就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

オファーボックスで内定は獲得できるのか?【獲得方法も解説】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200527010223p:plain

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

就活攻略論では何度も紹介しているオファーボックス。

逆求人型サイトとして最大手のサイトですが、実際に利用することで内定を獲得することができるのか知りたい人は多いはずです。

 

そこで本記事では利用者の声も元に、オファーボックスを活用して内定を獲得することができるのかを徹底解説します。

 

また具体的な内定の獲得方法についても解説するので、ぜひ参考にしてくださいね! 

オファーボックス(Offerbox)とは?

f:id:shukatu-man:20200526112308p:plain

 

オファーボックスは企業側から就活生にオファーが届く逆求人型サイトの最大手です。

就活に特化しているので、就活生の利用者は非常に多い。

 

20卒と21卒を合わせて約16万人が利用しています。

毎年の就活生が約40万人。

 

よって20卒と21卒を合わせた80万人のうちの16万人が利用。

いかに多くの就活生が利用しているのか分かりますよね!

 

具体的に言うと、20%の就活生が利用しています!

(16万人÷80万人×100=20%)

 

f:id:shukatu-man:20200526113152p:plain

逆求人型サイトは企業が就活生のプロフィールを読んでオファーを送るタイプの求人サイトのことです。

 

オファーボックス(Offerbox)で内定を獲得できるのか? 

f:id:shukatu-man:20200527011900p:plain

ではこうした逆求人型サイトで内定を獲得することができるのか?

 

オファーボックスきっかけで入社が決まったらもらえる「内定祝い金」に関するツイートと、内定の獲得報告に関するツイートを見ていきましょう。

 

オファーボックスから内定祝い金がもらえる

 

実はオファーボックスをきっかけとして内定を獲得して入社が決まった場合、「10000円のアマゾンギフト券」が届くんですよね。

 

ツイッターには以下のような投稿がありました。

要するにこの方はオファーボックスを経由した内定を獲得したということです!

 

 

この内定祝い金を得る方法ですが、オファーボックスの公式サイトから抜粋しました。

申請するだけなので、めちゃくちゃ簡単ですね。

 

【お祝いギフト申請方法】

  1. WEBページ・アプリいずれかより「お祝いギフト申請」ページをクリック
  2. 必要事項を入力後、「ギフトを申請」をクリック
    (企業への確認を終了後、40日以内にOfferBox事務局よりメールにてAmazon ギフト券番号を送信します。)

引用:オファーボックス「入社することが決まるとAmazonギフト券1万円分が貰える

 

この内定祝い金に関するツイートは他にも多数ありました。

これらを裏返すと、オファーボックスで内定を獲得できるってことですね。

 

▼オファーボックスから内定祝いをもらったという声

 

オファーボックス経由の内定獲得報告

 

続いて、オファーボックスを経由した内定報告を見ていきましょうか。

これらを見ると、オファーボックスから実際に内定が出ることが分かります。

 

 

結論!オファーボックスから内定は出る!

そもそも内定が出ないなら、オファーボックスは運営できていません。

企業側が利用料を払うのは、“実際に就活生を採用できるから”ですよね。

 

オファーボックスがこれほど利用する就活生も企業も多いのは、実際に内定が出るからで間違いありません。

 

僕の知り合いの就活生もオファーボックスを経由して内定を2社獲得したそうです。

これらを踏まえると、オファーボックスを利用して内定を獲得することは間違いなくできると言えますね!

 

就活生のツイートや利用企業数を考えても、実際に内定が出ることは間違いないんですね。

そうだよ。もちろん内定が出るか出ないかは“人による”から評価されるために努力することは必須だけど! 

オファーボックスの利用方法

f:id:shukatu-man:20200527145359p:plain

オファーボックスから内定が出ることが分かったところで、利用方法を簡単に紹介しますね。

 

ちなみにオファーボックスを利用するのは完全無料です。

内定が決まったらお金を払わないといけないとかもありません。

 

また他の就活サービスでたまにあるように、電話がかかってきたりしません。

メールも本当にたまに来るぐらいなので特にデメリットはないですよ。

 

オファーボックスの会員登録の流れ

 

それでは具体的に会員登録の方法を紹介します。

登録自体は1分ほどで終わります。

 

公式サイトに移動して会員登録をクリック

OfferBox公式サイト 」へ移動して、【まずは会員登録する】をクリックする。

f:id:shukatu-man:20191119120419p:plain

入力項目を入力して仮登録をする

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して仮登録が完了します。

f:id:shukatu-man:20191118132445p:plain

 

登録確認メールから本登録を完了させる

「登録確認メール」が届くので、そちらから登録を完了させることで完了。

 

会員登録が完了したら、プロフィールを入力していきましょう。

入力率が80%を超えてから企業からのオファーが届くようになります。

 

具体的なオファーが届きやすいプロフィールの入力方法などは別記事で解説しました。

オファーボックスをフル活用するためにも、ぜひそちらも参考に!

 

  

オファーボックス(Offerbox)経由の内定率について

f:id:shukatu-man:20200527011845p:plain

 

この章からは「オファーボックスからの内定」に関して、より詳しい解説をしていきます。

よく就活生から「オファーボックス経由の内定率はどのぐらいですか?」という質問が来ます。

 

要するに「オファーボックス経由のオファーの内定期待値はどのぐらいか」ということですね。

 

これに関しては、もちろん個人によりますし、オファーボックスの方でもデータは公開していません。

よってオファーボックス経由で得られる内定率は分からないですね。

マイナビやリクナビでもこうした内定率はわかりません。

 

でも企業側が「この子は自社に合う」と考えてオファーを送ってくれているから、通常のエントリーよりは内定の期待値は高いよ!

たしかに、企業側からアプローチされるわけですから期待できますよね!

オファーボックス(Offerbox)で内定を獲得するためのポイント

f:id:shukatu-man:20200527011855p:plain

 

内定率はわからないけど、内定を獲得できる可能性を上げることはできます。

オファーボックスでの内定を獲得するためにすべきことは以下の3つです!

 

  1. 人柄が分かるような写真を掲載すること
  2. 自己PRで自分が会社でどう貢献できるのかをアピールすること
  3. 3つのキーワードの入力でしっかりと個性を出すこと

 

①人柄が分かるような写真を掲載すること

 

まずオファーボックスで登録する写真はめちゃくちゃ重要。

人事側も暇じゃないので、1人1人のプロフィールを熟読するわけじゃない。

 

町中のポスターと同じように、ぱっと目をひくことが重要ですよね。

そうしないとそもそも読んでもらえない。

 

そこで自分の人柄がしっかり分かり、かつインパクトを残せると良いでしょう。

僕ならこんな感じの写真を掲載します。

 

f:id:shukatu-man:20200527150955p:plain

 

あ、これ僕ですw

(なんでこんなに不機嫌そうな顔しているのかは不明です...。)

 

こうして「画像の中に文字を入れる」という手法はわかりやすいですよね!

プロフィール文の中に、「アクティブそうと言われるのですが趣味は一人映画です」と書いて、それに関連した写真を載せます。

 

写真は相手に与える情報量が多いツール。

その重要性を理解して、写真1つから工夫するように心がけてください! 

  

②自己PRで自分が会社でどう貢献できるのかをアピールすること

 

続いて、自己PRには徹底的にこだわってください。

これはオファーボックスに限ったことじゃない。

 

通常のエントリーシートや面接でも、自己PRへのこだわりは内定の獲得率に大きく関係してきますよ。

 

自己PRの具体的な作成方法については、別記事にゆずります。

ここで簡単に解説すると、「自分のどのような能力が具体的にどう会社に貢献できるのか」まで踏み込んで記載できると良いですね。

 

ほとんどの就活生は「自分にはこんな能力があります!こんな人ですよ!」までしか書けていない。

それが具体的にどう役立つのかを丸投げしている状態なんですよ。

 

ぜひ「それが具体的にどう役立つのか」まで踏み込みましょう。

「だから私を雇わないと損ですよ!!」と強気にいきましょう!!

 

 

③3つのキーワードの入力でしっかりと個性を出すこと

 

オファーボックスにはプロフィールとして3つのキーワードがあります。

オファーボックスの運営企業の担当者さんに聞いたところ、企業側はここをよく見るそうです。

 

f:id:shukatu-man:20200527151741p:plain

 

まさに自分の個性をアピールできる入力項目ですよね!

ちなみに僕なら以下の3つのキーワードを設定します。

 

・発想力モンスター(大学時代に3冊もアイデアノートを書く)

・スタバ大好き人間(明るそうに見えて根はインドア)

・夢は親戚全員を幸せにすること

 

自分の個性を表現しつつ、興味をひく言葉に変換する。

それが僕のやり方です。

当たり前のこと当たり前に書いても他人の興味を引くことはできませんからね! 

 

ちなみに上の3つのキーワードを当たり前の表現にしちゃうとこうなります。

 

【当たり前の言葉で言った場合】

・発想力に自信があります

・スターバックスで過ごす時間が好きです

・将来、自分の親戚を全員幸せにしたいと考えています

 

表現を変えただけで、受ける印象が大きく変わる。

これが文章のおもしろいところですね!

 

オファーボックス(Offerbox)経由で内定辞退もできるのか?

f:id:shukatu-man:20200527011849p:plain

 

最後に、オファーボックス経由での内定は辞退できるのか?という質問に解答します。

結論から言うと、当然内定辞退をすることは可能です。

 

そもそもどんなサイトを使おうが、内定辞退できないってことはありません。

基本的に「入社の2週間前までは内定辞退することが可能」なんですよね。

 

これは民法に定められていることです。

 

【民法627条・第1項】

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

引用:電子政府の総合窓口

 

もちろん入社の2週間前に辞退するのは大迷惑。

内定辞退する場合は早めに連絡するようにしてください。

 

ちなみに内定辞退は電話でするようにしてください。

内定辞退を電話でする方法については、以下の記事でまとめています。

 

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

オファーボックスでの内定獲得についての理解ができたと思います。

 

逆求人型サイトは、マイナビやリクナビと併用して利用すべきです。

就活ではとにかく「企業選び」が本当に難しい。

 

そんな中で、企業側からオファーがもらえるのは嬉しいですよね。

企業から興味を持ってもらえるプロフィール作りは、この就活攻略論を読んでいるあなたならきっとばっちりでしょう。

 

他の就活生と差別化し、ぜひバンバンオファーをもらってください!

応援しています!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。