MENU

【sky株式会社の採用大学】学歴フィルターの有無や新卒採用倍率も合わせて共有!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した日本で唯一の求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。

20221107140602

ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!求人紹介の精度が高い担当者だけを継続利用!良い担当者だと神サービスだけど、担当者が微妙だと利用価値ゼロ。

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

 

今回の記事では、sky株式会社の採用大学や学歴フィルターの有無、新卒採用倍率などについてバシッと解説していきます!

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

今回は国内大手IT企業であるsky株式会社について徹底解説していきます。

IT業界を見ている就活生にとって、sky株式会社は注目の企業ですよね。

テレビCMなどで露出も多い企業なので、知名度も高く、毎年就活生からも絶大な人気を誇っています。

 

そんな同社への入社を目指す上で「学歴フィルターってあるの?」「採用倍率はどれくらい?」というのは非常に気になるところ。

そこで本記事では、sky株式会社の過去の採用実績を元にして、学歴フィルターの有無や採用倍率、過去の採用大学実績等について解説していきます!

 

人気企業ランキングでも上位に入っている企業ですよね!

そうなんだ。就活生からの人気・知名度ともに抜群だからこそ、学歴フィルターの有無や倍率は事前に把握しておきたいところだよ。

sky株式会社の概要

 

【公式サイト】https://www.skygroup.jp/

 

sky株式会社はデジタル複合機や情報家電、教育やクライアント管理など非常に幅広い分野においてシステム開発を展開している大手IT企業です。

俳優の藤原竜也さんが出演するCMで知っている人も多いかと思います。

 

同社の事業は大きく2つに分かれており、自社パッケージ商品の開発・販売・サポートとそれに伴うICT環境の整備等を行う「ICTソリューション事業」、クライアントの依頼に応じて業務系システム等の開発を行う「クライアント・システム開発事業」が柱となっています。

 

そんな同社の会社概要は以下の通り。

設立から40年経っていない企業ですが、その規模は間違いなく大手といえますね。

 

会社名 sky株式会社
設立 1985年3月
代表取締役 大浦 淳司
本社所在地 東京)東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー 15階
大阪)大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル 20階
資本金 4億5千万円
従業員数 3417名 (2022年9月1日現在)
平均年齢 34.1歳(2022年4月1日現在)
売上高 829.3億円 (2022年3月期)
事業内容 ・自社パッケージ商品の開発・販売
・業務系システム開発
・組込み / 制御 / アプリケーション開発
・ソフトウェア評価/検証
・各種コンピューター / ネットワークのシステムインテグレーション事業
・関連機器のシステムインテグレーション事業
・上記関連分野のサービス事業

 

sky株式会社の採用大学は?

 

sky株式会社の概要について共有しました。

次にこの章では、sky株式会社の過去の採用大学についてお伝えしていきます。

sky株式会社の過去の採用大学実績については、以下のとおりでした。

 

▼国立大学(一部抜粋)

北海道大学、東北大学、筑波大学、群馬大学、埼玉大学、千葉大学、東京大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京農工大学、東京海洋大学、電気通信大学、一橋大学、横浜国立大学、名古屋大学、名古屋工業大学、滋賀大学、岐阜大学、三重大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪教育大学、大阪大学、神戸大学、奈良女子大学、奈良先端科学技術大学院大学、和歌山大学、九州大学、九州工業大学

 

▼公立大学(一部抜粋)

岩手県立大学、東京都立大学、静岡県立大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、京都府立大学、大阪市立大学、大阪府立大学、兵庫県立大学、県立広島大学、広島市立大学、北九州市立大学

 

▼私立大学(一部抜粋)

青山学院大学、学習院大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、芝浦工業大学、上智大学、専修大学、千葉工業大学、中央大学、津田塾大学、東京理科大学、東海大学、東洋大学、日本大学、日本女子大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、早稲田大学、中京大学、南山大学、名城大学、関西大学、関西学院大学、京都産業大学、京都女子大学、近畿大学、甲南大学、同志社大学、武庫川女子大学、立命館大学、龍谷大学、西南学院大学、福岡大学、福岡工業大学

 

▼専門学校(一部抜粋)

北海道情報専門学校、日本工学院八王子専門学校、ECCコンピュータ専門学校、神戸電子専門学校、京都コンピュータ学院、HAL

 

引用:マイナビ2023「Sky(株)採用実績

 

大学の規模や枠組みに関わらず、全国の幅広い大学から採用していますね。

また大学のほかに、専門学校から採用していることもわかりました。

その他の採用実績については、以下のとおりです。

 

▼採用人数

年度 人数
2022年 185名
2021年 160名
2020年 188名

引用:マイナビ2023「Sky(株)採用実績

 

▼男女比

年度 男性 女性 総数
2021年 104名 56名 160名
2020年 131名 57名 188名
2019年 145名 51名 196名

引用:マイナビ2023「Sky(株)採用実績

 

大手のIT企業であることから、毎年多くの就活生を採用していますね。

また、2022年度の採用数も185名となっており、新型コロナウイルスによる採用人数減少といった影響もないようです。

 

採用大学の幅も非常に広いですが、やはり知名度のある企業なので、選考の難易度が高いことは間違いないかと僕は考えました。

 

【超重要】人気企業を受ける際はエントリー数を増やしておくべき!

 

▼転職者向けの対策は以下から飛んでください

» 「転職で大手を受ける場合にしておくべきこと」はこちら

 

人気企業の場合、当然ですが倍率も高く、優秀な就活生が多数集まることから選考突破の壁は非常に高くなります。

そこで重要なのが「エントリー数を増やして内定確率を高めること」に尽きる。

僕も大手を志望していましたが、同時に中堅、中小企業へのエントリー数もその分増やすようにしてました!

 

 

 

大手を狙いつつエージェント経由で中堅・中小の内定を確実に取りに行く

エントリー数を増やすにあたり、求人を探すのはやっぱり面倒だし時間がかかる。

そこで僕がおすすめするのが就活エージェントから求人を紹介してもらう方法。

 

就活エージェントとは、面談を通して、あなたに合った求人の紹介から選考支援までを一貫してサポートしてくれる無料サービスのこと。

大手を狙いつつ、中堅・中小企業はこの就活エージェントから紹介してもらって確実に内定を取りにいく戦略は効率的だと僕は考えています。

 

ちなみに僕が今就活生なら「ミーツカンパニー就活サポート」と「キャリアチケット」の2つを併用しますね。

(どちらも大手のサービスで、全国対応かつオンライン面談も可能なので誰でも利用できる点も良い)

 

利用する場合は、必ず複数併用して担当者の質を比較してください!

自分に合ったエージェントを利用しないと、利用価値が低くなるので。

 

▼この点めちゃくちゃ重要なのでまとめてみました!

 

就活エージェントのおすすめに関しては別記事でランキング化しています。

合わせて参考にしてください!

» 就活エージェントおすすめランキング【1位〜20位】

 

公式ラインにて人気企業の採用大学や学歴フィルターの有無を”限定共有”

またsky以外にも人気企業と呼ばれる企業は存在しますよね。

それら人気大手企業計50社の過去の採用大学や僕が考える”学歴フィルターの有無”について、一つの資料に全てまとめました!

 

また、この他に”人気大手企業からの内定獲得方法”も解説しています!

中堅大学出身の僕が倍率100倍を超える大手食品メーカーに入社できたノウハウなので、再現性も非常に高いかと思います。

 

 

人気大手企業を狙っている方、学歴フィルターの有無や過去の採用大学実績を知りたい方はぜひ登録してみてください!

(週1回くらいのペースで配信するので、鬱陶しい配信にはならないようにしてます!)

» 公式ラインの登録はこちらから(完全無料です!)

 

50社の人気大手企業の採用実績を調べるとなると、膨大な労力がかかるよね。その情報を一気に確認できる便利なコンテンツだよ!

これ以外にも「面接頻出質問集」や「オリジナル自己分析シート」など、就活に役立つコンテンツを限定配信しているから、ぜひ登録してほしい!

sky株式会社に学歴フィルターはあるのか?

 

sky株式会社の採用大学についてご紹介しました。

次にみなさんが気になるのは「結局、sky株式会社って学歴フィルターがあるの?」という点ですよね。

 

結論から言うと、sky株式会社には学歴フィルターはないと考えられます。

最大の根拠はやはり過去の採用実績であり、全国の大学や専門学校から採用している実績があるため、学歴によって合否を決めているわけではないかと。

 

学歴フィルターを設けている企業の場合、過去の採用実績が極端に偏る(旧帝大、早慶だけなど)傾向にあります。

sky株式会社はそういったことが一切ないので、学歴フィルターはないと判断しました。

 

学歴フィルターがある企業・ない企業

中堅大学やFラン大学の場合、学歴フィルターってめちゃくちゃ気になりますよね。

僕自身、中堅大学出身なので常に気にしていました。

 

そもそも学歴フィルターがあるのに、そのことを知らずに選考を受けても時間の無駄になってしまいますからね。

 

ただ、学歴フィルターの有無を見分けるには、いくつかのポイントがあるんです。

それらの特徴を押さえておけば、ある程度見分けることが可能。

 

そこで今回、就活を7年研究し続けた僕が学歴フィルターがある企業とない企業を別記事にてまとめました。

中堅大学出身という学歴だからこそ、同じく学歴に不安を持つ就活生が実践できるように徹底的にこだわりました。

 

「高学歴じゃないから学歴フィルターがない企業を知りたい」「学歴フィルターを気にせず就活をしたい」「学歴フィルターのない大手企業を知りたい」といった就活生は必見です。

 

 

学歴で切られるのであればエントリーしない方がいいですからね。

無駄な時間になってしまうよね。事前に学歴フィルターがあるのかは調べておくべきだよ!

sky株式会社の新卒採用倍率は?

 

次にsky株式会社の新卒採用倍率について解説していきます。

skyが公式で新卒採用倍率を公表しているわけではないので、今回は大手求人サイトリクナビのプレエントリー数などを参考に、倍率を算出してみました!

 

【skyの新卒採用倍率】

  • 採用予定人数(2023卒):101~200名
  • プレエントリー候補リスト登録人数:94,864名

引用:リクナビ2023「Sky株式会社 採用情報

 

ここでは、プレエントリー候補登録人数を応募者数として計算してみます。

計算方法は、応募者数÷採用予定人数です。

 

この計算で算出した場合、skyの新卒採用倍率は474〜948倍となります!

もちろん推定の数字であり、職種によって採用枠が異なるケースもあるため、一概には言えませんが、高倍率であることは間違いなさそうです。

 

引用:キャリタス2023「就職希望企業ランキング:総合編

 

ちなみにskyはナビサイト各社が行う人気企業ランキングでも毎年上位に位置しており、23卒向けのキャリタスの調査でも総合13位という結果です。

 

これだけ人気・知名度があるということは、エントリーする就活生も多く、非常に倍率が高いことが予想されますね!

 

1000倍近い倍率があってもおかしくないですね。

そのレベルの人気企業だね。学歴フィルターがないといえど、選考難易度は非常に高いことが予想されるよ。

sky株式会社から内定を獲得するための必須対策

 

skyの採用倍率が非常に高いことは理解できたかと思います。

この高難易度・高倍率の選考を突破するためには、絶対に相応の対策も必要です。

 

そこでこの章では、僕が考える”sky株式会社から内定を獲得するための必須対策”を共有していきます。

僕自身、倍率100倍超えの大手食品メーカーに入社しているので、そこで実践したノウハウを含めて解説していきますね!

 

【sky株式会社から内定を獲得するための必須対策】

  1. 実際に通過したESなど有力情報を把握しておく
  2. 「好働力」に対する理解と共感を伝える
  3. なぜ同業他社の中でもskyなのかを明確にしておく
  4. インターンに参加して差別化を狙う
  5. 可能であればOBOG訪問を実施する

 

対策① 実際に通過したESなど有力情報を把握しておく

 

最初にすべき対策は「実際に通過したESなど有力情報を把握しておく」ことです。

具体的に言うと、「unistyle(ユニスタイル)」や「ワンキャリア」を使えば、過去にskyの選考を突破した人のエントリーシートや選考対策情報を得ることができます。

 

引用」ユニスタイル「Skyの企業研究

 

引用:ワンキャリア「Sky

 

特にワンキャリアの「ES・体験談」や「選考対策」では、合格の秘訣なども見ることができるので、非常に貴重な情報が得られますよ!

 

受験等でも過去問の勉強ってめちゃくちゃ重要ですよね。

就活においても、過去の選考内容を対策しておくことは同じレベルで大切ですので、2サービスでぜひ確認しておいてください。

 

対策② 「好働力」に対する理解と共感を伝える

 

みなさんsky株式会社の公式採用ページは確認しましたか?

見た人は気づいたかもしれませんが、いたる所に「好働力」という言葉が使われていますよね。

 

 

この好働力とは、「仕事が好き」「仲間が好き」「会社が好き」「自分が好き」という4つの思いから成り立っている言葉。(引用:sky株式会社採用ページより

これこそ採用において、skyが最も重視しているキーワードになります。

 

つまり、この言葉の意味を理解し、そこに対する共感を伝えることで、採用担当者にも非常に刺さるということ。

これだけ強調しているわけですから、重視しないはずがありません。

 

「好働力」のどこに共感したのか、この点に具体性を持たせてアピールすることで、他の就活生と差別化を狙うのがおすすめです!

 

対策③ なぜ同業他社の中でもskyなのかを明確にしておく

 

エントリーシートや面接などにおいて必ず質問される項目が”志望動機”ですよね。

「なぜ当社を志望したのか?」この点については、早期離職やミスマッチ、内定承諾率などに直結する部分なので、どの企業の担当者も非常に気になっています。

 

逆に言えば、この点の説得力が高ければ、それだけ選考突破確率も高まるということ。

それを伝えるのが志望動機であり、志望動機については「①なぜその業界なのか」「②その業界の中でもなぜその企業なのか」の2点が重要なポイントになります。

 

skyについても同業他社は数多く存在しているため、数ある企業の中からなぜ自社を選んだのかは興味を持っています。

上記の①、②を押さえた志望動機の書き方については「志望動機の書き方を新卒に解説【就活ブロガーが丁寧に語る!】」に詳しくまとめているので、こちらを参考に志望動機を作成してみてください!

 

対策④ インターンに参加して差別化を狙う

 

人気・知名度が高く、高倍率が予想されるskyに入社するためには、多くの就活生の中で印象に残ることが必須です。

そこで絶対に参加したいのがskyが実施するインターンになります。

 

【skyのインターン内容(24卒向け)】

 

①好働力!体感インターンシップ・オンライン

1人で取り組めるオンラインのインターンシッププログラムなので、ご都合に合わせてどこからでもご参加いただけます。選考はございませんので「まずはIT業界のことを知りたい」「Sky株式会社のことを知りたい」という方は、ぜひご参加ください。

 

②好働力!体感インターンシップ・オンライン

内容は基本的に「1人で取り組む」ものと同じですが、こちらは参加者でグループになって取り組んでいただくプログラムです。さらに、ワーク終了後に採用担当者への質問タイムを設けておりますので、Sky株式会社に対する疑問・質問があればご遠慮なくお聞かせください。なお、こちらのプログラムは参加者を選考させていただきますので、まずはエントリーをお願いいたします。

 

引用:sky株式会社「インターンシップ

 

オンラインインターンであれば選考なしで参加することができます。

インターンでしか得られない情報や採用担当者との関係づくりなど、参加するメリットが非常に大きいため、skyへの入社を目指すなら参加必須ですね!

 

sky株式会社インターンページ:

https://www.sky-recruit.jp/internship/

 

対策⑤ 可能であればOBOG訪問を実施する

 

もし知り合いの先輩や同じ大学の卒業生で現役の社員がいる場合は、必ずOBOG訪問をすべきです。

現場のリアルな情報のほか、その人自身が行ったskyへの選考対策なども聞くことができるので、選考を突破するためにも非常に有効な手段かと。

 

インターン同様、選考を受ける全ての就活生が実施できるわけではないからこそ、実施できればそれだけ大きな差別化になるので、ぜひ検討してみてください。

 

やはり事前の情報収集が重要なんですね。

間違いないね。有益な情報を集めつつ、いかにして採用担当者の印象に残るか、この点が非常に重要だよ!

【転職者向け】転職で大手を受ける場合にしておくべきこと

 

転職で大手を受ける場合も新卒と同様に、中堅企業などを並行して受けておくことで、大手企業の選考に対する対策にもなりますし、精神的な余裕も生まれます。

では具体的にどうするべきか。

 

僕がもし今転職するなら「評判の良い転職エージェントだけを2〜3社使う→紹介された求人を口コミサイトで調べる」がシンプルですが最適解だと考えています。

 

 

ポイントは必ず親身になってくれる良い転職エージェントを使うことと、口コミサイトで自分でもしっかりと1社1社確認すること。

僕のおすすめの転職エージェントは、20代なら「就職Shop」と「UZUZ(ウズウズ)」です。

(理系出身者であれば「UZUZ理系」で特化する方法も併用すべきです!)

 

ITエンジニアなどのWeb業界への転職を考えている場合は「レバテックキャリア」が、僕が調べたところの口コミが最も良く、年収が上がる転職ができることが多いです。

以下の口コミにあるように、レバテックキャリアは年収が高いホワイト企業の求人も多いのが魅力です!

 

 

これらの転職エージェントは、オンライン面談にも対応しており、かつ親身な対応として口コミが非常に良いのでおすすめです。

(僕は超大手の転職エージェントを利用したことがありますが、大量の求人を押し付けられるだけだったので微妙でした...)

 

これら評判の良い転職エージェントの初回面談を受けて連携し、求人を紹介してもらったら、紹介された求人を「openwork」や「ライトハウス」といった口コミサイトで確認してください。

 

そしてその中で「これは嫌な口コミだな、情報だな」と思うことがあれば、担当者に話して事実確認を進める。

これがシンプルですが、ベストです。

 

これらの方法をステップごとに以下の記事にてまとめました。

転職で「ブラック企業だけは絶対に避けたい!」という方には絶対に実践してほしい内容なので、ぜひご覧ください!

 

▼ホワイト企業転職への3ステップ

【転職を5年研究した僕の最適解】"ホワイト企業に"転職するための具体的な方法!

 

sky株式会社の新卒採用の選考フロー

 

次にsky株式会社の新卒採用における選考フローを共有しておきます。

こちらと合わせて、公式採用ページで最新の情報も必ず確認してください。

 

【sky株式会社の新卒採用の選考フロー】

  1. エントリー(各ナビサイトもしくは企業マイページ)
  2. 会社説明会
  3. 採用担当による面接
  4. 現場面接
  5. 最終面接
  6. 内定

参考:sky株式会社新卒採用サイト「採用フロー

 

なお、エントリー先や選考内容は希望職種によって異なります。

エントリー時に職種を間違えないように気をつけてください。

 

【口コミチェック】sky株式会社の評判は?

 

最後のこの章では、skyの口コミや評判についてチェックしていきます。

いくら人気のある企業とはいえ、必ずしも働きやすい会社だとは言い切れませんよね。

 

よって、エントリー前や内定承諾前には必ず口コミをチェックすべきです。

skyの評判は以下のとおりでした。

 

引用:Openwork「Sky株式会社

 

総合評価が4.08となっており、非常に評判が良いことがわかりますね。

画像記載のとおり、これは上位1%に入るほど優秀な数字であり、他社に比べても評判が良好だと言えます。

 

特に法令遵守意識は満点に近い数字となっています。

残業時間も平均程度であり、有給休暇消化率も62.2%と高い数字なので、働きやすい環境が整っていることがうかがえます。

 

ちなみにこの評判は202名の回答者から算出されているので、データについてもある程度信用できると思いますね。

 

口コミでこれだけ良い結果なのは珍しいですね!

そうだね。知名度や人気が高いのは、こうした口コミの良さも大きく影響しているんだろうね。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

Sky株式会社の採用大学や学歴フィルターの有無、新卒採用倍率などについて、かなり幅広く理解できたかと思います。

 

Skyでは学歴フィルターがないことが予想されますが、その一方で人気や知名度も抜群なので、倍率が非常に高くなるのは間違いないかと。

やはり重要なのは”他の就活生と差別化を狙う”ことだと思います。

 

ちなみに中堅大学出身の僕が大手食品メーカーに入社できたのも、この差別化戦略を徹底したからです。

その時に実践したノウハウについては「【最重要】「倍率の高い難関企業からの内定」を獲得するために僕が取った行動を共有!」に詳しくまとめています。

こちらも合わせて参考にしてください!

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりにしましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 過去の採用実績などを見る限り、Skyには学歴フィルターがないと思われる。
  • プレエントリー数などからSkyの新卒採用倍率は474〜948倍程度であると予想される。
  • 人気・知名度のあるSkyに入社するには、採用担当者の印象に残るための差別化戦略が重要である。
  • 口コミサイトによるとSkyの評判は非常に良好である。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/