就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活での挫折経験の答え方】"面接を通過した実際の例文”を元に解説します!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【就活マンおすすめの逆求人サイト】

※完全無料で利用できるサイトです!

 

キミスカ|就活生向けの大手逆求人サイト

ースカウトが届いた企業からの内定獲得率が高い!

 

オファーボックス|就活生の3人に1人が利用!

ー利用企業数8000社以上の大手サイト!

 

 

【現状最もおすすめの就活エージェント】

 

ミーツカンパニー就活サポート
ー完全無料かつオンライン面談にも対応してる!
ー2000社という圧倒的な求人数で「就活マンが考える就活エージェントランキング」で1位!
ー就活後半になると東証一部の内定辞退枠とかも紹介してもらえるのが実はエージェントの最大メリットだったりする。

 

「逆求人サイト+エージェント」が自分に合った企業のエントリー数を増やしつつ、内定までのサポートも受けられるので現状最適かと!

 

(どちらも完全無料。合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

f:id:shukatu-man:20210321081427j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

振り返ると、僕が就活生の時に面接でよく挫折経験は聞かれました。

この挫折経験の厄介なところが、事前に考えておかないと、パッと浮かばないんですよね。

 

長所や短所、自己PRなどの定番質問は複数のエントリーシートで書く機会があるので、面接で聞かれても比較的スムーズに答えることができる。

一方で、挫折経験は「これが挫折経験だ!」という大きなエピソードがない限り答えるのが難しいという特徴があります。

 

そこで本記事では、“就活での挫折経験の答え方"に特化して解説していきますね。

僕が実際に使っていた挫折経験の例文も紹介しつつ、できる限りわかりやすく、そして深く解説していくので、ぜひ最後まで読んでくれたら嬉しいです。

f:id:shukatu-man:20210320104252p:plain

強みと弱みを15分で分析できる:キミスカ

ー僕が利用した適性検査の中で最も精度が高かった

ー適性検査を受けることで企業からスカウトが届く

 

作成したES情報の登録で企業からスカウトが届く:オファーボックス

ー約8000社が利用する逆求人型サイト【内定獲得にめちゃくちゃ繋がる!】

ー自分のES情報が魅力的かどうかをスカウト受信数で判断できる

 

選考通過者のESがサイト上で5万枚以上見放題:ユニスタイル

ーサイトが非常に見やすい

ー完全無料で内定者・選考通過者のESを読むことができる

なぜ就活では挫折経験を聞かれるのか?|面接官の質問意図

f:id:shukatu-man:20210321082110j:plain

 

まずどんな質問も攻略するためには「面接官の質問意図」に着目することが重要です。

そもそも、なぜ挫折経験なんて聞いてくるのでしょうか?

 

これに対する答えはシンプルで、挫折経験を聞くことによって「ストレス耐性がどのぐらいあるのか?」と「大きな課題にぶつかった時にどのように対処するのか」を知るためです。

 

【挫折経験の質問意図】

  • ストレス耐性|ストレス耐性がどのぐらいあるのかを知るため
  • 問題解決力|大きな課題にぶつかった時にどのように対処するのかを知るため

 

僕はこれまで5人以上の人事の知り合いに、挫折経験の質問意図について聞いていますが、ほとんど皆がこの2つの質問意図を答えますね。

 

質問意図① ストレス耐性がどのぐらいあるのかを知るため

 

まず挫折経験があるかないか、それを聞くことでストレス耐性が測れます。

 

あなたが社長だとして、新卒を採用するとなった時に「挫折経験はありません」と答える人に対してどう思うでしょうか?

また「最大の挫折経験は何ですか?」と聞いた時に、めちゃくちゃしょぼい挫折経験を最大の挫折経験だと答える人に対してどう思うでしょうか?

答えは簡単で「入社後に1度でも挫折したら辞めそうだな」でしょう。

 

新卒はポテンシャル採用、つまり将来性にかけて採用するわけなので、長期的に働いてくれる人材を採用するのが大前提となります。

よって、入社してもすぐに辞めてしまいそうな人材は採用しようと思いません。

 

「挫折経験がない」「本当に小さな挫折を最大の挫折経験だと話そうとしている」という人は注意が必要なのが、この面接官の質問意図を理解すると分かるでしょう。

(このあたりの対策も後で詳しく深堀りするので、心配しないでくださいね!)

 

質問意図② 大きな課題にぶつかった時にどのように対処するのかを知るため

 

続いて、就活生に挫折経験を聞くのはストレス耐性を測るためだけでなく問題解決力を測るという意図もあります。

これはストレス耐性に関係してくることですが、挫折経験があってもそれをうまく対処することができるかどうかが重要ですよね。

 

ちなみに挫折経験を乗り越える方法は、「気にしない」または「正しい解決策を実行する」の2パターンだと言うことができます。

 

  • ただ単に挫折してもそれを気にしないで乗り越えられるタイプ
  • 挫折しても正しい問題解決方法で乗り越えられるタイプ

 

どちらのタイプの人材を求めるかは企業によって異なります。

しかし、挫折しても正しい問題解決方法が取れるような「問題解決力」の高い人材が評価されることは間違いありません。

企業はそういった人材を探すためにも、挫折経験を聞くのです。

 

なるほど!ESや面接でわざわざ挫折経験を聞いてくるのは、ストレス耐性と問題解決力を測ろうとしているんですね。

そうなんだよ。特にストレスのかかりやすい営業職では聞かれることが多いね。実際に僕は営業職を志望して就活してたけど、何度も挫折経験を聞かれる場面があったから。

就活の面接で挫折経験を伝える際のポイント

f:id:shukatu-man:20210321082102j:plain

ここまでの解説で面接官の質問意図が把握できたと思います。

ではこの章にて、挫折経験を面接で答える際のポイントを3つ紹介しておきますね。

僕が就活中、挫折経験への対策として意識したポイントがこちらです。

 

【就活の面接で挫折経験を伝える際のポイント】

  • 小さすぎるエピソードはなるべく避けること(ただし嘘はNG)
  • 挫折経験自体をただ伝えるだけで終わらないこと
  • 挫折経験はありませんと答えないこと

 

①小さすぎるエピソードはなるべく避ける(ただし嘘はNG)

 

まず第一に、小さすぎるエピソードを挫折経験として話さないことです。

「学生時代に最も打ち込んだこと」などは、何に打ち込んだのかよりも、なぜそれに打ち込んだのかという理由が重要なので、エピソードが小さくても問題ないです。

 

しかし一方で、挫折経験に関しては面接官の質問意図として「ストレス耐性」を測る目的があるので、できるだけ大きな挫折経験を伝える方が効果的なんですよね。

とは言っても、「そんな大きな挫折経験なんてないよ」という人もいるでしょう。

 

その際は正直に答えれば問題ありません。

実際に経験していないことを話すのは嘘であり、選考において嘘をつくことは企業とのミスマッチに繋がるのでおすすめできない。

 

大きな挫折経験がないなら、自分なりにこれまでの人生で感じた最大のエピソードを話せば良いです。

面接では1問ですべてが決まるということはなく、総合的に評価されるものですから。

 

②挫折経験自体をただ伝えるだけで終わらないこと

 

続いて、面接で挫折経験を伝える際に重要なのが挫折経験自体をただ伝えるだけで終わらないこと

要するに「私が経験した過去の挫折経験は◯◯です、以上!」とならないこと。

 

詳しい回答構成については、後で詳しく解説しますが、経験だけを伝えて終了となってしまうと、質問意図である「問題解決力」の高さを伝えることができないんですよね。

 

よって必ず「その挫折経験によってどんな考えに気づいたのか(=気づき)」や「具体的にどんな方法で挫折経験を乗り越えたのか(=解決方法)」をしっかりと織り交ぜて回答するようにしましょう。

 

③挫折経験はありませんと答えないこと

 

そして最後、面接で挫折経験を伝える際のポイントとして、挫折経験はありませんと答えないことですね。

 

先にも話したとおりで、「今まで挫折したことがない人=社会人になってから初めての挫折を経験したら潰れる人」だと思われる可能性が非常に高いんですよね。

 

人事はすぐに辞めないであろう人材を採用する!!!!!!!!!!!

これはめちゃくちゃ重要なポイントなので、必ずこの記事で押さえておいてください。

しかし、本当に挫折経験がない人はどうすれば良いの?と思った人もいるのではないでしょうか。

僕なんかは小学生の頃から挫折の連続だったので、そんな人が羨ましい限りですが、次の章にて挫折経験がない場合の対処法を解説しますね。

 

こうしてポイントを押さえると、どれも面接官の立場で考えると重要なことばかりですね!

そうだね。回答をザックリ考える場合は「質問意図を考える→それを満たすためのポイントは何かを考えてみる」という順で対策するのがおすすめかな。 

"挫折経験がない就活生"が取るべき対処法

f:id:shukatu-man:20210321082115j:plain

 

先ほど、挫折経験がないと答えるのは絶対にNGだと伝えました。

しかし、普通に考えてみれば挫折経験がない人は多いと思います。

 

では挫折経験がない人はどうすれば良いのか?

僕がおすすめする対処法が1つあるので共有しておきましょう。

 

【挫折経験がない場合の対処法】

  1. 正直に伝える
    (まず「幸いなことにこれまで気が狂うような大きな挫折経験はありません」と大きな挫折経験はないことを正直に伝える)
  2. 小さな挫折経験はたくさん経験していると伝える 
    (一方で挫折感を味わうことが多いことと具体例を伝える。例えば、何かに挑戦しようとして続かなかったことや、アルバイトなどでうまくいかなった出来事など)
  3. 自分なりの問題解決法を伝える 
    (そういった小さな挫折経験をどのように解決しているのか解決策を伝える)

 

大きな挫折経験がない人が大きな挫折経験を伝えることは当然できません。

よってまずは大きな挫折経験がないことを正直に話してしまいましょう。

 

しかし、それだけでは「挫折経験のないストレス耐性の低そうな人」という印象になる。

そこで、小さな挫折経験はしょっちゅう経験していると伝えましょう。

生きている上で、ストレスを感じる場面は誰にでもありますよね。

そんな小さなストレスや問題を「小さな挫折経験」として伝えるのです。

 

その上で、最後に問題解決力があることを伝えてください。

そのためには「具体的に小さな挫折経験(日常で生じる問題)をどのように解決しているのか」という問題解決策を伝えるんですよね。

これらを例文としてまとめると、以下のようになります。

 

【挫折経験がない場合の回答例文】

「幸いなことにこれまで気が狂うような大きな挫折経験はありません。

しかし、挫折感を味わうことはしょっちゅうあります。

この1週間だけでも、◯◯や◯◯などの問題が生じて挫折感を味わいました。

しかし、こうした問題が生じて挫折感を味わった時、まずは「解決できる問題」と「解決できない問題」に分け、解決できる問題にだけ着目し、行動することで1つ1つ解決するようにしてます。」

 

いかがでしょうか?

「挫折経験はありません」とだけ答えるのに比べて、圧倒的にストレス耐性や問題解決力があるように感じませんか?

 

正直に答えつつ、質問意図を満たすことができる対処法だと僕は考えています。

他のサイトなどには書かれていないオリジナルな方法だと思うので、ぜひぜひ活用してみてくださいね。

 

ちなみにこうした僕オリジナルの就活攻略法はツイッターでも積極配信しています!
ぜひフォローしてみてください。⇒@shukatu_man 

※ちなみにうっとうしいプライベートツイートはせずに就活情報のみをツイートしてますw

面接での挫折経験の伝え方【就活向けの回答構成】

f:id:shukatu-man:20210321082051j:plain

 

では挫折経験がない場合の対処法をお伝えしたところで、この章では挫折経験の具体的な伝え方を解説していきます。

どんな回答も構成を作成することで、答えやすくなります。

挫折経験の伝え方としておすすめの構成は以下ですね。

 

【挫折経験を伝える際の回答構成】

  • 結論(挫折経験の概要)
  • 挫折経験の詳しい内容
  • 挫折経験に対しておこなった解決策
  • その挫折経験を通して得た考えや習慣

 

挫折経験について⇒解決策⇒気づき」というシンプルな構成です。

挫折経験の伝え方としては、この構成が最も面接官に伝わりやすく、質問意図を満たすことができると僕は思いますね。

 

この文章構成を元に、次の章では面接での回答例文を紹介していきますね! 

面接での挫折経験の回答例文4選

f:id:shukatu-man:20210321082107j:plain

 

それでは回答構成をお伝えしたところで、この章では回答例文を共有します。

実際に僕が就活生の時に伝えていた挫折経験も共有しますので、ぜひ参考に!

 

ポイントとしては、しっかりと結論から話すようにすること。

回答全体が長くなりすぎないことあたりを特に意識すれば問題ありません。

 

回答例文① 僕が就活生の時に使っていた挫折経験の例文

 

【回答例文】

「私の人生最大の挫折経験は、小学生の時に経験した転校ですね。

両親の離婚をきっかけとして、小学4年生の時に転校することになりました。

転校初日、どのように人に声を掛ければ良いのかも分からず、全員が敵に見えてしまう。

これまで順調だった生活が一変するこの経験によって、自分はなんて非力なんだと実感したことを今でも覚えています。

しかし、まずは現状に対して嘆くのではなく受け入れること。

その上で全く話したことがない人にも挨拶をしてみる、ドッチボールの輪に入れてももらえるように頼むなど、1つ1つ小さな行動を起こすことを徹底。

結果として学校に馴染むことができました。

この挫折経験を通し、どんな大きな問題も小さな解決行動を積み重ねることの重要性を学ぶことができ、今の私の大切な価値観の1つとなっています。」

 

今振り返ると、僕の人生で最も辛かったのは小学生の時でした。

親の離婚、転校、転校先でからかわれる(軽いいじめですw)などなど、本当に辛かったのを今でも覚えています。

 

しかし、その挫折経験があるから今があると思っているし、そういうことを面接で積極的に伝える。

自分の弱みを面接官に素直に伝えることで、自分の人間性に共感してもらい、評価に繋がると思いますね。

 

よってどんな辛い経験でも、全然隠さず伝えてしまいましょう。

しっかりと「解決策」や「それを通して得たポジティブな考え方」まで伝えることで、ネガティブな印象を持たれることもないですしね。

 

回答例文② 人間関係に関する挫折経験

 

【回答例文】

「私の過去の挫折経験として、大学時代の部活動での挫折があります。

私はバレーボール部に所属し、会費を集める会計係として活動していました。

その際に、会費の未払いが多々発生してしまい、その相手とある日、口論になってしまったんですよね。

これまで良好な人間関係を築くことに対して、自信があったので、この出来事には大きな挫折感を感じました。

しかし1度、関係が崩れた時もこちらから歩み寄って本音を話す。

加えて、相手の状況理解に務めることによって良好な関係に戻ることができました。

この経験から1度挫折しても、解決策を徹底的に考えて、小さくても行動に移すことで徐々に解決することの重要性を学ぶことができたと考えています。」

 

挫折経験に対して人間関係のトラブルを題材にしてもよいのか?」と聞かれることが多々あります。

こう疑問に思う理由としては、人間関係でトラブルを起こしてしまう人は、会社からすると印象が悪いのではないか?というイメージでしょう。

 

しかし僕は全く問題ないと考えています。

理由としては、人間関係のトラブルを経験して解決したことがある人の方が、今後また同じようなトラブルが起こっても対処できると判断できるからです。

 

むしろ人間関係のトラブルを経験したことがない人の方がリスクがあると思いませんか?

社会人になると、利害関係のある外部のお客さんとの人間関係を構築する必要があります。

 

よってこれまで人間関係でトラブルがなかった人でも、社会人になってから経験する可能性が高いんですよね。

人間関係に関しての挫折経験がある場合、それが最大の挫折経験だと思うならそれを伝えて問題ありません。

 

回答例文③ 浪人に関する挫折経験

 

【回答例文】

「私の過去の挫折経験としては、高校で浪人したことが挙げられます。

センター試験では自信があったにも関わらず、志望大学に受からず浪人することを決意。

周りの友人はその大学に受かったことで大きな挫折感を味わいました。

最初、塾に通ってもなかなかやる気が上がらず、浪人生になってしまったことに後悔ばかりしていたのですが、「志望大学のレベルを2段階上げる」という非常に高い目標を建てることで意識的に自分を鼓舞してやりきることができました。

この経験から、後悔することの無意味さを実感したとともに、”挫折した時こそ実現不可能だと思うような高い目標を設定してしまうこと"が自分に向いていると理解できました。」

 

浪人してしまったことを挫折経験として伝えるのは良いか?」もよく聞かれますね。

履歴書を見れば、浪人していることはバレるので隠す必要はなく、浪人経験をポジティブに語る方がよっぽど重要です。

 

大学生は「浪人して数年無駄にしたこと」を相当ネガティブに考えがちですが、社会人になったら1年や2年なんて誤差の範囲です。

自分にとって浪人経験が最大の挫折なら、浪人経験を語っても全く問題ないですよ。

 

回答例文④ 大学受験に関する挫折経験

 

【回答例文】

「私の過去の挫折経験として、大学受験の失敗が挙げられます。

もともと愛知県内の公立大学を志望していたのですが、センター試験で思うように結果を出せず、結果として県内の私立大学へ進学することになりました。

周りにも絶対に公立大学へ進むと豪語していたので、その時に感じた挫折感は非常に大きく、センター試験当日の自分を恨むことも多々ありました。

しかし、過去は過去だと切り替え、「大学生活で何ができるのか」という未来に目を向けることに注力。大学生活の空き時間で読書をし、独学することで経営学を学ぶことができたんですよね。

この挫折経験から、結果をまずは受け入れ、その上で未来に着目してベストな前向きに行動することの重要性を再認識しました。」

 

この例文のように「大学受験」を挫折経験として伝える就活生は多いです。

なぜなら単純に、「志望校に受からなかった」という経験を持つ人が多いからです。

 

就活において、差別化が重要だと就活攻略論では何度も話しています。

じゃあ大学受験の挫折は伝えるべきではないのか?と思うかもしれないですが、題材で差別化しなくても大丈夫。

「解決策」や「その挫折経験から得た考え方」などで差別化しましょう。

 

そもそもこの記事で紹介しているような構成で、わかりやすく伝えられる就活生は少ないので、それ自体が差別化にもなりますしね。

 

文章構成に従って回答を考えると、伝えやすいですね!

そうなんだよ。思いついた言葉をその場その場でつないでいくと、つい話が長くなったり分かりにくい回答になってしまいがちだから。

就活の面接で挫折経験を伝える際のNG例文【注意点】

f:id:shukatu-man:20210321082047j:plain

 

では例文を共有したところで、反対に「こんな挫折経験の伝え方はNGですよ」という注意点も共有していきますね。

 

就活生のエントリーシートを見ると、ここで紹介するような注意点にガッツリ当てはまってしまっている人が多いので、事前に改善しておくと良いですよ。

ではまずは挫折経験を面接で伝える際の注意点を見てください。

 

【就活の面接で挫折経験を伝える際の注意点】

  • 必ず結論から話すこと
  • 複数の挫折経験の羅列で終わらないこと
  • 挫折を外部(環境や他人)のせいにしないこと

 

NG例文① 結論から話せていない

 

【NG例文】

「私は愛知県内の高校に通っていました。

公立の学校だったのですが、そこは部活動が盛んで私は陸上部に所属していました。

競技は短距離で、主に100mで大会には参加。

小学生のときには全国大会にも出場するなど、短距離走には自信がありました。

しかし、高校に進学すると周りのレベルの高さを実感。

大会でも思うような成績を出すことができずに挫折を味わいました。

これが私の最大の挫折経験です。」

 

映画や小説としてなら良い文章ですが、面接ではNG例文です。

就活の選考というビジネスシーンでは結論ファーストで回答することが重要。

なぜなら、1人あたりの選考に要する時間が短いからですね。

 

結論から話さない回答は、聞き手としては「結局何が挫折経験なのか?」ということが途中まで見えてこない。

よって短い面接の中での理解度が低くなってしまうんですよね。

 

どんな質問への回答も結論ファーストを徹底しましょう。

面接ではつい余談から話しがちなので、特に注意が必要です。

 

NG例文② 複数の挫折経験をただ羅列するだけ

 

【NG例文】

「私の挫折経験は、小学生時代に塾に通っても全然成績が上がらなかったこと。

中学生時代に部活動にて、大会で上位成績を取れずに部活をやめてしまったこと。

高校受験に失敗したこと、直近の大学生活では語学勉強に挑戦しようと考えたのですが、途中で諦めてしまいました。

これらが私の挫折経験です。」

 

このように複数の挫折経験をただ羅列するだけだと、ストレス耐性があることは感じますが、問題解決力があるということを把握することができません。

よって複数の挫折経験を伝える際も、必ず「挫折するような経験にぶち当たった時にどのように解決しようとするか」という解決策を提示するようにしましょう。

 

また、あまりに大量に挫折経験を伝えてしまうと、1つ1つの挫折経験が小さく感じてしまうのでできれば「最大の挫折経験」を伝える方が良いと僕は考えています。

 

NG例文③ 挫折を外部のせいにしている

 

【NG例文】

「私の挫折経験は大学時代の留学経験です。

英語が話せるようになるために、アメリカへの2ヶ月の留学を行ったのですが、留学先の地域に日本語が話せる人が多く、日本語で話す機会が多くなってしまいました。

結果として語学力がそこまで身につかずに帰国することになり、挫折を経験しました。」

 

この挫折経験は、挫折の原因を完全に外部のせいにしていますよね。

この場合、日本語が通じない環境を自ら作ることも可能なので、聞き手からすれば「人のせいにしてしまう人だ」と思われる可能性が高いです。

 

挫折経験を伝える時は、あくまで原因は自分にあるという立場で話すことが重要です。

このあたりは面接官の立場に立って、自分の回答を見つめれば分かる話なので、注意しておきましょうね。

 

たしかに意識していないと挫折経験を外部のせいにしてしまいそうですね!

自分が採用担当者ならどんな人を採用したいと思うか、を徹底的に考えて自分の回答を推敲することが重要だよ。挫折経験を他人のせいにする人は評価しないよね。 

【よくある質問】挫折経験として病気に関することは伝えても良いですか?

f:id:shukatu-man:20210321082056j:plainこの記事の補足として、よくある質問にも回答しておきます。

「挫折経験として病気に関することは伝えても良いか」という質問を以前もらったことがあり、それに対する僕は「答えても問題ない」と伝えました。

 

まず大前提として、会社に伝えるべき病気があるなら事前に伝えておくべきです。

なぜなら、そもそもそれを受け入れてくれる企業に入社すべきだから。

 

就活のゴールは「内定の獲得」ではなく、自分に合った企業に入社することにあります。

内定を獲得して入社しても、すぐに辞めることになれば元も子もないですからね。

その前提があるので、企業に対して伝えるべき病気(理解が必要な病気)を隠して内定を獲得する必要はありません。

 

これらの理由から、過去に患った病気を題材に挫折経験を語ることは問題ない。

「病弱だと思われるのでは?」という不安があるなら、その病気以外に大きな病気はしてないという補足を伝えれば良いですからね。

 

大事なことは、自分自身が人生において何を最も大きな挫折だと感じているかです。

そうじゃないと、心から熱をもって話すことができないし、追加質問で化けの皮が剥がれいくだけですからね。

 

過去の病気による挫折が、自身の最も大きな挫折だと思うならそれを伝える。

「病弱だと思われないか不安」なら、それ以外の病気はないと補足する。

これが僕が考える回答です。

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

挫折経験を聞いてくる理由の把握に始まり、おすすめの回答構成を把握してもらえたのなら嬉しい限りです。

 

僕のように幼少期から挫折しまくっている人なら、簡単に挫折経験が浮かんで答えることができますが少数派ですよねw

大きな挫折を経験している人は少ないからこそ、今回の記事で解説したように、まずは正直に自分が思う最大の挫折経験を伝える。

その上で、解決策やそこから得た考え方や気付きを伝えることを大切にすることをおすすめします。

 

就活中、意外にも多くの企業から聞かれた質問だったので、こうして記事にまとめられて良かったです。

1つでもこれを読んだ皆さんが気づきを得てくれたら嬉しいなと思います!!

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 就活の面接にて挫折経験を聞く意図は「ストレス耐性」と「問題解決力」が備わっているかを見極めるため。
  • 挫折経験としてはより大きな挫折経験を伝える方が、聞き手への印象が大きくなるのでおすすめ。(僕の考えとしては浪人や病気などかなりネガティブなて題材だろうが、それが自分にとって大きな挫折経験なら伝えて構わないと考えています)
  • 挫折経験がない場合の対処法として、まずは正直に大きな挫折経験がないことを伝えつつ、挫折感を味わうことはよくあることを伝える。そのうえで解決策を提示することでストレス耐性と問題解決力があることを示すことができる。

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた600の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/