就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【リクナビとは?】使い方を徹底解説|使うべき8つの機能を共有!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【就活マンおすすめの逆求人サイト】

※完全無料で利用できるサイトです!

 

キミスカ|就活生向けの大手逆求人サイト

ースカウトが届いた企業からの内定獲得率が高い!
ープロフィール登録が5分で終わるぐらい簡単だった!

 

 

 

【現状最もおすすめの就活エージェント】

 

ミーツカンパニー就活サポート
ー完全無料かつオンライン面談にも対応してる!
ー2000社という圧倒的な求人数で「就活マンが考える就活エージェントランキング」で1位!
ー就活後半になると東証一部の内定辞退枠とかも紹介してもらえるのが実はエージェントの最大メリットだったりする。

 

「逆求人サイト+エージェント」が自分に合った企業のエントリー数を増やしつつ、内定までのサポートも受けられるので現状最適かと!

(どちらも完全無料。合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

f:id:syukatsu_man:20210413090911j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。 

 

今回はマイナビと並んで日本最大級の就活サイトである「リクナビ」の使い方を解説していきます。

就活生ならリクナビという言葉自体は聞いたことありますよね。

 

ただ、リクナビといえば企業を探してエントリーするサイトという認識かと思います。

実はこれ以外にも、使うべきおすすめのサービスがいくつかあるんですよね!

 

そこで本記事では、エントリー以外に使うべき機能について、それぞれ詳しく解説してくので、ぜひ参考にしてください。

そもそも就活サイトとは?

 

リクナビの使い方を解説する前に、そもそも就活サイトとは何か?

就活サイトとは「就活ナビサイト」とも言って、企業の求人情報を扱う就活生向けのウェブサイトのことです。

 

f:id:syukatsu_man:20210407135114p:plain

 

主に企業の求人情報の検索やインターンシップの検索、企業へのエントリーができたり、合同説明会の開催情報などが届くといった機能があります。

 

【就活サイトで収集できる情報】

  • 企業の求人情報
  • 企業説明会やセミナー、インターンシップの案内
  • 就活関連記事

 

【就活サイトで可能なアクション】

  • 企業情報の検索
  • 興味のある企業へのエントリー
  • 企業説明会やセミナーの参加予約
  • 企業との連絡
  • スケジュール管理
  • 選考対策

 

就活は基本的に「企業情報を収集し、気になる企業にエントリーをして選考に進む」という流れをひたすら繰り返します

 

その過程で「説明会やセミナーの参加」、「インターンシップの参加」、「自己分析や面接練習といった選考対策」などを行います。

これらをサポートするのが就活サイトですね!

 

就活サイトの種類

 

一般的な就活サイトといえば、先ほど説明した内容になります。

ただ、最近では少しサービス内容の違ったサイトもあり、大きく5種類に分けることができますね。

 

【就活サイトの種類】

  • 総合型就活サイト
  • 逆求人型就活サイト
  • 就活エージェント型就活サイト
  • 中小・ベンチャー企業特化型就活サイト
  • 各種専門特化型就活サイト

 

総合型就活サイト

f:id:syukatsu_man:20210407141558p:plain

 

ナビ型就活サイトは先ほど説明したとおり、企業の求人情報を検索したりエントリーをするサイトになります。

マイナビやリクナビなんかがここに分類されますね。

 

他の就活サイトに比べて登録企業数が圧倒的に多く、膨大な母数の中から自分の求める条件に合った企業を見つけ出すことが可能なのも、ナビ型就活サイトの特徴です。

 

逆求人型就活サイト

f:id:syukatsu_man:20210407141554p:plain

 

逆求人型就活サイトは通称「スカウト型就活サイト」とも呼ばれており、企業から就活生にアプローチをするタイプの就活サイトです。

 

就活生はマイページにプロフィールと自己PRを作成することだけ。

あとは企業が就活生のページをチェックし、気になる就活生にオファーをかけます。

 

一昔前は、ナビ型就活サイトでエントリーされにくい中小企業やベンチャー企業が利用しているイメージでしたが、近年では大企業も優秀な学生確保のために積極的に活用しており、活気づいています。

 

マイページさえ完成させてしまえば、あとは放置しておくだけで企業から誘いがかかるので、就活の効率化が可能。

また、企業側から学生を勧誘しているため、ナビ型就活サイトによるエントリーよりも選考で優遇されるケースが多い傾向にあります。

 

理系の学生や院生など、日々研究に追われて就活の時間を確保するのが難しい就活生にとって、逆求人型サイトは今や必須ツールとなっていますね。

 

【就活マンがおすすめする逆求人型サイト】

僕が最もおすすめする逆求人型サイトは「オファーボックス」です。

7000社以上が利用していて、学歴による受信歴の偏りがないのも魅力的。

逆求人型サイトは他にもありますが、僕ならこのサイトをおすすめしますね。 

 

就活エージェント型就活サイト

f:id:syukatsu_man:20210407141553p:plain

 

「就活エージェント型就活サイト」では、面談を元にして自分に合った求人を紹介してもらいつつ、担当者から選考対策を受けられるサービスのこと。

 

僕はこの就活エージェントを「就活における家庭教師」と表現しています。

就活のスタート段階から内定まで一貫して個別にサポートしてくれますからね。

 

また、一般の就活サイトには掲載されていない「非公開求人」を紹介してもらえる可能性もあるので、利用価値は非常に高いですよ!

 

中小・ベンチャー企業特化型就活サイト

f:id:syukatsu_man:20210407141550p:plain

 

「中小・ベンチャー特化の就活サイト」は総合型就活サイトの中小・ベンチャー限定バージョンといったイメージですね。

 

リクナビやマイナビでも中小企業の求人は取り扱っています。

ただ、中小企業やベンチャーに特化した就活サイトであれば、独自求人(そのサイトでしか掲載されていない求人のこと)を保有していることが多いんですよね。

 

つまり、そのサイトでしか出会えない企業に出会える可能性があるということ。

中小・ベンチャー志向の人は利用必須ですね!

 

各種専門特化型就活サイト

f:id:syukatsu_man:20210407141557p:plain

 

最後にご紹介するのが「各種専門特化型就活サイト」になります。

業界や学生の特性ごとに特化した就活サイトのことですね。

 

例えば体育会系学生特化だったり、理系特化、マスコミ特化のサイトなどがあります。

専門特化サイトのメリットは、志望業界に絞った濃い情報が獲得できること。

既に業界を絞っている就活生は利用価値が高いサービスですね。

 

\使わないと確実に損する就活サイトだけを厳選!/

20210209235938

 

就活サイトを選ぶときの3つのポイント

 

リクナビ以外にも就活サイトってたくさんありますよね。

そこでまずは「就活サイトを選ぶ際のポイント」を押さえておきましょう。

 

そもそもどんな就活サイトが良い就活サイトと言えるのか?

その視点を持っていないと、就活サイトを比較して選ぶことはできません。

 

僕が考えるに、就活サイトを選ぶ際のポイントは大きく3つあります。

 

f:id:shukatu-man:20210207125537j:plain

【就活サイトを選ぶ際のポイント】

  • 求人数が多いかどうか
  • 独自の求人を扱っているかどうか
  • 求人情報がわかりやすいかどうか

 

ポイント① 求人数が多いかどうか

 

まず就活サイトで最も重要なことが「求人数の多さ」です。

就活サイトの主な役割は、自分に合う求人を探してエントリーすること。

要するに“その就活生に合った求人との出会い”が就活サイトの最大の役割なんですよね。

 

よってそもそもの求人数が少ないと、その分、自分に合った求人に出会える確率が下がってしまう。

基本的には求人数が多い就活サイトの方が利用価値が高い傾向にあると覚えておいてください。

(もちろん求人数だけが多くても求人の質が低ければ意味がないように、求人の質も大事ですが!)

 

ポイント② 独自の求人を扱っているかどうか

 

先ほど、求人数が多いほうが利用価値が高いと伝えました。

一方で掲載されている求人数が少なくても「その就活サイトにしか掲載されていない独自の求人」が多い場合は利用価値が高いんですよね。

 

例えば、中小企業に特化した就活サイトでは、マイナビやリクナビなどの大手就活サイトに掲載されていないような求人が掲載されています。

 

独自の求人を扱っている就活サイトは、その独自の求人との出会いに繋がるため利用価値が高いと判断することができますよ。

 

ポイント③ 求人情報がわかりやすいかどうか

 

そして最後に、求人情報がわかりやすいことも重要です。

仕事内容やその会社の事業内容など、就活サイトによって書かれている情報は異なります。

 

中には仕事内容が全然書かれておらず、「この求人ってどんな仕事するの?」と迷ってしまうような就活サイトも多いんですよね。

利用してみて、求人情報がよくわからない場合は、エントリーしてもミスマッチに繋がりかねないのでおすすめできません。

 

なるほど!こうした視点を持って利用する就活サイトを選ぶようにすれば良いんですね!

そうだよ!なんとなく知っている就活サイトを使おうと考えるよりも、利用する就活サイトを自身で判断して選択できると良いよね! 

 

リクナビとは?|サービス概要

f:id:aibolic:20210407110144j:plain
 

リクナビ」は、株式会社リクルートが運営するナビ型就活サイトです。

登録企業数は1万を超えており、マイナビと並ぶ日本最大級の就活サイトですね。

 

サービスは以下の流れで進行します。

 

【リクナビのサービスの流れ】

  1. 会員登録をする
  2. 登録情報を埋める
  3. 「就活準備ガイド」を活用して情報収集する
  4. 合同企業説明会に参加する
  5. 希望条件に沿った企業を検索する
  6. 気になる企業にエントリーする

 

就活の基本部分を押さえた総合型サイトといえますね。

また、リクナビでは合同企業説明会を各地で実施しています。

 

最近はWEBでも開催しているので、以前に比べて参加ハードルはグッと低くなりました。

合同企業説明会に参加すれば、一度に多くの業界・業種の企業と出会えるので、自分の視野を広げられますよ。

 

「自分の視野を広げること」は就活をする上で非常に重要なもの。

あらゆるものにアンテナを張って常に情報収集することを心がけ、視野を広げることも就活においては重要ですよ!

 

リクナビ公式サイト:

https://job.rikunabi.com/2022/

 

リクナビの運営会社「株式会社リクルート」の詳細

 

リクナビ運営会社の「株式会社リクルート」の詳細は以下のとおりです。

 

創業:1960年3月31日

設立:1963年8月26日

代表取締役:出木場久征

本社所在地:東京都千代田区丸の内1−9−2

資本金:400億円

従業員数:49,370名

事業内容:HRテクノロジーSBU(Strategic Business Unit)

        メディア&ソリューションSBU

     人材派遣SBU 

 

株式会社リクルートホールは人材業界以外にも、「suumo」「HOT  PEPPER」「ゼクシィ」「じゃらん」「スタディサプリ」「TOWNWORK」「AirPAY」など、日常に不可欠となったサービスの数々を提供している大企業です。

 

リクナビの特徴

 

リクナビには他のナビ型就活サイトと比較して優れた箇所がいくつかあります。

具体的には以下のとおりですね。

 

【リクナビの特徴】

  • 「OpenES」でワンクリック提出が可能
  • 都心部に本社がある企業の掲載が多い

 

「OpenES」でワンクリック提出が可能

リクナビ独自のサービスである「OpenES」。

エントリーシートをひとつ仕上げるだけで、4000社以上もの企業に同じものを提出できて非常に便利です。

 

また、OpenESは企業が自由に閲覧できるので、魅力的なESを書くことができれば人事担当者からスカウトを受けることもできます。

 

f:id:aibolic:20210407212516j:plain

 

「OpenES」は、リクナビトップページ最上段の右端にあるので、こちらをクリックして登録ページに飛んでください。

リクナビに登録したなら、「OpenES」・「スカウト機能」はマストで登録しましょう。 

 

都心部に本社がある企業の掲載が多い

リクナビは、都心部に本社がある企業の掲載が多い傾向にあります。

都心部の企業に就職したいと考える就活生は、選択肢がたくさん用意されているので、自分にマッチした企業を見つけることができるでしょう。

 

どの業種の登録企業が多いのか

 

日本最大級の登録企業数を誇るリクナビですが、実際にどんな業種の企業が多く登録されているのかを調べてみました。

 

【業種ごとの登録企業数】(2021年4月5日時点)

メーカー          :4008社

サービス・インフラ     :3217社

商社(総合・専門)     :1242社

銀行・証券・保険・金融   : 421社

情報(広告・通信・マスコミ): 435社

百貨店・専門店・流通・小売 : 518社

IT・ソフトウェア・情報処理 :1277社

 

「メーカー」と「サービス・インフラ」が突出しており、「商社」「IT・ソフトウェア・情報処理」が続く点は、マイナビと共通しています。

 

中小企業の新卒・既卒向け就活情報サイトである「リクナビダイレクト」の終了により、「金融」「マスコミ」「流通小売」の登録企業数が少し物足りないですね。

この3業種への就職を考える人は、他サイトを併用するのがおすすめです。

 

併用サイトとしておすすめなのが、先ほども登場した逆求人型サイト。

自己プロフィールを登録しておくだけで企業からオファーが届くので、就活を効率化できますよ。

 

【就活マンがおすすめする逆求人型サイト】

僕が最もおすすめする逆求人型サイトは「オファーボックス」です。

7000社以上が利用していて、学歴による受信歴の偏りがないのも魅力的。

逆求人型サイトは他にもありますが、僕ならこのサイトをおすすめしますね。 

 

どの地域に本社がある登録企業が多いのか

 

リクナビでは、全国の企業を検索することが可能です。

そこで、地域ごとの登録企業数を調べてみました。

 

【地域ごとの登録企業数】(2021年4月5日時点)

北海道・東北: 720社

関東    :4932社

北陸・甲信越: 784社

東海    :1665社

近畿    :1836社

中国・四国 : 939社

九州・沖縄 :1012

 

やはり関東の登録企業数が抜きん出て多いですね。

東海・近畿も企業数が確保されているので、その地域で就活を行う人にとっても魅力的なサイトと言えます。

 

一方、その他の地域の就活生にとっては少し寂しい気も。

他サイトを併用しないと、企業との出会いの数を確保できません。

 

リクナビとマイナビは両方使うべきか? 

 

リクナビは「リクナビダイレクト」の終了に伴い、 登録企業数が1万5000件ほど減少したのですが、それでもなお1万件の登録企業数を誇る、日本有数のナビ型就活サイトであり続けています。

 

マイナビに未登録の企業がリクナビには登録している、ということもあり得るので、やはりリクナビとマイナビを合わせて1つのパッケージングと考えるのが良いですね。

 

その上で、逆求人型サイトや特化型就活サイトも併用していく。

このようにして企業との出会いを最大限まで高めていくのが、就活で成功するための秘訣ですね。

 

就活といったら「リクナビ」「マイナビ」というイメージがあります。

実際、登録企業数が多いから、この2サイトで内定が決まった人が圧倒的に多いんだよ。就活をする上で、この2サイトの利用は必須だね。

リクナビの使い方|8の機能

f:id:aibolic:20210315222041j:plain

 

それではここから、リクナビの使い方を解説していきます。

ここでは必ず押さえておくべきリクナビのサービスを8つ共有しますね!

 

使い方① 会員登録方法

 

リクナビの会員登録手順は以下の5ステップです。

簡単なので、登録はしておくべきですね。

 

【リクナビの会員登録手順】

  1. リクナビ公式サイトで「会員登録」をクリック
  2. 「リクナビ2022に登録する」をクリック
  3. プロフィール情報の入力
  4. 学校情報を入力
  5. 会員ID・パスワードの登録

 

リクナビ公式サイトで「会員情報」をクリック 

トップページ左上にある「会員登録」をクリックします。

f:id:aibolic:20210407121454j:plain

 

「リクナビ2022に登録する」をクリック

「リクナビ2022に登録する」をクリックします。

f:id:aibolic:20210407121546j:plain

 

プロフィール情報の入力

プロフィール情報を入力します。

f:id:aibolic:20210407121730j:plain

 

学校情報を入力

学校情報を入力します。

f:id:aibolic:20210407121840j:plain

 

会員ID・パスワードの登録

会員ID・パスワードを登録したら、登録完了です。

f:id:aibolic:20210407122322j:plain

 

使い方② トップページ

f:id:aibolic:20210407122959j:plain

 

リクナビのトップページには、利用頻度の高いツールがまとまって設置されています。

トップページに設置されているツールは以下のとおりです。

 

【リクナビのトップページに設置されているツール】

  • 企業検索、説明会検索
  • マイページ
  • 自己分析・テスト
  • OpenES
  • 志望登録状況
  • 企業特集
  • プレエントリー候補数が多い企業ランキング
  • 注目の企業・グループ特集
  • 履歴から探す
  • イベント
  • 特別企画
  • リクナビにおけるデータを使ったサービスのご紹介
  • 特集
  • リクナビ限定!就活支援コンテンツ
  • リクナビ公式アプリの紹介

 

画面右側面に「マイページ」の機能が固まって設置されているなど、トップページにかなり多くのツールが盛り込まれているので、トップページだけでだいだいの操作が完了しますよ。

 

使い方③ OpenES

f:id:aibolic:20210407154719j:plain

 

リクナビの各ページの使い方の説明に行く前に、リクナビ独自のサービスである「OpenES」について解説しておきましょう。

「OpenES」には2つの大きなメリットがあります。

 

【OpenESのメリット】

  • エントリーシート記入の手間を省ける
  • 人事担当者からスカウトを受けられる

 

エントリーシート記入の手間を省ける 

「OpenES」とは、4000社以上に提出可能な共通エントリーシートのことです。

OpenESを一度作成しておけば、OpenES対応企業へのエントリーシート提出は、ワンクリックで完了。

 

従来の、1社ずつエントリーシートを書いていた手間を省くことができます。 

就活の効率化に大いに役立つツールなので、リクナビに登録したらOpenESも必ず登録しておきましょう。

 

人事担当者からスカウトを受けられる

OpenESのスカウト機能に登録すると、OpenESを見て興味を持った人事担当者からスカウトを受けることができます

スカウトには、自分のどこに魅力を感じたか理由が添えられているので、OpenESをしっかりと読んでくれたことがわかるはず。 

 

就活を効率化するためにも、OpenESに登録するなら、スカウト機能もセットで登録しておいてください。

 

OpenESの使い方については「【22卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ!」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

使い方④ 企業検索ページ

f:id:aibolic:20210407124446j:plain

 ここでは「企業検索」ページの使い方を説明します。

「企業検索」ページで行えるのは、次の3つの検索です。

 

【「企業検索」ページで可能な3つの検索】

  • 企業を探す
  • 説明会を探す
  • その他の切り口で企業を探す

 

 企業を探す

おそらく最も使用頻度の高い検索機能です。

「企業を探す」でできるのは以下のとおり。

 

【「企業を探す」でできること】

  • フリーワードから探す
  • さまざまな条件から探す
  • 最近利用した検索条件
  • 企業特集から探す

 

就活始めたての人は、「さまざまな条件から検索」を利用して、まずは大きな範囲から企業を探してみるといいでしょう。

 

【「さまざまな条件から検索」で使える検索項目】

  • 業種
  • 職種
  • 地域
  • 企業データ
  • 採用状況
  • 制度や特徴
  • プレエントリー受付状況など

 

 「さまざまな条件から検索」を利用すると、上記の計7項目で検索条件を絞っていくことができます。

 

ただし、最初から検索条件を絞りすぎると視野が狭まるので、まずは「業種」「職種」「地域」の3項目に留めて検索をかけるといいのではないでしょうか。

  

説明会を探す

「説明会を探す」では、以下の5項目で検索条件を絞ることができます。

 

【「説明会を探す」で使える検索項目】

  • 開催日
  • 業種
  • 開催地
  • 従業員規模
  • 制度や特徴

 

その他の切り口で企業を探す

特集記事などの読み物的な側面が強い「その他の切り口で企業を探す」でできるのは次の4つです。

 

【「その他の切り口で企業を探す」でできること】
  • テーマ別企業特集
  • 人事が教える!会社採用のウラ側
  • あなたの大学の先輩インタビュー
  • 今週の新着情報

 

「テーマ別企業特集」をクリックすると、「リクナビ特集一覧」に飛びます。

「リクナビ特集一覧」では、「独自の切り口で取材」「注目業界を取材」「地域ごとのユニークな企業」というテーマごとの企業紹介記事を読むことができます。

 

人事が教える!会社採用のウラ側」では、企業の人事が書いたブログを読めるので、企業・業界研究に活かしてください。

 

あなたの大学の先輩インタビュー」はOB・OG訪問の際に活用できる検索機能です。

OB・OG訪問をする際には、相手の貴重な時間をもらっているという自覚を持って、聞きたいことなどを事前にピックアップしておきましょう。

 

使い方⑤ 企業ページとエントリー

 

気になる企業があったら、企業ページを覗いてみましょう。

マイナビの企業ページでは、以下のことがわかります。

 

【企業ページでわかること】

  • 会社トップ
  • 採用情報
  • 説明会・面接
  • 求める人材
  • 特集記事
  • 人事ブログ
  • 先輩社員

 

会社トップ」でわかるのは、いわゆる会社概要です。

事業内容・会社データ・会社の魅力などが簡潔に書かれています。

 

採用情報」には、採用人数・募集要項・採用フロー・待遇など採用に関する重要情報が書かれているので、「求める人材」とセットでしっかりと把握しておきましょう。

 

特集記事」「人事ブログ」「先輩社員」はその企業のことをより深く知るためのヒントです。

特集記事・人事ブログは企業によって有無があるので、希望企業に掲載されていたら情報収集の一環として必ず目を通しておくべきですね。

 

リクナビの「プレエントリー」=他の就活サイトの「エントリー」

リクナビの「プレエントリー」とは、その企業に興味があることの意思表示のことで、採用フローのファーストステップです。

 

マイナビなど他の就活サイトでいう「エントリー」と同義。

プレエントリーをすると、エントリーシートの提出締切・説明会の情報・選考スケジュールの案内などを企業から受け取ることができます。

 

「採用フローのファーストステップ」に立つこと自体は、過剰に恐れなくて大丈夫。

なぜなら、「プレエントリーした企業の選考は絶対に受けないといけない」というルールはありません。

 

当然、プレエントリーだけしておいてエントリーシート(ES)の提出を取り止めたり、面接を辞退したりしてもいいわけです。

 

使い方⑥ イベント

f:id:aibolic:20210407124742j:plain

 

このページでは、リクナビが主催する合同企業説明会など、大きなイベントの一覧が表示されています。

こちらも必須の機能ですね。

 

合同企業説明会とは?

多数の企業がブースを構えて出展するイベントが合同企業説明会です。

参加者は気になる企業のブースを訪問し、説明を受ける・質疑応答をしたり、企業講演・セミナーに参加することもできます。

 

セミナーでは業界研究面接対策講座など、多くの就活生がつまずきがちな部分のフォローを行なっています。

 

企業講演・セミナーは整理券配布制なので、当日、参加希望のものがあれば、早めに整理券を手に入れておきましょう。

 

合同説明会は中小規模のものがおすすめ!

リクナビが開催する合同説明会は大規模なものがメインです。

そのため、多数の企業と出会える一方で、得られる情報は表面的なものに限られてしまいます。

 

そこでおすすめなのが「中小規模の合同説明会」です。

中でも僕が圧倒的におすすめしているのが「就活イベントMeetsCompany」ですね!

 

f:id:syukatsu_man:20210410214347p:plain

 

【就活マンがミーツカンパニーをおすすめする理由】

  • 就活マンが就活中に2度参加して2社からの内定を獲得している
  • 中小規模のイベントだと参加企業とのコネを作りやすい
  • 全国32箇所で開催しており、オンライン参加も可能なので誰もが対象
  • 就活エージェントの連携もイベント参加後に検討できる

 

僕自身が実際に使って本当に有益だったのが一番の理由ですね。

利用方法も簡単で「ミーツカンパニー公式サイト」にて、以下の部分から登録を進めていくだけです。

 

f:id:syukatsu_man:20210412193116p:plain

 

企業を知るためなら「大規模合同説明会」、内定獲得直結や企業担当者とのコネ作りであれば「中小規模の合同説明会」といった形で目的別に使い分けるのがおすすめだよ!

使い方⑦ 就活準備ガイド

f:id:aibolic:20210408105022j:plain

 

就活準備ガイド」では、「自己分析・Webテスト」「業界・仕事研究」「エントリーシート」「就活ノウハウ」の4分野に分けて、就活生のサポートとなるコンテンツを掲載しています。

 

就活に必要な基礎知識や情報を気軽に手に入れることができるので、就活始めたての人や業界研究をしたい人は、このページをフル活用しましょう。

 

【自己分析のコンテンツ一覧】

  • リクナビ診断:仕事適性が5分でわかる
  • 言語・非言語Webテスト:言語・非言語分野の模試
  • 関連記事の紹介

 

【業界・仕事研究のコンテンツ一覧】 

  • 業界研究:業界ごとの仕組み・動き・職種を紹介
  • 気になる会社が増える!情報収集法25:正しい情報収集法のレクチャー
  • 職種研究:看護師・保育士、幼稚園教諭・教職・公務員のキャリア解説
  • 女子学生ナビ:ファッション・マナー・女性が働きやすい企業の紹介
  • リクナビ2022 薬学:薬学生のキャリア解説
  • リクナビ2022 医療福祉:医療福祉系学部生のキャリア解説
  • 理系ナビ:理系学生向けの特集や取材記事
  • 理系の進路:理系の進路選択のポイントを解説
  • 関連記事の紹介

 

【エントリーシートのコンテンツ一覧】

  • エントリーシート伝わる書き方のコツ!:ESの書き方を伝授
  • 関連記事の紹介

 

【就活ノウハウのコンテンツ一覧】

  • 就活スケジュール:いつ何をすべきかがわかる
  • 社会人と接する「最低限のマナー」:社会人と会う時の7つのマナーを解説
  • 身だしなみに関する記事の紹介
  • 面接・説明会に関する記事の紹介

 

「業界・仕事研究」以外のコンテンツはコンパクトにまとまっているので、隙間時間でくまなくチェックしておきましょう。 

 

使い方⑧ マイページ

f:id:aibolic:20210407125055j:plain

 

ここでは「マイページ」の使い方を解説します。

「マイページ」でできることは主に6つです。

 

【マイページでできること】

  • あなた専用の企業特集
  • プレエントリー候補
  • マイ企業リスト
  • メッセージBOX
  • スケジュール
  • 自己分析

 

あなた専用の企業特集

自分がプレエントリーした企業や、プレエントリー候補に追加した企業をもとに、リクナビがあなた向けの企業をピックアップ。

自分一人では拾いきれなかった企業が見つかるかもしれません。

 

プレエントリー候補

すぐにプレエントリーするほどではないが、いずれプレエントリーする可能性のある企業のリストです。

「企業」ページで「プレエントリー候補に追加」をすると、このリストに登録されます。

 

マイ企業リスト

プレエントリーした企業、イベント会場で企業ブースに出席した企業、説明会・面接予約をした企業のリストです。

リストに掲載された「企業からの返信・連絡」「選考・イベント参加状況」「面接スケジュール」などを企業ごとに管理できます。 

 

メッセージBOX 

「メッセージBOX」で確認できるのは、以下の情報です。

 

【メッセージで確認できる情報】

  • 企業からの返信・連絡
  • スカウト
  • 企業からのオファー
  • リクナビ編集部から

 

企業からの返信・連絡」 には、自分がエントリーを行なった会社からの返事が届きます。

採用フローや選考日程などの確認に使用してください。

 

「スカウト」には、企業からのスカウトが届きます。

スカウトを受けるには、「OpenES」のスカウト機能に登録をする必要があります。

 

企業からのオファー」には、企業から「説明会・面接予約」「プレエントリー」のお誘いが届きます。

「スカウト」と違って、「OpenES」を見て声をかけてきたわけではないので、ランダム性が高くなっています。

 

スケジュール

リクナビから説明会やセミナーに申し込むと、イベント日時が反映されます。

申し込み済みの説明会・セミナーなどをここで確認しましょう。

 

自己分析

「自己分析」では、「リクナビ診断」と「言語・非言語Webテスト」を受検することができます。

「言語・非言語Webテスト」は制限時間が50分もあるので、時間に余裕のあるときに取り組みましょう。

 

【補足】リクナビ公式アプリをダウンロードすべき

f:id:aibolic:20210407125233j:plain

 

リクナビ公式アプリをダウンロードしておけば、ワンタップでリクナビを起動できて便利です。

また、リクナビ公式アプリにはアプリ限定サービスが搭載されています。

 

特に、合同説明会に入場するには公式アプリによるパスコード入力が必須。

合同説明会に申し込みするタイミングで、公式アプリをダウンロードしておきましょう。

 

【リクナビ公式アプリ限定サービス】

  • 入場パスコード入力:合同説明会入場がスムーズに
  • プッシュ通知:企業からの新着メッセージを逃さない
  • スケジュール:予約・タスクをラクラク管理

 

これだけ機能がそろっていれば、リクナビだけで就活が終わったという人の話にも納得です。

確かにね。ただ、リクナビだけで就活を成功に導けるのはごく一部。みんな、次章で紹介するサイトと組み合わせることで内定をゲットしてるんだよ。

リクナビと併用すべき就活サイトとは?

f:id:syukatsu_man:20210216151914j:plain

 

ここまでの解説にて、リクナビの理解は深まったと思います。

ただ、リクナビだけで就活対策が十分かというと、僕はそうは思いません。

 

リクナビのサービスだと、基本的に自分で企業を検索したり合同説明会を探したり、セミナーに予約するなど、とにかく手間がかかるんですよね。

 

就活において重要なのは「効率化」です。

忙しい就活の時期に、いかに効率よく就活を進められるかが勝負の分かれ目になります。

 

そこで活用すべきなのが「逆求人サイト」です!

プロフィールを入力するだけで企業からオファーが届くため、企業検索の手間がなく効率化に最適。

 

また、逆求人サイトは複数のサイトを利用することを僕は推奨しています。

なぜなら、サイトによって利用企業が大きく異なるからです。

 

そこで今回、僕がおすすめの逆求人サイトを他に3つ紹介しておきますね!

 

1位:オファーボックス

f:id:shukatu-man:20191117192306p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★★
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

オファーボックス 」は株式会社i-plug(アイプラグ)が運営する逆求人型の就活サイトです。

全国7800社が利用する就活サイトで、逆求人型の就活サイトの中で企業の利用数がトップです。

 

f:id:shukatu-man:20210207171438p:plain

 

こうしたスカウトサイトを利用することで、「自分と適性が高い企業」と出会うことができるので、エントリー数を増やしたり企業を探す際には最も効率的です。

(企業側が自分のことを見て判断してくれるから!)

 

またオファーボックスでは、学歴によって受信数の偏りがないので、僕のような中堅大学の就活生にはありがたいですね!

これはスカウトサイトならではのことで、プロフィールから個性を見た上で評価されることを意味しています。

 

▼学歴が低かろうがしっかりとスカウトが届く!

f:id:shukatu-man:20191119121123p:plain

更には利用する就活生からの評判も非常に良いですね。

東証一部上場企業からスカウトが届いた時の喜びは半端ないです!

 

 

オファーボックス公式サイト:

https://offerbox.jp/ 

 

 

2位:キミスカ

f:id:shukatu-man:20190528165635p:plain

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★★
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

キミスカ」は株式会社グローアップが運営する逆求人型の就活サイトです。

 

特に特徴的なのが、スカウトに種類があることで、「プラチナスカウト」と「本気スカウト」は1社あたりの月間送付数に制限があります。

よってプラチナスカウト、または本気スカウトが届いた企業は、あなたのことを相当評価しているということがすぐに分かるんですよね。

 

▼届くスカウトに種類があるのが特徴!

f:id:shukatu-man:20210207171953p:plain

 

精度の高い適性検査も無料で受験できる

またこのキミスカの魅力は、無料で受けられる適性検査にもあります。

下記の通り、15分の検査で「性格の傾向」から「職務適性」、更にはあなたの長所や短所までを分析してくれます。

僕はこれまで20以上の適性検査を受検してきましたが、キミスカの適性検査をダントツにおすすめします。

 

▼キミスカの適性検査で取得できるデータ

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001236p:plain

 

キミスカ公式サイト:

https://kimisuka.com/

 

 

3位:dodaキャンパス

f:id:shukatu-man:20200930190159p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★・
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

逆求人型の就活サイト、おすすめ3位は「dodaキャンパス 」です。

就活生の5人に1人が利用しており、利用企業数も6200以上と非常に多いのが特徴ですね。

 

f:id:shukatu-man:20210207172952p:plain

 

また、運営会社である「株式会社ベネッセi-キャリア」は、大手転職サイトのdodaを運営するパーソルと、教育系大手のベネッセによる合弁会社。

それゆえに、企業との繋がりが広く今後も更に利用企業数は増えていくことが予想されます。

 

サイトの使いやすさも抜群なので、5人に1人が利用しているのも納得できます。

 

逆求人型の就活サイトとしては、これら上位1〜3位は併用しましょう。

プロフィールはコピペで使いまわしができるし、複数のサイトを併用することでスカウトの受信数を増やすことができますからね!

 

dodaキャンパス公式サイト:

https://campus.doda.jp/

 

 

リクナビの使い方に関するよくある質問

f:id:aibolic:20210324133738j:plain

 

この章では、リクナビに関するよくある質問について答えていきますね。

不明点・疑問点はここで解消してください。

 

【リクナビに関するよくある質問】

  • 説明会が予約できないのはなぜですか?
  • プレエントリーボタンがない企業があるのはなぜですか?
  • プレエントリーしたら、エントリーシートを提出しないといけませんか?
  • プレエントリーしたのに、マイページに「エントリー済」と表示されないのはなぜ?
  • 削除したプレエントリー企業を元に戻すにはどうすればいいですか?
  • オファーとはスカウトとどう違うのですか?
  • イベントにはどんな服装で行けばいいですか?

 

質問① 説明会が予約できないのはなぜですか?

 

すでに予約済みのイベントと日時がバッティングしている可能性があります。

重複予約はできないので、新規予約をしたい場合は、予約済みのイベントをキャンセルしてから再度予約をしてください。

 

質問② プレエントリーボタンがない企業があるのはなぜですか?

 

企業によってプレエントリー数の上限を設けています。

プレエントリー上限に達した場合、後続者のプレエントリーを防ぐためにプレエントリーボタンをなくす措置が取られるのです。

 

プレエントリーは早い者勝ちの側面もあるので、気になる企業はすぐにプレエントリーするように心がけましょう。

 

質問③ プレエントリーしたら、エントリーシートを提出しないといけませんか?

 

そんなことはありません。

プレエントリーは、あくまでも説明会やセミナーなどに参加して企業理解を深めるためにするものです。

自分の希望と違うなと思ったら、エントリーシートを提出する必要はありません。

 

質問④ プレエントリーしたのに、マイページに「エントリー済」と表示されないのはなぜ?

 

マイページに表示されるのは、リクナビ上でプレエントリーや説明会予約をしたものに限ります。

企業ホームページからの申し込みやメール送信など、リクナビ以外から企業へ送信された場合には反映されません。

 

質問⑤ 削除したプレエントリー企業を元に戻すにはどうすればいいですか?

 

削除したプレエントリー企業は、「削除BOX」に残っています。

削除BOXから元に戻すことが可能です。

 

【削除BOXの確認方法】

  1. 「マイページ」の「マイ企業リスト」をクリック
  2. 「削除BOX」をクリック

  

質問⑥ オファーとはスカウトとどう違うのですか?

 

「オファー」は、リクナビに登録するだけでもらえる企業からのお誘いです。

住んでいる地域など、漠然とした範囲でオファーをかけているので、あなた個人の能力が評価されてオファーがかけられているわけではありません。

 

一方、「スカウト」は「OpenES」のスカウト機能に登録しないと利用できないサービスです。

スカウトの場合、人事担当者があなたのOpenESを見た上で誘いをかけているので、あなた個人の能力が評価されたということです。

 

質問⑦ イベントにはどんな服装で行けばいいですか?

 

リクナビのイベントは「服装自由」ですが、3月以降に開催するイベントは就職活動の一環となるので、例年スーツで来る人が多いですね。

インターンシップの時期は「私服参加」をおすすめしています。

 

リクナビヘルプ・問い合わせページ:

https://rikunabi.custhelp.com/app/home/p/1025

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

リクナビの使い方について、ご理解いただけたと思います。

 

就活をする上で、リクナビはやはり必ず使うべきサイトだといえます。

僕も就活生自体は活用していました。

 

ただ、リクナビだけで就活を成功させれらるかというとそうではありません。

1万以上の登録企業がありますが、日本には400万以上の企業があります。

そのため、リクナビだけでは企業探しで見落としがあるのも事実。

 

「リクナビを使ってるから大丈夫」ではなく、他のサイトもどんどん併用して、より多くの選択肢の中から就活を進めてくださいね!

それこそが、納得内定に繋がる一番効果的な方法だと思います。

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりにしましょう。

 

【本記事の要点】

  • リクナビは登録企業数の数からも、必ず登録すべき就活サイトである。
  • リクナビに登録したら「OpenES」と「スカウト機能」は必須。
  • 「内定直結」「企業とのコネ作り」を目的とするならば中小規模の合同説明会であるミーツカンパニーが圧倒的におすすめ。
  • リクナビだけでは不十分なので、逆求人型サイトなど他の就活サイトも併用していくべきである。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には、僕が4年に渡って書き続けた800以上の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/