MENU

【オファーボックスの返信方法】テンプレや返信が来ない場合の対応方法を共有!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

 

今回の記事では、オファーボックスの返信の方法についてバシッと解説していきます!

(返信内容のテンプレや返信時の注意点も共有するよ!)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました!» 求人一覧を見る

 

オファーボックスを利用していると、企業からオファーが届きます。

それが気になる企業だった場合、選考に進むために返信する必要がある。

 

その時にどんな返信メッセージを送れば良いか迷いますよね。

また返信したけど、その返信が企業から来ない場合も対応に悩むでしょう。

 

そこで本記事ではオファーボックス内での返信に関して解説します。

オファーボックスを100%活用するためにも、ぜひ参考にしてください! 

 

企業への返信ってどうすればいいのか悩んでしまうのでぜひ知りたいです!

今回は、オファーを受けるときや断るときなど場面ごとにテンプレ付きで返信内容を解説していくよ!

オファーボックスのメッセージはすべて返信すべきか?

 

「オファーボックスのメッセージにはどこまで返信すべき?」と悩む人も多いかと思います。

オファーボックスで届いたメッセージは、基本的にはすべて返信しましょう。

オファーボックスでは主に以下のような場合にメッセージのやり取りが必要です。

 

【オファーボックスで発生するメッセージのやり取り】

  • オファーに関する連絡
  • インターンや会社説明会の案内
  • 選考に関しての案内

 

どのパターンでもていねいに返信することで、企業にも良い印象を与えられます。

とくにオファーボックスでは、オファーを一斉に送れない仕組みになっています。

つまり、企業側は本当に興味のある就活生にのみ厳選してオファーを送るのです。

 

時間を割いてオファーを送ってもらった分、こちらも誠意を持って対応することが大切。

オファーを受ける場合でも、断る場合でもきちんと返信しましょう。

 

一斉送信で大勢の学生にオファーを送ってるわけじゃないんですね…!

オファーボックスはオファーを送れる数が決まっているんだ。その中で本当に興味のある学生にだけオファーを送っているんだ。だからこそ、就活生側も丁寧に返信することが大切だよね。

オファーボックスで届いたオファーへの返信のポイント

f:id:shukatu-man:20200526161050p:plain

 

オファーボックスでメールが届いた時はしっかりと返信マナーを押さえましょう。

企業側からすると、返信から選考は始まっています。

 

そこでマナー関連でマイナス評価されるのは勿体ないですよね。

ここで紹介する返信ポイントをまずは押さえてください!

 

【オファーボックスでメッセージを返信するときのポイント】

  • 24時間以内(営業時間内)に返信する
  • 誤字・脱字をチェックする
  • 志望度の高さを示す

 

返信のポイント① 24時間以内(営業時間内)に返信する

 

メールの返信はできれば24時間以内にすべきです。

しかし、24時間以内とはいっても深夜は避けましょう。

 

何日か経ってから返信すると、企業にマイナスな印象を与えてしまいます。

「この子は対応が遅いタイプの子か...」と。

 

そして、できるだけ営業時間内に返信してください。

営業時間内であれば企業も確認しやすいですし、すぐにやりとりをすることも可能です。

 

返信のポイント② 誤字・脱字をチェックする

 

返信をする前に、必ず誤字・脱字をチェックするのも忘れてはいけません!

特に、相手の名前を間違えてしまった場合などには、相手にとても不快な思いをさせてしまいます。

 

返信のポイント③ 志望度の高さを示す

 

オファーに対する返信から志望度の高さを示すことは有効です。

「とりあえずオファーを受けて選考してみます」という姿勢は微妙ですよね。

 

それよりも、「知らなかったけど、事業内容を見てすごい興味が湧きました!!」という返信の方がその後の選考が有利に進みます。

 

【補足】逆求人サイトは複数を併用するのがおすすめ!

 

オファーボックスのような逆求人サイトは、いくつかを並行して利用するのがおすすめです!

理由は以下の3つ。

 

【逆求人サイトを併用すべき理由】

  • オファーボックスだけでは企業を網羅しきれないから。
  • プロフィール入力以外の手間がなく、効率的に企業選びができるから。
  • 就活で最も手間がかかる”自分に合った企業探し”を効率化できるから。

 

他の逆求人サイトも同時に利用することで、オファーボックスでは出会えない企業と繋がれる可能性が高まります。

逆求人サイトはプロフィールを入力すればあとは待っておくだけなので、複数を併用しても一気にやるべきことが増えて忙しくなる!なんてこともないんですよね。

「自分に合う企業が見つからない…」と疲弊している就活生は、いくつかの逆求人サイトに登録してみてください!

 

僕はこれまで100以上の就活サイトを見てきましたが、中でもオファーボックスと併用するのがおすすめなのは「キミスカ」です。

キミスカは、大手企業のグループ会社など穴場企業が多いのが魅力。

サイトの使いやすさもピカイチです!

 

効率よく就活を進めたい人は「オファーボックス 」と「キミスカ」の2つの逆求人サイトは必ず登録しておきましょう!

オファーボックスとキミスカについては、以下の記事で評判や違いを詳しくまとめているので気になる方はぜひ読んでみてください。

 

 

返信する時間帯って大事ですよね。

メッセージを返信する時間帯は基本的に営業時間内がベター。これは社会人になってからも大事なマナーだから覚えておこうね!

オファーを受ける場合の返信の仕方とテンプレ

f:id:shukatu-man:20200531140945p:plain

 

それでは届いたオファーへの返信の仕方を解説していきます。

またテンプレも紹介するので、自分なりにアレンジしてぜひ利用して下さい!

 

オファーボックスからのオファーを受ける場合の返信のテンプレ

 

オファーを受ける場合の返信のテンプレを紹介します。

 

【オファーを受ける場合の返信のテンプレ 】

 

◯◯株式会社

人事ご担当△△様

 

初めまして、◇◇と申します。

この度はお忙しい中、スカウトのご連絡をいただき誠にありがとうございます。

 

貴社の求人内容を拝見させて頂き、〜〜(相手企業の業務内容や職種に感じる魅力を伝える)、とても魅力を感じております。

貴社にて、私の□□の経験と××の能力を活かして貢献したいと考え(簡単な自己PRと志望動機)、応募をさせていただきました。

 

ぜひ一度、面接の機会をいただきたく存じますので、

差し支えなければ今後のスケジュール等をご教授いただけますでしょうか?

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(氏名)

 

オファーボックスからのオファーを受ける場合の返信内容

 

オファーボックスからのオファーを受ける場合には、記述すべき点が4つあります。

 

【オファーを受ける場合の返信の内容】

  • スカウトしてもらったことに対するお礼
  • オファーを受ける意思があるということ
  • オファーを受けようと思った理由や志望動機
  • 簡単な自己PR&質問

 

スカウトしてもらったことに対するお礼

返信メールの冒頭には、必ずスカウトしてもらったことに対するお礼を言いましょう!

あくまでも「応募させていただく側」だということを忘れずに、敬意を持って記述しましょう。

 

オファーを受ける意思があるということ

企業にお礼を伝えた後には、オファーを受ける意思があるといった「結論」を書くことが大切です。

結論を先に書かないと、企業からしても何が言いたいのかわからない文章になってしまいます。

企業に無駄な時間を取らせないためにも、最初に結論を書きましょう!

 

オファーを受けようと思った理由や志望動機

オファーを受けるという意思を伝えたら、なぜ受けようと思ったのかという理由や企業に対する志望動機を伝えましょう!

企業も、あなたがなぜオファーを受けることにしたのか気になります。

 

そして、志望動機を伝えることによって、相手へ熱意を伝えることもできるので必ず記述しましょう!

 

簡単な自己PR&質問

メールの最後には、簡単な自己PRや質問を加えるとさらに良いです!

面接だけでなく返信でアピールすることができますし、質問をすることで企業に対する興味を示すこともできます。

 

少し工夫をするだけで周りの就活生と差をつけることができ、就活を有利に進めることもできるのでおすすめです!

 

オファーを受けようと思った理由など伝えると、より意欲も伝えられますね!

そうなんだ!多くの人は「ありがとうございます。よろしくお願いします。」で終わってしまうけれど、そこで少し工夫した内容を返信するだけでも印象に差をつけられるよ!

オファーを断る場合の返信の仕方とテンプレ

f:id:shukatu-man:20200531140939p:plain

 

続いては、オファーボックスから届いたオファーを断る場合の返信の仕方とテンプレをご紹介します。

 

オファーボックスからのオファーを断る場合の返信のテンプレ

 

オファーを断る場合にも失礼にあたらない返信のテンプレを紹介します。

 

【オファーを断る場合の返信のテンプレ】

 

◯◯株式会社

人事ご担当△△様

 

初めまして、◇◇と申します。

この度はお忙しい中、スカウトのご連絡をいただき誠にありがとうございます。

 

大変申し訳ございませんが、熟考の結果、今回の貴社からのスカウトへの応募は、辞退させていただきたく存じます。

 

また何かご縁がございましたら、そのときは何卒よろしくお願いいたします。

末筆ですが、貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。

 

(氏名)

 

たとえオファーを断る場合でも丁寧に断ることで、今後につながる可能性もあります。

いつどこで断った先と再び関わることになるかわかりません。

就職をしてから意外な共通点があり、関係性を深めていく場合もあるかもしれません。

 

もしオファーを適当に断ってしまっていると、断った企業があなたのことを覚えていて関係を深める事ができなくなってしまいます。

なので、オファーを断る際にも必ず丁寧に断りましょう!

 

オファーを断る場合の返信内容

 

オファーを断る場合にも、返信時に記述すべき点が3つあります。

オファーを受ける場合と少し異なる部分がありますが、基本的な文章は一緒です。

 

【オファーを断る場合の返信の内容】

  • スカウトしてもらったことに対するお礼
  • オファーを辞退する意思を伝える
  • 相手への配慮

 

スカウトしてもらったことに対するお礼

オファーを受ける場合と同じく、オファーを断る場合にも必ずスカウトしてもらったことに対するお礼を記述しましょう!

仮にオファーを断ったとしても、企業があなたに興味があることを示してくれたことに変わりはないので、感謝の意味も込めてしっかりとお礼をしましょう!

 

オファーを辞退する意思を伝える

オファーを受ける場合と同じく、お礼をしたらオファーを辞退するという結論を先に記述しましょう!

ここでの注意点は、「しっかりと考えた結果オファーを断る結果に至った」ということを伝えることが大切です。

 

相手への配慮

意外と忘れがちなのが、相手への配慮です。

企業もあなたのためにスカウトメールを送っているため、少なからずあなたに対して労力を使っています。

 

それを断っているので、相手への気遣いを忘れないようにしましょう!

 

断り方ってとても難しかったので参考になりました!

断るのって気まずいよね。上記の内容を参考に、相手を配慮したメッセージを送ってみてね。

企業側から返信がこない場合の対応方法

f:id:shukatu-man:20200531140934p:plain

 

スカウトを受けて返信をしても、返ってこない場合があります。

もし返信が返ってこない場合にはどうすれば良いのでしょうか?

その時の対応方法をこの章で解説しますね!

 

追加でメッセージを送る場合のテンプレ

 

最低限のビジネスマナーを意識した、追加メッセージを送る場合のテンプレを紹介します。

 

【追加でメッセージを送る場合のテンプレ】

 

◯◯株式会社

人事ご担当△△様

 

◯◯日に御申込書をメールにてお送りし、ご返送をお願いしておりましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。

◯◯日までにいただかないと作業に着手できないため、ご指示の納期に間に合わない可能性がございます。

 

念のため御申込書を再送いたしますので、ご確認をお願いできますでしょうか。

なお、すでにご返送いただいていた場合は、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 

(氏名)

 

企業も多くのメールを扱っているため見逃してしまうこともあります。

返信が来ない場合には追加でメッセージを送りましょう!

 

追加でメッセージを送る場合にも、相手に失礼がないように注意が必要です。

 

追加でメッセージを送る場合の内容

 

追加でメッセージを送る場合は、以下の5つを記載しましょう。

次のことを意識することで、相手に失礼がない追加メッセージを送ることができます。

 

【追加でメッセージを送る場合の内容】

  • いつ、どのような用件で連絡をしたのか
  • 対応してほしい期限を提示
  • 催促している理由
  • 資料を送っている場合には再度送付
  • 行き違いを考慮した文を添える

 

それでもこない場合は対応するのをやめる

 

追加でメッセージを送って、一週間ほど経っても対応がない場合には対応を辞め、辞退することをおすすめします。

 

返信がない企業などは管理が疎かなため、今後も何かしらのトラブルが起こる可能性が高いです。

できるだけそのような企業は避け、しっかりと対応してくれる企業の中から選択しましょう!

 

企業から返信がないと不安になってしまいます。

そうだよね。そんな時は上記のように、さまざまな相手の状況を考慮したメッセージを送ろう!

オファーボックスの返信についてよくある質問

 

最後に、オファーボックスの返信についてよくある質問と回答を共有します!

疑問点がある人はぜひ参考にしてください。

 

【オファーボックスの返信についてよくある質問】

  • 届いたオファーにはいつまでに返信しなければいけないの?
  • 不採用になった企業からオファーが届いた場合は返信すべき?
  • オファーを承諾したあと取り消しできる?

 

質問① 届いたオファーにはいつまでに返信しなければいけないの?

 

オファーボックスで届いたオファーには、7日以内に返信しましょう。

受けるか断るか迷ってしまうこともあるかと思いますが、7日以上放置していると「自動取り消し」になってしまいます。

 

しっかり企業情報を調べた上で受けるかどうか決めたい!という人もいるでしょう。

ただ、せっかく届いた貴重なオファーですので、取り消しになってしまう前には受けるか辞退するかを決めることをおすすめします。

 

質問② 不採用になった企業からオファーが届いたときは返信すべき?

 

一度不採用になった企業からオファーが届くと気まずいですよね。

ただ、オファーを承諾しなければ企業側は学生の名前など、詳細な情報を見ることができません。

よって、不採用になった企業からもオファーが届いてしまうことも。

 

不採用になった企業からオファーが届いた場合は、「辞退」を選択しましょう。

辞退を選択した上で、「選考を受けたことがある」にチェックを入れればOKです。

無理にメッセージを返信する必要はありませんよ。

 

質問③ オファーを承諾したあと取り消しはできる?

 

オファーを承諾しても、「やっぱり辞退したい」と思うこともあるでしょう。

オファーボックスでは一度承諾したあとでも、取り消すことができます。

承認を取り消す手順は以下のとおり。

 

【オファーの承認を取り消す方法】

  1. 承認済みリストorトップページのオファー企業のロゴをクリック
  2. 「オファー」のタブをクリック
  3. 画面下の「オファー承認の取り消し」をクリック
  4. メッセージを入力して送信

 

企業側は採用計画を立てて選考を行なっているため、取り消すのであれば早めの対応が必要です。

また、一度承認した上で取り消すのでただ「取り消し」をクリックして終わりではなく、礼儀としてメッセージを送りましょう。

 

上記でご紹介した「オファーを断る場合のテンプレ」を参考にして、誠意のあるメッセージを作成してみてくださいね。

なお、オファーを一度辞退すると同じ企業からのオファーは受けられないので、その点も覚えておきましょう。

 

オファーに返信するのにも期限があるんですね!

そうなんだ!7日以降は取り消しになってしまうから、今回の内容を参考にオファーへの返信は早めにしよう。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

オファーボックスでの返信方法について理解できたと思います。

 

企業との最初の繋がりである「返信」から戦略的に取り組みましょう。

オファーボックス経由で内定を獲得することはできます。

 

逆求人型サイトをうまく活用することは、就活において非常に重要。

ぜひ今回の記事を参考に返信してくださいね!

 

ちなみに、この記事を読み終わったら「オファーボックスで内定は獲得できるのか?【獲得ノウハウを解説】」も読んでみてください。

オファーボックスで内定を獲得するためのポイントをまとめています!

 

逆求人サイトではオファーが届いたからといって、内定というわけではありません。

オファーを内定につなげるためのポイントを詳しく解説しているので、オファーボックスからの内定を目指している人はしっかり読みこんでくださいね!

 

では最後に本記事の要点をまとめて終わりましょう。

 

【本記事の要点まとめ】

  • オファーボックスで届いたメッセージは基本的にすべて返信すべき。
  • オファーボックスで返信するときは「24時間以内(営業時間内)に返す」「誤字・脱字をチェックする」「志望度の高さを示す」の3つのポイントが大事。
  • オファーを受けるときには「お礼」「受ける意思の表示」「受ける理由や志望動機」「簡単な自己PR&質問」を記載する。
  • オファーを断る場合は「お礼」「辞退する意思表示」「相手への配慮」を記載する。
  • 返信がこず追加でメッセージを送る場合は「いつ、どのような内容で連絡したのか」「対応してほしい期限」「催促する理由」「資料は再送付」「行き違いを考慮した文を添える」の5つを記載する。
  • オファーボックスで届いたオファーは7日過ぎると自動で取り消しになるので早めに対応する。
  • オファーボックスだけでなくキミスカなど他の逆求人サイトを併用することで就活を効率化できる。

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/