MENU

【岩谷産業の採用大学は?】学歴フィルターの有無も合わせて解説します!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した日本で唯一の求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。

20221107140602

ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!求人紹介の精度が高い担当者だけを継続利用!良い担当者だと神サービスだけど、担当者が微妙だと利用価値ゼロ。

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

今回は「岩谷産業株式会社の過去の採用大学や学歴フィルターの有無」について、徹底的に深堀りしたので、皆さんに共有していきますね。

 

企業を志望するにあたって、その企業が過去に自身が所属する大学から採用しているかどうかは、学歴フィルターの有無を確認する上で非常に重要。

 

そこで岩谷産業の過去の採用大学を一緒にチェックしていきましょう。

同時に、僕が考える岩谷産業からの内定を獲得するためのポイントまで、解説していきますね!

 

岩谷産業の採用大学・学歴フィルターの有無の考察・内定を獲得するための必須ポイントをこの記事1つで網羅していきます!!

岩谷産業とは?

【公式サイト】https://www.iwatani.co.jp/jpn/

 

岩谷産業株式会社は、水素&LPガスで国内シェアトップを誇る産業・家庭用ガス専門商社です。

 

LPガス、カセットコンロを中心とした「総合エネルギー事業」と、水素などの創業以来の「産業ガス事業」を主軸として、それらから派生した機械やマテリアル、自然産業なども行っています。

 

日本で最初の家庭用LPガスを販売し、人々の暮らしを大きく変えたのが岩谷産業なんですよね。

 

身近なところで言うと、カセットコンロはなんと国内シェア82%です。

そんな岩谷産業の会社概要は以下の通り。

 

会社名 岩谷産業株式会社
設立 1945年2月2日
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 牧野明次

代表取締役副会長 渡邊敏夫

代表取締役 社長執行役員 間島寬

本社所在地 大阪本社:大阪市中央区本町3-6-4

東京本社:東京都港区西新橋3-21-8

資本金 350億96百万円
従業員数 1,319名(2022.3.31現在)
平均年齢 39.6歳(2022.3.31現在)
売上高 4,634億92百万円(連結ベース 6,903億92百万円)
事業内容
  • 総合エネルギー事業
  • 産業ガス・機械事業
  • マテリアル事業
  • 自然産業事業

 

正直何をしている企業かあまり知らなかったんですが、実は日本の暮らしを支えているすごい企業なんですね。

そう、海外拠点も64ヶ所あるし、間違いなく大手企業と言えるね。就活生からも人気のある企業だから、内定を獲得するためにはしっかり情報収集しておこう!

岩谷産業の採用大学は?

 

ここからは、岩谷産業の新卒採用について情報を共有していきます。

マイナビ2023によると、岩谷産業の採用大学(2010年度以降)は以下の通り。

 

▼国立大学(一部抜粋)

秋田大学、大阪大学、岡山大学、お茶の水女子大学、九州大学、京都大学、京都工芸繊維大学、神戸大学、群馬大学、静岡大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学、千葉大学、長崎大学、横浜国立大学、広島大学、北海道大学、山口大学

 

▼公立大学(一部抜粋)

大阪府立大学、北九州市立大学、県立広島大学、下関市立大学、名古屋市立大学、兵庫県立大学、横浜市立大学

 

▼私立大学(一部抜粋)

青山学院大学、亜細亜大学、大阪経済大学、大妻女子大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、京都女子大学、近畿大学、慶應義塾大学、甲南大学、神戸女学院大学、国際教養大学、国際基督教大学、芝浦工業大学、上智大学、成蹊大学、聖心女子大学、専修大学、仙台白百合女子大学、椙山女学園大学、中央大学、中京大学、東京農工大学、東京理科大学、東洋大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、中村学園大学、南山大学、日本大学、佛教大学、法政大学、北星学園大学、武蔵大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、安田女子大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学

 

▼大学院(一部抜粋)

青山学院大学、秋田大学、愛媛大学、大阪大学、大阪教育大学、関西大学、学習院大学、九州大学、京都大学、京都工芸繊維大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸大学、埼玉大学、上智大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、鳥取大学、名古屋大学、名古屋工業大学、奈良女子大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島大学、北海道大学、三重大学

引用:マイナビ2023「岩谷産業(株)採用実績

 

地域や規模にかかわらず、幅広い大学、大学院から採用していることが分かりますね。

ただし、大手企業だけあって有名大学も多く見られるため、採用難易度は決して低くないと僕は考えています。

ちなみに、男女別・コース別の採用実績は以下の通りです。

 

▼過去3年間の新卒採用者数(男女別)

  男性 女性
2022年 37名 33名
2021年 35名 28名
2020年 42名 42名

▼過去3年間の新卒採用者数(コース女別)

  総合コース 事務コース
2022年 55名 29名
2021年 44名 19名
2020年 50名 20名

引用:マイナビ2023「岩谷産業(株)採用実績

 

毎年事務コースよりも総合コースの方が多めに採用していることが分かりますね。

男女比で見ると大きな差はなく、毎年バランスよく採用しているようです。

 

岩谷産業の選考に学歴フィルターはあるのか?

 

岩谷産業の採用実績が分かったところで、次にみなさんが気になるのは「学歴フィルターはあるのか?」という点ですよね。

結論から言うと、岩谷産業には学歴フィルターはないと僕は考えています。

 

なぜなら、採用実績を見る限り地域や大学規模にかかわらず幅広く採用しているからです。

学歴フィルターのある企業は、過去の採用実績が極端に有名大学(旧帝大や早慶など)に偏る傾向があるんですよね。

 

その点岩谷産業は地方の大学や中堅大学の採用実績も多いので、学歴だけでふるい落とされてしまう可能性は低いと判断しました。

 

総合コースと事務コースによる違いに注意

岩谷産業には学歴フィルターはない可能性が高いと説明しましたが、一点注意してほしいことがあります。

 

それは採用時点で「総合コース」と「事務コース」に分かれていること。

公式サイトの採用情報によると、以下のようなコース特徴が記載されています。

 

  総合コース(総合職) 事務コース(一般職)
初任給(モデル) 修士了:27万円/大学卒:24万円 短大卒:18万8千円/大学卒:20万円
仕事内容 営業、企画・マーケティング、総務・人事、財務、技術など 営業事務、補佐など

 

総合コースの方が業務範囲が広く初任給も高いことから、よりハイレベルな採用基準になることが予想されます。

よって、総合コースに限定すると有名大学からの採用が多くなっている可能性もあるんですよね。

 

コース別の採用大学は公開されていないため真相は不明ですが、総合コースに絞った場合ライバルのレベルが高くなるのは確実だと思いますよ。

 

学歴いフィルターがある企業・ない企業

学歴に自信がない人にとって、学歴フィルターがあるかどうかってすごく気になりますよね。学歴フィルターのことを知らずに選考を受けても、時間の無駄になってしまいますから。

 

僕自身中堅大学出身なので、就活生の頃はかなり気にしていました。

ですが、学歴フィルターがあることを公言している企業はないんですよね。

よって就活生が100%正確な情報を得ることはできません。

 

ただ、学歴フィルターの有無を見分けるためのポイントはいくつかあります。

それらを押さえておけばある程度見分けが付く。

学歴フィルターのある企業・ない企業の特徴については、以下の記事で紹介しています。

 

 

「なるべく無駄なことはしなくない」「学歴フィルターのない企業を知りたい」という就活生はぜひこちらも読んでみてくださいね。

 

岩谷産業の新卒採用倍率は?

 

岩谷産業の新卒採用倍率については、公表されていないので正確な数字は分かりません。

そこで同業他社の採用倍率から岩谷産業の倍率を予想してみました。

 

東洋経済オンラインの「内定の競争倍率が高い会社ランキング」によると、エネルギーの商社・卸売業の倍率は以下のようになっています。

 

  • 丸紅エネルギーは180.6倍(採用人数:総合職6~10名程度)
  • アストモスエネルギー 146.7倍(採用人数:総合職5~10名程度)
  • 三愛オブリ 68.5倍(採用人数:25名程度)

 

岩谷産業はこれらの競合にあたる企業なので、同じくらい人気があると予想できます。

ただし岩谷産業は採用人数が60~70名程度と多いため、倍率としてはもう少し下がるかもしれません。

 

よって岩谷産業の新卒採用倍率は50倍程度になるのではないか、というのが僕の予想です。

職種によっても異なると思うので一概には言えませんが、大手企業の中では比較的倍率が落ち着いている方かもしれませんね。

 

採用人数が少ない企業ほど倍率は高くなる傾向があるんだ。岩谷産業は競合企業よりも採用人数が多いから、その意味ではチャンスが多い企業と言えるね。ただ、ハイレベルなライバルが多いことが予想されるから油断は禁物だよ。

岩谷産業から内定を獲得するための必須対策

岩谷産業はエネルギー系専門商社の中でもトップクラスの企業であるため、採用においてもハイレベルなライバルが多いと考えられます。

よって「何となく受けて内定が出たらラッキー♪」というノリではまず内定はもらえません。

 

では、どうすれば内定獲得に近づけるのか?

ここでは岩谷産業から内定を獲得するための準備として、僕が考える必須対策を4つ紹介していきます。

 

【岩谷産業から内定を獲得するための必須対策】
  1. なぜ同業界の中でも岩谷産業じゃないといけないのかを明確化
  2. 岩谷産業の求める人物像を明確化する
  3. 志望職種における岩谷産業での働き方を明確に把握する
  4. 岩谷産業にOBOG訪問して社員から生の情報を得る

 

対策① なぜ同業界の中でも岩谷産業じゃないといけないのかを明確化

 

エントリーシートや面接で志望動機を伝える際は、「なぜ同業界の中でもその企業なのか」ということを明確化するようにしてください。

なぜなら、同業界の中でその企業を選んだ理由の説得力が高ければ選考突破率もぐっと上がるからです。

 

たとえば、あなたが異性から告白されるとしましょう。

そのとき「背が高い人が好みだから」と理由を言われたら、「じゃあ他の人でも良くない?」「本当に好きなの?」と良くない印象を受けますよね。

 

逆に、自分の性格や相性の良さを言ってくれると嬉しい気持ちになるはず。

就活もそれと一緒で、その企業にしかない魅力や特徴を伝えることで相手に思いが届きやすいんですよ。

 

なので、同業他社と比較して岩谷産業は何が魅力なのか、なぜ岩谷産業でなければならないのかを明確化してみてください。

(他社の悪口を言うのはNGですよ!)

 

この要素を含めた志望動機の書き方については、以下の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

対策② 岩谷産業の求める人物像を明確化する

 

続いて、岩谷産業の求める人物像を明確化するようにしてください。

というのも、自分の強みや将来のビジョンをアピールしても、それが企業の求めているものではなければ内定獲得にはつながらないから。

 

効果的なアピールをするためには、まず企業が求める人物像を把握することが大切なんですよね。

 

岩谷産業の場合、公式採用ページに「求める人物像」という明確な記載はありません。

そこで、マイナビの採用担当者のメッセージからヒントになりそうな部分をまとめてみました。

 

【岩谷産業の採用担当者からのメッセージ要点】

  • 究極のクリーンエネルギーとして水素の普及に取り組む
  • 脱炭素社会に向け、グローバルサプライチェーン構築を推進
  • 自主性が尊重される社風
  • 自由に挑戦することができる
  • 若いうちから責任の大きい仕事に携われる
  • 社内のつながりが強くフランクな雰囲気

参考:マイナビ2023「岩谷産業 会社紹介

 

採用担当者のメッセージから、「持続可能型社会の実現を一緒に目指せる人」「主体性を持って積極的にチャレンジできる人」が求められていると僕は感じました。

求める人物像を完璧に満たす必要はないので、少しでも自分に当てはまることがあれば積極的にアピールしてくださいね。

 

対策③ 志望職種における岩谷産業での働き方を明確に把握する

 

3つ目に、志望職種における岩谷産業での働き方を明確に把握するようにしてください。

なぜなら、職種によって配属先の可能性やキャリアの積み方、勤務地が異なるからです。

 

就活中は内定を獲得することで頭がいっぱいになってしまい、「とりあえず内定をほしい!」と職種の特徴まで細かく見ない人も案外いるんですよね。

ですが、何人もの就活生を見てきた採用担当者ならそんな浅い考えの人はすぐに見破れます。

 

仮に内定を獲得できたとしても、ミスマッチを起こし早期離職につながる。

なので、内定を獲得したいなら必ず入社後の配属先や仕事内容、キャリアの積み方について理解を深めておいてください。

 

岩谷産業では、総合コースと事務コースに分かれて新卒採用が行われます。

総合コースの場合、技術職メインでキャリアを積む研究所コースのほか、営業や企画・マーケティング、総務・人事、財務、技術などさまざまな可能性がある。

 

選択肢が複数あるからこそ、どのコースが一番自分に合っているのか、そのコースで入社した場合どんな職種に配属されるのかを理解しておいてくださいね。

 

対策④ 岩谷産業にOBOG訪問して社員から生の情報を得る

 

4つ目は、岩谷産業で働くOB・OGを訪問して社員から生の情報を得ること。

やはり現場の雰囲気や業務内容、働きがいなどリアルな情報を得られるのは大きいですね。

 

特に、その人が岩谷産業を志望した理由や入社してからのギャップ、面接で聞かれた質問などは選考対策に直結するので聞いておくべきかと。

また、OB・OG訪問はすべての就活生が行うわけではないので実施すればそれだけライバルに差をつけられます。

 

なので、大学の先輩を辿ったりキャリアセンターで調べたりして現在岩谷産業で働く人を探し、積極的にOB・OG訪問をした方が良いと思いますよ!

 

企業理解や職種理解を深めた上で、岩谷産業でなければならない理由をアピールすることが大切なんですね。

その通り。そのためにもOB・OG訪問はおすすめだよ。

【転職者向け】大手を受ける場合にしておくべきこと

 

転職で大手を受ける場合も、新卒と同様に中堅企業などを並行して受けるのがおすすめ。

中堅企業を受けることで大手の選考への対策になるし、精神的な余裕も生まれます。

 

具体的な方法としては、評判の良い転職エージェントを2~3社使い、紹介された企業を口コミサイトで調べてください。

親身になってくれる良い転職エージェントなら、自分に合う企業を紹介してくれる可能性が高いです。

 

そして自分でも口コミサイトでチェックすることで精度が上がる。

ちなみに、僕のおすすめの転職エージェントは以下の通り。

 

【おすすめの転職エージェント】

 

これらの転職エージェントは、オンライン面談にも対応しており、かつ親身な対応として口コミが非常に良いです。

(微妙な転職エージェントだと、大量の求人を押し付けられるだけ…)

 

なのでまず初回面談を受けて連携し、求人を紹介してもらったらその求人を「openwork」や「ライトハウス」などの口コミサイトで確認してください。

 

そしてその中で気になる口コミ(悪い意味で)があれば、担当者に事実確認をします。

シンプルですが、これがベストだと思いますよ。

転職における最適な方法については、以下の記事にまとめています。「転職先がブラック企業だったらどうしよう」と不安を持っている人はぜひ読んでくださいね。

 

 

岩谷産業の新卒採用の選考フロー

 

岩谷産業の新卒採用の選考フローはコースによって異なります。

 

【総合コース】

  1. エントリ―シート提出
  2. 適性検査
  3. 選考複数回
  4. 内々定

【事務コース】

  1. エントリ―シート提出
  2. 選考複数回
  3. 内々定

参考:マイナビ2023「岩谷産業採用データ

 

選考回数や内容についての情報は掲載されていませんでした。

エントリ―方法やコース選択などの詳細については公式採用ページやマイナビを確認してくださいね。

 

岩谷産業の評判や口コミを確認

 

最後に、岩谷産業の評判や口コミを紹介します。

以下は口コミサイト「openwork」における岩谷産業の社員からの評価スコアです。

 

引用:openwork 岩谷産業株式会社

 

総合評価は3.55(全企業の上位2%)となっていることから、社員の評判が良い企業であることが分かりますね。

特に法令順守と待遇面の満足度はスコアが高く、両方とも4.5を超えています。

ただし、人事評価の適性感や20代成長環境のスコアは低いです。

 

口コミにも「古くからの日本企業の体質」「好き嫌い人事になってる」といった意見が見られました。

なので、真面目で働きやすい企業である反面、実力で勝負したい人や若いうちから出世したい人には向いていないかもしれませんね。

 

口コミや評判からもどんな人に向いている企業なのかが分かるんですね。

そうなんだ。ただ、不特定多数の人が書いたものだから100%信じるのは危険だと思うよ。複数の人が同じような口コミを書いている場合は参考にしよう!

本記事の要点まとめ

 

本記事では、岩谷産業の採用大学や学歴フィルターの有無、採用倍率について紹介してきました。

岩谷産業は幅広い大学から採用しているので、学歴フィルターはないと僕は考えます。

 

そして採用人数が多いことから、同業他社と比べると倍率はそこまで高くないと予想される。

よって、中堅レベルの大学でも内定を獲得することは十分可能だと思います。

 

ただし採用枠には一般職も含まれるため、総合職に限定するとハイレベルなライバルが多くなるのは間違いありません。

 

なので内定獲得の可能性を高めたい人は、ここで紹介した対策法を徹底的に行ってください。

この記事を読んだみなさんの就活がうまく進みますように。

 

【本記事の要点】

  • 岩谷産業は規模や地域にかかわらず幅広い大学から採用しているので、学歴フィルターはないと予想される。
  • 正確な採用倍率は分からないが、同業他社の倍率や採用人数から予想すると50倍程度になると考えられる。
  • 岩谷産業の内定獲得を目指すなら、同業他社の中で岩谷産業を選んだ理由や志望職種における働き方、求める人物像などを深めておくべき。可能ならOB・OG訪問もした方が良い。
  • 口コミサイトによると社員からの総合評価は高いが、人事評価の適性感や20代成長環境は低めである。