就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【ベンチャー企業に新卒入社はアリ?】リスクやメリット解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200726234503j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

就活で難しいのが企業選びですよね。

僕が大学生の時も「選考の攻略法」はたくさん編み出していたのですが、企業選びに関する知識はまだ浅かったので、結果的に入社した企業を1年で退職。

 

今思うと、この性格で大手食品メーカーは合わないに決まっているなと反省してます。

しかし、考えてみれば当然で「自分に合った企業の選び方」なんて考えたことは、それまでの人生にないじゃないですか。

 

それなのに就活生になった瞬間に「はい!じゃあ企業選んでエントリーしてね!」と言われても困りますw

 

そこで最近は企業選びに関する記事の充実に力を入れているのですが、その中でも今回は「ベンチャー企業への新卒入社」について解説していきたいと思います。

 

今後のキャリアを考えた時に、果たして最初にベンチャー企業を選択するのは正しいのか?迷う人は多いでしょう。

そこで今回の記事にて、ベンチャー企業に入社するリスクやメリット、結論としてベンチャー企業に新卒入社するのはアリなのかを解説していきたいと思います! 

そもそもベンチャー企業とは?

f:id:shukatu-man:20200727191215p:plain

 

まずそもそもベンチャー企業には定義はありません。

大企業と中小企業には社員数や資本金などを元に、明確な定義があるのですが、ベンチャー企業には定義がないんですよね。

 

一般的には以下に当てはまる企業がベンチャー企業と呼ばれています。

 

【ベンチャー企業と呼ばれるための要素】

  • 設立後5年以内である
  • 革新的な事業を展開している
  • 初期に大きな赤字を出してから爆発的に収益が伸びるビジネスモデル

 

よって、ただ単に設立してすぐの会社をベンチャー企業とは呼びません。

例えば近所のおじさんがラーメン屋を立てて、その時に会社を設立したからと言っても、ラーメン屋は上の要素を満たさないのでベンチャー企業とは言わないんですよね。

 

このようにベンチャー企業の定義は非常に曖昧です。

しかし、ここで紹介した要素を満たす企業がベンチャー企業と呼ばれているんだなってことを覚えておいてください。

 

ベンチャー企業に新卒で入社するのはアリか?

f:id:shukatu-man:20200727191225p:plain

 

ではでは結論から話していきたいと思います。

僕が考える結論として、新卒でベンチャー企業に入社するのはアリかナシか?

結論は以下となります。

 

【新卒でベンチャー企業に入社することへの結論】

将来起業したりバリバリ副業をして稼ぎたい人、または仕事の優先順位が人生の中で上位である人にはおすすめできる。

しかし、それ以外の人にはおすすめしない。

 

これですね。

要するに、一概に「ベンチャー企業に新卒入社するのはアリです!」とかじゃなくて、ベンチャー企業に新卒入社することに向いている人と向いていない人がいるってことです。

 

将来起業したりバリバリ副業をして稼ぎたい人には向いている

 

やっぱりベンチャー企業への入社に合うのは、将来起業したい人や副業でバリバリ稼ぎたい人だと僕は思います。

そもそも起業も副業も、お金や時間というリスクを払って、大きな成功を得ること。

つまり「リスクを取って成功を得ること」を求めるのが、起業や副業です。

 

よって将来的に起業や副業がしたい人は「リスクを取れる人」と言い換えることができます。

僕なんかまさにそうで、大手食品メーカーを辞める時なんて周りから「リスクあるじゃん」と死ぬほど言われました。

僕からしたら「日本に生まれた瞬間に勝ちなんだからリスクと思わない」だったのですが、この考えは少数派のようです。

 

このように、世の中にはリスクを取れる人と取れない人がいます。

(どちらが正しいってわけじゃなくて、個人の価値観の問題ですが)

リスクを取れる人は将来、起業や副業に挑戦したいと考え、新卒で入社する企業もベンチャー企業を選択することができるでしょう。

 

ベンチャー企業は大企業に比べて、倒産リスクも高い。

更には低給で長時間労働させられるリスクも高いです。

しかしリスクを取れる人なら、これらを「良し」とすることができる。

 

そしてベンチャー企業の良いところは、やっぱり「ビジネスモデルを盗めること」にあると僕は思います。

例えば僕が会社を立ち上げたとして、入社した社員は「ブログの運営方法」や「ライターとして稼ぐ方法」を学ぶことができます。

それをそのまま自分の起業や副業に活かすことができますよね。

 

これらの理由から、将来起業や副業をしたい人はベンチャー企業に新卒入社することができる。

そもそも起業や副業というリスクを取ろうとしている人なので、「ベンチャー企業への入社」というリスクも取れるでしょう。

 

仕事の優先順位が人生の中で上位である人じゃないとベンチャー企業は合わない

 

加えて、将来起業や副業を考えていなくても、人生の中で仕事の優先順位が上位にある人なら、新卒でベンチャー企業に入社するのはアリだと思います。

 

逆に仕事の優先順位が人生の中で低い人。

僕はそういう人には、とにかく「ホワイト業界の大企業」をおすすめしますね。

(私がそうです!!という人は、ホワイト業界12選という記事を読んでください)

 

仕事の優先順位が高い人にベンチャー企業が合う理由ですが、それはベンチャー企業の方が業務の幅が広いことにあります。

大企業は「超分業制」を取ることで仕事を効率化させています。

1人1人の作業量を狭めることで、誰かが欠けても会社が回るようにしているんですよね。

 

一方で、ベンチャー企業の場合は1人の仕事の幅が広い。

営業もやれば、企画もやって、総務もやって、時には人事もやる。

人手が少ないので当然そうなります。

 

仕事の優先順位が低い人にとっては「面倒」なのですが、仕事の優先順位が高い人にとっては「短期間で様々なスキルや知識、経験を積むことができる」になります。

 

以上の理由から、僕が新卒に「ベンチャー企業に新卒入社するのはアリですか?」と聞かれたら、、、

「将来起業したりバリバリ副業をして稼ぎたい人、または仕事の優先順位が人生の中で上位である人にはおすすめできる。

しかし、それ以外の人にはおすすめしない。

さて、あなたはどっちですか?」

と答えますね。

 

なるほど!一概に「新卒でベンチャー企業に入社するのはダメだ」というわけじゃなく、向いている人と向いていない人がいるってことですね。

そのとおり。大事なことは自分が向いているかどうかであって、「◯◯は◯◯だ」という極論だけを頼りにしないことが重要だよ。  

ベンチャー企業に新卒で入社するリスク

f:id:shukatu-man:20200727191221p:plain

 

続いて、ベンチャー企業に新卒で入社するリスクについて解説していきますね。

漠然と「ベンチャー企業って危ないでしょ?」と思っている人が多いのですが、具体的に何が危ないのかを明確化しておくことが重要です。

 

余談ですが、僕は何かに挑戦する時、必ずリスクを明確化します。

例えば大手食品メーカーを辞めて自営業をすると考えた時のリスクは以下です。

 

【会社を退職する上で考えられるリスク】

  • 大きな挑戦をして借金を負う可能性がある
  • 長期的に成功せずに終わる可能性がある
  • 他人から変わり者だと避難される

 

ぶっちゃけこの程度です。

このようにリスクをしっかりと明確化することができれば、それに対する対策を考えることができますよね。

僕が会社を辞める時に考えた対策は以下となります。

 

・大きな挑戦をして借金を負う可能性がある

【対策】返すことのできない借金を負った場合は、自己破産を選択する。その後はもう一度サラリーマンとしてベンチャー企業で働きつつ、スキルやビジネスモデルをパクって副業から始める。

 

・長期的に成功せずに終わる可能性がある

【対策】ベンチャー企業に入社してスキルやビジネスモデルをパクって副業から始める。

将来的に価値観が変わって、家庭を持ちたいとなったらもう少し安定性の高い中小企業で働きつつ、様々な副業に挑戦する。

 

・他人から変わり者だと避難される

【対策】シカトする。人間は結果でしか判断しない動物なので、途中経過に対する意見は気にする必要がないと考える。

 

いかがでしょうか?

僕はこのようにリスクに対する対策を、自分の頭で明確に持っていました。

だから他人から何を言われようが、「黙って見てろよ」なんですよねw

 

話が遠回りになりましたが、大事なことは「リスクの明確化→リスクへの対策を考えること」なんですよね。

そこでベンチャー企業に入社することのリスクをまずは明確化しましょう。 

 

ベンチャー企業に新卒で入社するリスクは大きく2つです。

 

【ベンチャー企業に新卒で入社するリスク】

  • 安い給料で長時間労働させられる
  • 倒産してすぐに転職することになる

 

みんなが「ベンチャー企業に新卒で入社するのは危険だよ」と漠然と思う理由は、おそらく上記の2点が原因でしょう。

安くこき使われて、倒産する可能性も高いから、入社するのは危険だと思うわけです。

 

これに対する対策は簡単です。

 

安い給料で長時間労働させられる

【対策】それで明確にスキルや知識が得られたり、自分のやりたいことや興味関心を満たせるのなら何も問題ない。(将来の起業や副業、転職活動に活かせるなと割り切る)

 

倒産してすぐに転職することになる

【対策】常に転職市場にも目を向けて「どうしたら転職市場で評価される人材になれるのか」を勉強し続けておく。転職エージェントとも定期的に連絡を取り合い、情報を獲得しておく。

 

いかがでしょうか?

このように、ベンチャー企業に新卒で入社するリスクへの対策はあります。

しかしほとんどの人が「リスクの明確化→対策を考える」ということをせず、もちろん対策を実行に移すことをしません。

 

常に漠然と、受け身の状態でいるから「不安だな」と思うわけです。

このように対策をしっかり考え、実行に移せるなら何も問題はないと僕は思います。

 

本物の安定とは「常に変化対応できること」です。

そして、常に変化対応できることとは「常にリスクを明確化し、対策を考え、実行に移せること」だと思うんですよね。

 

この章を通して、僕は考えるリスクの取り方が伝わってくれたら嬉しいです。

僕は大手食品メーカーを「なんとなく」で辞めたわけじゃありません。

その裏にはリスクの明確化と対策を考える作業があり、それがあったからこそ自信を持って辞めるという決断ができたのです。

 

ちなみにベンチャー企業に入社する危険性については、別記事でも詳しく解説しました。

そっちの記事では、危ないベンチャー企業の見分け方なども解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてください!

 

Check!

▼ベンチャー企業の危険性について!

» 【ベンチャー企業は危ない?】新卒で入社する危険性について!

 

なるほど!ベンチャー企業に新卒で入社することにはリスクがあるけど、それに対する対策も考えることができる。そしてその対策を「自分なら取れる」と判断した場合、挑戦しても良いのではってことですね。

そうだね。何も考えずに「なんとなく」で行動していると、リスクが現実化した時に致命傷を負いかねないから。

ベンチャー企業に新卒で入社するメリット

f:id:shukatu-man:20200727191231p:plain

 

ベンチャー企業に新卒で入社することに対するリスクの取り方が理解できました。

当然リスクを取るなら、それ相応のリターンが欲しいところ。

リターンのないリスクは取るべきじゃありません。

 

ではベンチャー企業に新卒で入社するリターン、つまりメリットは何か?

大きく3つのメリットがあります。

 

【新卒でベンチャー企業に入社するメリット】

  • 転職前提でキャリアを形成することができる
  • 業務内容が多岐に渡るので飽きない
  • 事業内容をそのまま自身の起業や副業に転用できる

 

メリット① 転職前提でキャリアを形成することができる

 

まず最初に、ベンチャー企業に入社するとリスクへの対策で話したとおりで常に「転職」を考える必要が出てきます。

 

倒産するリスクもありますし、事業がうまくいかないままグダグダ続ける経営者もいるので、そういった場合に転職の必要性が生まれますよね。

 

一方で大企業に入社した人は、転職なんて考えません。

「終身雇用」をまだ信じている人ばかりが入社するので、いざ転職の必要性が出た時に何もできなくなります。

(その大企業だけでしか使えないような知識や肩書に固執している人も多く、転職市場でマジで必要とされない)

 

僕、個人的には目的のない転職はしない方が良いと考えています。

しかし「転職について考えて知識を増やしておくこと」は重要だと思うんですよね。

そうすれば、いざとなった時に行動することができるので。

 

新卒でベンチャー企業に入社することで、転職を前提に動くことができる。

それゆえに転職に興味を持ち、知識を深め、上手に転職ができるようになる。

 

大企業に入社すると、転職に対する嫌悪感が増大するので、これはメリットと言えますよね。

 

メリット② 業務内容が多岐に渡るので飽きない

 

次にベンチャー企業は業務内容が多岐に渡ります。

大企業は超分業制なので、営業なら10年、20年営業をさせられます。

部署を移動して、取引先が変わることはありますが、やること自体は変わりません。

 

大手食品メーカーに営業として入社しました。

1年働きましたが、20年勤めている上司の仕事内容に面白みを感じなかった。

「なんだ、この仕事の延長線」じゃんと飽き飽きしたことを覚えています。

 

一方でベンチャー企業は人手不足。分業はできません。

よって営業もやれば、経理もやって、時には人事もやる。

このように業務内容が多岐に渡るので、1つの業務ばかりやるのは退屈だと感じる人にとっては大きなメリットになりますよね。

 

メリット③ 事業内容をそのまま自身の起業や副業に転用できる

 

個人的にこれが一番大きなメリットだと思いますが、入社したところの事業内容をそのまま副業や起業でパクれます。

大企業のビジネスモデルは、過去に積み上げた圧倒的に技術や設備、人材がいて初めて実行できることなので、それをパクって副業や起業することはできません。

 

一方でベンチャー企業のビジネスモデルは、そもそも少人数から始めることができるものです。

よってその知識やスキルを習得すれば、自分もできる。

だから将来起業や副業をしたい人にとってはぴったりだと僕は思いますね。

 

1つ注意点としては、忙しすぎて心の余裕まで奪われる企業だと、副業や起業に向ける体力や気力が失われます。

よってそういった激務な企業に入社した場合は「◯◯の知識を盗めたら辞める」などの期限を設け、計画的に実行に移していくことが重要ですよ。

(起業や副業することが目標なのに、それをする体力や気力がないまま長時間経過したら全く意味がなくなってしまうので)

 

なるほど!これらのリターンとリスクを考えた上で、自分にとってリターンの方が大きいと判断すればベンチャー企業に新卒で入社するという選択肢もアリなのか。

そうだね。常にリターンとリスクの両面を考えると良いよ。人間はリスクばかりに目がいくという心理があるから、意識的にリターンも考えるようにすると良いよ。

新卒向けのベンチャー企業の求人の探し方

f:id:shukatu-man:20200727191236p:plain

ここまで新卒でベンチャー企業に入社することへの理解ができたと思います。

リスクとリターンの両面を把握した上で、ベンチャー企業も視野にいれて就活をしようと考えた人のためにベンチャー企業の探し方を最後に解説しておきます。

 

僕がおすすめのベンチャー企業の探し方は全部で8つあります。

その中から5つを抜粋して紹介しますね。

 

【新卒向けのベンチャー企業の探し方】

  1. 就活エージェントに紹介してもらう
  2. 逆求人型サイトを利用する
  3. 中小規模の合同説明会に参加する
  4. ベンチャー企業の掲載が多い求人サイトを利用する
  5. ベンチャー企業に直接連絡する

 

ベンチャー企業の探し方まとめはこちら!

» 【就活生向け】ベンチャー企業の探し方|8種の方法を紹介!

 

①就活エージェントに紹介してもらう

 

まず東京への就職を希望している人は、ベンチャー企業を探す時に就活エージェントを活用すべきです。

就活エージェントとは、面談を元にして自分に合った求人を紹介してくれる無料サービスのこと。

更には選考支援まで担当者さんがしてくれるのでおすすめですね。

 

特にベンチャー企業の場合は、担当者さんがその企業について説明してくれるので、企業理解を深めることができます。

ベンチャー企業を選ぶ際は企業理解が絶対に必要。

それゆえにベンチャー企業を探すのと、就活エージェントは相性が良いです。

 

僕がおすすめ就活エージェントについては、ランキング形式で別記事で紹介しておきました。

こちらを参考にして利用してみましょう。

 

 

②逆求人型サイトを利用する

 

次に逆求人型サイトを利用することで、ベンチャー企業との接点を持つことができます。

この逆求人型サイトとは、プロフィールを登録しておくことで、企業側からスカウトが届く無料のサイトです。

マイナビやリクナビのように自分から企業を探すのではなく、企業側から接点を持ちにきてくれる点が就活の効率化に役立ちます。

 

また逆求人型サイトを利用する企業はベンチャー企業も多いです。

マイナビなどの大手求人サイトだと、知名度が低いがゆえにエントリーが集まらないため、逆求人型サイトを使って新卒にアプローチしようと考える企業が多いから。

 

よって逆求人型サイトはベンチャー企業が多数利用しているので、ぴったりなサイトと言えますよね。

 

こちらの逆求人型サイトもランキング形式でおすすめサイトを紹介しています。

特に上位1〜3位のサイトは併用して、少しでも企業との接点を広げておくと良いですよ!

 

 

③中小規模の合同説明会に参加する

 

続いて、ベンチャー企業を選ぶ時は企業理解が重要なので、直接会って話を聞くのもおすすめなんですよね。

マイナビやリクナビが主催する超大型の合同説明会だと、詳しく話を聞けないので、おすすめは数社が参加する中小規模の合同説明会です。

 

開催頻度が日本一かつ、知名度の高いミーツカンパニーが個人的に一番おすすめ。

僕が就活生の時も、数回参加しました。

気になる企業があった時に、座談会で人事に詳しい話を聞ける点が非常に良かったですね。 

 

④ベンチャー企業の掲載が多い求人サイトを利用する

 

ベンチャー企業の探し方として最もスタンダードなのが、ベンチャー企業の掲載が多い求人サイトを利用することです。

特に以下の2サイトはベンチャー企業の掲載が多いのでおすすめですね。

 

【ベンチャー企業の掲載が多い求人サイト】

チアキャリア(旧パッションナビ)

Wantedly

 

チアキャリアはもともとパッションナビという名前の求人サイトで変わりました。

「ベンチャー企業特化の求人サイト」としては最も知名度が高いサイトの1つですね。

 

Wantedlyもベンチャー企業の掲載が多いサイトになります。

こちらは掲載料が無料なので、資金の乏しいベンチャー企業がこぞって自社の情報を公開しているのです。

 

こうしたベンチャー企業が多く掲載している求人サイトから、気になるベンチャー企業を探すのは非常に効率的ですよ!

他の方法と併用して探していきましょう。

 

⑤ベンチャー企業に直接連絡する

 

そして最後5つ目の探し方ですが、ベンチャー企業の公式サイトから直接お問い合わせてしてみましょう。

ベンチャー企業の場合、募集を広くかけていないところも多いんですよね。

よって自分が調べて気になる企業があった場合、そこに直接連絡するのも良い方法です。

 

「新卒の採用はしていません」と断られる可能性も非常に高い。

しかし、やらないよりはマシなので、ぜひ直接お問い合わせしてみてくださいね!

 

これら5つの方法で新卒はベンチャー企業を探すのがおすすめだよ!

なるほど!マイナビやリクナビ以外にも、色んな方法で企業を探すことができるんですね。

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

ベンチャー企業に新卒で入社することについて、理解できたと思います。

 

僕も自営業を選んだ身として、起業や副業を志す人を応援しています。

しかし、それが「なんとなくの夢」程度だと、後で苦労するかもしれません。

 

今一度よく考えて、人生の優先順位の上位に仕事があるのか考えるべきでしょう。

考えた上で上位に仕事があるのなら、ベンチャー企業で修行をするのはメリットも大きいと個人的に思っています。

 

とにかく大事なことは、よく考えること。

そしてこの記事で紹介したように、リスクを考え、その対策を考え、それが実行できるのかを徹底的に自問することにあります。

 

就活で全て決まるわけじゃありません。

しかし、せっかくのキャリアを考える機会なので有効活用してくださいね! 

 

関連記事

▼業界の絞り方についてめちゃくちゃ詳しく解説した記事です!

» 【就活での業界の絞り方は6ステップ】就活マンが解説する!