就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【ガクチカの書き方は5ステップ!】評価されるガクチカを徹底解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・エントリーシートで評価されるガクチカが書きたい

・OpenESでのガクチカの書き方が知りたい

・どんな内容を書けば評価されるのかが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!学生時代に打ち込んだことは読書でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190225140101p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば、面接官に必ず評価される「ガクチカ」が書けるようになります。

 

就活マンさん、ガクチカ(学生時代に打ち込んだこと)で評価されるためには、どんなテクニックが必要でしょうか?特に素晴らしい実績を残したわけではなく、困っています。

なるほど!僕も大学時代に実績は何も残していなかったよ。でも内定は22社獲得することができたんだ。

それはなぜでしょうか?素晴らしい実績を持っている他の就活生よりも評価されたいです。

なぜなら新卒は「ポテンシャル採用」だからだよ。素晴らしい実績よりも、可能性を評価されるんだ。だからこそ、今回は自分の可能性を伝えるためのガクチカの書き方を紹介するね! 

 

 

多くの就活生は、「ガクチカ(学生時代に打ち込んだこと)」を書きなさいと言われた時に困ってしまいます。

それはなぜか?目に見えて素晴らしい実績を残したという就活生はほとんど存在しないからです。

しかし安心してください。新卒は転職者と違って、「ポテンシャル」つまり「可能性」で評価されるからです。それに加えて、会社への適性による「退社しにくさ」などのポイントを見て採用するか判断しています。

 

だからこそ、実績自慢ではなく、自分のことをいかに伝えるか。

それを重視したガクチカこそが「最高のガクチカ」と言えるのです。

本日の記事にて詳しく解説していきます。

 

ガクチカ(学生時代打ち込んだこと)とは何か? 

f:id:shukatu-man:20190225141424p:plain

 

まずは基本を押さえていきましょう。

そもそも「ガクチカ」とは何か、それは学生時代に最も打ち込んだことを指します。

 

就活において超頻出の質問であり、ほとんどの企業から質問されますね。

では、なぜそれほどまでに出題頻度が高いのか考えたことはありますか?

 

それは「どんなことに打ち込んだのかを知ることでその人の性格を判断しやすいから」です。

例えばあなたが初対面の人と出会った時に、「休日はどんなことをするのですか?」という質問をしますよね。

それによって「最近は家でYouTubeばかり見ますね!」という返答を受けたら、「この人は結構インドアな人なのかもしれないな!」とその人の性格を知ることができます。

他にも「休日はキャンプに行ったりドライブをしますね!」という返答を受けたら、「非常に活発な人だ」と認識することができます。

 

このように、「空いている時間をどう活用するのか」という質問には、その人の性格が出やすいのです。

性格が出やすい質問だからこそ、あなたのことを理解するために人事はガクチカを好んで質問するんですね。

 

なるほど!大学時代という長い時間をどう使ったのかを知ることで、その人の性格を測ろうとしているのですね。

そうなんだ。更に打ち込んだことと言えば、その人の「趣味趣向」を把握しやすいよね。その趣味趣向に自社の仕事がマッチするのか測ることもできるんだ。

なるほどですね!例えば、創作的なことを好んで打ち込んだ人は、単純作業が合わなかったりと判断できそうです。

まさにその通り!特にガクチカを通してはどんな能力があるのかを判断しようとしているね。

 

評価される「ガクチカ」は何が違うのか?

 

まず最初に話しておきたいのですが、そもそも文章とは“相手を動かすこと”が役割です。

 

OpenESを書いたところで、面接官に「面接まで通過させる」という行動を取らせることができなければ書いても無意味。その文章は役割を果たせていません。

例えばラブレターも、それを読んだ相手に「付き合うという判断を下してもらうこと」がその役割ですよね。(役割を果たせなかったラブレターは、彼の恋心とともに、はかなく散ります。)

 

ここを理解していない人が多くて、日記のように箇条書きでガクチカを書いている人が非常に多い。それはもちろん落ちますよ。

 

例えば次のような感じでツラツラと書いてしまう人が多いのです。

「学生時代に打ち込んだことは野球です。野球ではキャッチャーをやっていました。地区大会では3位になるほどです。野球は小学生の頃からやっていまして・・・・」

 

これでは通過しません。なぜでしょうか?

それは「この子を面接まで通過させる」という判断を、この文章を読んでも人事は出せないからです。

 

逆にここで考えて欲しいのが、「この子を面接まで通過させる」という判断を人事に出させるにはどうすれば良いのか?ということです。

ちょっと一緒に考えてみましょうか。

 

そもそも人事は何のためにガクチカを読むのでしょうか?

それは面接に進む人を選ぶためです。

では企業は何のために面接をするのでしょうか?

それは採用する人を選ぶためです。

では企業は何のために採用するのでしょうか?

それは新卒を採用することで企業に価値を生むためです。

 

よって企業がOpenESを読むのは、企業に価値を生む人を採用するためとなります。

言われれば当然のことですが、これを意識してガクチカを書く人はほとんどいません。

企業は、自社に価値を生む人を求めているのだから「私はあなたの会社に価値を生む人間ですよ!」とアピールすることができれば、確実にエントリーシートで通過します。

 

では「企業に価値を生む」とは何か?

企業にとっての価値とは利益、つまり「お金」です。

要するに入社してから「稼げる人間」だということをアピールしましょう。

 

そしてここで重要なことは「企業にとって稼げる人間」の定義を把握しておくことですね。それには2つの特徴があります。

 

【企業にとって稼げる人間】

 

・早期退社しない人材であること

・自社の仕事に役立つ能力を持っていること(または持つ可能性があるかどうか)

 

ガクチカの評価点① 早期退社しない人材であること

 

まず最初に考慮すべきは、早期退社をしない人材であることです。

企業に入社して稼げる人材になるためには、最低でも3年は必要になります。

よく「3年は働きましょう」と言われますが、それは企業にとっても3年たてば採用にかけた費用を取り戻すことができるからという企業側の思惑も含まれているのです。

 

よって企業が新卒を採用する時には「早期退社しにくいかどうか」という点をよく見ています。

そして「早期退社しにくいかどうか」を見極めるためのポイントは2つあります。

 

・自社との適性が高いかどうか(社員との相性・仕事との相性)

・志望度が高いかどうか

 

この2点を満たしていれば、早期退社しない可能性が高いので積極的に採用しようとしますね。

ガクチカから「志望度の高さ」を測ることは難しいので、ガクチカからは「自社との適性が高いかどうか」を判断する傾向にあります。

よってここでは人事はガクチカから自社との適性を測っているんだな、ということを把握しておいてくださいね。

 

ガクチカの評価点② 自社の仕事に役立つ能力を持っていること

 

次に「稼げる人材」であることをアピールするためには、その企業の仕事に役立つ能力を持っているかどうか、という点も重要です。

もちろんこの記事の冒頭で示した通り、新卒はポテンシャル採用なので大きな実績を持っていなくても構いません。「自分にはこんな能力があるんですよ! 」ということを示すことができれば十分ですからね。

 

そして、求められる能力に関しては企業によって異なります。

メーカーであれば新商品を出せるような「発想力」とそれを売る「営業力」

商社であれば様々な商品を安く仕入れる「交渉力」かもしれません。

コンサルティングであれば的確な「分析力」が重要ですね。

 

その企業にとって特に必要となる能力を持っているかどうか、それも立派な判断軸となります。

ちなみに自分がどの業界を志望するのかを自己分析によって明確化していれば、このように「どんな能力をアピールすれば稼げる人間だとアピールできるのか」が分かりますので、自己分析は絶対に必須です。

 

▼自己分析のやり方はこちら!

» 【自己分析は8ステップで完了!】やり方のおすすめ方法をこの1記事で

 

ここまで話せば、評価されるガクチカにどんな特徴があるか分かりましたか?

結論は以下です。

OpenESで通過する人は、アピールしている能力がその企業で稼げる能力であり、文章を通じてそれを面接官に伝えることができている。

 

ここを把握していなければ、絶対に評価されるガクチカを書くことはできないのでじっくりと読んで理解してください。

 

エントリーシートへの「ガクチカ」の書き方

f:id:shukatu-man:20190204202223j:plain

 

ではお待たせしました!

人事がどんな視点でガクチカを見ているのか把握することができたところで、実際の書き方を解説していきたいと思います。

 

ガクチカの書き方は下記の5ステップとなります。

▼ガクチカの書き方

f:id:shukatu-man:20190225162153p:plain

手順① アピールする能力を設定する

手順② 能力を証明するためのテーマ選びを行う

手順③ 「なぜそれに打ち込んだのか」という理由を記載する

手順④ それに打ち込んで「どう変わったか」という結果を記載する

手順⑤ 「この◯◯の能力を貴社で発揮します」と締める

 

この5つの手順によって、ガクチカを作成します。

ポイントは最初にアピールする能力を決めてから、それを証明するエピソードを書くという順番ですね。 

 

ガクチカを書く手順① アピールする能力を設定する

 

評価されるガクチカのところでも書きましたが、まずはその企業にとってどんな能力が「稼げる能力」としての評価対象なのかを理解しましょう。

その上で、その能力をアピールする能力として設定します。

 

例えば、志望する業界が「食品業界」だとしますよね。

そして志望職種は「営業職」だとしましょう。

 

すると、営業職として求められる能力は「ヒアリング力」だと設定できます。

(他にも営業力としては「会話力」や「話題の引き出し量」など様々想定できる。)

 

このように、まずガクチカを書き出す前にアピールする能力を設定してあげましょう。

 

ガクチカを書く手順② 能力を証明するためのテーマ選びを行う

 

では次に、手順①で設定した「アピールする能力」に適したガクチカをテーマとして設定します。

先程「アピールする能力」を「ヒアリング力」と設定したので、ヒアリング力をアピールできそうなガクチカが自分の過去にあるかどうか考えますね。

 

すると、「友達の悩みを聞くことが多かった」というガクチカが見つかりました。(これがテーマになります。)

 

僕がこの就活攻略論で何度も言うように、ガクチカというと9割の人がバイトかサークルのことを書きますが、差別化できないので就活攻略論的には完全なしです。

それ以外のガクチカ(テーマ)を選んでいきましょう!!

 

ガクチカを書く手順③ 「なぜそれに打ち込んだのか」という理由を記載する

 

テーマが決まれば、次になぜそれに打ち込んだのかという『理由』を持ってくると、読みやすい文章になります。

 

実際に書いていきましょうか。

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。(106字)

このように理由を記載します。

 

ちなみに少しテクニックですが、「相談に深く深く」とあえて「深く」を二回繰り返すことで、読んだ時にその深さを鮮明に感じます。このような“記憶に残る表現”は、OpenES、エントリーシートともに、読み手の記憶に残すために重要なのでぜひ使ってみてくださいね!(まじで効果的だよ。)

 

ガクチカを書く手順④ それに打ち込んで「どう変わったか」という結果を記載する

 

では続いて、理由を書いた後は「それでどうなったのか」という『結果』を書いていくと自然な流れになりますね。

更に結果だけでなく、『自分の考え』なども併せて記入することでオンリーワンな文章になりますよ。

 

実際に記入していくとこのようになります。

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。実際、相談に乗ることで、自身の考えを明確にする機会になったのですが、それ以上に相談に乗った相手から頼りにされます。すると更に深い悩みを打ち明けてくれて、信頼関係が非常に高まります。友人だから相談に乗るのは当たり前だと割り切るだけでなく、このように親身になって深く深く相談に乗ってあげる。これが人との関係において重要だと私は思うのです。(273字)

 

いかがでしょうか?

それに打ち込んだ結果どうなるのか、そして自分の考えが記載されているので読んだ時に「ヒアリング力の高さ」を感じませんか??

 

あなたが面接官で、自社で稼げる能力が「ヒアリング力」だと認識していれば、あなたは必ずこの人を面接へと通過されるはずです。

 

 逆算して、そうなるように計算しているので当然ですね。

 

ガクチカを書く手順⑤ 「この◯◯の能力を貴社で発揮します」と締める 

 

いよいよ最後です。 

締めの一文を導入していきましょう!

 

僕がおすすめする締めの一文はこちらです。

 「この◯◯の能力を貴社で発揮し、必ず価値を生み出します。」

ポイントは、アピールしたい能力を念押しして面接官に伝え、最後「断定」で言い切ることで、優秀感を出してフィニッシュ!

 

実際に書いていきますね!

「私が学生時代に最も打ち込んだことは、友人の相談に深く深く乗ってあげることです。なぜ友人の相談に乗ることに打ち込んだのかというと、他者の相談に乗ることで、自分の考えをアウトプットする機会になると考えていたためです。実際、相談に乗ることで、自身の考えを明確にする機会になったのですが、それ以上に相談に乗った相手から頼りにされます。すると更に深い悩みを打ち明けてくれて、信頼関係が非常に高まります。友人だから相談に乗るのは当たり前だと割り切るだけでなく、このように親身になって深く深く相談に乗ってあげる。これが人との関係において重要だと私は思うのです。このヒアリング力をぜひ貴社で発揮し、必ず価値を生み出します。(303字)」

 

以上でガクチカは完成です!

アピールしたい能力と、「なぜそれに打ち込んだのか」という理由、つまり自分の考えが明記されているので読み手はあなたのことを理解しやすい文章になりました。

ぜひ一度作成して満足するのではなく、何度も改良を重ねて素晴らしい文章を完成させてくださいね!

 

【補足】ガクチカが全くないという人はどうするのか?

f:id:shukatu-man:20190225163123p:plain

 

よくこんな質問をされます。

「学生時代に打ち込んだことがないのですが、どうすれば良いでしょうか?」

 

この悩みを持っている方は非常に多いと思います。

たしかに大学の数年間は意識していないとあっという間に過ぎてしまいますし、何かに打ち込んだという人は意外と多くないかもしれません。

 

そんな人でもガクチカが書けるように、ここで少しアドバイスさせてもらいますね。

 

「打ち込んだこと」を重く考え過ぎていないか?

 

ほとんどの就活生は「学生時代に打ち込んだこと」と言われると、「え!打ち込んだことなんて、そんな大層なことしてませんよー!」となりますよね。

たしかに「打ち込んだこと」という表現は非常に重い言葉です。

 

しかし僕は「打ち込んだこと」をもっと軽く考えて良いと思っているんですよね。

例えば、電車で老人を見かけた時に席をゆずってあげることだって、それは常に意識していないとできないことですよね。

それなら打ち込んだこととして、「老人に誰よりも早く席をゆずってあげること」として良いんですよ。

 

他にも僕は、外食をしたら必ず店員さんに「ごちそうさま!」と言います。

それはなぜか、おいしい料理を提供してくれた感謝を伝えるためであり、「仕事頑張ってね!」という気持ちを伝えるためです。

これも普段から意識して行っていることなので、打ち込んだこととして「人に必ず感謝を伝えること」としても良いですよね。

 

このように普段から意識していることは、全てが「打ち込んだこと」になります。

「学生時代に打ち込んだことなんて何もない!」そう悩んでいる人はぜひ、日常の中で意識的に行動していることはないか考えてみてください!

すると「意外とこんなこと頑張っているかも!」という発見が見つかりますし、そうした日常の小さなことの方が、それを読んだ人事としてはあなたの人間味を感じて評価してくれることも多いですからね。

 

アルバイトは9割の人が書くので差別化が必要

 

次にガクチカで書くことがないと悩む人の9割が、バイトかサークルについて書こうとします。

それはなぜか?バイトやサークルは取り組んだ時間が長いからですね。

 

しかしほとんどの大学生はアルバイトをする目的は「お金」です。

だからこそバイトに思い入れがなく、深く文章で書くことができなかったり、そもそもほとんどの就活生がバイトについて書くので埋もれてしまうことも多いのです。

よって、もしアルバイトについて書こうと考えている方はしっかりと差別化することを意識してください。

例えば、アルバイトで得た能力を面白い言い方に変換して伝えてみたり、「他のアルバイトとうちのアルバイトは全然違うんです!」ということを伝えてみるといった工夫が必要になりますね。それでないと埋もれてしまいますから。

 

【例文】ガクチカの書き方の例文を紹介

f:id:shukatu-man:20190225165125p:plain

 

ガクチカの書き方がわかりました!ですが他の就活生がどんなガクチカを書いているのか気になって夜も眠れません!

眠れないのは困ったね!笑

先輩に頼むのも大変だし、友人にわざわざ見せてもらうのも気が引けます。どうすれば良いでしょうか?

実は、他人のエントリーシートを2233枚見れるサービスがあるから紹介するね!

 

就活は本当に孤独です。

何が正解なのか分からない状況では、他人が書いたエントリーシートなど見たくて仕方ないのではないでしょうか。

そんな時に本当に役立つサービスとして、「就活ノート」というサービスがあります。

これは無料の登録をすることで、他人が書いた実際に選考で通過したエントリーシートが2233枚見れるというサービスで僕が就活生の時はよく目を通していました。

 

この就活ノートの具体的な使い方については『就活マンが唯一おすすめする6つの無料サービス』の記事に書いているので、ぜひ参考にして利用してみましょう!

 

▼一度就活ノートに登録すれば無料でエントリーシートが見られる!

f:id:shukatu-man:20181116005744p:plain

 

実際に選考通過したガクチカの例文

 

では実際に就活ノートに掲載されている例文を2つ紹介します。

どちらも実際に選考を突破した文章なので、非常に参考になりますよ!

 

▼JALの選考突破ガクチカ例文

f:id:shukatu-man:20190225170320p:plain

①ホテルのコンシェルジュとして3年間アルバイトをおこない、顧客満足度向上に貢献したこと。

②2015年、出身地の観光親善大使として国内外で行った年間70回以上のPR活動。

③平和ガイドサークルに所属し、留学生の方に英語でガイドを行なったこと。


出身地の観光親善大使として生まれ育った地元の魅力をもっと知り、大好きな地元に少しでも貢献したいと思い、力を注ぎました。

活動中多くの方と話しをする中で「●●公園と▲▲島以外にはどこがオススメか」という質問を多く受け、

地元の魅力が認知されていないことを痛感し、地元の奥深い魅力をもっと多くの方に伝えたいと考えました。

そこで、業務外の活動でしたがFacebookのページで「地元の方が集まる飲食店」や「ガイドマップには載っていないオススメスポット」などの情報を発信し、

1年で5,000リーチから3万リーチまでリーチ数を伸ばすことができました。

この経験からお客様がどんな情報を必要としているかを察知し、適切な場所やタイミングで提供していくことが重要だと学びました。(316文字)

 

▼ANAの選考突破ガクチカ例文

f:id:shukatu-man:20190225170324p:plain

カード会社のアルバイトで、電話での新規勧誘の応諾率アップのため、リーダーとして周囲を巻き込み、「応諾率20%アップ」目標達成に向けチームで尽力したことです。

顔の見えないお客様に対してのカード勧誘は難しいことでした。

まずは「応諾率20%アップ」という目標を掲げ、一体感を生み出し、次に個々の意識向上のためボードによる成績の可視化等を提案し実行しました。

自ら率先して周囲を巻き込み実行した結果、年度末に応諾率78%(前年比23%増)の好成績で全国2位となり表彰されました。

この経験から主体的な行動で周囲の信頼を得ることができ、大きな成果になると学びました。(270文字)

 

また就活攻略論でもガクチカの例文を10つ紹介しています。

別記事にて紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

▼就活マンが作成したガクチカの例文はこちらから!

» 【ガクチカ例文10選】これが評価されるガクチカだ!|構成説明あり

 

僕もこの就活攻略論を書き始めた時は、今読むと恥ずかしいぐらいしょぼい文章でした。しかし日々改良を重ねていくことで評価される文章になります。 

ぜひ最後の最後まで諦めず、できることはする!そんなマインドで就活に取り組んでいきましょうね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー