就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

短所に「心配性」と書く場合の3つの注意点【例文あり】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・短所に心配性と書く場合の注意点が知りたい

・短所として心配性と書いた例文が見たい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!短所は「暇な時間が大嫌いなこと」でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20191124183937p:plain

エントリーシートや面接でよく「短所」を聞かれますよね。

そんな短所は何を答えるのが正解なのか?難しいと思います。

 

そんな短所の答え方の中でも、今回は「心配性」を短所として書く場合の書き方や注意点について解説していきます。

 

他の就活サイトを見ていると、「短所を言い換えましょう」と書かれています。

しかし、それだと読み手からしたら「こいついかにも短所を長所っぽく言ってやがるな」と思われますよねw

短所をわざわざ言い換えずに、評価されるよう書く方法を紹介します!

 

心配性ってなかなかネガティブなので、短所として伝えて良いのか迷いますね。

どんな短所も伝えてしまって問題ないよ!短所を伝えて合わないと判断されるなら、その会社に入社すべきじゃないからね!

そもそもなぜ短所を面接官(人事)は質問するのか?

f:id:shukatu-man:20191124190721p:plain

 

どんな質問への対策もまずは「面接官の立場に立つこと」が重要です。

自分は面接官だと思い込んで、面接官の頭の中に沈んでいくイメージですね。

(ちなみにこれは就活だけじゃなくて、コミュニケーション全般で重要なこと!)

 

面接官の立場に立つことができれば、次のように自問できます。

「そもそもなぜ短所について聞く必要があるのか?(短い選考の中で、わざわざ質問の1つとしての時間を作る価値があるのか)」

 

各質問への対策をしたい

→まずは面接官の立場に立って「その質問をする目的」を考える

→目的が分かれば、その目的を達成させてあげるような回答を準備する

 

上記の思考回路が重要になります。

すぐに「◯◯ってどう対策すれば良いの?」と聞くのではなく、まずは自分で面接官の立場に立ってみましょう。 

 

短所について質問する目的

 

では面接官の立場に立って、短所について質問をする目的を考えるとどうなるか?

その回答は以下ですね。

【面接官が短所を質問する目的】

 事前にその人の「弱み」を知ることで、自社との適性が合うかを把握するため。

(自社との適性:特に社員との適性・仕事との適性)

 

実際に知り合いの人事、数人に質問しましたが回答は上記でした。

つまりその人の短所を理解することによって、「自社の社員と合うか?」「自社の仕事内容は合うのか?」を把握することこそ、短所を質問する目的なのです!

 

言い換えが上手いとかどうでも良い

詳しくは後述しますが、この面接官の目的がわかっていれば、「短所は長所に言い換えましょう(ネガティブな言葉は使わないようにしましょう)」というアドバイスがいかに的外れかが分かります。

 

面接官はあなたの正直な短所を理解して、自社との適性を把握したいのです。

長所に言い換えたところで、それは“面接官側が脳内変換すること”なんですよね。

 

よって第一に、短所は正直に伝えましょう。

その短所はあなたの一部です。短所は長所の裏返しなので、自信を持って「これが短所です!」と伝えてしまって全く問題なしですよ。

 

なるほど!短所を通して、自社との適性を把握することが目的なんですね。

そうだよ!だから嘘を付いたりすることは論外。入社してミスマッチで困るのは自分だよ! 

短所に「心配性」と書く場合の3つの注意点

f:id:shukatu-man:20191124190258p:plain

 

では面接官が短所を聞く目的について理解したところで、短所に「心配症」と書く際の注意点について見ていきましょうか。

僕が考えるに、注意点は大きく3つあります。

 

①長所に変換(言い換え)する必要はない

 

まず前の章でお伝えしたとおり、短所を長所に変換する必要はありません。

よく「ネガティブな言葉はNG」と書かれているサイトを見るのですが、個人的には短所はネガティブな言葉で伝えて問題ないですね。

 

そもそも短所はネガティブが前提

面接官も短所にはネガティブなことが書かれていた方が、「それがその人の短所なんだな」と分かりやすいですよね。

例えば「心配性」を言い換えて、「責任感が強い」と書いた場合に読み手としては「ん?結局あなたの短所は何なの?」と困惑してしまいます。

 

心配性と書いたところで、それを「いや、それは責任感が強いとも言えるよね!」や「それは慎重で用心深いと言えるよね!」と長所として判断するのは、面接官です。

よって短所は短所として、シンプルに「心配性なところです」と書くことを僕は薦めますね。 

  

②短所を“活かす努力”をしていることを書く

 

次に短所として「心配性」と正直に書いただけでは、評価には繋がりません。

せっかくの質問項目なので、何らかのアピールはしていきたいところです。

そこでおすすめなのが、「短所を活かす努力」を書くことです。

 

例えば、心配性という短所を受け入れた上で、「それを活かして計画を入念に練るようにしている」と短所を活かす努力をしていることを記載する。

そうすれば読み手としては、「この子は短所を認識して、行動に活かせるタイプの子なんだな」と思いますよね。

 

短所を活かす努力をしている

→面接官「この子は短所を受け入れた上で、活かす努力ができる柔軟な子だ」と認識

 

このテクニックはめちゃくちゃ重要で、僕もこれを使ってました。

僕の場合は短所としては「暇な時間が大嫌いなところ」と書いていたので、それを活かして「常に暇な時間を作らないように、スマホにニュースアプリを5つ入れています」と書いていました。

 

こうして“短所を活かせる人物”として、自分を売っていくのが良いですね!

(僕が面接官なら、長所に言い換える人よりも、短所を受け入れて活かす努力をしている人を採用します!)

 

③短所を克服するための継続施策で向上心をアピールする

 

そして最後に3つ目の注意点は、短所を克服するための継続施策を書くことです。

これによって向上心をアピールしていきます。

 

どういうことかと言うと、「心配性」→「「それを活かして計画を入念に練るようにしている」→「とは言うものの、心配性すぎるといけないので◯◯して少しずつ改善していきたい」という流れを作るイメージです。

 

例文で解説した方が分かりやすいと思うので、心配性を元にした例文を作ります。

【例文】

「私の短所は心配性なところです。

カバンに入れた家の鍵などを何度も確認してしまいますし、家の鍵をかけたのか心配になることも多々あります。

しかし、最近はこの短所を受け入れ、活かして計画を入念に練ることに尽力しています。心配性がゆえに、非常に具体的な計画を立てることができるので便利です。

ですが心配性で、行動できないのもいけないので、思い切って立てた計画をすぐに行動に移す。そんな努力をして、少しずつ心配しない体質になれるよう心がけています。」

 

最後の赤文字の部分ですね。

「短所を活かす」というポジティブに変換しつつ、最後はしっかりと短所を改善する努力をしていることを伝えて、向上心の高さをアピールする。

これが僕の短所における戦略になります! 

 

面接官の立場に立ってこの例文を読むと、まずは「短所が心配性なところなんだな」と簡単に認識可能です。

その上で、短所を活かす姿勢や改善しようとしている向上心の高さに魅力を感じます。

いかがでしょうか?

 

なるほど!たしかに短所を伝えつつ、活かす柔軟性や改善する向上心の高さを感じますね!

短所は正直に伝えつつ、柔軟性と向上心の高さをアピールするのは有効だよ!

短所を「心配性」とした場合の文章構成

f:id:shukatu-man:20191124192711p:plain

 

では短所で「心配性」を書く際の注意点を押さえたところで、僕がおすすめする短所の文章例文を紹介していきます。

この流れに沿って書けば、短所を伝えつつ柔軟性や向上心を伝えることができるので、一緒に作成してみましょうね。

 

僕がおすすめする短所の文章構成は以下となります。

【おすすめの短所の文章構成】

  • 結論を書く(短所は何か?)
  • どう短所を活かそうとしているのかを書く
  • 短所を改善するための継続施策を書く

 

結論を書く(短所は何か?)

 

まずは結論として、自分の短所を正直に書きましょう。

心配性を書く場合は、「私の短所は心配性なところです。」と正直に書いて構いません。

 

それによって面接官は文章を読んだ瞬間に、「なるほど!この子の短所は心配性なところなんだな」と把握することができますよね。

(当たり前のことのようですが、結論ファーストは意識しないと、グダグダと説明を書いてしまいがち!気をつけて!)

 

短所を書いた後に、実際に心配性によってどんな苦労をしているのかという「エピソード」を加えましょう。

例えば「鍵がカバンに入っているか常に確認してしまう」とかですね。

心配性が短所の人なら、こうしたエピソードが山のようにあるはずなので、印象的な話か、面白い話をピックアップすると良いですよ!

 

どう短所を活かそうとしているのかを書く

 

続いて、短所を伝えて文章がネガティブになっているので少しポジティブにしましょう。

更に「柔軟性」をアピールするために、その短所をどう活かしているのかということを記載していきます。

(ここは詳しくは前章でも解説しましたね!)

 

短所を改善するための継続施策を書く

 

そして最後に、「とは言うものの心配性が行き過ぎると良くないので」というように、謙虚さを出しつつ、改善するための継続施策を書いていきます。

エントリーシートのすべての質問項目で言えることですが、文末はすべてポジティブに締めるべきです。

 

また「〜していきたいと思います」という推定よりも、「〜しています」や「〜に尽力しています」という“もうやってます”という行動力を示す語尾がおすすめです!

 

この書き方を元にして、次の章では具体的な例文を紹介していくよ!!

短所を「心配性」とした例文3選

f:id:shukatu-man:20191124192742p:plain

 

では短所を心配性とした場合の文章構成を理解したところで、実際の例文を紹介していきますね。

どれも短所を正直に伝えつつ、柔軟性の高さや向上心をアピールする文章に仕上げたので参考にしてください。

 

例文① 心配性を活かしてやるべきことを即片付ける

【例文】

「私の短所は心配性なことです。

頭が痛くなると、すぐに「脳腫瘍かな?」と心配になってしまうので、周りから呆れられることがしばしばあります。

他にもゼミの研究で「本当に終わるかな?」「ちゃんと調べることができるかな?」と心配になることも多かったので、教授には迷惑をかけてしまいました。

しかし、最近はこの心配性な性格を活かして、「やるべきことを即片付ける」ということを徹底するようにしています。

やることが残っていると心配性が発揮されてしまうので、やるべきことを一覧化してすぐに実行。クリアな状態にすることで、心配することが少なくなってきました。

ですが、心配性が過ぎるのは当然よくないことなので、たまには「気にしないようにする」ということも心がけて日々を楽しんでいます。(339字)」

 

この例文は実際に僕の性格、そのまんまの例文です。

頭が痛くなると「脳腫瘍じゃないか!?」とめちゃくちゃビビリ、咳が出始めると「肺結核じゃないか!?」とめちゃくちゃビビるのが、わたくしでございますw

 

そんなリアルな事実を冒頭に持ってくることで、心配性な自分をありのまま伝えつつ、心配性を活かした行動に繋げていることをアピール。

最後には、日々を楽しんでいるとポジティブで明るい人物像を相手にイメージさせます。

 

全体を通して見ても、人柄が伝わりやすい例文だと思うのでぜひ参考にしてみてください! 

 

例文② 人間関係における心配性を正直に語る

【例文】

「私の短所は心配性なところです。

他人からどう思われているのかを過剰に心配してしまうところがあり、友人にもよく「そんなに気にしなくて良いのに」とアドバイスされてしまいます。

しかし、最近ではこの心配性を活かして、自分磨きをすることを心がけています。

他人からの目が気になるがゆえに、服装や言動、立ち振舞に気をつけることで、少しずつですが自分に自信を持てるようになってきました。

そうは言うものの、やはり他人からどう思われているのかを心配しすぎるのはよくないので、「嫌われる勇気」という本を何度も読んで、少しずつでも心配性を克服していこうと行動しています。(280字)」

 

この例文では一見、「他人の目が気になる」というコミュニケーション力の乏しさを露呈しているようでNGな例文かと思うかもしれません。

 

しかし、そもそも短所は正直に伝えることが重要なので、こうした人間関係における心配性を持っている人は伝えてしまいましょう。

(それで不採用になるなら、その会社は合わなかっただけの話です。受け入れてくれる会社に入社した方が合う可能性が高いので。)

 

読み手が気になる文章をあえて入れる

そして細かいテクニックですが、最後の文章で「嫌われる勇気」という本の名前を出しましたよね。

この本は大ベストセラーなので、面接官も知っている可能性が高い。

 

読んだことがある人なら、「お!嫌われる勇気か!心配性にはいいね!」と思いますし、読んだことがない人でも「嫌われる勇気ってどんな本なんだろう?」と興味が湧く。

 

このように、あえて面接官が気になる程度に「本の名前」だけを提示することによって、面接官の興味や関心を誘うテクニックは非常に有効なので、ぜひ試してみてください!

(面接で聞かれる可能性が高いので、それを先読みして「嫌われる勇気をめっちゃ面白く伝える15秒プレゼンとかを用意しておくことが重要ですね。何事も先読みです!)

 

例文③ 心配性を活かして仕組み化している

【例文】 

「私の短所は心配性なところです。

大学の研究室では、細菌を育てていたのですが「ちゃんと育っているか?」と家にいても心配になってしまい、何度も大学に足を運んで確認してしまうほどです。

しかし最近では、この短所を活かそうと「仕組み化」を行っています。先ほどの研究室の細菌も、グループLINEを作って研究室のメンバーが入室時に必ず細菌の写真を撮って共有するという仕組みにしたところ、私の心配性が軽減してきました。

そうは言うものの、心配性が過ぎるのはよくありません。仕組み化できることは仕組みを作りつつ、たまには「気にしない」と振り切ることを意識して少しずつですが楽に生きれるように努めております。(298字)」

 

この例文はかなり「自己PR」に寄せました。

「仕組み化できること」は、会社からしたら長所でしかありません。

少し「短所を長所っぽく言い過ぎかな?」と思える文章ではありますが、「心配性→仕組みづくり」というアプローチはおすすめなので、記載してみました!

 

どれも短所である心配性は正直に伝えつつ、向上心や柔軟性も感じる文章ですね!

次の章では、NGな文章例文を2つ紹介していくよ! 

短所を「心配性」としたNG例文3選

f:id:shukatu-man:20191124192657p:plain

 

では続いて、NGな文章例文を紹介していこうと思います。

どのような文章がNGなのかを整理した後で、NGな例文を紹介しますね!

 

短所の書き方としてNGな文章の特徴は3つあります。

【NGな文章の特徴】

・結論がよく分からない

・長所に言い換えすぎている

・ネガティブすぎる

 

NG例文① 結論が見えない

【NG例文】

「私の短所はすぐに確認をしないと気が済まずに、気になると研究室で細菌が育っているのかを確認することにあります。

このように常に確認するような行動を取ってしまうために、教授からは「また確認しているのか?」と疑問を持たれてしまうほどです。

自分でもそこまで気にするのはよくないとは思っているので、改善するためにあえて気にしないようにするという行動も取るようにしています。」

 

結論が見えづらいですよね。

「こんな文章を書く人がいるの?」と思われるかもしれませんが、普通にいます。

 

面接官と就活生の関係生は「他人」です。

他人の話は、結論が見えない「物語形式」では飽きてしまうんですよね。

(友人関係、恋人関係なら結論がなかなか出てこない物語形式で話しても良いのですが...)

 

よって必ず、結論を先に提示ましょう。

就活ではエントリーシートでも、面接でも「結論ファースト」の重要性が超高い。

それは面接官と就活生が他人の関係生にあるからです。

 

(特に面接では、結論ファーストを意識しないとグダグダ話してしまいがちなので、質問されたら一呼吸置いて良いので、結論から話しましょうね!これ大事!)

 

NG例文② 長所に言い換えすぎている

【NG例文】

「私の短所は心配性なところですが、非常に責任感が強いです。

心配性だからこそ責任を強く感じるので、責任感の強さに繋がっています。

今後社会人になったら、1つ1つの行動に責任が伴います。心配性という短所を責任感に変換しつつ、社会人として活躍していきます。」

 

ちょっとこれは流石に長所に変換しすぎですね。

読み手からしたら「なんだ、このポジティブ過ぎ人間は!」となりえます。

 

長所に変換しすぎると、かなり鬱陶しさを感じますし、「短所を受け止められない人」とも評価されてしまう可能性もあります。

短所は短所として、正直に伝えつつ、その上で活かし、改善する流れで伝える方が確実に好印象ですよ!

 

NG例文③ ネガティブすぎる

【NG例文】

「私の短所は心配性なところです。

心配性すぎて、常に人の目が気になります。だれかが小さな声で話していると、自分に対する悪口かなと思ってしまうほどです。

先日、電車の中で女性が会話していたのですが、1度目が合ったので自分のことを言っているのかと心配になったことがありました。

心配性は行き過ぎるとよくないことは分かっているので、改善していきたいと思います。」

 

もう完全に、ちびまる子ちゃんの藤木くんですよね。

読んだ面接官たちは、文章がネガティブすぎて、、、こんな表情↓になるでしょう。

 

alu.jp

 

短所を正直に伝えることは重要ですが、文章全体がネガティブになりすぎるのはNGです。

だからこそ「活かす努力」を途中で組み込むことをおすすめしているんですよね!

読んだ時に「さすがにこれはネガティブすぎるな」と思うのなら、それは改善すべきですよ!

 

たしかにこれらの文章は評価されそうにないですね...。

評価されない文章っていうのは、面接官の立場に立って読み直せば簡単に分かる。必ず改善しようね!  

他の就活生が書いた「短所」を見る方法

f:id:shukatu-man:20191124192706p:plain

ここまでの解説にて、心配性を短所として書く方法についての理解が深まったと思います。

最後に、「他の就活生はどう短所を書いているのか?」という疑問を解決する方法を紹介しておきますね。

 

他の就活生が書いた文章を読んで、自身の文章と比較。

その上で、良い表現や書き方を真似ることは非常に重要です!

 

f:id:shukatu-man:20191125124354p:plain

 

他の就活生が書いたエントリーシートを読むためには、「無料のES閲覧サービス」を利用しましょう。

僕がおすすめする3つのES閲覧サービスをまとめた記事を用意しているので、まだ利用していない人は早めに利用して使えるようにしておくと良いですよ!

 

まとめ

 

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました!

短所の書き方についての理解が少しでも深まりましたか?

 

心理学では、「人は弱みを見せられると親近感が湧く」という効果があります。

よって実は短所を正直に伝えるということは、親近感を面接官に抱いてもらうためには重要だったりするんですよね!

 

よって「短所を長所に言い換えて、短所を言わないようにしよう!」なんて考えるのはやめて、正直に話しましょう。

そのうえで評価してくれる企業に入社すべきです。

 

内定がゴールと就活生のうちは思いがちですが、就活だけでは決まりません。

自分の短所込で「適性が高い!」と評価してくれる、自分にぴったりな企業を探しましょうね。

 

あなたがそんな企業と出会えることを心から祈っています。 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー