MENU

【地元で働きたい理由の回答例文3選】面接で答える時の理由を解説!

本記事にはPR情報が含まれます。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で7年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、22社からの内々定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20230401120248

f:id:syukatsu_man:20220315141256p:plain

 

今回の記事では、就活の面接で「地元で働きたい理由」を聞かれた際の答え方についてバシッと解説していきます!

(具体的な例文や文章構成、効果的に伝えるポイントなども共有するよ!)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

就活で企業を選ぶ際、地元で働けるかどうかを重視する人も多いかと思います。

そうして選んだ企業の選考では、かなりの確率で”地元で働きたい理由”を問われることになるかと思います。

 

ただこの回答、単に地元だからというだけでは不十分なんです。

地元であることに加え、いくつかのポイントを押さえた回答をすることで、企業側も納得して評価することができます。

 

よってこの記事では、地元で働きたい理由に対する効果的な回答を解説していきます。

具体的な例文や文章構成を元に解説していくので、地元で働きたい理由を説得力のあるものにしたい方は必見ですよ!

 

地元で働きたい就活生は多いですよね。

そうだよね。ただ、地元という理由だけでは決して有利にはならないよ。いくつかのポイントを押さえることで、面接官を納得させよう!

そもそも企業はなぜ面接で「地元で働きたい理由」を質問するのか?

f:id:syukatsu_man:20220301131957j:plain

 

具体的な例文や書き方を解説する前に、そもそもなんで企業は地元で働きたい理由を面接で質問するのか、その意図を共有しておきます。

 

企業側の意図が理解できれば、それだけ的を得た回答が可能になります。

より評価される回答を作るためにも、しっかりとこの部分は押さえておいてください。

 

【企業が地元で働きたい理由を質問する意図】

  • 志望理由が地元に帰りたいだけなのかを確認するため
  • 将来的に地元を離れる可能性があるのかを判断するため
  • 地元で働く目的を把握するため

 

意図① 志望理由が地元に帰りたいだけなのかを確認するため

 

1つ目の意図は”地元に帰りたいだけなのかを確認する”というものです。

企業側からすると、地元に帰りたいだけで志望してきた就活生については、ちょっと不安を感じるのが本音なんです。

 

というのも、業界や職種、業務に関する理解がなければ、地元で働けたとしても早期離職に繋がりかねませんからね。

 

企業にとって早期離職は一番避けたい未来です。

時間的、経済的コストをかけてせっかく採用したのに、すぐに退職されてしまったら、それまでのコストや労力は全て無駄になっていまいますから。

 

特に新卒で採用した人材は将来的に企業を支えることが期待されています。

地元に帰る以外にも、しっかりと長期的に働くための理解が就活生にあるのかは、企業にとって非常に重要な部分です。

 

意図② 将来的に地元を離れる可能性があるのかを判断するため

 

2つ目の意図は”将来的に地元を離れる可能性があるのか”を判断するためです。

いくら地元とはいえ、必ずしもずっと地元にいるという保証はどこにもありません。

 

そこで「地元で働きたい理由」を質問し、どれくらい地元に対する思いがあるのか、企業選びにおいて重視しているのかを確認するわけです。

せっかく育てた人材が将来的に流出するリスクが高いと判断すれば、企業は当然採用はしませんからね。

 

意図③ 地元で働く目的を把握するため

 

3つ目の意図は”地元で働く目的”を把握するためですね。

単純に住み慣れた土地にいたいからなのか、それとも地元に残ってやり遂げたい目的があるのか、地元で働く目的は人それぞれです。

 

その目的は、採用する企業にとっても気になるところ。

地元に残ってやり遂げたいことがある場合、その目的が自社で達成できるものなのかも含め、この質問で企業は確認しています。

 

その目的と自社の取り組みが合致すれば採用したいですし、逆に合致しなければミスマッチとなる可能性は高まります。

ミスマッチによる早期離職防止のためにも、地元で働く目的は明確にしておきたいんです。

 

【補足】地元出身者は就活で有利になるのか?

 

就活をする上でよく聞くのが「地元出身者だと有利になる」という情報です。

僕はこれまで7年に渡って就活を研究し、数多くの就活生を支援してきましたが、地元出身者だからといって決して有利になるとは言えないですね。

 

地元出身者が企業に多くなるのは、単にその企業の選考を受けている人の中で、地元出身者の割合が高いだけです。

分母の数が多いわけですから、必然的に在籍者も増えます。

よって在籍者の割合だけ見ると地元出身者が有利に見えますが、実情は受けている人が多いだけという状況です。

 

ただ1点、地元出身者は他県出身者に比べ「離職リスクが低い」というのはあるかと。

特に新卒の場合、初めての社会人という大きなストレスがかかる時期に、それを支えてくれる家族や友人がいる地元の環境は、離職リスクと少なからず関連があります。

 

この点をメリットとして重視する企業は、地元出身者を優遇するかもしれませんね。

とはいえ、地元出身というだけで選考の難易度が低くなるのは本当に限られたケースなので、地元出身で油断することなく事前準備をすべきですよ!

 

早期離職のリスクを把握するのが主な狙いなんですね。

そういうことだね。よって、単に地元出身というだけでは企業側も不安を拭いきれないわけだから、油断してはダメだよ。

面接にて「地元で働きたい理由」を聞かれた場合の回答構成

f:id:syukatsu_man:20220315144150j:plain

 

企業が地元で働きたい理由を質問する意図について共有しました。

では次にこの章では、こうした意図を持つ企業側が納得する回答とは、具体的にどんな文章になるのかを解説していきます。

 

文章を作る上で最も重要なのは”事前に構成を練ること”です。

構成を作った上で文章を書けば、無駄な文言をなくしつつ途中で話が逸れることもなくなりますので、必ず構成は必要です。

(僕も記事を書く際は必ず構成から作っているよ!)

 

「地元で働きたい理由」に対する回答については、以下の構成がおすすめです。

企業側の意図もしっかりと考慮した構成なので、説得力が高まります。

 

【地元で働きたい理由を回答する際の文章構成】

  1. 結論(地元で働きたい明確な理由)
  2. きっかけとなったエピソード
  3. その企業でどのように地元に関わるのか

 

①結論(地元で働きたい明確な理由)

 

まずは質問に対する結論部分を簡潔に伝えてください。

今回の場合で言えば、「私が地元で働きたい理由は◯◯です」といった形になります。

 

重要なのは、この1文だけでも回答として成立することです。

最初の一文で質問に対する答えをバシッと示す、その上で補足となるエピソードや説明を付け加えていくイメージですね。

 

【例文】

「私が地元で働きたい理由は、地元を活性化させるためです。」

 

②きっかけとなったエピソード

 

次に結論部分のきっかけとなったエピソードを説明します。

具体的なエピソードが加わることで、結論部分の説得力が一気に高まります。

 

例えば、「私は走るのが速い」といきなり言われても信じられないですよね。

ただその後に「高校時代に100メートル走のインターハイで優勝した」と言われたら、一気に納得できるかと思います。

 

このように、結論部分の根拠となるエピソードを加えてください。

エピソードがあることで面接官側も話を広げやすくなり、そこでの追加質問に答えていくことでどんどん説得力は向上していきますよ。

 

【例文】

「大学時代に人生で初めて地元を離れ、他の地域で生活したことで、現在の地元に元気がないことを実感しました。私や私の両親、家族が住む地元地域に元気がなければ、どんどん暮らしにくい地域になってしまうと考え、地元で就職し、地域を活性化させることを決意しました。」

 

③その企業でどのように地元に関わるのか

 

最後に”その企業でどのように地元に関わるのか”を伝えます。

地元に所在しているからといって、その企業が必ずしも地域貢献をできているかというと、そうではありません。

 

企業によって、地域との関わり方は千差万別です。

よって、その企業に入社することで具体的にどう地元と関わることができると考えているのか、それは実現できるのかをしっかりと説明するのが重要。

 

ここを間違えてしまうと、面接官は「その目的は自社では達成できない」と考え、採用を見送らざるを得ません。

逆にその企業で実現できる地元との関わり方を伝えれば、よりリアルな入社後のイメージも共有でき、高評価に繋がります。

 

【例文】

「御社に入社した際には、御社が提供するアプリを使って地域行事と関連性のある企画を提案・実現し、御社の地元地域における知名度向上と地域活性化の2面で貢献いたします。」

 

構成ごとに文章を考えると書きやすいですね!

