手して結果を見たら、そこから得た気づきを自己分析シートに追記していきましょう! 

すると更に精度の高い自己分析シートが完成します。

 

この自己分析シートは就活が終わるまで、本当にずっと追記し続けていくものです。

「私はこんな会社が合うのかも?」「こんなこと苦手だな」「こんな性格もあるよね!」というすべての気づきをシートに追記していきましょう。

そしてその追記した新たな気付きから、職種や企業の軸を選定したり、面接官に伝える自分の魅力を増やしていくのです。 

 

こうした本質的な自己分析ができる人とできない人では、内定先の精度が格段に違ってきます。

ぜひ就活攻略論を読んでいる皆さんだけでも、納得できる就職先へ就職するためにも自己分析は本当に本当に力を入れていただきたいと思います。

 

自己分析が浅かったがゆえに、大手食品企業を1年で退職してしまった僕が言うのですから間違いありません!!笑
 

本日の記事が皆さんの自己分析の理解を手助けして、最高のスタートダッシュが切れますように!

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー