就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活の成功とは?|就活なんて「手段」でしかないって話

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活の成功について知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!スタバで席をたつとき、コップの下にできた水たまりを丁寧に拭いてから帰る人が好きですでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190827121151p:plain

僕が就活生の時に考えていた「就活の成功」は、

大企業に入ってチヤホヤされること

でした。

 

その結果、倍率がめちゃめちゃ高い大手食品企業に入社。

たしかにキャリアセンターの人には「まじかよ!すごすぎるやん!」と言われました。

親からは「やったねー、すごいじゃん!」と言われました。

友達からは「まじで!すごくね?」と言われました。

 

その時々は、すごい気持ちかった。

「チョー気持ちぃ!!!!」って感じ。

 

でも実際に入社してみると、別に何も大したことはない。

大企業という「最強の仕組みが整ったビジネスモデル」の前では、「自分じゃなくてもこの仕事は回せるじゃん。誰でも良いな」っていう無力感を感じました。

 

つまり大企業に入社することは、完全に自己満足だったんですよね。

僕みたいな「向上心の塊」ってタイプには食品大手企業は合わなかった。

今考えると当然なんですけど、その当時はとにかく「大企業に入ってチヤホヤされるのが就活の成功だ」って思ってたからそんなことは分かりませんでした。

 

そんな僕の経験を元に、今回の記事では「就活の成功」の本質についてまとめます。

「就活ってなんでやらないといけないんだろ」って悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくれると嬉しいです。

 

就活マンにもそういう時期があったんだなぁ〜。知りませんでした。

僕なんて、悩んで悩んで悩みまくっている人生だからね。 だからこそ伝えられることがある気がするんだよ。

就活は理想に近づくための手段でしかない

f:id:shukatu-man:20190827122056p:plain

 

僕は「キャリア」について、誰よりも勉強しているつもりです。

就活攻略論の運営を始めてからは、就活だけでなく転職や起業、副業、投資、結婚(恋愛)など、人生の幸せを決定付けることについて全て勉強しています。

 

そんな中、行きついた答えが1つある。

それは「就活は理想に近づくための手段の1つでしかない」ってことです。

 

大学生でいると、「就活の時期かよ〜、めんどくせぇ」とか「大学からエントリーシート講座の連絡きてるじゃん、仕方ないから参加するか」とか思いますよね。

僕も少なからずそう思ったことはあります。

 

しかしそもそも就活って、「義務」じゃないですよね。

小学校に通うこと、中学校に通うこと、これらは義務でした。強制参加。

しかし就活は別にしなくても良い。労働の義務はあるけど、別にアルバイトでもいい訳だしね。

 

そこで先日、こんなツイートをしました。

 

就活を義務だと思っている人多すぎ。
けど、就活は理想に近づくための「手段」でしかないんだよね。
 
理想がゆるく安定志向なら、化学や食品業界のルート営業が合ってるかも。
向上心が馬鹿高いなら成果型の企業かな。副業を試しまくるのもアリだよね。
 
就活は手段の1つでしかない。マジでこれ。

 

このツイートでは、こんな画像で「就活の成功」について僕の意見をアウトプットしました。

 

f:id:shukatu-man:20190827121156p:plain

f:id:shukatu-man:20190827121209p:plain

f:id:shukatu-man:20190827121218p:plain

 

要するにですね。

就活は「理想」に近づくための手段なんですよね。何度も言うけど。

 

そしてこの「理想」って人それぞれ違うんですよ。

例えば、「年収3000万円以上手に入れて毎日豪遊したい」のが理想って言う人もいますよね。

そんなの嫌だわ!私の理想は「お金は最低限で良いから仕事は楽で安定した生活を送りたいの」という人もいるでしょう。

他にも「毎日うどん生活でいいから夢を追いたいんだ。夢を追う日々が俺の理想だね」って人もいると思う。普通にかっこいいと思うし。

他には、「仕事に打ち込んで評価されることが理想だよ。向上心を刺激してくれる環境で毎日切磋琢磨(せっさたくま)したいからね!」って人も多いと思う。

 

ちょっとこの人たちの理想をまとめてみよう。

 

・年収3000万円以上手に入れて毎日豪遊したい

・お金は最低限で良いから仕事は楽で安定した生活を送りたいの

・毎日うどん生活でいいから夢を追いたいんだ。夢を追う日々が俺の理想だね

・仕事に打ち込んで評価されることが理想だよ。向上心を刺激してくれる環境で毎日切磋琢磨(せっさたくま)したいからね!

 

どうでしょうか?

理想って人それぞれ、本当に違うでしょ?

 

そしてそして、ここで重要なことは!

これらの理想において正解はないってこと。 

それぞれの理想は、“その人にとって”すべてが正解でもあるってこと。

これに尽きると、僕は思うんです。

 

その人の理想は、その人の中にしかない。

そして、他人の理想に対して他人がとやかく言うことはできません。

 

就活というイベントは、その理想に近づくための手段の1つ。

これが真理です。

 

たしかに理想が人それぞれ違うのなら、一概に「就活の成功はこれだ!」って言うことはできないですね。

そうなんだよ。みんな「就活の成功」という幻想を抱いている。でもそれは自分の中にしかないんだよね。 

就活の成功とは?

f:id:shukatu-man:20190827122253p:plain

 

就活は「理想に近づくための手段の1つ」だと理解できたら、就活の成功を理解することができます。

 

理想 ー 就活後 ← 今

という状況になれば、就活は成功と言えるんですよね。

 

逆に、

理想 ー 今 → 就活後

という状況になれば、就活はうまくいかなかったと言えますよね。

 

つまり就活の成功とは、

「10年後に幸せかどうか」

に他なりません。

 

就活の成功は未来にしか分からないんですよね。

過去に電通に入社した新入社員が自殺してしまったという悲しいことがありました。

「電通に内定が決まった」というこの一瞬の事実だけを見ると、それを就活の成功と言う人がいるかもしれません。

しかし、それは完全に間違いだと思います。

 

なぜなら1年後に「過労で自殺してしまった」という事実があるからです。

ここまで見て、就活で成功したという人はいないですよね。

 

ここが分かっていると、就活の成功を理解できるでしょう。

就活の成功は将来、理想に近づいて幸せに生きているかどうか。

年収が少なくても、役職がなかろうと、地元の小さな企業だろうと、その人が「幸せだな〜」って思えてれば、それは成功なんですよね。 

 

冒頭のツイートに加えて、僕はこんなツイートを追加しました。

 

だから地元の小さな企業に入った人とかを、「就活失敗か」とか思うのはアホ。10年後、「今めっちゃ幸せだわ」って思えている方が人生の勝ち組ってことを理解しておくと良いかも。
就活も転職も起業も副業も結婚も、すべてが理想に近づくための「手段」の1つ。その手段をどう使うのか、そこが大事。

 

就活が終わった時に、どこに入社しようが「成功」や「失敗」を語ることはできない。

それを語る人は、自分だけの判断軸で物事を語っているジコチュウです。

 

ぜひこの事実を胸にしまって、いかに就活を通して自分の理想に近づけるのかを考えてください。

「理想なんてないよ!」って人もいるかもしれません。

しかし、「残業時間が少ない方がいいな」とか「こんな生活がしたいな」っていう願望はあるでしょ?どんなに小さいことでもそれは理想の1つです。

 

自分の理想を明確化して、それに近づくための方法を考える。

そして就活を通して、理想に近づく。これが就活の正解だと僕は思っています。

 

就活をする意味に悩む人。

就活を面倒だと思う人は、まずは理想の明確化をしてみましょう。

人は「目的」がないと動けない動物ですからね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー