就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【こう書けば良かった!】“事務職の志望動機”の考え方&書き方解説!《新卒向け》

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・事務職の志望動機の書き方がわからない!

・事務職を志望しているけど、明確な志望動機が思いつかない!

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!
事務職の女性に恋しがちでお馴染み、就活マンです。

 f:id:shukatu-man:20180401101846p:plain

 

いきなりですけど、少し毒吐きます。

「事務職 志望動機」と検索して出てきた記事を見ていると、「事務職はデスクワークが中心ですよ」とか、「資格でアピールしましょう」といった本当にありきたり内容しか書いてありませんでした。

そんなありきたりな記事をいくつ読もうが、時間の無駄です。

 

よって、就活攻略論では事務職の志望動機の書き方を、この記事だけ読めば書けるようにします!!

更には他のありきたりな記事ばかり読んでいる事務職志望の就活生と差別化できるような内容を書いたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

事務職はデスクワークという考えを捨てる

 

僕は就活に関しては“徹底的に他人と違うことを書け”と主張しているタイプです。

なぜなら、とにかく面接官の印象に残ることで「会ってみたい」と思わせることができるから。

 

他の就活記事では、他人と差別化しなくて良いんですよ!とか書いてますけど、全くそうは思いません。

そんなありきたりな記事を鵜呑みにして、つまんない内容を書いて、面接官に何の印象も与えられず試合終了。そうなるよりは、「他人と違うことを書いてみる!」「他人と違う視点を持ってみる!」ということの方が重要なのは当たり前です。

 

ちなみに事務職は、この売り手市場の中でも超人気職種なので、より一層差別化が重要になります。

 

よってここでは、他人と違う考えを持ってみましょう。
事務職を志望する方が持つべきだと思う新たな考え。

 

それは、

事務職は『デスクワーク』という考えを一旦捨てる

という考えです。

 

ほとんどの方が事務職はデスクワークというイメージを強く持っていますよね。

よって志望動機も「デスクワークをするにあたって重要な能力」をアピールすると思います。

 

FP何級とか、簿記何級とか。Excelが得意だとか。

でもそれって他の99%の人達も同じこと考えてるんで、内容がかぶりまくります。確実に。FP3級をアピールしても、2級には勝てないし、2級をアピールしても、インターン生として実際に企業で事務職をしていました!という人には勝てない。

 

面接官も読んでてつまらないでしょうね。

「あ、この子もExcelね。あ、この子はFPね。うんうん、また簿記ね。」と。

もちろんExcelの能力などは持っていた方が業務上の能力はアピールできますよ。

 

しかし、そんなことは資格欄に書けば良いし書かなくても面接でサラッと言えば良い。

 

面接官側も「業務能力は入社後に身に付けてくれれば良いか」と考えているので、新卒にはそういった業務能力は特別求めていない場合も多いのです。

結局皆が一緒のような内容を書くから、面接官にとって何も魅力を感じないんですよ。印象に残らない。

 

そこで事務職は『デスクワーク』という考えを一旦捨ててみようよ、と。

他の人が書かないような視点で、事務職の「志望動機」を考えてみようよ。

というのが僕の考える志望動機の攻略法です。

 

とにかく他人との差別化が面接官の印象に残るために超重要だからね!

 

事務職は『対パソコン』よりも『対社員』で考えろ

 

事務職はデスクワークという視点を捨てると、どんなことがイメージできるでしょうか。

一旦事務職の仕事を細かくイメージしてみましょう。

 

会社に入って、自分のパソコンの前に座るまでにあなたはどんなことをするのかな?

 

 

他の社員さんに挨拶をしますよね。

 

 

仕事中はどんなことをしますか?

 

 

営業の人などのサポートをすることも多いかと思います。

お菓子をあげたりなんかもするかもしれないですね。

 

肩を揉めと命令されたら、録音して訴えましょう。

 

 

つまり、事務職ってデスクワークだけど「社内の人と関わることが多い」という視点が見えてくるんですよ。

 

事務職はデスクワークのイメージが強いが、実際には「社員」と関わる機会が多い仕事である。

 

例えば営業職は外に出て、

“初対面の人と”会う機会が多い

仕事です。

 

一方で、事務職は中にいて、

“社員の方と”一緒の時間を過ごす

仕事だと分かります。

 

デスクワークというイメージを持っていると、どうしても『対パソコン』をイメージした志望動機を書いてしまいますが、意外にもパソコンよりも、社内の人と話す時間も多いのが事務職の仕事の特徴だと思っています。

 

この視点をベースに志望動機を考えてみると、他の事務職の人が書かないような内容が書けそうですよね。

 

このように他の99%の就活生が持っている視点から少し視点をズラして差別化を図る技術は就活攻略論でも何度も登場します。

 

では次の章からは、

事務職はデスクワーク→事務職は社内の人と関わる仕事

という視点を持つとどんなことが書けるのか、考えていきましょう!

 

事務職の志望動機のキーとなる「愛され力」

 

ここで一つ、事務職を志望する人に伝えたいことがあります。

それは『会社はチームだ』ということです。

わざわざ一つの会社に複数人が集まって仕事をする。そもそもなぜでしょうか。

 

人が集まり、役割分担をすることで、より大きな仕事ができるようになるからです。

 

よって別に営業職が凄い、研究職が凄い、企画職が凄い、とか職種ごとに特別も糞もありません。凄い会社はその会社が“チームとして”凄いのです。

 

優秀な営業チームも、事務職の円滑なサポートがなくては優秀ではいられない。

頼んだ書類が全然出てこなかったら、営業は時間を取られ、結果として成績も下がっていく。

まさにチームなんですよね。仕事はチームワーク。

そんな会社というチームの中で、事務職は社内に常にいるからこそ社員の方と深く関わる仕事です。

 

営業として働いていた僕は分かりますが、事務職の人が明るく元気に毎回挨拶してくれると出社した時に凄い気持ちよかった。

そんな明るい事務職の方が常に社内にいるだけで、心に余裕が生まれてたんですよ!

そしてその余裕が良い仕事に繋がる。更には、その日一日が気持ちよく過ごせるんですよね。

 

僕は事務職の仕事の本質はここにあると思っています。

例えExcelが凄くても、文章が上手くても、数字に強くても、ムスッとして仕事している人は他の社員を励ますことはできません。

それ以上に笑顔だったり、フランクに話しかけてくれることの方がよっぽど気持ちを楽にしてくれる。

 

 

これらをまとめると、事務職に必要な能力はまさに

「愛され力」

なんですよ。

 

常に愛すべき存在が社内にいる。

この安心感はどんな優秀な仕事にも勝ります。

この愛され力をアピールすることが、事務職の志望動機に繋がると思っています。

 

事務職の方から笑顔で飴ちゃんを貰うと、めっちゃ嬉しかったなぁ。

 

事務職の志望動機の書き方例

 

事務職の志望動機に重要な「愛され力」を理解したところで、ここからは実際の志望動機の書き方に入っていきましょう!

 

まずはじめに、多くの人が持つ事務職の志望動機はぶっちゃけこんな理由だと思います。

 

「営業も無理だし…なんとなくやっぱり事務かな。」

「社内でゆったりと仕事したいから事務だねぇ。」

「女はやっぱり事務でしょ!事務事務!」

「先輩とか見てるとだいたい事務だし、事務でいいか。」

 

300名以上の就活生と話してきたから分かるのですが、
事務職を志望する人って、結構「なんとなく事務」って人が多いんですよね。

だから志望動機もなかなか書けないっていう...。

 

そうなってくると結局、Excelの資格があるから事務職、FPの資格あるから事務職という理由で9割の人が次のような志望動機を書きます。

 

【よくある凡人就活生が書く志望動機】

 

「私が貴社の事務職を志望する理由は、Excel関連が得意でそのスキルを活かした仕事がしたいと思ったからです。」

 

こんな志望動機を見ても、正直のところ全然心惹かれません。なんか人間味が感じられないんですよね。

そんな能力ベースの志望動機なら新卒でなくても派遣社員や転職者で十分です。

 

 

よってここで僕が重要だと考える「愛され力」をベースにした志望動機が本領を発揮します。

「愛され力」をベースにした志望動機の例を挙げてみましょう。

 

【「愛され力」をベースにした志望動機】

 

「私が貴社の事務職を志望する理由は、貴社の心の拠り所として貢献したいと思ったからです。私は事務職はデスクワークではなく、人との関わりが最も重要な職種だと思います。なぜなら常に社内にいて社員の方々と対面する機会が多い。よって社員の方々を元気付ける、常に明るくフランクに接することで更に高いパフォーマンスを発揮してもらう。そんな母親のような存在の仕事だと思っています。社員の方の心の拠り所として会社というチームに貢献できる。そんな仕事に誇りを感じますし、ぜひ貴社の心の母親になりたいと思います。」

 

いかがでしょうか。

ExcelやFP、簿記などの資格を持っていなくても、あなたが面接官ならきっとこう思うはずです。

 

「めっちゃいい子やん。こんな子が社内にいたら、職場が素敵になりそう!!」

と。

 

 

企業は新卒に新鮮さを求めています。

現在事務職にこんな心の拠り所となる人がいなかったら。

面接官の心はもうあなたにメロメロでしょうね。

 

この志望動機を書くためには、なんの資格もいりません!

ただ社員の方に力を与えたい!心の支えとなり貢献したい!そんな思いだけあれば良いのです。

 

事務職を志望しているけど、志望動機が思いつかない。

そんな人はぜひ「視点はずし」をして、他の99%の人が書かない文章を書いてみてください。絶対に面接官の印象に残りますし、興味を持ってもらえること間違いなしですから!!

 

事務職の仕事のイメージをつける方法

 

ではここまでで、事務職の志望動機の書き方がわかったと思います。

これだけで他の事務職志望者よりも一歩先をいくことが確実にできるでしょう。

 

しかし、最後に一点お伝えしなければいけないことがあります!

それが、「あなたはちゃんと事務職の仕事をイメージできていますか?」ということです。

 

どれだけ素晴らしい志望動機を書いたとしても、面接で「事務職の仕事内容はどんなイメージですか?」「事務職としてはどんなことをしたいですか?」と聞かれて答えられなければ、その志望動機が上辺だけだとバレてしまいます。

 

そこで、事務職志望の人がどうやって事務職の仕事をイメージできるようになるのか考えてみました。

さすがにもう就活生なので、インターンシップに参加して仕事をするわけにはいきませんよね。

 

そこで僕がおすすめする方法が一つあります。

それは『事務職の仕事がわかりやすく書いてある本を読むこと』です。

事務職の仕事がわかるようになるためには、本来は事務職の人が読むような本を読んでしまうこと。

更に、この方法の素晴らしいことは本には「こうすれば事務職として活躍できます!」という事務職として活躍する方法が書いてあるんですよね。

それを面接で言ってしまえば、面接官は「この子は事務職として活躍するな!」と絶対に思います。

 

ではどの本がおすすめなのか?

これまで事務職に関する本を、合計8冊ほど読んだのですが、その中で抜群におすすめな本が、「最新 小さな会社の総務・経理の仕事がわかる本」という本ですね!

 

 

第一章から「総務の日常業務」を紹介しているので、もはや事務職として働いている人に直接話を聞く必要はありませんね!本の方が情報量も多いのでおすすめです。

 

Kindleもあるみたいなので、スマホでサクッと読むこともできます。

 

次の章で説明しますが、事務職は非常に倍率が高い職種です。つまり人気な職種。

事務職は受かりやすいでしょうと勘違いしている人が多いですが、それは間違っているので、本記事で説明したような差別化は必須だと思います!

 

反対に、事務職を志望している女性はあまり就活を戦略的に行っている人が少ない印象があるので、やれば飛び抜けることができると思います。やりましょう!!

 

事務職は人気職種で競争は激しい

 

この記事の最後に少しお話することがあります。


今はどこのニュースでも「売り手市場!売り手市場!」と言われ、さも就職が簡単だという印象を持つかもしれません。

 

しかし実際は

職種ごとに人気は異なる

ということが真実です。

 

この日経新聞のデータをみてください。 

■2017年職種別 求人倍率
------------------------
会計事務   0.73倍
一般事務   0.35倍
------------------------

r.nikkei.com

 

 

一般事務の求人倍率は0.35倍』

つまり1つの事務職の求人を3人が奪い合う。そして1人しか採用されない。

全然売り手市場ではない職種です。

 

売り手市場って言葉に甘えて努力しないと、入社するところがないという事態に...。

 

だからこそ、今回の「愛され力」を使った志望動機の差別化など、ある程度の努力が必要であり、努力し“続ける”ことが重要です。

 

事務職の倍率に関して、詳しくは別記事を用意しました!

» 【新卒】事務職の倍率は?|倍率が高い理由も解説!

 

事務職を志望する人からの質問も多くもらうので、公式LINE@でもそうした事務職志望の人に向けた情報も発信しています。

ちょっと宣伝になってごめんなさいですが、おかげさまでLINE@の友達が1600人を突破しました。本当にいつもありがとうございます!

 

これからもLINE@を活用した情報発信にも力をいれていくので、一緒に頑張りましょうね!LINE@の友達追加は下記のボタンをクリック!

友だち追加

 

ちなみに実際に書いた事務職の志望動機を添削して欲しい!という意見を多く頂くので無料で添削も始めました! 

▼添削の詳細はこちら|» 【キミスカコラボ】『最上の自己分析×ES添削』でもう他の20卒が追いつけないところへ行こう! 

 

新卒採用は人生で一度きりの経験です。

だからこそ、最後まで考え抜き、学び続けましょう。

就活の醍醐味や面白さはそこにありますから。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!