就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【こう書けば良かった!】“事務職の志望動機”の考え方&書き方解説!《新卒向け》

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!
事務職の女性に恋しがちでお馴染み、就活マンです。

 f:id:shukatu-man:20180401101846p:plain

 

いきなりですけど、少し毒吐きます。

「事務職 志望動機」と検索して出てきた記事を見ていると、
事務職はデスクワークが中心です。とか、資格でアピールしましょう。とか、
糞つまらない内容しか書いてありませんでした。

 

就活に関する記事って、本当にありきたりなものばかりですよね。

いくつのこの世に存在している意味がないと思いますよ。

本も同じような内容ばかりですし。

 

よって今回の記事では事務職の志望動機の考え方に関して、“他には書いていないような”話をします。

『就活攻略論』の読者の方々なら、そういった変わった視点を面白いと思って取り入れてくれると思うので、ガンガン書いていきますよ!!
(就活攻略論はとにかく他では書いていない情報!がウリですから!!)

 

事務職はデスクワークという視点を捨てる。

僕は就活に関しては徹底的に他人と違うことを書けと主張しているタイプです。

とにかく面接官の印象に残ることで「会ってみたい」と思わせることができるから。

他の就活記事では、他人と差別化しなくて良いんですよ!とか書いてますけど、全くそうは思いませんね。

そんな主要記事を鵜呑みにして、つまんない内容を書いて、面接官に何の印象も与えられず試合終了。

そうなるよりは、「他人と違うことを書いてみる!」「他人と違う視点を持ってみる!」ということの方が重要なのは当たり前です。

 

よって事務職の志望動機に関しても、他人と違う視点を持ってみましょう。
事務職を志望する方が持つべきだと思う視点。

 

それは、

事務職は『デスクワーク』という考えを一旦捨てる

という視点です。

 

ほとんどの方が事務職はデスクワークというイメージを強く持っていますよね。
よって志望動機もデスクワークをするにあたって重要な能力をアピールすると思います。

FP何級とか、簿記何級とか。Excelが得意だとか。
でもそれって他の99%の人達も同じこと考えてるんで、内容がかぶりまくります。確実に。

 

面接官も読んでてつまらないですよね。

「あ、この子もExcelね。あ、この子はFPね。うんうん、また簿記ね。」と。

もちろんExcelの能力などは持っていた方が業務上の能力はアピールできますよ。

 

しかし、そんなことは資格欄に書けば良いし、書かなくても面接でサラッと言えば良い。

 

面接官側も「業務能力は入社後に身に付けてくれれば良いか。」と考えているので、新卒にはそういった業務能力は特別求めていない場合も多いのです。

結局皆が一緒のような内容を書くから、面接官にとって何も魅力を感じないんですよ。印象に残らない。

 

そこで事務職は『デスクワーク』という考えを一旦捨ててみようよ、と。

他の人が書かないような視点で、事務職の志望動機を考えてみようよ。というのが僕の考える志望動機の攻略法です。

とにかく他人との差別化が面接官の印象に残るために超重要だからね!

事務職は『対パソコン』よりも『対社員』。

事務職はデスクワークという視点を捨てると、どんなことがイメージできるでしょうか。

一旦事務職の仕事をイメージしてみましょうよ。細かくね!

 

会社に入って、自分のパソコンの前に座るまでにあなたはどんなことをするのかな?

 

 

他の社員さんに挨拶をしますよね。

 

 

仕事中はどんなことをしますか?

 

 

営業の人などのサポートをすることも多いかと思います。お菓子をあげたりなんかもするかもしれないですね。

 

 

つまり、事務職ってデスクワークだけど“社内の人と関わることが多い”という視点が見えてくるんですよ。

 

例えば営業職は外に出て、

“初対面の人と”会う機会が多い

仕事です。

 

一方で、事務職は中にいて、

“社員の方と”一緒の時間を過ごす

仕事だと分かります。

 

デスクワークというイメージを持っていると、どうしても『対パソコン』をイメージした志望動機を書いてしまいますが、意外にもパソコンよりも、社内の人と話す時間も多いのが事務職の仕事の特徴だと思っています。

 

この視点をベースに志望動機を考えてみると、他の事務職の人が書かないような内容が書けそうですよね。

 

このように他の99%の就活生が持っている視点から少し視点をズラして差別化を図る技術を『視点はずし』と僕は呼んでいます。

f:id:shukatu-man:20180401102149p:plain

 

 

実際に視点はずしを行い、

事務職はデスクワーク→事務職は社内の人と関わる仕事

という視点を持つとどんなことが書けるのか、考えていきましょうか。

 

事務職に重要な“愛され力”。

一つ事務職を志望する人に伝えたいことがあります。
それは『会社はチームだ』ということです。

わざわざ一つの会社に複数人が集まって仕事をする。
そもそもなぜでしょうか。

 

人が集まり、役割分担をすることで、より大きな仕事ができるようになるからです。

 

よって別に営業職が凄い、研究職が凄い、企画職が凄い、とか職種ごとに特別も糞もありません。凄い会社はその会社が“チームとして”凄いのです。

 

優秀な営業チームも、事務職の円滑なサポートがなくては優秀ではいられない。
頼んだ書類が全然出てこなかったら、営業は時間を取られ、結果として成績も下がっていく。

まさにチームなんですよね。仕事はチームワーク。

そんな会社というチームの中で、事務職は社内に常にいるからこそ社員の方と深く関わる仕事です。

 

営業として働いていた僕は分かりますが、事務職の人が明るく元気に毎回挨拶してくれると出社した時に凄い気持ちよかった。

そんな明るい事務職の方が常に社内にいるだけで、心に余裕が生まれてたんですよ!

そしてその余裕が良い仕事に繋がる。更には、その日一日が気持ちよく過ごせるんですよね。

 

僕は事務職の仕事の本質はここにあると思っています。

例えExcelが凄くても、文章が上手くても、数字に強くても、ムスッとして仕事している人は他の社員を励ますことはできません。

それ以上に笑顔だったり、フランクに話しかけてくれることの方がよっぽど気持ちを楽にしてくれる。

 

 

これらをまとめると、事務職に必要な能力はまさに
愛され力
なんですよ。

 

常に愛すべき存在が社内にいる。
この安心感はどんな優秀な仕事にも勝ります。

この愛され力をアピールすることが、事務職の志望動機に繋がると思っています。

事務の方から笑顔で飴ちゃんとか貰うと、めっちゃ嬉しかったりするもんね。

事務職の志望動機の書き方例。

多くの人は事務職の志望動機って、ぶっちゃけこんな理由だと思います。

 

「営業も無理だし…なんとなくやっぱり事務かな。」

「社内でゆったりと仕事したいから事務だねぇ。」

「女はやっぱり事務でしょ!事務事務!」

「先輩とか見てるとだいたい事務だし、事務でいいか。」

 

300名以上の就活生と話してきたから分かるのですが、
事務職を志望する人って、結構「なんとなく事務」って人が多いんですよ。

だから志望動機もなかなか書けないっていう。

 

そうなってくると結局、Excelの資格あるから、FPの資格あるからという理由で9割の人がこんな志望動機を書きます。

「私が貴社の事務職を志望する理由は、Excel関連が得意でそのスキルを活かした仕事がしたいと思ったからです。」

 

こんな志望動機を見ても、正直のところ全然心惹かれません。なんか人間味が感じられないんですよね。

そんな能力ベースの志望動機なら新卒でなくても派遣社員で十分でしょ。

 

 

よってここで僕が重要だと考える“愛され力ベースでの志望動機”が本領を発揮するのです。

実際の志望動機としてちょっと例を挙げてみますか。

 

「私が貴社の事務職を志望する理由は、貴社の心の拠り所として貢献したいと思ったからです。私は事務職はデスクワークではなく、人との関わりが最も重要な職種だと思います。なぜなら常に社内にいて社員の方々と対面する機会が多い。よって社員の方々を元気付ける、常に明るくフランクに接することで更に高いパフォーマンスを発揮してもらう。そんな母親のような存在の仕事だと思っています。社員の方の心の拠り所として会社というチームに貢献できる。そんな仕事に誇りを感じますし、ぜひ貴社の心の母親になりたいと思います。」

 

いかがでしょうか。

ExcelやFP、簿記などの資格を持っていなくても、あなたが面接官ならきっとこう思うはずです。

 

「めっちゃいい子やん。こんな子が社内にいたら、職場が素敵になりそう!!」

と。

 

 

企業は新卒に新鮮さを求めています。

現在事務職にこんな心の拠り所となる人がいなかったら。

面接官の心はもうあなたにメロメロでしょうね。

 

この志望動機を書くためには、なんの資格もいりません!

ただ社員の方に力を与えたい!心の支えとなり貢献したい!そんな思いだけあれば良いのです。

 

事務職を志望しているけど、志望動機が思いつかない。

そんな人はぜひ「視点はずし」をして、他の99%の人が書かない文章を書いてみてください。絶対に面接官の印象に残りますし、興味を持ってもらえること間違いなしですから!!

 

事務職は人気職種。だから差別化を!

最後に少し付け加えますね。
今はどこのニュースでも「売り手市場!売り手市場!」と言われ、さも就職が簡単だという印象を持つかもしれません。

 

しかし実際は

職種ごとに人気は異なる

ということが真実なのです。

この日経新聞のデータをみてください。 

■2017年職種別 求人倍率
------------------------
会計事務   0.73倍
一般事務   0.35倍
------------------------

r.nikkei.com

 

一般事務の求人倍率は0.35倍』

つまり1つの事務職の求人を3人が奪い合う。そして1人しか採用されない。

全然売り手市場ではない職種です。

 

売り手市場って言葉に甘えて努力しないと、大変なことに...。

 

このように人気の職種だからこそ、今回の記事で説明した1%になる技術が重要になってきます。

これを読んでいるあなたが、光り輝く原石として面接官に評価されますように!!

 

【デザート】就活を頑張る君へ。

今日はLINE@でも要望の多かった「事務職の志望動機」について書きました。

今は日曜日の朝の8時。場所はミスドです。

30分読書してインプットをしてから、1時間執筆しました。

僕はブログを書く上で、絶対に気をつけていることがありまして。

それは

ブログの読者の方々の時間を貰っている

という意識を持つことです。

このブログは今では、毎月8万人の人に購読してもらっています。

平均2分半ほど読んで頂いてるので、毎月20万時間も人の時間を奪っています。

よって発信する内容にはその分責任が伴うと思っていて、より伝わる文章を。

より人を動かせる文章をかけるようにインプットも意識して勉強しています。

Twitterでもこう書きましたが、何かに本気で取り組む時はインプットとアウトプットがセットでなくては意味がない。

このブログだけ読んでいても、何も行動しない、アウトプットしないのであれば意味はありません。

ぜひこのブログで得たインプットをすぐに行動にうつしてみてください。思考してみてください。

すると絶対に結果はついてきますからね。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加