MENU

【営業が楽な業界5選】共通する特徴と具体的な入社方法!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:syukatsu_man:20220111173654p:plain

 

今回の記事では、営業職が楽な業界についてバシッと解説します!

(楽な業界の共通点や就職・転職するための具体的な対策も共有するよ!)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

文系出身者を中心に人気の高い仕事である営業職。

どんな業界にも欠かせない職種ですが、働きやすさや待遇は分野によって異なります。

ゆえに、営業志望であることは決まっていても「どの業界に就職すべき?」と悩む人は少なくありません。

 

そこで本記事では、営業職として楽な業界・きつい業界を具体的に紹介します。

また営業職が楽な業界で働くメリット・デメリットや、これらの業界に就職・転職するための対策事項も共有していきますよ。

 

より労働環境の優れた会社で働きたいと考えている営業志望の人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください!

 

営業職は業界によって大きな違いがある職種ですよね。

そうなんだ。この記事では、その中でも比較的楽だと言われている業界について、その理由も含めて解説していくよ!

営業職が楽な業界5選

f:id:syukatsu_man:20220111174249j:plain

 

では早速、営業職が楽な業界を具体的に5つ紹介していきます。

それぞれ”楽といえる根拠”も示しつつ紹介していくので、ぜひじっくりと読み進めてみてくださいね。

 

【営業職が楽な業界】

  • 食品業界
  • 化学業界
  • 自動車業界
  • インフラ業界(電力・ガス・鉄道)
  • 医薬品業界

 

楽な業界① 食品業界

 

1つ目に紹介するのは、食品業界です。

食品業界は、加工食品や清涼飲料水などの開発・製造・販売などを通して世の中に価値提供している業界ですね。

 

食品業界の営業職が楽な理由は、以下のとおりです。

 

【食品業界の営業職が楽な理由】

  • 需要が安定している
  • 参入障壁が高く競合他社が少ない
  • 取引先がある程度決まっている

 

食品業界が扱う商品は、人間が生きていく上で欠かせないものばかり。

ゆえに景気や時代に関わらず需要が安定しており、商品が売れやすい状態にあります。

 

食品業界に新規参入する場合は、大規模な設備や人材を投資しないといけません。

よって競合他社も少なくなりやすく、商品を売る営業職の負担も比較的小さいです。

 

取引先がある程度決まっているので、新商品の販売先を確保するための提案が通りやすいこともポイントですね。

僕自身、新卒で大手食品メーカーに就職して営業職として働いていたのですが、Amazonやセブン-イレブンなどの担当者は1社しか受け持っていませんでした。

 

他社との競争に巻き込まれにくく、営業先の企業も数社程度なら働きやすいですよね。

営業職が楽な業界をお探しの人には、食品業界はかなりおすすめです。

 

【食品業界の企業例】
味の素、キリン、ヤクルト、アサヒビール、森永乳業、明治、キューピー、カゴメ、キッコーマン、江崎グリコ、カルビー、キリン、カルピス、ハーゲンダッツ、伊那食品工業、千葉製粉、日新製糖、ニッセー、三井農林、宝酒造、白鶴酒造、ヤマダイ食品、月桂冠、ヤマキ製菓、坂角総本舗、三井製糖、エバラ食品、六甲バター

 

楽な業界② 化学業界

 

2つ目におすすめの業界は、化学業界です。

化学業界は、化学反応を利用して材料や製品などを開発し、製造・販売することで利益をあげている業界ですね。

 

化学業界の営業職が楽だと考える理由は、以下のとおりです。

 

【化学業界の営業職が楽な理由】

  • 参入コストが高く新規参入する企業が少ない
  • 商品が長期的に使われる
  • 安定性の高い商品を販売しておりクレーム対応などが少ない

 

化学業界に新規参入しようと思ったら、莫大なコストを投資する必要があります。

よって食品業界と同様に参入障壁が高く、競合となる会社が少なくなりやすいです。

 

化学業界では、長期的な契約を得やすいことも特徴的ですね。

技術の移り変わりが緩やかな分野も多数あるので、一度契約を勝ち取ればその後は少ない労力で関係を継続できる傾向があります。

 

化学製品は品質が悪いと、取り返しのつかない事故などにつながる可能性もあります。

そのため納品前の品質チェックのレベルが高く、実際に納品したあとに取引先からクレームをもらうケースも少ないです。

 

化学業界は、技術職志望の理系出身者から人気が高いイメージがあるかもしれません。

しかし、営業職志望の文系出身者にも優れた就職先の候補となりますよ。

 

【化学業界の企業例】
三菱ケミカルホールディングス、住友化学、信越化学工業、三井化学、旭化成、花王、日立化成、DIC、カネカ、ユニ・チャーム、昭和電工、東ソー、クレハ、ダイセル、日産化学、関西ペイント、東亞合成、アキレス、コーセー、セントラル硝子

 

楽な業界③ 自動車業界

 

営業職の負担が少ないおすすめの業界3つ目は、自動車業界です。

自動車業界は、自動車や関連部品の開発・製造・販売をすることで人々の暮らしを豊かにしている業界ですね。

 

自動車業界の営業職が楽といえる理由は、以下のとおりです。

 

【自動車業界の営業職が楽な理由】

  • 法人営業が基本であり消耗しにくい
  • 各分野の市場で優位に立っている企業が多い

 

自動車業界で勤務経験がないと、同業界の営業職は消費者に対して車を販売しているようなイメージを持つかもしれません。

しかし実際は、販売店であるカーディラーと大口の契約を結ぶことが基本です。

 

また自動車部品を扱う会社では、トヨタなどの自動車本体を扱う会社と取引をします。

よって、いずれにしても消費者を相手に営業するケースは稀であり、ノルマなども基本的にないため比較的働きやすい環境です。

 

たとえ自動車部品メーカーであっても、特定の部品で圧倒的なシェアを持つ会社は少なくありません。

このような会社では他社との競争もあまりないので、車のモデルチェンジに伴って開発される製品の契約を得ることが営業職の仕事となります。

 

化学業界と同様に選択肢から除外する文系出身者も多いですが、自動車業界も意外と穴場の就職先ですよ。

電気自動車の普及など今後の動向を予想して行動する必要はありますが、営業が楽な業界を探す人には一つの選択肢となるでしょう。

 

【自動車業界の企業例】

トヨタ自動車、本田技研工業、マツダ 、日産自動車、デンソー、豊田自動織機 、アイシン精機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成、日本特殊陶業、住友電気工業、日本精工、小糸製作所、NTN、KYB、フタバ産業、林テレンプ、東海理化

 

楽な業界④ インフラ業界(電力・ガス・鉄道)

 

4つ目のおすすめは、インフラ業界です。

インフラ業界は、電気やガス・鉄道など、人々が生活を送る上で欠かせない製品・サービスを提供している業界ですね。

 

インフラ業界の営業職が楽な理由は、以下のとおりです。

 

【インフラ業界の営業職が楽な理由】

  • いつの時代も需要が安定している
  • 営業を外注化している会社が多い

 

電気やガスなどのインフラは、日常生活を過ごす上で絶対に欠かすことができません。

よって需要減少などの影響を受けることがまずなく、商品やサービスの契約を勝ち取る営業職の負担も比較的小さいです。

 

そしてもう一つの重要なポイントが、多くの会社が営業を外注化していること。

営業の大部分を代理店と呼ばれる会社に外注しているので、電気やガスなどを消費者と契約するための営業をしなくてもよいんですよね。

 

僕の友人にインフラ業界の会社に勤務する人がいるのですが、実際その友人も「ノルマがないから定時で帰れる」と話していました。

インフラ業界は売上も安定していて待遇も優れている傾向にあるので、安定的な会社で長期に渡って働きたい人にもおすすめです。

 

【インフラ業界の企業例】
JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、東急、京王電鉄、東京地下鉄、小田急電鉄、名古屋鉄道、東武鉄道、西武鉄道、阪急電鉄、京浜急行電鉄、東京電力、関西電力、中部電力、九州電力、東京ガス、大阪ガス

 

楽な業界⑤ 医薬品業界

 

最後5つ目におすすめの業界は、医薬品業界です。

医薬品業界は、その名のとおり医薬品の開発〜販売までを手掛ける業界ですね。

 

医薬品業界の営業職が楽だと考える理由は、以下のとおりです。

 

【医薬品業界の営業職が楽な理由】

  • 参入障壁が高く競合他社が少ない
  • 安全性・安定性の高い商品を販売している

 

医薬品業界に参入するには、莫大なコストをかけて設備投資をしたり、販売しようと思ったら国に許可を取ったりしないといけません。

ゆえに新たにライバルとなるような企業が現れにくく、競争が少ないです。

 

開発までのプロセスが長い分、その後置き換わるような製品がすぐに出てくることも基本的にありません。

よって一度契約した商品は長期的に使われることが通常であり、新規契約を勝ち取るために消耗することも少ないです。

 

人体などに影響を及ぼす製品を扱うゆえに、製造開発部門の管理も非常に厳しいです。

そのため販売後にクレームをもらうことが少なく、不要な対応を求められるケースもあまりありません。

 

「医薬品の知識がないと就職できないのでは?」と考える人も多いですが、営業職であれば文系出身者でも内定をもらえる可能性があります。

高齢化社会の日本では今後の需要拡大も容易に予想できるので、同業界に少しでも興味がある人は就職を検討するとよいでしょう。

 

【医薬品業界の企業例】
第一三共、アステラス製薬、エーザイ、中外製薬、武田薬品工業、塩野義製薬、共和キリン、大日本住友製薬、ツムラ、小野薬品工業、日本新薬、キッセイ薬品工業、参天製薬、持田製薬、扶桑薬品工業、久光製薬、ロート製薬、ゼリア新薬、東和薬品、鳥居薬品、富士製薬工業、日本ケミファ、中京医薬品

 

なるほど。競合他社が少なかったり、長期的に使われたりする商品を扱っている業界は、営業職の負担が小さくなりやすいんですね!

まさにそのとおりだよ。楽な業界の共通点を知ることは、就職先の候補となる会社を探す際にも非常に重要。楽な業界の特徴は後述するから、ぜひ参考にしてみてね!

営業職がきつい業界4選

f:id:syukatsu_man:20211020104831j:plain

 

続いてこの章では、反対に営業職がきつい業界を4つ紹介していきます。

 

仮に楽な業界に就職できなかったとしても、ブラック度の高い業界は避けるべきです。

労働環境が悪い傾向にある業界に就職してしまうと、そもそものビジネスモデルのせいで悪影響を受ける可能性が高いですからね。

 

もちろん本章で紹介する業界のなかでも、営業職の仕事が楽な会社も一定数は存在すると思います。

ただ、傾向を把握しておくと企業探しをする際に間違いなく役に立つので、ぜひ基礎知識を得るためにさくっと読み進めてみてください。

 

【営業職がきつい業界】

  • 保険業界
  • 広告業界
  • 不動産業界
  • IT業界

 

きつい業界① 保険業界

 

営業職がきつい業界1つ目は、保険業界です。

保険業界は、生命保険や損害保険・医療保険などのサービスを提供する業界ですね。

 

保険業界の営業職がきつい理由は、以下のとおりです。

 

【保険業界の営業職がきつい理由】

  • 厳しいノルマを課されることがある
  • 歩合制の会社では成果を出さないと薄給になる

 

保険業界の営業職では、厳しいノルマを課されることが少なくありません。

契約を勝ち取った分だけ報酬がもらえる完全歩合制の会社もありますが、このような会社では数字に追われて消耗してしまいます。

 

もちろん、数字があることでやりがいを感じる人も一定数はいると思いますけどね。

ただ長期的に働くことを考えると、やはり心身に大きな負担をかけてまで働く必要はないと思います。

個々人の価値観にもよりますが、ノルマに追われたくない人は避けるべき業界ですね。

 

きつい業界② 広告業界

 

2つ目に紹介するのは、広告業界です。

広告業界は、新聞やチラシ・テレビCM・インターネット広告など、対象商品・サービスの認知拡大に向けて施策をおこなう業界ですね。

 

広告業界の営業職がきつい理由は、以下のとおりです。

 

【広告業界の営業職がきつい理由】

  • 顧客とやり取りする量が多い
  • 顧客と上下関係になりやすい

 

広告業界の会社が提供するサービスは、顧客ごとにカスタマイズする必要があります。

宣伝する対象は顧客によって異なるため、配信する広告などを1社ずつに最適化した上で対応する必要があるわけですね。

 

ゆえに顧客とやり取りする量が必然的に多くなり、何度もクライアントのもとに足を運ぶうちにあっという間に時間が経過してしまいます。

広告業界は、残業時間が多い業界としてもよく知られていますよね。

 

とはいえ依頼を受けている立場なので、顧客からの要望を突っぱねることも難しい。

結果として仕事内容が増えやすく、激務な労働環境になりやすいわけです。

 

きつい業界③ 不動産業界

 

営業職がきつい業界の3つ目は、不動産業界です。

不動産業界は、マンションや賃貸部件・土地の売買など、不動産に関するさまざまな事業を通して利益をあげている業界ですね。

 

不動産業界の営業職がきつい理由は、以下のとおりです。

 

【不動産業界の営業職がきつい理由】

  • ノルマが厳しい傾向にある
  • 契約を勝ち取るハードルが高い

 

不動産業界は、保険業界と同様にノルマを課されることが一般的です。

よって、日々数字に追われて仕事をしたくない人には向いていません。

 

そもそも、不動産などの契約は頻繁にするものではないんですよね。

ゆえに契約を勝ち取るためのハードルも高く、そう簡単にノルマを達成できるような世界でもありません。

 

成績に応じてインセンティブ(追加報酬)を支払う会社も多いので、成果を出してバリバリ働きたい人には向いていますけどね。

ノルマがあることを気にせず結果第一で働きたい人なら、就職を検討してもよいといえるでしょう。

 

きつい業界④ IT業界

 

最後4つ目に紹介するのは、IT業界です。

IT業界は、IT技術を活用した製品・サービスを提供することで世の中に価値を生み出している業界ですね。

 

IT業界の営業職がきつい理由は、以下のとおりです。

 

【IT業界の営業職がきつい理由】

  • 競合他社が多い
  • 新規開拓の営業が基本
  • 社内の調整業務が多い

 

IT技術が急速に発展していることもあり、同業界は右肩上がりに成長を続けています。

これはつまり新規で参入している企業が多いことを意味するので、競合他社の多さを表しているともいえますよね。

 

また、技術の移り変わりが早いゆえに継続的にサービスを利用されることも少なく、IT業界の営業職は基本的に新規開拓を続ける必要があります。

顧客だけでなく、社内のエンジニアやプログラマーなどと仕様や納期を調整しないといけない点も負担になりやすいですね。

 

成長産業では得られることも多いですが、デメリットがあることも間違いありません。

IT業界を志望する際には、長所短所を把握した上で就職を検討しましょう。

 

僕がおすすめするホワイト業界一覧

ここまで、営業職が楽な業界・きつい業界を具体的に紹介してきました。

しかし、なかにはほかの業界の特徴を知りたい人もいるかと思います。

 

就活攻略論では、営業職に限定しないでホワイト度の高い業界をまとめた記事も用意しています。

上述した業界以外にも就職先の候補はたくさんあるので、より多くの選択肢を持ちたい人はぜひ参考にしてくださいね!

 

Check! ▼文理問わずおすすめのホワイト業界

» 【ホワイト業界12選】僕がおすすめするホワイト業界を紹介!

 

▼文系に限定したおすすめのホワイト業界

» 【文系におすすめのホワイト業界7選】優良企業の見つけ方!

 

厳しいノルマがあったり顧客とのやり取りが多かったりする業界は、たしかにきつそうなイメージがありますね。

ビジネスモデルで営業職の仕事もある程度決まってしまうんだよね。もちろん上記の業界にも魅力はあるけど、懸念点も十分に把握した上で応募を検討すべきだよ。

営業職が楽な業界の5つの特徴

f:id:syukatsu_man:20211020104740j:plain

 

次のこの章では、営業職が楽な業界の共通点を紹介していきます。

働きやすい業界には共通する特徴があるので、これらを指標として持っておくと具体的に応募する企業を厳選する際に役に立つんですよね。

 

営業職を志望している人なら、知っておいて損はありません。

全部で5つの特徴があるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

【営業職が楽な業界の特徴】

  • 法人営業である
  • ルート営業である
  • 参入障壁が高く競合他社が少ない
  • 同じ商品を長期的に販売している
  • 安全性や安定性の高い商品を扱っている

 

特徴① 法人営業である

 

第一の特徴は、個人ではなく法人を相手に営業をおこなっていること。

対消費者の営業では無理をいわれることもありますが、対法人のやり取りではある程度節度を持った会話ができるんですよね。

 

法人営業では、個人的な感情を元にした主張をされることはあまりありません。

条件が合えば契約してもらえることが多いので、契約を得るハードルもやや低いです。

 

また法人の営業時間も基本的には昼間だけなので、顧客の都合に合わせて平日の遅い時間や土日に対応する必要もありません

個人営業より法人営業のほうが楽な傾向にあるので、未経験から営業職への就職を目指す場合は一つの指標にするとよいでしょう。

 

特徴② ルート営業である

 

営業には、新規開拓とルート営業の大きく2種類があります。

この2種類を比較した場合には、新規開拓よりもルート営業のほうがおすすめです。

 

新規開拓では、顧客との関係性を毎回ゼロから築いて契約を得ないといけません。

一方ルート営業では、すでに過去の取引実績があるため、新商品の営業をかける場合にも比較的スムーズに話が進みます

 

テレアポや飛び込み営業のように、無視されて当たり前のような営業をしていたら誰でも精神的ストレスを感じるものですよね。

ルート営業では失敗前提の営業をする機会は少ないので、もし選べるのであれば新規開拓ではない会社に就職するとよいでしょう。

 

特徴③ 参入障壁が高く競合他社が少ない

 

3つ目の特徴は、参入障壁が高く競合他社が少ないことです。

ある意味当然のことですが、競合が多い業界では営業をしてもライバル企業があるためすぐに契約を勝ち取れません

 

営業を受ける側からすれば、類似商品・サービスを比較したいはずですからね。

つまり競合となる会社が多いほど、必然的に営業の成功確度が低くなるわけです。

 

営業職が楽な業界として紹介した「食品・化学・医薬品業界」なども、新規参入に多額のコストがかかるため参入障壁が高かったですよね。

競合他社の少なさは営業職の仕事の楽さに直結するので、就職先の候補を厳選する際には必ずチェックしておくことをおすすめします。

 

特徴④ 同じ商品を長期的に販売している

 

営業職が楽な業界の特徴として、商品を長期的に販売していることもあげられます。

これはいい方を買えると、新商品の販売が少ないともいえますね。

 

頻繁に新商品が発売される会社では、その分営業職の仕事が増えます。

契約形態にもよりますが、新商品の販売時には基本的に新契約が必要になるからです。

 

この点で考えると、昔からあるベストセラー商品を扱う会社は強いですね。

化学業界や医薬品業界のように、一度発売した商品が長期的に継続される業界に就職するのもおすすめです。

 

特徴⑤ 安全性や安定性の高い商品を扱っている

 

最後5つ目の特徴は、安全性や安定性の高い商品を扱っていること。

具体例をあげると、組み合わせによって大規模な事故につながる化学製品や人体に影響を及ぼす医薬品などが該当しますね。

 

これらは品質が悪い場合、取り返しのつかないようなトラブルに発展しかねません。

ゆえに納品前の品質チェックの基準が厳しく、一度納品したらその後クレームなどをもらうことが少ないです。

 

クレームは普段の業務に追加して発生するものなので、これがあるかないかで忙しさが大きく変わってくるんですよね。

営業が楽な業界で働きたいなら、取扱商品の安全性や安定性も確認するとよいでしょう。

 

複数の指標を判断軸として持っておけば、その分優良企業を見分けられる可能性が上がるよ。ブラック企業を避けるためにも、楽な業界の共通項を頭に入れておこう!

営業職が楽な業界で働く3つのメリット

f:id:syukatsu_man:20211027214810j:plain

 

営業職が楽な業界に共通する特徴を5つ紹介しました。

就職先の候補を調査する際に指標とすべき内容について理解できたと思います。

 

続いてこの章では、営業職が楽な業界で働くメリットを紹介します。

楽な業界で働くよさを知っていないと、入社するための努力を継続するモチベーションがなかなかわきません

 

代表的な3つのメリットを厳選したので、改めてよさを把握しておきましょう。

 

【営業職が楽な業界で働くメリット】

  • 比較的ストレスが溜まりにくい
  • プライベートが充実しやすい
  • 空き時間で副業に挑戦できる

 

メリット① 比較的ストレスが溜まりにくい

 

まず考えられるのは、きつい業界よりもストレスが溜まりにくいことです。

厳しいノルマがあったり業務量が多かったりすると、やはりストレスを感じます。

 

人生は仕事をするためにあるものではないと思うので、仕事で過度にストレスを感じてしまってはまさに本末転倒ですよね。

その点営業職が楽な業界に就職すれば、精神疾患を患うリスクはかなり減らせます。

 

仕事は仕事と割り切っている人でも、多忙な業務に心を病んでしまうことは決して珍しくありません。

心に余裕を持って社会人生活を送るためにも、精神的ストレスが少ないことは大きなメリットといえるでしょう。

 

メリット② プライベートが充実しやすい

 

2つ目のメリットは、プライベートが充実しやすいことです。

仕事が楽な会社なら残業時間も比較的少ないはずなので、ワークライフバランスを実現しやすいわけですね。

 

「経験を積むために若いうちはバリバリ働きたい」と考えて行動する人もいますが、プライベートに一定の支障が生じることは間違いありません。

もちろん、自分がどのように生きるかは個々人が決めるべきことですけどね。

 

ただ、プライベートの時間を多く確保しないとできないこともあるはずです。

仕事はほどほどにして趣味や恋愛などに多くの時間を割きたい人は、営業職が楽な業界に就職するのがよいといえるでしょう。

 

メリット③ 空き時間で副業に挑戦できる

 

世の中全体で働き方改革が推進されている昨今では、副業に取り組む人が多くいます。

しかし副業は、そもそもプライベートの時間に余裕がないと取り組むのが困難です。

ただし、残業時間が比較的少ない業界に就職していれば、副業に挑戦する余地は十分にありますよね。

 

副業で少しでも成果をあげられたら、収入が増えて今よりも生活が豊かになります。

もし本業と同じくらい稼げるようになったら、退職して独立する選択肢も生まれます。

 

仮に成果を出せなくても、何らかの知見が得られたり多少なりとも視野が広がったりすることは間違いありません

そもそも激務の会社では時間を確保できないので、副業に挑戦する上でも楽な業界に就職する価値は大きいといえるでしょう。

 

たしかに、心に余裕を持って生活できるかどうかはとても重要ですね。

余裕がないと視野が狭くなってしまうからね。誤った判断をして後悔する人生を送らないためにも、きつい業界を選ばないことは大切だよ。

営業職が楽な業界・会社に就職するための必須対策|新卒向け

f:id:syukatsu_man:20211108172524j:plain

 

営業職が楽な業界で働くメリットを3つ紹介しました。

楽な業界に就職したい気持ちがさらに強くなった人も多くいるでしょう。

 

しかし、仕事が楽な業界・会社で働きたいと考える人は多くいます。

みんながみんな厳しい会社を求めているわけではないので、働きやすい会社に人気が集中するのは当然のことですよね。

 

よって営業職が楽な業界に就職したいなら、適切な対策を実践することが必須です。

とはいえ、具体的に何に取り組むべきかわからない人が大半なはず。

そこで本章では、新卒向けに僕が考える具体的な対策事項を共有していきます(転職希望者向けの対策は次章で紹介します)。

 

【営業職が楽な業界・会社に就職するための必須対策】

  • 就活エージェントに営業職が楽な企業を紹介してもらう
  • 逆求人型サイトを利用して優良企業との接点を増やす
  • 口コミサイトを使って企業の実態を把握した上で就職する

 

方法① 就活エージェントに営業職が楽な企業を紹介してもらう

 

新卒の就活生にまずおすすめしたいのは、就活エージェントを活用することです。

就活エージェントとは、面談を元にして自分に合った求人を紹介してもらいつつ、担当者から選考対策の支援を受けられるサービスのこと。

 

具体的に受けられるサービスには、以下などがあります。

 

【就活エージェントのサービス内容】

  • 就活相談
  • 自分に合った求人の紹介
  • 選考支援(ES添削や面接対策)
  • 企業との面接のセッティング
  • 面接後のフィードバック共有

 

これらの充実したサービスを提供してくれるのは、就活市場に特化して日々業務に従事しているキャリアアドバイザーです。

アドバイザーは就活を専門にしているので、営業職が楽な業界・企業の情報を豊富に持っているんですよね。

 

よって待遇や勤務地などそのほかの条件も合わせて伝えると、希望にマッチした求人をピックアップしてくれるんです。

応募書類の添削や面接対策にも対応しているので、一人で不安な場合はサポートを依頼すると的確なアドバイスがもらえますよ。

 

▼就活エージェント利用者の声

 

就活ではどうしても先が不安になるので、悩みを抱えがちです。

ただアドバイザーは悩み相談にも乗ってくれるので、ストレス軽減のために話を聞いてもらう存在としてもありがたいですよ。

 

初めてサービスを使う就活生に向けて、利用の流れも紹介しますね。

会員登録をすると最初に面談の場が設定され、そのとき話した内容をもとに求人紹介や選考支援を受けるイメージです。

 

f:id:aoi_writer:20211014104212p:plain

 

また、数多くある就活エージェントの中で僕が特におすすめしているのが「ミーツカンパニー就活サポート」と「キャリアチケット」になります。

いずれもオンラインに対応しているので、全国の就活生が利用可能。

 

また、運営元が大きく、信頼できることに加え、保有求人の多さや支援の手厚さ、ブラック企業を排除している点など、メリットが多いんですよね。

 

就活エージェントは完全無料で使えるので、利用に際してデメリットはありません

複数サービスを併用すると優良企業と出会える可能性が高まるので、基本的には2〜3社を同時に使うのがおすすめですよ。

 

上記2つの詳細や、そのほかにおすすめの就活エージェントについては以下の記事で解説しました。

より多くのサービスを知った上で登録するサイトを決めたい人は、ぜひあわせてご覧くださいね!

 

 

方法② 逆求人型サイトを利用して優良企業との接点を増やす

 

2つ目におすすめの方法は、逆求人型を利用することです。

逆求人型サイトとは、プロフィールを登録しておくと自分に興味を持った企業からスカウトが届く就活支援サービスのこと。

 

f:id:aoi_writer:20211014111253p:plain

 

サイト利用時にプロフィールを登録しておき、その内容を魅了的に思ってくれた企業があるとスカウトが届く仕組みです。

プロフィールにはエントリーシートと同様の内容を入力するので「スカウトが届いた=実質的に書類選考に通過した」と判断できるんですよね。

 

実際、書類選考や一次面接が免除される特別な選考ルートの案内と一緒に、スカウトが届くこともあります。

利用経験がないとイメージが難しいかもしれませんが、誰もが知るような優良企業からスカウトが届くことも決して珍しくありません。

 

▼逆求人型サイト利用者の声

 

もちろん、どうでもいい企業からのスカウトは無視すればOKです。

一度プロフィールを登録したら基本的にあとは待つだけなので、企業と出会う機会を増やしたいなら早く登録しておくべきサイトですね。

 

具体的に利用すべき逆求人型サイトは、以下の大手2サイトです。

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト|完全無料】

※これら大手2サイトをすべてプロフィールを登録しておくことで、自動的に企業が自分のことを認知してくれて、勝手にスカウトが届く仕組みは現状最効率かと。

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ーサイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

Offerbox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

両サイトで登録企業の特徴は異なりますが、2サイトを併用すれば大手・中小・ベンチャーまで幅広く企業を網羅できますよ。

プロフィールの項目は類似しているので、2サイトで使い回すことも可能です。

 

少しずつ知名度が上がっているサイトなので、ほかの就活生に差をつけられないよう早めに登録しておくことをおすすめします!

 

 

方法③ 口コミサイトを使って企業の実態を把握した上で就職する

 

最後3つ目の方法は、口コミサイトを使って企業の実態を把握することです。

これは、新卒者だけでなく転職希望者にもぜひ実践してほしい内容ですね。

 

口コミサイトには、各企業で実際に働いている方や過去に勤務経験がある方のリアルな声が投稿されています。

よってこの声を見ると、就職前に企業内部のリアルな情報を収集できるわけですね。

 

具体的に僕がおすすめしている口コミサイトは、以下のとおりです。

 

【おすすめの口コミサイト】

 

上記のサイトは、いずれも完全無料で使えます。

口コミをチェックするとブラック企業への入社は避けられるので、労働環境の悪い会社を見分けるためにも活用は必須ですよ。

 

地味に時間がかかる作業ですが、入社してから後悔するよりは圧倒的にいいはずです。

就職先の候補として検討している会社があれば、欠かさず口コミを見ておきましょう。

 

プロのアドバイザーから支援を受けられたり、企業側からスカウトが届いたりするサービスがあるんですね!

意外と知られていないけど、情報感度の高い就活生はもれなく活用しているよ。僕は無料で使えるサービスしか紹介していないから、ぜひ気軽に試してみてね!

【転職者向け】営業職が楽な業界・会社に転職する方法

f:id:syukatsu_man:20211218222513j:plain

 

続いて、転職者に向けておすすめの対策事項を紹介していきます。

結論、営業職が楽な業界・会社に転職したい方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

 

転職エージェントは、前述した就活エージェントと同様に、求人紹介や選考支援・条件交渉などをサポートしてくれるサービスのこと。

自分に合った優良企業を紹介してくれたり、企業との調整作業を代行してくれたりするので、転職活動をするなら使わない手はありません。

 

しかし、どのサービスを使うべきかわからない人が大半でしょう。

そこで本章では、とくにおすすめの転職エージェントを3社紹介します。

 

【営業職が楽な業界・会社に転職する方法】

  • マイナビ営業AGENTを利用する
  • リクルートエージェントを利用する
  • doda転職エージェントを利用する

 

方法① マイナビ営業AGENTを利用する

f:id:aoi_writer:20220111150547j:plain

 

マイナビ営業AGENTは、人材業界大手の株式会社マイナビが運営するサービスです。

ほかの転職エージェントとは異なり、営業職の転職事情を熟知したアドバイザーから支援を受けられる点が最大の特徴ですね。

 

営業職だけに特化していることで転職市場の動向に詳しく、今度の動きも予想した上でキャリアプランを考えてくれます。

マイナビ営業AGENTにしかない独占求人や非公開求人も多数あるようですよ。

 

大手が運営するもののなかで、営業職に特化したエージェントはほかにありません。

営業職に限定して転職先を探している人には、マイナビ営業AGENTの利用がおすすめです。

 

マイナビ営業AGENT公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/sales/

 

方法② リクルートエージェントを利用する

f:id:aoi_writer:20211009143733j:plain

 

リクルートエージェントは、同じく人材業界大手の株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

数多くある転職エージェントのなかでも、求人数・転職支援実績ともにNo.1の実績を誇る鉄板のサービスですね。

 

2022年1月現在の求人数は、なんと38万件以上もありました。

サイトに掲載されていない非公開求人だけでも23万件以上あるので、同サービスを利用しないだけでかなりの機会損失につながります

 

転職支援実績も豊富なので、転職先に求める条件や現在の悩みなどを伝えるとプロのアドバイザーが的確な助言をくれますよ。

もちろん初めて転職する人にも親身にサポートしてくれるので、何から手を付けるべきかよくわかっていない転職希望者にもおすすめです。

 

リクルートエージェント公式サイト:

https://www.r-agent.com/

 

方法③ doda転職エージェントを利用する

f:id:aoi_writer:20211009143751j:plain

 

doda転職エージェントは、パーソルキャリア株式会社が運営するサービスです。

前述の2つ同様に、業界トップクラスの規模を誇る定番の転職エージェントですね。

 

dodaの特徴は、転職活動に役立てられるツール類が充実していること。

自分の適正年収を査定できたり、自分の強みや転職タイプを知れたりする無料ツールがあり、自己分析などに活用できます。

 

求人数も15万件以上とかなり多いので、よりたくさんの選択肢から就職先の候補を探したい人にはぴったりですよ。

マイナビ営業AGENTやリクルートエージェントと併用するとより効率的に転職活動を進められるので、できれば2〜3社に登録しておくとよいでしょう。

 

doda転職エージェント公式サイト:

https://doda.jp/

 

営業職を志望しているならまずはマイナビ営業AGENTに登録すべきだよ。ほかにも登録したい人は、リクルートエージェントやdodaも一緒に利用してみてね!

営業職が楽な業界で働くデメリット・注意点

f:id:syukatsu_man:20211217123310j:plain

 

ここまで営業職が楽な業界やこれらの共通点、仕事の負担が少ない会社で働くメリットなどを紹介してきました。

しかし、楽な業界で働くことにはメリットだけでなくデメリットも当然あります。

 

ゆえに単によい部分だけに目を向けて就職・転職先を決めてしまうと、働き始めてから後悔しかねません。

本章では考え得るデメリットを4つピックアップしました。

 

心から納得できるキャリアを選択できるように、営業職が楽な業界で働くデメリットについても頭に入れておきましょう。

 

【営業職が楽な業界で働くデメリット・注意点】

  • 本質的な営業スキルは上がりにくい
  • 社内の人間関係に悩みやすい
  • 転職する場合に挫折しやすい
  • 取扱商品に興味がないと飽きやすい

 

デメリット① 本質的な営業スキルは上がりにくい

 

まず考えられるデメリットは、営業スキルの習得や成長につながりにくいこと。

楽な業界ではストレスをあまり感じることなく働けますが、すんなりと契約を勝ち取れるゆえに苦労する機会も少ないです。

 

よって厳しい環境で契約を得ようと努力している人と比べると、本質的なモノを売るスキルは身につきにくいんですよね。

受験勉強や部活などでも同じですが、厳しい環境に身を置いたほうが最終的に優れた結果につながる事象は少なくありません。

 

年のため補足しておくと、成長できるかどうかが最重要でもないですけどね。

何を重視してキャリアを考えるかは人によって異なりますが、楽な業界で成長しにくいことは懸念点として理解しておくとよいでしょう。

 

デメリット② 社内の人間関係に悩みやすい

 

意外とあまり語られないデメリットとして、人間関係に悩みやすいこともあります。

楽な業界だと比較的余裕を持って仕事を進められるので、業務以外のことで話をする時間が多くあるんですよね。

 

そして、この空き時間を利用して社内の噂話などに精を出す人がいるんです。

本当にくだらないことですが、社会人になっても低レベルな噂話や悪口を楽しむ人がいるんですよね。

 

もちろん激務な会社でもありますが、ホワイト度の高い企業でも同様のトラブルで悩む人は少なくないので注意が必要です。

 

デメリット③ 転職する場合に挫折しやすい

 

3つ目のデメリットは、転職することになったときに挫折しやすいこと。

楽な職場環境が当たり前になっていると、今以上に業務がきつい会社に転職した場合に大きなギャップを感じてしまうわけです。

 

定年まで同じ会社で働こうと考えていても、人間関係の悪化や業績不振などでリストラなどに巻き込まれる可能性はゼロではありません。

とくに最新技術やトレンドの移り変わりが早い昨今を考えると、今後転職を経験することは当たり前になっていくと容易に予想できます。

 

スキルが身についていないと、転職活動で苦戦する可能性もありますしね。

不安を煽るわけではありませんが、将来的に後悔しないようにこれらのデメリットは事前に認識しておきましょう。

 

デメリット④ 取扱商品に興味がないと飽きやすい

 

最後4つ目は、取扱商品に興味がないと飽きやすいことです。

営業職が楽な環境ではあまり苦労することなく契約を得られるので、取り扱う商品やサービスに対してなかなか愛着がわきません

 

よってもともと商品に興味がないと、同じ企業で働くことに飽きる可能性があります。

とはいえ、心から興味がある商品に仕事で携われることも稀ですけどね。

 

とくに飽きっぽい人は、数年勤務したあとにもどかしさを感じる恐れがあります。

就職先の候補を厳選する際には、取扱商品に対して関心があるかどうかもよく考えるとよいでしょう。

 

ネガティブな側面も知ると、一概に楽な業界がよいとはいえなさそうですね。

どんな物事にもメリット・デメリットがあるからね。今回でいえば営業職が楽な業界の長所短所を知って、自分の価値観をもとに最終的な判断を下すことが大切だよ。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

営業職が楽な業界・きつい業界や負担が少ない業界の共通点、就職を成功させるための方法などについて網羅的に解説しました。

 

楽な業界で働くとストレスが溜まりにくかったり、プライベートの時間をより多く確保できたりします。

しかし成長につながりにくかったり、転職時に苦戦する可能性があったりとデメリットがあることも間違いありません。

 

最終的な決断は個々人の価値観に基づいてすべきですが、数年勤務してから後悔しないように長所短所を事前に把握しておくことが大切です。

自分が心から納得できるキャリアを築いていけるように、ぜひ本記事を参考にして前向きに行動を起こしていってくださいね!

 

ちなみにこの記事を読み終わったら、次に「【ホワイト企業】“穴場な優良企業50社”をランキングで共有!」も読んでみてください。

業界だけでなく、働きやすいホワイト企業を具体名を出して紹介しています。

 

営業が楽な業界を目指す上でも、具体的な企業を知れたほうがエントリーなどもしやすくなるので、必ず参考になりますよ!

 

それでは、最後に本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか!

 

【本記事の要点】

  • 競合他社が少なかったり、長期的に使われたりする商品を扱っている業界は、営業職の負担が少ない傾向がある。
  • 厳しいノルマがあったり、顧客とのやり取りが多かったりする業界は、営業職の労働環境が悪くなりやすい。
  • 営業職が楽な業界には共通する特徴があるので、企業選びをする際に指標とすべきである。
  • 営業職が楽な業界に入社したいなら、新卒者・転職希望者ともにエージェントサービスを有効活用すべきである。
  • 楽な業界で働くことにはデメリットもあるので、長所短所を比較して判断することが大切である。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/