MENU

【就活が面倒な人向けの裏ワザ3選】最効率で内定を獲得する方法!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

「就活は面倒だ!」と考えている就活生は多くいます。

まだ就活が始まっていない大学1年生や2年生に聞いても、「就活は絶対に嫌だ!辛そうだ」という意見しか聞きません。

 

そこで「就活をやらなければと思っているけれど面倒だな」と感じている人向けに、就活を効率よく進める方法を共有します!

また、就活を面倒だと感じる理由や気持ちの切り替え方もまとめているので、最後まで読んでみてくださいね。

 

就活が面倒なのですが、どうすればいいでしょうか。

面倒な人向けに少しでも楽に効率よく就活を進められる方法を共有していくよ!

\就活攻略論から求人サイトが生まれました!/
(僕が就活生の時に感じていた「働きやすい条件の良い企業だけを丁寧に紹介してくれるサイトはないのかな」を形にした求人サイトです!)

就活が面倒な人向けの裏ワザ3選

 

「就活って面倒だけどやらなきゃな…」と感じている人向けに、効率的に内定まで近づける裏ワザを3つご紹介します。

1人でコツコツ対策を行うことも大切ですが、面倒だなと思っている人は以下の方法でスピーディに内定獲得を狙いましょう。

 

【就活が面倒な人向けの裏ワザ】

  • 就活エージェントにサポートしてもらう
  • 逆求人サイトに複数登録する
  • 中小規模の合同説明会で内定のチャンスを広げる

 

① 就活エージェントにサポートしてもらう

 

就活が面倒な人は、就活エージェントを利用しましょう。

就活エージェントは、求人紹介から選考対策までサポートしてくれる無料サービスです。

 

就活で面倒に感じる企業探しを効率化できるのが大きなメリット。

自分で求人サイトを1つ1つ見ていくと手間がかかりますが、就活エージェントでは要望を伝えるとあなたに合う求人をパッと紹介してくれるんですよね。

 

また、たくさんの就活生を支援してきた知識やノウハウがあるので、有益なアドバイスをもらえます。

よって、1人で就活を進めるよりも、圧倒的に質の高い選考対策を行えるのです。

就活が面倒だと感じる人ほど、プロである就活エージェントの力を借りましょう。

 

これまで50以上の就活エージェントを見てきたなかでも、とくにおすすめなのは「ミーツカンパニー就活サポート」と「キャリアチケット」と「イロダスサロン」です。

僕がいま就活生だったら、この3つを利用しますね。

どれもオンライン面談に対応していますし、利用者からの評判がめちゃくちゃ良い。

内定にはやく近づくためには、上記3サービスすべての初回面談を受けることが大切です。

 

なぜなら、雑な対応をする担当者もいるので、最初に見極めておかないと求人紹介も選考対策も適当にされてしまう可能性があるから。

面倒な就活をはやく終わらせたくてエージェントを利用したのに、雑に対応されて時間がかかってしまっては意味がないですからね。

 

 

時間を無駄にしないためにも、はじめにいくつかの就活エージェントの面談を一気に受けて、ていねいに対応してくれる担当者を選びましょう。

親身になってくれるエージェントほど、すぐ担当枠が埋まってしまうので早めに面談を受けるのがおすすめですよ。

 

他の就活エージェントについては、「就活エージェントおすすめランキング【1位〜20位】」の記事にて、僕のおすすめをランキング化しておいたので、合わせて参考にしてくださいね!

 

② 逆求人サイトに複数登録する

 

逆求人サイトに登録して、出会える企業数を一気に増やすのも大事です。

逆求人サイトとは、プロフィールを登録しておくと、あなたに興味をもった企業からスカウトが届く仕組みの求人サイトのこと。

 

プロフィールを登録すれば、あとは待っておくだけでOKなのが魅力ですね。

就活が面倒な人にはぴったりのサービスといえるでしょう。

 

 

逆求人サイトもたくさんありますが、イチオシは「キミスカ」と「Offerbox(オファーボックス)」と「キャリアチケットスカウト」です。

それぞれ出会える企業が違うので、3つとも登録しておくのがおすすめです。

スカウトがもらえる確率も高くなりますしね。

 

就活が面倒だなと思っている人ほど、少しでも多くのスカウトを獲得するために1日でもはやく登録するのがおすすめですよ!

 

③ 中小規模の合同説明会で内定のチャンスを広げる

 

中小規模の合同説明会に参加して、内定をもらえるチャンスを広げましょう。

中小規模の合同説明会とは、数十人の就活生と数社の企業で行われる説明会のことです。

 

 

大規模な合同説会とちがって、企業の担当者との距離が近いのがメリット。

企業から直接スカウトをもらって内定につながることもあります。

 

実際に僕も、就活生時代「ミーツカンパニー」という中小規模の合同説明会に2回参加して、なんと2社から内定をもらえたんですよね!

就活が面倒だなと感じている人ほど、参加しないと損ですよ。

 

現在はオンラインでも参加できるので、地方の就活生も積極的に参加してみてくださいね!

 

【ミーツカンパニーの参加方法】

  1. ミーツカンパニー公式サイト」にアクセス
  2. 30秒無料エントリーから参加希望のイベントを選択
  3. メールの案内に沿って当日イベントに参加

 

就活が面倒な人は「効率化できるツール」の活用がマスト!

就活が面倒だと感じる人は、効率的に進められるツールを活用しましょう。

就活エージェントや逆求人サイトが企業探しの効率化につながるように、就活をスピーディに進められるツールがいろいろあります。

 

そのなかでも、就活を7年以上研究して「これらを利用すれば就活をめちゃくちゃ効率よく進められる!」というサービスを厳選しました。

就活が面倒くさい人は、以下のサービスをフルに活用して最短で内定獲得を目指しましょう!

 

▼僕が今就活生なら使うのは全13サイト(全200サイトから厳選)

01.ホワイト企業ナビ

利用目的:自分が知らなかったホワイト企業を知り、ホワイト企業のエントリー数を増やすため。

詳細:残業時間・離職率・年間休日の3条件がすべて日本企業の平均よりも良い企業だけを厳選している。

 

02.ミーツカンパニー就活サポート(全国の就活生利用可能/オンライン面談対応)

利用目的:キャリアチケットと併用してより多くの求人紹介と選考対策を受けるため。

詳細:キャリアチケットと同様、大手の就活エージェントで実績があるため信頼できる。

詳細:現状僕が最もおすすめしている就活エージェント。「就活エージェントおすすめランキング【1位〜20位】」にて1位。

 

03.キャリアチケット(全国の就活生利用可能/オンライン面談対応)

利用目的:就活エージェントから自分に合った求人の紹介と、エントリーシートの添削や面接対策などの支援を受けるため。

詳細:利用者の満足度・評判が非常に良く、選考対策が丁寧。

※就活エージェントに関しては、複数利用して担当者を厳選するのがベスト
(僕なら3つ以上の初回面談を受けて、質の高い担当者のみを厳選する)

04.Offerbox(オファーボックス)

利用目的:企業からのスカウトを受けるため。

詳細:利用企業数No1の逆求人サイトです。大手企業からもスカウトが届くので利用必須。

 

05.キミスカ

利用目的:企業からのスカウトを受けるため。

詳細:大手の逆求人サイトです。隠れ優良企業からのスカウトが届いたりと、オファーボックスと併用してスカウトを1つでも多く受けるようにすることで内定獲得しやすい企業との接点を増やしていきます。

 

06.就活ノート

利用目的:過去に通過したエントリーシートを閲覧するため。

詳細:ネット上でエントリーシートが無料で見れるサイトです。どんなエントリーシートが通過しているのか他の就活生が書いたESの確認に非常に便利です。別サイトのユニスタイルと2つ利用するのがベスト。

 

07.unistyle(ユニスタイル)

利用目的:過去に通過したエントリーシートを閲覧するため。

詳細:就活ノートと併用して閲覧できるESの網羅性を高めるため。

 

08.マイナビ

利用目的:企業を探してエントリーするため。

詳細:言わずもしれた掲載企業数No1の新卒向け求人サイトです。

 

09.リクナビ

利用目的:企業を探してエントリーするため。

詳細:マイナビにない企業が掲載されていることがあるので、マイナビとリクナビとキャリタス就活という大手3サイトの併用がベストです。

 

10.キャリタス就活

利用目的:企業を探してエントリーするため。

 

11.ワンキャリア

利用目的:企業を探してエントリーするため+選考情報の獲得。

詳細:企業のエントリーだけでなく、各企業の選考情報も知れる神サイトです。

 

12.ライトハウス

利用目的:企業の口コミ情報をチェックするため。

詳細:企業の口コミサイトです。非常にデザイン性が高く見やすいサイトなのでお気に入り。

 

13.Openwork(オープンワーク)

利用目的:企業の口コミ情報をチェックするため。

詳細:ライトハウスだけじゃ足りないのでこちらもチェックします。口コミサイトは複数見ることが重要で、1つの口コミだけを信じるのはNGです。

 

全部活用すれば、面倒な就活もはやく終わらせられそうですね!

そうだね。効率化できるところはサービスを利用して、重要な対策に注力しよう。

就活が面倒だと感じる理由

 

次に、「なぜ就活を面倒だと感じるのか」その理由を見ていきましょう。

就活が面倒だと感じる理由として、主に以下の5つが考えられます。

 

【就活が面倒だと感じる理由】

  • 大変そうなイメージがあるから
  • そもそもやり方がわからないから
  • 勉強やアルバイトで忙しいから
  • 就活をやる目的が明確になっていないから
  • がんばっても選考に落ちるから

 

① 大変そうなイメージがあるから

 

就活に対して、なんとなく大変そうなイメージを持っていると面倒だと感じます。

とくに、はじめる前から「就活ってやること多そうだし、大変そうだな」とイメージだけで、面倒に感じる人は多いです。

 

事実、就活はやることがたくさんあります。

自己分析、企業研究、ESの作成、数回の面接…など。

やることが多くて大変そうなイメージがあると、動き出すのが面倒くさいと思ってしまいます。

 

② そもそもやり方がわからないから

 

そもそも就活のやり方がわかっていない場合も、面倒に感じます。

就活をはじめていない人、就活の情報収集を行っていない人に多いですね。

 

漠然とした就活のイメージだけ持っていて、やり方や基礎知識を調べていないと、どう動き始めればいいのかわかりませんよね。

やり方がわからないと、なにから手をつけていいのか分からず「大変そうで面倒くさいな」と感じてしまうのです。

 

③ 勉強やアルバイトで忙しいから

 

大学の勉強やアルバイトで、普段から忙しくしている人も就活を面倒に感じます。

ただでさえ忙しいのに、就活をはじめるとより忙しくなってしまう。

 

今より忙しくなると想像するだけで、面倒に感じます。

ハードスケジュールを送っていて余裕がない人ほど、就活をしている余裕なんかないと思ってしまうのです。

 

④ 就活をやる目的が明確になっていないから

 

就活をやる目的が明確になっていないと、「なんのためにやっているんだろう」と面倒に感じます。

人は目的がはっきりしていないと、意欲が湧きません。

 

たとえば、目的なくダイエットをしているのと、好きな人とのデートのために痩せようと思うのでは、やる気がぜんぜん違いますよね。

目的があるかないかで達成率も大きく変わります。

 

⑤ がんばっても選考に落ちるから

 

就活をがんばっていても選考に落ち続けると、「もう面倒くさい」と感じてしまいます。

就活では、たくさんの時間と手間をかけて対策を行ったうえで選考を受けます。

 

かなりの労力を割いているにもかかわらず、選考に落ちてばっかりだとやる気が削がれてしまうのです。

なかなか内定が出ないことで、「面倒だしもう就活なんて辞めたい」とマイナスな感情が湧き上がってきます。

 

たしかに行動する前に漠然と「面倒くさそうだな」と思っていますね…。

大変そうなイメージがあるからね。面倒な気持ちを切り替える方法を次の章で共有するね!

就活を面倒だと感じる気持ちの切り替え方

 

ここからは、就活を面倒だと感じるときの気持ちの切り替え方を共有していきます。

面倒くさいと思って避けていても、いつかは向き合う必要がありますからね。

少しでも気持ちを楽にして就活に取り組めるよう、以下の4つを意識してみてください。

 

【就活を面倒だと感じる気持ちの切り替え方】

  • 就活の目的を明確にする
  • 1つずつ選考対策を行う
  • 就活に集中する期間をつくる
  • 面倒だからこそ早く終わらせる

 

① 就活の目的を明確にする

 

まずは就活をなんのためにやっているのかを明確にしましょう。

「みんながやっているから」「就活はやらなければいけないものだから」と漠然と思っている人は、目的を言語化してみてください。

 

なぜ就活を行わなければと思っているのかを深掘りしていくと、あなたが就活をする目的が明確になります。

目的が明確になると、その目的に向かって動き出しやすくなりますよ。

 

② 1つずつ選考対策を行う

 

一気に何でもやらないといけないと思うと、手間がかかりそうで億劫になってしまいます。

まずは1つずつ選考対策を行っていきましょう。

 

就活はどんな手順で行えばよいのか分からないと、「面倒だな」と感じてしまいます。

そこで、まずはやるべきことを紙に書いてリストアップしましょう。

やるべきことを細分化してみると、自分がなにから手をつければいいのかがわかり動きやすくなります。

 

③ 就活に集中する期間をつくる

 

就活に集中する期間をつくるのもおすすめです。

たくさんのことを一度に行おうとするから面倒に感じます。

また、やるべきことが多すぎると、すべてに集中できません。

 

アルバイトであればお休みをもらうなどして、一旦就活に集中する期間をつくりましょう。

就活に使える時間を増やすことで、気持ちにも余裕ができ「面倒くさい」という感情も和らぐはずです。

 

④ 面倒だからこそ早めに終わらせる

 

面倒だからこそ早めに終わらせると考えることも大切です。

つい面倒なことを先延ばしにしてしまう人もいますが、先延ばしにするほど面倒な気持ちが大きくなります。

 

手をつけるのを遅らせても、頭の片隅で「やらなきゃ」と考えてしまい、気持ちも落ち着きません。

面倒に感じることだからこそ、はやめに動き出して早く終わらせようという意識で取り組みましょう。

 

たしかに目的ややるべきことを明確にすると、動きやすそうですし面倒な気持ちも薄れそうです。

やる前から面倒に感じている人は、まず行動を起こしてみると気持ちも変わりやすいよ!

どうしても就活が面倒なら「他の選択肢」と比較する

 

ここまでで就活が面倒な人向けの対処法をお伝えしましたが、どうしても就活が面倒で動けない人もいるかと思います。

そういった人は、他の選択肢と比較してみてください。

 

就活以外にも、将来の選択肢はいくつかあります。

このまま就活をつづけた場合と、他の選択肢に進んだ場合どちらが自分が納得できる道か考えてみましょう。

 

【就活以外の選択肢】

  • フリーター
  • フリーランス
  • 企業
  • 留学
  • 進学
  • ニート
  • 専業主婦(主夫)

 

いま目の前にある就活が面倒だから、という理由だけで他の道に進んでしまうとつらくなってしまう可能性もあります。

なぜなら、就活以外の選択肢も決して楽な道ではないからです。

 

就活を進めるのか、他の道に進むのかじっくり考えましょう。

将来どう生きていきたいかを考えたうえで就活をしないというならそれも一つの道ですよ。

 

就活が面倒だからという理由だけで将来を決めると後悔する可能性がある。自分がどうしたいかじっくり考える時間をつくってみてね。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

就活を面倒だと感じる人はたくさんいます。

やることも多いですし、初めて行うことばかりで疲労も溜まるでしょう。

 

就活がどうしても面倒な人は、本記事でご紹介した「就活エージェント」「逆求人サイト」「中小規模の合同説明会」を活用してみてください。

かなり効率的に就活を進められますよ。

 

上記のサービスを活用しながらも、「なぜ就活を面倒に感じるのだろう?」と気持ちの原因も探りましょう。

原因を見つけることで改善策も見つかり、億劫な気持ちも楽になります。

 

どうしても就活が面倒で動けない人は、一度将来の選択肢について考えてみてください。

自分の将来を考えたうえで、納得のいく道を選択しましょう。

 

なお、「【就職したくない人必見】4つの原因とは?|対策法も合わせて共有!」で就職したくない人向けの選択肢について解説しています。

新卒で就職しないことのメリット・デメリットについてもまとめているので、一度読んでみてくださいね。

 

では最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょう。

 

【本記事の要点まとめ】

  • 就活が面倒な人は「就活エージェント」「逆求人サイト」「中小規模の合同説明会」を活用してスピーディに内定獲得を狙うのがおすすめ。
  • 就活を面倒に感じる理由は「大変そうなイメージがある」「そもそもやり方がわからない」「勉強やアルバイトで忙しい」「就活をやる目的が明確になっていない」「がんばっても選考に落ちる」などが挙げられる。
  • 面倒な気持ちを切り替えるには、「就活の目的を明確にする」「1つずつ選考対策を行う」「就活を集中する期間をつくる」「面倒だからこそ早めに終わらせる」のが効果的。
  • どうしても就活が面倒な人は、就活以外の選択肢と比較して自分の将来について考えてみる。