就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活エージェントの“4つのデメリット”を徹底解説します!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200214233121p:plain

皆さん、こんにちは!朝起きて20分だけ走ることが効果的だとメンタリストDaiGoさんが言っていたので走り始めて現在4日目の、就活マンです。

 

今回は就活エージェントを利用するデメリットに特化して解説します。

僕は本当におすすめできるサービスしか紹介しないことをポリシーとして、この就活攻略論を4年間運営し続けています。

 

そんな中で就活エージェントは自信を持って利用すべしと言っています。

しかし、正しい活用方法を押さえた上で利用しないと、質の低い担当者を信頼しかねません。

 

全然自分に合わない求人を紹介されて、そこに入社することを強要してくるような担当者もいると聞きます。(最低ですね)

そこで就活エージェントのデメリットをまとめつつ、そのデメリットを回避するための活用方法を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

就活エージェントは利用すべきだけど、しっかりとデメリットを押さえた上で利用しないといけないんですね。

そのとおり!包丁も使い方を間違えれば自分を傷つけるよね。それと同じだよ。

就活エージェントとは?

f:id:shukatu-man:20200219115729p:plain

就活エージェントのサービス概要について簡単に解説しておきます。

就活エージェントは、人材紹介会社が提供する無料のサービスで、面談を元にして求人の紹介や選考支援までしてくれます。

 

1人に対して、1人の担当者が付いて面談後はLINEやメールにて支援を行ってくれます。

 

就活エージェントが無料で利用できる理由

 

就活エージェントは就活生なら無料で利用することができます。

無料のサービスを利用する際には、「なぜ無料なのか?」という観点を持つようにしましょう。

 

就活エージェントの場合は、紹介先の企業から「紹介料」が人材紹介会社に入ります。

要するに、新卒を採用したい企業がお金を払っているから、就活生は無料で利用できるのです!

 

就活エージェントを利用する企業は、新卒に人気がないブラック企業なのでは?」僕が最初にこのサービスを知った時はこのように思いました。

 

実際、就活エージェントが保有する企業の中には残業時間が長かったり、ブラック業界の求人も含まれていることがあります。

 

一方で、この売り手市場ではどの会社も新卒採用に困っているんですよね。

優良企業であろうが、就活生からの認知度が低ければ採用に困っています。

 

このように、マイナビだろうがリクナビだろうが、就活エージェントを利用しようが一定数はブラック企業があることに変わりありません。

だからこそ、自分で口コミサイトを活用して「ブラック企業ではないか?」「自分に合いそうなのか」という視点を常にもっておくことが重要ですよ!

 

人材紹介会社の担当者が、自分の専任となって求人を紹介してくれるんですね!

そのとおり!企業選びって本当に難しいから1社でも自分に合った企業を紹介してもらえるのは価値があるよ。  

就活エージェントを利用する4つのデメリット

f:id:shukatu-man:20200219115718p:plain

 

では早速、就活エージェントを利用するデメリットについて解説していきます。

大きく4つのデメリットが生じる可能性があるので、目を通しておいてください。

 

ちなみに就活エージェントは、完全に「担当者」で質が決まります。

 

例えばA社が提供している就活エージェントでも、ある担当者はめちゃくちゃ親身に話を聞いてくれて自分に合った求人を紹介してくれるけど、別の担当者は適当に紹介してくる。

 

こんなことがあるんですよ。

よって就活エージェント全体として、ここで述べるようなデメリットが生じるのではなく、“これらのデメリットが生じるようなダメな担当者がいる”っていうことを覚えておくと良いですね!

 

良い担当者に当たれば、デメリットは特にありません。無料なので。

 

①自分に合わない求人を紹介される

 

最初のデメリットは、自分に全く合わない求人を紹介されることです。

そもそも就活エージェントの一番の価値っていうのは、「自分にぴったりな求人を紹介してくれること」にあると僕は考えています。

 

しかし、担当者によっては「とりあえずこの就活生が内定を取れれば良い」と考えて、適当に受かりそうな求人を紹介してくるような人もいます。

 

自分に合わない求人を紹介されるなら、自分でマイナビやリクナビで探せば良いだけですよね。

むしろ今ではオファーボックスキミスカのような優秀なスカウト型求人サイトが存在するので、就活エージェントを利用する価値がありません。

 

よって、「この担当者は全然自分に合わないような求人ばかり紹介してくるな」と思ったら、切ってしまいましょう。

(「内定が出たので就活を終了します」とメールで伝えれば、簡単に切ることができますからね。)

 

②ブラック業界の求人ばかりを紹介される

 

続いて、ブラック業界の求人ばかりを紹介されるデメリットもありえます。

ブラック業界としては以下の業界が例として挙がりますね。

 

【比較的ブラックな企業が多い業界】

・人材派遣業界

・介護業界

・ブライダル業界

・飲食業界

・ホテル業界

・百貨店、アパレル業界

・小売業界

・物流業界

 

このあたりの業界の求人ばかり紹介してくる担当者は要注意です。

ブラック業界の企業は、離職率が非常に高いので、常に人材不足の状況に陥っています。

よってエントリーすると内定が出やすいんですよね。

 

内定の取りやすい求人=人材紹介会社の利益になりやすい求人

要するに就活エージェントとしては、こうした内定が出やすい企業を紹介して内定を取ってもらえれば紹介料が発生するので、会社の利益になる。

このような理由によって、ブラック業界ばかり紹介してくる担当者が出現するってわけです。

 

こういう担当者は自社の利益(自分の売上成績)を上げることが第一になっていて、就活生を第一優先にできていないですよね。

そういう担当者を頼ってしまうと、ブラック業界への入社を強要されることもあるので、気をつけてください! 

 

③自分に合わない企業への入社を強要される

 

自分に合わない企業への入社を強要してくるような担当者もいるそうです。

これは大きなデメリットですよね。

 

特に断るのが苦手なタイプの人は、ずっと支援してきてくれた担当者が「そこに入りましょう」と強く言ってきたら断れなくなってしまうかもしれません。

しかし、「新卒で入社する企業」というのは、本当に重要で人生に大きな影響を与えます。

 

そんな重要な選択を、他人からおすすめされたからとか、強要されたからで決めるのは本当にダメ。ダメ絶対です。

 

自分に合わないような企業への入社を強要されそうになったら、そんな担当者は切りましょう。そこで義理とか感じる必要ありませんよ。

 

④自分の話を聞いてくれずに面談時間が無駄に終わる

 

そして最後、4つ目のデメリットは自分の話を全然聞いてくれずに面談にかけた時間が無駄になることがあるというデメリット。

要するに質の低い担当者が付いた場合、その面談の時間が無駄になってしまうということですね。

 

就活エージェントのサービスは最初に面談する必要があります。

面談場所が近ければ良いですが、遠い場合は交通費もかかるし、時間もかかる。

それなのに担当者の質が低ければ、その時間は無駄になりますよね。

 

これら4つのデメリットを回避するための対策を次の章で解説します。

「なんとなく就活エージェントを使ってみよう」ではなく、次の章で解説する対策を頭に入れた上で利用するようにしてください!

 

こうしてデメリットを見ると、質の低い担当者が付くと最悪ですね。

そうなんだよ。だからこそ、これらのデメリットを回避する対策を頭に入れておこう。

就活エージェントのデメリットを回避する3つの対策

f:id:shukatu-man:20200219115723p:plain

 

就活エージェントのデメリットを把握したところで、それらデメリットを回避するための3つの対策について解説していきます。

ここで解説することは、就活エージェントを利用する上で本当に重要なので必ず目を通しておいてくださいね!!

 

【デメリットを回避するための対策】

・利用者からの評判の良い就活エージェントを利用する

・複数の就活エージェントを利用する

・口コミサイトを利用して自分でも求人をチェックする

 

対策① 利用者からの評判の良い就活エージェントを利用する

 

まずは実際に利用した利用者の評判が良いサービスを利用しましょう。

人材紹介会社によって、サービスの細かい仕組みや、担当者への教育が異なります。

 

よって質の高い担当者が多いサービスを利用すべきですよね。

僕のおすすめは、「Jobspring(ジョブスプリング)」と「DiG UP(ディグアップ)」なのですが、これらは利用者からの評判も非常に高い2つです。

 

僕がおすすめの就活エージェントをランキング形式で紹介してあります。

これらを参考にして、まずは評判の良い就活エージェントから利用するのが良い担当者と出会うための第一歩ですよ!

 

  

対策② 複数の就活エージェントを利用する

 

次に就活エージェントは必ず複数利用しましょう。

最低でも2社利用してください。

 

なぜなら2社以上利用しないと、担当者の質を比較できないからです。

1社の就活エージェントしか利用しないと、その担当者だけしか知らないので、「この人は良い担当者だな」と錯覚しやすい。

一方で、2つ以上使えば◯◯よりも良いなといった比較が可能になります。

 

また複数の就活エージェントを利用することによって、紹介してもらえる求人の数も業界の幅も広がります。

複数利用することは大きなメリットがあるので、評判の良いエージェントを2つ利用するのが僕がおすすめする利用方法です!

 

対策③ 口コミサイトを利用して自分でも求人をチェックする

 

そして最後に、担当者から紹介された求人は必ず自分でもチェックしましょう。

たまに就活エージェントに頼り切りになる人がいますが、それは危険です。

 

紹介された求人が本当に自分に合っているのかどうか、それを自分でも確認する努力を必ずするようにしてください。

 

方法としては口コミサイトを利用するのが良いですね。

実際に働いていた人の生の意見が最も参考になります。

(レストランの評価も、実際にそこで食べた人の口コミが参考になりますよね!)

 

僕がおすすめの口コミサイトは以下の大手3サイトです。

転職で活用する人が多いですが、就職に関する知識が浅い就活生こそ利用すべきだと何度もお伝えしている通りです。

 

おすすめの口コミサイト

・Openwork(旧Vokers)

・カイシャの評判

・転職会議

 

これら3つの対策を取ることで、質の低い担当者から生じるデメリットを回避しやすくなるんですね!

そのとおり!最低限この3つの対策は取ることが重要だよ。

就活エージェントを利用するメリットも合わせて解説

f:id:shukatu-man:20200219115734p:plain

この記事では主に就活エージェントのデメリットを解説してきました。

同時に、利用するメリットについてもお伝えしておきます。

 

他己分析をしてもらえる

 

就活エージェントは初回面談にて、自己分析を深めてくれます。

他人が自分の分析をしてくれることを「他己分析」と言いますが、就活エージェントを利用するとこの他己分析をしてもらえるのが大きなメリットです。

 

他己分析を元にして、自分に合った求人を紹介してくれる質の高い担当者がつけば、自己分析も深まるし、求人も紹介してくれるしでメリットが本当に大きいですよね。

 

自分に合った求人を紹介してもらえる

 

次に自分に合った求人を紹介してもらえるのは、本当に大きなメリットです。

就活生は1度も就職したことがないので、自分に合った企業を選ぶのが本当に難しい。

 

そこでプロの目で求人を紹介してもらって、そこが合うと自分でも判断できれば最高ですよね。

更にはその企業からの内定を獲得するまで支援してもらえるので、まさに就活における家庭教師のような存在になってくれます。

 

選考対策の支援をしてくれる

 

就活エージェントを利用することで、「面談後にフィードバックがもらえる」という唯一無二のメリットを得ることができます。

 

就活エージェントから紹介された企業との面接後、その面接がどうだったのか、就活エージェントが企業からヒアリングをしてくれることが多いからです。

そのフィードバックは、就活を通してずっと役立つ情報になるので、面接後のフィードバックが得られるだけでも就活エージェントは利用する価値があると言えますよ。

 

おわりに

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

就活エージェントを利用する上で生じる可能性のあるデメリットについて、深く理解することができたと思います。

 

就活サービスだけでなく、どんなサービスにも利用する上でのデメリットが存在する。

だからこそ、そのデメリットを把握した上で、それが生じないよう対策することが必要になるんですよね。

 

この記事で解説した3つの対策は就活エージェントを利用する上で必須の対策だと僕は考えています。

皆さんが素敵な担当者と出会い、就活の成功に大きく近づくことを心から願っています。その役に立てたのなら嬉しいです。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー