就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己PRがない就活生必見】誰でも5ステップで作成できる方法!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己PRを作成したい

・自己PRできるような話題がなくて困っている

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!手羽先の食べ方が日本イチ上手いと自称していますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190226133937p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば自己PRがないという就活生でも、誰もが自己PRを作成することができます。

 

就活では「自己PR」を伝えないといけない場面は多いですよね!しかし、自己PRできるようなことがなくて困っています。

なるほど!自己PRできることなんて何もないと困っている就活生は多いよね。

しかし悩んでいても何も始まりません。自己PRを作成する方法は何かありませんか!

自己PRがないと悩んでいる人は、自分だけで「何かアピールできることはないか」と考えているから何も浮かばないんだよ。客観的データを元にした自己PRの作成方法があるから紹介するね!

 

自己PRがないという就活生はゼロから考えようとしすぎている

 

自己PRがないと悩んでいる就活生は非常に多いです。

僕の公式LINE@は現在2500人が登録しており、悩みを送ってくる人も多いのですが、その中でも「自己PRがないです!」という悩みが目につきますね。

(現在LINE@での個別相談は受け付けておりません。)

 

しかし自己PRがないと悩んでいても、当然何も始まりません。

自己PRがないと悩んでいる原因が明確にあるので、まずはそれを解説します。

 

自己PRとは「自分のアピールできる能力」である

 

ここではわかりやすいように、自己PRを「自分のアピールできる能力」と言い換えておきましょうか。

例えば笑顔に自信がある人は、「笑顔・明るさ」という能力が自己PRになるでしょう。

何か自分のアピールできる能力があれば、それが企業の役に立ちますよという形で自己PRに変換することができるのです。

 

よってまずは「自己PR=自分のアピールできる能力」ということを押さえてください。

 

自分のアピールできる能力は褒められることで自覚できる 

 

自己PRが「自分のアピールできる能力」と言い換えることができれば、そもそも自分の能力を自覚していないから、自己PRがないと悩んでいるということになりますよね。

 

そして、ここで重要なことは「自分のアピールできる能力は他人から褒められることで自覚できる」という視点です。

例えば先ほど例に出した「笑顔や明るさがアピールできる能力である人」は、必ず日常の中で「笑顔が素敵だね!」「元気が良いね!」と褒められた経験があるはずです。

そういった他人から褒められるという体験によって、自分のアピールできる能力は認識できるんですよね。

 

他人から褒められたことがないのに、「あれ?私って笑顔素敵なんじゃね?」と自覚することはほとんどありません。人間は他人から認められることで、自分のことを認めるという性質がある生き物ですから。

 

よって「自己PRがない!」と悩んでいる人は、ただ単に「他人から褒められた能力を覚えていない」というだけの話なのです。

そもそも20年以上生きてきて、アピールできる能力がゼロの人は存在しません。極論をいえば、「よくご飯を食べること」や「他人を疑って生きていること」なども能力です。短所と長所は裏表なので、どんな人にも能力があるのです。

 

自分のアピールできる能力(=長所)を適性検査であぶり出す

 

ここまでの説明がわかれば、「自分のアピールできる能力」を自分で悩んでいても見つからない理由がわかったと思います。

なぜなら、「自分のアピールできる能力」は他人から褒められることで自覚できることだからです。

 

「自己PRすることがないと悩んでいる」

 

↓ それはつまり

 

「自分のアピールできる能力が見つからない」

 

↓ なぜなら

 

「自分の能力は自分ではなく他人から褒められることで自覚できるものだから」

 

よって、悩んでいても仕方ありません。

あなたのアピールできる能力を、無理やりあぶり出す必要があるのです。

その方法として僕は「適性検査」を使用します。

 

「自己PRすることがないと悩んでいる」

 

↓ それはつまり

 

「自分のアピールできる能力が見つからない」

 

↓ なぜなら

 

「自分の能力は自分ではなく他人から褒められることで自覚できるものだから」

 

↓ ではどうすれば見つかる?

 

「適性検査によって無理やりアピールできる能力をあぶり出し、自分の能力を自覚する」

 

よって自己PRがないと悩んでいる人がまずすべきことは、「適性検査を受けて自分のアピールできる能力を自覚すること」から始まります。

それによって自己PRする主軸(=能力)を決めてしまえば、後はエピソードを加えたり、自分の考えを加えるだけで素晴らしい自己PRが完成します。

 

そんな自己PRの作成方法を5つのステップで次の章でまとめたので、具体的な作成方法を見ていきましょう。

 

そもそも自己PRに必要な「自分のアピールできる能力」を自覚していないから、自己PRがないと悩んでいたということですね。

その通り!もしも他人から素晴らしいと褒められる能力が最初から自覚できていれば、そもそも「自己PRがない!」と悩むことはないはずなんだよね。

たしかにそうですね。英語ができる人は、英語力を褒められて自覚していますし、コミュニケーション力がある人も、「◯◯くんは話しやすいね!」と褒められることで自覚するでしょうし。

まさにその通り。だからこそ適性検査などを利用して、自分の能力をあぶり出して自覚することが必要なんだよ!

 

自己PRがない就活生がすべき5つのステップ

f:id:shukatu-man:20190226141740p:plain

 

ではここからは具体的な自己PRの作成方法を紹介します。

先ほど説明した通り、「自己PRがない!」と悩んでいる人は、自分のアピールできる能力が自覚できていない状況にあります。

しかし誰でもアピールできる能力はあります。それをまずは適性検査によってあぶり出しましょう。

下記の5つのステップによって、自己PRが完成するように設計しました。

 

▼自己PRがない就活生のための自己PR作成法

f:id:shukatu-man:20190226133931p:plain

①適性検査を受けて突出した「能力」を把握する

②その能力の裏付けとなる出来事を絞り出す

③その能力の重要性を考えてみる

④「能力+裏付けとなる出来事+重要性」を並べる

⑤締めの言葉で自己PRを完成させる

 

①適性検査を受けて突出した「能力」を把握する

 

まずは「適性検査」によって、自分のアピールできる能力をあぶり出します。

使用するツールは就活攻略論で最もおすすめしているキミスカが提供している適性検査です。

 

キミスカの適性検査は無料かつ15分で完了し、7項目のデータを取得することができるのですが、その中の「職務適性」のデータを今回は利用します。

下記は僕が実際に受けたデータなので、一度ご覧ください。

 

▼適性検査によって取得した職務適性データ

f:id:shukatu-man:20190226142848p:plain

 

こちらのデータを見ると、僕の場合は下記の3つの項目の得点が高いですよね。

・フットワークの軽さを必要とする職務

・過去に事例のない新しい職務

・企画力や創造力を必要とする職務

 

これら得点の高い「職務適性」はすべて、「◯◯力」という能力に変換することができます。

・フットワークの軽さを必要とする職務

→フットワークの軽さ(という能力)

・過去に事例のない新しい職務

→過去に事例のないことへの挑戦力

・企画力や創造力を必要とする職務

→企画と創造力

f:id:shukatu-man:20190226142842p:plain

 

今回、僕は3つの能力の中から「企画と創造力」を自分のアピールできる能力として決定し、自己PRの作成を進めていきますね。

このような手順でまずは自己PRの主軸を決定しましょう。

 

ではこの適性検査の受け方を簡単に説明します。

 

【適性検査の受験方法(所要時間:15分・完全無料)】

①下記からキミスカさんへ訪問し、会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果を見ることができます。

(一度受験してしまえば、いつでも検査結果を表示することができますよ。)

 

②その能力の裏付けとなる出来事を絞り出す

 

今回、僕は自分のアピールできる能力を「企画と創造力」と決定しました。

次にするべき手順は、この能力の裏付けとなる出来事を絞り出すことです。

 

自分のアピールできる能力を決定した

その能力の裏付けとなる出来事を絞り出す

(面接官にその能力があることを納得させるため)

 

ちなみにこの出来事に関しては、どれだけ小さな出来事でも構いません。

例えば僕の場合は「企画と創造力」を裏付ける出来事としてはこんなことがありますね。

 

【自分のアピールできる能力の裏付けとなるエピソード】

 

・小学生の頃に寝る前必ず「自分が超能力者となったこと」を想像して妄想していた

・テレビのCMを見て自分だったらこんなCMにするという想像をしていた

・大学祭でカラオケ大会を企画実行した

・アイデア帳をスマホのエバーノートで作成している

 

このように裏付けとなるエピソードを1つでも挙げてください。

それが完了すれば、次のステップに進むことができます。

 

③その能力の重要性を考えてみる

 

次に面接官に「この能力はこんなに素晴らしいんですよ!」とプレゼンするために、自分のアピールできる能力の重要性を考えてみましょう。

 

僕の場合は、「企画と創造力」の素晴らしさを考えます。

この際に「なぜ〜は重要なのか?」という問いかけを3回繰り返すことで、深い重要性を語ることができるようになります。

 

なぜ「企画と創造力」は重要なのか?

どんなつまらない作業でもそれを面白くする方法を考えることで充実するから

なぜどんなつまらない作業でもそれを面白くする方法を考えることで充実することは重要なのか?

日常のどんな作業にもアイデアを組み込むことでより多くの価値を加えることができるから

なぜ日常のどんな作業にもアイデアを組み込むことでより多くの価値を加えることが重要なのか?

自分が行う全ての作業に価値を加えることで毎日が充実し、他人にも価値を与えることができるから

 

このように「なぜ〜は重要なのか?」を3回繰り返すだけで、かなり深い重要性を語ることができますよね。

 

また、自分が決定した能力に対してその重要性を語れるようにすることは非常に重要です。

なぜならどんな能力も、それが企業の役に立つということを伝えられなければ、つまり面接官が役立つことをイメージできなければ、不必要な能力だからです。

逆に「自分の能力」がこれだけ素晴らしい能力なんですよ、と面接官に伝えることができれば、あなたという人材を欲しますよね。

 

④「能力+裏付けとなる出来事+重要性」を並べる

 

ここまでできれば、もう自己PRは完成したも同然です。

次に「能力+裏付けとなる出来事+重要性」の順番で並べてみましょう。

 

【自分のアピールできる能力】

・企画と創造力

 

【裏付けとなる出来事】

・小学生の頃に寝る前必ず「自分が超能力者となったこと」を想像して妄想していた

・テレビのCMを見て自分だったらこんなCMにするという想像をしていた

・大学祭でカラオケ大会を企画実行した

・アイデア帳をスマホのエバーノートで作成している

 

【重要性】

・自分が行う全ての作業に価値を加えることで毎日が充実し、他人にも価値を与えることができる

 

これで自己PRの材料はすべて揃いました。

最後、5つ目のステップにて締めの言葉を付加することで自己PRが完成します。

 

⑤締めの言葉で自己PRを完成させる

 

自己PRの締めの言葉としては、「その能力を御社で役立てますよ!」というニュアンスの言葉であれば何でも構いません。

では実際に例文として、僕の自己PRを完成させましょうか!

 

【自己PRの完成例】

「私は企画と創造力を重要視して生きてきました。小学生の頃から寝る前には必ず「自分が超能力者となったこと」を想像することで創造力を伸ばし、今でもアイデア帳をスマホのエバーノートで作成しています。この能力によって、自分が行う全ての作業に価値を加えることできます。すると毎日が充実し、他人にも価値を与えることができるため、私はこの能力の重要性を非常に強く感じ、今後も伸ばしていこうと考えております。貴社に入社後も、若者がゆえの小さな気付きから創造力を活かして、価値を提供し続けることを約束致します。」

 

いかがでしょうか!

これを読んだ人事は「この子は創造力がありそうだな!」と強く認識しますよね。

そして、その企業が創造力や若者の企画力を求めている企業なら、必要とされ書類通過します。

この作成手順を使えば、本当に誰でも自己PRを作成できるので、ぜひ参考にしてください。何度も言いますが「自己PRがない!」と悩んでいるだけでは何も始まりませんからね。

 

自己PRがない人がすべき意識改革

f:id:shukatu-man:20190226152121p:plain

 

ここまでお疲れ様でした!

自己PRの作成手順に関しては理解できたと思います。

この章では自己PRがないと悩んでいる人に向けたポイントをいくつか紹介します。

 

当てはまる項目があるよ!という方はぜひ直してみてください。

小さな意識改革によって自己PRをすぐに作成できるようになりますからね。

 

大きな経験・大きな実績は必要ない

 

ほとんどの就活生が勘違いしているのですが、自己PRでは大きな経験、大きな実績が必要だと認識してしまっています。

しかし途中で僕が例に出した通り、「小学生の頃に自分が超能力者となったことを想像していた」という出来事さえも使用することができます。

 

新卒は「ポテンシャル採用」です。

つまり自社との適性の高さや、将来の可能性を考えて採用します。

一方の転職は「即戦力採用」です。

どんな実績があるのか、どんな能力があるのかを考えて採用します。

 

だからこそ大きな経験や実績は必要ありません。

どんな小さな出来事でも自己PRの材料になると考えるようにしましょうね。

 

自分の能力が企業のどんな仕事に活きるか考えてみる

 

次に少しテクニックを紹介します。

今回決定した「自分のアピールできる能力」が企業のどんな仕事に役立つのかを普段から考えてみてください。

 

僕の場合は「企画と創造力」を能力として決定しましたよね。

考えが浅い人は、この能力は「商品企画」で役立つと考えるでしょう。

しかし商品企画なんてのは、新卒がいきなりできる仕事ではありません。

 

よって入社後すぐにやるであろう仕事で、どう活かせるのかを考えるのです。

例えば、営業職では相手がどんな悩みを持っているのかを“創造”する必要があると思います。よって相手の悩みを理解し、解決する手段を考えることに創造力を活かすことができるでしょう。

これを面接で追加で伝えることで、人事は「この子は自社の仕事ができそうだな!」と可能性を感じるのです。

このプロセスがめちゃくちゃ重要で、これを考えれる就活生はほとんどいないので、ぜひあなたの能力をベースに企業にどう役立つのかを考えてみてください。

 

自己分析が足りていない可能性が高い

 

次に、僕は就活攻略論で「自己分析」の重要性を何度も唱えています。

本質的な自己分析をすることで、自己理解を進めることができるからです。

 

以前、ツイッターでもこのように発信しました。

「6時間で木を切れと言われたら、最初の4時間は斧を研ぐのに使うだろう。」
就活がうまくいかない人は具体的な作業からすぐに取り組む。ESを書いたり、企業を選んだり。しかし僕ならまずは自己分析を深める。なぜならすべてがスムーズに進むようになるから。

 

つまり、優秀な就活生はまず自己分析に力を入れます。

そもそも今回のように「自己PRがない!」と悩んでいる人は、自己分析が深くできていない可能性が高い。

よって、もう一度自己分析を深めて自己理解を進めることをおすすめします。

 

就活攻略論では8ステップで完了する自己分析法を紹介しており、僕としては日本で一番役立つ自己分析法になっていると自負しています。

(「自己分析 やり方」などの検索にて上位記事となっています。)

 

▼自己分析のやり方はこちら!

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

ぜひ自己分析を深めて、就活をスムーズに進めましょう。

すると自己PRだけでなく、面接対策でも悩むことが少なくなりますからね。

 

自己PRの例文集

f:id:shukatu-man:20190226152415p:plain

 

では本記事の最後に、自己PRの例文を紹介します。

就活攻略論では自己PRの15の例文を用意しているので、詳しくはそちらの記事を読んで頂きたいのですが、その記事から4つほど例文を紹介します。

 

【突破力をアピールする例文】

「私は世界イチ切れ味の良い槍よりもやると決めたことは突き通します。なぜやり抜くことを重要視しているのかと言うと、最後までやりきらなければ“失敗”だったのか分からないからです。私は不器用なので、やろうと決めたことをすぐに成功させることはできません。しかし最後までやり抜くことで成功に近づくと考えています。実際に大学時代から独学しているプログラミングでは、今ではアプリを作ることができるようになりました。この突き通す力をぜひ御社に活かしていきたいと考えております。」

【リーダーシップをアピールする例文】

「私は小学生から高校にかけて9年間学級委員をやるほどに目立ちたがりのリーダー基質だと自負しています。リーダーシップを発揮することで周りの士気を上げることで、自分だけでは得られない結果が出せると考えているからです。大学時代には大学祭、サークル、アルバイトすべてにおいてリーダーを立候補し、いかに周りの士気を上げることができるか試行錯誤してきました。この能力を活かし、御社を更に盛り上げていきたいと考えております。」

【流行への敏感さをアピールする例文】

「私は世界イチのサーファーよりも流行の波になら乗る自信があります。流行への敏感さは、今みんなが求めていること、興味があることへアンテナを立て、他者の考えを知る良い機会となります。実際に大学時代は月に10冊の雑誌を買い込んで、様々な分野の流行を追ってきました。ぜひこの能力を御社に活かして、時代の流れに乗ったアイデアや施策を打っていきたいと考えております。」

【人間関係の構築力をアピールする例文】

「私は初対面の人と30分で地元の友達のように仲良くなれます。すぐに人と親しくなれることで、多くの人の価値観や考えに触れることができると考えており、初対面の方との会話を通してこれまで自身の視野を広げてきました。具体的には他の学科の授業に参加する度に、知らない人と毎回友達になったり、バイト先ではお客さんと仲良くなることが非常に多かったです。この能力をぜひ御社で活かして、愛される人材になりたいと考えています。」 

 

他にも11の例文を用意しているので、もっと自己PRの例文を読みたいという方は下記の記事をご覧くださいね!

 

▼自己PRの例文15選はこちら!

» 【自己PRの例文15選】就活生が絶対チェックすべき自己PR集!

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

自己PRすることがないと悩んでいても何も始まりません。

本記事で説明したように、客観的データから自分の能力を客観視することで自己PRを作成するという方法があることをしっかり押さえておきましょう。

就活において自己PRをすべき場面は多いので、ここで作成してしまって後で楽をしましょうね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー