就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活における「大企業の定義」とは何か|大企業志向に物申す!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・大企業の定義を知りたい

・大企業と中小企業の違いを知りたい

・就活マンがおすすめする大企業を知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近ようやくメルカリデビューを果たしましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181003120855p:plain

本日の記事は主に、20卒以降の就活生が読むべき記事となります。

就活をするにあたって、よく「大企業志向」という言葉を耳にすることはありませんか?

大企業志向とは、受ける企業が大企業ばかりであることを指します。

 

この大企業志向はダメという訳ではないですが、日本は特に大企業の倍率が非常に高いため、大企業ばかり受けているとエントリーした企業すべてで不採用!!という事態になる可能性は非常に高いのです。

 

そこで本日の記事では、そもそも「大企業」ってどう定義されるのかということを明確化しつつ、大企業志向になるリスクや全ての企業で不採用になるリスクを回避する方法、更には僕が考える“入社すべき大企業”に関して語っていこうと思います。

 

今回の記事を読むだけで、大企業に関する知識が網羅されるからぜひ最後まで読んでみよう!!

 

大企業の定義とはなにか

 

では最初に把握すべきことは、「大企業」と一言に言っても、その定義は何なのかというところですよね。

おそらく多くの人は、「従業員が多い」とか「CMを流している」ということで大企業として認識していると思います。

そもそも大企業とはどう定義されるのか、解説していきますね!

 

大企業の定義に関して

 

結論なのですが、実は大企業を明確に定義することはできません。

一方で「中小企業」は中小企業基本法という法律で定義されていて、定義できるため、大企業は「中小企業以外」と表現することができるんですよね!

大企業は定義がなく、中小企業のみ定義があるため「大企業は中小企業以外」と定義できる。

これを知ってる人は意外と少ないと思います!

 

中小企業の定義

 

では次に、中小企業は中小企業基本法でどう定義されるのか紹介していこうと思います! 

 

ここはスルーして大丈夫だけど一応説明するね!
「中小企業はこんなふうに定義されるんだ!」程度に覚えておこう。

【中小企業基本法第2条第1項】

資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第4号までに掲げる業種を除く。)に属する事業を主たる事業として営むもの

このように定義されています!

 

つまりポイントとしては、

・資本金の額又は出資の総額が3億円以下

・従業員の数が300人以下

の両方に当てはまると「中小企業」と定義されるということですね。

 

ちなみに、卸売業、サービス業、小売業に関しては例外で他の基準が設けられています。

【中小企業基本法第2条第1項:2以降】

二 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの

三 資本金の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの

四 資本金の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人であつて、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

参考:e-Gov法令検索

 

では簡単に中小企業の定義をまとめますね!

 

①製造業、建設業、運輸業、その他(②〜④を除く) 資本金額:3億円以下 従業員数:300人以下

②卸売業 資本金額:1億円以下 従業員数:100人以下

③小売業 資本金額:5千万円以下 従業員数:100人以下

④サービス業 資本金額:5千万円以下 従業員数:50人以下

 

中小企業とベンチャー企業の違い

 

では最後に、中小企業とベンチャー企業の違いについての知識をつけてもらおうと思います。

例えば、サービス業を提供する企業があるとして、その企業の資本金が1千万円、従業員が5人だとすると、「中小企業」と定義されますよね。

 

ではその中小企業は、ベンチャー企業とは言わないのか。

実はベンチャー企業の定義も明確なものはありません!

 

ではベンチャー企業と呼べる企業はどう決まるのか。

ベンチャー企業と呼ばれる企業には、下記の特徴があるとされています。

 

・起業・創業からの期間が短い

・新しい分野でリスクを取り事業を開始する起業家がいる

・事業に創造性、革新性、新規性がある

・成長志向がある

 

これらの中でも、特に「事業の創造性」と「成長志向」がベンチャー企業と呼ぶ上で重要になります。

まず「事業の創造性」とは、これまで世の中になかったような創造的なサービスを提供しているということですね。

次の「成長志向」とは、最初に思いっきり投資して赤字を出す代わりに一気に成長するようなビジネスを意味します。

 

例えば、メルカリってありますよね。

メルカリが手がける事業は、もちろん似たようなサービスが既に出ていましたが、これまでにない創造的な事業と言えます。

さらには、当然あのシステムを開発するために莫大な初期投資をしていますし、宣伝もうっています。しかし、今となってはその初期の赤字がカスに見えるほどに成長していますよね。

だからこそ、出てきた当初、メルカリはベンチャー企業と呼ばれていたのです!

 

ベンチャー企業は、創造的な事業をしていて、初期投資を大量にして赤字になりつつも、後から爆発的に売り上げを伸ばすような事業をしている企業を指すんだね!

 

大企業志向になりすぎることのリスク

 

では大企業と中小企業の定義としての違いを把握したところで、大企業志向になることのリスクについて話したいと思います。

そもそもなぜ就活生は「とりあえず大企業!」という大企業志向を持っているのかと言うと、第一に「中小企業を知らない」という理由があると思っています。

どんな中小企業があるのか知らないから、従業員数も多く安定してそうな大企業を選択するという考えを持つ人が多いんですよね。

 

そして、この考え方をする就活生の数はとにかくめちゃくちゃ多いです。

実際に、明治の倍率は2000倍を超えていますし、日々の生活の中で関わることの多い食品企業に関しては多くの企業が高倍率を叩き出しています。

 

こうなると倍率が高い大企業ばかりを受けると、とにかく不採用になりまくるという事態になります。人間って、メンタル弱い生き物なので不採用になりまくると、不安になりますよね。どこも受からなかったらどうしようって。

そして実際にすべての企業で不採用になったらどうなるかというと、もうやる気がなくなってしまって適当に入社する企業を選ぶという行動に出ます。

これは最悪ですよね。せっかく就活を頑張っていたのに、結局最後は投げやりになってしまう。

 

そうならないように、エントリーする企業規模のバランスを僕は次のように定義しました。

 

 

大企業はエントリーした総数の40%。中小企業を60%にするというエントリーのバランスですね。

しっかりと中小企業に関しても、自分が興味のある事業をしている企業を調べエントリー数を増やして確実に内定を取っていくことは非常に重要です。

 

また大企業志向のリスクに関しては、別記事でも詳しく書いているの大企業志向の人は併せてご覧くださいね!

就活で大企業ばかり受ける人への注意点|問題点やアドバイスまとめ - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

就活マンが考える入社すべき大企業

 

ここまでは堅苦しい話だったので、つまらなかったと思います!!w

ですが、ここからは僕がおすすめする大企業を実名で公表していこうと思うので、是非参考にしてみてください。

 

ちなみに僕が大企業を紹介する際には、必ず「あなたがどんな性格なのか・価値観なのか」を元に紹介することにしています。

詳しく話すと、『新しいことを考えたり挑戦することが好きな人』と『それが嫌いな人』では合う大企業が全く異なるんですよね!

 

よって、あなたの価値観に沿って分けて紹介していこうと思います。

 

創造・挑戦することが好きな人向けの大企業

 

まずは自分でアイデアを考えるのが好きだったり、新しい仕事にどんどん挑戦していきたい人向けですね。

最初に話しておくと、そういった方は確実に中小企業の方が向いています。

なぜなら大企業だと新しいことをするにも、社内の審査が通らない、もしくは通るまで時間がかかりますし、最初に営業職となれば何十年も営業職をし続けることなんてザラにあります。

実際、僕が入社した大手食品企業でも同じ部署の人は、ずっと物流課に配属を希望していたにも関わらず20年営業職に配属されていました。

 

ではでは、中小企業に向いていることを前提としておすすめの大企業を紹介していこうと思います。

 

創造・挑戦することが好きな人向けのおすすめ大企業:

サイバーエージェント・DeNA・サイボウズ・メルカリ・UZABASE

 

やっぱりこの辺ですね!

新しい事業をどんどんされていて、且つ事業内容が成長事業である点は働いていて超面白いと思います。

それぞれの企業がどんな企業なのか、ぜひ調べてみてください!

 

創造・挑戦することが嫌いな人向けの大企業

 

では次に、新しいことを考えたり挑戦することが嫌いな人、苦手な人におすすめする企業を紹介していこうと思います。

つまり日々、同じことをやっていてのんびり働くことが好きな人ですね。

 

のんびり働くことが好きな人向けのおすすめ大企業:

食品企業全般(※扱っている食品が賞味期限が長い方がよい)

 

僕は新卒で大手食品企業に入社しましたが、今同期で残っている人達は、比較的のんびりと生きることが好きなタイプです。

これが全然悪いということじゃなくて、合う人には合うということなんですよね!

僕はのんびりするのが嫌いで、新しいことをどんどんやっていきたいタイプなので合いませんでした。

 

豆知識ですが、食品企業でも扱っている商品の賞味期限が短いと、業務のスピード感が要求されるので忙しい傾向にあります。よって、のんびりタイプの人は賞味期限が長い商品を扱っている企業を選んでみましょう。

 

 

大企業と一言で言っても、

千差万別。

なぜそこが良いのかを追求し、

戦略的に大企業を選ぼう。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!