就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析の簡単なやり方【3つのステップで完了します!】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20201029110857j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

就活で最も大事な作業を1つ挙げてください。

僕がそう言われたら、真っ先に挙げるのが「自己分析」です。

 

大学でも自己分析をしなさいってめちゃくちゃ言われますよね。

でも具体的に何をすれば自己分析が完了するのかよく分からない。

それが皆さんの本音だと思います!!

 

そこで本記事では、自己分析を簡単に終わらせる方法を解説します。

もちろん簡単に終わらせた上で、「もっと深くやり込みたくなってきた」という方向けに本格的な自己分析のやり方も紹介します。

 

これから自己分析を始めようという方にとって絶対にタメになる記事にします。

一緒に自己分析を完了して、就活を進めていきましょうね!

まずは自己分析の目的を把握しよう

f:id:shukatu-man:20190918143833p:plain

 

今回の記事では自己分析を最も効率的におこなう方法を解説していきます。

以下のステップによって自己分析を完了させるのでまずは見てみてください。

 

f:id:shukatu-man:20201029112728p:plain

 

自己分析をするにあたって、まずすべきは「自己分析をする目的の把握」ですね。 

そもそもなぜ自己分析をしないといけないのか分かっていない状態で自己分析しても、超非効率ですよね。

(目的もなくダイエットを頑張るのって難しいですよね!それと同じです)

 

自己分析の目的とは?

 

僕が就活生の時に明確化した「自己分析の目的」は大きく2つです。 

自己分析はこの2つの目的を達成するために行うんだと理解しておきましょう。 

 

f:id:shukatu-man:20191103140426p:plain

【就活における自己分析の目的】

・企業選びの軸を作成すること

・面接官に自分のことを伝えられるようになること

 

それぞれの目的について詳しく解説していきます。

自己分析の目的の把握は、本当に重要なのでしっかり理解してくださいね。 

 

企業選びの軸を作成すること

そもそも就活は「自分がどんな企業に入るべきか」が分からないと何もできない。

そこを理解していないと「とりあえずどこでも良いや」と思ってしまうし、そんな適当な思いの人は企業から評価されにくいんですよ...。

 

そこで自己分析を通して、自分がどんな仕事に向いているのか、どんな長所や短所があり、どんな会社で活かせるのかを把握すること。

その上で自分はこんな会社に入社したいという「企業選びの軸」を作成することが自己分析の1つ目の目的となります。

 

面接官に自分のことを伝えられるようになること

自己分析をする2つ目の目的は、自分のことを深く理解することで、面接官に自分について伝えられるようになることです。

 

売れない営業マンって、自社の商品のことを全然理解してないんですよね。

それと同じで、「自分」という名の商品を理解していないと、採用担当者にうまく売り込めません。

 

自己分析を通して、自分の長所・短所、価値観、考え方を理解すること。

そうすることで面接官に自分のことを伝えられるようになることが目的です。

 

なるほど!自己分析をする目的は、自己理解を通して「企業選びの軸を作ること」と「自分のことを伝えられるようになること」なんですね。

まさにそのとおり。この2つを押さえた上で、具体的な自己分析のやり方を見ていこう。

【最速の自己分析法】適性検査を複数受験すること

 

自己分析をする目的が把握できました。

ではこの章からは具体的に「自己分析の簡単なやり方」を解説していきます!

 

f:id:shukatu-man:20201029114017p:plain

 

自己分析を最も効率的にやる方法ですが、僕が現状考えるに「適性検査」が必須です。

適性検査とは、表示された項目にチェックを入れて回答していくことで、自分の性格を洗い出してくれる便利ツールのこと。

 

この適性検査を僕はこれまで20以上受けてきました。

その中でも就活生向けにおすすめは2つだけでしたね。

 

それぞれの適性検査は、無料会員になれば就活生は無料で利用できます!

(世の中の適性検査はほとんどが有料なので就活生のうちに受けておくべき)

 

【絶対に利用すべき適性検査】

 

キミスカが提供する「適性検査」

ー無料会員の就活生は完全無料で利用することができる

ー長所や短所の文章化から職務適性のデータまで得られて最高

 

オファーボックスが提供する「AnalyzeU+」

ー無料会員の就活生は完全無料で利用することができる

ーグラフで自分の性格が可視化されるので分かりやすい

 

①キミスカが提供する「適性検査」

 

逆求人サイトのキミスカが提供する適性検査が最もおすすめです。

過去に利用した20の中で、ダントツで有用な検査結果を入手できます。

 

長所と短所を文章化してくれる

まずこのキミスカの適性検査のすごいところが、長所と短所を文章化してくれること。

以下の画像のとおりで、複数のデータの中でも「人物像に関するコメント」という項目が参考になりますよ。

自己分析の目的の1つである「面接官に自分を伝えられるようになること」もこのデータを元にすれば大きく前進します。

 

f:id:shukatu-man:20200825154517p:plain

自分に向いている仕事内容も分かる

また長所と短所の文章化に加えて、職務適性のデータも得られます。

どんな仕事内容が向いているのかよく分かりますよね。

(これ実際の僕のデータで、やっぱり過去に前例のない職務や企画や創造を必要とする仕事が向いていると確信できました!)

f:id:shukatu-man:20201021160826p:plain

 

キミスカの適性検査の受験方法

このキミスカの適性検査は就活生は無料で受験可能です。

非常に本格的な検査ですが、「所要時間は15分」といい具合の長さなのも嬉しい。

(検査時間が長いのに、全然当たらずデータも少ない検査も多いから注意!)

【キミスカの適性検査の受験方法】

 

  1. キミスカ公式サイト」にアクセスして卒業年度から会員登録をする(無料)
  2. 会員登録後にマイページ内の「適性検査」をクリック
  3. 適性検査を受験して完了させる
  4. マイページから適性検査をもう一度クリックで閲覧可能

 

▼キミスカの適性検査は参考になるという声が非常に多い!

 

②オファーボックスが提供する「AnalyzeU+」

 

1つの適性検査だけ受けるよりも複数併用すべきです。

併用することで、「共通する検査結果」は信頼度の高いデータになるからですね。

(僕も就活生の時は、3つほどの適性検査データを参照してました!)

 

キミスカに加えて、もう1つおすすめするならオファーボックスが提供する「AnalyzeU+」です。 

 

グラフで自分の性格を可視化できる 

「AnalyzeU+」の良いところはデータのシンプルさにあります。

物事への取り組み方と、周囲との関わり方がグラフで可視化されるのが分かりやすいですよね。

f:id:shukatu-man:20191221113648p:plain

適性検査を受けることでスカウトが届きやすくなる

ちなみにこのオファーボックスも、逆求人サイトです。

自分のプロフィールを見た企業からスカウトが届く求人サイトで、適性検査じゃなくても利用価値が非常に高いんですよ。

 

下の評判のように、オファーボックス経由での内定獲得者はめちゃくちゃ多いです。

適性検査を受けると、企業側にも検査結果が公開されるようになるので、よりスカウトが届きやすくなり、一石二鳥です。

 

 

オファーボックスの利用方法

オファーボックスの「AnalyzeU+」もスカウト機能も完全無料です。

受験は30分ほどかかりますが、ぜひ受験してデータを取得しましょうね。 

【オファーボックスでの受験方法】

  1. オファーボックス公式サイト 」にアクセスして卒業年度から会員登録をする(無料)
  2. マイページ内の「AnalyzeU+」をクリックする
  3. 「AnalyzeU+」の受験を完了させると検査結果が出ます

 

自己分析ノートにデータは貼り付けておくと良い

ちなみに僕が就活生の時は、適性検査のデータを自己分析ノートに貼ってました。

自己分析は就活中(むしろ今後の人生で)ずっと継続的にしていくものです。

どんなノートでも良いので、1冊自己分析ノートを作って、今回の自己分析もそのノートに書いていくことがおすすめです!!

 

f:id:shukatu-man:20201021161627p:plain

 

本格的な8ステップの自己分析でも最初にこれらのデータを取得することをおすすめしているよ!

適性検査は受けるだけで自分に関する客観的なデータを取得できるのが便利ですね! 

自己分析の簡単なやり方【3ステップ】

f:id:shukatu-man:20191221111557p:plain

 

それではここまでの自己分析の目的の把握と、適性検査を受けました。

ここからは自分の手で自己分析を進めていくステップとなります。

 

簡単な自己分析では、ここから3つのステップで自己分析を完了させます!

簡単と言っても1つ1つが非常に重要な作業なので、丁寧に実行してください。

 

f:id:shukatu-man:20201029143324p:plain

  

ステップ① 「好き」と「嫌い」をアウトプットする

 

まず企業選びの軸を設定する上でも、自分を面接官にアピールする上でも重要なことがあります。

それは「自分の好きと嫌いを明確化すること」です。

 

入社後にすぐに退職するような人は「どんな仕事が好きなのか?」とか「どんな人が嫌いなのか?」を把握していなかった人が多いんですよね。

つまり自分にとっての好きと嫌いを事前に把握していなかったことで、入社後に「あ!これ嫌いだわ」とミスマッチが起きてしまう。

 

仕事の適性は好き嫌いで決まる

アルバイトをイメージしてください。

僕の場合は「暇な時間が嫌い」という自分の「嫌い」という感情を理解しないままに、暇なカフェでバイトを始めた結果、すぐに辞めることになりました。

 

その後、新しくオープンしたアパレルショップでバイトをしたら、暇な時間がなくて忙しかった。それが良くて長続きしたんですよね!

 

f:id:shukatu-man:20190918150021p:plain

 

「自分の好きと嫌いを明確化すること」の重要性をもう少し説明します。

下の図を見てください。

これは3年以内に離職した人の「仕事を辞めた理由」をまとめた図です。

 

f:id:shukatu-man:20180816202729p:plain

引用:中小企業庁委託「中小企業・小規模事業者の人材確保と育成に関する調査」(2014年12月、(株)野村総合研究所)

 

人間関係と仕事内容の好き嫌いが分かっていないからすぐ辞める

この図を見て分かる通り、3年以内に離職している人の多くが「人間関係」と「仕事内容への不満」が原因で仕事をやめていますよね。

 

つまり、

・人間関係(=どんな人が嫌いなのか明確にしていなかった)

・仕事内容への不満(=どんな仕事が好きなのか明確にしていなかった)

ということです。

 

そもそも自分がどんな人と相性が良いのか分かっていれば、面接などの逆質問で「自分は◯◯な性格なので、◯◯な性格の人と合うのですが御社で働かれている人の性格の特徴はどうでしょうか?」と質問できますよね。

 

この質問を通した上で、お互いが「合っているね」と納得できれば、入社後のギャップは確実に減る。

 

自分にとっての「好き」と「嫌い」を明確化しないまま、適当に企業を選んでいるから、3年後の離職率が30%以上という数字になってしまうのです!

 

好きと嫌いを明確化することの重要性はよく分かりました!では具体的に何をすればよいでしょうか?

「好き」と「嫌い」をそれぞれ最低10個ずつ箇条書きすることから始めよう!

そして、それに加えて「なぜ?」を問いかけて、理由をあわせて書いて欲しい。

 

とにかく自分を理解するためには、紙に書き出す作業が必要です。

「好き」と「嫌い」をとにかく書き出してみてください。 

実際にやってみると、このようになります!

 

【好き】

・読書(成長を感じるから)
・筋トレ(成長を感じるから)
・焼肉(おいしいから)
・仲良い先輩と話すこと(高め合えるから)
・映画(思考力と想像力を鍛えることができるから)
・恋愛(大切な人を大事にすることが自分の幸せに繋がるから)
・ニュースアプリを読むこと(情報収集によってインプットが増えるから)
・睡眠(気持ちいいから)
・スタバ(集中力が高い状態で作業できるから)
・iphone(どんな情報もこれ一つでアクセスできるから)

 

【嫌い】

・暇な時間(せっかちだからムズムズする)
・愚痴を聞くこと(無意味だから)
・馴れ合い(つまらない人と関わるのが時間がもったいない)
・インスタグラム(他人の0.1%の幸せな時間なんてどうでもよい)
・集団行動(一人で行動する方が楽)
・テレビ(つまらないニュースをいつまでもやっていて腹が立つから)
・グリーンピース(口がぱさぱさになるから)
・たばこ(臭いし健康に悪いから)
・口調がきつい人(きつく言うのは馬鹿な証拠だから)
・喧嘩(うるさいから)

 

やってみると分かるのですが、まぁ大変!

「好き」と「嫌い」は普段の生活の中では、“感覚的に把握している”だけで言語化することはしない。

よっぽど考えて生きている人じゃないと難しい。

 

しかし言語化するのが難しいからこそ、一度言語化することで自分の特徴を知る大きな手がかりになります!

大変ですが、この作業に時間をたっぷりかけてください。

 

ステップ② 企業選びの軸を明確化する

 

次のステップは、企業選びの軸を明確化する作業です。

自己分析の1つ目の目的でしたね!

  

具体的に「企業選びの軸」としてはどんな軸があるのか?

以下に一覧化してみました。

 

【企業選びの軸】

・仕事内容

(営業・研究・事務・工場・企画・総務などどれに合うのか?)

 

・残業時間

(自分の時間はどれぐらい必要なのか?)

 

・安定かスキルアップか ≒ 企業規模

(一社のみでずっと働きたいか、転職ありきで様々なスキルを身につけたいか?)

 

・給料

(気にするか、そこまで気にしないか?)

 

・一緒に働く人

(どんな性格の人と相性が良いか?)

 

企業を選ぶ際には、これらの軸の中で「どれが自分にとって重要なのか?」という優先順を付けることが重要になります。

 

では具体的にどのように優先順位をつけていくのか?

先ほど書き出した「好きと嫌いリスト」を使います!

 

どう使っていくのか説明しますね!

まず企業の選択軸の一つ目にある「職種」に関して。

この職種とは、営業職や工場職、研究職や事務職のことを指します。

 

僕が挙げた「好き」の一覧とその理由を見ていくと、僕にとって「成長すること」が非常に重要だと分かりますよね。

すると工場職のように、単純作業を繰り返すような仕事は合いません。

となると、例えば営業職で、将来的には企画職や経営への成長ができるような職種が良いなと結論付けることができます。

 

この1つの結論によって、企業選びの軸が1つできたことになります。

だって、職種が決まることって、就活においてめちゃくちゃ重要ですからね。

 

このようにして、次は「残業時間」について考えていきます。

僕の場合は、無意味な時間が大嫌いなので、もし「無意味に残業させられるような企業は絶対に無理」です。

そしてこの「無意味に残業させられるような企業は絶対に無理」というのも、一つの企業選びの軸になりますね。

(これを確認するには、OB訪問をして実際に働いている人に話を聞く必要があります。OB訪問は最終面接間近か内定獲得後で良いでしょう。落ちてしまっては無意味なので。)

 

このように自分の好きと嫌いが明確化できていれば、自然と企業選びの軸を作成することができるようになります!

逆に言うと、企業選びの軸がない人は、自分の好きと嫌いがよく分かっていないということですね。

 

企業選びの軸の選定については、非常に重要かつ難しいところです。

よって「ここだけ読んでも理解できなかったよ!」という方のために、別記事で詳しく企業選びの軸の選定方法について解説しているので、そちらも参考にしてください!

 

 

ステップ③ 自分の魅力を伝える練習をする

 

いよいよ最後のステップに入ります!

2つ目の自己分析のゴールである「面接官に自分を伝えるようになる」を達成するための作業ですね。

 

まず最初に覚えて欲しいことがあります。

企業があなたに内定を出すのは、あなたが自社で利益を出す人間だと判断したから。

基本的なことですが、めちゃくちゃ重要!

 

つまり、受ける企業に対して「自分は使える人間だぜ!」と伝われば内定は取れるのです。

そのために「好き」と「嫌い」で出した項目から、自分が企業でどう使えるのかを考えてみて5分間のプレゼンを作ってみてください!

 

ポイントは、自分が面接官だったら採用したくなるな!と思えるようにアピールすることです。

 

実際に少しやってみますね! 

「私は、成長が大好きな人間です。なぜなら、好きなことと聞かれて答えることが「読書」「筋トレ」「映画」「ニュースアプリを読むこと」と自分の成長に繋がることばかりだからです!更には映画が好きな理由は、ただ娯楽としてではなく、そこから想像力を広げる材料になると思っているからなんですよ!?すごくないですか?笑

また成長するために、環境を整えることも得意なんです。私はスタバで過ごす時間が好きで、スタバで短時間に集中して作業することで効率化を求めています。・・・・」

 

こんな要領で、「好き」として挙げたことや「嫌い」で挙げたことを用いて自分をアピールしてみる。

この練習をしておくことで、エントリーシートや面接で“理由と併せて”答える習慣ができます。

 

この“理由と併せて”というのがポイントで、多くの人は単なるアピールばかりをします。

しかし「好き」や「嫌い」という具体例を用いることで、それが根拠になりますよね。

 

ただ単に「成長することが好きです!」と答えるよりも、

「好きなことが「読書」「筋トレ」「映画」「ニュースアプリを読むこと」と自分の成長に繋がることばかりなので、成長することが好きです!」と答える方が説得力が増しますからね。

 

「自分の好きと嫌い」という材料を使って、企業選びの軸の作成と、面接官に自分について伝えることを可能にする手法を紹介しました。

 

自分の好き嫌いを言語化して、企業選びの軸を設定、更にそれを面接官に伝えられるようになることが重要なんですね!

自己分析の2つの目的を「好きと嫌い」を通して達成することが、この簡単な自己分析の肝になるんだよ!

【更に自己分析を深めたい】マンガで簡単に自己分析を解説!

 

ここまで紹介した方法が、自己分析を簡単にやる方法でした。

これに加えて、「更に自己分析を深めたい」と思った人も多いと思います!

 

そこで就活攻略論では、8ステップで完了する自己分析法も書いています。

こちらは自己分析のやり方の決定版であり、その概要はマンガで解説しています。

 

f:id:shukatu-man:20200810132129j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132135j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132140j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132147j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132153j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132158j:plain

f:id:shukatu-man:20200810132204j:plain

 

  

幸せからの逆算による企業選び

f:id:shukatu-man:20200302131037p:plain

 

企業選びの軸の作成について、更に補足したいと思います。

そもそも就活生は「世の中の人達が定義している幸せ」を就活の成功としていませんか?

 

大企業に入社すること。年収が高いこと。残業が少ないこと。

これらを得ることが就活の成功と勘違いしている人が多いんですよね。

 

幸せは常に「主観」である

 

世の中の人達が定義している幸せは、「客観」でしかありません。

しかし、幸せは常に「主観」ですよね。

 

僕は一人で映画を見ることが幸せですが、他の人は「一人で映画を見るなんて寂しくて不幸せだ」と言うかもしれません。

でも僕にとっては、“他人にとっての幸せ”なんてどうでも良い!!

 

客観的な幸せを求める就活生

こう話すと、自分の幸せのみを求めるのが当然だと思うかもしれません。

しかし実際のところ、就活生はみんな「世の中(他人)が決めた幸せ」を求めています。

 

f:id:shukatu-man:20200302133859p:plain

上の図のように、当然世の中が決めた就活の成功と、自分にとっての幸せはカブっている部分があります。

例えば、年収が高いことを幸せだと感じる人も多いですからね。

 

まずは「自分にとっての幸せ」を定義しよう

 

結局のところ、何が言いたいのか?

自己分析を通して、とにかく「自分にとっての幸せとは何か」を考えて欲しいってことです。

 

そのために解説したように、好きと嫌いを明確化したんですよね。

何をしている時間が好きなのか(つまり幸せなのか)、何をしている時間が嫌いなのか(つまり不幸せなので避けるべきことは何か)?

 

他人にとっての幸せや、世の中が決めた就活の成功は無視して、ただ「自分にとっての幸せとは何か」だけをひたすらに考えてみてください。

 

f:id:shukatu-man:20200302134900p:plain

 

就活マンにとっての幸せの定義を紹介

 

参考として、僕にとっての幸せの定義を紹介しますね。

ちなみに僕にとっての幸せの定義は、、、

・好きな人とだけ関わることができる(人間関係)

・好きな恋人と美味しいご飯や旅行に行くことができる(人間関係+金銭)

・家族に対して常に金銭的な支援ができる余裕を持っている(金銭)

・見たい時に映画を見に行くことができる(娯楽)

・静かに本を読める環境がある(娯楽)

・スタバにたくさん通うことができる(娯楽)

・パソコンを使ってカフェで仕事することができる(仕事)

 

僕にとって、これらが達成できれば幸せです。

反対に、これらと逆のことが重なると不幸せだなと感じます。

 

実際、サラリーマン時代は周りの人が嫌いでした。

恋人にも余裕を持って接することはできず、新卒は給料も少ないので家族に金銭的支援などできるはずもなかった。

 

そして、「10年後もこれらが叶わない環境だな」と察したんですよね。

だから1年で退職することを決めました。

 

常に自分にとっての幸せの実現を追い求めよう

幸せな人生とは、“自分にとっての幸せを”実現した人生のことです。

 

年収が1億円あっても幸せとは限らない。

東証一部上場企業の社長だろうが、その人にとっての幸せの定義を満たしていないなら、幸せとは言えません。

 

ぜひ就活生の皆さんは、自己分析としてここで説明したことを実行してください。

そして、どんなキャリアを歩めば自分にとっての幸せを実現できるのかを考えてください。

 

僕は常にこれを考えて生きています。

「関わる人と時間と金銭を確保するために独立する必要がある」と考えて独立しました。

「パソコンを使ってカフェで仕事することができる」ことを幸せと感じるから、ブログ運営をしてますし、常にブログを高められるように勉強しています。

「信頼できる恋人を作るために自分を磨く必要がある」と考えて、週に2回はジムに行ったり、本を読んで人格を磨く努力をしています。

 

自分にとっての幸せから逆算して生きましょう。

そうすれば他人に何を言われようが、気にすることはない。

 

他人にとっての幸せを押し付けられることが多々あります。

でも大丈夫。幸せに生きている姿を見せれば、彼らは黙るから。

こうした本質を押さえた自己分析ができる就活生が1人でも増えたら嬉しいです!

 

自己分析を簡単にする適性検査ツールまとめ

f:id:shukatu-man:20201029150402j:plain

 

今回の記事の最初で紹介した「適性検査ツール」ですが、他にも自己分析を簡単にするのに役立つツールがいくつか存在します。

この章ではそんな自己分析を簡単にするツールをまとめて紹介しますね。

 

 

この中でおすすめは「キャリタスの自己分析」と「ストレングスファインダー」です。

特に就活で自分を語るのに大切な「強み」について、ストレングスファインダーを使えばよく分かります。

ぜひ自分が自分の中でよく理解していない部分を、こうしたツールを活用して理解できるように努めてください!

  

Check!

▼自己分析の診断ツールまとめはこちら!

» 【自己分析の診断サービス10選】就活に“役立つ度順”で紹介!

 

▼自己分析に関するおすすめの本はこちら!

» 自己分析におすすめの本10選【就活のプロが厳選!】

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

自己分析は簡単に終わらそうと思っても、最低でもこの記事で書いたぐらいのことは絶対にすべきです。

 

なぜなら自己分析は、就活におけるあらゆる活動の土台になるからです。

いくら立派な建物を立てようと、土台がしっかりしてないと崩れますよね。

「徹底的な自己分析」というのは就活の土台にあたるがゆえに重要です。

f:id:shukatu-man:20201003094838p:plain

 

それでは本記事の重要な要点をまとめて終わりたいと思います。 

【本記事の要点】

  • 自己分析の目的は「企業選びの軸を作成すること」と「面接官に自分について伝えられるようになること」の2つである。
  • 自己分析を簡単に終わらせるためには、とにかく自分の好きと嫌いを徹底的に洗い出すことが重要。
  • 自己分析は簡単に終わらせても、それからずっと継続的にやり続けるべきことである。