MENU

【例文3選】800字の志望動機で評価される書き方を解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

f:id:syukatsu_man:20220202124943p:plain

 

今回の記事では、800字の志望動機の書き方についてバシッと解説していきます!

(実際の例文やどうしても書けない場合の対処法も合わせて共有するよ!)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

志望動機は全ての企業の選考で問われる質問項目になります。

その中で、志望動機の文字数を800字に指定されて、一体何を書けばいいのか分からなくて困っている人もいるのではないでしょうか。

 

志望動機は選考の結果を大きく左右するほど重要な質問なのは間違いありません。

よって、800字というボリュームを指定された場合は、その文字数を最大限活かした書き方をする必要があります。

 

そこで今回は、志望動機で入社への熱い思いを伝えたい就活生に向けて、800字の志望動機の構成や志望動機の質を高める方法、志望動機が書けない場合の対処法を徹底的に解説したいと思います。

 

この記事を読めば、文字数の多い志望動機を求められてもすらすらと書けるようになるので、800字の志望動機を書く際の参考にしてくださいね。

 

800字となるとかなりのボリュームですね。

普通は400字程度だから、書き方に悩む就活生も多いんだ。だからといって、無駄な文章を増やすのはマイナス評価だから、しっかりと内容を考えた文章が必要だよ!

志望動機を800字で書く場合の構成

f:id:syukatsu_man:20220202125656j:plain

 

志望動機を800字書けといわれても、「志望動機で400字の原稿用紙2枚分も書けないよ!」と思われる人も多いのではないでしょうか。

確かに普段文章を書かない人にとっては、800字の志望動機はかなりハードルが高いですよね。

 

800字を書く上で最重要ポイントは”文章構成”です。

逆に言えば、文章構成さえしっかりと押さえておけば、800字でも難なく書き切ることが可能になります。

 

僕がおすすめする800字の志望動機の構成は以下のとおりです。

 

【800字の志望動機の構成】

  1. 結論
  2. 業界を志望する理由
  3. 中でもその企業を志望する理由
  4. 就活の軸の説明
  5. その軸になったきっかけ
  6. 軸と一致する旨の説明
  7. 入社後のビジョン・貢献できること

 

ステップ① まずは結論を簡潔に示す

 

まずは、志望動機で相手に何を伝えたいのか結論を簡潔に示します。

つまり、なぜ入社したいと思ったのか、その理由を簡単に書きましょう。

 

最初に結論を述べずに物語調に話を進めていくと、採用担当者は最後まで応募者の志望理由を知ることができません。

800字は書くことも大変ですが、読み進めるのも大変なのです。

 

ただでさえ、採用担当者は多くの応募者の志望動機に目を通さなければならないため、最後まで結論を述べなければ、いくら熱い思いを書いても上手く伝わらない可能性があります。

 

そのため、採用担当者に志望動機を理解してもらえるように、最初に簡単に伝えていきましょう。

 

【例文】

「私は多くの人の悩みを解消して、日本の経済の発展を支えたいと考えているため、貴社を志望します。」

 

ステップ② 業界を志望する理由やきっかけを説明

 

次に数ある業界がある中、なぜその業界を選んだのか、その理由やきっかけとなるエピソードを書きましょう。

 

簡潔に述べた結論のあとは、企業の志望動機につなげたくなる気持ちも分かりますが、それでは十分な文量になりませんし、志望動機が弱くなってしまいます。

先に業界への志望理由を書くことで、業務内容そのものへの積極的な姿勢を示すことができるのです。

 

その業界に対して興味を持ち始めたきっかけとなるエピソードを交えると、800字に到達しやすくなりますよ!

 

【例文】

「各企業は毎週のように新商品を生み出しており、いち消費者として誰も思いもつかないようなフレーバーを継続して編み出していることに尊敬の念を抱いております。」

 

ステップ③ 中でもなぜその企業なのかを具体的かつ比較によって示す

 

次に多くの企業が存在する中で、なぜその企業に興味を持ったのかを伝えます。

業界への興味の次に、他の企業よりもその企業で働きたいと思った理由を述べることで、入社意欲を効果的に伝えることができます。

 

そもそも志望動機は、「私には〇〇という理由があるから、あなたの会社で働きたいんです!」という、入社への熱い思いを語る場です。

 

採用担当者も人間なので、入社したい思いを伝えて「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらうことを意識しましょう。

 

【例文】

「御社は他社に比べて、新商品の開発に対して多くのコストを割いており、消費者を満足させるためのこだわりを感じました。新商品を生み出すこと自体大変なことですが、さらに消費者を満足させることに対して強い思いを抱いていることに感銘して、私もその一員になりたく志望しました。」

 

ステップ④ 就活の軸となぜその軸になったのかのきっかけを説明する

 

志望理由を述べた後は、就活の軸(就活で大切にしていること)やその軸のもとで就活をしている理由を説明しましょう。

 

先の例文でいえば、消費者を満足させたいという思いに感銘を受けて志望していることから、就活の軸は「消費者を満足させたい」となります。

この場合、消費者を満足させるために働きたいと思ったきっかけとなるエピソードを書きましょう。

 

【例文】

「いち消費者としてワクワクしながら貴社の新商品を手に取り、食べるたびに幸せな気持ちになっていた記憶があります。そこで、今度は私がワクワクしながら新商品を楽しんでもらう機会を多くの人に提供したいと思い、このたび志望させていただいた次第です。

 

ステップ⑤ 入社後のビジョンと貢献できることで締める

 

最後に、入社後のビジョンと貢献できることで締めましょう。

その企業が就活の軸とぴったりであることを説明したら、入社した後の自分をイメージして、どのようなことに貢献できるのか書きます。

 

ちなみに、志望動機とは別に、自己PRで自分の強み(長所)も求められている場合は、その内容とリンクさせてくださいね。

 

【例文】

「入社した暁には、与えられた作業は正確にこなし、自分が何をすべきか考え、自発的な行動で業務効率アップに貢献します。」

 

800字書くのは大変ですけど、この流れなら僕でも書けそうです。

ここで紹介した項目には、それぞれ明確な目的があるからね。800字書いたとしても、無駄な文章は一切ないんだ!

志望動機を800字で書いた例文

f:id:syukatsu_man:20220129225345j:plain

 

構成や何を書けばいいのか分かったけど、「実際に文字にするとなかなか文章が出てこない!」という人もいるかもしれませんね。

 

そこで、ここでは志望動機を800字で書いた例文を3つ紹介させていただきますね。

自分に合わせてキーワードを書き換えて、志望動機を800字で書いたときの完成形をイメージしてみましょう!

 

例文① 大学職員を志望する場合の例文

 

「私は、生徒を教育できるほどの知識は兼ね備えておりませんが、日本の人材育成に貢献したいという思いから貴学を志望します。

大学は学生が学問を平等に学べる場であり、さまざまな経験ができる貴重な場所だと考えています。そして、学生にとって有益な情報を提供する役目が大学職員にあり、教員免許を持っていない私でも学生のサポートに回れる仕事がないか探したところ、大学職員という選択肢があることに気付いたのです。

実際に私は貴学で大学時代を過ごし、地域の交流や就職支援などの話を詳しく聞くべく、大学職員の方々と話をする機会がありました。私が尋ねるたびに嫌な顔一つせずに、質問に対して丁寧に対応していただいたことを思い出し、志望先に貴学を選ばせていただきました。

大学の働き手といえば教授などをイメージしていましたが、生徒一人ひとりに合わせて提供される有益な情報に助けられる場面が多々あり、学生を陰ながらサポートしている姿に感動したことは今でも覚えています。私は、人前に立って多くの人々を導くことは苦手なので、陰から見守り、見えない部分で多くの人々をサポートする仕事がしたいという思いで就活に臨んでおります。その思いに至ったのは、大学時代にアルバイトやサークル活動に勤しみましたが、リーダーとして活躍するよりも多くの人がやりたがらない掃除や道具の管理を得意にしていたからです。

大学職員は直接教育に携わる仕事ではありませんが、教育機関として重要な役割を担っています。大学職員が毎日地道に仕事をこなしているからこそ、教授は講義を行えて、生徒は講義を受けられると私は考えています。

貴学に内定をもらえたならば、私の業務が日の目を浴びることはないかもしれませんが、多くの学生がさまざまな経験を通して成長できるように貢献する所存です。(748字)」

 

例文② 金融業界を志望する場合の例文

 

「私は、相手に寄り添って物事を捉え、少しでも多くの人の助けになる仕事をしたいと考えているため、貴社を志望します。

私が金融業界を志望する理由は、融資という形で困っている人を直接助けることができると考えているからです。金融業界は多くの人々を金銭面で支える責任のある仕事と考えておりますので、困っている人々を助けられると思い志望しました。

金融業界の中でも貴社を志望する理由は、銀行としての役割に努めるだけでなく、信託サービスを提供することで、少しでも多くの顧客のニーズを満たそうとする企業努力が垣間見えたからです。また、お客様と接している職員だけでなく、裏で業務を行っている方々も店内のお客様に対して、笑顔で挨拶していた様子を拝見した際に、顧客意識を強く感じました。来店したお客様に対して挨拶をする銀行はあっても、しっかりお客様を見て挨拶をする銀行は見たことがなかったため、衝撃を受けた記憶があります。

私は、顧客に喜んでもらえる仕事をしたいという思いが強く、顧客意識の強い企業に入社したいと考えています。その考えに至った理由は、駅中のコンビニでアルバイトをしていたときに、一人のお客様から心の底から感謝されたことがきっかけです。2リットルのペットボトルを5本購入したお客様がいて、すでに手荷物を両手に抱えている状態だったので、近くのタクシー乗り場まで代わりに荷物を運んだことがありました。何度もお礼の言葉をかけられ、当然と思ってしたことでもこんなに人から感謝されることがあるのかと思い、そこで初めて感謝される喜びを知りました。

勝手ながら、人から感謝される仕事がしたいという私の思いと貴社の信条がマッチしたと感じ、今回志望させていただいた次第です。

貴社に入社した暁には、顧客の姿を想像しながら業務に励み、お客様と接する機会があれば、顧客満足度向上に貢献します。 (775字)」

 

例文③ITコンサルタント業界を志望する場合の例文

 

「私は、相手の課題解消に取り組み、さまざまな人の助けになる仕事をしたいという思いから貴社を志望します。

私がITコンサルタントを志望する理由は、学生生活の合間にプログラマーとして活動しており、その経験を活かして困っている人を助けたいと思ったからです。インターネットの普及により、システムを導入する企業も増えており、ITの知識を求める人は多くなっていると知りました。実際に3年間クラウドソーシングで仕事を請け負っていたので、せっかくならプログラマーの経験を活かしたいと思い、ITコンサルタントを目指すことにしました。

また、貴社を志望した理由は、海外の企業を対象に事業を行っているからです。私はプログラマーとして活動していた一方で、英会話教室でアルバイトもしていました。英検1級を取得しており、外国人とも日常会話をすることができるので、外国人を相手にコミュニケーションを取ることが可能です。プログラミング経験と英会話スキルを同時に活かせる会社を探したところ、幸運なことに貴社の話を耳にしたため、このたび志望させていただきました。

私は、プログラミングを通して人から感謝される喜びを知ってから、人のために働きたいという思いを持つようになりました。その思いに至った理由は、システムの更新のタイミングや機材のメンテナンスなど専門的な知識を提供しただけで、相手に非常に喜んでいただけたことが印象的だったからです。私の中では常識と思っていたことが、相手にとっては貴重な情報であることが多々あり、私が持っている知識を提供することで、喜んでいただける人がたくさんいることに気付きました。それ以来、私が持っている知識をもとに、多くの人々の助けになることをしたいと思うようになりました。

私が入社した暁には、相手の悩みに寄り添い、私が持っている知識をフル活用して、顧客の満足度向上に努めます。(778字)」

 

単純に志望理由や就活の軸を説明するだけじゃなく、小まめにエピソードを入れるのがポイントだよ

志望動機の質を高める方法

f:id:syukatsu_man:20220126110517j:plain

 

文章構成や例文を共有したので、これである程度の形は作ることができるかと。

ただ、それだけで終わってしまっては不十分なのも事実。

 

ここからさらに、差別化させるためのブラッシュアップが必要です。

よってこの章では、800字の志望動機を差別化させるための方法を共有します。

 

【差別化できる志望動機に仕上げる方法】

  • 就活エージェントを利用してプロに添削してもらう
  • ES閲覧サービスを参考にする
  • ES添削サービスを活用する

 

方法① 就活エージェントを利用してプロに添削してもらう

 

まずおすすめなのは「就活エージェントを利用して添削してもらう」方法です。

就活エージェントとは、求人の紹介から選考対策までを選任のサポーターが一貫して行ってくれるサービスのこと。

 

f:id:milysong:20210929155226p:plain

 

選考対策も行ってくれるので、もちろんエントリーシートの添削も可能です。

エージェントは全員就活のプロなので、具体的で確実に役立つアドバイスをもらうことができますよ!

第三者に見てもらうことで、自分では気づかなかったミスなどにも気づけます。

 

また、最大のメリットは紹介してもらった企業の選考後に、エージェントを経由してフィードバックがもらえること!

 

一般的なエントリーの場合は、企業からフィードバックはほとんどありません。

しかし、就活エージェントを利用して選考を受ければ、あなたのエントリーシートに対する採用担当者からの評価を知ることができるんです。

 

そんな就活エージェントですが、サービスが多すぎてどれを使えばいいか迷ってしまうかと思います。

僕が本当におすすめできるのはオンライン対応で全就活生が利用できる「ミーツカンパニー就活サポート」です。

これまで50以上の就活エージェントを見てきましたが断然1位。

 

上記の就活エージェントは十分な実績を持っており、運営も信頼できる企業が行っています。

僕が直接、運営会社にインタビューしたこともありますが、本当に信頼できる方ばかりで、サービスやエージェントの質も間違いありません!

 

また「イロダスサロン」も就活エージェントが利用できる就活サロンとしておすすめです。

こちらは利用者の上限があるので、気になる方は早めに登録しておくべきです!

(もちろん全て完全無料で利用できます。)

 

ただ、上記以外にも就活エージェントはあり、利用価値が高いものも多いです。

以下の記事で、僕が厳選したおすすめの就活エージェントをランキング形式で紹介しているので、こちらも合わせて必ず確認しておいてください!

 

 

方法② ES閲覧サービスを参考にする

 

2つ目は「ES閲覧サービスで他の就活生のESを参考にする」方法です。

ES閲覧サービスとは、会員登録するだけで過去に選考を通過した他人のESを見られるサービスのこと。

 

他の就活生の志望動機と比較することで、もっと追記できる部分や魅力的な書き方を知ることができます。

 

ちなみに僕は、他人のESを参考にして自分の文章を磨いたからこそ、ESの通過率は9割以上でした。

ES閲覧サービスの中でも特におすすめなのは「unistyle(ユニスタイル)」です。

 

▼3万人以上のESが無料で見られる!

f:id:milysong:20220114132004p:plain

引用:ユニスタイル「双日

 

会員登録をするだけで、なんと3万枚以上もの他人のESを見ることができるんです!

もちろん無料ですので、登録して損することはありませんよ。

 

【ユニスタイルの登録方法】

  1. unistyle無料会員登録」から登録を行う。
  2. 届いたメールにて本登録を行う。
  3. 無料で3万枚のエントリーシートにアクセスできる。

 

方法③ ES添削サービスを活用する

 

3つ目は、「ES添削サービスを活用する」方法です。

ES添削サービスとは、自分の書いたESを第三者に添削してもらえるサービス。

 

客観的な視点で添削してもらうことで、自分では気づかなかった点について指摘してもらえます。

他人に見てもらうことで、質の高い志望動機に仕上がりますよ。

 

これまで、あらゆるES添削サービスを見てきた僕が、本当におすすめできるサービスを厳選して以下の記事でまとめています。

「どのサービスがいいのかわからない」と迷っている就活生は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

作り上げた志望動機はどうしても主観的になりがちだけど、本選考で評価するのは他人なわけだから、客観的な評価を事前にもらっておくことが重要なんだ!

800字の志望動機を求める企業の狙いは?

f:id:syukatsu_man:20220121225309j:plain

 

800字も志望動機を書く必要があるのか、疑問に思っている人もいますよね。

これには企業側にいくつかの狙いが間違いなくあります。

主な狙いは以下の4つですね。

 

【志望動機を800字指定にする企業の狙い】

  1. 志望度の高さが内定を決める最重要項目となっている
  2. どうしても内定辞退を避けたい
  3. 業界や企業に対する理解があるのか知りたい
  4. 入社後の具体的なビジョンまで評価している

 

狙い① 志望度の高さが内定を決める最重要項目となっている

 

最大の狙いは”志望度の高さを重視していること”ですね。

つまり、就活生を評価する上で、志望度の高さが最も大きな評価項目となっている企業だということ。

 

志望動機だけで800字を書く場合、構成をしっかり考えて、内容を精査した上でまとめなければなりません。

エントリーシートの大事な項目の一つで、入社意欲が高いほど入念に作り上げるものなので、志望動機の内容でその企業への入社意欲が伝わります。

 

そのため、企業はあえて手間がかかる800字に設定して、応募者の本気度を量っているのです。

 

狙い② どうしても内定辞退を避けたい

 

志望動機の内容をチェックすることで、企業は内定を辞退する可能性があるかどうかを見極めています。

企業にとって欲しいと思った人材に対して内定を出すため、なるべく内定辞退を避けたいという気持ちがあるのです。

 

内定を辞退されると、企業にとって優秀な人材を手放すことになり、新たに人材を確保しなければなりません。

また、採用活動をするには宣伝費や人件費、会場費など多大なコストをかけているので、内定辞退者の数ほど、それまでかけたコストが無駄になってしまうのです。

 

先ほど紹介したように、800字の志望動機を書くことは非常に手間がかかるため、志望動機のクオリティが高い人ほど、それだけ入社意識が高いことになります。

入社意識が高い人ほど内定を辞退しない可能性が高いので、あえて手間がかかるようにして、応募者の本気度を確認している一面があるかと。

 

狙い③ 業界や企業に対する理解があるのか知りたい

 

800字の志望動機を求める理由に、業界や企業に対する理解度を把握することも含まれています。

800字も書くためには、業界や企業に対する思いを書かなければなりません。

 

経験豊富な採用担当者が志望動機の内容を読めば、応募者が業界や企業に対して具体的にイメージできているかを判断することは可能でしょう。

そのため、800字の志望動機を見れば、自社の価値観や働き方を理解している人を選定することができるのです。

 

業界や自社の業務内容を理解した上で応募している人は、何も理解せずに応募している人よりも退職する確率が低いと思われます。

せっかく採用したからには、少しでも長く働いてくれた方が企業にとっても嬉しいですから、初めから業務内容を理解した上で応募してきた人を採用したくなりますよね。

 

狙い④ 入社後の具体的なビジョンまで評価している

 

志望動機の最後に、入社後のビジョンを書くのが一般的ですが、より具体性を持っているかで評価が変わります。

貢献できる内容が抽象的に書かれていれば、採用担当者は応募者が入社した後の姿をイメージすることは難しいでしょう。

 

たとえば、「入社した暁には、自慢のコミュニケーション能力を活かして、仲間と切磋琢磨して会社に貢献していきます」のように決意表明をしても、具体的に働いている姿を連想できないですよね。

 

採用担当者が働いている姿をイメージできるように「与えられた任務をただこなすのではなく、自分に何が求められているのかを考え、先輩の仕事を奪うくらいの積極性で業務に取り組んで参ります」といったように、具体的に表現しましょう。

 

800字に設定しているのには、そのような理由があったんですね。

志望動機で800字も文章を書くことは大変だから、企業が応募者にどれだけの本気度があるかチェックしているんだ。

どうしても800字の志望動機が書けない場合の対処法

f:id:syukatsu_man:20211229130020j:plain

 

これまで紹介した構成をもとに考えても、なかなか800字に到達しない人もいるかもしれません。

そこで、ここでは800字の志望動機が書けない場合の対処法について紹介します。

 

特におすすめの方法は以下の3つです。

無理に引き延ばしたり、不必要な語句を入れたりすると、かえって印象が悪くなるので、これらの方法で対処するのがおすすめです。

 

【どうしても800字書けない場合の対処法】

  1. 通過した人のESを参考にする
  2. 企業の最新情報などを盛り込む
  3. 企業説明会やOB訪問にて濃い情報を得る

 

対処法① 通過した人のESを参考にする

 

志望動機がどうしても800字に到達しない人は、まず実際に通過した人のES(エントリーシート)を参考にしてみましょう。

実際にESを通過した人の志望動機は、その企業にとって合格ラインに到達している内容になっているはずです。

 

有名企業の内定者や選考通過者のESは、就活支援サイトで確認できます。

具体的には、先ほど共有した「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめですね。

 

unistyleでは、総合商社や銀行、食品、保険、外資系コンサルなどさまざまな業界の通過者のESをチェックできます。

6万枚以上のESを見られるので、あなたの希望する業界のESを参考にしてみてくださいね。

 

対処法② 企業の最新情報などを盛り込む

 

志望動機の文量を増やす裏技として、企業の最新情報を盛り込んでみましょう。

企業の最新情報は、その企業を志望するきっかけの話につなげられ、何より企業に興味を持っていることをアピールすることができます。

 

また、新事業や新開発などの最新情報は、入社後の抱負(貢献できること)とも相性が良いのです。

「入社した暁には、私の〇〇を活かしてプロジェクトのメンバーに入り、御社の新たなビジネス開拓に貢献していきます」のように、入社後のビジョンに具体性を持たせることができます。

 

ホームページの最新情報はもちろんですが、企業のSNSアカウントで発信している情報も貴重です。

企業が自ら発信している情報は網羅するようにしましょう。

 

対処法③ 企業説明会やOB訪問にて濃い情報を得る

 

企業説明会やOB訪問で得た濃い情報を盛り込むのも1つの対処法ですね。

ホームページや口コミでは知ることができない情報を加えることで、他の応募者の志望動機との差別化を図ることができます。

 

たとえば、先輩の新入社員時代の経験談は、以下のように入社後のビジョンを示すのに役立ちそうですよね。

 

▼OB訪問の情報を生かした例

「OB訪問では、入社後の現場研修の頑張り次第で、翌年から責任ある仕事を任せてもらえるとお聞きしました。私は少しでも早く責任ある仕事を任されたいので、入社後の現場研修で同期の誰よりも主体性を持って行動し、学べるものは全て吸収する勢いでがむしゃらに取り組んで参ります」

 

このように話を具体的にすることができます。

その企業に対して踏み込んだ人にしか得られない情報を交えて、オリジナル性の強い志望動機を作りましょう。

 

 

どうしても書けない場合は逆求人型サイトを利用するのがおすすめ

 

これらの対処法を実践した結果、どうしても800字を書き切れない場合は、もう800字を書くことを諦めるべきかと思います。

要は、800字の志望動機を求められない企業を受けるということ。

 

そこでおすすめなのが”逆求人型サイトを利用する方法”です。

逆求人型サイトとは、プロフィールを入力しておくだけで、企業側からオファーが届くサービスのこと。

 

f:id:syukatsu_man:20210916121327p:plain

 

プロフィールを見た上でのオファーなので、実質、書類審査が通った状態で選考に進むことができます。

よって、800字の志望動機を書く必要もありません。

 

逆求人型サイトの中で特におすすめなのが以下の2サイトです。

いずれも大手かつ利用企業数も多いことから、より多くの企業を網羅するためにも、この2サイトを利用するべきかと思います。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト|完全無料】

※これら大手2サイトをすべてプロフィールを登録しておくことで、自動的に企業が自分のことを認知してくれて、勝手にスカウトが届く仕組みは現状最効率かと。

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ーサイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

Offerbox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

800字の志望動機を書かないという手もあるんですね。

どうしても書けない場合の最終手段だけどね。就活は時間も限られているから、潔く諦めることも時には必要だよ。

800字の志望動機を書く際によくある質問

f:id:syukatsu_man:20220113142104j:plain

 

最後に、800字の志望動機を書く際に、就活生が抱きやすい疑問について説明していきますね。

特に、就活生からよく聞かれるのは以下の3つの質問です。

 

質問① 志望動機を800字で指定された場合は何割程度書けばいい?

 

一般的には、9割以上埋めるべきだと言われていますね。

そのため、720字以上は書いておきたいところ。

 

ただし、無駄な文字の付け足しや回りくどい表現はNGです。

たとえば、「~しないこともない」といった二重否定は無駄な表現と捉えられがちなので、まずは文字数を気にせず、適切な表現を心がけましょう。

 

質問② 800字の志望動機を書く際の注意点はなんですか?

 

一文を長くし過ぎないことに注意しましょう。

「長く書くために、少しでも文字をつなげよう」という気持ちは痛いほど分かります。

 

しかし、採用担当者が読みやすい文にしなければならないため、一文を簡潔にまとめることが重要です。

適切な一文の量は1~2行で、セリフなどを含める場合は長くても3行以内に留めましょう。

 

質問③ 志望動機の平均的な文字数はどれくらいですか?

 

一般的には、志望動機は400字に指定されている傾向があります。

400字であれば採用担当者も読みやすく、書き手も十分エピソードを盛り込むことが可能です。

 

ただし、400字は志望理由や入社後のビジョンなどを書けば、9割の360字は埋めることができるので、差別化しにくい特徴があります。

 

そのため、ESである程度応募者を分別しなければならない大手企業など、応募者の多い企業は800字に設定していることが多いでしょう。

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

この記事では、800字の志望動機の構成や質を高める方法、書けない場合の対処法など網羅的に解説してきました。

 

何度も言いますが、志望動機は企業が最も重視する質問項目です。

よって、800字というボリュームを指定された場合でも、一切手を抜くべきではありません。

 

ただ、800字を手抜きなしに書き切ること自体、かなりきつい作業です。

正直、多くの就活生は一部は妥協してしまいがちのため、ここで妥協することなく書き切ることができれば、それだけでも大きな差別化になります。

 

よって、この記事を参考に納得できる800字の志望動機を作りましょう!

ちなみにこの記事を読んだら、次に「志望動機の書き方を新卒に解説【就活ブロガーが丁寧に語る!】」も読んでみてください。

 

本記事では800字の志望動機の解説をしましたが、多くの企業では400字以内を指定されます。

この記事では400字程度の例文なども解説しているので、志望動機の質を追求するためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 800字の志望動機の構成は「①結論」「②業界を志望する理由」「③中でもその企業を志望する理由」「④就活の軸の説明」「⑤その軸になったきっかけ」「⑥軸と一致する旨の説明」「⑦入社後のビジョン・貢献できること」がおすすめ。
  • 志望動機の質を高めるには「就活エージェントを利用してプロに添削してもらう」「ES閲覧サービスを参考にする」「ES添削サービスを活用する」のがおすすめである。
  • 企業が志望動機を800字に指定する狙いは「志望度の高さが内定を決める最重要項目となっている」「どうしても内定辞退を避けたい」「業界や企業に対する理解があるのか知りたい」「入社後の具体的なビジョンまで評価している」などがある。
  • どうしても800字が書けない場合は、逆求人型サイトを活用する方法もある。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/