そうなんだ。それぞれ目的を持って作った文章を最後に繋げれば、無駄がない、かつ説得力のある文章が完成するよ!

面接にて「地元で働きたい理由」を聞かれた場合の回答例文

f:id:syukatsu_man:20220315151017j:plain

 

では次に、先ほど共有した構成を元に例文をいくつかご紹介します。

完成した例文を見ることで、実際に自分が書く際のイメージも湧きやすくなるかと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!

※「①結論」「②きっかけとなったエピソード」「③その企業でどのように地元に関わるのか」の構成に分けて数字をつけています。

 

例文① 地元を活性化させるため

 

「①私が地元で働きたい理由は、地元を活性化させるためです。

②きっかけは大学時代に人生で初めて地元を離れ、他の地域で生活したことで、現在の地元に元気がないのを実感したことでした。私や私の両親、家族が住む地元地域に元気がなければ、どんどん暮らしにくい地域になってしまうと考え、地元で就職し、地域を活性化させることを決意しました。

③御社に入社した際には、御社が提供するアプリを使って地域行事と関連性のある企画を提案・実現し、御社の地元地域における知名度向上と地域活性化の2面で貢献いたします。」

 

地元を離れたことで、地元に元気がないことを知ったというエピソードは、面接官からしても納得できる内容です。

 

その課題を自社のサービスが解決し、2面性のある貢献ができるというアピール方法は有効ですよ!

 

例文② 育ててもらった地元に恩返しするため(公務員)

 

「①私は育ててもらった恩を返すために地元で働きたいと考えています。

②私がこう考えるようになったきっかけは、大学に入学したことです。大学では全国からさまざまな地域の学生が集まります。育った地元の話をする機会も多かったのですが、私ほど地域に愛されて育った人はいませんでした。その時に、改めて地元の温かさやいただいた恩の大きさを痛感し、地元で働きたいと決意しました。また、地元に仕事で恩返しするには、地域を支える基盤である市役所だと考えました。

③御市に入職した際には、住民サービスを通じて暮らしやすい街づくりを実現するとともに、市内・市外の両方で生活した私ならではの視点で貢献していきます。」

 

公務員試験の場合、地元に関する質問も多い傾向にあります。

やはりその地域に一番サービスを提供する立場であるため、出身地域などとの関連性も高い職種です。

 

そのなかで、地元だけでなく、その他の地域も知っているというのは、市役所側からしてもメリットが大きい部分かと思います。

比較対象があるからこその視点をアピールするのはおすすめですよ!

 

例文③ 地元が抱える課題を解決するため

 

「①私が地元で働きたい理由は、地元地域が抱える課題を解決するためです。

②こう考えるようになったきっかけは、祖母との会話でした。以前、ずっとこの地域に暮らしている祖母から「昔はもっと地域の人との交流があったのに、今は寂しい地域になってしまった」という言葉を聞きました。私を育ててくれた地域の人々が寂しさを感じる環境にするのは、私自身、どうしても納得できず、地元で働くことを決意しました。

③御社に入社した暁には、御社が手掛ける交流拠点サービスを軸に、私の地元地域にも複数の交流拠点を設置し、幅広い年代が交流できる環境を作っていきたいと考えています。」

 

実際にその地元に住む方の声をきっかけにした例文です。

実際の住民の声を元にすることで、きっかけに対する説得力が高まりますよね。

 

なお、ここまで3つの例文を共有しました。

しかし、面接では地元に関する質問はむしろ珍しい方で、もっと頻出の質問事項がいくつもあります。

 

そうした”就活面接の頻出質問”については、以下の記事にまとめました。

具体的な質問事項だけでなく、質問の意図や回答例なども細かく解説しているので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

 

面接対策で重要なのは頻出質問に対する事前準備だよ。絶対に緊張するわけだから、事前にどれくらい準備できてるかが勝負所なんだ!

就活の面接で「地元で働きたい理由」を効果的に伝えるには?

f:id:syukatsu_man:20220222181056j:plain

 

文章構成や例文など、実際に回答を作成するノウハウを共有しました。

ただ、それだけで文章を作ってしまった場合、自分自身の主観しか入っていないため、面接官に伝わりづらい可能性があります。

 

就活において評価するのは企業の採用担当者、つまり客観的な評価です。

つまり、主観だけで作った回答は評価されにくいこともあるため、事前に客観的な評価を受けておくことで、より効果的に回答を伝えることができます。

 

そこでおすすめなのが以下3つの方法。

いずれも客観的な評価を取り入れることに向いている方法なので、ぜひ事前に実践してみてください。

 

【回答を効果的に伝える方法】

  1. 就活エージェントに添削してもらう
  2. 無料のES閲覧サイトで他の就活生の回答を参考にする
  3. 志望企業が地域との連携を重視しているのかをリサーチする

 

方法① 就活エージェントに添削してもらう

 

僕が最もおすすめする方法が”就活エージェントに添削してもらう方法”です。

就活エージェントとは、求人紹介から選考対策までを一貫してマンツーマンでサポートしてくれるサービスのこと。

 

f:id:syukatsu_man:20210916120307p:plain

 

毎年多くの就活生をサポートしているため、いわば就活のプロと呼べる存在です。

選考対策も行っていることから、事前にエージェントに回答の添削を頼むことも可能であり、ここで客観的な評価をもらうことができます。

 

また、エージェント経由で選考を受けた場合、企業からフィードバックがもらえます。

よって、面接における回答で何が良くなかったのか、どう改善すべきなのかも明確になるんですよね!

 

ただ、就活エージェントって種類が多くて、どれがいいのか迷いますよね。

これまで50以上の就活エージェントを分析してきましたが、今、僕が就活生なら就活エージェントは「ミーツカンパニー就活サポート」と「LHH就活エージェント」を併用しますね。

 

▼就活エージェント利用者の声

 

なぜならオンライン完全対応なので、全国の就活生が利用できるから。

就活エージェントってどうしても関東圏などに集中しがちなサービスですが、この2つのサービスはいずれもオンライン対応なので居住地は関係ありません。

 

また、両エージェントとも特別選考ルートや非公開求人を持っています。

つまり、ナビサイトに掲載されていない優良企業と出会える可能性が高く、選考対策までバッチリしてもらえるので、内定獲得の可能性も高いんです。


なお、この他にも僕のおすすめはランキングで記事にもしてるので、他の就活エージェントも知りたい就活生は合わせて確認してください。

 

 

方法② 無料のES閲覧サイトで他の就活生の回答を参考にする

 

次におすすめなのが”無料のES閲覧サイトで他の就活生の回答を参考にする方法”です。

実際に選考を通過した回答を無料で見ることができるため、参考資料としての価値は非常に高い情報になります。

 

具体的なサービスとしておすすめなのは「ワンキャリア」と「ユニスタイル」です。

いずれも完全無料で利用することができ、情報量としても6万件を超えるES事例が掲載されているため、申し分ないかと。

 

今回の質問事項に限らず、その他のエントリーシート項目や面接質問に対する事前準備にも役立つので、ぜひ活用してみてください!

 

方法③ 志望企業が地域との連携を重視しているのかリサーチする

 

3つ目の方法が”志望企業が地域との連携を重視しているのかリサーチすること”です。

地元で働きたい理由として、大半の就活生は育ててくれた地域への貢献や恩返しを挙げるかと思います。

 

ただ、企業がそもそも地域との連携を重視していない場合、この理由だと全く響きませんよね。

よって、事前に志望先企業が地域連携を重視しているのかをリサーチすべきです。

 

企業のホームページを確認したり企業説明会に参加するのは基本です。

この他、僕がおすすめする企業研究の方法については「【企業研究のやり方】8ステップで企業研究が完了する方法!」にまとめています。

こちらも合わせて参考にしてください。

 

客観的な評価を入れることで、効果的な回答ができるんですね。

本番も面接官による客観的な評価になるわけだからね。自分がどれだけ満足できる回答を作れたとしても、それは自己満でしかないんだ。

面接にて「地元で働きたい理由」を伝える際の注意点

f:id:syukatsu_man:20220301132053j:plain

 

それでは最後に、面接において「地元で働きたい理由」を伝える際の注意点について解説しておきます。

細かい点ではありますが、せっかく準備した回答を台無しにしないためにも、必ず確認しておいてください。

 

【地元で働きたい理由を伝える際の注意点】

  • ただ地元に帰りたいだけだと思われないようにする
  • 地元以外を否定するような意見は言わない
  • 事前に勤務地に関するリサーチをしておく

 

注意点① ただ地元に帰りたいだけだと思われないようにする

 

最初の注意点は”ただ地元に帰りたいだけ”だと思われないようにすることです。

就活の選考において、企業が最も重視している項目は間違いなく志望動機になります。

 

「なぜ自社を選んだのか」「同業他社ではなく自社なのか」といった点を本当に気にしています。

そして、この点が明確に伝わらなければ、選考を突破することは難しい。

 

それだけ重要な項目において、地元に帰りたいだけの就活生を採用しますか?

自社の事業への共感や興味もない就活生を採用するような企業はありません。

 

よって、地元で働きたい理由を問われた際に、ただ地元に帰りたいだけだと思われるのは非常にリスクが大きいということ。

地元で働きたい理由に加えて、しっかりとその企業を志望する理由も伝えてください。

 

注意点② 地元以外を否定するような意見は言わない

 

次に注意すべきは”地元以外を否定するような意見は言わないこと”です。

地元愛や地域への理解を示そうと張り切るあまり、つい他の地域を否定したり、下に見た意見を言ってしまうことがあるかもしれません。

 

ただ、それは絶対に避けてください。

もしかしたら面接官や採用担当者にとって思い入れのある地域かもしれませんし、そもそも否定的な意見は面接においてNGですよ。

 

注意点③ 事前に勤務地に関するリサーチをしておく

 

3つ目に”事前に勤務地に関するリサーチをしておくこと”にも注意してください。

地元で働きたい理由を聞かれ、地元でないと実現できない夢や将来設計を伝えようと考えている人ほど注意してほしい部分です。

 

なぜなら、転勤などによってその地元で働けないこともあり得るから。

志望先企業によっては全国転勤などの可能性も考えられるため、あまりに地元に執着した意見を言ってしまうと、全国転勤に対応できない人材と判断されてしまいます。

 

そうならないためにも、選考先企業の勤務地については必ずリサーチすべき。

職種によって違いが出ることもあるので、幅広くリサーチするのがおすすめです。

 

細かいですが、たしかに重要な注意点ですね。

忘れがちな部分だよね。でも面接官の印象を大きく変えてしまう可能性もあるわけだから、しっかりと理解しておくべきだよ。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

面接にて「地元で働きたい理由」を聞かれた際の回答方法や注意点について、網羅的に理解できたかと思います。

 

地元出身者だからこそ伝えられる内容や説得力があるのは事実です。

ただ、勘違いしてはいけないのが”地元出身者だから有利になること”は決してないということ。

 

油断することなく、しっかりと事前準備をしましょうね。

また、主観的な意見にならないためにも、就活エージェントなどを活用して客観的な評価も受けておいてください。

 

ちなみにこの記事を読み終わったら、次に「志望動機の書き方を新卒に解説【就活ブロガーが丁寧に語る!】」も読んでみてください。

地元で働きたい理由と志望動機は密接に関係していますよね。

 

もしかしたら「志望動機の軸となるのが地元で働くこと」である就活生もいるかもしれませんよね。

この記事は評価される志望動機の書き方を全てまとめていますので、全就活生に役立つ記事ですよ!

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 企業が地元で働きたい理由を質問する意図は「志望理由が地元に帰りたいだけなのかを確認するため」「将来的に地元を離れる可能性があるのかを判断するため」「地元で働く目的を把握するため」などである。
  • 地元出身者だからといって選考で有利になる可能性は低い。
  • ”地元で働きたい理由”の回答構成は「①結論(地元で働きたい明確な理由)」「②きっかけとなったエピソード」「③その企業でどのように地元に関わるのか」の流れがおすすめである。
  • より効果的な回答を作るためには客観的な視点が必要であり、具体的には就活エージェントや無料のES閲覧サイトなどが有効である。
  • 面接にて”地元で働きたい理由”を伝える際の注意点は「ただ地元に帰りたいだけだと思われないようにする」「地元以外を否定するような意見は言わない」「事前に勤務地に関するリサーチをしておく」などである。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/