MENU

【5ステップ】既卒がハローワークを使って就活する方法を解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

f:id:shukatu-man:20210420150540j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

大学を卒業したけど、正社員にならなかった場合は既卒になります。

「ストレートで正社員になった同級生と比べて不利になるのでは!?」という不安を持っている人も多いでしょうが、既卒でも就活をする方法はいくらでもあります。

 

その方法の1つとして挙げられるのが、ハローワークの利用ですね。

ハローワーク(公共職業安定所)とは、国が運営する施設であり、企業側も無料で求人を出すことができるので多くの求人を紹介してもらうことができます。

 

そんなハローワークを使った既卒向けの就活方法をこの記事では解説します。

ハローワークを利用する場合は注意点も多いので、利用前に必ずこの記事を読み込むようにしてください。

(ハローワークを利用する際の細かい注意点もちゃんと説明していきますので)

そもそも「既卒」とは?|既卒の定義と第二新卒との違い

f:id:shukatu-man:20210402104116j:plain

 

まずは既卒の定義から押さえておきましょう。

既卒とは、大学や専門学校・高校などの教育機関を卒業後、正社員にならなかった人のことを指します。

明確な定義はありますが、卒業後3年以内の人のことを言うことが多いですね。

(ニートやフリーター、派遣社員など正社員になっていない人は全て含む)

 

既卒と似た言葉に、第二新卒という言葉があります。

第二新卒は「1度正社員になってから3年以内の転職を考えている人のこと」を指すので、"正社員経験の有無"という点で既卒とは区別することができます。

 

よって、まずは自分が既卒なのか、第二新卒なのか把握しておきましょう。

(正社員経験がなければ、既卒だと考えておいてください)

 

ハローワーク(公共職業安定所)とは?

f:id:shukatu-man:20210419113830p:plain

画像引用:ヤング・ジョブ・あいち「愛知新卒応援ハローワーク

 

続いて、ハローワークとは何かを説明しておきますね。

ハローワークとは、正式名称を「公共職業安定所」と言って、国が運営する施設です。

 

主な業務は、求職者に対して求人を紹介する仕事です。

これは「就活エージェント」と業務内容は同じですが、国が運営している点で、民間のエージェントとは異なると理解しておきましょう。

 

国が運営しているから良いというわけじゃない

 

ハローワークについて、特に注意しておかないといけない点が「国が運営しているから良いわけじゃないこと」ですね。

漠然と国が運営していると聞くと、めちゃくちゃ良い施設なのではないかと思いがちですが、そうではありません。

 

なぜそう言えるのか?

全ての理由はハローワークに対して、企業側が無料で求人を出せるからです。

 

【ハローワークが必ずしも良いと言えない理由】

 

無料で求人を出せるから...

儲かっていないブラック企業も求人を出せてしまう

 

無料で求人を出せるから...

人気のない求人がいつまでも残っている

 

無料で求人を出せるから...

企業に対して取材ができず求人情報は企業側が作ったものである

 

いかがでしょうか?

国が運営しているがゆえに利益を求めていない。

企業側の雇用安定に繋げるためにもハローワークは運営されているので、こうしたデメリットが出てしまうんですよね。

 

また、ハローワーク側は企業が「ハローワークに求人を出したい」と言えば、違法な会社以外は断ることができません。

これもブラック企業が集まる原因になっています。

 

個人的にはハローワークよりも就活エージェント+求人サイトがおすすめ

 

先に紹介したデメリットがあまりに大きすぎるがゆえに、僕はハローワークの利用をおすすめしていません。

まだ正社員経験のない既卒者が、そんなブラック求人が紛れこんだ中から自分に合う求人を探すのは至難の業だと考えているからです。 

 

(ちなみにハローワークでは、求人の紹介以外にも、社会人マナー講座や選考対策についてのセミナーを開催しているところもあり、それらには参加する価値があるとは思います)

 

ではハローワークを利用しないならどうすれば良いのか?

僕のおすすめとしては、就活エージェントと求人サイトの利用をおすすめします。

 

既卒におすすめの就活エージェント 

まず就活エージェントとは、面談を元にして求人を紹介してくれる民間企業が運営する無料サービスです。

しっかり企業側から利益を取っているので、そもそも採用費をかけられるような企業の求人しか保有していない点が魅力です(ここがハローワークとは大きく異なる!)

 

既卒におすすめの就活エージェントを「既卒におすすめの就活サイトランキング【1位〜15位】」の記事に15位までまとめましたが、その上位2つが以下です。

 

【既卒の就活に強い就活エージェント】

 

ウズキャリ|書類通過率が驚異の87%超えと支援が手厚い
(対応エリア:東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄、オンライン面談可能)

 

DYM就職|多数の求人を保有
(対応エリア:全国32拠点)

 

どちらも既卒の就活支援に特化しているので、担当者が既卒の就活に詳しいのが良いですよ。

(ハローワークの場合は、幅広い年代に対応しているので、既卒の就活に詳しくない担当者がつくことがあるのが懸念点でもあります)

 

既卒におすすめの求人サイト

就活エージェントを利用しつつ、自分でも求人は探していくべきです。

就活で重要なことは、他者に頼り切りにならないこと。

「入社してから合わなかった場合に、他人のせいにしないよう自ら動くこと」だと僕は考えています。

 

既卒者が求人を探すとなった時に、利用できるのは求人サイトですね。

直接企業の採用ページを探したり、合同説明会に参加する方法もありますが、明らかに効率が悪いので、既卒に特化した求人サイトから求人を探すことをおすすめします。

 

既卒に特化した求人サイトとして、最もおすすめなのは「Re就活」です。

既卒や第二新卒などの20代に完全特化しており、運営会社も東証一部の学情なので、安心して利用することができますからね。

 

使い方から利用者の評判まで「【Re就活の評判は?】利用者の評判からメリット・デメリットを解説する」にて詳しくまとめています。

求人サイトの使い方が分からないという方は合わせて参考にしてください。

 

なるほど!ハローワークは企業側も雇用の安定化も目的とされているから、無料で求人を出すことができる。よって質の低い求人が集まりやすいということですね。

まさにそのとおり。もちろん全ての求人が悪いわけじゃないから利用価値はあるんだけど、求人の質を見分けるのは至難の技だよね...。

ハローワークの担当者の求人1つ1つへの理解度も、就活エージェントと比べて圧倒的に低いから余計に...。

既卒がハローワークを使って就活をする方法|利用の流れ

f:id:shukatu-man:20210420150546j:plain

 

ハローワークで自分に合う質の高い求人を探すのは難しいです。

しかしながら、特に地方だと求人サイトには掲載されていないような、地元の求人を探すことができるので利用価値はあります。

 

ハローワークの懸念点を把握した上で、ハローワークを利用する場合の流れをこの章では解説していきますね。

既卒がハローワークを利用して求人を探す方法は以下の5ステップとなります。

 

【ハローワークの利用の流れ】

  1. 最寄りのハローワークがどこか検索する
  2. ハローワークの窓口で求職申し込み手続きをする
  3. ハローワークカードを受け取る
  4. 求人を検索して応募する
  5. 内定を獲得して入社手続きを進める

 

ステップ① 最寄りのハローワークがどこか検索する

 

まずは最寄りのハローワークがどこか検索しましょう。

厚生労働省のサイト内にある「全国ハローワークの所在案内」から、最寄りのハローワークの所在地がどこなのか検索することができます。

 

▼厚生労働省のホームページから所在一覧が調べられる

f:id:shukatu-man:20210419144544p:plain

 

他にもグーグルマップにて「ハローワーク」と検索すると、現在地から最寄りのハローワークを検索することができるので、こっちの方が早く調べられます。

 

まずはどのハローワークに行けば良いのか確認するところから始めてください。

求人の検索などは全国どのハローワークでも可能ですが、最初の登録や失業保険の給付だけは最寄りのハローワーク(管轄内のハローワーク)でしか対応できないので。

 

ステップ② ハローワークの窓口で求職申し込み手続きをする

 

続いて、ハローワークの場所を把握することができたら窓口に行きましょう。

ハローワークの営業時間は「平日(月曜〜金曜)の8:30~17:15」です。

 

ハローワークの窓口にて、「求人の紹介を受けるための初めての登録をお願いしたいです」と声をかければ、受付の人が説明してくれます。

窓口で最初にするのは、求職者申し込みという手続きで必要情報を記入していきます。

 

ハローワークに行く際の服装や持ち物について

ちなみにハローワークに行く際の服装は私服で構いません。

しかし、サンダルや過度なアクセサリーなどあまりにラフな格好は避けましょう。

また必要な持ち物も特にありません。

筆記用具もハローワーク側で用意されています。

 

ステップ③ ハローワークカードを受け取る

 

求職者申し込み手続きが完了したら、ハローワークカードを受け取ります。

ハローワークカードとは、氏名や担当窓口、求職者番号が書かれたカードです。

この求職者番号を使って求人の紹介など管理されます。

(自宅でハローワークの求人にアクセスする場合、この求職者番号の入力が必要になるのでなくさないようにしましょう!)

 

▼ハローワークカードのイメージ図

f:id:shukatu-man:20210419151119p:plain

2度目以降、ハローワークに行く際はこのハローワークカードを持参するようにしましょう。

ハローワーク側は求職者番号で管理しているので、スムーズに支援してもらえるので。

 

ステップ④ 求人を検索して応募する

 

ハローワークカードを受け取ることができれば、あとはハローワークに設置されているパソコンを使えば、その日に求人を検索することができます。

他にもハローワークで求人を紹介してもらう方法は複数あるので押さえておきましょう。

 

【ハローワークで求人を紹介してもらう方法】

  • 設置されているパソコンにて求人を自分で検索する
  • 窓口にて求人を紹介してもらう
  • ハローワーク内に掲示されている求人票からエントリーする
  • ハローワークインターネットサービス内の「求人情報検索・一覧」から検索する

 

個人的に最もおすすめは、ハローワークインターネットサービスの利用です。

自宅のパソコンやスマホから求人を検索することができるので。

 

f:id:shukatu-man:20210419150328p:plain

引用:ハローワークインターネットサービス「求人情報検索

 

気になる求人があれば、その求人票を印刷してください。

印刷した求人表を、ハローワークの窓口に提出することで選考に進むことができます。

(その後の流れは担当者さんから教えてもらえるので任せて大丈夫です!)

 

ステップ⑤ 内定を獲得して入社手続きを進める

  

エントリーが完了したら、選考に進んでいきましょう。

どんな企業だろうが内定を獲得するための選考対策が必要ですし、同時に企業研究を深めることで「面接対策+本当にその企業に入社すべきかの判断」に繋げてください。

 

またハローワーク側からも履歴書の書き方や面接対策などの支援を受けられます。

しかし、それに甘んじずに自分でも対策を深めてくださいね。

この就活攻略論を含め、今ではネット上に情報が腐るほど書かれているので。

 

ハローワーク経由だろうが内定辞退は可能

少し気になるのが、ハローワーク経由で獲得した内定は辞退することができるのかということ。

これは他のどんな手段での内定獲得でも言えることですが、内定辞退は可能です。

入社の2週間前までなら、絶対に内定辞退することができるので覚えておきましょう。

 

しかし、内定辞退は丁寧に行ってください。

適当に内定辞退をしてしまうと、次回ハローワークを利用する際に担当者からの信頼を失っている状態で利用することになってしまうので。

 

詳しい内定辞退の方法は「【簡単】内定辞退を電話で伝える方法について」にてまとめておきました。

いざ内定辞退が必要になった時に参考にしてくださいね。

 

以上が既卒がハローワークを利用する流れです。

窓口に行って登録して、求人を探してエントリーするというシンプルな流れです。

どんな求人がハローワークにあるのか確認するためにも、求職者手続きだけは先に終えておくと良いでしょう。(継続利用するしないは別としても)

 

基本的には窓口に行ってしまえば、あとの対応は窓口で登録して求人を探すだけなんですね。

そうだよ。自宅でハローワークの求人を検索するためにも求職者番号が必要だから、まずは求職者手続きをしに最寄りのハローワークに行ってみよう。 

既卒がハローワークを利用する際の注意点

f:id:shukatu-man:20210420150550j:plain

 

既卒がハローワークを利用する方法を共有してきました。

この章では、ハローワークを利用する際の注意点を伝えていきます。

これからハローワークの利用を考えている方は、必ず押さえておいてください!

 

【既卒がハローワークを利用する際の注意点】

  • 担当者によって対応レベルに違いがあることを把握する
  • ブラック企業の求人はできるだけ避ける
  • ハローワークだけに頼り切らない

 

①担当者によって対応レベルに違いがあることを把握する

 

まず既卒がハローワークを利用する上で注意すべきは、担当者(相談員)によって対応レベルにばらつきがあることを理解しておくことです。

 

窓口で対応してもらうとなると、担当者に対して「就活に関して知識が深いすごい人だ!」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

 

こんなことを言うのはなんですが、ハローワークの相談員で一流の大企業への内定を決めたような人はほとんどいないんですよね。

更には全然就活に関しての知識がないのに、ハローワークで就活講義をおこなっている人はザラにいます。

 

よって担当者のことを信頼しきるのはやめましょう。

求人を紹介してもらう場合は「本当に自分に合う企業なのか?」と特に疑ってかかるべきであり、担当者の言葉をすべて鵜呑みにすることは避けてください。

 

②ブラック企業の求人はできるだけ避ける 

 

次に、最初の方でも伝えましたがハローワークはブラック企業の求人も普通に混ざってます。

むしろ他の就活エージェントや求人サイトに比べて混ざりやすいんですよね。

その理由は無料で求人を掲載できる点にあり、人気のない求人だろうが企業側は取り下げる必要がないので、残り続けてしまいます。

 

よってハローワークで求人を探す場合は特に慎重になるべきなんですよね。

また地方の中小企業の場合、Openworkやライトハウスなどの大手口コミサイトにも口コミが掲載されていないことが多いです。

 

そうなると社員さんと直接話す機会を作ってもらうしかありません。

内定を獲得したら、必ず入社前に現場の社員さんと話す機会を作ってもらいましょう。

(入社してから退職するのは労力がかかりますし、早期退職は経歴に傷が付いてしまうので!)

 

ブラック企業の特徴について

また求人内容や事業内容からもブラック企業かどうかある程度判断できます。

【ブラック企業の見分け方】“新卒が”企業を見る時のポイント」の記事でも、ブラック企業の特徴を解説しましたが、以下のような要素を持っているとブラックになりやすいので押さえておいてくださいね。

 

【ブラック企業の特徴】

  • 参入障壁が低く競争が激しい業界である
    (競争が激しい業界は長時間労働化しやすいし不安定)
  • 利益率が低い
    (利益率が低いと従業員への待遇を良くすることは難しい)
  • 労働集約型のビジネスモデルである
    (例えば1つの依頼をこなしたら一定額の報酬が入るような仕組みの事業は儲かりにくい。代行業・請負業など)
  • 衰退傾向にある業界である
    (衰退業界は何もしなくても売上が減っていくので待遇が悪くなりやすい)
  • 対応する顧客が「個人」である
    (個人を相手にする事業はどうしても大きな売上を上げることができないから、従業員への待遇をよくできない)
  • ブラック業界だと知れ渡っていて常に人員不足である
    (人手不足の業界は1人あたりの労働量が増えるから)

 

これらに複数当てはまるような企業は、待遇が悪い可能性が高いです。

求人からそれを判断するのは求職者側の仕事なので、これから長く働くことになる企業を精査する作業は徹底的におこないましょう。 

 

③ハローワークだけに頼り切らない

 

そして最後に、ハローワークを利用する上で注意すべきはハローワークだけに頼り切らないことです。

どうしても人間は1つの選択肢しかない状況になると焦ってしまいます。

 

「ハローワークしか利用してないから、どうしてもハローワークの求人票の中から探さないと!」と焦ってしまうと、求人を深く精査せずに、「ここが良さそうから」と適当に決めてしまうような事態になりやすい。

 

これを避けるためにも、積極的に就活エージェントや求人サイトを併用してください。

「ハローワークで見つからなくても、他の手段があるからな」という余裕を持った状態でいるのが望ましいですよ。

 

あくまでハローワークに全て頼り切りにならずに、他の手段も併用しつつ、1つ1つの求人を見極めることが重要なんですね。

そうだよ。特にブラック企業の特徴について、紹介した記事を参考に少しでも見極められるようになっておこう。知識は自己防衛に繋がるからね。

既卒がハローワークを最大限活用するためのポイント

f:id:shukatu-man:20210414142603j:plain

続いて、既卒が最大限にハローワークを活用するためのポイントを共有します。

利用する前に押さえておくことで、求人をスムーズに選択できるようになるので、必ずチェックしておいてくださいね。

 

【ハローワークを利用する際のポイント】

  • 企業選びの軸を明確化しておく
  • 志望職種を明確化しておく
  • 口コミサイトと現場の社員へのOB訪問を活用する

 

①企業選びの軸を明確化しておく

 

まずハローワークを利用する前に、企業選びの軸について考えておきましょう。

企業選びの軸とは「自分が企業を選択する上で大事にしている方針のこと」です。

 

例えば、プライベートの時間がないとストレスに感じる場合は、残業時間が短いことが企業選びの軸になりますよね。

また僕のような体育会系が嫌いな人にとっては、体育会系のノリや上下関係があまりに厳しい企業じゃなことが企業選びの軸として挙げられます。

 

ちょっと恋愛で例えてみましょう。

自分の好きなタイプやどんな人が自分に合うのか把握しておかないと、付き合ってからうまくいくかどうかの運任せになりますよね。

 

これと全く同じで、事前に自己分析を深めておいて、企業選びの軸を設定しておく。

その上でハローワークにて求人を探すという流れが重要になります。

 

企業選びの軸を作成するには、やはり自己分析が最適。

具体的な自己分析のやり方について、「マンガで分かる自己分析のやり方【8ステップで完了する方法】」にて解説しました。

マンガを使って少しでも分かりやすいよう解説しているので、ぜひ参考に企業選びの軸を作成してください。

 

②志望職種を明確化しておく

 

次に、企業選びの軸だけでなく志望職種も明確化しておきましょう。

職種とは、営業職や事務職、技術職などの仕事内容のことを指します。

 

この職種選択は非常に重要で、たとえ社員さんと性格が合わなかったり、労働条件が悪くても仕事内容が合っていれば楽に実績を残すことができます。

そうすれば転職にも繋げることができますからね。

 

逆に自分に合わない職種を選択してしまうと、仕事は辛いし、努力しても全然実績を残すことができないので転職にも不利になる。

そんな悪循環に陥ってしまうんですよね...。

 

自分に合う職種を見つける方法について

自分に合う職種の見つけ方について、まずは自分の長所・強み・特技を考えてください。

僕の場合は、初対面の人と話すことが得意で好きなので営業職一択でした。

 

長所や強みがない場合は、どんな作業をしている時はストレスを感じないかを考えましょう。

例えば僕はパソコンを使って作業する時間が好きです。

また文章を書くことに対して、他人よりも明らかにストレスを感じないので、こうしてブロガーとして活動しています。

 

これも先の自己分析に繋がってきますが、自分の長所や強み・どんな作業なら比較的ストレスを感じずにできるのか考えて、職種選択をしましょう。

 

ちなみに、そもそもどんな職種があるのかよく分からない人向けに。

【職種一覧】就活生が押さえるべき「56の職種」を詳しく解説」にて、職種を解説しているので参考にしてください。

 

③口コミサイトと現場の社員へのOB訪問を活用する

 

そして最後に、ハローワークをうまく活用するためには口コミサイトと現場の社員さんへのOB訪問を活用することが重要です。

これは途中でも何度も伝えていますよね。

 

「実際のところは入社してみないことには分からない」と考えている人は多いです。

たしかに実際のところはそうですが、少しでも入社前に自分に合うかどうかの判断をすることはできます。

 

先に伝えた企業選びの軸や職種もそうですが、求人情報だけでは自分の企業選びの軸を満たす企業かどうか判断することはできません。

特にハローワークの求人は、企業側が作成しているので、嘘の情報が書かれていたり、きれいな部分だけを書いていることが多いんですよね。

 

地方の企業だと口コミサイトに掲載されていないことが多いですが、入社前に現場の社員さんと話す機会を作り、少しでも自分に合うかどうかの判断を入社前に行う努力を取り入れるようにしてください。

 

たしかにハローワークを利用する前に、企業選びの軸や職種の選択をしておくことは重要ですね。

そうなんだよ。そういった方針を持っておかないことには企業選びが適当になるし、担当者からの「これとかいいんじゃない」という言葉だけを鵜呑みにしてしまいがちだから。 

既卒がハローワークを利用するメリット

f:id:shukatu-man:20210418111309j:plain

 

この章では、既卒がハローワークを利用するメリットを整理しておきます。

これらのメリットを見て、有益だと判断した場合にのみ利用しましょう。

 

【ハローワークを利用するメリット】

  • ハローワークしか保有していない求人と出会える
  • 地方の求人も豊富に扱っている
  • 選考支援を受けることができる
  • 内定獲得後の強引な入社の強要がない

 

メリット① ハローワークしか保有していない求人と出会える

 

まずハローワークを利用するメリットとして、ハローワークにしか掲載されていない求人と出会うことができます。

「うちの会社はハローワークにしか求人を出していない」という企業は結構多いんですよね。

特に老舗の中小企業はハローワークにしか求人を出していない企業が多い印象にあります。

 

求人サイトや就活エージェントを利用しても出会うことができないお宝求人と出会える可能性があるのは、ハローワークを利用するメリットの1つだと言えるでしょう。

 

メリット② 地方の求人も豊富に扱っている

 

続いて、ハローワークを利用するメリットとして地方の求人の豊富さがあります。

関東や関西などの都市部では、そもそも企業数が多いので就活エージェントや求人サイトを利用すれば、大量の求人を知ることができます。

 

一方で地方だと企業数が少ないため、就活エージェントや求人サイトに掲載されている求人数が少ないんですよね。

希望の勤務先の求人が、求人サイトに全然掲載されていないような場合にハローワークは有用だと僕は思います。

 

メリット③ 選考支援を受けることができる

 

続いて、ハローワークを利用することで選考支援や社会人基礎講座などを受けることができます。

就活エージェントを利用してもこうしたサポートを受けることができますが、就活エージェントが対応していない地域で就活をする場合は有効です。

 

履歴書の書き方や面接対策など、様々な講座が実施されるので、自分の苦手を埋めるために参加する価値はあるでしょう。

(しかしネット情報で十分であることも事実なので、参加必須ではないですが)

 

メリット④ 内定獲得後の強引な入社の強要がない

 

そして最後に、ハローワークは内定獲得後に入社を強要されることはありません。

なぜなら求職者が入社しようがしないが、ハローワーク側の利益には関係ないからです。

 

一方で就活エージェントの場合は、求職者が入社して初めて利益が入ります。

よってブラックな就活エージェントによっては、内定獲得後の入社を強要されることもあるので、その点ハローワークは安心できますよ。

(ちなみに就活エージェントから強要された場合、すぐに利用をやめれば問題ありません。強要してくるような就活エージェント側が悪い話なので!)

 

ハローワークの利用メリットとしては、ハローワークだけに掲載された求人に出会えること、地方でも利用しやすいことが最も大きいよ。 

既卒がハローワークを利用するデメリット

f:id:shukatu-man:20210202123556j:plain

 

次に既卒がハローワークを利用するデメリットも整理しておきましょう。

やはりデメリットとしては「求人の質」に関することが大きいですね。

 

【ハローワークを利用するデメリット】

  • ブラック企業をおすすめされることがある
  • 求人の質にバラつきがある中から探す必要がある
  • 求人情報が薄くわかりにくい

 

デメリット① ブラック企業をおすすめされることがある

 

ハローワークは比較的、紹介の精度が低いのが正直なところです。

僕の友人でハローワークを利用した人が何人かいますが、聞いてみると明らかなブラック企業を紹介されていました。

(週6日出勤で残業が多い企業など!)

 

就活エージェントは民間企業なので、いかに紹介精度を高めて利益を上げるか、日々追求しています。

それゆえに担当者の知識・経験が多い傾向にある。

 

一方で、ハローワークは国が運営しているので担当者も緩めです...。

どうしても紹介精度が低く、そもそも保有求人の理解ができていないことが多いので、紹介を受ける際には注意が必要ですね。

 

デメリット② 求人の質にバラつきがある中から探す必要がある

 

次に、ハローワークを利用する最大のデメリットは求人の質のバラつきです。

かつ労働条件の悪い求人も多く掲載されてしまっているので、それらを精査することが難しい。

 

正社員経験のない既卒者にとって、求人の質を精査するのは至難の技なので、入社してからブラックだったという事態になりやすいのが最大の懸念点です。

 

デメリット③ 求人情報が薄くわかりにくい

 

最後に、ハローワークに掲載されている求人票は情報が薄いです。

ハローワーク側が取材した上で掲載されているものではなく、企業側が作成した求人票なので内容も薄く、嘘の情報が書かれていることも多いんですよね。

 

「求人票には残業時間が少ないって書かれていたのに、入社したら残業ばかりじゃん!」という事態がザラにあるのが、ハローワークの求人の怖さと言えますね。

 

企業側が求人を書いているのは怖いですね。

(一応ハローワーク側で求人票の審査はしているようですが、その審査が相当に甘いようです)

 

国が運営しており、掲載料が無料かつ審査が甘いがゆえに、ブラック企業の求人が集まりやすいのが最大の懸念点だと言えます!

既卒がハローワークを利用するにあたってよくある質問

f:id:shukatu-man:20210207100456j:plain

それではこの章では補足として、ハローワークに関してよくある質問に回答します。

何か疑問点があれば参考にしてくださいね。

 

質問① ハローワークの営業時間は?

 

ハローワークの営業時間についての質問。

ハローワークの各種窓口のご利用時間は「8:30~17:15(平日)」です。

土日や祝日は営業していないので、平日に窓口に行くようにしてください。

 

質問② ハロートレーニング(職業訓練)とは何ですか?

 

ハローワークとは、失業保険を受給している求職者を主な対象者とした職業訓練のことを指します。(しかし誰でも利用することが可能です)

 

公式サイトから詳しい実施内容を引用しましょう。

 

事務系をはじめとして、IT、建設・製造、サービス、介護、デザイン、理美容に
至るまで多種多様な訓練分野を網羅しており、住宅リフォーム、OAシステム開発、
Web設計、3DCAD等の昨今の時代のニーズに即したコースや女性向けコース等も設
定しています。また、第一種電気工事士、宅地建物取引主任者、介護職員初任者研修
等の資格取得をめざすコースもあります。

厚生労働省:ハロートレーニングQ&A

 

自分が就きたい職種に就くためのスキルを学ぶことができるんですね。

資格の取得を目指すようなコースもあり、これらが完全無料で受講できるのは非常に良いですよ。

 

具体的な訓練の検索は「訓練検索・一覧」で見ることができるので、気になる方はこちらのサイトにアクセスして確認してみてください。

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

既卒がハローワークを利用するにあたって押さえておくべき情報を、把握することができたと思います。

単純に「求人を紹介してくれるんだ!利用しよう!」とだけ考えるのではなく、裏事情・運営の仕組みまで理解した上で利用することが重要です。

 

1度正社員として就職したら、合わず辞めるとなった時に相当な労力と時間、そして経歴に傷をおうことになります。

それゆえに入社企業は安易に選ばないことが重要。

そのために、就活エージェントの活用・口コミサイトの併用・入社前に現場の社員さんと話すということを徹底してください。

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 既卒もハローワークを利用することができる。
  • ハローワークでは主に求人の紹介と検索、各種講座を受けることができる。
  • 既卒がハローワークを利用するためには、まずハローワークの窓口に行って、求職者手続きをおこない、ハローワークカードを受領する必要がある。

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた800の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/