就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活生向け】グループディスカッションの練習方法・完全版

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・グループディスカッションの練習法が知りたい

・グループディスカッションで場数を踏む手段が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!グループディスカッションの通過率は当時100%でしたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190101152039p:plain

ネットには様々な「グループディスカッションの練習法」が書かれています。

しかし、最初に断言しますが「イメージトレーニング」や「一人でできる練習法」なんてものは非効率的です。

 

スポーツを想像してください。

いくらやり方が分かったとして、頭の中でイメージトレーニングをしても実際やるのとでは大きな差が生まれますよね。練習試合を多くしている人には絶対に勝てません。

 

そこで本日の記事では「グループディスカッションのおすすめの立ち回り」とともに「場数の踏み方」をあわせて紹介します。

 

グループディスカッションに関して言うと、

100回のイメージトレーニングよりも1回の場数。

もうこれに尽きます。

 

本日の記事さえ読めば、その方法をマスターすることができるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 

僕は選考ではグループディスカッションの通過率は100%だった。だけど最初はグループディスカッションが本当に下手だったんだよね!場数により成長したよ。

 

就活におけるグループディスカッション(GD)とは?

 

グループディスカッションとは、与えられたテーマを元に複数人のグループで話し合い結論を出すというものです。

「ディスカッション」は直訳すると、討論や討議という意味。

 

しかしここでは「アイデアの出し合い」や「一つの問題を解決するために話し合う」という意味で解釈するとわかりやすいですね。

「グループでアイデアを出し合う」「グループで一つの問題を解決するために話し合う」というまさに言葉の通りの意味を持っています!

 

グループディスカッションは就活生なら練習が必須

 

最初にお話する必要があるのですが、就活における「面接」と「グループディスカッション」に関しては場数がモノを言います。

いわゆる慣れが重要です。

 

アルバイトを想像するとわかりやすいのですが、出勤初日ってめちゃくちゃ緊張するし、何をやってもうまくいかないじゃないですか。

ですが一ヶ月も出勤していると、どんな作業も淡々とこなせるようになりますよね。

これがまさに「慣れ」に力です。

 

面接やグループディスカッションって今までの人生で場数を踏む機会はほとんどなかったと思います。

まだ面接ならアルバイトなどの面接で慣れているかもしれませんが、もはやグループディスカッションに慣れている人なんか、アメリカの大学に通っているでもない限りいませんよね。

 

しかしこれがチャンス!

ほとんどの就活生がグループディスカッションの場数を踏んでいない、つまりほとんど練習していないがゆえに自分は練習しておけば、大きな差になります。

「アルバイト一年目 VS アルバイト初日」みたいな構図になりますw

 

だからこそグループディスカッションの練習は必須です。

この就活攻略論の読者の皆さんは、必ず場数を踏むようにしましょう!

具体的な練習方法と、おすすめの役割を紹介していきますね。

 

グループディスカッションの就活生向けの練習方法

f:id:shukatu-man:20190101155329p:plain
 

ではここからは具体的なグループディスカッションの練習方法を紹介します。

おそらく多くの方は「大学が主催してくれる対策講座」のようなものに頼っているかと思いますが、それだと開催数も少ないですし、他の就活生と差別化することはできません。

 

また「就活塾」に通ってグループディスカッションの練習をする人もいますが、就活塾のほとんどは年間20万円ほどの費用がかかります。

僕が就活生の時は貧乏だったので、この選択はありえません。

 

では一体どこで練習をすれば良いのか。

僕が絶対におすすめするグループディスカッションの練習法こそ「スカウト型イベントへの参加」となります。これは本当におすすめです。

 

スカウト型イベントに参加して実践を積む

 

まずスカウト型イベントは「内定直結型の合同説明会」とイメージすると分かりやすいです。

普通の合同説明会は複数の企業が「自社の説明」をして終了しますが、スカウト型イベントは「自社の説明」に加えて、そのあとグループディスカッションが行われます。

更にそこで企業が気になった人をスカウトし、スカウトされた人はそのまま個別面談へと進み選考が進んでいく神イベントですね。

 

このイベント自体が早期の内定獲得に繋がるのでおすすめしていますが、特に今回の記事で注目して欲しいのが「企業がスカウトするために行われるグループディスカッション 」です。

つまりこのイベントは会社の説明や内定に繋がるだけでなく、グループディスカッション の練習が積めるイベントとしても機能します。

 

ここでわかりやすいように合同説明会との違いを図解します!

 

f:id:shukatu-man:20190101160257p:plain

【図1】合同説明会とスカウト型イベントの違い ©就活攻略論

 

これをほとんどの就活生は知らないため、グループディスカッションの練習をせずに「アルバイト初日くん」として就活本番を迎え撃沈するという人が続出します。

 

ぜひスカウト型イベントに参加してグループディスカッションの練習をしつつ、内定にも繋がったらラッキー!という気持ちで参加しましょう。

ちなみに僕はこうした早期内定の獲得に繋がるイベントに参加し、5月までに6社の内定を獲得しました。

 

住んでいたのは愛知でして開催数が少なかったので、夜行バスで大阪に行って参加していました。僕は就活は人生を左右する一大イベントだと思っているのでそのぐらいの努力はして当然だと思っています。

 

「地方に住んでいるから」という言い訳をしていても、人生は何も変わらないし誰も助けてくれないのでぜひ積極的に食らいついていきましょう!

ちなみにスカウト型イベントを開催しているキミスカさんのツイートでも、地方からの参加者がいることをつぶやいていますね。

 

 

高知からも参加されている人がいるとのことです!

要するに動いている人は動いているんですよね。

 

スカウト型イベントの参加方法

 

このスカウト型イベントを開催している企業は複数あるのですが、その中でダントツにおすすめなのがキミスカが開催する「キミスカLive!」というスカウト型イベントです。

就活攻略論ではこれ一択で紹介しているので、登録方法と参加方法を簡単に説明しておきますね!

 

【キミスカの無料登録方法】

こちらからキミスカのトップページへ移動

f:id:shukatu-man:20181225125002p:plain
 

②入力項目を入力して登録

f:id:shukatu-man:20181225124958p:plain

 

③会員登録は以上です!

 

【会員登録後のスカウトイベントへの参加方法】

 

①マイページ上部の「イベント」をクリック

②イベント内の「開催予定のキミスカLive」をクリック

f:id:shukatu-man:20181226092404p:plain

③スカウトイベント一覧が表示されるので、参加したいイベントをクリックして予約。

f:id:shukatu-man:20181226092342p:plain

 

ぜひこのスカウト型イベントは複数回参加してください!

なぜなら参加する度にグループディスカッションに慣れていくからです。

するとスカウトされ早期内定にも繋がり、本選考でのグループディスカッションの通過率も抜群に上がります。

 

▼「スカウト型イベント」の詳細は別記事にも書いていますよ!おすすめです!
【スカウトで内定を獲得するコツ】就活でのスカウトは実際どうなの?

 

グループディスカッションの練習は1人でしても無意味

 

具体的な練習の積み方が分かったところで、よくある勘違いについて少し話したいと思います。

Googleで「グループディスカッション 練習」と検索すると予測で「グループディスカッション 練習 1人」と出てきます。

つまり多くの人が1人でグループディスカッションの練習を積む方法を探しているということですね。

 

これに対してキツイですが、

1人でグループディスカッションの練習なんて出来るわけないでしょ

と言っておきます。

 

異性とうまく話したいという中学生が、イメージトレーニングでどれだけ会話の練習を1人でしても無意味なのと同じで、何度も言いますが実践による場数が重要です。

もちろん全く意味がないわけでないですが、100回1人で練習するなら、1回グループディスカッションの実践を積むほうが効率的だと僕は考えていますし、絶対にそうでしょう。

 

グループディスカッションの練習は1人で行おうとはせずに実践の舞台に立つことをおすすすめします!

 

百聞は一見に如かずと同じ。何をすることが一番効率的なのかを考えて行動しよう!


グループディスカッションは「書記」の役割を練習しよう

 

ここまでグループディスカッションで場数を踏むことの重要性と、スカウト型イベントを活用した場数の踏み方を紹介しました。

ここからは具体的に「グループディスカッションの練習を行う上でのおすすめの役割と立ち回り法」を紹介しておきますね。

 

ただ場数を踏むだけではなく、評価されるための立ち回り法までマスターすることが重要なので。

 

ではまずは「おすすめの役割」を紹介しましょうか。

グループディスカッションはメンバーが主に「司会」「書記」「タイムキーパー」「役割なし」の役割を担うところから始まります。

 

そこで圧倒的におすすめの役割が「書記」です。

この書記としての立ち回り方を別記事で詳しく解説しました。

ポイントだけ抜粋しておきます。

 

【書記としての立ち回りポイント】

・箇条書きで議事録を取るのではなく樹形図で議事録を取った。

・途中で一度まとめの時間を作った。

 

ほとんどの人が「書記なんて目立たないから評価されない」と思っています。

しかしだからこそ少しの工夫で「あの書記は違う」となるんですよねw

 

普通の人は書記の役割になれば、議事録を「箇条書き」で取りますよね。

こんな感じで!

f:id:shukatu-man:20181227103314p:plain

 

そこで少し工夫して、議事録は「樹形図」で取りましょう!!

こんな感じですね。

 

f:id:shukatu-man:20181227104606p:plain

 

すると各グループを回っている面接官は「あのグループの書記はすごいな!」と確実になります。確実に、です。

こうした書記の立ち回り方をマスターした上で、スカウト型イベントでの場数を踏めば通過率100%になることは間違いないので、ぜひ実行してください!

 

書記の立ち回り方に関する詳細は別記事でまとめているので、あわせて参考にしてくださいね!

▼書記の立ち回り方の詳しい説明はこちらの記事から!
» グループディスカッションでの役割のおすすめは「書記」|立ち回り解説

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

グループディスカッションはほとんどの人がこれまで場数を踏む機会がなかったからこそ、少しの努力で差をつけることができます。

 

更には紹介した書記の立ち回り方を知っておくだけで評価されるように、知識やテクニックを身につけているだけで通過できます。

ここ最近、グループディスカッションを選考に取り入れる企業も増えてきているので、ぜひ対策法をマスターして確実に選考突破できるようになっておきましょう!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー