就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

公務員試験に落ちた“絶望やショック”から立ち直る方法!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・公務員試験(教員採用試験)に落ちたショックから立ち直りたい!

・民間企業への切り替えを検討している!

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!寝る前の趣味は小顔マッサージでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180827231403p:plain

最近、この就活攻略論で人気のある記事の一つが、公務員試験に落ちてしまった際の民間企業への切り替え方法の記事です。

 

僕自身は、大学時代に公務員試験を受けていないので、直接的には公務員試験で落ちた絶望やショックを知りません。

しかし、秋採用支援にて相談をくれる就活生の多くが公務員試験に落ちて途方に暮れている学生です。そのショックや絶望を近くで感じています。

 

たしかに、大学時代に多くの時間を投資して試験にのぞみ、結果として不合格となってしまえば当然その痛みは凄まじいものでしょう。更にはここで民間企業への就職に切り替えてしまったら今までの勉強は無駄になってしまうという思いもあると思います。

 

これらの悩みを解決する方法を先日ツイートしました。

 

本日の記事ではこれについて詳しく書いていきます。

何か一つでも、立ち直るための材料にしていただけると幸いです。

 

公務員試験に落ちたショックから立ち直るマインド

 

まずはじめに、僕はかなり現実主義の人間です。

「公務員試験に受かっていれば、将来は安定だったのに。」

厳しい言い方をしますが、そんな「タラレバ」を考えていても過去は変わりません。

 

更に言えば、そもそも公務員は安定ではないと思っています。

なぜ安定ではないのかは、後述しますね。

 

「かわいそうに」「頑張ったね」「来年があるよ」そんな甘いだけの言葉なら、近くの友達からもらってください。

僕は“根本的に”あなたを悩みから救ってあげたいと思っているので、現実的な言葉をかけていきます。

 

想像してみてください。

頭に痛みを感じて悩んでいる人に、「きっと大丈夫」「なんでもないよ」そんな甘い言葉をかけることは簡単ですよね。しかし、その頭の痛みを根本的に解決する方法は『医者に診断してもらうこと』であり、更に言えば『医者にいこうと歩きだすこと』です。

 

僕は公務員試験に悩む方に、行動を起こして欲しい。

悩みを根本的に解決するための、一歩目を踏み出して欲しいと思っています。

 

だからこそ、行動を起こすための情報や知識をお伝えしていきますね!

 

何の就活の知識がなくても、今からでも就活はできる

 

まず最初に話したいのですが...

たとえ今、就活に関して何も知識がなくても民間に就職することはできる

これははっきり言っておきたいと思います。

 

秋採用支援の相談を受ける際に、「就活に関する情報が何もないのですが、今からでも民間に就職できるでしょうか?」とよく聞かれます。

しかし、はっきり言ってもう内定を獲得した就活生のほとんどは、就活を終えた時点でさえ就活に関する知識は浅いんですよ。

それはなぜかと言うと、公務員を志望していなかった普通の就活生も、就活に関しての勉強をほとんどしていないからです。大学に言われた手順で自己分析をして、企業を選んで、面接をして、内定を取って、はい終了。現状はこんなもんです。

 

だからこそ、適当に企業を選んで入社する人が多く、従業員数が30人未満の企業では3年以内に離職する人が半数を超えるのです※。

厚生労働省「新規学卒者の離職状況」より 

 

ここで何が言いたいのかというと、

普通の就活生でさえ就活の情報が浅いのだから、今から就活を始めても遅くないよ!!

ということなんですよね。

 

 

更に言えば、就活攻略論を読んでいる就活生の数もまだマイナーなので就活への知識や対策法のインプットは普通の就活生を超えることができます。

なので、ぜひスキマ時間を使って1つでも多くの記事を読み込んでみてください!

(読みやすさを追求しているので、広告なども一切いれていません!)

 

そして、ここで加えて伝えたいのですが、9月以降も求人を出している優良企業はたくさんあります。

勘違いしないように言うと、「知名度の高さ≠優良企業」でして、自分に合う企業こそ優良企業だと定義することができます。

 

どうやって自分に合った企業を選ぶのかというところが気になると思いますが、こちらの記事にて書いているので参考にしてみてください。

(簡単な自己分析のやり方:自己分析の簡単なやり方【3つのステップで完了します!】 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

ここで伝えたことをまとめますね。

・今就活に関する知識が皆無でも、余裕で就活できる。

・9月以降も求人を出している企業はたっぷりある。

 

結局「萎えてるだけの時間」は無価値

 

今からでも余裕で民間への就活に切り替えができるとお伝えした上で、言いたいことがあります。

それは、「言い訳ばかりして結局何もしていないのは時間の無駄だよ」という当たり前のこと。

今から就活なんてできないよなーと悩んでいる時間は無駄ですし、それは言い訳に過ぎない。

 

来年もまた公務員試験を受けるなら、もう今から勉強を始めれば良いと思います。

それまではバイトで繋いでも良いでしょう。

民間企業に少しでも興味があるなら、必死に就活の情報を取り入れれば良いじゃないですか。

 

何がまずいかって、結局は動かないこと。

そして、来年の公務員試験まで適当に暮らして、落ちてと同じことを繰り返す。

それじゃ何も変わりませんよね。

 

まずは自分が公務員になぜなりたいのか、民間への就職はなぜしないのかをもう一度明確化して、それに応じた動きを今のうちに計画しましょう。

この就活攻略論でも、公務員に落ちてしまってから民間に切り替える方法は紹介していますし、他のサイトにも情報は山ほどある。それを取りにいかないのは本当にもったいないですからね。

(公務員試験に落ちてからの就活法:【公務員で落ちた場合も大丈夫!】民間への就活法と切り替え法を解説! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

民間企業は公務員よりも安定かもしれない

 

ちなみに公務員試験に落ちてからの就活法の記事にも書きましたが、僕は公務員よりも民間企業への就職をおすすめしています。

なぜなら、例えば市役所の職員の仕事はAI(人工知能)に代替される可能性が非常に高いんですよね。

(警察官や消防士など肉体労働は代替されにくいのでおすすめですが。)

 

そして、一度公務員としてのキャリアを歩みだすと、転職市場での価値は低くなります。これは当然の話で、企業からしても今まで利益を追求するような仕事をしてこなかった人を必要としないからです。

 

親の世代は公務員を安定だと言います。

そりゃそうですね。親の世代にはAIもなかったし、天下り先への監視も少なかった。

AIの詳しい知識もなく、市役所の職員を安定だと言っている人は、そろそろ電気が開発される時に、ろうそくを売る仕事を安定だと言っているようなものですね。

 

もし市役所の職員になりたいと考えている方は、ぜひAIについて調べてみることをおすすめします!

すると、これからの時代は転職も活発になってきているし、選択肢の多い民間の方が安定だなという思考ができると思いますから。

 

【まとめ】公務員試験に落ちてからの立ち直り方

 

最後に、本日の記事でお伝えした立ち直る方法をまとめて終わりたいと思います。

・就活の知識が皆無でも今から民間への切り替えは可能。

・来年もう一度受けるのなら、今から勉強を開始しよう。

・公務員は安定ではないことを認識して、それでも公務員を志望する理由を明確にしよう。

 

「公務員試験で落ちて知識がない状態でも就活する方法」を知りたい方は、ぜひ下記の記事にまとめているので参考にしてみてください!

公務員試験に落ちてからの就活法|【公務員で落ちた場合も大丈夫!】民間への就活法と切り替え法を解説! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

公務員試験に落ちてしまって辛いことはもちろん分かります。

努力したことが無駄になってしまうのは、言葉に言い表せない辛さがありますから。

しかし、点と点はいつか線になるように、あなたが公務員試験に向けて勉強をしたことはいつか役立つかもしれません。

 

過去の結果は変えられないですが、今からの行動は変えられる。

 

前を向いて、一歩踏み出しましょう!!

  

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー